インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 途中撤退になった阿能川岳・・・2009/2/28日

<<   作成日時 : 2009/03/02 20:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 30

5年ほど前のゴールデンウイークの頃、群馬100名山になった阿能川岳に登って見ようと思い、今回と同じ仏岩ポケットパークから登りました、一応下調べはして藪漕ぎの道と言うのは知っていましたが、熊笹や石楠花の藪漕ぎで、散々な目に会い、雪に濡れた笹の斜面で滑落したり、夜の8時を過ぎても道に迷い、下山することが出来ず、喉がカラカラになって周りの雪をかじりながら、野宿を覚悟しました。覚悟を決めると少し落ち着いて来て、近くの吾妻耶山を目指しヘッドランプを点けて降り、やっと夜の10時頃になって駐車場に着きました。今はGPSと言う強い見方がありますので、今回またまた登って見ようと思いました。

                  今日登る阿能川への尾根
画像


ここから阿能川岳に行くには、ヨシガ沢山・鍋クウシ山・
天子山・三つ岩山と登り山頂に着きます。ヨシガ沢山ま
では送電線の巡視路があり、前回は踏み跡がはっきり
ありましたが、今回は雪の上に踏み跡は仏岩への分岐
を過ぎると全く無くなりました。

画像

 こんな深い針葉樹の森
 から登り、赤岩峠にある
 仏岩への分岐
 に向かいます。



















画像

赤岩峠に着きました。こ
こから仏岩への踏み跡
は、はっきりと付いてい
ますが、阿能川岳への
踏み跡は全く無く、阿能
川へは標識もありません。


















                  ヨシガ沢山あたりの展望
画像



画像
 ヨシガ沢山を過ぎて送
 電線を過ぎると、所々
 に赤テープが付いてい
 ます。殆どが色があせ
 て古いテープばかりが、
 以前登った人達の苦労
 を忍ばせています。雪が
 積もっていれば、その下
 の藪は全く何も無いよう
 に見えますが、踏み込む
 足が石楠花や熊笹の為
 地に着かなくなるところも
 沢山あるところです。











だんだん雪が深くなり、このあたりからは、次々と雪庇が現れる
道になりました。

                  雪庇の尾根 1
画像


                  雪庇の尾根 2
画像


                  雪庇の尾根 3
画像


高度が上がってくると一層雪も深くなり、木々の
様子もかなり深い山に入ったと思うような風景になって
来ました。


                  雪庇の尾根 4
画像


                   雪庇の尾根 5
画像


この阿能川岳への尾根は長く長くダラダラ尾根が
続きます。ただ静かな木々の間からは、谷川の山や
武尊・至仏方面の山々が時々見え隠れしていました。

                  上越国境の山と至仏方面
画像



雪庇の尾根はさらに大きくなって続きます。

                   雪庇の尾根 6
画像


                   雪庇の尾根 7
画像


三ツ岩山の手前に来ました。前回このあたりで
雪に濡れた根曲がり竹を踏み5・6m滑落し、大事な
デジカメも遥か下に落としてしまいました。そんな訳
で前回は写真を撮ることが出来ませんでした。

                    雪庇の尾根 8
画像


三ツ岩山手前の岩峰が見えて来ました。今日の
一番手強いところです。

                    雪庇の尾根 9
画像


手強い岩場は木と木に挟まれてナイフリッジになっています。
ここからは側の小出俣(オイデマタではありません、オイズマタです)
あたりを始め谷川の大展望になって来ました。

                     
                     雪庇の尾根 10
画像


これから目指す阿能川岳と奥に大障子・小障子・万太郎
あたりの山が見えて来ました。

                    阿能川岳方面
画像


ここから一番近くに見える山が小出俣山です、この山は
普段はあまり目を引きませんが、近くから眺めて見ると
なかなか立派な山です。

                   谷川連峰、左が小出俣山
画像



                   小出俣よりさらに左仙ノ倉・大源太・三国山方面
画像


                   万太郎?方面のアップ
画像


                   小出俣山のアップ
画像


                   エビス大黒から仙ノ倉方面
画像


今日はここからさらに奥の、阿能川山に行く予定でしたが、
長い長いだらだらと続くバカ尾根の一人ラッセルで、かなり
時間がかかり、既に2時を大きく回ってしまいました。三ツ岩
から阿能川まではさらに1時間半は掛かりそうなので、ここで
遅い昼食にして下山することにしました。

                    こんな崩れそうな雪庇の尾根で昼食にしました。
画像


遅い昼食をしながら武尊や至仏・上越国境の
山々を眺め、ここまででも充分満足し、降りる
ことにしました。

                     至仏方面
画像


                     巻機山方面
画像


                      武尊山方面
画像


少し厳しかった山も、その展望に満足して、鏡で自分の
顔を見たら、きっと笑顔の良い顔になって雪庇の尾根を
歩いている事と思いました。

                      帰る頃の雪庇と吾妻耶山方面
画像


先日、外国語部門でアカデミー賞を取った映画「おくるひと」を見ました。
納棺を仕事とする人の物語ですが、人の嫌がる仕事を芸術のように、
亡くなった人を、その遺影を見ながら美しく、まるで生きている人の
ように蘇えらせて、棺に納めます。

                     春の始めの風景
画像

























私の遺影が棺に飾られる時が来たならば、山を降りる時の
顔か、孫と遊んでいるところの顔が一番よい笑顔かなー
と、思いながら既に暗くなり始めた山を降りました。

                    夕日真近の風景
画像
























                      軌跡
画像


                                  今日の画像は全部コンパクトデジカメで撮りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
じっくりと楽しく読ませて
いただきました!!
いくつもの雪庇が現れる
長い尾根は凄いですね
こんなところ私には歩けません!
以前に滑落されたとのことで
凄さがよく分かりました。
そしてその先の谷川連峰、小出俣山
また上越国境の山々
素晴らしい眺めで
本当にうらやましいです
素晴らしい!!(^^)
RUU
2009/03/03 00:24
RUU さん、お早う御座います。
蔵王あたりにも行きたいのですが、遠くてなかなか行くことが出来ませんので、このあたりの山々を徘徊しています。最近は特に雪のある頃はGPSの電波を良くキャッチできますので。登山道の無い山に行くことが出来ます。毎日カシーミールで地図を広げ、行きたい所を探すのも楽しみの一つです。
インレッド
2009/03/03 08:55
インレッドさん 早速拝見いたしました
阿能川岳 行ってみたくなりました
どうせでしたらテント担いで(雪洞でも良さそうですね)小出俣山を廻って川古へ下るとか・・・・・
あの辺りは 昔、秋に赤谷川本谷や鷹巣C沢を登っています
路のない山、魅力的ですね
雪も味方にしてね
カシミール 今も開いています
便利な世の中、知識だけは豊富になれそうですがかめのおつむはキャパ一杯で・・・どうも
人並みの筋肉を鞭打つしか ないようです
かめ・ふー
2009/03/03 09:48
凄いの一言です。
 やはりレッド様は波の人間ではありませぬ。こういうところを黙々と登っていかれるんですねえ。前回の「八海山」ほ写真を友人に送りました。彼女は今、インターフェロンのお世話になっています。学生時代何度か一緒に登りましたが、もう山は登れないと話しています。
 暖かくなってお彼岸でも過ぎたら木村さんと「八海山」を飲みましょう。
話を山のように持参します。

 立春や魚の美味しい店を聞く    魅
しまふくろう
2009/03/03 10:27
インレッドさん今日は、以前この山に登る途中熊に出会ったことのある山でしたね、あまり凄すぎて私には手の届かないところと思っていますが、それだけまた見ごたえのあるところですね。写真で見る雪庇はとても危険に思いますが・・・素晴らしいです。私が夏に肩の小屋から平標小屋まで歩いた尾根を想いうかべながら、雪山を眺めています。
ロ−ラ−
2009/03/03 10:59
インレッドさん こんにちは!
阿能川岳は関越トンネルの傍の山で谷川連峰が見渡せて素晴らしい
山の様ですが、雪ぴが怖そう…ですね。崩れないかしら。
節分草 蝋梅 福寿草に会いに秩父 小鹿野町 両神 堂上辺りへ
雪の諏訪山を登った後彷徨して…探しさがし、堂上の節分草園は
閉園していまして残念。でも薄暗い中ロープ越しに白く見えました。
道中、こっちより一足早く紅梅、白梅等見れて良かったです。 
小桜
2009/03/03 14:36
かめ・ふー さん、今晩は。
途中でテン泊して、阿能川から小出俣の縦走は充分可能です。下山して川古温泉なんか入ったら最高です。川古温泉は入浴料¥1000くらいです。少しぬるめですが法師温泉のように良い温泉ですので、是非行って見て下さい。次回あたりに小出俣にでも行こうかなーとも思っていますが??。今頃でしたら雪も味方ですよ・・・。
インレッド
2009/03/03 19:11
しまふくろう さん、今晩は。
「八海山」「越の寒梅」あまりお目にかかれませんので、社長夫人の奢りで是非イッパイやりたいですね。
今、八海山と言えば大河ドラマ「天地人」の映像でおなじみです。あの岩峰に私も中越地震の前日に登っていました。

・・・雪庇尾根 今日の山路は 厳しかり・・・
     
                  インレッド
インレッド
2009/03/03 19:25
小桜 さん。今晩は。
諏訪山はこのあたりに2ヶ所あります、上野村の浜平からの諏訪山と、もう一つは吉田に降りる途中の志賀坂峠の諏訪山です。節分草は城ガ峰に登る登山口のあたりにも咲いてる場所がありますよ。長野県の千曲市の上山田温泉付近のキティーパークはこれからが見頃と思います。千曲市のホームページに、見頃は載っていると思います。
秩父の節分草は、今年はかなり早く満開になりました。何時もの年ならこれからが丁度見頃なのですが・・・。紅梅・白梅はどちらで眺めてこられたのでしょうか?。吉野梅郷かなー。
インレッド
2009/03/03 20:23
今晩は!
お疲れ様でした。長い尾根歩きの大変さと嬉しさがひしひしと伝わってきました。
・・・雪庇尾根 今日の山路は 厳しかり・・・
この短い言葉に全てが凝縮されているように思いました。
アグレッシブなインレッドさんですが、どうぞ無理をなされないように、長く山物語を見せてください。
甘納豆
2009/03/03 20:51
ローラーさん、今晩は。
このあたりは、熊の棲みかみたいな所です。今回は出会いませんでしたが、前回は遥か下の尾根を歩いているのが解りました。ブナの木には熊の爪跡が沢山付いています。この山からは谷川から平標までの稜線が直ぐ側に眺められて大変良い所ですが、なかなか手強いところです。機会がありましたら・・と勧めたいのですが、この山に行かれる時は慎重に、赤テープなど持参して登って下さい。
インレッド
2009/03/03 20:55
甘納豆 さん、今晩は。
夏の花の時期の山も良いのですが、私は直ぐに熱中症になってしまい、どちらかと言うと雪山・残雪の山の方が好きなようです。毎晩地図を広げてどの尾根を登ろうかと、考えながら良い場所を探し、自分の考えていた山の様子と実際の山の様子を比べてみるのも、また楽しいものです。
インレッド
2009/03/03 21:05
こんばんは。
雪山の世界、すばらしさと危険が隣り合わせ。こういうプロフェッショナルな登山ができて羨ましいと思うのと同時に、同じ山歩きでも世界が違いすぎると思います。身の引き締まる思いです。危険な山には登れませんが、技術と体力は努力していかないとと感じます。
カスミッシモ
2009/03/03 22:57
阿能川岳、お疲れ様でした。私は、仏岩ポケットパークから登り、谷川サービスエリア入口に下山するという周回コースで歩きました。谷川サービスエリアコースも送電線巡視路や教会見出し標の刈り払い道が利用でき、結構遅い時期にも歩けます。小出俣山も、途中の岩場を巻くところが難所なので、状態が良いといいですね。阿能川岳や小出俣山は、静かな山で良いですね。
さすらい人
2009/03/03 23:53
カスミッシモさん、 お早う御座います。
冬の雪の山や残雪の頃の山は空気が澄んでいて、白銀の世界は本当に綺麗です。特に雪の沢山ある頃は、登山道に拘らずに歩くことが出来て、普段と違う景色が見え、止められません。ぜひ近くの山で味わって下さい。
インレッド
2009/03/04 09:01
さすらい人 さん、お早う御座います。
このあたりから眺める谷川の山々の展望は、白毛門に負けないくらいに良い眺めですね。
今回上から関越道の谷川パーキングエリアを眺めて、その側にある尾根をから登ればもう少し早く登れるかなー と思い、帰ってから地図を見ました。群馬の200山?を書いた横田さんもそこから登ったようで、こんどはそちらから登って見ようと思いました。

さて週末の山はどちらに・・・
インレッド
2009/03/04 09:18
おはようございます。諏訪山が2ヶ所あるなんて知りませんでし
た。諏訪山(1549メートル)浜平より入り直ぐに雪が有りアイ
ゼンを付けて、思ったより時間がかかり急登の梯子を越えてか
ら絶壁が聳え立っており本峰かな?と思ったら三笠山でした。
協議の結果、13時安全第一で下山しました…湯の平の頭の稜線
霧氷がとっても綺麗でしたよ。インレッドさんは諏訪山は何回
登りましたか?節分草の情報戴きまして有難うございます。


kozakura
2009/03/04 09:39
kozakura さん、今晩は。
大分山奥まで来られましたね!!。群馬の秘境です。

三笠山までで充分すね、諏訪山の山頂は全く展望はありません。その側が日航機の墜落した御巣高の尾根です。諏訪山や西上州の山は4月後半の頃になるとヤシオツツジが沢山咲き山々を彩ります。少し手前の旧中里村(恐竜センター付近9の笠丸山はアカヤシオで山頂付近がまっかに染まります。しょっちゅう「山渓」に載りますので、最近は大勢の人が登りに来ます。その頃になると私も西上州の山々をヤシオが咲く順序に従ってあちこちと登ります。そうすると私と同じように考えている人も結構多く3週連続して山頂で会った、なんて人も居ます。
インレッド
2009/03/04 18:24
おはようございます。
今回も真っ白な雪景色がとてもステキですね(*^_^*)
今年は暖冬なので もぅ雪山は見ることが出来ないと思っていました。
とても嬉しかったです。
<鏡で自分の顔を見たら、きっと笑顔の良い顔になって>
此処までの道のりが厳しかった分満足感も大きいですものね(*^-^)♪
マリー
2009/03/05 11:33
マリー さん、今晩は。
ここのところ何かとお忙しいようでしたので、コメントは控えていましたが、さすがに、次から次へと、美しいクリスマスローズがアップされていて、その花々に癒され、そろそろ元気が戻ってきたかなー、と思っていたところです。
当方は相変わらず、雪の山に魅せられて深い雪山歩きが続いて今すが、そろそろ花の便りも聞こえてきて、これからは忙しくなりそうです。
インレッド
2009/03/05 18:49
前回の記録を含めやはり冬のこの時期の山は凄いですね、こんな所まで一人でラッセルなんて私には挑戦出来ません。踏み後がないのも判ります。
雪庇の上を歩くのは怖くないですか?
バイタリティーがありますね。
秋だったら登ってみたいですね、でも藪が深いとムリかな?
ミニミニ放送局
2009/03/06 13:43
ミニミニさん、今晩は。
この山は雪が無いと藪漕ぎで、登るのに余計時間も体力も費やします。それに一番怖いのは熊さんです。ブナの木にも登った爪跡が沢山付いていました。
雪庇はまだ今頃でしたら大丈夫ですが、これからは少し怖くなります。あのドーンと音がして、バリバリッーと木々を倒しながら崩れていく、「春の音」はあまり聞きたくありません。
インレッド
2009/03/06 19:23
こんばんは!
大きな雪庇の尾根道から雪深さなど想像すると恐怖を感じてしまいますが、それ故に美しさが引き立つ写真。素晴しいですね!
天使のような芽吹きの写真から、春は着実に近づいているんだなと感じました。
映画は私も観ました。久し振りに映画を見て涙してしまいました。
TAKA
2009/03/06 21:26
TAKA さん、今晩は。
この山は谷川岳の前衛的な山ですが、藪漕ぎが深いのと、熊さんが沢山住んで居るようなので、群馬100名山ですが、一般にはあまり登られていません、それでも山頂からの谷川の展望は素晴らしいところです。また違うルートから登って見ようと思います。
インレッド
2009/03/06 22:24
おはようございます。
迫力ある雪庇や尾根の写真とともに仔細な説明で、まるでインレッドさんの息遣いが聞こえてきそうです。
ここを一人でいける方の技術力と根性に私は敬服いたします。
今にも崩れそうな雪庇を写真でみているだけでも冷や汗がでそう。
本読みと山歩き
2009/03/07 15:55
こんばんは
 今日は、どちらでしたか。
阿能川岳は大変な山ですね。尾根の雪庇もすごそうです。写真をみているだけでいいです。
 わたしは、今日もホームグランド戸神山でした。

 
まきまき
2009/03/07 21:02
本読み さん、今晩は。
谷川を眺める山では白毛門が有名ですが、この阿能川も隣の小出俣山もそれに負けないくらいの、大展望です。ただどちらも猛烈な藪漕ぎで簡単には登ることが出来ません。残雪の頃だけ登ることが出来ますがかなりロングコースです。今回も山頂まで届きませんでしたが、次回は違う尾根を登って見ようと思います。
インレッド
2009/03/07 22:00
まきまき さん、今晩は。
ここもホームグランドのようなものです、是非、
挑戦して見てください。
山頂からの谷川の眺めは白毛門に負けないくらい
の大展望です。
インレッド
2009/03/07 22:03
 はじめまして、まきまきさんに紹介されここに来ました。
3月21日にまきまきさんと阿能川岳へ行ってきました。
雪の状態も良くなり、そろそろリベンジできそうですよ。
Tomoの奥利根山歩き http://okutone.web.fc2.com

tomo
2009/03/24 09:40
tomo さん、始めまして。
阿能川はどちらからでしたか、仏峠のポケットパークからでしょうか?。こんど行く時は谷川サービスエリアの下辺りから行こうかと思っています。ここからの展望はなかなかよいですね、早速パノラマ見させていただきました。
次は小出俣あたりは如何でしょうか?。

   まきまきさん共々、今後ともよろしくお願い致します。
インレッド
2009/03/24 18:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
途中撤退になった阿能川岳・・・2009/2/28日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる