インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 長い長い谷川本谷尾根。  2010/1/30日

<<   作成日時 : 2010/01/31 17:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 26

長い長--い本谷尾根は,みなかみ町のほぼ中心あたりから上へ上へと伸びて、小ー・大ーと続き、さらに阿能川岳から小出俣山へと続く長大な尾根です。その尾根に私は、今まで登ったことが一度もありませんでした。何処まで行く事が出来るか、今回始めて登って見ることにしました。

                  谷川本峰と手前に長い本谷尾根(一番左奥の三角の山が大ー)
画像


その長い尾根に取り付く割には9時を過ぎた遅い登山でした。この尾根には
登山道はありません。勝手気ままに雪の尾根を歩きます。もし迷ったら本谷
沢方面ではなく、関越自動車道方面に降りれば何とかなると、一応GPSは
持って気楽に登りました。

                  こんな尾根を歩きます。
画像


画像


勿論人の踏み跡は全くありません。あるのは鹿や猪の足跡と、まだ冬眠
して居ないのでしょうか、熊の跡らしき大きな踏み跡もありました。その他
は、風の通り過ぎた風紋くらいと、芽吹く準備の固い木の芽の下を歩く道
でした。

                  奥に阿能川への稜線
画像


ここを登った人はかなり苦労したようで、古くて色のあせたテープが
あちこちに付いています。それも5m間隔くらいに付いて居る所もあり、
おそらくは無雪期に登った人が、深い藪漕ぎに苦労して付けたのでしょう。

                  古いテープの目印
画像


雪は案外締まっていて、最初はスノーシューで歩き始めましたが、
それ程埋まらず、途中からはアイゼンを付けて歩きました。

                  隣の天神山と奥に高倉山かなー
画像


晴れていれば凄い景色と思われる、谷川本谷も見えて来ました。

                  谷川中ゴー尾根・幕岩尾根方面
画像


アルプスのように氷河が谷を削って出来たような幾筋もの深い谷は、
威圧するほどに迫力があります。

                  深く切れ込んだ雲の谷
画像


さらに登ると岩場に雪が積もりその下は空洞になっていて、うっかり
踏み抜くと肩を越すくらいに埋まってしまい、一番怖いところでした。

画像


取りあえずの目標、小ー・大ーが近くになって来ました。
画像


小ーに着き、大ーを眺めて遅い食事、熱い紅茶を飲みながらユックリと
休みました。ここで午後2時を過ぎ時間切れ下山することにしました。

                  大ー
画像


遠くに雪の武尊や至仏を眺めて尾根を降ります。
画像


                  見納めの本谷
画像


下山途中で、ほんのチョットだけ谷川オキ・トマあたりが、天神山の
奥に見えてきて、「また来なよー」とでも言っているようでした。

画像


関越自動車道を通る車の音が聞こえてきました。下界の騒音が響く、谷川サービス
エリアがすぐ下です。ここまでくると、もうすぐで今日の長い一人旅の尾根歩
きが無事終わります。

                 下に谷川サービスエリア
画像


                  今日歩いた雪の尾根
画像


画像


画像


画像


画像


画像










  BGM付きの大画面をこちらからお楽しみ下さい。4分程で終了します。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
鹿・熊・ウサギの足跡とその向こうには圧巻とも言える谷川岳や武尊・至仏の山なみが青空の下に連なっている景色は素晴らしく、見るだけで清々しい爽やかな気持ちになりました・・・このような写真を見れただけでも幸せ感を味わらせて頂きありがとうございます。
一人歩きでの岩穴を覆い隠すような雪の上を歩く時や雪庇、そしてこれからは雪崩にも充分にご注意の上、雪山をお楽しみください。
リッキー
2010/01/31 18:17
素晴らしい写真ばかりです
谷川岳の写真には
うっとりです (^^♪
雪の至仏、武尊の眺めもすごいなあ

谷川SAが
あんな風に見えるのですね
あそこでお蕎麦を食べながら
見上げていた山を
通ってこられたのですね〜〜
RUU
2010/01/31 20:51
りっきーさん、今晩は。
ここの処、こちらは雪は降っていなかったので、締まった雪で案外に歩きやすかった為登れましたが、フカフカでラッセルが続くと、もっと下で敗退したと思います。谷川の裏は、さすがに雪雲が一日中吹き上げていました。
インレッド
2010/01/31 21:25
RUUさん、今晩は。
この山の下をトンネルが通っています。右の本谷沢にはトンネルの空気孔もあります。
この上の阿能川からの眺めは谷川の展望台としては絶品です。機会がありましたら是非挑戦して見てください。
インレッド
2010/01/31 21:40
今晩は。
以前の5月22日に赤岩越〜阿能川岳〜谷川PAへと周回し、この尾根を下ったことがあります。雪は山頂付近だけだったので、藪尾根を下ったことになります。その結果判ったことは、PA入口より上流部の発電所から送電線巡視路が枝尾根沿いに続いています。枝尾根上の鉄塔から主尾根上までは境界見出し標の切り開きがあります。その先は道はありませんが、薄い藪でした。阿能川岳への登山ルートとしては、下部で藪が出てきた時期を選べば、楽しく登れるでしょうね。
さすらい人
2010/01/31 22:17
今晩は
 昨日は谷川ですか。雪が硬くなっていたしても、大変だった様子です。
今日の午後はだいぶ谷川が良く見えていました。この山は阿能川の東の山でしょうか?。
まきまき
2010/01/31 22:30
今晩は。
どこを歩いてらっしゃるのかを把握するだけで時間がかかってしまいました。
私のいいかがんな地図には、阿能川岳ですら登山道が乗ってせん。
それにしても、こんな尾根道を歩こうと、なぜに思いつくのでしょう。
さておき、景色は美しく、「雲の谷」は圧巻です。
本読みと山歩き
2010/02/01 01:52
インレッドさん、おはようございます。♪
これは冒険の山旅の心ですね。
人間の足跡のない雪の上を歩いて目標とした地点へ…。
これぞ山の醍醐味と感じました。
景色が素晴らしいです。(^^)/
クロちゃん
2010/02/01 07:12
おはようございます。 
谷川PAの上を登って行く尾根歩き、面白いですね。
勿論、夏道の登山道なんて無いところでしょうね、藪が雪で覆われているから、歩いていけるところでしょう。自由気ままな雪道のトレッキングは、山歩きになれた者こそに許された最高の贅沢です。画像を見せて戴き我慢してます。
ローラー
2010/02/01 08:57
さすらい人 さん、お早う御座います。
今回は本当は土合駅あたりの上に聳える赤沢山に登ろうと思っていました。以前赤沢山には土合駅の隣の山の家あたりから1度登った事がありましたが、展望があまり無かったので、赤沢の少し先から登って見ようと、そちらのルートをGPSに入力して行きましたが、雪のデブリが沢山あり、雪崩が少々怖かったので、こちらにしました。途中の尾根から眺めて見ると、阿能川に直登出来るような、さすらい人 さんの降りたコースが良く解りました。次回挑戦してみようと思います。
インレッド
2010/02/01 09:18
まきまき さん、お早う御座います。
この大ーは阿能川の隣の山です。みなかみ町からは、いつもこの尾根は眺められる所ですね。昔は毎日この尾根を眺めて通勤していたのでは・・・。
この日は本当は赤沢山に行く積もりでしたが、途中まで行って、雪のデブリが沢山あり、雪崩が怖かったのでこちらにしました。少し頑張ればこちらからも阿能川には行く事が充分出来そうです。
インレッド
2010/02/01 09:26
本読み さん、お早う御座います。
阿能川岳は群馬100名山ですが、登山道はありません、積雪期限定の山です。この尾根もやはり登山道は無い為、今頃が一番登りやすいところなのですが、長い尾根でアップダウンも多いのでちょっと苦労します。それでも、ここから谷川本谷の眺めは一ノ倉からの眺めと同じように凄い岩壁が眺められます。「魔の山谷川」の片鱗を見ることが出来るところです。
インレッド
2010/02/01 09:33
クロちゃん、お早う御座います。
そうですね「冒険登山」まさにそんな気分でした。山頂まで行けなくても、行ける所まで、と気軽に登りました。たまにはこんな登山もいいですね。眺めもいいし、満足感で充分満たされました。
インレッド
2010/02/01 09:36
ローラーさん、お早う御座います。
前の人の(クロちゃん)のコメントのように冒険登山です。取りあえず行ける所まで・・・と気軽に登りました。アップダウンが幾つもあり、少し大変でしたが、普段見ることの出来ない方角からの谷川の眺めに充分満足して帰りました。
インレッド
2010/02/01 09:40
インレッドさんが歩かれたこちらの尾根は
スキーで湯沢のマンションに行くと見える稜線かもしれません。
晴れるとキラキラと輝き美しくいつもうっとりと見上げています。
この稜線を歩く人っているのかな〜と思っていましたが
やっぱり冒険登山道だったのですね。
トマ・オキが待ってくれています。
またお気をつけて歩いてきて下さい。。。
mikko
2010/02/01 13:17
いつも素晴らしい雪景色を見せていただいてワクワクしてしまいます。
こんな雪の中を一人で歩くインレッドさんはすごいと思います。

登山道がない山を歩く・・・うらやましい限りです。
keykun
2010/02/01 19:48
mikkoさん、今晩は。
スキーで湯沢のマンションですか、いいですね!!。
谷川の前に大きく横たわっている山がそうです。月夜野インターあたりで見えると思います。次回に、またそのトマ・オキあたりの近くに行こうと思っています。
インレッド
2010/02/01 22:55
keykunさん、今晩は。
そちらは大山詣ででしたか、いいですね!!。
雪が積もっていれば、普段行くことも出来ない藪山でも自由に行く事が出来ます。あまり展望の無かった山が、木々が雪の下になり大変素晴らしい展望の山に変身します。そんな風景を期待して登ります。ちょっとした冒険も味わえて、一層充実感が湧き楽しいですよ。
インレッド
2010/02/01 23:01
おはようございます。
谷川本峰の白さが際立っています。
青空の下での素晴らしい景色です。
この日の新潟は雨、福島県の低山でお茶を濁していました。
大ー、小ー・・・この辺はーの付く山が多いですね。
甘納豆
2010/02/02 07:48
こんにちは!
地図を広げて、あ〜この辺なのかな?と。
足跡が鹿や猪だけなんて夢のような世界を歩かれていますね。
谷川PAから歩き始めるのですか?
私はここでは必ず水を汲みますが。
izumi
2010/02/02 11:52
こんばんは。
道無き雪道を一人歩く。これぞ本来の山歩きなのでしょう。このような山歩きを見ていると、登山道を行く我が姿は観光の延長かとも思えてしまいます〜。
まさに、自然との対話をしているようで、すばらしい世界なのだろうと想像しています。
奥様はお変わりありませんか。
カスミッシモ
2010/02/02 19:49
甘納豆 さん、今晩は。
この日は谷川を境にそちら側からは厚い雲が一日中湧いて来ていました。きっと新潟は雨か雪だろうと思いつつ歩いていました。比較的近いところに、こんな素晴らしい未知の山があることに感謝です。ここのところ暖かい日が続きましたが、昨夜からこちらも雪になり今朝は寒い朝でした。我が家のあたりは5・6cmくらい積もりました。
インレッド
2010/02/02 20:51
izumiさん、今晩は。
今回はみなかみ町の裾から登りましたが、谷川PAのそばから尾根に直登することも出来ます。ただ踏み跡はありませんので、送電線あたりから尾根に取り付くと良いと思います。尾根に出れば一本道ですので、あまり迷うことはありません。上の阿能川や大ーからは素晴らしい展望があると思います。
インレッド
2010/02/02 20:58
カスミッシモさん、今晩は。
道無き道も藪漕ぎでは大変ですし迷いやすいですが、フンワリ真っ白な山は。気ままに歩けますので案外楽で、少し冒険も出来て充分達成感があり、楽しいです。一度霧ヶ峰や八ヶ岳あたりで挑戦してみませんか、面白いですよ!!。

  お陰様で家内は元気にやっています。
インレッド
2010/02/02 21:05
インレッドさん  遅ればせながらこんにちは
谷川本谷尾根ですか  名前も知りませんでした
冬の谷川岳 良い山です
かめも行きたいのですが 1泊はしたいので機会がなかなか・・・
谷川本谷尾根からの阿能川も面白そうです
ゆっくりと熟成させます
かめ・ふー
2010/02/06 15:49
かめ さん、今晩は。
返事遅くなりました。
ここから阿能川は充分可能です。さらに小出俣まで行くことも出来ますので、是非やってみてください。素晴らしい展望が広がっています。1泊ならば丁度良い行程と思います。
インレッド
2010/02/08 19:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
長い長い谷川本谷尾根。  2010/1/30日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる