インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 剱・鹿島槍の大展望!!、爺ヶ岳。  2009/6/27日

<<   作成日時 : 2009/06/28 16:37   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 37

ここ数週間は花を眺める山歩きばかりしていて、久し振りに本格的な山登りがしたくなりました。先日映画「剱岳」を見たばかりで、まだその感動が残っています。その余韻をもう少し近くの山で楽しもうと、今年始めての北アルプスの爺ヶ岳に日帰りピストンで行って来ました。

                  種池山荘付近より剱岳
画像


柏原新道の入り口に車を置いて登ります。早朝に家を出て
まだ眠たい眼とボンヤリとした頭に、澄んだ空気と朝日が
気持ちの良い登りになりました。

                  登山口
画像


ムラサキヤシオが咲く道になりました。
画像


扇沢の沢音と時々聞こえる小鳥のサエズリを聞きながら
登ります。

                  ムラサキヤイオ咲く道
画像


針ノ木雪渓が、いつも隣に大きく眺められます。
画像


思いもかけずにシラネアオイも咲いていました。今年
始めて会うシラネアオイでした。
画像


まだ咲いているミネザクラの下を時々通ります。
画像


朝の澄んだ青空の下、左方面に種池山荘から岩小屋沢・鳴沢岳
針ノ木・蓮華への山並みが、新緑の上にまだ少し雪を残してまばゆい
程に連なって見えます。

                  蓮華・針ノ木方面
画像



                 岩小屋沢から針ノ木に続く稜線
画像


                  種池山荘付近の稜線
画像


イワカガミロードのように沢山のイワカガミが
丁度色良く咲いていて歓迎してくれました。

                  色も良く綺麗に咲いたイワカガミ
画像


珍しくたった一輪だけキヌガサソウも咲いていました。
画像


少し急登になった岩畳を越えて、昨年の6月始めに敗退した
雪渓を横切ります。

                   雪渓
画像


                   雪渓
画像


まだ雪の残る急な登りになり種池山荘に着きました。そこから
真っ先に雄山付近の立山が眼に飛び込んできました。

                  雄山付近の立山連峰
画像


                 種池山荘付近より蓮華・針ノ木方面
画像



                 種池山荘付近よりこれから登る爺ヶ岳方面
画像


                 種池山荘付近より鹿島槍方面
画像


  映画「剱岳」は日本の地図でたった一つ空白地帯の剱岳付近の測量を、陸軍参謀本部陸地測量部の
  柴崎芳太郎と、当時登山がスポーツとしてやっと流行りだした、小島烏水率いる山岳会との初登頂を巡
  る物語です。

                  雄山より剱への稜線
画像


  立山曼荼羅には剱岳は針の山として描かれています。立山信仰では剱岳は登ってはいけない山、もし
  登っても生きては帰れない山として、地獄の責め苦に苦しむ人々の上に剱岳は聳えて居ます。

                   剱岳
画像



  柴崎芳太郎は苦労しながらル−トを探します。大尾根(現在の早月尾根)はカニノハサミで登れず、
  小窓尾根では雪崩れに会って中止、別山尾根では鋭い岩峰に阻まれ登ることが出来ず。玉殿岩屋
  で行者が言った「雪を背中に登り、雪を背中に降りる」を思い出して、長次郎谷から雪渓を登り、山岳
  会よりいち早く登頂に成功します。

                   立山・剱のパノラマ
画像


  登頂に成功しますが、そこには既に奈良時代と思われる剣と錫杖がありました。1000年も前に
  修験者が登ったようです。陸軍参謀は千年も前に登られた山に、未だに三角点を置くことが出来な
  かったことを恥として、あまり公表はしたく無く、柴崎の偉業は密やかに終わりました。

                   これから登る爺ヶ岳南峰方面
画像



  しかし柴崎の偉業は競争相手だった、日本山岳会が「後世まで残る偉業」として褒め称えます。

                   爺ヶ岳南峰山頂
画像

                 
                   稜線に咲くキバナシャクナゲ
画像


                   爺ヶ岳中央峰方面
画像


                   稜線に咲くミヤマキンバイ ?
画像


  爺ヶ岳からは隣の鹿島槍はもとより、立山・剱・針ノ木・槍ヶ岳方面の大パノラマが広がり
  一日中居ても飽きることの無い風景が広がって居ます。下界の今日の猛暑が嘘のような
  涼しい山頂でビールを飲みながら、映画のシーンや、剱に登った時のことを思いだしていました。
  

                   爺ヶ岳中央峰より登って来た南峰方面
画像


  吹雪のシーンは、今年私が登った小出俣山の吹雪の方がもっと凄かったよ、とか 
  長次郎が山頂に着く頃にヴィヴァルディーの「四季」より夏の3楽章が出てくるだろうなー
  なんて思いながら見て居ました。

                   山頂より梅雨空に霞む槍ヶ岳
画像



  やはり久し振りの北アルプスの眺めは飽きることの無い眺めでした。次は鳴沢岳から
  針ノ木・蓮華にでも行って、コマクサでも眺めて来ようかな、などと思いながら下山しました。

                  爺ヶ岳中央峰より南峰と奥に針ノ木岳、さらに奥に越中中沢岳方面かな?
画像



              
今日咲いていたその他の花々

                   ツガザクラ
画像


                   ミツバオウレン
画像


                   タニウツギ
画像


                  カラマツソウ
画像


                  タカネスミレ
画像


                   サンカヨウ
画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時


初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま〜す<m(__)m>
ややちゃん
2009/06/28 16:57
立山や劔を観ながらの
稜線あるき
素晴らしいでしょうね
うらやましい限りです
僕がいけるのは、いつになるのやら・・・
針ノ木雪渓も凄い迫力ですし
南峰山頂からの鹿島槍
とても憧れます
私のような初心者でも
登れるでしょうか・・・
とても行きたいです
RUU
2009/06/28 19:13
インレッドさんに偶然にもお会い出来たなんて、幸せ者です。
南峰でちょうだいしたリンゴの味は、山の空気と共に今までの人生の中で一番美味しいリンゴでした。
ありがとうございました。
梅雨の季節の合間の好天に恵まれて、最高の山歩き日和でしたね。
また、どこかの山でお会いしましたらお声かけください。
インレッドさんの写真は、この目で見たままの感動を再度伝えてくれます・・心の目を磨く事が大切だと、再確認させられました・・・ありがとうございます。

リッキー
2009/06/28 19:18
追伸
無断にてインレッドさんの後姿を搭載してしまっていましたが、インレッドさんと判りまして、後承諾で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
リッキー
2009/06/28 20:32
ややちゃん さん。今晩は。
始めまして、こちらこそ宜しくお願い致します。
インレッド
2009/06/28 21:20
RUU さん今晩は。
お忙しいところ、いつもコメント有難う御座います。
柏原新道の道は歩き易い道で、夜になっても間違えるような道ではありません。RUUさんならば爺ヶ岳なら日帰りで充分行って来れます。鹿島槍まで日帰りは少ししんどいと思いますので、冷池小屋に一泊すれば良いと思います。
インレッド
2009/06/28 21:29
リッキーさん、今晩は。
この日は爺ヶ岳から眺めて、針ノ木雪渓の一つ手前の蓮華の雪渓を良く見ておこうと思い、それも目的の一つでした。来年の5月か6月頃にその雪渓を登って見ようと思っていましたので。
爺ヶ岳南峰でビールを飲み、その景色を眺めてそのまま帰る積もりでしたが、皆さんが中央峰まで行かれたのでつられて行ってしまいました。
ミカン美味しかったです。

リッキーさんのブログに鉢巻の私が写っているのがわかりました。恐れ入りました。
インレッド
2009/06/28 21:40
今晩は。私は白馬岳だったので、近所の山といって良いですね。白馬岳の山頂からも、剱岳が良く見えていました。快晴に恵まれて良かったですね。夏山開始まで、あとひと息になってきました。
さすらい人
2009/06/28 22:16
爺ケ岳に日帰りでピストンされ、久しぶりに見る北アの大迫力の展望レポは、まるで自分で登って来たような錯覚を覚え、ただただインレッドさんの行動力に感服するのみです。33枚もの写真付きで楽しませて頂き本当に有難うございました。
ビデオ楽し
2009/06/28 22:19
雪の残る鹿島槍の眺望は綺麗ですね。
5年前に1泊で鹿島槍までの予定で向かったのですが
体力的に断念して種池でテント泊して爺ヶ岳止まりとなった経験があります。
爺ヶ岳南峰はとってものんびりできる山頂でかなりの時間また〜りと楽しんだ思い出があります。
日帰りで爺ヶ岳とは恐れ入りました。
蓮華・針ノ木の眺望も素晴らしいですね。
mikko
2009/06/28 22:29
こんにちは。
北アルプスはまだまだ残雪がありますね。
爺ヶ岳は花も動物(アルプスモンキチョウ?)もたくさんいるらしいですね。
北アルプス北部は中部から(ベルギーは論外)はちょっと遠いので、ちょっと手(足)が出にくい山域です。
でもいつかはこんな展望とお花と蝶をみに出かけてみたい。
今夏、一時帰国するので、「点の記」を見てから、どこかに行くのが私のささやかな計画です。
本読みと山歩き
2009/06/28 23:21
 今年は北アルプスの山へ登ってみたいと思っています。 何処へ行こうかと検討中ですが、体力と天候に相談しながらと考えています。 山小屋泊まりをすれば行けそうな気がしますので...やはり北アルプスは一寸雰囲気が違いますね。
ローラー
2009/06/29 05:17
さすらい人 さん、お早う御座います。
ツクモグサ・ウルップソウが咲いていたようで良かったですね。レンゲツツジはこちらも丁度満開になってきました。7月になったら白馬は行こうかなーと思っています。
インレッド
2009/06/29 08:42
ビデオ楽し さん、お早う御座います。
映画「剱岳」を見ましたので、その剱を見たくてこの山にしました。本当は早月尾根からの方が「針の山」みたいでいいと思ったのですが、遠いので爺ヶ岳にしました。天気も良かったので大パノラマを満喫しました。
インレッド
2009/06/29 08:47
mikkoさん、お早う御座います。
朝少し早めに登れば、ゆっくりと日帰りで爺ヶ岳に行く事が出来ます。少し頑張れば鹿島槍も可能です。この日のように天気が良ければそれこそ360度のアルプスの展望に背中を押されます。また 是非天気の良い時にどうぞ!!。
インレッド
2009/06/29 08:52
本読み さん、お早う御座います。
剱を比較的楽に眺めるのならば、やはり室堂から別山あたりに行って眺めるのが一番と思いますが、柏原新道も案外楽に爺ヶ岳行く事が出来ます。後は少々きつい早月尾根でしょうか。
映画「剱岳」は大変良かったです。是非見てください。
インレッド
2009/06/29 08:58
ローラーさん、お早う御座います。
浅草で待望のお姫様に会えて良かったですね。本当に乙女ユリでしょう!!。
北アルプスは山小屋が充実していますから、平日ならばユックリと行く事が出来ると思います。但し土日はかなり混みますので、平日に是非どうぞ。
インレッド
2009/06/29 09:02
レッド様 映画見ましたか?私も今週末の旅行が終わったら映画館に走ります。中旬には上京して「シカン展」に行きます。以前息子と「シカン」を見に行って感動しました。エジプトのミイラも凄い仕事だけれど、マヤのシカンもまた独特の埋葬法です。そんなことを知ってどうなのかと言う意見もあるのだけれど・・・。ただただ好奇心と追求心だけで前進しています。

                       魅
しまふくろう
2009/06/29 10:13
インレッドさん 扇沢を巡る山々、なかなかですね
梅雨時というのにこの週末は恵まれました、ありがたいことです。
晴ればかりでは困る方もいらっしゃるのでしょうが・・・
かめは蓮華が初めてでしたが針ノ木から爺 5月中頃から末の山として課題となっています。
インレッドさんも蓮華の雪渓が気がかりですか
なにやらかにや 言ってはみても北アの連続する峰々は見ているだけで胸が高鳴ります。

かめ・ふー
2009/06/29 14:19
インレッドさん、こんばんは♪
さすがに北アルプスは素晴らしい景色ですね。
お花は、白砂山で見かけたのと同じ種類を見かけますが、規模が違うような気がします。
映画「剱岳」を重ねながらの記事に一層の感動を覚えました。(^^)/
クロちゃん
2009/06/29 19:32
魅 さん、今晩は。
黄金の都ですか、1000年前の文化をじっくりと眺めてきたら、1000年も前に「剱」に登った人の居る、「剱岳 点の記」是非見てください。素晴らしい映像と音楽です。
インレッド
2009/06/29 19:45
かめ さん、今晩は。
大池では両手に花にもかかわらず、何にも無くて残念でした。

爺からの、もう一つの目標は、かめさんが、先日登った蓮華への雪渓を偵察して見ようと思ったからでもあります。針ノ木の雪渓よりも急なようですね。来年行ける所まで行って見ようと思いますが、私は直ぐに凍ってしまいそうなので、日帰りです。出来るかなー????。
インレッド
2009/06/29 20:17
クロちゃん、 今晩は。
八間山は花も沢山咲いていて良かったですね。
今度残雪の頃にも歩いて見てください、中々いいですよ!!。

爺ヶ岳はやっと春がきたようで、まだ花々が咲く時期には、少し早かったようですが、展望はそれこそ文句無しの大展望でした。映画も良かったので、その想い出が再び蘇えり大変良い山歩きができました。

  白砂山は如何でしたでしょうか・・・。
インレッド
2009/06/29 20:23
すごい!!すごい!!すごい!!

見事な写真・・・息が詰まりそうです。
オイラは地図の上でしか知らない北アルプス・・・いつか!!なんて思っていますが多分無理でしょう。

残雪が多いのにも驚きました。
それにしても素晴らしい風景ですね。



leylun
2009/06/30 17:57
keykun さん、今晩は。
この柏原新道は道も整備されていて、歩き易い道です。簡単に登ることが出来ますので。沢山駐車場のある扇沢にでも車中泊するかテン泊でもして、少し早めに登ってくれば、ユックリと往復出来ますので、この夏にでも是非行って見てください。凄い展望ですよ!!。
インレッド
2009/06/30 18:57
先日は久し振りに、お会い出来て嬉しく思いました。
まさか同じ所で2年連続して会うとは。

さすがに良い写真を撮りますね!!。
nori
2009/06/30 19:22
nori さん、今晩は。
本当ですね、noriさんは、同じ所で毎年写真を撮っているのですね。
あの尾根に登って撮れば、かなりの写真が撮れたのでは・・・
地元の人が羨ましく思いました・・・。
インレッド
2009/06/30 19:25
こんばんは。
この山も一度登ってみたい山です。日帰りで行けるのが羨ましいですね。
爺ヶ岳南峰の稜線を歩いてみたいです。展望がすばらしいです。ゾクゾクしてきます。
「剱岳」の本は読む前に、映画を観た方がよかったかなと思っていますが、どうでしょうか。ストーリーが淡々と進み過ぎるように感じてしまいました。
カスミッシモ
2009/07/01 00:14
おはようございます。
北アルプスの雄大な景色を堪能させていただきました。
お花も豊富で、目を和ませて貰いました。
この日、私は谷川連峰の清水峠を歩きましたが風の無い暑い日で参りました。
アルプスは標高が高い分、清々しく涼しそうに見えますね。
その前の日に、剱岳・点の記を見てきました。
迫力満点で、もう一度見たいと思いますが、限られた時間の中に納めたせいか、小説に比べるとかなりはしょった感じは否めませんでした。
甘納豆
2009/07/01 08:24
カスミッシモさん、お早う御座います。
この映画は、富山県の協力得て作っていますので、そのあたりに気を使って撮られているようです。柴崎が県の土木課に挨拶に行ったときも、そっけない応対を受け、満員の立山温泉でも部屋を譲って貰え無かったシーンなどは映画に全くありません・・・そんなことに気を使って撮られたのでは・・・。
まそれでも あの大スクリーンでアルプスの風景が見られ、「四季」「G線上のアリヤ」「幻想曲とフーガ」など好きな音楽が画像とマッチしていて大満足でした。ここの所毎晩その「半音階的幻想曲とフーガ」をチェンバロで聞いています。
インレッド
2009/07/01 09:08
甘納豆 さん、
お早う御座います。新しい職場にはもう慣れてきましたか。

谷川でしたか、実は天気が悪ければ芝倉あたりまで行って土樽から帰ろうかなとも思っていましたが、この日は長野も富山も晴れと言う天気予報でしたのでこちらにしました。この映画は富山県の協力を得て作っていますので、そのあたりの配慮があって作られたと思います。小島烏水率いる山岳会は新潟支部の山岳会のようですね。何しろそちらには 高頭 式と言う大スポンサーが着いていましたから・・・。
音楽も良かったですね。最近はその場面にでた音楽ばかり、家でも聞いています。特に最後の「幻想曲とフーガ」は毎晩寝る前に聞いて寝ています。
インレッド
2009/07/01 09:17
爺が岳に日帰りピストンとは凄い気迫です。
梅雨のさなか雨にも降られず展望にも恵まれ高山植物に癒されながら素敵な登山でしたね。
剣岳・点の記を織り交ぜながらの感想などなかなか味わいがありました。
私はこのところ山にご無沙汰状態ですが7月は硫黄岳や利尻など忙しくなりそうです。
ミニミニ放送局
2009/07/02 09:20
こんにちは。
いつもインレッドさんの写真は見ごたえがあり、徐々に高度を上げていく様も一緒に登っていくような気になって楽しませていただきました。
こんなに簡単に登れればいいなぁ〜なんて思ったりして。(笑い)
梅雨だというのに、こんなにいいお天気で展望も利くのは珍しいのでしょうか。
私もこの映画見て来ましたが、インレッドはあれより凄い吹雪を体験されているのですか!!
私などあの場面を見て、やっぱり山は怖いなぁ〜と気持ちを新たにしました。(^^ゞ
劔岳は私には無理と思ってますが、どこかの山歩きしたいで〜す。(^_^;)
つれづれ
2009/07/02 16:38
ミニミニさん、今晩は。
午後は少し靄が掛かってきましたが、日中は本当に良い天気で、やはり山歩きは晴天が良いですね。
7月の硫黄から横岳あたりはウルップソウやコマクサが沢山咲いていて、良い所です。利尻も行きたいですが何時になるか??。

ミニミニさんは、山岳映画は詳しいと思いますが、「剱 点の記」はアルプスの景色を大スクリーンで見ているだけでも、楽しい映画でした。
インレッド
2009/07/02 20:08
つれづれさん、今晩は。
ご無沙汰していて申し訳ありません。
映画は良かったでしょう、バックに流れる音楽も好きな曲ばかりでした。私は今年の冬に、谷川の小出俣山と言うところで吹雪に会いました。竜巻が横になり渦を巻いて襲ってきました。ほぼホワイトアウトの中3mほど吹き飛ばされました。その時手袋も飛ばされてしまい、少し凍傷になりました。予備の手袋も吹雪で飛ばされてしまい、一瞬「死」が頭をよぎりました。それでも足は大丈夫でしたし、GPSを持っていましたので、道に迷うこともないと思い、手に布をグルグルと巻いて無事降りて来る事が出来ました。今も指先が少し麻痺しています。その時の想い出が映画を見ていて蘇えり、苦い想い出でしたが、今は懐かしくさえ感じます。   そのときのブログも3月29日にアップしてあります。
剱はバスターミナルのある室堂からちょっと登って。剱沢小屋に泊まって登ればそれ程難しくはありません。カニノタテバエ・ヨコバエなんてありますが今はクサリや足場がちゃんとありますので大丈夫ですよ。是非登って見て下さい。
インレッド
2009/07/02 20:34
映画の後、眺める山へ・・爺ヶ岳でしたか、粋ですね〜♪
こちらも思うことは同じでした。どこか眺める山へ行きたいと思いましたよ。
今はいろいろとあって出かけられませんが、インレッドさんの記録を何となく嬉しく拝見しました。とても素敵な記録です。
sanae
2009/07/07 18:49
sanaeさん 今晩は。
お忙しいところ、コメント有難う御座います。
本当は猫又山か赤谷山あたりに行って剱を眺めようかとも思ったのですが、近くて簡単なほうにしました。私には出来そうにもありませんが、長次郎谷から剱に登って見たいと思いながら眺めていました。近じか針ノ木から爺ヶ岳にでも行ってコマクサでも見て来ようかなーとも思っています。
昨年の今頃から私は約2ヶ月半も山に行く事が出来ませんでしたが、今はその分を取り戻すくらいに毎週山に行っています。またsanae隊の凄い縦走を楽しみに待っています。
インレッド
2009/07/08 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
剱・鹿島槍の大展望!!、爺ヶ岳。  2009/6/27日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる