インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 花と北アルプス展望の山 京ヶ倉。 2010/5/9日

<<   作成日時 : 2010/05/10 21:15   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 24

     ♪♪♪ 槍で別れた 梓と高瀬 めぐり会うのが 押野崎 ♪♪♪  (安曇節より)

今日これから登る京ヶ倉は、槍ヶ岳や穂高の雪解け水を集め梓川となって松本市を流れ、常念岳や大天井に降った雨や雪が、高瀬川となって安曇野を潤し、合流して犀川となる押野崎の側にあります。二つの川が交わり、それこそ大蛇のように大きく蛇行して長野市方面に流れるその上に聳えています。そして秩父や浅間の水を集めた千曲川と交わり、やがて越後の海に注ぐ大河となります。
 
     ♪♪♪ もとはアルプス 雪消のしずく 末は越後の 海となる ♪♪♪(安曇節より)



                  おおこば展望台より犀川と上に常念岳方面
画像


冬から一気に夏になったような、少し蒸し暑さを感じる登山道には、
ヤマツツジやミツバツツジも咲いていて、今年始めて見るイワカガミが
色よく咲いている登山道から登り始めました。

                  登山口
画像


                  登り始めの道
画像


画像


50分も登ると展望が少し開けた、おおこば展望台に着きます、
蛇行した犀川の上に、蝶〜常念〜大天井の白い嶺々が新緑の
山並みを見下ろすように聳えていて、安曇野の風景を一層美しく
しています。

                  おおこば展望台より蝶・常念・大天井方面
画像


                  有明山の奥に常念・大天井・燕・餓鬼岳方面
画像


                  蝶・常念・大天井のアップ
画像


この山にはクリーム色をしたヒカゲツツジがたくさん咲いています、
それを見るのも今日の楽しみでした。道の両側にチラチラと咲い
ていた、ヒカゲツツジの花も、山頂直下あたりから、沢山群生して
目を楽しませてくれました。

                  ヒカゲツツジ
画像


                  ヒカゲツツジ
画像


                  ヒカゲツツジ
画像


一つ手前のピークを越えると、左右が少し切れ落ちた
岩場を通り、京ヶ倉の山頂に着きます。

                  山頂直下の岩尾根
画像


                  トドの背 と言われる岩場
画像


山頂からは、やはり有明山の奥に蝶から常念・大天井と眺められ、
場所を変えると針ノ木・鹿島槍・五竜・白馬方面の後立山も眺められ、
今日此処に来て良かったと思える大展望でした。

                  京ヶ倉山頂
画像


                  山頂より犀川の上に、蝶〜餓鬼岳方面
画像


この犀川の国道は、もう半世紀近くも前に良く通った道でした。
東京から会社の命令で松本に赴任して、長野市や上田・佐久
地方に新規開拓の営業に飛び歩いた道でした。当時も山登りは
好きでしたが、赴任中の3年間は、周り中登りたい山ばかりで
したが、一度も山に登った事はありませんでした。

                  餓鬼岳あたりより針ノ木〜鹿島槍方面
画像


その頃は新婚時代でした、丁度長男が生まれる頃は、家内一人
で病院に行き、一人で生むのは大変心細いだろうと思い、生まれ
そうになったら行き先に連絡するようにして、営業に出かけましたが、
丁度生まれる頃に長野市で営業していたとき電話があり、急ぎこの
道を帰りました。

                  爺・鹿島槍・五竜方面のアップ
画像


100kほどのスピードを出して帰る途中、スピード違反の検問に引っか
かってしまいました。お巡りさんに訳を話すと、当時のお巡りさんは
寛容で見逃してくれました。そのとき生まれた息子も、もう40歳を
過ぎて居ます。

                  これから、さらに登る大城方面
画像


京ヶ倉より一旦大きく下って、次の大城に向かいます。此処には
昔城があったようですが、今はその面影は殆どありません、しかし
此処から眺めると、その場所がいかに重要な城かは良く解ります。
丸山氏〜仁科〜武田と変遷はあったようです。

                  大城山頂
画像


                  大城山頂より針ノ木〜鹿島槍方面
画像


                  針ノ木〜五竜方面
画像


花と展望、そして懐かしい想い出の道を眺めて、帰ることにしました。
ヒカゲツツジが眩しく照り映える道を降りて、まだ桜咲く山を帰りました。

                  ヒカゲツツジ咲く帰り道
画像


                  桜咲く尾根
画像




     ♪♪ 日本アルプス どの山見ても 冬の姿で 夏になる ♪♪ (安曇節より)



                  今日咲いていた花々
画像


画像










         BGM付きの大画面をこちらから お楽しみ下さい









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんばんは♪
この山名は初めて目にしましたが、素敵な思い出の地の山ですね。
ヒカゲツツジの大群生と素晴らしい展望。
またひとつ行きたい山が増えました。(^○^)/
昭和の時代は古き良き時代だったと思う今日この頃です。(^^)/
私は一時停止違反を「えーっ、そうなんですか!知りませんでした。」で見逃していただきました。(^<^)
クロちゃん
2010/05/10 22:01
こんばんは
我家の庭で3月一番に咲く、ヒカゲツツジがこのような山に咲いていたのですね。
大展望と共に甦る思い出の数々、素晴らしいです。
20年程前には3年ほど赴任していた地ですが、このように素晴らしい景色が近くにあった事に気が付きませんでした。
長野には、いろいろな所に山城があるようですね・・・。
リッキー
2010/05/10 23:39
クロちゃん、お早う御座います。
この山は以前からちょっと興味があったのですが、どうせ登るのならば一番良い時に登ろうと、今まで待っていました。その甲斐があって丁度良い時期に登ったようです。展望は蝶〜白馬方面までの大展望で、山もきつくは無くてノンビリと歩けます。ちょっと遠いですが機会がありましたら是非どうぞ・・・。
インレッド
2010/05/11 09:18
リッキーさん、お早う御座います。
リッキーさんもこちらに住んでいた事がありましたか。私は会社の命運をかけた新規開拓と言う、ちょっと大変な仕事で3年こちらに駐在していました。今考えると不思議なくらい山には一度も行きませんでした。この山の下をしょっちゅう通っていたのですが、私もその頃は、この山は全く知りませんでした。
インレッド
2010/05/11 09:23
こんにちわ。京ケ倉・大城、地図で探しました。犀川の蛇行を正面から眺められ、北アルプスも展望できるいい山ですねえ。長野県のハイカーでも知ってる人少くなそーですね。行ってみたい山になりました。その日オイラはインレッドさんのおすすめの守屋山に行ってきました。西峰には20人くらいいて、賑やかでした。こちらも人気の山でした。下旬には袈裟丸山に登ろうと思ってます。
ヤマノボリスキー
2010/05/11 11:50
今日は、この山は花が咲いてて、アルプスが見えて、いい山ですね。何処にあるのか探しました。それ程遠くはないところにありました。又少しスリルがあってもそれ程険しくもなさそうで私でもいけるでしょうか。高速は何処で降りましたか? 登るコースは迷わずに行けるでしょうか。もし行ける様なら一人で行きたいと思っていますが・・・
ローラー
2010/05/11 17:11
ヤマノボリスキー さん、今晩は。
守屋山に行きましたか、八ヶ岳を始め中々の展望だったと思います。座禅草は咲いていましたか??。
袈裟丸もこれからはヤシオ・ミツバツツジ・シロヤシオと楽しみですね。
この山も簡単ですがすばらしい山です是非行って見て下さい。
インレッド
2010/05/11 19:16
ローラーさん、今晩は。
この山に行くには長野ICで降りて白馬方面に行きます。白馬に行くには途中犀川の橋を渡ってオリンピック道路を白馬方面に行きますが、その犀川の橋を渡らずに真っ直ぐ、19号を信州新町方面にズーット犀川沿いを行きます。信州新町を過ぎると生坂村に入りますがトンネルを潜らずに右に行き生坂小学校の脇を上に登ります。このあたりに登山口の看板がありますのでその看板通りに登れば直ぐに登山口の駐車場に着きます。解らなかったら近くで生坂小学校を聞けば直ぐに解ると思います。山は簡単に登れてこの展望ですから、ノンビリと展望と花を楽しんで下さい。
インレッド
2010/05/11 19:26
京ヶ倉ですか、アルプスの見え方でどの方角か見当はつきましたが知らない山なので地図で確認しました。
ヒカゲツツジがこんなにあるとは素晴らしい!
このあたりでは長峰山や光城山アルプス公園、池田町の町立美術館などから見ていますがアルプスが見えるポイントが又一つ増えました。
いつ見てもすばらしいですね。
8日、9日と戸隠から安曇野方面に花や展望の撮影旅行に行ってきました。
うす雲がひろがり満足な映像が撮れなかったのは残念で又に機会に期待です。
白銀のアルプスが見えるとゾクゾクします。
ミニミニ放送局
2010/05/11 21:16
こんにちは!
里山と常念山脈! 緑と白が美しい。
川の蛇行具合も景観に変化ができて、とてもいい感じですね。
安曇節も洒落た歌詞で、メロディが分かりませんが、山頂から眺めながら謳いたくなります。
今週後半、こっちは昇天祭で休みなので、街歩きにでかける予定です。
本読みと山歩き
2010/05/12 01:50
ミニミニさん、お早う御座います。
戸隠から安曇野ですか、かなり変化のある旅ですね。

光城や長峰山あたりは桜の頃に一度行って見たいと思いつつ、まだ実現していません。
此処は簡単に登ることが出来ますので、お奨めの山です、暇がありましたら登って見て下さい。
インレッド
2010/05/12 08:51
本読み さん、お早う御座います。
この蛇行する川沿いの19号は昔はしょっちゅう通った道でしたが、周りに良い道が出来て、昔の面影は川の流れくらいでした。
安曇節は今で言えば観光コマーシャルのようなもので、現地のお医者さんが創ったのだそうです。あの新田次郎の「孤高の人」のなかにも安曇節の「白馬八月 残りの雪を割りて咲き出す 花の数」と言う フレーズが何度か出てきます。
インレッド
2010/05/12 09:00
こんばんは
 なかなか見ごたえのある山です。アルプスにもまだ登っていないので、余りピント、山の名前が分りませんが、残雪が良く撮れています。日影ツツジも沢山咲いて良い山でしたね。季節に合った山登り感謝です。
まきまき
2010/05/12 22:51
おはようございます。
安曇節で綴る物語、花あり展望ありで流れるように見せて頂きました。
おおこば展望台から見る犀川と山頂からみる犀川の蛇行の方向が逆になっていますね。大きくうねる犀川、信州らしい風景です。京ケ倉山の立地、素晴らしい。
甘納豆
2010/05/13 05:53
まきまき さん、お早う御座います。
この山は簡単に登ることが出来て、この展望ですから、そのうち暇がありましたら登って見て下さい、その時に地図でも持って行き、山頂で山の名を探すのもまた楽しいと思います。
インレッド
2010/05/13 09:34
甘納豆 さん、お早う御座います。
この山は案外知られて無い様で、この展望ですが、この日に会った人は二組の方だけでした。この犀川沿いの19号は良く通った道でしたが、こんなに蛇行していたとは始めて知りました。上から眺めて見ると、中々面白い展望でした。さすがに長野は良い山がありますね!!。
インレッド
2010/05/13 09:40
大きく蛇行した犀川と
アルプスの風景。
なんて素晴らしいんだ!!
地球を感じますね
僕も一目見てみたいと思います
感動でした。
RUU
2010/05/13 23:36
RUUさん、お早う御座います。
両神山のヤシオは如何でしたでしょうか。私も毎年ヤシオを見に八丁峠から登るのですが、今年のヤシオはどこもイマイチのようなので今回は止しました。その代わりに、こちらのヒカゲツツジを見る登山にしましたが、展望も花もなかなか素晴らしい山でした。此処は簡単に登れますので機会がありましたら是非どうぞ・・・。
インレッド
2010/05/14 08:42
京ヶ倉という山はどの辺りにあるのでしょうか。
いい山ですね。
展望もよし・・・お花もよし・・・近ければ行ってみたい山です。
ヒカゲツツジの群生も見事です。
もうイワカガミの季節なんですね。
keykun
2010/05/15 10:26
keykunさん、今晩は。
keykunさんが、桜草に別れを告げている頃に、季節も少し変わったようです。やっとイワカガミが咲く頃になりました。
此処は松本と長野市に行く国道19号の犀川沿いにあります。簡単に登ることが出来て人もあまり居ず、展望を独占する事が出来ます。機会がありましたら是非どうぞ。
インレッド
2010/05/15 21:09
京ヶ倉いい山ですね。
北アルプスの展望が素晴らしい!!
ただし山頂直下の岩尾根やトドの背が怖そうなのですが・・・
足がすくむ様な切れ落ちた登山道は超にがてなのですが
私でも登れるのかちょっと不安です。(^_^;)
mikko
2010/05/16 15:57
mikkoさん、今晩は。
アルプスの展望はなかなかの山です。1時間半もあれば山頂に届きますし、怖いように見えますが、道幅がありますので、大丈夫です、トドの背は左を巻いて登れますのでご安心下さい。
ここでスイーツなんてきっと美味しい事と思います。
インレッド
2010/05/16 18:45
こんばんは。
ホントにインレッドさんは、物知りでらっしゃいますね!
又ひとつ、いえいっぱい教えていただきました。
ホントにこうして上から見ると、蛇行しているのですね・・
この景色は、基本的に大昔から変わらないのでしょうが、こうした歌にして残したからこそ、教え伝えられた先人たち・・すごいですね〜
それに、こうした記事の合間に見えるインレッドさんの逸話も楽しみのひとつです。
つれづれ
2010/11/21 22:15
つれづれ さん、ご足労をお掛けしました。
この山から見ると本当に蛇行して流れる川が良く解ります。アルプスの水を集めたこの川が、さらに八ヶ岳や秩父・浅間の水を合わせて信濃川になります。そしてその流域には大河ゆえの喜びや沢山の悲しみもあります。特に新潟の蒲原地方の昔の百姓は暴れ川に田畑を流され年貢を納める事が出来ずに、多くの子女が上州(群馬)地方の宿場の飯盛女として売られて来て、哀しい生涯を終わっています。その反面水が綺麗なために美味しい酒や米も取れる訳です。
インレッド
2010/11/22 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
花と北アルプス展望の山 京ヶ倉。 2010/5/9日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる