インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨ヶ立山(1626m) 2009/4/4日.

<<   作成日時 : 2009/04/05 22:11   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 22

奥利根湖に、まだダムが造られていなかった頃、この下の藤原の人達の中には狩猟で生計をたてていた方が居ります。このあたりは群馬で唯一マタギの方が住んでいた所です。今は奥利根湖の八木沢ダム・須田貝ダム・楢俣ダムと利根川の上流にはたくさんのダムが出来て首都圏の人達を潤をしています。その代わりに一部の部落も温泉もダムの下に沈んでしまいましたが、立派な道も出来て、生活が便利になりました。今日は日本屈指の露天風呂で有名な、宝川温泉付近に車を置いて雪の渓谷沿いから歩き始めます。

                  今日登った雨ヶ立山(奥に平ヶ岳方面)
画像


長い長い渓谷沿いの林道から歩き始め、途中のゆるい勾配の尾根を、
前もって入力したルートをGPSを見ながらカンジキを履いて登り始めます。

                       渓谷沿いの道と、登り始めの尾根
画像画像
















途中から曇り空の中、真っ白な稜線が見えて来ました。
画像


テントが一つ張ってありました。
画像


大蛇のようにトグロを巻いたブナの木もありました。
画像


登るに連れてかなり雪の量も多くなり、こぼれ落ちそうな
雪庇もあちこちに見られました。


                    隣の尾根
画像

 
                  登る後ろには武尊山がいつも見えています。
画像


1400m付近まで来ると、さすがに深い山奥に入ったような気がします。
ブナの木には熊の爪跡もあり、たまにはナタメも付いていて、昔の
マタギの生活を見るようです。

                    1400m付近
画像


目前に真っ白いピークが望めますが、まだまだ
山頂は先にあります。

                    1400m付近
画像



今日は取り付き口が少し違っていましたが、途中から2・3日前に
付けられたらしい、1本のスキーの跡とズット一緒でした。

                    一つ手前のピーク
画像


                    急斜面の雪渓の後ろに武尊山
画像



ここから少し降りると、険しい岩場が見えて来ました。
この岩場はマタギの人達には、猫幽と言われていて
熊の冬眠する岩場だそうです。

                     猫幽の岩場
画像


猫幽の岩場を越えると、真っ白にフカフカとした山頂が見えて
来ました。空も山頂も白く青い峰々にはその白さが一層引き
立つ山頂でした。この山が麓の藤原から眺めて、雲に覆われ
れば雨か雪になるようで、それが山の名前の由来です。

                     雨ヶ立山山頂
画像


山頂からの展望は雲の多い日でしたが、かなりの展望で
普段眺めたことの無い方角からの景色は、なかなか山の
名前が解りませんでした。その展望をどうぞご覧下さい。

                    今度登って見たい真っ白な布引尾根
画像


                   布引山と奥に朝日岳から越後烏帽子(笠ヶ岳)方面
画像


                   ここから布引山への尾根
画像


                   ちょっと解らない山並み(巻機〜下津川??右奥平ヶ岳??)
画像


                   巻機への稜線
画像


                   布引尾根とその上に朝日岳方面
画像


                   登って来た尾根とその上に、至仏・笠ヶ岳方面??
画像


                   白毛門・笠ヶ岳方面
画像



世界中でたった一人だけ生きているような、全く静かな山頂で、
昼食をとるのも忘れて眺めていました。空からは春の温かな雨が、
ポツリポツリと降り始めてきて、昼飯を食べながら、雪の斜面を
転げ落ちるように下山しました。

                   降りる道
画像


渓谷沿いの林道をツボ足になり傘を差しながら歩きました。
温かな雨は木々の芽吹きを促すような雨で、明日からは一層
芽吹きが早くなるかも知れません。

                   帰る頃の渓谷
画像

                  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ロングトレイルお疲れ様でした。
空はくっきり晴れ渡るとはいかなかったようですがまずまずの天気で良かったですね。
雨ヶ立山、文面から大体の位置は分かりますが、地図を見ても山名が見当たりません。1626.7mのピークでしょうか。
雪も締まっていて比較的歩き易そうですが、自分が行った飯豊前衛の山は2、3日前に降った雪に覆われていて、湿雪ラッセルの連続でした。
人のほとんど入らない静かな山、少し怖い気もしますが、心が洗われますね。
甘納豆
2009/04/06 08:09
カシミ−ルで場所を探しました、板幽沢の奥に1626.7mのピ−クがあります。 山の名前は載っていないのでここが雨ヶ立山かどうかわかりませんが、多分このあたりの山ではないかと想像していますが、モノクロの静かな世界で
息づいているただ一人、心身ともに洗い清められますね。素晴らしいの一言です。
ロ−ラ−
2009/04/06 09:01
甘納豆 さん、お早う御座います。
飯豊は良かったでしょうね!!。

そうです、1626.7mの山がこの雨ヶ立山です、地図に名前が載っていない山(昭文社の谷川の地図には名前が載っています)ですが、このあたりは中々良い山域です。さらにきつそうな隣の布引山とその尾根にも、今度登って見たいと思っています。その布引山あたりに以前 甘納豆さん達がナルミズ沢から上がって来たと思います。時間があればここから30分ほどで布引山にも行けそうでしたが、2時を過ぎてしまい食事をしながら降りる始末で、布引には行けませんでした。
行きは雪が締まっていて、良かったのですが、帰りは何度も何度も雪を踏み抜き大変でした。
インレッド
2009/04/06 09:14
ローラー さん、お早う御座います。
そうです、1626.7mが雨ヶ立山です。昭文社の谷川の地図には名前が載っています。宝川渓谷からは夏でもあまり人の入らないところですが、実はかなり良い山域です。このあたりも雪のある頃で無ければ簡単には登ることは出来ないところですが、機会がありましたら登って見て下さい(但し雪にも熊にも充分注意が必要です)。
西上州でヤシオの咲く順番は、いつもの年ですと、4月20日頃から黒滝山・鹿岳・三ツ岩・桧沢・笠丸とこんな順序咲き始めます、その後5月に入ってから荒船の奥の兜山・最後に両神山と続きます。
インレッド
2009/04/06 09:24
納得しました。雪山には自信があるんだと言うレッド様。私が雪山に登ったら足が上がらないのではと不安が一杯です。
 昨日はありがとうございました。遠路はるばる・・・。あの頃はまだわたくしめ40代でした。時間の過ぎていくことに驚いてしまって・・・。
レッド様も変わらず若々しいフットワークに万歳です。これからも末永くお引き回しください。絶対木村さんと美味しいお酒を飲みましょうね。  魅

 
 
しまふくろう
2009/04/06 11:35
こんにちは
 GPSなしでは行けない山ですね。大変お疲れ様でした。
私は上州三峰山に行ってきました。河内神社の方から登り大沼経由で頂上まで2時間30分位でした。インレッドさんの言うとおり眺めが最高でした。
まきまき
2009/04/06 14:10
魅 さん。今晩は。
大変お久し振りでした、そうですか、もう10年以上も過ぎていましたか。
月日の経つのは、歳をとってからは一層早く感じますね。益々絵は上達しているようでした。
たまには木村一家とも飲みますか。

  ・・・青空を 一気に降りて 糸桜・・・
             おかめ桜を眺めて、  インレッド
インレッド
2009/04/06 17:54
まきまき さん、今晩は。
三峰でしたか、谷川が良く眺められたようで良かったですね。下の温泉は今は工事中のようですね。

ここは前から、まきまき さんにも登りたい山と、言っていたと思うのですが、今回やっと登ることが出来ました。もう少し天気が良ければもっと素晴らしかったと思うのですが、まあ まずまずでした。次回はこの先の布引山に行きたいと思っていますが、雪の林道歩きが一番辛かったです。
インレッド
2009/04/06 18:00
今晩は。雨ヶ立山お疲れさまでした。雪も柔らかくて大変だったでしょ。次回は、布引山に是非登ってみてください。素晴らしい展望ですよ。下山は、雨ヶ立山を回って帰ればよいです。距離は長いですが、特に難所もないので、もっと登られても良い山なんですがね。
さすらい人
2009/04/06 20:39
さすらい人 さん、今晩は。
ここは本当に良い所でした、朝出るのが遅かったので、山頂に着いたのが2時を少し過ぎてしまいました。ここからは30分ほど布引まで行けそうな気がしたのですが、始めての所ですので自重して下山しました。布引は次回に登って見ようと思います。
インレッド
2009/04/06 22:06
地図で場所を探しましたが
乗っていないんですね
この地域の山々の奥深さが
写真から伝わってまいります
こんな世界を実際に歩かれるインレッドさん
本当に凄いなあと思います
RUU
2009/04/06 22:15
RUU さん、今晩は。
この山は昭文社の谷川の地図には名前は載っていますが、登山道はありませんので道は載っていません。以前から登ろうと思っていたのですが、今月号の「山渓」に載ってしまったので早々に行って来ました。このような所には以前は私も中々登れなかったのですが、GPSが今はありますので、カシミールで登り易い所を探して、そのルートをGPSに入力して行きます。そんな訳で今は行く事が出来ますが、それでもGPSは万能ではありません、ここの取り付きあたりは針葉樹の深い森から登りますので電波は遮られてしまいます。一応赤テープも持って行きましたので、所々に目印に付けて登りました。広葉樹の枯れた枝の下は電波はキャッチできますので、帰りは軌跡を見て降りました。
インレッド
2009/04/06 22:30
インレッドさん  良く調べていますね

ナルミズ沢は数年前の錦秋に遡行しました
しかし 脇の頂には目がいきませんでした
しかもナルミズ沢の二日目は小雨模様で五里霧中
同行者がへろへろになってしまい やっとの下山でした
インレッドさんの歩きには敬服いたします
行きたい山がまた増えました ありがとうございます
かめ・ふうむ
2009/04/07 08:26
かめ さん、お早う御座います。
ナルミズ沢は中々良い沢のようで、その筋の方には人気のところのようですね。私は沢はやりませんが、ナルミズ沢はやって見たいと思っています。布引尾根は展望も良くて、残雪歩きにはかなり良さそうです、またまたお出かけ下さい。
インレッド
2009/04/07 08:43
こんばんは。
素敵な雪やAMを見せていただきました(*^_^*)
主人と一緒に見せていただいています。
雪山は全く経験がないのでとても不安らしいのですが一度は登ってみたいらしく 「ほぉ〜良いナァ〜」と申しております。
先ずは低いところからですょね。
その為にも二人でゆっくり体力作りをしなければ!!
と 話しています(*^-^)♪
マリー
2009/04/07 23:24
マリーさん、お早う御座います。
雪のある頃は空気が澄んでいて、遠くまで真っ白な風景が眺められ綺麗です。これからは残雪の山歩きになりますが、その頃は花とも、そろそろ出会えて、気温も暖かくなり、気持ちの良い山歩きになります。軽アイゼンを付けて近くの山からでも、是非登って見て下さい。
インレッド
2009/04/08 08:54
今晩は。
たった一人で生きているような。。。そんな感覚は味わったことがありませんが、冬山で一人でGPSを使っていくような山はそんな気にさせるのでしょうか。
最後の写真が春を感じさせます、白と黒の構図が良いです。
本読みと山歩き
2009/04/09 03:16
本読み さん。
お忙しいところコメントいつも有難う御座います。

この界隈での山は、なんと言っても谷川付近の山々が有名で、この山はあまり知られていない山ですが、素晴らしい山域でした。次回も隣の山に行こうかなーと思っているくらいです。例の「一つ隣の山」そのものです。途中でテントを見たくらいで、後は誰にも会わず、そのテントの人が付けた跡なのでしょうか?。一本のスキーの跡とズーット一緒でした。真っ白い山頂でその孤峰と二人で雨雲にかすみ始めた山々を眺めて下山しました。
インレッド
2009/04/09 08:53
4月に入っても、まだかなり雪深い山なんですね。
一面真っ白で音のない世界なのでしょうか?
無になれる山ってすごいな〜と思います。
本日、インレッドさんのレポを参考にして稲含山に登って来ました。
稲含山のレポにもコメントを入れされて頂きましたので
よろしくお願いします。
mikko
2009/04/11 16:18
mikkoさん、今晩は。
山登り再開お待ちしておりました。
今日は暖かくてその割には展望も良かったと思います。
群馬広報部長の活動再開、楽しくお待ちしておりますので
よろしくお願い致します。
インレッド
2009/04/11 20:36
 マタギ以外入山者がいない道無き無名の山、たった一人だけ生きているような雰囲気の雪山へ登る気をおこさせるのは一体何でしょうか、GPSが無かった頃はとうてい想像も出来なかったと思います。 
 渓流沿いの大露天風呂“宝川温泉”は昔良く行きましたが、知れ渡るようになってから急に利用料が高くなったのを機に、その後残念ながら行っていません。 それにしてもインレッドさんのタイトル画像が素敵でいつも楽しみにしています。
ビデオ楽し
2009/04/12 19:13
ビデオ楽し さん、今晩は。
私も同じく利用料が高くなったので、最近はあまりこの温泉には入りません。この山の界隈は山スキーをやる人には結構登られているようです。隣の布引尾根は一直線に白い尾根が降っていて、きっと気持ちの良い所のようなのでしょう。
インレッド
2009/04/12 20:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨ヶ立山(1626m) 2009/4/4日. インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる