インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩秋の西上州鹿岳・四ツ又山。  2009/11/29日    

<<   作成日時 : 2009/11/30 23:01   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 28

西上州の鹿岳(かなだけ)はこのあたりの山では結構人気の山で、毎年1度は登って見たい山です。以前尖がり山シリーズで、当ブログでアップしましたが、隣の四ツ又山はまだアップしていませんでした。今回その四ツ又山から鹿岳へと登って来ました。

            下仁田駅付近よりこれから登る四ツ又山(左奥のギザギザ山)と鹿岳(右のフタコブ山)
画像


春のヤシオツツジの頃は岩峰にヤシオツツジが咲き乱れ、
初冬から冬は枯葉を踏みながらの陽だまり登山にも良く、
展望もスリルも少々あって、なかなか面白い山域です。

                  上高原あたりより鹿岳方面
画像


                  登山口付近の村落と奥に小沢岳(西上州の槍ヶ岳と言われています)
画像


先ず最初は小さな沢を見ながらの登りになります。

画像


画像


杉林の中にある鹿岳への分岐を右に四ツ又山方面に登ると、
直ぐに、まだ少し紅葉の残る雑木林になりました。

画像


画像


分岐から1時間も登ると四ツ又山の山頂に着きますが、名前のように
山頂の碑がそれぞれに在り、天狗や仏像の石像が建っています。

画像画像


















画像画像


















画像画像


















石像には江戸時代から明治始めの年号が刻まれていて、
昔からの信仰が忍ばれます。

                  山頂より妙義方面
画像


                  山頂よりこれから登る鹿岳方面
画像


四ツ又山を一旦大きく転げ落ちるように、下って
マメガタ峠に降ります。

                  マメガタ峠に降りる道
画像


周りの風景も晩秋と初冬の風景が混じり、華やかさは無くても
燻し銀の美しい風景でした。

                  途中の尾根
画像


最初の杉林の分岐を直進すると、このマメガタ峠に着きます。
こちらはまだ紅葉が綺麗に残っていました。

                  マメガタ峠
画像


                  紅葉の下を登ります
画像


画像



少し高度が上がれば、落ち葉を踏む音も心地よい
道になりました。

画像


鹿岳もかなり近くになって来ましたが、良くこの画像を
見てください!!。ヤシオツツジが・・・

                  ヤシオツツジの帰り花と鹿岳
画像


俳句の季語では季節はずれに咲く花を、狂い咲き・帰り花・忘れ咲き・
忘れ花などとも言います。季節はずれに咲きましたが、春を思い出さ
せてくれる、忘れ花でした。

                  季節はずれのヤシオツツジ
画像


画像


ロープに捕まりハシゴを登って、鹿岳の一ノ岳山頂に着きました。

                  鹿岳の一ノ岳より二ノ岳方面
画像


                  二ノ岳方面
画像


麓の黒瀧山不動寺の鐘楼の音が時折風に乗って聞こえてきます。
穏やかな麓の風景を眺め、二ノ岳に向かいます。

                  二ノ岳山頂
画像


                  二ノ岳山頂より一ノ岳方面
画像


                  一ノ岳と奥に登って来た四ツ又山
画像


                  鐘の音が時折聞こえてくる麓の風景
画像


今日は登り始めが10時を過ぎてしまいました。空もすっかり
曇って来て、寒くなってきました。陽の落ちない内に下山します。

                  帰り道の紅葉
画像


                  登山口近くの杉林
画像




                                       今日の画像はコンパクトデジカメです。







          BGMつきの大画像をこちらからお楽しみ下さい。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
今回はデジブックの美しい映像と音楽を先に楽しませて貰いました。
心地よい目覚め、今日1日がすっきりと明けたような気がしました。
いろいろな季節が入り混じっていてなかなか面白い景色ですが、やはり紅葉が目を引き付けてしまいます。
2枚目の写真はまさに“山燃える”ですね。
西上州のトンガリ山、昨年も見せて貰いましたが、こんな山登れるのと言ったすごい岩山です。
甘納豆
2009/12/01 08:04
インレッドさん おはようございます
西上州 独特の尖がり山がならびますね
残念ながらかめは殆ど未踏です
が逆に素晴らしい聖地が残されていると考えましょう
インレッドさんのブログ おおいに参考にさせていただいて
四季の山を巡ろうと思います
かめ・ふー
2009/12/01 08:51
甘納豆 さん、お早う御座います。
遠くから見ても、近くから見ても、とても登れそうに無い山のように見えますが、実は簡単に登れてしまいます。そんな訳でこのあたりの山では人気の山で、私も好きな山の一つです。今頃か春先のいずれかに毎年登る山なんですよ。
インレッド
2009/12/01 09:46
かめ さん、お早う御座います。
以前かめ さんが、会の登山で登った、小沢岳の側の山です。このあたりでは一番人気の山で、四ツ又から縦走してもそれ程疲れる山ではありません。体が言う事を聞かなくなる歳になったら是非、来て見て下さい。
インレッド
2009/12/01 09:50
今日は、今年も師走に入りました。この一年間に登った山を思い出して、その山での出来事を懐かしく振り返って見ながら自分なりによく登ったなあと自分の足に感謝しています。初心者としての自覚を忘れずに、自分のペースを守りながら、これからも(といってもあと何年山遊びが出来るかわかりませんが)山登りを楽しみたいと思っています。色々な方からの情報とアドバイスが有ったからこそ無事故の山行ができたものと感謝あるのみです。
ローラー
2009/12/01 16:29
インレッドさんが登る山はこの時期になってもモミジがきれいですね。
ヤシオツツジはおまけでしょうか。
オイラはこの山を見たことがあると思います。
レポを拝見するとスリル満点・・・
でも頂上の江戸時代からの石造・・・見てみたいですね。
「ロープにつかまりハシゴを登って・・・」がない山なら大好きになりそうです。

この山に挑戦するにはもう少し訓練が必要のようです。


keykun
2009/12/01 17:14
ローラーさん、今晩は。
退職して、やることも無く、ただボンヤリと過ごしている方も時々見かけますが、たまに会ってみると、凄く老けて見えます。
ローラーさんは、やることがたくさん在って良かったですね。やりたい事がある人は、まだまだ青春です、どんどん山にも登って下さい。
インレッド
2009/12/01 20:24
keykunさん、今晩は。
この山あたりは上野村の楢原から塩沢トンネルを過ぎて、佐久の臼田方面に向かう途中の黒瀧山方面に行くとあります。眺めて見ると、ちょっと登るのは無理のように見えますが、実際は子供でも登ることが出来るくらい簡単な山です。keykunさんなら楽勝ですから是非登って見て下さい。
インレッド
2009/12/01 20:30
インレッドさん、こんばんは♪
鹿岳はその名前だけは聞いています。
「楽しい、面白い山だよ〜。」と…。
実際にその形容を目にしたのは初めてです。
結構スリルありそうな山ですね。(^^ゞ
また夢に出そうです。
「鹿岳は変化があって楽しい山だよ〜。」
近いうちに訪ねるかもしれません。(^<^)

桜山にもツツジが咲いていましたが、ヤシオまで咲くなんて、やはり面白そうな魅力を感じます。(^^)/
クロちゃん
2009/12/01 21:31
こんばんは
 鹿岳・四ツ又山は群馬の百名山になっていますね。近く挑戦したいです。コースも解かりましたので有難うございました。それにしても写真すごく綺麗ですね。
まきまき
2009/12/01 21:38
こんばんは
尖がり山シリーズ、上州には素晴らしい山がたくさんありますね・・・思わずため息が出てしまう程です。
いつかは訪ねてみたいものですが、初心者にとっては登山口を探すのが先ず大変です(笑)
コンパクトデジカメでの撮影、今回の風景では水墨画のような雰囲気がでて素晴らしいですね。
リッキー
2009/12/01 21:46
クロちゃん、今晩は。
チョット見には怖そうですが、クロちゃんには、少し物足りないくらいだと思います。陽だまり登山にはなかなか良いと思いますので、皆々様お揃いで是非お越し下さい。ツツジにヤシオと今年の陽気は少々変なのかも知れませんね。
インレッド
2009/12/01 21:55
まきまき さん、今晩は。
この山の旬はやはりヤシオツツジの頃と陽だまり登山の頃が良いと思います。案外簡単に登れますので、皆さんお揃いで是非登って見て下さい。以前ヤシオの頃に、この山を登って、次に三ツ岩を登り、さらに碧岩・大岩と1日で登ったこともあります。
インレッド
2009/12/01 21:58
リッキーさん、今晩は。
西上州の山はそれ程標高はありませんので、これから冬に陽だまり登山をするには山容もいいし、展望もなかなかで楽しめます。春はこのあたりの山はどこに行ってもヤシオツツジが咲き誇ります。下仁田インターで降りると案外近いのですが、と言っても新潟からではかなり遠いですね。
インレッド
2009/12/01 22:04
すさまじく鮮やかな紅葉ですね!!
西上州の山々は
とても個性的な山容が多いですね
見るだけでもとてもいいです
忘れ花のヤシオツツジ
インレッドさんに特別サービスでしょうか
山頂で聞こえてくる
麓の鐘の音は
穏やかな時間を彩ってくれますね
RUU
2009/12/01 22:49
RUUさん、お早う御座います。
このあたりの山は、両神からは案外近い所です、膝が痛む程も歩きません、春にでもなったら、この山や近くの三ツ岩か笠丸山あたりにヤシオツツジでも見に如何でしょうか、なかなかのものですよ!!。
インレッド
2009/12/02 08:51
ここは両方とも登った事があります
高さはさほどではありませんが適度なスリルと気持ちの良い展望が得られて面白い山ですよね。
まだ少し紅葉が残る落ち葉の道をカサカサと歩くのも気持ちがいいものです。
居ながらにして錦の山を楽しませていただきました。
ミニミニ放送局
2009/12/03 20:42
ミニミニさん、今晩は。
このあたりは適当に変化があって面白い所ですね。結構人気の山です。この日行き会ったグループは、山の本場、長野市から登りに来たようです。
今頃と春のヤシオの頃が特に良いと思います。
インレッド
2009/12/03 22:12
今晩は! 
インレッドさんの紹介のおかげで西上州には詳しくなった気がします。
下から3枚目の麓の写真は、高度感がすごいです。
いながらにして、岩山に登った気持ちになります。
こっちはすっかり冬ですが、これから日本の冬山もお楽しみください。
本読みと山歩き
2009/12/07 06:24
本読み さん、お早う御座います。
山間の小さな谷間の空き地に点在する村落は勿論過疎の村です。それでも山懐に抱かれた風景は、懐かしく時折、岩壁にある黒滝山不動寺の参拝者が鳴らす鐘楼の音が響いてきて、日本人の故郷のような大変穏やかな風景でした。
インレッド
2009/12/07 08:47
インレッドさん今晩は
しばらくぶりで拝見しました
写真がとってもよく写っていると思ったら、コンパクトデジカメで撮ったのですか、いつもよりよく写っている感じがします
また音楽付きの動画的なものも素晴らしいですね、バージョンアップてとこかな、この音楽が心落ち着き写真を見入ってしまいました
しばらく見ないうちに進歩していました,時々見なくては
きのこ
2009/12/07 20:34
お早う御座います。
今回はコンデジで撮りました。こちらの方がカメラの特徴で、色が派手目に写るようです。
デジブックを見てくれましたか。大画面なのでなかなか良いでしょう!!。
         これからも宜しく!!。
インレッド
2009/12/08 08:49
ここから明日が見えてくる
 最初の写真は子供の頃を思い出す、確かにこんな風景があった。
 子供の頃を思い出すのは年を取った証拠だという人がいる。世間の煩わしさを見ていると、自分だけを見て入ればよかった頃を思い出す。先日も友人と話していて「私達不良だったわね」懐かしい「不良」と言う言葉。
 親の目を抜けて山登りをしたり、上京したり・・・。小難しい精神論を叫んだり。夕べはそんなときを思い出して本棚の上のほうから探して文字を追いかけていたら夜が明けました。
 法話終え和尚初めて友の顔  魅
11月29日 山寺で護摩祭がありました。
しまふくろう
2009/12/08 11:03
インレッドさん こんにちわ
忘れ花のヤシオツツジ、綺麗ですね!
こっちは冬が永いので春が待ちどうしいで〜す。どんよりした
鬱陶しいお天気で。 さて快晴の関西へスタート!……
 ー 人恋しすすきたなびく 倶留尊山ー 
     優しい山2座登ってきました。
 

small cherry
2009/12/08 15:02
魅さん。
今晩は。
魅さんは不良でしたか、私は品行方正でしたよ、
不良していたら、継母に心配かけますからね。
最初の画像はちょっとノスタルジックな画像ですね、
でも現在の下仁田の風景なんです。

     岩山や枯葉踏む道忘れ花・・・インレッド
インレッド
2009/12/08 20:55
small cherryさん、
今晩は。
300名山巡りでしたか??。入山料は取られましたか?。
ススキが素晴らしい山のようですね。
相変わらず西に東に登りまくっているようで、驚くばかりです。

    うかうかと 春待ちきれず 忘れ花・・・インレッド
インレッド
2009/12/08 21:04
すみません。
落ち葉の写真を見て感じたものを書かせてください。
(ちょっとさみしい詩かな…へたっぴでごめんなさい。)
-----------------------------
落ち葉に埋め尽くされた
この道の先に続く未来は
今はまだ見えないけれど
秋が終り冬が来れば
雪に埋もれて見えないけれど
春になり雪解けとともに
必ず続く道があるから
今はまだ不安で仕方ないけど
その先の未来を信じて
この道を歩いていくことが
今の私にできること
とてつもなく小さな
足跡かもしれないけれど
自分が歩いた軌跡を
この道に残していきたい
-----------------------------

お粗末さまでした。。。m(_ _)m
胡桃
2009/12/11 00:22
胡桃 さん、お早う御座います。
とても 素直で良い詩ですね、有難う御座います。
たくさん悩んで、苦しんでそう言う中から良い詩は生まれてくると思います。
これからも悩み、そして楽しんで下さい。良い詩集もたくさん読んでください。
今 私は伊東静雄の詩を読んでいます。ちょっと難しい詩ですが、大変美しい詩集です。特に「広野の歌」が今の私にピッタリしていて好きな詩です。
インレッド
2009/12/11 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
晩秋の西上州鹿岳・四ツ又山。  2009/11/29日     インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる