インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪国へ雪見登山。  2010/1/23日

<<   作成日時 : 2010/01/24 12:56   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 34

久し振りに今年は豪雪模様の新潟地方の山で、雪見登山と洒落て見ようと思い、旧六日町の坂戸山に登って来ました。

                  雪国模様
画像


高速は既に高崎から沼田インターまでスキーの車で大混雑。下の
  貧乏道路を行くと、猿ヶ京あたりから雪の降る、−6度の滑りやす
い国道になりました。さすがに雪国に入るとボタン雪がボッサボッサ
  と降っていて、国道の脇も2mから3m程の雪の壁になっていました。

                  旧六日町あたりの道路脇
画像


その高い雪壁で周りの景色は見えず、山は降る雪煙りで見えず。写真を
撮ろうと思ってもなかなか撮ることが出来ません。何とか魚野川の橋あたりで
撮ってみました。

                  魚野川も雪の中
画像


                  畑らしき所も雪の中
画像


                 雪の花咲く木
画像


用意された登山者用の駐車場も雪壁に覆われて駐車することが
  出来ず、除雪最終地点に車を置いて歩き始めました。坂戸山の入り口
で雪下ろしをしていた、お爺さんに「今日は危険だから誰も登って居ないよ、」と
  注意されましたが「チョット行ける所まで」と応えて歩き始めました。

                  登山口付近
画像


登り始めから輪カンを履いても膝を越す深い雪の道になりました。

                 登り始め
画像


                  雪の窓から市街地
画像


この山は六日町市民の山で毎日のように、多くの人に登られている山
  ですが、湿ったボタ雪の降る今日はさすがに登山者は居ません、数日前に
踏まれた跡が僅かに窪んでいて、「道」を教えてくれます。それでも
  満開の桜の下を歩いているような楽しい登りになりました。

                 雪桜咲く登り
画像


見下ろすと六日町の家々が雪の降る中、静に佇んでいます。木に
  積もった雪がサラサラと落ちてくる音だけが聞こえてくる登りでした。

                  雪の市街地
画像


                  さらに雪桜の下を登ります
画像


                  赤いベンチではありません、鳥居も埋まって居ます。
画像


                  隣の尾根も雪に埋もれています。
画像


湿った雪のためポンチョを被り、ザックは持たず、テルモスに入れた
  紅茶とパンを持って登りました。ここで市街地を眺めて紅茶タイムにしました。

                  登って来た道
画像


                  魚野川を眺め一休み
画像


                  山頂手前の小さなピーク
画像


越後は雪国、このあたりの人は半年ほど雪とかかわりを
持たなければなりません。

                  降る雪に視界も少なくなって来ました。
画像


山頂手前の大きなピ−クが見えて来ました。背の高い木々も埋もれて
雪庇になっています。

                  雪庇になったピーク
画像


大した装備も今日は持っていないので、今日の登山は、ここまでとして、
 また熱い紅茶で休みました。

                  雪崩れそうな尾根
画像


                  山頂方面
画像


この沢山の雪が越後の人を泣かせます、そして人情を熱くします。
美しい花も咲かせ、美味しい米も酒も造ります。

                  雪国
画像


音も雪に吸われて、何も音の聞こえない、さらに雪の降りしきる山を
 下山しました。

                 下山道
画像








BGM付きの大画像をお楽しみ下さい、5分ほどで終了します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんばんは♪
雪の降る街を〜、雪の降る山を〜♪
と、思わず口ずさんでしまいました。(^<^)
失礼!
いやー、しかし凄い雪ですね。
まさに雪国と感じました。
赤い鳥居が鮮やかに見えました。(^^)/
雪を見ながら温泉が良いな〜。
クロちゃん
2010/01/24 18:06
ようこそ雪降る新潟へ
さすがインレッドさんがプログを作ると良い味の雪国が浮かび上がります。
魚野川の橋の辺り・・・冬に六日町に何年か前に行った時には、人家が雪で見えずどの辺りを走行してしているのかも判らず、心細くなった事を思い出しましたが、その時よりもまだ雪は少ないようですね。
ボタン雪は、一晩に1m以上積らせる雪ですので豪雪地帯の魚沼近辺の人たちはこの雪の中で毎年冬を過ごしている事に尊敬に近い気持ちにもなります。
リッキー
2010/01/24 19:46
こんにちは。
真っ白な世界は、頭の中も真っ白にしてくれます。
特に雪は音を吸収して静寂の世界を作ってくれるのがよいです。
鳥居のベンチは、雪の深さがよくわかる象徴的な写真で、これまた良いです。
それにしても、かくも豪雪の山を途中までとはいえ、よく登られました。
それに値する豪雪と静寂の写真を堪能できました。
本読みと山歩き
2010/01/24 20:57
今晩は、すごい雪ですね、雪国の生活は雪との戦いであると聞きましたが、豪雪地帯の暮らしは必然的に蟄居生活を余儀なくさせられるのですね、雪のベールに全てが隠されて、陽の目を見ない日々が続く、それゆえに春の来るのが待しいのでしょう。しかし、雪に覆われた世界は静かで清らかで落ち着いてメルヘンの国へ行ったようです。
ローラー
2010/01/24 21:02
クロちゃん、今晩は。
お世話になりました。
雪もたくさんありますし、駒子さんの居るような、よい温泉もありますよ!!。特に目の悪い人には近くの貝掛温泉などは中々有名な温泉です。
今年は雪が多いようで、雪割草やカタクリも綺麗に咲くことでしょう。
インレッド
2010/01/24 21:22
リッキー さん、今晩は。
まだ冬の初めですから、これからもっとたくさん積もりそうですね。
カタクリ・雪割草が楽しみです。その前に残雪歩きもイッパイ楽しめそうで、これからさらに、そちらに行きたくなります。
インレッド
2010/01/24 21:25
本読み さん、今晩は。
雪国は何処を見ても真っ白ですが、関東はこの日も青空でした。たまには雪国の風景も、おっしゃるとおりに自分も真っ白になるのでいいですね。山頂で温かな紅茶を飲みながら、皆寝てしまったかのような、全く静まり返った街の風景を眺めるのも中々良いものでした。
インレッド
2010/01/24 21:30
ローラーさん、今晩は。
このあたりは半年は雪の中ですので、来る春はより一層待ち遠しいと思います。山も昨年ローラーさんが登った飯士山あたりでも群馬では見られないくらいの花々が咲き誇ります。
暇がありましたら宮尾登美子さんの「蔵」読んで見て下さい、この地方の農家の人達の苦労がしみじみと感じられます。
インレッド
2010/01/24 21:35
まるで水墨画の中を
歩いているようですね
静けさや、キンとした寒さ
写真から伝わってきます
鳥居もあんなに埋まってしまうのですね
雪国の厳しさも感じました
RUU
2010/01/24 21:58
今晩は。
今年は大雪が続いて、雪の状態もなかなか良くなりませんね。単独ラッセルでは、登れる山を考えるのも難しいです。それでも一週間でも雪がやめば、雪がしまってくるでしょう。期待が当たるのも外れるのも雪山ですね。
さすらい人
2010/01/24 23:11
こんばんは。
スライドショー楽しませていただきました。
鳥居が埋まってベンチみたいになってるのもスゴイです!!!
このように辺り一面真っ白なのも素敵ですね。
雪山が大好き(見る方専門ですが)なので 見せていただいて嬉しかったです(*^-^)♪
マリー
2010/01/25 01:35
おはようございます。
 六日町も大変な豪雪地帯ですね。坂戸山にはまだ登っていませんが、カタクリの頃行って見たいです。豪雪の様子良く伝わってきました。
まきまき
2010/01/25 06:55
おはようございます。
杉の枝から雪が落ちて来るのが良く撮れていますね。
冬の山は降っていても降っていなくても頭上から雪が落ちてきます。
越後魚沼の寂しくも暖かい冬の情景が良く伝わって来ます。
光が無く、しかも降る雪の中ですとカメラを出す気力も失せますが、インレッドさんは見事に冬の情景を捉えておられます。見事です。
甘納豆
2010/01/25 08:02
RUU さん、お早う御座います。
あの赤い鳥居が無ければ白黒写真と間違われそうな、モノトーンの世界ですね。たまにはそんなモノト−ンの世界も と、思って来て見ました。この日は案外暖かっようで、関東の山の方が寒いような気がしました。
インレッド
2010/01/25 08:59
さすらい人 さん、お早う御座います。
こんな里山でもこの雪ですから、登るには結構大変でした。帰りに旧三国スキー場方面に行って見ましたが、かなり手前の作業小屋みたいな所で除雪が終わっていました。チャンスがあったら登ろうと下見でしたが、かなり難しそう・・・。
インレッド
2010/01/25 09:05
マリーさん、お早う御座います。
デジブックも見て戴きましたか。有難う御座います。  先日そのデジブックで宇治植物園の花々をアップしていた方も居りました。そちらでは人気のある所なのですね。
こんな雪国の静かな風景も、ここに住んでいる人には大変なのでしょうが、雪のあまり無い所に住んでいる人間にはノスタルジックでたまには良いものです。
インレッド
2010/01/25 09:11
まきまき さん、お早う御座います。
土曜日は湯沢あたりからボタン雪の降る景色でした。峠一つでかなり違うものですね。そちらからは高速を使わなくても簡単に行けますから、雪見登山に是非どうぞ、踏み跡はこんな日で無ければしっかりと付いています。
インレッド
2010/01/25 09:15
甘納豆 さん、お早う御座います。
そうですね、降る雪と落ちてくる雪でフードをしていないと首筋に雪が入ってきます。今回もコンデジをポケットに入れて写真を撮っていましたが、手袋を脱いで、ポンチョの下をめくり上げて、カメラを出して、撮らなければならないので面倒でした。それでもザックは背負って居なかったので何とか撮れました。たまにはモノトーンの世界も良いものでした。
インレッド
2010/01/25 09:25
こんばんは
オイラの父の故郷は六日町です。
よく行きましたが坂戸山がこんな風景だということを始めて知りました。

鳥居が雪に埋もれている風景には驚きました。

いつも雪山のレポートを拝見しながらスノーシューで登っておられるのかと思っていましたが輪カンジキを履いているんですね。
なぞが一つ解けました。
keykun
2010/01/25 21:24
インレッドさんこんばんは。雪の中での山登り…お元気そうで良かった。
本当に、はじめはモノクロの世界かと思えました。なんだか寂しいような、遠い過去を見ているようなそんな印象だったのですが、少しの挿し色がかえって新鮮な部分もありますね。
雪桜に迎えられて踏み込む世界。その先に見えるものは…
まだはっきりと見えないけれど、いつか心の目がその景色をはっきりと見せてくれる。そんな気持ちになりました。
胡桃
2010/01/25 21:42
 素晴らしい雪山の写真ありがとう!六日町は私が住んでいる所から6、7時間もかかります、数年前巻機山に行きましたが、雨で登れずその後六日町には行っておりません。雪山ですが、今、特訓中です、でも近くの山・丹沢山には毎週登りますが雪はちらほらで、雨が降れば山は雪になるので解けない内に行きます、今週は金曜日(22日)がよさそうです。 また丹沢山の雪だよりを連絡します。
ホタカ3190 です
2010/01/25 23:38
keykunさん、今晩は。
お父さんの故郷でしたか、それではきっと人情の篤い人だったことでしょう!!。
雪山はいつもはスノーシューです。ノコギリの歯のようなギザギザが縦横についていてかなり重い奴なので、今回は軽いカンジキでした。かなり埋まりながら登りました。たまにはこんなモノトーンの世界もいいですね。
インレッド
2010/01/26 00:32
胡桃 さん、今晩は。
お元気のようでなによりです。
お陰様で私は元気過ぎるくらいです。雪桜の奥には、また雪に霞む山ばかりで、いつまで登ってもはっきりとしない風景でした。それでもハッキリ・クッキリも良いですが、ボンヤリとぼかした風景も良いものです。絵も写真もボカスことが出来る人は良い絵を描き、良い写真を撮ることが出来る人と思います。
インレッド
2010/01/26 00:38
ホタカ3190さん、始めまして。
丹沢はまだあまり雪がありませんか、そちらは暖かいですね。そう言えば、そちらの二ノ宮町ではもう菜の花がまっさかりと、他の人がブログにアップしていました。
周り中真っ白な雪景色もなかなか良いものですよ、是非近くの霧ヶ峰あたりで経験してみてください。
インレッド
2010/01/26 00:45
井や凄い雪ですねえ。ここらあたりは豪雪地帯なんですねえ、何年か前に金沢から帰ってくる日の雪を思い出しました。レッド様決して若くは無いのですよ。夫も検査入院で2週間ほど横になっていました。初めてのこの年齢なのでどうなるか見当もつかなかった・・・と言っておりました。やはり古希の坂が見え始めたら体のオーバーホールも大切です。私ら夫婦お互いに飲みすぎには注意するよう努力します。
                    魅
しまふくろう
2010/01/26 11:44
こんばんは。
見渡す限りの銀世界。見事です。
墨絵を思わせるような濃淡の表現が雪のすばらしさを浮き立たせていますね。
はじめの6枚組みの写真は部屋に飾ったら洒落ていますよね。
カスミッシモ
2010/01/26 20:06
魅 さん、今晩は。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。検査入院と言うのがなかなか曲者なんですよね。無事退院されましたか。  私はほどほどに飲んでほどほどに運動をしていますから、大丈夫と思っていましたが・・・。
インレッド
2010/01/26 21:34
カスミッシモさん、今晩は。
そちらは春の便りのようでしたが、こちらは深い雪に埋まっている風景でした。日本も広い!!、日本海側と太平洋側ではこんなに景色が違うのですね。

最初の6枚組の画像は今回始めて画像をコラージュして見ました。なかなか雰囲気が面白そうなので、また試して見ようと思っています。
インレッド
2010/01/26 21:40
ご無沙汰しています。相変わらず元気に、あちこちと登っていますね。良くその歳で(失礼)そこまでやれますね、そのバイタリティーに感心します。画像もコンデジのようですが、さすがに良い画像ばかりで雰囲気が良く出ています。
nori
2010/01/26 21:44
noriさん、お早う御座います。
少々忙しくて、返事遅くなって申し訳ありませんでした。
その後お元気あちこちと山の良い写真ばかり撮っているようで、羨ましく思います。その内撮り方などご教授のほどお願い致します。
インレッド
2010/01/28 09:06
こんにちは。
雪国で生活されている方々は毎日の生活がありますから大変ですね。
やはり春が待ち遠しいのでしょう。
黒白の素晴らし世界を拝見して行って見たくなりました。
山はチョット無理ですが。

カラカラの太平洋側で生活している私は雪を見るとワクワクします。
izumi
2010/01/28 12:38
インレッドさん 遅くなりました
ふっかふかの雪ですね
敢えて独りで踏み込むインレッドさんのつよいこころが眩しいです。
この所言い訳ばかりして山から離れている自分が恥ずかしい。
かめ・ふーっ
2010/01/28 17:57
izumiさん、今晩は。
このあたりはさすがに雪は多いですが、里山ですから、八ヶ岳あたりよりは楽で、izumiさんなら楽勝のところです。春はカタクリが沢山咲き登山者で賑わいます。今はNHKの大河ドラマも終わり兼続ブームも去って静かな以前に戻ったようです。
インレッド
2010/01/28 21:45
かめ さん、今晩は。
このあたりは雪は多いですが里山ですから、かめさんならば、朝の散歩程度で到達してしまいます。ここの所雪道ばかり歩いていますが、上越国境の山はどんな風だろうと、ちょっと偵察登山でした。まだまだフカフカでもう少し締まったほうが楽のようですね。
インレッド
2010/01/28 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪国へ雪見登山。  2010/1/23日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる