インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS コウシンソウ咲く庚申山。  2009/6/13日

<<   作成日時 : 2009/06/14 14:03   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 42

国の特別天然記念物に指定されているコウシンソウを見に、栃木県旧足尾町の庚申山に行って来ました。この山は江戸時代には庚申講詣でが賑やかなようでしたが、私も毎年今頃になるとコウシンソウを見に庚申詣でをしてしまいます。

                  コウシンソウと雪割草。   コウシンソウ 1
画像


   何時もの事ながら一ノ鳥居を過ぎて小さな沢沿いを登ると、美しい小鳥のサエズリが聞こえて来ます。
   チチチッ・ルルルルーとカナリヤの声のようなそのサエズリは沢の音に合わせて、新緑の道が一層楽し
   くなります。


          一ノ鳥居   新緑の道
画像画像















古の「丁」で記された道を登り、まもなく猿田彦神社に着きます。
江戸時代の盛んだった庚申講を懐かしむかのように鮮やかな
朱色のヤマツツジが咲いていました。

                  猿田彦神社跡付近
画像


庚申山は男体山を開山した、勝道上人がここも開山しました。猿田彦神社の
住職だった、大忍坊は明治になってから一層苦しくなった庶民の生活を救おう
と、ここを拠点に明治政府の薩長藩閥政府に反旗を翻しましたが捕らえられ
死刑にされました。(墓は足尾の龍蔵寺に今もあります)。

                   猿田彦神社跡の裏に咲くクリンソウ
画像



江戸時代のベストセラー宝井馬琴の「南総里見八犬伝」の
化け猫退治の舞台になった。岩峰の「お山めぐり」から登りましょう・・・

画像画像















画像画像
















このあたりで八犬士の一人犬飼現八が妖怪退治をしたことに
なっていますが、そのベストセラー本を読んで、多くの人が訪れ
たようです。今で言えばNHKの大河ドラマの舞台になったよう
なものでしょうか???。

画像画像


























画像画像

























画像画像




























岩場のアップダウンを繰り返して、最初のコウシンソウ咲く岩場
に着きました。ほぼ直立した岩場に小さなコウシンソウはへばり
ついて咲いています。

                国の特別天然記念物 コウシンソウをお楽しみ下さい。

                  こんな岩場に咲いています。  コウシンソウ 2
画像


                  コウシンソウ 3
画像


                 
                  コウシンソウ 4
画像



足場の悪い岩場で、私もコウシンソウのように岩にへばりつき、
転んだり手に擦り傷を作ったりして夢中で写真を撮りましたが
マッチ棒の頭ほどの小さな花は、曇り空の中、ズームで撮ると
ブレてしまい結構撮るのが難しい花です。

                  コウシンソウ 5
画像


                  コウシンソウと雪割草。    コウシンソウ 6
画像


この岩場には雪割草(オオミスミソウではありません)がコウシンソウを
駆逐するように、一緒に咲いています。やがては雪割草の咲く岩場に
なってしまうかも知れません。

                   雪割草咲く岩場
画像


この岩場からさらに山頂に向かって登ります。そこにはまだ
シロヤシオが咲いていて、その前の先ほどよりも低い岩場に、
雪割草とコウシンソウが群生して咲いています。

                  まだ咲いていたシロヤシオ
画像


                  コウシンソウ 7
画像


                  コウシンソウ 8
画像


                  コウシンソウ 9
画像


                  コウシンソウ 10
画像


                   コウシンソウ 11
画像


                  コウシンソウ 12
画像


                   コウシンソウ 13
画像


                  雪割草
画像


そこから一登りで庚申山山頂に着きます。山頂は
展望が無くその先の展望の良い所で昼食にしました。

                  山頂より梅雨空に霞む皇海山
画像


皇海山には猿田彦神社の奥社があります。そして100名山に相応しく
大きく尖って梅雨空の中、聳えています。

                  皇海山から国境平・三俣山・宿堂坊山へ続く稜線
画像


コウシンソウ咲く土曜日にもかかわらず山頂ではたった一人で、
誰も居ません。ふと右側の斜面にピンクの色を見付けました。少し
降りて見ると、まだ真っ盛りの石楠花がヒッソリと咲いていました。

画像


今日は午後からは雨で、雷もあると言う天気予報でした。その通りに
なって来て、遠くで雷の音も聞こえて来ましたので早々に下山する
ことにしました。庚申山荘の少し上辺りまで降りると、大きな雷に
混じり真夏の夕立のような雨になって来ました。直ぐに止み入道雲
が湧いてきて真夏を思わせる天気になって来ましたが、その時に私の
手に一匹の春蝉が留まりました。

画像


降りる頃は春蝉の大合唱が新緑の道に響き、「カナカナカナ・悲し・哀し・・・」と、
短い命を泣いていました。入道雲と青い真夏の空と、カナカナの泣く声は何故か
少年の頃の夏休みを想い出し、水遊びに遊び疲れて大の字になって寝ていた、
遠い遠い昔を懐かしく想い出しながら長い林道を帰りました。


                  マルバウツギ
画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(42件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよございます。
コウシンソウは毎年ブログでご紹介いただくたびに、みたくてしかたがないのです。
が、植生が垂直の岩で、絶滅危惧種で天然記念物ですから、知っている人しか知らない場所(あたりまえか)にそっと咲かせてあげるのがよいのでしょう。あまり沢山の人がおしかけるとろくなことになりません。
春蝉も少なくなったようです。それがまた、泣き声をかなしく聞かせてくれます。
夏は近いですね。夏の“山歩き計画”を立てねば、ことしもスイスでのトレッキングを実現すべく、家族を説得中であります。
本読みと山歩き
2009/06/14 17:53
こんばんは! 
 コウシンソウ、可憐な花ですねー、撮影ずいぶんと苦労されたご様子が伺えますね、お疲れ様でした。
 望遠持っていっても、マッチ棒の頭程をアップにするは大変ですねー!
  でも、貴重種を撮ったぞー、と悦に入っておられることでしょうね、
   いいなー!

ユキワリソウは花の正面から見ると、丹沢のコイワザクラにちっょとにているように見えますね、これも愛らしい。
 ・・・と思ったら同属なのですね、道理でと始めて知りました。
MORINOBUNA
2009/06/14 18:51
インレッドさん、こんばんは♪
以前に十文字で教えていただいたコウシンソウは花盛りなんですね。
冒険心が沸く岩山と可憐な花のオンパレードに魅了されました。
素晴らしい山の情報をありがとうございます。(^^)/
クロちゃん
2009/06/14 20:40
今晩は。土曜日に、私もコウシンソウを見に庚申山を登っていました。おそらく、お山巡りコース途中ですれ違ったようです。コウシンソウを見つけられなかったらというプレッシャーがありましたが、無事に見ることができました。お花見に出かけようという刺激のお礼を申し上げます。
さすらい人
2009/06/14 20:58
本読み さん、今晩は。
コウシンソウはここだけに咲いている花です。何時までも咲いていて欲しい花ですが、雪割草に駆逐されてしまいそうです。そのうちピンクの雪割草だけの岩場になってしまうかも知れません。それも自然の競争で仕方がないのかも知れませんが・・・・。
インレッド
2009/06/14 21:50
MORINOBUNA さん、今晩は。
コウシンソウの花は可憐に見えるでしょう!!。実物は小さくてただ白く見えるだけで、知らずに居れば通り過ぎてしまう花です。アップにすると可愛いのですが、本当は食虫植物なのです、花で食べるのでは無くて粘液の付いた葉で虫を捕らえて養分にするようです。綺麗な花には・・・・ご注意を。
インレッド
2009/06/14 21:57
クロちゃん 今晩は。
いつも面白いブログ楽しませて貰っています。
コウシンソウは小さくて知らずにいれば通り過ぎてしまいそうな花ですが、可愛い花です。庚申山の住職だった大忍坊は明治政府に反旗を翻して捕らえられました。その後自由民権運動の加波山事件が栃木で起こり、これが後に秩父事件につながって行きます。日本の民主主義の魁けとなった事件と思います。
花と歴史を見に是非お出かけ下さい。
インレッド
2009/06/14 22:03
さすらい人 さん、今晩は。
何処かですれ違いましたか?。私はお山巡りを先にして庚申荘方面に下山しました。山頂には誰も居なかったのですが、降りる頃に3人ほど登って来ました。帰りには庚申荘に泊まるだろうと思える、大勢の人に出会ったのですが・・・。丁度見頃で遠くから来た甲斐がありましたね。今年は少し小振りのような気がしました。
インレッド
2009/06/14 22:11
こんばんは〜〜
コウシンソウという花
おもしろい咲き方をするのですね
こんなに可憐でかわいい花ですと
私が虫でも近寄ってしまいます
とても勉強になりました
足尾の山々も魅力たっぷりですね!!
行きたいな〜〜
RUU
2009/06/14 22:16
RUU さん、今晩は。
明日は休みが取れましたか、雨でも尾瀬のように、それなりの山に行ければ結構楽しいですよ。
コウシンソウは国の特別天然記念物で、ここにしか咲いて居ない貴重な花です。でも咲いている場所が解らないと通り過ぎてしまうかも知れません。そんな小さな花ですが写真写りの良い可愛い花です。
インレッド
2009/06/14 22:42
おはようございます。 岩肌に抱きつくように咲いている可憐なコウシンソウ、一度見たいと思っていますが...、庚申山なかなか厳しそうな山ですが登ってみたいですね。
ローラー
2009/06/15 05:32
おはようございます。
 コウシンソウは小さく可憐な花、そこには雪割草がいっぱい咲いていてとても良いですね。インレッドさんに進められて良かったです。有難うございました。こうして物語を聞くとまた特別です。
まきまき
2009/06/15 06:16
ローラー さん、お早う御座います。
庚申山は岩場のアップダウンが結構あります。道も間違いやすいので、最初は知っている人と登ったほうが良いかも知れません。何も知らずに行けば、コウシンシソウの咲いている所は見逃してしまうかも知れません。今週末あたりで終盤と思います。
インレッド
2009/06/15 08:47
まきまき さん、お早う御座います。
今年のコウシンソウは早く咲いたせいか、いつもの年より少し小振りの花でした。雪割草も綺麗ですが、コウシンソウは雪割草に駆逐されて少しずつ減ってきています。以前はもう少し沢山群生していましたが・・・・。
インレッド
2009/06/15 08:51
インレッドさん おはようございます
今回はコウシンソウでしたか。
名前はよく聞くのですが 画像は初めてのような気がします。
雪割草に駆逐されてしまいそうですか。
珊瑚とオニヒトデは誰の目にもオニヒトデが敵役に見えますが、
コウシンソウと雪割草では・・・・やさしく見守るしかないようですね
かめ・ふー
2009/06/15 08:56
懐かしい岩場を見せていただきました。今は一の鳥居までしか歩きませんが・・。コウシンソウ・クリンソウ白ヤシオもまだ咲いていましたか。
 以前先輩が言うには、大間々の「ヨウガイ山」にもマニアしか知られていない「カタクリ」の群生地があるらしいです。来年はあの山の裏手から登って散策してきます。最近の雷は怖いから充分注意して山歩きをしてください。
                            魅
しまふくろう
2009/06/15 10:17
かめ さん、今晩は。
コウシンソウはかなり小さな花ですが写真に撮ってみると可愛い花です。可愛い花ですが、実は食虫植物で怖い花です。この容姿で虫共を集めて食べてしまいます。美しい花には・・・。かめさんも、どうぞ気を付けて下さい。
インレッド
2009/06/15 18:15
魅 さん 今晩は。
毎年今頃はコウシンソウを見に庚申山に登っています。今回は先日30kも歩いたばかりでしたので、あのアップダウンの多い岩場の道は少々疲れました。シロヤシオも沢山咲いていてもう少し早い時期にシロヤシオ見物も面白そうだなーと思いましたよ。
インレッド
2009/06/15 18:20
こんばんは
食虫植物のコウシンソウ
いつも感心してしまいますのは、植物の生命力・・・こんな所にもと言う環境の中で咲き、おもわず慈しみたくなる可憐さに、毎年会いに行きたくなる花の一つである事が伝わって来ます。
この6〜7月は見たい花だらけで、迷ってしまいますね。
毎回、どんな花を見に行かれるのかを楽しみにしています。
雨は大雨にならなくて良かったですね。
カミナリは嫌ですね・・・これからの季節は要注意で、山ライフを楽しみたいものです。
リッキー
2009/06/15 21:49
リッキーさん、お早う御座います。
そうですね、今月は毎年見たい花が沢山あり、私も何処に行こうか迷っています。今週末も行きたい山が二つほどダブッてどちらにしようかなーと思案中です。
山でのカミナリは逃げ場が無くて、何度も怖い思いをしています。これからは午後は注意ですね。
インレッド
2009/06/16 08:41
コウシンソウ、ツクモグサ、ヒメサユリと悩んで天気が一番ましな所で新潟に行きました。
小雨にはあいましたが雷はありませんでした。

本当に行きたい山がダッブてしかも天気が悪いと悩みますね。
岩場の連続だと雨が降って来ると怖いですね。
izumi
2009/06/16 11:48
15日コウシンソウを見てきました。
下山を「お山めぐり」の予定でしたが時間と天気の関係で山荘〜山頂のピストンとなり、山頂直下の1箇所だけでした。知らないと見ないで帰る確立が高い場所ですね。インレッドさんの写真の場所のも見てみたいものですが… 岩場の恐怖に耐えられるかが問題です。
14日平標山でハクサンイチゲ、コザクラを堪能、本日は筋肉痛でロボット歩きしてます。
来週インレッドさんに選ばれる山は何処でしょうか。楽しみにしています。
風雨
2009/06/16 13:25
インレッドさん こんにちは  小さくて可憐なコウシンソウ
岩場での撮影 大変でしたね。見せて頂き有難う御座います。
先回の尾瀬の風景も絵に書きたくなる様な素晴らしい写真ば
かりでしたね。来年はトガクシショウマを見に行きたいです。

クリーンソウも群生している場所があるんですね。その頃、
入笠山でクリーンソウを見つけました。小さくて可愛い
すずらんも。   詩の様な物語風の文章がいいですね!
 ー待ちわびし 揺れるコザクラ 岩峰よー
          (南ア 鋸岳の頂上付近の険しい岩場に
           たくさん咲いていました)
small cherry
2009/06/16 17:52
izumiさん、今晩は。
ウワーッ 全く同じ考えでした。この日は粟に行こうか、さんざん迷ったのですが、姫小百合ならまだ、もう少し後でも楽しめるかなー、と思いこちらにしました。  でそれがやはり正解と思いました。コウシンソウは今週末では少し遅いくらいに咲いていましたので・・・。
    ヒメサユリは今年は何処でみようかなー???。
インレッド
2009/06/16 18:03
風雨 さん、今晩は。
平標に行って庚申山ではきついですね、私もこの後、日光の方に行きクリンソウの群生を見て来ようと思ったのですが、先週30kも歩いてしまい、まだ疲れが残っていましたので、庚申山だけで帰りました。
そうですか、もう一箇所の方には行かなかったのですか、こちらの方はかなり沢山咲いていて、写真の撮り甲斐がありましたよ。
インレッド
2009/06/16 18:24
small cherryさん、今晩は。
鋸山ですか、そんな凄いところまさか一人では無いでしょうね!!。
甲斐駒の眺めは如何でしたでしょうか。今年の夏あたりに北沢峠にテン泊してそのあたりを徘徊しようかなーと思っていますが、鋸は遠慮したい所です。

kozakuraさんの親戚の花が沢山咲いていて良かったですね。

   ・・・コザクラや遠嶺霞む白馬岳・・・
                インレッド 朝日岳にて 2006/7月
インレッド
2009/06/16 18:36
こんにちは・・・
コウシンソウという花を初めて拝見しました。
この山の名前と同じということはここにしか咲いていないのでしょうか。
興味が湧きます。

それにしても庚申山のいわば怖そうですね。
この手の山にはビビってしまうオイラです。

雪割草・・・日本さくら草の花弁に似ていますね。
親戚でしょうか。
keykun
2009/06/17 14:48
keykun さん、今晩は。
そうですね、コウシンソウは今はここにしか無いようです。小さな花で、うっかりすると通り過ぎてしまいそうな花です。それでも写真に撮ると大変可愛い花ですが、食虫植物なのです。
さくら草はkeykunさんの方が専門と思いますが、多分同じ科の花と思います。
今年は今週末くらいで終わりそうです。暇がありましたら是非起こし下さい。
インレッド
2009/06/17 19:19
コウシンソウの咲く時期に登った事があるのですが見ることが出来ませんでした。
そのかわり鋸尾根に一面に咲くシャクナゲに感動しました。
コウシンソウとユキワリソウを楽しませていただきました。
ミニミニ放送局
2009/06/17 20:18
コウシンソウのかわいい花もすばらしいですが、ネムノキの花も水滴で光り輝いて、柔らかい色彩が良いですね。
ところで、粟ケ岳のヒメサユリを見に行かれるとしたら・・・ムッシーさんが今週見に行きましたら、下草刈りがされて、山道の脇に所々にしかなかったそうです。
送信して頂いた写真には、無惨に切られた花がドッサリ・・・ちなみに、五百川口から登られたそうです。
そう言えば、2年前の秋に加茂水源地から登った時に、地元の方が早くに行かないと花を全部切ってしまう話をしていました。
今週末は、山歩きは楽しめませんが、そろそろ浅草岳のヒメサユリも咲くころかもしれませんね。
リッキー
2009/06/17 21:55
ミニミニさん、今晩は。
そうですね、良く見ないと解らないくらい小さな花です。この日も地元の人が雪割草をコウシンソウと言って一生懸命写真を撮っていました。可哀想なのでその花はコウシンソウでは無くて、その上に咲いているのがコウシンソウですよ と教えてあげたのですが、それでも解らないくらいでした。咲いている場所が解っていないと見逃してしまうと思います。鋸山方面は石楠花が沢山ありますね。先日友達が行って来て石楠花の画像を送ってきましたが、今年も沢山咲いていたようです。
インレッド
2009/06/17 22:19
リッキーさん今晩は。
情報を戴き有難う御座います。
土曜日にそちら方面に行き、花見登山の楽な山に登り、日曜日に粟ヶ岳に行こうかなーと思っていたのですが、中止にします。有難う御座いました。

それにして、そんな無粋なことをするのですか、残念ですね!!。こちらでは田んぼの畦にちょっと可愛い花が咲いていれば、そこだけ避けて草刈をする位なのですが・・・。

ネムキの花は散歩の途中で丁度咲いていましたので1眼レフで撮り、載せてみました。
リッキーさんも自分の画像を載せて見てください。載せ方は 

   http://lesson.at.webry.info/
               ここで調べて見て下さい。
  
インレッド
2009/06/17 22:31
庚申山の絶壁の岩場に咲くコウシンソウは、日本旅行の若い知人ガイドに薦められ、見たいと思いながら果たせずにいましたが、撮影に苦労された沢山の写真レポ拝見でき有難うございました。食虫植物で培養例の無い絶滅危惧種と聞きますので貴重なレポと思います。
ビデオ楽し
2009/06/18 10:54
ビデオ楽し さん、今晩は。
コウシンソウは以前は男体山や袈裟丸山あたりにも在ったようですが最近は他で咲いている話は聞きません。もう殆どここだけになってしまったようです。ここも雪割草に駆逐されそうです。その内何らかの処置をしなければ絶滅してしまうかも知れません。それまでに機会がありましたら、是非一度見に来て下さい。
インレッド
2009/06/18 18:56
こんばんは。
コウシンソウはもの凄いところに咲くのですね。
マッチ棒の先程の小さなお花だそうですが ホントに小さいお花だと云うことがお写真を見せていただいてよく解ります。
雪割草の方が繁殖力が強いのですか?
来年は藻しかしたら見ることが出来ないかもしれないコウシンソウは 貴重なお花ですね。
マルバウツギも可愛いです(*^-^)♪
マリー
2009/06/18 20:15
マリーさん、今晩は。
ここのところ絶滅危惧種の花を訪ねる山歩きが多くなっています。今週も来週もそんな山登りになると思いますが。近いうちに地球から無くなってしまいそうな花は、特に美しい花ばかりです。美しいものは弱いものが多いようで、温暖化の地球では少しずつ住むことが出来なくなっているのでしょうか???。
インレッド
2009/06/18 20:37
こんばんは。
コウシンソウ、何とも愛らしい花ですね。食虫植物とは摩訶不思議です。
群生するほど餌となる虫がいるのでしょうか。厳しい岩場に咲いているようですから、踏み潰される心配はないですね。この山だけに生息しているのでしょうか。一度見てみたいと思います。
カスミッシモ
2009/06/18 21:34
インレッドさん こんにちは 今回登った山の下山時、大岩の
樹林帯にひとつのピンクのお花を見つけました。
上にとがったピンクの花びらが四枚、下に袋が付いていて、顔を
覗いたらちょっと怖いような感じ…もしかして絶滅が危惧されてい
ますコウシンソウだったのでしょうか??インレッドさんの写真に
よく似ていますね。謎々…。

small cherry
2009/06/19 17:26
カスミッシモさん、今晩は。
この花は以前は男体山や袈裟丸山あたりにも生息していたようですが、今はここにしか無いようです。岩場に咲いていて踏まれる心配は無いのですが、雪割草に駆逐されそうです。少しずつ生息する場所が少なくなり、やがては絶滅してしまうかも知れません。今のうちに是非見に来て下さい。
インレッド
2009/06/19 19:46
small cherryさん、今晩は。
ピンクの花びらが4枚>  この花は一つの茎に一つの花しか付けませんので、違う花のような気がします。花の大きさは米粒より少し大きいくらいの小さな花です。ピンクと言うより薄紫色です。親類の花にムシトリスミレがあります。ムシトリスミレは谷川でも見かける花ですが、色は濃い紫です。
インレッド
2009/06/19 19:52
インレッドさん こんにちは。
今年は空梅雨のようですが
今日もどこかの山におでかけでしょうか?
私も来月には少し時間が出来るのでは・・と期待しているんですけど。
コウシンソウ・・食虫植物なんですね?はじめて拝見しました。
綺麗な花にはトゲがあるとか申しますが、
可憐な花にも虫クンは要注意なのですね。
それにしても、凄い岩場。
なんだか妖怪が現れてきそうで楽しそう〜♪

けっこ
2009/06/20 17:06
けっこ さん、お早う御座います。
この日も朝早くからそちらを経由して福島の山に行き、沢山の美しい花々を見てきました。花を眺める山歩きなら、少しくらいの雨でもいいだろうと思い行って来ましたが、雨に降られることも無く、また楽しい山歩きでした。それでもやはり遠かったです。
インレッド
2009/06/21 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
コウシンソウ咲く庚申山。  2009/6/13日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる