インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋色の白馬岳へ日帰り登山。  2009/10/4日

<<   作成日時 : 2009/10/06 09:50   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 32

数年前に見た白馬大池のナナカマドの紅葉は、霧に浮んだり消えたりして、優雅なバロック音楽でも聞いているような静かな美しさでした。そんなナナカマドの紅葉をもう一度見たくなり、蓮華温泉から登る事にしました。

                  朝の稜線
画像


まだ真っ暗な道をヘッドランプを点けて登り始めましたが、満月の
月明りが煌々と照らしていて、ランプが無くても大丈夫なくらいで
した。今日の天気はかなり良さそうです。
40分も歩くと、明るい10月の太陽が昇り、山々を照らし始めました。

                   朝の山
画像


                    朝の山
画像


                    朝の山
画像


天狗ノ庭を過ぎて、覆いかぶさっていた、山が見えなくなり、
青い青い空がイッパイに広がり始めた頃、白馬大池に着きました。

                  乗鞍山の裾あたり、この少し先が白馬大池です。
画像


残念ながら大池のナナカマドは殆ど散ってしまっていました。僅かに
温かなところで、色付いているナナカマドが少しだけありました。

                   ナナカマドの実と白馬大池
画像


                   大池の残り紅葉のナナカマド
画像


画像


本来ならばこのあたりでノンビリ写真でも撮って、少し上の雷鳥坂あたりで
までで、帰ろうと思っていましたが、すっかり当てが外れてしまい。時間は
タップリあるし天気は最高なので、白馬岳まで行くことにしました。

画像


画像



                  雷鳥坂あたりを登ります。小蓮華・白馬はまだこの先に・・・
画像


振り返って大池方面を眺めて見ました、青い湖面の色が青空を写して、
一層青く見え、その奥には妙高あたりの山でしょうか・・・。

                   振り返って白馬大池
画像


登っている途中、何時も雪倉岳が大きく右側に聳えています。

画像


幾つものアップダウンを繰り返して、青い青い空に向かってさらに
登ります。


                  小蓮華方面
画像


途中から後立山の中枢の山々が山襞を幾つも付けて、
はっきりと見えるようになりました。

                   唐松・五竜・鹿島槍方面
画像


                    杓子・白馬鑓方面
画像


だんだんと小蓮華山が近くになって来ましたが、目指す白馬
はまだその先です。

                     小蓮華山(奥の山)方面
画像


                  振り返って登って来た道
画像


遥か下に栂池自然園も眺められます。

画像


小蓮華が近くになりました。あの山頂を越えて、大きく降り
登り返せば、白馬岳に着くはずです。

                   近くになった小蓮華山
画像


途中から富山あたりの日本海が見えて来ました。
画像


白馬岳が見えて来ました。この登りが一番きつかった!!。
画像


夏ならばお花畑の三国境に着きました、朝日方面と
日本海を眺めて、最後の登りに取り付きました。

                 三国境
画像


山頂直下のガレ場を登ります。もう上には遮るものは
青い空しかありません。

画像


草紅葉の上に白馬岳が見えて来ました、もう直ぐです!!。

                   白馬岳
画像


絶景の山頂に着きました。遠くに微かに白山まで眺められ、
今日の展望は、きっと一生忘れられない眺めになると思います。

                   山頂より剱方面
画像


                  白馬大雪渓
画像


                   白馬山荘
画像


                  隣の杓子方面
画像


                   山頂より日本海方面
画像


さすがに3000m近い山頂は日本海から冷たい風が吹いてきます。
日差しも少し斜めになって来て、短い秋の一日も暮れるのが早そです、
名残惜しい山に心を残しつつ、この風景を胸に刻み下山することにしました。

                    帰りの紅葉
画像


画像
 

画像


画像
 

画像
    

画像


     



BGM付きの大画像をお楽しみ下さい。         

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
今年は一度も北アルプスに行けませんでした。
4日はお天気良かったのですね。
草紅葉の白馬岳の写真、素敵です!

最近、どこに行こうかインレッドさんの過去のブログを見直していて2007年苗場山にお写真がありました。
ずいぶんお若いのでびっくりしました。
それにしても日帰りでか!
izumi
2009/10/06 13:41
白馬大池綺麗ですねえ、白馬には30年前脱サラしてペンションを経営している男友達が居ます。八方池に何度か行きましたがご他聞にもれず雨・霧でもう2度ほど断念しています。よっぽど雨女なのでしょうねえ。写真でしか見られない白馬連峰に感謝です。
 お天気良くてよかったです。レッド様は晴れ男です。今回はどの写真を背景に持っていこうか思案中・・・。
  腰を病む愛犬そろりともみじ咬む   魅
しまふくろう
2009/10/06 15:00
インレッドさん がんばりましたねえ
小蓮華からかめが白馬岳を振り返ったのは一昨年のGWでした。
頂は遙か遠くに見えました。
それをインレッドさんはさくさく登ってお仕舞いでしたか。素晴らしいです。
その時はかめ 白馬尻の台地上にテントを張って杓子尾根を登り白馬を越えて小蓮華から蓮華尾根を馬尻に下降しまして テントに倒れこみました。天気が良くてテントは30pも浮き上がって(周囲が融けて)おり、一旦倒して平に均しましたよ
白馬主稜も更に2年前の同じ季節に攀じ登りました
素晴らしい雪稜でした

エンディング お洒落ですね ふふふ
かめ・ふふふ
2009/10/06 15:24
こんばんは
インレッドさん・・感動&感動です!
年と共に涙もろくなったのかもしれませんが、秋色は妙に心の奥まで染み込むようで、良いですね〜ェ
この所何かと忙しく山歩きが出来ませんが、何が何でも無理しても、時間を抽出しないと時を逃してしまいそうですね。
今年は蓮華温泉からと、白馬岳からの2回白馬大池に行っていますが、その時その時の素晴らしさが今尚脳裏に浮かんでいますが、この季節も例えようがない素晴らしさですね。
自分がその場にいる錯覚に陥るような素晴らしいブログに感謝です・・ありがとうございます。
リッキー
2009/10/06 19:07
インレッドさん、こんばんは♪
これぞ「日本のアルプス」と唸らせる景色です。(^○^)/
素晴らしい。本当に素晴らしい景色です。
ここに日帰りでしたか〜。
紅葉は終わりかけていても、文字通り「アルプスの魅力」を楽しまれましたね。
景色も天気も最高でーす。(^^)/
クロちゃん
2009/10/06 19:46
今晩は!
澄んだ空気に景色がくっきり、きれいですね。
私も、一昨年の丁度今頃、同じコースをピストンしました。
その時は、まだまだ紅葉が映えていました。
今年は、冬が来るのが早いのでしょうか?
でも、この景色を見れば言うこと無しですね。
甘納豆
2009/10/06 20:36
izumiさん、今晩は。
那須の紅葉も良かったですね。
こちらは既に終わっていましたが、ご覧のように天気が良くて、今年一番の好天でした、その天気に助けられて、何とか日帰りが出来ました。
以前の苗場のblog見ていただいたのですか、始めて自分の顔をアップした時です。
今年は紅葉が早くてなかなか良い時期を選ぶのが難しいようです。こちらでは紅葉の名所がこれから見頃になりますので、まだまだ追いかけようと思います。
インレッド
2009/10/06 20:56
魅 さん、今晩は。
白馬は久し振りでした。この山は以前結婚する前に、その頃付き合っていた、やはり山好きの彼女と2泊の山小屋泊まりで来たのが始めてでした。その時は蓮華温泉の上にある「黄金の湯」に二人して帰りに入りましたが、その時の景色もまだ良く覚えていました。もう50年近くも昔のことです。

 ・・・ナナカマド天に雲無く白馬岳・・・
                白馬岳にてインレッド
インレッド
2009/10/06 21:12
かめ さん、今晩は。
杓子尾根を登って小蓮華尾根から下山ですか、そんな登山もやって見たい気がします・・・がもう少し若かったら・・・。
上から眺めて栂池自然園あたりからなら登れるかなー なんて思いながら眺めていました。

同じ日でしたが、そちらは曇りのようでしたね。こちらは今年一番の好天でした。
インレッド
2009/10/06 21:21
こんばんは
 今年雨の中歩いた道、よく解かります。晴れていればこの景色でしたね。再度挑戦したくなりました。でもこの景色で満足です。日本海まで見えたのですね。ありがとうございました。
まきまき
2009/10/06 21:22
リッキーさん、今晩は。
人間は素晴らしい景色に出会うと、涙したくなるようです。山頂からの展望は本当に泣きたいくらいの、素晴らしい景色でした。こんな風景に出会うと、やはり山登りをやっていて良かったと思う一時ですね。山は逃げないと良く言われますから、暇が出来たら存分にお楽しみ下さい。そんな山登りは、また一層山登りを楽しくさせてくれますよ。
インレッド
2009/10/06 21:37
クロちゃん、今晩は。
草津と同じ日でしたか、
こちらは今年一番の好天に恵まれました。紅葉は終わっていましたが、この展望で、すっかり元気が出てきました。晴れていなければ、途中敗退だったかも知れません。
紅葉はまだ関東はこれからですので、こちらで充分楽しみましょう!!。
インレッド
2009/10/06 21:41
甘納豆 さん、今晩は。
この日はこちらは絶好の好天でした。以前甘納豆さんのその時のblogで小蓮華山が新潟で一番の高い山と知りました。そうここは三国境でしたね。
今年は1週間から2週間ほど紅葉は早いようです、それでも関東はこれからが本番ですので、まだまだ紅葉を追いかけようと思います。
インレッド
2009/10/06 21:46
本当に感動しました
蓮華温泉からは
おそらく急登ばかりでは
ないのでしょうか?
インレッドさんは凄いなあ
それにしても
白馬岳はやはり見事な山です
いつの日か私も登りたいな
こんなに晴れないでしょうけど〜〜〜

何度も何度も読ませていただきました
感動的でした
ありがとうございます
RUU
2009/10/06 21:50
まきまき さん、今晩は。
日本海から遠くに白山まで見えましたよ。雨や霧だったら途中敗退だったも知れませんが、この天気でしたので何とか行く事が出来ました。残念なのは遅かったので、蓮華温泉の上にある黄金湯や仙気の湯に入れなかったことです。丁度周り中紅葉の景色を見ながらの露天風呂は素晴らしいと思いますよ、是非行って見て下さい。
インレッド
2009/10/06 21:56
RUUさん、今晩は。
花の時期の白馬も最高にいいですが、この空気の澄んだ頃も、大変良い眺めで素晴らしいですね。この時期に白馬まで来たのは私も始めてでした。今頃は小屋も日曜日でも空いているようです、また奥様と是非出かけて見て下さい。
インレッド
2009/10/06 22:12
先日、三山縦走(白馬)した時には、紅葉は始まったばかりでしたが、わずか1週間チョットですっかり、装いがステキになりましたね。
4日は、雨飾山から白馬方面を展望していました。
noritan
2009/10/07 03:54
noritanさん、お早う御座います。
ご無沙汰しています。
4日は雨飾でしたか、そちらも行きに通った時、小谷村への信号の所でそちらならきっと紅葉は未だ大丈夫だろうなー と思いつつ通り過ごしました。良い天気だったのでは??。
白馬山頂からは黒姫も眺められましたよ。今年の紅葉は少し早いようです。

最近読んだ本は「侏儒の言葉・西方の人」芥川龍之介。「少将滋幹の母」谷崎潤一郎。「日本婦道記」山本周五郎。などです。
インレッド
2009/10/07 09:03
白馬へ行きましたか。 今年どうしても行きたかった山ですが。 色々があって未だに行けません。 それにしても展望がすごいですね。 コースタイムを調べると通常11時間から12時間くらいかかる山ですよ。一日でピストンしてしまうのは驚きです、私なら1泊で丁度よいコースです。 今年が無理なら来年はぜひとも登ってみたいと思っています。
ローラー
2009/10/07 10:20
おはようございます。
本当に天気がよかったですね。
よっっし、白馬山頂までいこうとインレッドさんが決断する気持ちがわかります。
朝の山もよいですね。この朝の景色をみるには早起きが必要ですが。
意外に山頂にも人が少なそうでしたが。
やはり紅葉が早いから、怒涛の人波は一段落していたのでしょうかね。
本読みと山歩き
2009/10/07 14:21
写真を拝見して感動しています。
素晴らしい!!
稜線が大好きなオイラにはたまりません。

天気のよい日の3000メートル級の山はすごいですね。
それにしても白馬を日帰りとはインレッドさんは健脚です。
kekun
2009/10/07 17:05
ローラーさん、今晩は。
ローラーさんは、土日に拘らず。、いつでも行くことの出来る身分ですから、旬の花の時期の平日に行かれればいいと思います。夏はここは凄い混み具合ですので、土日は小屋泊まりは遠慮したい所です。小屋に泊まらなければテント泊になりますが、結構きつい登りでそれも嫌なので、結局今頃の登山になってしまいます。それでもこの展望ですから充分に楽しむことが出来ますね。7月末頃から8月中頃の平日に是非登って見て下さい。
インレッド
2009/10/07 18:59
本読み さん、今晩は。
朝はまだ暗いうちにヘッドランプを点けて登りました。早朝に出た分何とか山頂まで日帰りが出来ましたが、ちょっと遅ければ帰りは暗闇の中になると思います。旬の花の時期も良いですが、空気の澄んだ今頃も良いですね。この山はやはり花の時期には登山者で混みますが、今頃はさすがにあまり登山者は居ません。この日、山頂では5・6人くらいの人しか居ませんでした。
インレッド
2009/10/07 19:06
keykun さん、今晩は。
草津は忙しかったようで・・・。オレオレ詐欺も無事撃退できてよかったですね。読んでいて直ぐに、これはオレオレ詐欺では・・・と解りましたよ。
この山の日帰りは、荷物を軽くして、酒などあまり入れずに、そして飲まずに、早朝に登れば、keykunさんでも充分日帰りは出来ますよ。
インレッド
2009/10/07 19:14
いやー、また素晴らしい山岳風景ですね。
奇麗に晴れ渡り白馬からの風景が最高です。これ以上の天気はありませんね。
それにしても日帰りとはタフですね〜
居ながらにして白馬を楽しめました。
ミニミニ放送局
2009/10/07 20:18
ミニミニさん、今晩は。
「晴れ男」の私ですが、今年は何度も降られて、「晴れ男」返上しなければと思っていました。今回はお陰様で、今年最高の天気でした。空気が澄んでいれば、高い山ですから展望は素晴らしいですね。こんな風景に出会うと、幸せをより深く感じました。
インレッド
2009/10/07 22:05
こんにちは。。。
暗いうちから登ったとはいえ
白馬日帰りとは流石です。
本当に素晴らしい天気に恵まれましたね。
この天気に後押しされて登ってしまった・・・
という事でしょうか。。。
白馬大池のナナカマド
散ってしまっていたのは残念でしたが
実のついたナナカマドと白馬大池・赤い白馬大池山荘
素敵なお写真ですね。
mikko
2009/10/07 22:40
mikkoさん、お早う御座います。
そうですね、最高の天気と、この展望に助けられて、なんとか日帰りできました。白馬大池の小屋も、今頃はあまり泊まる人も居ないようで、ヒッソリとしていました。栂池あたりならまだ紅葉は見られそうです。暇がありましたら是非どうぞ。
インレッド
2009/10/08 08:45
白馬へ日帰りとは驚きです。しかも今回は快晴に恵まれ精細な数多くの写真(毎回そうですが)を添えてのブログUP、私の好きな山域だけに素晴らしいの一語で十分楽しめました。
ビデオ楽し
2009/10/10 10:08
おはようございます。
白馬岳に日帰りで行けてしまう、行ってしまう、すごいですね。
紺碧の空をバックにした勇壮な白馬岳の写真、とても気持ちがスカッとします。
白馬岳は今年の登山候補の1つではあったのですが、行けませんでした。来年には、行きたいですね。
カスミッシモ
2009/10/10 11:12
ビデオ楽し さん、お早う御座います。
ご無沙汰しています。
今回は天気が良かったので、周りの景色に助けられて、何とか日帰り登山が出来ました。本当は帰りに蓮華温泉の露天風呂を楽しもうと思ったのですが、暗くなってしまったので、それは叶いませんでした。白馬でこんな良い天気に恵まれたのは、始めてでした。
インレッド
2009/10/11 09:31
カウミッシモさん、お早う御座います。
花の時期の白馬も良いですが、この時期も空気が澄んでいて、なかなか良いですね。山頂から日本海が見えたのは始めてでした。今頃は小屋もかなり空いているようで、山頂には5人くらいしか居ませんでした。案外今頃は狙い時かもしれません。
インレッド
2009/10/11 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋色の白馬岳へ日帰り登山。  2009/10/4日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる