インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 白銀の山、東谷山。・・・2010/4/18日

<<   作成日時 : 2010/04/22 08:40   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 21

日白山山頂で前橋から来た知人のTさんに、ご馳走を戴き、周りの銀嶺を眺めて昼食にしました。途中まで一緒だった「わこ」さんが、まだ未着なのでちょっとばかり心配になり、何度か登って来るだろうあたりを眺めていました。暫らく居ても着かないようならば、周回せずにそちら側に降りて帰ろうと思っていたら、重いザックを背負って元気に登って来ました。

                  これから目指す東谷山
画像


暫らく話をしてから、東谷山方面に、
先に下山したTさん達を追いかけるように、周回下山することにしました。

前に苗場山、後ろに日白山・谷川を背負い、
重なるように並ぶ銀嶺を眺めて歩くこの稜線は、
天気も少し快復して来て、心も大らかになる風景でした。

                  これから行く東谷山方面と、奥に苗場山
画像


さっきまで山頂付近が隠れていた、平標や仙ノ倉が見えて来ました。
まだまだ真っ白に輝く冬の装いのようです。

                  平標・仙ノ倉方面
画像


これから行く東谷方面は幾つかのアップダウンを繰り返しまが、
苗場山方面に向かってひたすら歩きます。

                  これから向かう尾根道
画像


                 手前のピークに着きました。
画像


ここからまだ少々アップダウンを繰り返しますが、
東谷もかなり近くになって来ました。

                  近くになった東谷山
画像


画像


                  途中の樹氷
画像


昨年登った東谷山もこちらから眺めると、雪庇が大きく出っ張っていて、
なかなか威厳のある山です。

                   東谷山
画像


                 大きく出っ張った雪庇の東谷山
画像


前方の山も、そして後方の山も、今は青い空の下、
白く輝き鋭く空を刺していますが。
まもなく人も訪れる事のない孤独な嶺となります。

                  登って来た日白山方面
画像


                  晴れて来た東谷山山頂より平標・仙ノ倉方面
画像


                  山頂より谷川の万太郎〜茂倉山方面
画像


                  こんな道を歩いて来ました
画像


こんな白い稜線を眺めていると。
  伊東静雄の詩 「広野の歌」を思い出します。

     ・・・わが死せむ美しき日のために
         遠嶺の夢想よ!! 汝が白雪を
              消さずあれ ・・・  

                  日白山と奥に万太郎から朝日岳に続く稜線
画像


これから美しいブナ林を降りて行きます。

                  ブナ林 1
画像


                  ブナ林 2
画像


                  ブナ林 3
画像


                  ブナ林 4
画像


                  ブナ林 5
画像


宿場町の面影を残す二居の村が見えて来ました。長かった
今日の山歩きも、もうすぐ終わります。

                    二居宿方面
画像


                    三国街道の難所中の難所二居峠
画像


                  今日歩いた軌跡
画像





 2回にわたりアップし、皆様には大変お手数をかけて申し訳ありませんでした。






          BGM付きの大画像をこちらから、お楽しみ下さい。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッド様
 いつも美しい写真をみせていただき、ありがとうございます。私は山登りはしませんが、スキーをするので、雪山は大好きです。これからもインレッドさんの写真を楽しみにしています。
アイスバーグ
2010/04/22 22:09
インレッドさん、こんばんは♪
雄大な景色に自然を育むブナの森に感動です。
どの辺りの山か想像しながら拝見していましたが、地図でイメージが掴めました。
二居は昔渓流釣りで行った場所です。(^^)/
クロちゃん
2010/04/22 22:24
アイスバ−グ さん。今晩は。
始めまして。ご訪問有難う御座います。
この山は山スキーをやる方も結構訪れます。
こんな嶺をスキーで滑れたら、楽しいでしょうね!!。私も
時々山スキーをやりたいと思っているのですが、腰に弱みを
持っていますので・・・。

  又のご来訪をお待ちしております。
インレッド
2010/04/22 22:48
クロちゃん、今晩は。
いつも早々にコメント戴き有難う御座います。
こんな方にまで釣りに来ていましたか。今度はその上の
山に是非どうぞ。心身ともに浄化されたような気分になりますよ。
インレッド
2010/04/22 22:51
こんばんは。
地図を片手に雄大な景色を堪能させて頂きました。
地図には残雪期に登られると注釈が付いていますが、登山道の表示はありませんね。すばらしい雪山歩きです。
カスミッシモ
2010/04/23 00:12
インレッドさんおはようございます。
ブナ林…まるで絵に描いたようなその景色。素晴らしいですね!
空の青と雲と雪の白、ブナの木の色がバランス良く融合して、枝の上をなぞるように積もった雪が光を反射して、輝いているように見えます。
う〜ん。堪能いたしました!^^!
胡桃
2010/04/23 07:53
カスミッシモ さん、お早う御座います。
ここは無雪期は猛烈な藪山のようですので、雪のある頃にしか登ることが出来なません。今回も二居峠の少し上あたりは雪も溶けてかなりの藪の中を歩きました。それでも残雪期は素晴らしい展望で谷川を眺めるにはベストポイントと思います。
インレッド
2010/04/23 08:49
胡桃 さん、お早う御座います。
ここのブナ林」は綺麗でしょう!!。
前回は昨年の2月に登りましたが、寒い時期でもっと雪もあり、ここのブナ林は木々がガラス細工のように輝いていて、もっと美しかったですよ。それでもこの林より少し降ると、根曲竹などの藪漕ぎで大変でした。
インレッド
2010/04/23 08:54
今日は
凄い山のようですね。コンデジでこれだけ撮れるのは
やはり「腕」でしょうか、こちらのアルプスに負け
ない風景を楽しませていただきました。
nori
2010/04/23 14:07
インレッドさん、東谷山のアップを待っていました。素晴らしい苗場山の景色を見ながらの下山はさぞ爽快だった事でしょうね。今度行く時は、やはり日白山から登り東谷山に下山したいですね。松手山〜平標山方面ルート〜一泊も楽しいだろうな〜どんどん夢が広がる山でした。5月GWは仲間と雷鳥沢をベースに山三昧です。山は一人も良し、仲間とも楽しい。山が大好きです。
わこ
2010/04/23 17:10
インレッドさん、アップの写真ばかり見てすぐコメントを出しましたが
日白山で待っていてくださったんですね。ありがとうございました。もう少しで東谷山ルートの素晴らしい景色をインレッドさんHPファンの皆様にお見せできない所でした(恐縮)次回の為にGPS軌跡大事に保存しておきます。
わこ
2010/04/23 17:32
nori さん、今晩は。
北アルプスも良いですが、このあたりもなかなかでしょう。たまにはこちらに来て素晴らしい写真を撮って見ませんか。きっと良い写真が撮れると思いますよ!!。
インレッド
2010/04/23 17:54
わこ さん、今晩は。
下山は前も後ろも素晴らしい景色でした。
ルートはやはり地王堂川の林道をつめて、今回登ったルートが一番良いと思います。わこ さんと別れて登ったあたりが一番急登ですが、ちょっとだけ頑張れば後は楽な尾根歩きです。今回は二居峠の上はブッシュが出ていて藪漕ぎにもなりました。
ゴールデンウイークは私も立山あたりを車中泊の日帰りで行き、真っ白いアルプスを楽しもうと思っています。もしかすると・・・ですね。
インレッド
2010/04/23 18:06
おはようございます!
このあたりは、やはり峰々が連続して、周回コースをふくめていろいろなコース取りができるんでしょうね、特に冬は。
こんな長い(苦しそうな)コースは私にはむりですが、おなじ日白山も見る角度により姿が変化して、見飽きることがないです。
白銀の山、白い稜線、ありがとうございました。
本読みと山歩き
2010/04/24 13:42
今日は、雪山をラッセルしながら登るのは、すごいエネルギーを使いますね。ふつう交代しながら登って行くのでしょうが、一人の場合は大変ですね。しかも長距離のコースを何気なく行ってくる自信は経験の深さを物語る何者でもありません。経験して反省し少しずつ上達するのでしょう。間違いのないように慎重に山に親しんで行こうと思います。
ローラー
2010/04/24 14:17
天気も良くなって
白銀の山が輝きを見せて
本当に感動的な
素晴らしい風景です
いつもありがとうございます
RUU
2010/04/24 20:34
本読み さん、今晩は。
白い山並みは神々しくて、都会で汚れた体には、心身共に浄化されるような気がして、本当にいいですね。ラッセルやツボ足が無ければ夏道より楽なのですが・・・。雪道は自由に歩けるのも魅力です。
インレッド
2010/04/24 21:19
ローラー さん、今晩は。
道が無ければ、先がどうなっているのか解りませんので、特に雪の季節は不安がありますが、1度経験すると、次はそれが自信になって、それほど怖くはなくなります。この山も最初は慎重に慎重に登りましたが、途中まででも登った事がある山ならば、やはりそれ程怖くは無くなります。やはり経験でしょうか。4月の北アルプスはまだ冬ですから、ローラーさんも良い経験をしましたね。
インレッド
2010/04/24 21:25
RUUさん、今晩は。
山もいいですが、疲れた時はユックリ家で骨休みもいいのではないですか。登った山の余韻を楽しむのも、また良いものと思います。そう言うてんでは最近の私の登山スタイルは少々ガツガツし過ぎています。以前のように月に2度くらいが丁度良いのかも知れません。
インレッド
2010/04/24 21:29
おはようございます。
 白銀の世界にぶなの林、居心地の良い景色大好きです。大変かも知れないが行って見たくなる山です。何時も癒やされる写真有り難うございます。
 昨日は連れと万座温泉にドライブでした。
まきまき
2010/04/25 05:40
まきまき さん、今晩は。
ここは気象条件によっては大変なところですが、今回は埋まる事も無く楽に登ることが出来ました。途中まで一緒だった わく さんはテント泊する積りで登っていたくらいです。来年の今頃に皆で行きましょう!!。
インレッド
2010/04/25 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
白銀の山、東谷山。・・・2010/4/18日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる