インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の守屋山と諏訪湖の花火   2009/8/15日

<<   作成日時 : 2009/08/17 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 30

今まで何度か茅野市の守屋山には登っていますが、100名山のうち32座も見えると言う、そこからの眺めに感動していました。その度に一度そこから、一夜で4万発と言う花火を見てみたいと思っていました。幸い今年は、私の夏休み中に行われるようですので、早速夜の守屋山に登ることにしました。

                  登山口
画像


他にも同じように花火を眺めに登る人が、大勢いるのだろうと
思っていたら、登山者らしい車は1台も停まっていませんでした。

                  マルバダケブキ咲く登山道
画像


そう言えばこの山には冬しか登ったことがありません、夏は木々に
隠されて諏訪湖は見えないのかなー、とちょっと心配になりながら
登り始めました。

                  大きな木苺もなっていました
画像


                   美しい落松林を登ります
画像


守屋山と言えば神々の住む山。ここからその領域に入ります。
画像


胸突坂を登ります。ここを越えれば、直ぐに守屋山東峰山頂に着きます。
画像


雲の多い東峰山頂に着きました。諏訪湖はかなり木々に隠されて、
少ししか見えません。まだ時間はタップリとあるので、西峰の方にも
行ってみる事にします。

                  東峰山頂
画像


                  中ノ岳付近には枝振りの良いブナの木も立っています。
画像


西峰に着きましたが、やはり木々に隠されて、諏訪湖は少ししか
見えません。東峰の方が少しだけ展望が良さそうなので、やはり
東峰から眺めようと思います。

                  西峰山頂
画像


まだ時間がありますので、一杯飲みながら夕食にし、花火開始の
7時を待ちましたが、ポツリ ポツリと降り始めて来ました。

                  開始直前の諏訪湖方面
画像


7時丁度に始まりましたが、雨もだんだん大降りになってきて、
レンズに降りかかり、曇ってしまいます。

                  始まりの花火
画像


豪雨に近い降りになってきました。カメラがかなり濡れてしまい、
レンズも曇り、ボケてしまいます。残念ながらこれまでにして、登山
道が沢のようになった真っ暗の道を何度か転びながら下山しました。

                  最後の画像
画像



   今年の夏は今までのように普通の山登りでは無く、ちょっと変わった山登りををして見ようと、

   幾つか自分なりに計画して見ました。その第一番が沢登りです、ナルミズ沢を朔行しましたが

   気持ちの良い山登りでした。次に温泉に入りながらのノンビリ山歩き散策が、立山雷鳥沢でした、

   さんざん雨に降られて奥大日だけでした。そして今回の山頂から眺める花火でした。こちらも雨

   に降られてさんざんでしたが、自分で計画した夏休みの山歩きは予定通り実行しました。晴れ男

   の私ですが、そのジンクスも今年の夏には通用しない、週末は雨ばかりの夏でした。


                  
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
 テント泊で無く、日帰りでしたか、諏訪湖の花火良く見えた様子、でも雨で残念でした。昨年雪の中連れて行って貰った中での話し実現しましたね。
まきまき
2009/08/18 02:16
今晩は。
守屋山から諏訪湖の花火大会、アイデアはとても良いですね!
山歩きも工夫や狙いを変えれば、また達成感を感じることができます。
2枚目の花火の写真など、ぼやけていますが、実際はほんとうに綺麗だったのでしょうね。
計画して、実行する、それが予定通りいかないことがあっても、それは必ず次につながります。
それをやるインレッドさんのスピリッツに感動すら覚えます。
次回の森屋山の花火見物が晴天でありますように。
本読みと山歩き
2009/08/18 03:37
インレッドさん 面目躍如たるプランニングです
守屋山 以前会の月例山行で登りました。
視界は殆どありませんで目前の八ヶ岳すら・・・・

ナルミズ沢 ビバルディ
雷鳥沢の幕営 バッハ
山上からの花火 ヘンデル
短絡的すぎますね
インレッドさんの山にはいつも詩情が漂います

かめ・ふー
2009/08/18 07:24
 新しいことに挑戦する、全く同感です、人それぞれの人生の中でいくつになっても必要なことと思います。 山歩きも経験の中から一つ一つ創意工夫をこらして賢くなっていくこともわかってきました。苦しみの連続の中から、突然現れた頂上での展望は人生そのものですね。これからもご指導宜しくお願いします。
ローラー
2009/08/18 07:36
まきまき さん、今日は。
まきまきさんは。今年は花火抜きでしたか??。

帰りは山を降りて登山口で車の中で寝ようと思っていましたが、始まって直ぐに大雨でしたので、直ぐに帰りました、早かったので家には夜中の1時頃には着きました。ここは見物客過ごいですね、道路はかなりの渋滞でした。
山頂からは晴れていればそこそこには眺められますよ。
インレッド
2009/08/18 09:01
本読み さん、お早う御座います。
毎週のように山登りをやっていると、普通の山歩きは少々飽きて来たような気がします。そんな訳で思考を変えて、山登りをやってみようと思った訳です。
たまには変化のある山登りもいいものですね。
こちらでは眺めることの出来ないような、そちらの風景はやはりいいですね!!。
インレッド
2009/08/18 09:07
かめ さん、今日は。
かめ さんは、風貌もさることながら、野武士的な人と思いきや、繊細な詩情もお持ちで、恐れ入るばかりです。ビバルディーにバッハにヘンデル・それに楽しい時は、少々モーツアルトも入ります。
インレッド
2009/08/18 09:14
ローラーさん、今日は。
それ程たいそうな事ではないのですが、毎週山登りをやっていると、少々マンネリ化して来ましたので、ちょっと変わった山歩きを楽しもうと思った訳です。たまには変化のある山歩きを自分流に楽しむのもまた面白いと思います。
インレッド
2009/08/18 09:17
レッド様
 儲かっている会社はどこでしょう?私もそこへ勤めたい・・・。
今年は「平和美術展」欠席です。お盆中はお手伝いも出来ないし、搬出が19日なんて出ていられないし、これでも主婦みたいなことをしているので・・・。レッド様はいつでも前向きで自分流を持っている男ですから、なんでも挑戦してください。私は相変わらず流れ星を見たり、漆黒の海を見たりしています。私の小さな海の家は電波が入りません。どんな携帯も通じません。
 そこで一人で水彩道具を使って海や、黄色い小さな花を描きました。
水彩は直しが利かないので難しい。夜は真っ暗になります。遠くでイカ釣り船が電球をつけています。そんな隠れ家の家が好きです。
    ペルセウス今年も忘れず星を産み    魅    
しまふくろう
2009/08/18 13:36
今年の夏は雨・雨・雨でした。
インレッドさんが晴れ男でも今年は無理だったかもしれません。

それにしても諏訪湖の花火を見に守屋山とはすごい。

根性で花火を撮影・・・といったところですね。


keykun
2009/08/18 15:58
インレッドさん 繊細な詩情は兎も角として音楽は好きです。
モーツァルト 若い時分はどうでもよくマーラーやブルックナーを聴いていました。山行前にはシベリウスの2番とか決めていました。
年をとったらモーツァルト好きになりました。といって詳しいわけではありません。後期交響曲、特に40番はお花見には欠かせません。
辛い時はレクイエムのキリエの旋律をずさみます。キリスト教と縁は無い(曹洞宗の寺の子でしたから)のですが 落ち着きます
赤岳鉱泉、吹雪の中から聞こえてきた40番も素敵でした。
他の作曲家も聞きますが正月の熊の平冬季小屋でシュラフに潜って聞いたN響の恒例の晦日の第九も堪りませんでしたよ
かめ・ふふふ
2009/08/18 18:46
魅 さん、今晩は。
魅 さんは、もともと水彩の出身では・・・。平和展だんだんと遠くなりました。
久しく描いてないので、またそろそろ描きたくなりました、・・・。

  ・・・これっきりの流星闇にきらめいて・・・インレッド
インレッド
2009/08/18 19:44
keykunさん、今晩は。
中央アルプスは天気が良くて良かったですね・・・。

今年だけは晴れ男もさんざんでした。
天気が良ければここから結構眺められるのが解りましたので、次回にまた挑戦して見ようと思っています。ここは冬には毎年登っていますので、道は良く解っていました。そうでなければ夜の豪雨の中は結構不安な道だったと思います。
インレッド
2009/08/18 19:50
かめ さん、今晩は。
肋骨は異常ありませんでしたか、内出血でもしていると直るのに1ヶ月はかかりますよ・・・。
案外似たような曲が好きなのですね。マーラーはご存知第5番4楽章・モーツアルトのレクイエムは、私も落ち込んだときに良く聞きます、その後にツアラトウストラやワルキューレ騎行を聞くと元気が出てきます。
インレッド
2009/08/18 20:03
インレッドさん、こんばんは♪
山頂から花火は素晴らしい発想です。
そういえば、冬に登ったとき、守屋山を管理している(?)おじさんが許可を得て山頂の木を切った時、景色を良くしようと許可以上の木を切って、片方の村から感謝状、もう片方の村から始末書だったと言ってました。
諏訪湖方面の木を切りたいな〜と言いながらラビット小屋で天ぷらごちそうしてくれました。
懐かしい思い出です。(^^)/
クロちゃん
2009/08/18 21:08
最後の花火の写真をみて
びっくりしました
上から見ると、花火は
こういう風になるんですね〜

今、こちらでは
ツクツクボウシが鳴き始めました
夏も終わりですね
雨ばかりの夏でした
RUU
2009/08/18 21:49
こんばんは!
ちと泣きが入ったような締めのようですが、企画はバッチリ。
事前に洩らしてくれていたら、この山々は2倍も3倍も人が押しかけていたかも。
守屋山、以前にも紹介がありましたので、近くに行ったら是非登ろうと思っている山です。
こういう風流な山歩きもあるのですね。
昔、長岡の三尺玉花火を上から見ようと、近郊の山、八方台に登ったことがありました。
残念ながら、花火は遠く小さく、音も忘れた頃に届きました。
期待していただけにがっかりしました。
守屋山から見る諏訪湖の花火、大きく見えるのですね。
甘納豆
2009/08/18 22:46
クロちゃん、お早う御座います。
そうですね、もう少し諏訪湖方面の眺めがよければ、大勢の登山者で、花火の火は大賑わいかもしれません。杖突峠の下の食堂には、多数の車が停まっていました。あの小屋にも今回は誰も居ませんでした。
インレッド
2009/08/19 08:44
RUU さん、お早うございます。
お盆を過ぎると、すっかり秋の気配が山でも濃くなってきます。そろそろマツムシソウが盛りのころですね。今年の夏はあまり天気に恵まれませんでしたが、幾つかは想い出に残る山登りも出来ました。私は直ぐに熱中症になりやすく、夏は少し苦手ですので、これからが本番です。
インレッド
2009/08/19 08:55
甘納豆 さん、お早う御座います。
企画だけは良かったのですが、現実は少し不満も残ります。休み中は家に居ると、暑いのでつい昼間から飲んでしまいます。山に行けば昼間は飲みませんので、健康の為山に行ってしまいます。夏は直ぐに熱中症にかかり易いので、山はこれからが、私は本番です。
インレッド
2009/08/19 08:59
今年の夏は本当におかしな空模様です。
山に行った仲間も降られたという話を良く聞きます。
山から見る花火も面白そうですが大雨の下山も大変でしたね。
私も八甲田山は不発に終わりました。
ミニミニ放送局
2009/08/19 10:00
こんばんは
夏の終わりを告げるような、夜空に咲く花は素晴らしいですね。
これで晴れていて、星が降るような空を見れたらどんなにロマンチックな時間を過ごせた事でしょうね。
わたしは、日中でも雨の日の山歩きは大変な山歩き初心者ですが、インレッドさんが真っ暗闇で大雨の中を下山されたとの事・・・大変でしたね。
安全第一で山ライフを楽しみたいものです。
リッキー
2009/08/19 21:11
ミニミニさん、今晩は。
晴れていれば良い眺めのようでしたが、雨では仕方がありません。この日は諏訪湖界隈は大渋滞のようでしたが、一足早く帰りましたので免れました。

八甲田は残念でしたが、酸ヶ湯温泉に入れたようですので、良かったのでは・・・。
インレッド
2009/08/19 21:46
リッキーさん、今晩は。
北アルプスや南・中央アルプスが夕空に染まりながら沈む風景を眺めて、真っ暗になった空に上がる花火を楽しみにしていましたが、残念でした。
ここはしょっちゅう来て居る所でしたので土砂降りの真っ暗な夜でも降りることが出来ました。一応GPSも持って行きましたので暗くても迷うことは無いと思いましたが、全身びしょ濡れでした。
インレッド
2009/08/19 21:51
今晩は。
山上からの花火見物とは楽しそうですね。途中から雨が降り出したことは残念でしたでしょうけど。夏の終わりも近付いていますね。私の夏山は、ちょっと不完全燃焼かな。テント泊をしなければと思いつつも、できないでいます。
テントの中で聞く音楽は、一日の山行を振り返るには「アルプス交響曲」。子守唄には、カントループの「オーヴェルニュの歌」。朝の半分寝た状態で聞くのは、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」、もちろんグールドで。といったところが定番です。
さすらい人
2009/08/19 23:50
さすらい人 さん、お早う御座います。
前から一度、ここから諏訪湖の花火を見て見たいと思っていました。結構良く見えるとだろうと思っていましたが、木々の間からでした。でもそこそこに大きく見えるようです。

今回はデジタルオーディオを持って行きましたが、聞く余裕がありませんでした。中味は演歌からジャズ・クラッシックまで色々と入っています。
インレッド
2009/08/20 07:38
インレッドさんこんばんは。
諏訪湖の花火私もどこかの山から見てみたいな〜と思っていましたが守屋山ですか〜(^^ゞ
雨が降って残念でしたけど素敵な山歩きですね。
こういう山行いいですね。私達の好みです♪
いつかテント持って楽しみたいです(^^ゞ

sanae
2009/08/21 22:27
sanaeさん、お早う御座います。
ご無沙汰しています。
孫との海もいいですね。我が家でも久し振りに、今孫が来ていて、私のベッドに寝ています。今日はB子ちゃんと孫を連れて昆虫館に行く予定です。

毎週山登りをしていると、最近では少しばかりマンネリ化してしまい、変わった山登りがして見たくなり、こんな山登りをして見ました。たまにはこんなのもいいですね!!。
インレッド
2009/08/22 07:15
こんばんは。
守屋山から諏訪湖の花火がこんなに大きく見えるんですね。
生憎の雨になってしまいましたが、毎年見に行っても楽しいかもしれません。
諏訪の花火は40000発ですか。一度見に行きたいですね。湖上の花火も見てみたいです。
カスミッシモ
2009/08/22 19:36
カスミッシモさん、今晩は。
晴れていれば、イッパイやりながら独占して眺められたのですが、かなりの土砂降りになり早々に退散しました。
一夜で4万発ですから、かなりの規模です。その代わり見物客が多く、道路は大混雑のようでした。
インレッド
2009/08/22 22:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の守屋山と諏訪湖の花火   2009/8/15日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる