インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 守門大岳の雪庇。  2010/3/20日。

<<   作成日時 : 2010/03/21 17:30   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 34

深山に咲く福寿草の群生を眺める山歩きにしようか、東洋一と言われる守門大岳の雪庇を眺める山登りにしようかと、迷った末に、この先、歳を経れば登れなくなってしまうだろうと思われる、守門の雪庇を見に行くことにしました。

                  大岳山頂より青雲岳・袴岳方面
画像


10台くらいしか置けない除雪最終地点の駐車場には、次々と登山者や
山スキーをやる人が来て、直ぐに満杯になって来ました。

                  除雪最終地点の二分の駐車場
画像


春の音・春の息吹が聞こえてきそうな麓の村落を登り始めます。

画像画像

















この山は、登山者の他に山スキーやスノボーの人達にも人気のある山で,
スキーの跡に登山者の踏み跡が続く道でした。
遠くにこれから登る守門大岳が見えて来ました。

                  これから登る守門大岳方面
画像


保久礼小屋が近くになりました。無雪期ならばこのあたりまで車で入ることが
出来ますが、ここからが本格的な登りになります。

                  保久礼小屋手前よりこれから登る大岳方面
画像


朝3時に起きて朝食をせずに、4時頃出発、 お腹が空いてきた為、保久礼小屋
付近で朝食をして居た所、大勢の隊列の団体さんがやって来ました。

ナント!!、ブログ友、甘納豆さん率いる新潟楽山会の人達でした。暫らく交友を
暖め、皆様にご馳走をたくさん戴き、前後して登り始めました。

                  甘納豆さん率いる新潟楽山会の皆様
画像
  

そう言えば前回この日のために甘納豆さんは吹雪の尾根を調査登山を
していました。本当にご苦労様と思うばかりです。   

画像
   

夏ならば、キビタキのサエズリを聞きながら登るブナ林を登りあげると
強い南風の吹く稜線に出ました。ここから長いダラダラ登りが続きます。  

                  山頂手前のピーク
画像
    

                  稜線の右側に聳える山々は(只見方面の山々かなー)
画像
 

振り返って見れば、急坂の奥に広がる雪の山々も、春の始めの景色の中に
あり、遠くには日本海も朧な空気の下に春の波を寄せていると思われます。

                  振り返って登って来た雪の道
画像


真っ白くフンワリとした、たおやかな稜線になりました。青雲・袴岳の
守門の山が見えて来ました。この時期ここまで来て良かったと!!!、
と思える眺めが広がって来ました。


                  山頂直前の風景
画像


                  見えてきた青雲・袴岳
画像


                  雪の尾根
画像


さすがにこのあたりは、まだまだ雪がたくさん積もっていますが、尾根を
吹き渡る風は、頬を刺すほどではありません。手も凍るような冷たさでは
ありません。

                  山頂への道
画像


                  雪の尾根
画像


ヒューヒューと強い南風が吹き渡る大岳山頂に着きました。この丸い山頂を、
同行のマキマキさんと嬉しさの為、右往左往として写真を撮り、周りの神々しい
山々を飽きる事無く眺めました。

                  大岳山頂付近
画像


                  東洋一と言われる雪庇
画像


この雪の風景をどのように表現したら良いのでしょうか??。
「優しさの中に厳しさもある威容」そんな風に思えました。

                  雪庇と青雲・袴岳
画像


                 大きくヒビ割れた雪庇
画像


画像


強風の中、帰るのを忘れて、あちこち徘徊しましたが、降りる時間になりました。
名残惜しいですが、降りなければなりません。心はここに置き、すっかり春霞に
なった魚沼平野を眺めながら下山することにしました。

                  春霞の山
画像


歳を経てまたこの時期に、この尾根を登ることが出来るでしょうか??。
もう登ることの出来ない山になってしまうのでしょうか??。そんな風に
思いながら降りていると、何故かこの山が愛しくなって来ました。

                  帰りの道
画像



    さらば守門!!。

画像



                  大岳への軌跡
画像








     BGM付きの大画面をこちらからお楽しみ下さい。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
「日本の山1000」によれば、栃堀から徒歩5時間(夏道!?)。いずれにせよ、長い登りが続きそうですね。
しかし、それだけの価値は十分に、この大雪庇にはあります。
超“お元気”そうなインレッドさん(甘納豆さんの写真から推察するに)なら、まだまだ季節を替えて登って、大自然をご紹介いただきたいと思うしだいです。
 元気な甘納豆さんとの遭遇記事も、お二人が同じ山に登り、ほぼ同じ時間帯にブログをアップしているのを、遠きベルギーから拝見するのも、また楽し!
本読みと山歩き
2010/03/21 18:25
 今晩は、守門岳の大雪屁すごい画面に圧倒されました。ブログ仲間の甘納豆さんとの奇遇もこれまた心温まる出会いでしたね。まきまきさんと登って白一色の世界で嬉々として喜んでいる姿ほほえましく思えます。大雪屁の上で神々しい世界に酔っている姿が眼に浮んできます。何時か一度登ってみたいと思っていますが・・・・・
ローラー
2010/03/21 19:04
こんばんは 
 暖かい良い日にお世話になり、有り難うございました。東洋一と言われる雪庇を見られて良かったです。新潟に行くとなぜかブログ友と逢える様な不思議な気がしました。甘納豆さん率いる新潟楽山会の人におやつを頂き元気が湧いて余り疲れませんでした。
まきまき
2010/03/21 19:09
本読み さん、今晩は。
思わずのバッタリにビックリしましたが、もしかすると会えるかもと思っていました。
こちらは丁度3連休になります。初日は初夏を思わせる温かさでした、山頂は強風の吹く山頂でしたが、この景色でしたので大満足でした。スパッツを忘れてしまいましたが、埋まることも無くアイゼンだけで一日中歩けて、足の負担もそれ程無く比較的楽に登ることが出来ました。新潟の山はいいですね!!。
インレッド
2010/03/21 20:14
守門岳
素晴らしく美しい風景です
大雪庇も本当にすごいですね
大きくひび割れた雪庇の写真
すごい迫力でした
感動しました!
RUU
2010/03/21 20:28
ローラーさん、今晩は。
この山はこの時期はかなりロングコースで、きつい山歩きになりますが、この日は絶好の登山日和で、最初から最後までアイゼンだけで登ることが出来て、思っていたよりは楽でした。ここの雪庇は一見の価値は充分にあります。一度7月始めにヒメサユリでも眺めに来て、経験してみたら如何でしょうか。ヒメサユリは大岳と青雲岳の間に咲いています。
インレッド
2010/03/21 20:30
まきまき さん、今晩は。
大変お世話になりました。オニギリ美味しかったです。
この日は絶好の登山日和で比較的楽に登ることが出来ました。天気によっては、かなり苦労する山です。
雪庇はなかなか凄い風景でしたね!!。
インレッド
2010/03/21 20:34
ひび割れた雪庇がクレバスのようで近づくのも怖いですね。こんなの見たことがありません。
雪の山も綺麗ですね〜
ブログ仲間の甘納豆さんとの出会いも偶然のようですが同じタイプの登り方をする方のようでこのようなこともあるのですね。
雪は締まっているようですがアイゼンだけですか?
なかなか行くことの出来ない絶景を見せていただきました。
ミニミニ放送局
2010/03/21 20:37
RUUさん、今晩は。
ここの山の雪景色も大雪庇も中々他所では見ることの出来ない風景です。夏になるとヒメサユリと言うピンクの、それこそ乙女百合と言う別名にピッタリの百合の花がが咲きます。本当に良い所ですのでいつの日にか登って見て下さい。
インレッド
2010/03/21 21:14
ミニミニさん、今晩は。
お忙しいところコメント有難う御座います。
ここの風景は本当によそではあまり見られない雪景色です。夏はピンクのヒメサユリも咲き良い所です。夏はかなり上まで車で行く事が出来ますので比較的楽に登ることが出来ます。機会がありましたら是非どうぞ。
インレッド
2010/03/21 21:19
いやぁ〜守門もすっかり春の山ですね〜!
歳を経てまたこの時期に・・ハイ!大丈夫ですね〜!
来年は是非ご一緒に!スケジュールあけておきますだ。
・・って?
7年連続この時期に登っていたのですが・・・
今年はお休みになりそうなので。
来年は、←鬼が笑うか。。。
雪庇が割れないうちに・・晴れの日ねらいで!
守門がインレッドさんを待ってますよ〜!
ぽぽ
2010/03/21 21:53
インレッドさん今晩は!
お会いできて嬉しかったです。思ったとおりの気さくな方でした。
>歳を経てまたこの時期に、この尾根を登ることが出来るでしょうか??。
ご謙遜ですよ。元気なお姿を見て、これからも素晴らしい山物語を見せていただけることを確信致しました。
守門岳の雪庇も毎年様相が違いますので、これからもインレッドさん流の雪庇をご紹介下さい。
同じコースを歩いていますので当然ですが、自分も同じ光景を撮っておりました。でもインレッドさんの写真はきれいですね。構図も素晴らしいです。
そして、自分の姿を見るのは照れ恥かしいものですが、載せて戴きありがとうございました。
甘納豆
2010/03/21 22:52
インレッドさん、おはようございます。♪
すごいすごい!さすがに東洋一と言われる雪庇の景色です。
春の雪山は眩しく輝いていますね。
それにしても大きくヒビ割れた雪庇は怖そうです。(^^ゞ
フクジュソウはまた来年に期待しましょう。(^○^)/
私もまた来年と思っています。(^^)/
クロちゃん
2010/03/22 05:14
ぽぽ さん、お早う御座います。
そろそろ、そちらに気が向くシーズンですね。花も見たいし、白山のような雪山も行きたいし、と今頃は迷い多い季節です。この日も本当は1年間待ちに待った福寿草の群生地に行こうと思ったのですが、こちらにしました。
猿毛岳はご苦労様です、私も殆ど単独で、たまには夜も山を歩をしたりしていますので、注意しなければ・・・。
インレッド
2010/03/22 06:54
甘納豆 さん、お早う御座います。
微かに会えるかな と言う期待はしていましたので、大勢の団体さんが通ったら気を付けて探してみようと 思っていましたら、やはり・・・。  甘納豆さんは、私が今まで想像していた通りの方で、まだまだ若者の様な明るい感じで素晴らしい方でした。今後とも宜しくお願い致します。
この日は天気は最高でしたので、思っていたよりは楽に登ることが出来ましたが、天候によっては、そろそろ私には無理かなー と思っていましたが、まだまだ私にも登れると言う気が少ししました。

 大変ご馳走になりました。皆様にも宜しくお伝え下さい
インレッド
2010/03/22 07:04
クロちゃん、お早う御座います。
折角 花の場所を教えて戴いたのに、そちらに行かずに申し訳ありませんでした。どちらにしようか と、迷ったのですが、これから行くのが困難になりそうなこちらにしました。楽しみを来年に持ち越します。
このあたりの山々は残雪歩きには本当に良い所です、機会がありましたら是非どうぞ、もう車道には雪は全くありません・・・。
そろそろこちらの花のシーズンですね!!。
インレッド
2010/03/22 07:10
インレッドさん こんにちわ
ご無沙汰してしまいました。
越後の守門岳へようこそいらっしゃいました。 
東洋一の雪庇素晴らしいですね。どの写真も良くて食い入る
様に見てしまいました。
寂しい事いわれずに来年もお越し下さいね。
急遽、野伏ヶ岳にチャレンジして来ました。
small cherry
2010/03/22 15:28
small cherryさん、今晩は。
岐阜まで遠征でしたか、相変わらず遠出をしていますね。

今回は天気にも恵まれ好条件の山登りでした。以前に行った時は一日中ワカン歩きでかなり疲れましたが、今回はアイゼンだけで一日中歩くことが出来て、少し余裕もありました。前回のようですと、もう私には無理かなー なんて思っていましたが、まだまだやれるかなー と思いながら下山しました。
そろそろそちらの花のシーズンですね!!。先日 「越後の春」のパステル画を久し振りに描きました。あまり良く出来ませんでしたが、その内アップします。
インレッド
2010/03/22 19:44
いいもの見せて頂きました。
素晴らしい!
と同時に、危険が無ければ・・・ぜひ、見てみたい景色です。
でも・・・大きく割れた雪庇・・・恐いですね。
さるや
2010/03/23 11:36
インレッドさん 良い天気に恵まれましたね
それと良いお友達との二人旅
更に甘納豆さんともお逢いできて素敵な1日になった御様子。
こちらも思わず顔が綻んでしまいました。
守門 かめは4月と6月にしか登っていません
この時期、いいですねえ
かめ・ふー
2010/03/23 17:23
さるや さん、今晩は。
ご無沙汰していて申し訳ありません、お許し下さい。
ここは雪の有る頃はロングコースですが、危険な所は全くありません。主水 様や、さるや奥方様には充分に行く事が出来る所です。この日は顔も真っ黒になるくらいに日焼けしました。ゴーグルや跳ね上げ式のサングラスは必携です。この日もアイゼンだけで往復出来ましたので、思っていたほどには疲れませんでした。近いうちに是非お出かけ下さい。感動ものの風景が広がっています。」
インレッド
2010/03/23 19:27
かめ さん、今晩は。
ご無事で御帰還の様子、安心しました。
この日は甘納豆さんと噂をしていました。多分今頃は阿能川か小出俣あたりに かめ さんは居るよ!!、と。1日早ければよい天気でしたのに。

さて2日めの様子は如何でしたでしょうか??。
楽しみにアップを、お待ちしています。
インレッド
2010/03/23 19:33
守門岳・・・オイラが以前所属していた山の会の募集にいつも参加できませんでした。
日・月のスケジュールではサラリーマンには無理でした。
以来ずっとあこがれた山です。

いまだ登ったことはありませんが写真を拝見して満足しています。
雪庇と青雲・袴岳の写真・・・身震いするほど素敵です。
keykun
2010/03/23 19:39
keykunさん、今晩は。
ここは夏は上まで車で行く事が出来ますので、それ程苦労はしません。ヒメサユリ咲く7月始め頃ならば大丈夫です。
雪の残る頃は危険な所はありませんが。道の除雪が下の方までしかしていないため、ちょっとロングコースになります。
 素晴らしい雪景色ですので、頑張って如何ですか。
インレッド
2010/03/23 21:32
こんばんは
ようこそ新潟の山へ・・・とは申しましても、山歩き初心者の私は、ニッコウキスゲ・トキソウ等が咲く季節に二分登山口が判らず、大原スキー場からしか登った事がない山ですので、こんなに素晴らしい雪景色と雪庇が見れるとは思いませんでした・・・。
今年はこの季節になっても好天に恵まれない週末ですが、良い天候と甘納豆さんとの仄々会話で、見ている私も心温まりました。
リッキー
2010/03/23 23:58
お早う御座います。
今どき海外旅行なんてなかなかいいですね!!。

二分の登山口は小出から会津方面に行き、入広瀬を過ぎると渋川と言う信号があります、その信号を左折して暫らく栃尾方面に行くと、信号があります、その信号を二分方面へ右折すると直ぐに除雪最終地点になります。夏はさらに真っ直ぐに行き、保久礼小屋の直前まで車で行く事が出来ます。
ここの雪景色は感動ものですよ。是非行って見て下さい。
インレッド
2010/03/24 08:14
ご無沙汰でございます。胡桃です。
記事がUPされていたのは気づいておりましたが、なかなかどうして精神的余裕がなくて3つほど纏めて拝読させていただきました。
雪の景色もあと少し…となってしまうのでしょうか。雪庇…読めず、また意味もよく分らず調べてきた次第です(汗) いやいや、なるほど! と思い再度画像を眺めた次第です。
圧巻! と言う一言でしょうか。 自然ってすごい。でも、割れ目の写真は怖いです〜。
個人的には「山頂直前の風景」の写真が好きです^^ こころが晴れやかになりました。ありがとうございます。
胡桃
2010/03/25 22:30
胡桃 さん、お早う御座います。
以前に行った時は、足が攣れて大変苦労しましたが、今回は天気に恵まれ、それほど苦労することが無く登ることが出来ました。もうそろそろこの時期には、私には登ることの出来ない山になるかな と思っていましたが、まだまだ大丈夫と自信を持って帰りました。
雪がなくなると、谷から吹き上げてくる霧に、ヒメサユリ(乙女百合)が頬を濡らしながら、うつむきながら、本当に乙女らしく咲いています。
インレッド
2010/03/26 08:57
こんばんは。
雪山のすばらしさ、ビックリです。
大きくヒビ割れた雪庇に何といえばいいのか?不思議な感動を覚えました!
手の届かない未知の世界です。すばらしい!
カスミッシモ
2010/03/26 22:59
素晴らしい! 素敵!! 感動!!!
お天気に恵まれた事が一番だったとは思いますが
凄すぎます。。。
甘納豆さんのブログと両方を拝見する事により
さらに楽しい山歩きだった様子が分かりました。
大きくヒビ割れた雪庇のお写真は迫力も凄いですが
「どうやって撮ったの〜? 危険じゃないの〜」と
ちょっと心配しちゃったり。。。
自分では体験出来ない素晴らしい世界を楽しませて頂きました。
mikko
2010/03/27 15:03
カスミッシモさん、今晩は。
手の届かない未知の世界> そんなことはありません。
カスミッシモさんならば、充分に登れます。
天候が悪いと難儀しますが、今回のようにアイゼンだけで登れればそれ程苦労しません。7月始めのヒメサユリの頃もいいですよ。是非登って見て下さい。
インレッド
2010/03/27 21:43
mikkoさん、今晩は。
この山はスキーやスノボーの人も結構登る山です。mikkoさんもスキーを担いで如何ですか。こんな丸い尾根を滑り降りたらさぞや、気持ちいいでしょうね、今回は私たちは「股ソリ」を持って行き少し滑り降りました。面白かったですよ。
インレッド
2010/03/27 21:49
素晴らしい雪景色堪能さして頂きました。歩いてみたくなります、
がとてもおぼつかない残念!
デジ健
2010/04/04 08:26
デジ健 さん、今晩は。
ご無沙汰していますが、コメント有難う御座います。

残雪の山歩きも天気が良ければ大変楽しいものです。
今回のように条件が良ければ充分登ることが出来ますので、
是非トラして見てください。癖になりますよ!!。
インレッド
2010/04/04 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
守門大岳の雪庇。  2010/3/20日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる