インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の野反湖から高沢山。  2009/10/17日

<<   作成日時 : 2009/10/18 18:02   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 36

今年の紅葉前線は少し早いと思っていましたが、ここへ来て例年通りになったような気がします。週末になると、どこの紅葉を追い掛けようかと、悩みますが、今日は「女心と秋の空」のような?、変化の多い天気のようです。比較的近い、野反湖から弁天山(1652m)・恵比山(1744m)・高沢山(1906m)と登り、麓の露天風呂に入り、紅葉を眺めようと思います。

                  麓の紅葉も見頃になりました。
画像


                   麓の紅葉 1
画像


                   麓の紅葉 2
画像


登山口に行く前に、麓の滝を見てきました。

                   大仙ノ滝
画像


富士見峠の登山口に着きましたが、深い霧が風景を覆い隠し、
静寂な冷たくて湿った空気が漂っていました。

                 霧の中の野反湖
画像


八間山方面を背中に、ちょっと登ると弁天山に着きました。そこには可愛い
弁天さんの像が琵琶を奏でて、待っていてくれました。

                 弁天山 山頂
画像


                 可愛い弁天さん
画像


霧も少し晴れてきて、周りの景色も見えるようになって来ました。

                   途中より野反湖方面
画像


これから恵比山(エビヤマ)に向かいます。霧に隠れていた、
左右の尾根も、少し見えるようになって来ました。

                  尾根の紅葉 
画像


画像


登山道も楓や紅葉・ツツジの紅葉になってきました。

                  登山道の紅葉
画像


画像



画像


アルプスの少女ハイジが出てきそうな、草原の道になって来ました。
この奥にエビ山はあります。

                  草原の道
画像


からまつの 林を過ぎて
からまつを しみじみと見き
からまつは さびしかりけり

画像


からまつ の林の道は
われのみか 人もかよひぬ
ほそぼそと 通う道なり
さびさびと いそぐ道なり



画像


世の中よ あはれなりけり
常なけれど うれしかりけり
山川には山がはの音
からまつに からまつの風・・・・北原白秋

画像


そんな詩を想い出しながら歩いていたら、霧に隠れていた
野反湖もはっきりと眺められるようになり、秋色の周りの
風景に、良くマッチしているようでした。

画像


エビ山が近くになって来ました。空は快晴、何処までも
続く青い空、その空に向かって登ります。

                  エビ山山頂直下
画像


                  エビ山山頂
画像


さあ 最後の高沢山に向かいましょう!!。

                  高沢山方面
画像


途中の稜線の紅葉

画像


画像


ここの登山道も、道の両側に真っ赤な紅葉が灯りを付けたように
見え隠れしています。

画像


踏み跡ははっきりと付いていますが、行き会う人は全く
居ません。

画像画像















画像画像















紅葉の道を登って針葉樹に囲まれた、高沢山山頂に着きました。本当に
「女心と秋の空」。霧雨にまたなって来ましたので、木の下で食事にして
帰る事にしました。

                  高沢山山頂
画像


                  霧雨の道
画像


画像


前回の巻機山も今回も霧の中の山歩きでした。霧で霞んだ道は、
色々な、もの思いに耽る道のようです。過去の事や、これから先の事・・・

画像


今日の楽しみの一つ「尻焼温泉」の露天風呂に向かいます、
その途中の紅葉も素晴らしいものでした。

                  途中の紅葉
画像


尻焼温泉は、上流の沢から流れる川の中にあります。深い所は
大人の肩くらいの深さで、川底の石の間から熱い温泉がフツフツと
湧いてきます、立っていると足の裏が熱いくらいですが、全体では
熱くも無く、寒くも無く丁度良い湯加減です。

                  尻焼温泉の河原
画像


上の木々が紅葉すれば、真っ赤な紅葉を楽しみみながら贅沢な
入浴になりますが、今日はちょっと早かったようです。

  ま裸になるとは知つつ覚束な ここのいで湯に屋根は無ければ・・・・若山牧水

画像








   BGMつき大画像をこちらからお楽しみ下さい。6分ほどかかります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
すばらしい紅葉です。写真でも感激しました。まして、この中を歩けるのは、なんと素晴らしいことでしょう。
落葉松の林もいいですね。
どこの温泉だか忘れてしまったのですが、この河原そっくりの温泉に浸かったことを思い出しました。
カスミッシモ
2009/10/18 21:05
こんばんわ!私もこの野反湖周辺が好きで白砂山、八間山、高沢山等
野反湖キャンプ場のロッジに泊まり登りましたよ。麓の尻焼温泉も野趣
溢れる良い温泉ですね。六合村にある公営病院内にある温泉にも
入りましたよ。
Bianco NERO
2009/10/18 21:40
カスミッシモさん、今晩は。
紅葉も丁度見頃のようでしたが、露天風呂の上の木々はまだでした。来週あたりからが見頃かも知れません、一度是非来て見てください。勿論入浴料は無料です。200m手前に立派な駐車場もあり、ここに車を置いて何日か寝泊りしている人も居ます。温泉の周りの紅葉は丁度見頃です。
インレッド
2009/10/18 22:05
Bianco NEROさん、ご無沙汰しています。
今年の残雪の頃に八間山から白砂へは行きました。高沢山の先にカモシカ平がありますが、そこはニッコウキスゲが群生するところです。そこから先に大高山・小高山から志賀高原の赤石山まで一度行ったことがあります。一日中全く誰にも会う事の無い、恐ろしいくらいの静かな山歩きでした。
インレッド
2009/10/18 22:11
麓の紅葉も、
尾根の紅葉も
登山道の紅葉も
とても暖かみのある
いい色ですよね
また草原の道も唐松もいい雰囲気です
この山域、とても行きたいのです
やっぱりいいなあ

インレッドさんの入った温泉
とてもいいロケーションですね!!
RUU
2009/10/18 23:06
こんばんは
最高の贅沢をなさいましたね・・・山が燃えるような木々の紅葉を楽しんだ後の露天風呂。
若かりし頃一度野反湖を訪ねた事を思い出し、その頃の記憶の景色と重ね合わせて秋色を楽しませてもらいました。
リッキー
2009/10/19 00:36
インレッドさん こんばんは
野反湖周辺の山々の紅葉、素晴らしいですね。ニッコウキ
スゲの咲く頃に野反湖に行きましたがこの紅葉の時期も良
いですね。インレッドさんが以前日帰り登山された餓鬼岳
に登って来ました。すごく健脚でいらっしゃいますね。
頂上付近は昨夜来の吹雪と雷でびびりましたが今朝は快晴
の中360度のパノラマ槍〜北アの山々が白く輝く光景を見な
がら二百名山を完登する事が出来ました。
small cterry
2009/10/19 00:42
今晩は。まさに錦秋。
私がもとめているものがここに、あるって感じです。
お近くに、こんな良い山域があるなんて本当に幸せですね。
しかも温泉付。
写真的には弁天さんのアップが、紅葉をバックに絵になります。
本読みと山歩き
2009/10/19 03:22
RUUさん、お早う御座います。
ここは楽に登ることが出来ますので、是非奥様と一緒に、ノンビリ登山なんてしたい時には、お越し下さい。河原の露天風呂はこれからが紅葉の盛りになります。200mくらい手前に水場付きの駐車場もあります。車中泊で如何でしょうか?。水着も忘れずに!!。
インレッド
2009/10/19 08:50
リッキーさん、お早う御座います。
紅葉に温泉と本当に贅沢な登山でした。これにお酒が付いていたら最高なのですが・・・。峨々とした山も、あえぎながら登る山も良いですが、こんな牧歌的な登山も心が豊かになり良いものですね。また是非お越し下さい。
インレッド
2009/10/19 08:55
small cherryさん、お早う御座います。
餓鬼岳で200名山完登でしたか、凄いですね、おめでとう御座います!!。
餓鬼は日帰りでしたので、今までの登山で一番きつかったと思います。沢をなんども渡り、梯子も沢山登り、さんざん疲れたところで、100曲がりなんて言う急登もあり大変でした。そんな訳でキリンのタテガミのような落松の紅葉は、今でも忘れられません。
インレッド
2009/10/19 09:03
本読み さん、お早う御座います。
このあたりは牧歌的な風景で、なかなか良いでしょう!!。
しかも野趣あふれる河原の温泉付きですから、これでお酒付なら文句が無いのですが・・・。あと2週間も過ぎれば紅葉の中の温泉になります。画像見ながら私もまた、その頃に行きたくなりました。
インレッド
2009/10/19 09:08
こんにちは。
素晴らしい紅葉ですね!!
もぅこんなに綺麗に色づいてるんですね(*^_^*)
ホントに素敵です。
こちらは未だ紅葉には少し早いのですが、これから先を楽しみに待っています。
素敵なお写真をありがとうございました(*^-^)♪
マリー
2009/10/19 13:51
こんにちは!
毎週、ジャストの紅葉の山に登られていますね。
この辺はアプローチに時間がかかるので行ったことがありません。
白砂山、野反湖周辺の山々と温泉でゆっくりするのもよさそうですね。
とても参考になりました。

izumi
2009/10/19 15:21
こんばんは
 ニッコウキスゲの時、カモシカ平まで例の友達四人で登った時の事を思い出しました。紅葉の時期も良いものですね。今年も白砂山行きそびれて終いそうです。
まきまき
2009/10/19 18:26
マリーさん、今晩は。
このあたりは雪も多いところですので、紅葉も平地よりはかなり早めです。紅葉を眺めながらの温泉もいいものですよ。画像には写っていませんが、外人のイングリット・バーグマンのような美しい人も水着を着て入っていましたので、余計に目の保養になりました。
インレッド
2009/10/19 18:36
今年初めて白砂山へ登りました。とても素晴らしいところでした。野反湖周辺には見ごたえのある山が一杯あり、登ってみたいのですが、なかなか行けません。紅葉の今頃行ければ一層感激物でしょう。農作業(稲刈り、麦まき)の終了後となるともう遅すぎますから...その分インレッドさんのブログで楽しませてもらいます。
ローラー
2009/10/19 18:39
izumiさん、今晩は。
野反湖は外国の湖のような雰囲気のところです。ニッコウキスゲの頃に、湖を眺めてから白砂山にでも登って、帰りに尻焼温泉にでも如何でしょうか。山も温泉もなかなか良いと思います。但し温泉は女性は水着が必要です。
インレッド
2009/10/19 18:41
まきまき さん、今晩は。
白砂ですか、残雪の頃に八間山から縦走は如何でしょうか。今年の春にやってみましたが・・・。
尻焼温泉は湯加減が丁度良くて、大変満足でした。
インレッド
2009/10/19 18:45
ローラーさん、今晩は。
農業も忙しい時期で大変ですね、頑張って下さい。

野反湖から白砂も良いですが、ここから志賀高原あたりまで行くことも出来ます。以前一度ここから大高山・小高山・志賀高原の赤石山と行ったことがあります。途中イノシシ・狐・カモシカと動物に会っただけでした。
インレッド
2009/10/19 18:49
インレッドさん、こんばんは♪
秋の野反湖周辺も素晴らしい景色ですね。
本当にアルプスの少女ハイジが駆け巡っていそうな雰囲気です。
尻焼温泉は何度か行ったことがあります。
雨で増水してお湯が冷たかったのが最後かな〜。(^<^)
紅葉の中で温泉、これは魅力を感じます。(^^)/
クロちゃん
2009/10/19 19:16
尻焼き温泉懐かしいです。
山を始める前に二度ほど行きました。

素晴らしい紅葉の写真に見入っています。
白秋の詩とカラマツ・・・紅葉を独り占めなんてうらやましいです。
「草原の道」・・・こんな光景にあこがれています。
keykun
2009/10/19 19:42
インレッドさん今晩は、久し振りにインレッドさんのブログを見ました、いつもコメントしなくてすみません、紅葉がきれいですね、私が活動している山にも紅葉が始まりました、山遊びをしていると季節の過ぎるのが早く感じられますね、キノコ採りも後半戦に入り、少しさびしい感じがします、今度、山菜、キノコ以外の季節に一度山歩きのご指導をお願いします・・・そしたらチタケをあげますよ・・・・
きのこ
2009/10/19 20:20
クロちゃん、今晩は。
そうですね、増水していると冷たい温泉になりますが、今頃は丁度良い湯加減です。来週あたりが紅葉の見頃と思いますので、また温泉に入りながら紅葉をお楽しみ下さい。ここの紅葉もなかなかのものですよ!!。
インレッド
2009/10/19 21:04
keykunさん、今晩は。
国師は如何でしたか、その内、大弛から国師〜甲武信へと行って見ようかなー と思っています。浅間隠山も変わった名前ですが、日光白根の前には白根隠山なんて言う山もあるんですよ。
尻焼温泉に入って落松林と草原の道に、またお越し下さい。
インレッド
2009/10/19 21:09
きのこ さん、今晩は。
来年の話をすると鬼に笑われそうですが、キノコの山で有名な信州のカヤの平にでも行きましょうか??。この周りには簡単でよい山があり、良い温泉もあります。お楽しみに!!。
インレッド
2009/10/19 21:13
こんばんは!
以前白砂山に登った時にこのコースも気になりました。
やっぱり素敵なコースですね。
弁天山からエビ山へ向かう“草原の道”は特に気に入りました。
これらの三山と三壁山のどこかのコースをいつかは歩いてみたいです。
mikko
2009/10/20 00:37
mikkoさん。お早う御座います。
富士見峠から高沢山・カモシカ平あたりは7月のニッコウキスゲの頃がよいかもしれません。キャンプ場から三壁山経由よりも今回の富士見峠からの方が景色は良いと思います。こちらからカモシカ平まではちょっときついですが・・・。その頃ならば八間山へちょっと登った所にコマクサも咲いているかも知れません。
尻焼温泉は女性は水着が必要と思います。
インレッド
2009/10/20 08:47
インレッドさん 17日は比較的近くにお邪魔していました
百高山残り1座の大阪の御夫妻と最後の西穂を計画しておりましたが天候により来年に持ち越し、信州百名山も残り5座ということで急遽御飯岳・鳥甲山が浮かびまして転進しました。地元長野県から独り 東京からかめ 夕方の宴会ヶ岳からは新潟から独り参戦 鳥甲山は5人で登りました。
大阪の方は信100残り3座   信州に移り住む事を描いているそうです。

黄葉紅葉 綺麗でしたね  17日、万座プリンスで汗を流した後は渋峠から志賀高原に降り 秋山郷の方へ秋の谷をドライブしました。
かめ・ふふふ
2009/10/20 10:48
18日やっと予約できた軽井沢の某旅館に親友と滞在しました。車の音も無く、部屋にはテレビもラジオもありません。ただ水音とカサカサと紅葉したもみじを踏む音だけの夜でした。半天を着て縁台に腰掛けて2人でワンカップと煙草を置いて夜空を見上げていました。
 赤や黄色に色付いた紅葉の中に2日間浸かってきました。
・・・からまつはさびしかりけり・・・白秋の詩に涙した学生時代を2人で思い出しながら
・・白玉の歯にしみとおる酒の味・・・・やはり秋の夜長と日本酒は切り離せません。帰りは久しぶりに碓氷峠の旧道を走りました。やっと軽井沢に来たんだと言う実感が湧きました。      魅
しまふくろう
2009/10/20 11:02
野反湖には、残雪期に入っただけですが、秋の紅葉も美しいですね。野反湖キャンプ場から大高山に登り、その後、エビ山、弁天山を経て富士見峠に出て、あとは東湖畔の車道歩きで戻りました。子供つれの遭難事件があった翌年だったでしょうか、残雪期に登山道を辿るのは結構難しかった覚えがあります。尻焼温泉にも入りましたが、洪水で流された後で、規模が縮小した露天風呂になっていました。また行きたいのですが、高速道から遠いのがネックになっています。
さすらい人
2009/10/20 15:41
かめ さん、今晩は。
そうですね、この野反湖からは切明まで地蔵峠から降りることが出来ます。
宴会ヶ岳はなかなか豪華で賑やかだったようです。あの食欲が、かめ さんのパワーの源でしょうか。大阪のお二人さんの長野での写真をいつか拝見して、圧倒されてしまいました。かなりユニークな方達ですね、流石は関西人と思いました。
インレッド
2009/10/20 17:56
魅 さん、今晩は。
星野さんにでも、泊まりましたか?。
こんな露天風呂に入り、紅葉を見ながら、お酒なんて、なかなか贅沢ですよね、来週にで酒を持って、また紅葉を見に行こうかなー、なんても思っていますが???。
インレッド
2009/10/20 18:01
さすらい人さん、今晩は。
そうですね、ここで子供連れの方が遭難したのは確か2・3年前の残雪の頃だったと思います。弁天山から尻焼温泉の方に降りる道があるのですが、確かそのあたりだったと思います。そのあたりの紅葉が特に今頃は素晴らしいようでした。次回は破線の道ですが、その道を登って見ようと思います。
インレッド
2009/10/20 18:06
おはようございます。
しばらくぶりにブログをあけて見ると素晴らしい紅葉、本当に秋を彷彿とさせてくれます。
霧の中を歩き出し、霧雨の中を降りてくる。しかもたった一人の世界。
インレッドさんの歩きそのものが何か叙情的です。
私も18日は糸魚川近くの紅葉の山を歩いてきましたが、こちらは大勢での賑やかな山歩きでした。
甘納豆
2009/10/21 08:05
甘納豆 さん、お早う御座います。
いつも殆ど一人旅ですが、紅葉の頃は、何故か賑やかな感じがします。色とりどりの紅葉のせいでしょうか?。それでも深い霧の中では一抹の寂しさを感じながら歩いています。まあ それも山歩きの楽しさの一つと思っていますが。
インレッド
2009/10/21 08:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の野反湖から高沢山。  2009/10/17日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる