インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 白鯨の山、御飯岳。   2010/5/16日

<<   作成日時 : 2010/05/17 18:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 28

ここ6・7年一度も風邪を引いた事がありませんでしたが、この木・金曜日は熱咳痰のため、医者に行き、仕事を休み寝ていました。薬を飲んで休めばすっかり快復し、天気の良かった土曜日は恨めしく太陽を眺めながら養生して、日曜日は、呆れ顔の家内の嘲笑を背中で聞き、そそくさと山に出かけました。とは言え病後のためあまり無茶も出来ず、以前冬に行き途中敗退を2度もした、御飯岳(ごはんだけ ではありません。おめしだけ です)に行く事にしました。

                  長野100名山で白鯨の山と言われる御飯岳(2160m)
画像


その前に午後になったら空気も霞み始め、北アルプスが見えなく
なりそうなので、御飯岳の前にあり、簡単に登れる、老ノ倉に登り
展望を楽しもうと思いました。

                  老ノ倉に登る途中より妙高方面かなー?
画像


                  老ノ倉山頂
画像


まだ北アルプスは夏空のような下に眺められました。ここからは特に、
後立山の鹿島槍・五竜・唐松あたりが良く眺められます。

                  老ノ倉より北アルプス
画像


                  鹿島槍・五竜・唐松方面のアップ
画像


                  穂高・槍ヶ岳方面
画像


                  山頂より横手山・草津白根方面
画像


                  山頂よりこれから登る御飯岳
画像


   御飯岳には、今の時期には毛無峠から登ると比較的短時間に登ることが出来ます。
   冬季は林道が閉鎖されていて、万座スキー場あたりから永い林道を歩いて登りますが、
   このあたりはかなりの雪が積もり、林道も山の斜面の一部になってしまいます。
   その上に風も強く地吹雪が常に吹き荒れています。
   今回は毛無峠に行く道は崖崩れのため今は通れないようです。

                  通行止めの看板が
画像


毛無峠から登ることが出来なければ、群馬県側の林道付近から
直登するより仕方がありません。そこには「遭難多発区域」と言う
看板が、私を脅します。登ってはダメとは書いてありませんので
「男インレッド、そんな脅しに負けて堪るか」と威勢よく登りましたが・・・。

                  「遭難多発区域」
画像


猛烈な藪の道になりました。タヌキか熊のように這いつくバッタリ・・・

画像


掻き分けたりして、来なければ良かったと 音を上げながら・・・

画像


こんな所で迷ったら帰れなくなってしまいそうで、GPSを使い、
赤テープまで付けながら、何とか脱出できました。


画像


越えてしまえば、少しザクザクの雪道ですがエアコンが効いて
いるような快適な登りになりました。

画像


後ろにいつも草津白根方面の山々を背にして登ります。

画像


かなり急斜面を登り、山頂が近くになって来たようです。

         とその時・・・・

画像



           なんと山頂付近にオーロラ??いやいや虹でした!!

画像


 虹に見とれて暫らくは呆然としていました。その虹は北極圏
 のオーロラのようにフワフワと虹のカーテンをなびかせていました。

画像


普通虹は丸く掛かると思っていましたが、今回の虹は丸くはありません??。

画像


その虹も一瞬の内に幻のように消え去り、誰も居ない静かな山頂だけがありました。

画像


山頂からは、夏のような朧な空の下に、北アルプスが眺められ、
今日もそのアルプスを独占して眺め食事にしました。

                  山頂より北アルプス
画像


                  唐松〜白馬方面
画像


                  四阿山・根子岳方面
画像


                  岩菅〜草津白根方面
画像


      横手山方面を眺めながら下山します。このあたりの山には、まだ花も全く咲いていません、
      僅かにイワウチワの葉が少し開いているくらいで、小鳥の囀りも聞こえません。雪を踏む
      音だけが聞こえる静かな静かな山でしたが、季節は間違いなく夏に近付いて来た様に
      思える1日でした。

                  帰り道
画像


画像









          BGM付きの大画面をこちらからお楽しみ下さい。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんばんは♪
これは、猛烈な藪の強敵が待ち受けていましたね。
でも、その先は辿り来た人間だけに与えられるご褒美が待っていましたか〜。
私はとても藪に分け入る勇気がありません。(^^ゞ
でも、一歩踏み出したその先には素晴らしい世界が待っていたりしますね。

とても病後とは思えませんでしたよ〜。(^^)/
クロちゃん
2010/05/17 19:50
こんばんは
素晴らしい景色とアース?幻日?を見れて最高の日でしたね。
でも、インレッドさん不死身ではないのですから、お身体を大切になさってください。
リキー
2010/05/17 20:27
今晩は
 今の時期は藪が出て大変でしたね。上部ではまだまだ残雪があり、その上を歩く感覚が伝わってきます。とょうど空の上では虹が出ました。これは戸神山の頂上からも孫が虹だよと教えて貰い見えましたが、写真を撮るには至りませんでした。何もかも関心を持つ事が良い事ですね。
まきまき
2010/05/17 21:03
風邪とのことですがたいしたことなくて何よりでした。
写真やレポを拝見すると・・・病み上がりの人が行くような山ではありませんね。
奥様があきれる気持ち・・・少し分かります(笑い)。

道なき道を越えると別の世界が・・・
いつものことながら圧倒されます。

keykun
2010/05/17 21:34
風邪ひいた時くらい
安静にしてくださ〜〜〜〜〜〜い 

インレッドさんの山頂は
虹で歓迎してくれましたね
眺めのいい場所で療養ですね (^_^)
RUU
2010/05/17 23:22
クロちゃん、お早う御座います。
この山は正規の登山道のある毛無峠からでも、これほどではありませんが、藪漕ぎになります。もう少し早ければ皆雪に埋もれてもっと楽に歩く事が出来るのですが、その頃は林道が閉鎖されていて、ここまで歩いてくるだけでも疲れてしまいます。やはり雪の無い頃に登るのが藪漕ぎになりますが楽なようです。
インレッド
2010/05/18 07:05
リッキーさん、お早う御座います。
本当に虹と言うよりもオーロラのようでした、フワフワと長いカーテンを垂らしていて、一瞬の幻日でした。
良い天気が土日と続けば、ユックリ寝ても居られません、嫌な性分でですが、これも元気だからできる事と、「笑って許して」と思うばかりです・・・。
インレッド
2010/05/18 07:13
まきまき さん、お早う御座います。
毛無峠からならばもう少し簡単に登ることが出来ますが。こちらからでは、藪漕ぎのほかに、かなりの雪の急斜面を登ります。ピッケルを車に置いて来て後悔したくらいでした。
戸神山からもこの虹が見えましたか、シャッターチャンスでしたね。
インレッド
2010/05/18 07:18
keykunさん、お早う御座います。
正規の登山道は崖崩れで行く事が出来ず。こちらから直登しました。以前からこちら側から登って見たいと思っていましたので、丁度良い機会でしたが、藪は嫌ですね、それにこのあたりは熊さんも多いところで注意しながら登りました。それでも山頂からの展望は中々のところです。
インレッド
2010/05/18 07:24
RUUさん、お早う御座います。
この山の正規な登山道は毛無山から登ってその奥に御飯岳はあります。
反対側には破風岳(簡単に登れて展望の良い山です)から土鍋山経由で四阿山にも行く事が出来ます。なかなか良い所ですが熊笹が多くてたまには熊さんにも出会うところです。草津から志賀高原にでも行く事がありましたら左側に鯨の背のような山が聳えていますがその山が御飯岳です。
インレッド
2010/05/18 07:33
レッド様、私たちは日曜日草津・白根方面で雪の残る道路を走っておりました。軽井沢のマニアックなカフェを探しながら土曜日は万座に泊まりました。女4人よく朝の快晴を待ちながらゆっくりと白く濁った朝風呂に浸かり、体中に硫黄の匂いを浸み込ませ・・・。白根の残雪はとにかく絶景でした、今まで雪の残る山に行ったことがないので新鮮でした。レッド様はその頃あちら方面で喘いでいらしたのですね。 帰りは八場ダムの橋桁を見ながら帰ってまいりました。 魅
しまふくろう
2010/05/18 10:20
インレッドさん 病み上がり(失礼な言い方ですが)で藪漕ぎはないでしょう
御飯岳、かめは毛無峠から楽々登ってしまいました。
10月17日 もう吹く風は冷たかったですが薄っすらと白い北アルプスが見えました。
念願の山をまた一つ
思い出の頂が増えましたね
かめ・ふ〜
2010/05/18 15:38
今晩は、16日は天気がとても良くて京ヶ倉山に行こうとカシミールをコピーして準備しましたが、稲の種まきがあって午前中は駄目で午後近くの鐘撞堂山でごまかしました。御飯岳奥深い山のようですね、アルプスが見える山何処に行っても絵になります。
ローラー
2010/05/18 20:29
魅 さん、今晩は。
この日はやはりこちらでしたか。私はいつものように一人で
雪の道を歩いていました。
遠くアルプスを眺めて食べる食事も、なかなか美味しくて
楽しいものでした。
インレッド
2010/05/18 20:33
かめ さん、今晩は。
禅丁行者道もかめさんには、良く似合う道ですね。
こちらは仕方が無く藪の道でしたが、矢筈あたりに比べれば赤ん坊みたいなところです・・・・。
本当はこちらも負けずに関東一のマイナーな山にでもと思っていましたが、病み上がりの藪漕ぎは無理と思いこちらにしました。
インレッド
2010/05/18 20:39
ローラーさん、今晩は。
ここは毛無峠から登れば簡単に登れます。隣の破風岳は30分ほどで登れて展望も良い山です。機会がありましたら万座温泉から長野方面に向かい暫らく行くと登山口がありますので、ぜひどうぞ・・・。
インレッド
2010/05/18 20:46
インレッドさん、久しぶりですね
最近全然コメントもしていませんでした
風邪はなおりましたか、風邪をなおす一番の薬は、インレッドさんの場合は
山登りですよ!私の場合は山菜採り、きのこ採りです。
今、山はいい季節になりましたね、一週間に1日は山へ行かないと風邪をひきそうですね、長野はいい山がいっぱいありますね、これからが春ですね、まるくない虹も山へ登らないと見られないと思います、また今週も気をつけて行ってきてください、また時々見させてもらいます。
きのこ
2010/05/19 03:42
きのこ さん、お早う御座います。
今日も元気で頑張っていますか。
そうですね、山菜採りには一番良い季節の様です。たまには山より「山菜」の方が面白いかも知れませんね。このあたりは雪が深いのでこれからが本番のようですが、足尾界隈の山は今頃が良いのではないですか??。
インレッド
2010/05/19 08:45
おはようございます。
御飯岳、近くで見るとピラミダルナ山ですが、遠くから見ると本当に白鯨ですね。
山物語にはオーロラまでも登場し(笑)色を添えてくれるようです。
毎週毎週が楽しみです。
甘納豆
2010/05/20 04:35
甘納豆 さん お早う御座います。
そうですね、長野側から見ると三角錐の山ですね。この林道を下っていくと須坂方面に行く事が出来ます。昭和の時代まで、このあたりは硫黄を取るための大きな鉱山があり、草津や長野方面から多くの人が働きに来ていたところでもあります。今でもその跡がありますが訪れる人は居ません。マッチなどが無い頃にカンナで削った薄い木に、火を点ける為に使ったツケギとして硫黄を塗っていましたが・・・。今ではそのようなモノを知っている人はあまり居ないかな・・・。
インレッド
2010/05/20 09:13
インレッドさん こんにちわ
風邪でしたか たいしたことが無くて良かったですね。
それなのに猛烈の藪漕ぎのある御飯岳に登るとは山病にかか
っている様ですね。山に行って元気を貰う様なら1番の治癒
です。手強い山男鹿岳で林道歩き道無き道の背丈程ある笹薮
掻き分け赤いテーフを探し2H、残雪をアイゼンで頂上へ。
ヘトヘトになり藪漕ぎは辛いです。
small cherry
2010/05/20 09:17
こんばんは
インレッドさんは行動範囲が広いですね、県内なのにやっとこの山を今日地図で探しだしました。しかし病後でも雪深いしかも道なき山に登るられるとは、すごいですね、山からパワーをもらっているんですね。
私もここ数年山歩きするようになってだいぶ丈夫になりました。ここへ来て10年ぐらい病気がちで入院ばかりしていました、私も山からパワーをもらって元気になりました。
先週の寒さは異常でしたので、具合悪くなるのも無理ありません。先週一日だけ畑に入られない日があったので、寒い中、山友と新緑の茂来山へ登ってきました。まだ寒くてあまり植物がなかったので、ブログには載せません。
インレッドさんのブログを見なければ茂来山を知らなかったわけですので、感謝します。原生林のいい山ですね、今度はもう少し暖かくなってからまた行ってみたいです。
nona
2010/05/20 18:54
small cherry さん、今晩は。
男鹿岳は300名山でしたね。そんなに藪漕ぎの山でしたか。
このあたりでは那須岳や大佐飛山くらいしか登った事がありません。相変わらず凄い山登りをやっていますね!!。
今回は 句は???。
インレッド
2010/05/20 19:46
nona さん、今晩は。
この山は志賀高原のそばにあります。長野県の山と言ってもそちらからでは、ちょっと遠い所ですね。茂来山は何度も登っているのですが、私は冬の霧氷の頃にしか登った事がありません。それでも大好きな山です。
・・・やがてすべての山谷に柔らかい春風がふきわたり、この原が一斉の新緑や花によみがえる時、高い水楢の梢に歌うオオルリやヒガラの歌声を聴きながら、あるいは植物採集にさまよったり、あるいはかんばしい青草に身をたおして無為の春昼をねむるのは、そもそもなんと言う楽しさであろう。原の西には爛漫と真っ白な棠梨(ズミ)の枝越しに、のんびりとした女山の草山となごやかな青空、原の東には長大な高登谷の山腹と瑞牆山の南画の岩峰。その別天地に人間の身をよこたえて、物も思わず在ることはなんと言う至福だろう・・・山の絵本より。
こんな良い所にお住まいです、いろいろとおありでしょうが、周りの風景に癒されながら頑張ってください。
インレッド
2010/05/20 20:21
「遭難多発区域」ビックリする看板ですね。あの山が御飯岳でしたか。昔、仕事で万座へ行く時になにげなく見ていた山です。「不思議な虹との一瞬の遭遇」なんともいいですねえ。今日は朝から快晴になると確信し、6時出発で袈裟丸山へむかいました。新緑と澄んだ谷川沿いをうきうきと登り、寝釈迦から賽の河原、小丸山のアカヤシオ、ピンクピンク貴賓のあるピンクに大大大満足でした。前袈裟丸で昼食、またピンクピンク、新緑新緑に癒されながらの下山でした。
ヤマノボリスキー
2010/05/21 21:57
白鯨の山、名前の由来は形と色から来ているのでしょうが、そう名付ける人のセンスはなかなか良いです。
藪山も美濃にはたくさんあって、藪山愛好会というのもあうようですが、インレッドさんはお好きですか?(笑)
こんな風に藪を通り抜けた達成感が良いのでしょうか。
それにしても、ふわふわした虹!見てみたいです。
本読みと山歩き
2010/05/22 14:01
ヤマノボリスキー さん、今晩は。
そうです、あの小串鉱山の上に聳える山が御飯岳です。
ピンク・ピンクで大大大満足につられて、本当は来週に行く予定でしたが、急遽今日行って来ました。昨年に比べると大大大不満足で小丸山で下山して、私の隠れ山に行きミツバツツジにシロヤシオを堪能してきました。
インレッド
2010/05/22 21:05
本読み さん、今晩は。
藪漕ぎはやはり大嫌いです。スパッツも破れて、手に数箇所擦り傷も作ってしまいました。この山は本当に大海原を泳ぐ鯨のような形をしています。正規の登山道から登っても少し藪漕ぎがあるようです。
今回のような虹は初めて遭遇しました。本当にオーロラのようで、暫し呆然と眺めていました。気が付いたらもう虹は消えていて幻影のようでした。
インレッド
2010/05/22 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
白鯨の山、御飯岳。   2010/5/16日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる