インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝川のナルミズ沢から朝日岳・・・(後編) 2009/7/20日

<<   作成日時 : 2009/07/22 21:52   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

沢を登りあげた草原で、着ているものを全部着替えて、靴も登山靴に履き替えました。登って来た沢を眺めビールを飲みながら遅い昼食にしましたが、その後ろには、ハッキリとした踏み跡があり、食後それにつられて大烏帽子方面に登ってしまいました。

                  大烏帽子の裾と奥に越後烏帽子(地蔵ノ頭)方面
画像


   本当は登りあげたら左に登り、大烏帽子とジャンクションピークの間を目指す筈でしたが、
   踏み跡に騙されてしまいました。それでも見通しの良い草原ですので、気持ちの良い風
   に吹かれながら、大烏帽子の裾を巻き、本来の踏み跡に合流しました。

                   振り返って大烏帽子方面
画像


                   これから目指す越後烏帽子方面
画像



越後烏帽子を過ぎるとまだまだ遠くの方に、朝日岳が見えてきました。
あの奥までこれから登らなければなりません。

                   これからさらに目指す朝日岳方面
画像


少し朝日岳が近付いてきましたが、さすがに少々疲れてきました。
あの山を越えれば下りばかりと、自分に言い聞かせて登ります。

                   近くなったジャンクションピークと朝日岳
画像


                    振り返って大烏帽子と奥に巻機山に続く山並み
画像


                    近くになってきた朝日への道
画像


この先あたりからは、膝くらいの笹薮で、踏み跡も隠れていますが
微かに残る踏み跡を探して登りました。

                     朝日がもう直ぐ近くになって来ました
画像


ふと対岸の山を見ると、今年の残雪期に登った、雨ヶ立山や
布引尾根が少し霧に霞みながら、眺められ、励ましてくれて
いるようでした。

                   布引尾根方面
画像


昭文社の地図によると高山植物の宝庫と書かれている、
朝日ヶ原の湿原が近くになって来ました。

                    近くになってきた朝日ヶ原の湿原
画像


                    朝日ヶ原の湿原と奥に布引尾根
画像


画像


ここから朝日には5・6分で行く事が出来ますが、何度も登っているし
少々疲れてきましたので、ここの分岐から宝川方面に下山することに
しました。

                    朝日岳方面
画像


陽ざしももかなり斜めになってきました。少し夕日を浴びて聳える
ジャンクションピークを眺めて、湿原を降ります。

                    クルマユリの奥にジャンクションピーク
画像


何とか渡渉地点までは、明るいうちに通過しようと、急いで降り
ナルミズ沢の入渓地点を目指します。

                    降りの尾根
画像


渡渉地点は明るい内に通過して、八宝滝付近からヘッドランプを
点けて下山しました。夜の9時少し前にやっと駐車場に着き、少し
疲れはしましたが、それでも気持ちの良い疲労感でした。このあ
たりは沢も山も静かで、この日は1日中一人の人にも会わない、
静かな静かな山でした。

                   今日咲いていたその他の花々

                 ホタルブクロ
画像


                 オオバギボウシ
画像


                 キンコウカ
画像


                  アズマギク
画像


                  ウスユキソウ
画像


                  イワイチョウ
画像


                   ウツボグサ
画像


                    ハクサンフーロ
画像


                     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
長い山旅ご苦労様でした。 前編から後編へブログを追っていくと実際自分が登っているような感覚になります、私のような初心者には行けないところあので、画面上で緊張したり、休んだりしながら面白く見させていただきました。ありがとうございました。
ローラー
2009/07/23 05:03
インレッドさん、おはようございます♪
超ロングコースのすごい道のりなのですね。(°O° ;)
それにしても、素晴らしい山並みにたくさんのお花、静かな山歩きに感動もてんこ盛りって感じました。
登山靴は背負って沢を登ったのですか。(^^)/
クロちゃん
2009/07/23 07:40
ローラーさん お早う御座います。
朝日岳までならば宝川から夏道を通れば日帰りで充分行ってくることが出来ます。反対側の白毛門から笠・烏帽子・と登っても、少しキツイですが朝日まで日帰りで行けます。こちら側は谷川の大展望が広がっています。無理のようでしたら、白毛門までで帰っても良いと思います(殆どの人は白毛門までで帰るようです)。
インレッド
2009/07/23 08:51
クロちゃん、コメント有難う御座います。
このあたりはかなり魚影が濃いようです、テント泊でまた如何ですか??。

今回は登山靴の一番軽いのを持って行きました。沢は地下足袋でそれ以外は登山靴を履いていました。ロングコースですし、地下足袋ですと足の裏が痛くなりそうでしたので、登山靴を持って行き良かったと思いました。
インレッド
2009/07/23 09:05
こんばんは
沢登りは、体力勝負ですね。
プログ上で私は滑ったり、転んだりしてびしょ濡れで朝日岳のピークを踏んだ気持ちでいます(笑)
昨年の初冠雪の時に、初めて白毛門まで登り、ゆったりとした朝日岳の稜線と迫力ある谷川岳に感動した日を懐かしく思い出しました・・・ありがとうございました。
朝日と名前の付く山は、どこも花の宝庫のようですね。
リッキー
2009/07/23 20:17
リッキーさん、今晩は。
朝日岳はそちらの清水峠から登ったほうが楽かも知れませんが。草原のような所ばかりですので、大らかな感じで大変良い所です。
夏は沢歩きは本当に涼しくていいですね。山頂を目指さなくて充分に楽しい山歩きが出来ると思いますよ。
インレッド
2009/07/23 21:57
今晩は。
頑張って歩いていますね。
夏は沢登りも涼しそうですね。この付近の笹原の稜線は気持ちが良いところです。日本海側から東北方面の梅雨明けが遅れており、この週末の山選びにも頭を悩ましています。
さすらい人
2009/07/23 23:04
沢を登って待っているのは
こんなに爽快な
山並みなのですね
すばらしいの一言です。
それにしてもインレッドさんは
強靭な体力の持ち主ですね
RUU
2009/07/23 23:29
おはようございます。
あらあら!大烏帽子に突き上げてしまったのですね。
沢登りで疲れた身体にはさぞかし大変だったことでしょう。
自分は、大烏帽子とジャンクションピークの間でしたが、それでも笹原漕ぎには参りました。
ジャンクションピークに着いた時にはへたり込んでしまいました。
沢登りの初陣、お疲れ様でした。
甘納豆
2009/07/24 08:23
さすらい人 さん、お早う御座います。
夏の暑い日には沢登は快適でいいですね。今回始めてジャンクションピークより巻機側の道を少々歩いて見ましたが、踏み跡は微かにあるのですね。それでもアップダウンがかなりきつそうで、良くあんなところを縦走しましたね。私にはとっても無理な領域と思いました。正面の布引尾根あたりがもう少し良く眺められれば良かったのですが・・・。
インレッド
2009/07/24 08:58
RUU さん、お早う御座います。
沢を登り上げて、そこに草原が広がっているような所はそんなに無いと思います。ここはそんな数少ない沢登りの出来るところで、本当に素晴らしいところでした。体力は、かなりキャシャであまり無いのですが、1日だけならば何とか頑張ることが出来ますが、2・3日と続くとダメです。細いのであまり心臓に負担がかからないからでしょうか??。RUUさんも是非細くなって下さい!!。
インレッド
2009/07/24 09:09
甘納豆 さん、お早うございます。
そうなんですよ、大烏帽子に登ってしまいましたが、ここは笹原ではなくて草原でしたのでそれ程疲れなかったのですが、朝日への登りはかなり疲れました。まあそれでも巻機方面の道を少し歩けただけでも良かったと思います。
また暑くなったら東黒沢から白毛門沢を登って見ようかと思っていますが・・・。
インレッド
2009/07/24 09:15
おはようございます。
夜の九時に駐車場!?いったいどれだけのロングコースなのでしょう。
こんな良いコースに人に会わない!それも信じられません。
まだまだ日本も広い。
こっちでどんな平日に歩いても人に会わないことはないです。
それだけたくさん人が歩いているのかも。人里はななれたコースをあまり歩いていないのか、ないのか。
明日より少しだけ日本に一時帰国をして、そこかの山を歩こうと思っています。とても朝日岳までは無理なので、近場の高峰を狙います。
本読みと山歩き
2009/07/25 15:09
本読み さん。今晩は。
日本に帰郷ですか、ごゆっくりお過ごし下さい。
さて、どこの山に登られるのでしょうか?。
充分日本の山を、お楽しみ下さい。
インレッド
2009/07/25 21:49
こんにちは。
すばらしい稜線ですね。独り占めですか。
花の展覧会のよう、是非一度行ってみたいですね。
カスミッシモ
2009/07/26 16:05
お早う御座います。
朝日はどちらから入っても、谷川では一番奥に聳えています。山頂付近には高山植物の宝庫と言われる池唐もあり、素晴らしい所なのですが、人はあまりいません、静かな山歩きが楽しめるところです。少々キツイですが土合から登って白毛門・笠ヶ岳と登るのが一番近い登りかたで、谷川の展望が素晴らしいところです。暇がありましたら是非どうぞ・・・。
インレッド
2009/07/27 08:46
こんにちは。
クルマユリにフウロソウも咲いていますね(^^)
前記事も見せていただきましたが スッカリ夏の山ですね。
爽やかな気分になりました(*^-^)♪
マリー
2009/07/27 14:02
マリーさん、
今日は。
クルマユリは比較的高山に咲いています。コオニユリは少し下のほうに咲き、オニユリはさらに下の平地に咲くようです。この日は1さらにタテヤマリンドウなども沢山咲いていたのですが、疲れていたので、あまり写真は撮りませんでした。
インレッド
2009/07/28 11:29
インレッドさん お久しぶりです。今頃コメント入れます。
ロングランの朝日岳 沢登りされて草原へお花も咲いていて
素晴らしい景色の所ですね。夏は沢登り、涼しくていいですね。
私も沢登り 入門、日高のカムエクへ渡渉と急な沢登り〜大勢
登っていましたのに ヒグマが出て追っかけられて…頂上へあと
一時間の所で殆んどのグループが勇気ある撤退しました…

  ーカムエクや 熊におびえし 花畑ー


small cherry
2009/08/19 09:22
smoall cherry
夏は沢登りは涼しくていいですね。癖になり
そうです。北海道で沢登りですか、熊と競争
は大変でしたね。それにしても日本中歩いて
いますね、恐れ入りました。
インレッド
2009/08/19 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝川のナルミズ沢から朝日岳・・・(後編) 2009/7/20日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる