インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の広野、美ヶ原。 2010/2/14日。

<<   作成日時 : 2010/02/15 21:34   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 26

今日は山友Sさんがどうしても美ヶ原に行きたいので、連れて行ってくれと、強いご要望に誘われて、久し振りに、冷たい風が頬を刺す、冬の美ヶ原を歩いて来ました。

                 王ヶ鼻辺りより穂高方面
画像


その山友Sさんとは、以前の4月に西上州の山で3週連続して、
山で出会ってから、もう20年の付き合いになります。

                  山本小屋付近から歩きました。
画像


2週連続で出会う人は時々居ますが、3週連続と言うのは,今まで
その時だけでした。しかしそれも偶然ではなく、案外に必然的な
要素がありました。

                  最初はこんな広野を歩きます
画像


なぜならば、その頃の西上州の山々はヤシオツツジが沢山咲き誇り
ます。そのヤシオが咲く順序に従い山めぐりををすると、同じような
山歩きになります。彼もその順序を熟知している人でした。

                  林立するアンテナと王ヶ頭ホテルが見えて来ました。
画像


始めて出あった時は、西上州のヤシオツツジが咲く小沢岳の
山頂で花々を眺めながら、夫婦でワインなんぞを飲んでいる優雅
な人が居ました。私はいつものように単独で、侘しくその光景を眺め
ながら、コンビニオニギリを食べていました。

                  北アルプスが見えて来ました。
画像


喉から手が出てしまうくらいに、飲みたいと羨ましく思っていたら、
「イッパイどうですか」と紙コップに入れたワインを私の所まで持っ
て来てくれました。そのワインの美味かったことは今でも良く覚えています。

                  塩くれ場付近より
画像


その後、笠丸山でまたまた出会い、そして同じようにご馳走になり、
山談義に花が咲きました。そして次の週には両神山で深い霧の中、
私の名前を呼ぶ人が居ました。その方がSさんで、同級生のKさん
と一緒に来ていました。

                  槍・穂高がクッキリと見えて来ました。
画像


同級生のKさんも、それからは良く一緒に行くようになりました。長野の
守屋山・霧訪山・虫倉山・太郎山・新潟の角田山・国上山・浅草岳・
守門山など皆一緒に行きました。

                  王ヶ頭ホテル方面と奥に北アルプス
画像


特に彼らの奥さん達は感動が多くて、美しい花や風景に出会うと、時々
もの凄い悲鳴のような声を立てて喜んでくれます。その声が嬉しくて、
私はここできっと感動するだろうなー、と思うような所ではわざと先に歩か
せて、私はその喚声を後ろから聞いているのが楽しみでした。

                  樹氷と奥に乗鞍方面
画像


ところが昨年の2月に、先ずKさんが食道ガンで入院、食道と胃を手術、2ヶ月ほど
入院して、68kもあった体重は今は47kに落ち、歩く事がやっとと言う状態になり
ました。

                  王ヶ頭付近より奥に蓼科と八ヶ岳
画像


そして10月今度は私が腎臓に腫瘍があると言われて、検査入院。幸い悪性
のガンでは無く転移は殆ど無いとのことで一先ずは安心していました。

                  王ヶ頭と奥に穂高・槍
画像


ところが今度は12月になってそのSさんが、肝臓ガンで入院、手術をして
今はガンも少しずつ小さくなっていると言うことですが、本人は全く元気が
無く、体もすっかり弱くなり、山歩きはしたくても満足に出来無いとの事。

                  これから行く王ヶ鼻方面
画像


そんな訳で楽に登れて、北アルプスの大展望の広がる王ヶ鼻あたりで、
嘗て登った山々を眺めて見たいとのことで、一緒に登ってくれとの事でした。

                  隣の武石峰と奥に爺・鹿島槍・五竜・白馬方面
画像


100mほど歩いては休み、また100mほど歩いては休むと言う、昔の元気
だった面影は、今は全くありませんが、何とか王ヶ頭まできて、「ここ迄で
もういいやー」とSさんは言いましたが。折角ここまで来たのだからもっと
展望の良い王ヶ鼻まで頑張って行こうと、無理やり王ヶ鼻まで連れて行く
ことにしました。

                  途中の樹氷 1
画像


                  途中の樹氷 2
画像


                  途中の樹氷 3
画像


彼は何とか足を引きずりながらも着いて来ましたが、山頂付近からの
北アルプスの大展望に、少し元気が出てきて時々喚声をあげながら
その景色を眺めていました。

                  その途中の大展望をご覧下さい。槍・穂高方面
画像


                  後立山方面
画像


                  鉢伏山と奥に中央アルプス
画像


                  王ヶ鼻の頂上に着きました。
画像


彼は山頂で熱いラーメンとオニギリを食べ、黙って食い入るように
北アルプスのスター達を眺めていました、そしてしみじみと「あの頂
全部俺は登ったんだなー」と言いました。

                  乗鞍方面
画像


「今日はこんな素晴らしい天気と展望で、良い冥土の土産になったね」と、私が
ぶしつけに言いましたが。彼は黙ってうなずいていました。

                  針ノ木・蓮華方面
画像


「俺よりSさんが先に死んだら、骨の一部をここに埋めたやるよ、小さなケルンを立ててね」。
「その代わり俺の方が先に死んだら骨の一部をここに埋めてくれ」と私が言うと。


                  穂高・槍・常念・大天井方面
画像


「ウンそれはいい考えだ頼むよ、ここからなら、毎日この景色を眺められ、
あの世に逝っても楽しく暮らせそうだ」と彼は笑って言っていました。

                  鹿島槍方面
画像


そして、その後はお互い黙って、日の暮れるのを忘れて眺めていました。

                  穂高・槍のアップ
画像


日もかなり斜めに傾いて来て、かなり寒くなってきました。ただ黙って、
今日の風景を心に仕舞い帰りました。

                 美ヶ原の夕暮れ
画像


♪♪泣くにや明るし 急げば暗し
     遠い灯りもチラチラと
        人は冷たし、我が身は愛し・・・♪♪
                     山本小屋の煙突の煙が何故か人恋しく感じました。

                 美ヶ原広野
画像


ただ茫々と吹く風の中、僅かな残照を受けて、まだ北アルプスの
山々が微かに輝いています。「美しの塔」も今は風の挽歌を歌って
いるようでした。

                  「美しの塔」
画像






      ・・・あの嶺を 全部踏んだと言う友の 病の体の足の遅さよ・・・
                                       インレッド




                 長いブログ最後まで読んで戴き有難う御座いました。







  BGMつきの大画面をこちらからお楽しみ下さい。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は
 さすがに旬の山々でした。白黒一色でした。有り難うございました。
まきまき
2010/02/15 22:30
はじめまして。
雪の美ヶ原、感動、涙、しました。
北アルプス!富士山と同様遠くから見ても素晴らしいですね。
雲海
2010/02/15 23:16
素晴らしい景色とすばらしい登山歴をお持ちの方々との会話は
心に染みます。
冬の「美しの塔」も味わい深く。
本読みと山歩き
2010/02/16 02:59
インレッドさん、おはようございます。♪
素晴らしいお話と景色に、ただただ感動しました。
自分もいつか訪れるであろうその日に、こんな素敵な景色を眺めてみたいです。
クロちゃん
2010/02/16 07:00
おはようございます。
大画面の迫力堪能致しました。
そして裏に秘められた山への想い。
何度でも読み返したいブログです。
甘納豆
2010/02/16 07:42
なんて言ったらいいのか・・・
厚い友情と人情・・・人とはこんな風に付きあいたいものです。

文章に釘漬けになり・・・写真が後になりました。

素敵な写真・・・二人の会話が心にしみます。
Sさん・Kさんお大事に・・・
keykun
2010/02/16 07:43
まきまき さん、お早う御座います。
剣ヶ峰も大展望でよかったですね。
ここは北アルプスを眺めるには、一番のところと思います。
その内冬にぜひお出かけ下さい。
インレッド
2010/02/16 09:11
インレッドさん 深く重いお話をありがとうございます
人として生を受け命を営み、唯一定められた運命に向う夕べに
短い言葉でお互いの覚悟を確かめ合う事ができて
20年のお付き合いが孤高へと昇華した瞬間と伝わりました。
残念ながらかめにはそのような友人はいないようです。
羨ましいことです。
かめ・ほっ
2010/02/16 09:16
雲海 さん、始めまして、コメント有難う御座います。
前回にここに行った時はやはり、今頃でしたが、天気はこの日よりも雲一つ無い素晴らしい天気でした。それでも映像に残すには雲海の上のアルプスの方が味が有ってよい風景です。この日は八ヶ岳と南アルプスの間に富士も霞んで見えました。北アルプスを眺めるには一番の展望台と思います。
インレッド
2010/02/16 09:16
本読み さん、お早う御座います。
朝「美しの塔」を通る時は王ヶ頭ホテルの観光客がキャタピラー車3台に乗って観光に来ており、賑やかでしたが、直ぐに静かな雪の原になりました。ここから眺める北アルプスは絶景です、帰国したら是非お出かけ下さい。
インレッド
2010/02/16 09:21
クロちゃん お早う御座います。
冬のここは北アルプスを眺めるには最高のところと思います。一度是非お出かけ下さい。感動ものの景色が広がっています。ここは山を歩くのはアイゼンもいらないくらいに簡単ですが、道路が少々滑りやすくエンジンが凍りやすいところです。それだけ気をつければ大丈夫です。
インレッド
2010/02/16 09:25
甘納豆 さん、お早う御座います。
この時期北アルプスを眺めるには、飯豊を眺める白山・二王寺のように素晴らしい所です。何故彼が今ここに行きたいのかは、少し解る気がしましたので。かなり雪の道路が心配でしたが、来て見ました。良かったです!!。
インレッド
2010/02/16 09:29
keykunさん、お早う御座います。
北アルプスを眺める展望台としては、一番素晴らしい所と思います。一度来てみてください、感動ものの展望です。王ヶ頭ホテルに泊まれば下まで車が向かいに来てくれます。アイゼンなしでもここは歩けますよ。
インレッド
2010/02/16 09:33
かめ さん、お早う御座います。
常念・大天井と良く眺められましたよ!!。
満足に歩くことが出来ない、彼が今何故ここに、と言う理由は少し解る気がしましたので、連れて行きました。夕暮れ近くまで飽きずに眺めていましたが、彼も満足したようなので下山しました。この後元気になればよいのですが・・・。
インレッド
2010/02/16 09:38
 胸の痛くなるような悲しくもある友情の中に、白い雪景色が憎らしいほど光り輝いています。短いドラマの中にいかんともしがたいの哀しみがにじみ出てこらえがたい。できることならこのようなところに私も永遠の眠りにつきたい。
ローラー
2010/02/16 19:20
かっこいいなあ・・・
とってもかっこいいです
インレッドさんも
Sさんも。

RUU
2010/02/16 21:45
ローラーさん、今晩は。
そうですね、こんな所に骨の一部でも埋めてもらいたいですね。
Sさんがここに来たい訳も少し解るような気がしましたので、途中の道路の雪の坂道が少し心配でしたが、今年は長野は思っていた程には雪は無く、何とか行く事が出来ました。北アルプスの展望台としては最高のところです。道が心配ならば、松本へはホテルの車が向かいに行くようですので、1泊でもして是非行って見てください、きっと良い写真が撮れると思います。
インレッド
2010/02/16 21:54
RUU さん、今晩は。
スノーシュー歩きには最高の所です。マミちゃんと是非歩いて見てください。簡単に王ヶ頭・王ヶ鼻に行く事が出来ます。北アルプスの展望では一番の所と思います。お得意の良い写真も撮れると思います。
インレッド
2010/02/16 21:58
昨年9月に歩いたところですが冬はこんな景色が楽しめるんだと思いながら見せていただきました。
天気にも恵まれて北アルプスの眺めが素晴らしいです。
Sさんとの出会い、山ならではですね。一つのドラマが出来そうです。
ミニミニ放送局
2010/02/17 10:34
夏と冬ではこんなに違って見えるんですね。
樹氷と真っ白な北アルプスが見事です。
美ヶ原を見直しました。
この時期の美ヶ原が最高ですかね。
カスミッシモ
2010/02/17 20:27
ミニミニさん、今晩は。
ここからの北アルプスの展望は最高に良い所と思います。眼前にアルプスの峰々が白く白く屏風のように立っていて、私もここからの景色は大好きです。ここから嘗て登った山を眺めて回顧したいと言うSさんの気持ちも良く解りますので、付き添いがてら来て見ました。
インレッド
2010/02/17 21:03
カスミッシモさん、今晩は。
ここからの北アルプスの展望は一番素晴らしいと思います。カスミッシモさんが以前登った穂高が手に取るように眺められます。山はアイゼンも無くても大丈夫なのですが、道路が雪でガチガチに凍って怖いところです。松本からはホテルのバスが往復しているようですので、ホテルに泊まれば楽々に歩くことが出来ます。
インレッド
2010/02/17 21:13
インレッドさんおはようございます。
読み進めていくうち、自然と涙がこぼれてきました。 いつも素敵な写真を眺めては…だけれど、写真だけならこんなにも心惹かれるものはないのだと、今日改めて感じました。
色々な出会いがあって、人との関わりがあって、その積み重ねの中で今があって。。。
ああ。ごめんなさい。うまく言葉がまとまりません。

写真、素敵ですね。同じ雪景色でも全然違う。青白い世界が、夕暮れ時にはほんのりと優しく淡い橙色の世界に染まる。なんて雄大で温かいのだろう。雪景色なのに、そう感じました。
胡桃
2010/02/20 10:38
胡桃 さん、お早う御座います。
Sさんは来週からまた、抗がん剤の治療が始まり入院します。もしかすると病院から帰ることは無いかもしれません と、奥さんは言っていました。私も、うすうすは、そんな気がしましたので、少し無理なような気がしたのですが、本人の強い希望でしたので、連れてきました。当人は涙を流しながら、北アルプスを眺めて、その時々の思い出に耽っていたようです、Sさんも、私も人生の中で辛い時・哀しい時・そして嬉しい時いつも山々がその想い出の中に寄り添っています。
インレッド
2010/02/21 10:37
素晴らしい北アルプスの眺望に感激しながら読み進めましたが
最後にはお二人の友情に感激してうるうるしてしまいました。
なんといったら良いか言葉が見つかりませんが
“やっぱり山って素敵な存在!”であることを認識しました。
RUUさんのおっしゃる通り、女性からみても
“かっこいい”です。。。
mikko
2010/02/22 13:16
mikkoさん、
今晩は。ここは三峰に近いので同じような展望です。美ヶ原の今頃の雪の広野もなかなか良いでしょう。
Sさんにも、私にもいつも山の想い出が寄り添っています。人生の最終章で、その想い出を懐かしみながら、闘病したいと思うSさんの気持がよく解ったので、連れて行きました。この日の風景は良い想い出になったと思います。
インレッド
2010/02/22 17:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪の広野、美ヶ原。 2010/2/14日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる