インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷川高倉山・湯蔵山。  2010/2/20日。

<<   作成日時 : 2010/02/21 19:34   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 26

谷川連峰の高倉山・湯蔵山なんて知っている人はあまり居ないかも知れません。高倉山は天神平スキー場からリフトが伸びていて、スキーヤーはご存知の山と思いますが、その先にある湯蔵山となると登山道も無く、この冬に登ったのは私達だけと思います。今日はその山に友達二人を連れての冒険登山です。谷川天平スキー場から下の谷川温泉付近のホワイトヴァレースキー場に降りるコースを行って来ました。

                  谷川天神平スキー場と天神尾根
画像


寒い風が吹く中、高倉山へと目指しますが、リフトに乗れば楽に登れる山なので、
早速リフト乗り場に行きましたが、やはり登山者はダメと断られてしまいました。
閑散としたスキー場なのに商売のやる気が無いのでしょうか?。ゲレンデが荒れ
ると言われても、リフトに乗って山頂に行き人の全く通らない道を降りるのに、
ゲレンデが荒れると言う言い訳は通用しないと思うのですが・・・。

                  高倉山方面(スキー場はこんなに閑散としています)
画像


                  先ず手前のピークを目指します。
画像


                  陽ざしが当たるピーク
画像


                  高倉山が近くになりました。
画像


                  振り返って登って来た道
画像


                  高倉山 山頂方面
画像


2月も後半になって、雪も締まってきました。今日はアイゼンだけでも、
それほど埋まるようなことは無く、サクサクと歩くことが出来そうです。

                  高倉山より天神山方面
画像


                  高倉山より白毛門方面
画像


連れの二人は前日に北横岳に登って来たばかりですが、今日は
谷川と、山が余ほど好きなようです。

                  高倉山に登って来る連れの二人。
画像


                  高倉山より、これから登る(降りる)湯蔵山方面
画像


ここからはかなりの急下降になります。ザイルを繋ぎ降りる
ことにしました。

                  これから降りる斜面
画像


白い雪、青い空、凛と立つ木々、身も心も洗われる様な、素晴らしい
景色が広がりますが、注意して降りなければ・・・。

                  降りの斜面からの風景
画像


                  下降中の連れの二人
画像


画像


                  こんな雪面を降りて来ました。
画像


無雪期ならば簡単に登ることの出来ない山でも、残雪の頃は、自由
気ままに雪の山を歩く事が出来て、空気も澄みそして登り易く、私の
好きなシーズンです。

                  降りてきた斜面と、遠くに阿能川に続く稜線
画像


                  次から次へと雪庇が現れてきます。
画像


                  湯蔵山が近くになって来ました。
画像


湯蔵山に着きました。前方に雪雲に霞む谷川本谷を、後方に
武尊や至仏方面の嶺々を眺め食事にしました。いつもの食事
と違って、沢山の果物や飲み物で充分に満腹。眠くなるくらい
食べてしまいました。

                  湯蔵山山頂
画像


今日は生憎、トマ・オキの谷川本峰は雪雲に隠れて見えませんが、
本谷あたりが「魔の山」の威容を誇るように眺められました。

                 谷川本谷方面
画像


                  湯蔵山より武尊山方面
画像


                  雪雲の中に至仏山方面
画像


                 今日の最終章ホワイトヴァレースキー場が見えて来ました。
画像


このあたりからは、下のスキー場から登って来た人の踏み跡が付く
道になりましたが、このあたり迄で引き返したようです。

                  最後のピーク
画像


昔の賑わいは無いスキー場に着きました。そこから登って来た尾根を眺め、
また紅葉の頃にでも来て見たいような気がしました。

                  スキー場より降りてきた尾根
画像


本日の楽しい冒険残雪山歩きも終わりましたが、雪が激しく舞い始め、
まだまだ冬も充分残っているような一日でした。

                   スキー場にて
画像


                  今日歩いて来たコース
画像









       BGM付きの大画面をこちらからお楽しみ下さい。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
冒険登山も山を良く熟知なさっているインレッドさんなので大丈夫ですが、これは一歩間違えば・・・と思える写真がたくさんあり、今回はハラハラ・・ドコドキしながら見させて頂いたプログで、ご無事に戻られた事にホッとしました。
スリル満点すぎる一日でしたね。
リッキー
2010/02/21 20:23
こんばんは
 丁度良い時期、天候にも恵まれ、雪山のスリル満点の一日を満喫させて戴き有り難うございました。残雪時期の山にも又ご一緒に宜しくお願います。
まきまき
2010/02/21 21:44
まだまだ冬っていう感じです。
“冒険登山”と銘打ちながら、文章は淡々としているのに、写真は危ないものがおおく、それがまた読んでいて、ハラハラさせられるんでしょうね。
ピッケルがある写真はこれがアクセントになり、絵になります。
 スキー場は最近は人気がないのですかね?将来、商売が上手くいかなくなって、そのまま放置されることを心配します。
本読みと山歩き
2010/02/22 02:18
おはようございます。
雪景色、冒険登山、良いですね。
冬ならではの醍醐味かと思います。
私も、20日、21日と連荘で冬の山を歩いてきました。
1つは低山ですが、猛吹雪の中の行軍でした。
翌日は福島県境の奥深い山でしたが天気が良く楽しめました。ただ、雪が多く厳しいラッセルのため目的の山には到達できませんでした。
写真の足跡を見ますと、ワカンでもスノーシュでもないようですが、終始アイゼンだったのでしょうか。
谷川の山は寒さが厳しいのでしょうね。
甘納豆
2010/02/22 08:06
リッキーさん、お早う御座います。
結構スリルがあって面白い山歩きが出来ました。雪は締まっていますので、雪崩れはまだ大丈夫のようでしたので、行って来ました。前々回に近くの隣の尾根から、こちらを眺めて、面白そうでしたので行って来ました。
インレッド
2010/02/22 08:52
まきまき さん、
お世話になりました。
二日連チャンでお疲れ様でした。
天気もまずまずで面白かったですね。
残雪歩き、またどこか計画します。
インレッド
2010/02/22 08:56
本読み さん、お早う御座います。
ご覧の通り、スキー場にはスキーヤーの姿が殆どありません。それでもゲレンデが荒れるから、登山者はダメと言う考え方は、おそらく第3セクタ−で、運営でもしているのかも知れません。谷川は冬でも登山者で賑わう山なのですが????。スキー場がそのまま放置されてるいるところは、すでに、こちらでも隣の新潟でも沢山あります。
インレッド
2010/02/22 09:05
甘納豆 さん、お早う御座います。
連チャンでしたか、お疲れ様でした。
登り始めは寒いと思いましたが、その内汗も出てきて、あまり寒さは感じなくなりました。男性二人は輪カンでしたが、女性は輪カンにアイゼンを併用しました。スキー場から尾根一つ隣のスキー場へと楽で楽しい冒険でした。
インレッド
2010/02/22 09:12
高倉山から湯蔵山方面の写真が
すごいです
こんなところを行かれたのですね。
その湯蔵山からの眺めも
冬の厳しさが伝わって来ます
冒険登山
本当にすごいです
RUU
2010/02/22 21:11
今晩は、羨ましい冒険登山、ザイルを使っての急勾配の登り降り、見ていてハラハラ、ドキドキ、スリルまんてんの様子が伝わってきます、天神平スキー場からホワイトバレースキー場までの道なき道を歩く、限られた者のみに許された山歩きですね。
ローラー
2010/02/22 21:12
今晩は。
高倉山から湯蔵山へと、良いコースを歩かれましたね。20日は、只見では本格的な吹雪でしたが、群馬県北部は、歩ける状態だったのですね。雪もしまりはjめて、歩kる距離も長くなってきましたが、まずは天気にまぐまれませんとね。上越国境付近の雪の量はいかがでしょうか。新潟の積雪は多いですが、会津の飯豊連峰の山麓あたりは平年並みの雪の量といったところです。
さすらい人
2010/02/22 23:17
こんばんは。
若い頃、職場の仲間で5月の連休に天神平スキー場に行きました。帰りは早めに出たものの渋滞で夜中になってしまいました。懐かしい思い出です。
ゲレンデスキーですと山への意識が薄く、いろいろなスキー場に行ってはいるもののスポットなので、連続した山稜とはなかなか繋がりません。
カスミッシモ
2010/02/23 00:46
RUUさん、お早う御座います。
この山は高倉山まで登ってしまえば後は降り道ですので、案外楽なのですが、雪庇がちょっと怖いところです。普通谷川と言えば天神峠から右に行く方ばかりですがこちら側も結構花もあり面白いのですが、途中から登山道は無くなります。
インレッド
2010/02/23 08:51
ローラーさん、お早う御座います。
ここは高倉山のチョット先までは登山道がありますが途中から無くなります。その途中には「この先道が無いのでここから引き返してください」と言う看板が建っています。以前足を骨折した後に、松葉杖を突きながらそこまでは行ったことがありました。
高倉山からは降り道なので案外楽なのですが雪庇がちょっと怖いところでした。
インレッド
2010/02/23 08:56
さすらい人さん、
お忙しいところコメント有難う御座います。
この日はアイゼンだけでも大丈夫なくらい雪は締まっていました。下越地方はかなりの雪のようですが、上越はいつもの冬よりは少し多いくらいです。長野は先日行った美ヶ原あたりでは、雪はかなり少ないような気がしました。
今週の「岳人」には雨ヶ立岳が載っていましたね。
インレッド
2010/02/23 09:02
カスミッシモさん、お早う御座います。
昔は上越地方はスキーのメッカ見たいなところで、首都圏からは夜行日帰りバスなどが出ていたりして、大変混雑しました、今でもスキー場に行く車で高速は混みますが、以前のようにゲレンデは混みません、殆ど待つことが無くリフトに乗れそうです。
この日はデジタルオーディオに入れたばかりのフランス ブリュッヘンの ラ・フォリアを聞きながら途中から降りました。
インレッド
2010/02/23 09:08
インレッドさん お疲れ様でした
また豊かな発想で素敵な雪稜を歩かれましたね
スキー場のリフト かめは経験ありませんが 登山では近寄りがたいです。
スキー場を歩く非常識人間がいないとは言えないでしょうが大方はその程度の事はわきまえていると思いますがねえ。融通のきかないヘボ頭ですね。
ただ 只見の丸山とか・・・未丈や毛猛に向う登山者が利用している風に記録で見ました。捜せば乗せて居るところもあるんでしょうね。
利用する気はあまりありませんが
これからはもう残雪期の山でしょうか
日も長くなり楽しみです。
どちらへお出かけになるのでしょうか、楽しみな事です。
かめ・ふふふ
2010/02/23 17:00
すごい!!すごい!!素晴らしいですね。
地図を広げてみたら湯殿山への登山道はないですね。
オイラは見たこともない景色・・・まさに冒険・・・すごいですね。

それにしてもスキー場は融通が利かないんすね。
驚きました。

keykun
2010/02/23 19:56
かめ さん、今晩は。
この日は連れの二人が連チャンでしたので、リフトに乗ろうと思いましたが、ゲレンデを荒らすと言う事で断られてしまいました。一応リフトに乗ったら帰りはその奥の尾根を降りるのでゲレンデは通らない旨話したのですが解って貰いませんでした。リフトは殆ど空気を運んでいるだけなのに・・・。
それでも高倉山に登ってしまえば、後は降りですので、少しスリルはありましたが、楽な登山でした。
この近くにも登山者大歓迎のスキー場も沢山あります。あまり流行やら無いスキー場の方が断る率が多いようで、何と無くうなずけます。
インレッド
2010/02/23 20:19
keykunさん、今晩は。
高倉山に登ってしまえば、後は降りばかりです、少しスリルはありますが、大変面白いコースでした。6月頃になるとこのあたりには、ヒメシャガやイカリソウ・カタクリ・ミズバショウ・キスミレ等咲き良い所です。師匠と如何でしょうか。
インレッド
2010/02/23 20:36
相変わらず、面白い登山をやっていますねー。
こちらは今年は思ったほど雪はありません。
谷川の方が多いかも。
画かくから見て、コンデジの写真のようですが、
良く撮れていますね、さすがです。
nori
2010/02/24 21:01
noriさん、今晩は。
長野は今年は案外雪が少ないようですね、前回に美ヶ原に行きそんな感じがしました。それでも白馬方面はかなりの雪では無いですか。前回の鹿島槍の画像はさすがに凄いですね。
インレッド
2010/02/25 19:57
インレッドさん、おはようございます。♪
オリンピックのテレビに目が行き、少しネットから遠ざかってしまいました。(-_-)ゞ
さすがに谷川周辺の山ですね。
雪山賛歌が聞こえて来そうです。(^○^)/
登山者はリフトダメなんですか?
良く分かりませんが、融通のなさがスキーに訪れる人にも敬遠されてしまったのでしょうか。
それにしても、素晴らしい景色を拝見させていただきました。(^^)/
クロちゃん
2010/02/26 08:01
クロちゃん、
お早う御座います。
雪もかなり締まって歩きやすくなり、案外に楽な登山でした。この近辺は今頃はかなり雄大な景色が眺められます。一度残雪の山歩きをどうぞ・・・。はまってしまいますよ!!。
下の湯檜曽川沿いのトレッキングも楽な割には面白いと思います。
インレッド
2010/02/26 09:17
こんばんは。
わぁーーー
スゴイ!!
もの凄く綺麗なお写真ですね。
実際に行くことは出来ないのですが、大好きな雪山に 一緒に登らせていただいた気分です。
感動しました!!
ありがとうございました(*^-^)♪
マリー
2010/02/27 03:52
マリーさん。今日は。
クリスマスローズ真っ盛りのお忙しい時に、コメント戴き有難う御座います。
花も好きなのですが、残雪の山歩きも大好きで、これからは忙しくなります。次回あたりから花を訪ねる山歩きも少しずつ多くなりそうです。我が家の春一番は今年は「土佐ミズキ」のようです。もうかなり黄色い蕾がふっくらと大きくなってきました。来週あたりはポツポツと咲きそうです。
インレッド
2010/02/27 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
谷川高倉山・湯蔵山。  2010/2/20日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる