インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS キャニオン大源太山。 2010/6/26日

<<   作成日時 : 2010/06/27 16:42   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 33

今すぐにでも雨が降りそうな日。降られることを覚悟しながら、瑞々しい新緑の色に染まり、沢のセセラギと小鳥の囀りを聞きながら歩き始めました。

                  今日登る大源太山
画像


                  麓から眺めた大源太。            登山口
画像画像
















                 北沢を2度ほど渡ります
画像画像



















沢を渡って一気に急登になります。何本ものトラロープが続き、
緑色の空気に染まりながら、登り上げ尾根に出てやっと展望が
開けました。

                  トラロープの続く登り
画像画像

















画像


                  これから登る大源太も近くになって来ました
画像


                  こんな尾根を登って来ました。奥に苗場山方面
画像


蒸し暑い日でしたが、吹く風は北風で少し冷たく、岩場の狭い尾根の
斜面に咲いている、タニウツギ・ヨツバシオガマの花が、常に風に
揺れて落ち付く暇が無いようでした。

                  ヨツバシオガマ
画像


                  タニウツギ
画像


                  近付く大源太
画像


山頂に着くのを待って居たかのように、雨がポツリポツリと降り始めてきました。
上越のマッターホルンと言っても、山頂からはその片鱗もあまり解りませんが
七ツ小屋山方面から眺めれれば、なるほどと、うなづけ景色になります。

                  大源太山頂より万太郎・仙ノ倉方面
画像


                  山頂より巻機山方面
画像


                  山頂より笠ヶ岳・朝日岳
画像


                  山頂より登って来た尾根(レンズに雨粒が・・・)
画像


山頂で持って来たビールを飲みたいのですが、軽く食事をして、楽しみは、
次の七ツ小屋山に着いてからにします。ここからは、およそ1時間大きく
降って登り返します。

                  これから登る七ツ小屋山方面
画像


クサリに捕まり岩場を降りて、痩せ尾根に出ます。そこからの
大源太の眺めは、まさに上越のマッターホルンと言われるように、
岩峰を天に突き上げていて、あんな狭い岩峰にさっきまで居たのが
信じられないほどの、素晴らしい山容をしています。

                  尾根より大源太
画像


この山は、その鋭い岩峰のために、遠くから眺めても良く目立ち、
直ぐに解ります。

                  尾根を少し登ったところから(遠くに守門らしき山も・・・)
画像


登り上げて清水峠への分岐に付きました。もうすぐで今日の最高点
七ツ小屋山(1674m)に着きます。

                  清水峠への分岐
画像


                  途中より白l毛門〜朝日方面
画像


行き交う人の無い尾根に、ポツンと七ツ小屋山の山頂の碑が
淋しくたって居ました。天気が良ければ谷川の殆どが眺められ
越後方面の山々も眺められる、大展望の山のようでした。

                  七ツ小屋山
画像


                  山頂より雲に隠された谷川岳方面
画像


待望のの冷たく冷やしたビールを飲み、一気に生きかえりました。今日は
ここからシシゴヤの頭方面に行き、登山口に戻ろうと思いますが、まだ
未踏の知らない山道になります。どんな険しい道が待っているのでしょうか??。

                  途中の池塘の風景
画像


                   途中の尾根より登って来た大源太と七ツ小屋山
画像


                   これから行く、未踏のシシゴヤの頭・コマノカミノ頭方面
画像


途中ニッコウキスゲの花が尾根にチラホラと咲いていて、
もう夏なのだと教えてくれているようでした。

                   ニッコウキスゲも咲き始めました
画像


画像


                 こんな美しい花も咲いていましたが、名前は???
画像


シシゴヤの頭に着きました。ここから急斜面の山裾をトラバースに
トラバースをして一気に下山します。

                  シシゴヤの頭より歩いて来た道
画像


踏み跡があるのかどうか心配でしたが、踏み跡はしっかりと付いていて、
シダ類の草が密生していました。最近あまり歩いた人は居ないのでは、
と思わせる深い原始林のような樹林の急下降になりました。

画像


雨の音が樹林の葉を叩き、その音にやがて沢音が混じって来て、
朝に沢を渡った仮橋のあたりに着きました。

                  裾に近い樹林
画像


かなり降りて来ると、マイヅルソウ・イワカガミ・ゴゼンタチバナの密生する
道になりました。雨も少し大振りになり、1台も車の無い駐車場に着き、
今日の登山を終わりました。

                  今日咲いていた花々1
画像


                  今日咲いていた花々2
画像


                   今日咲いていた花々 3
画像











            BGM付きの大画面をこちらからお楽しみ下さい。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
険しい和グランドキャニオン山ですね。
長い変化に富んだ山歩きには驚くほどの自然が次々現れて、拝見して日本の自然豊かな中に住んでいられる事に感謝しました。
リッキー
2010/06/27 21:30
今晩は、昨年谷川の馬蹄形を歩いたときを思い出しながら、大源太山の歩きを見ていました七ッ小屋山からみたとんがった山、厳しそうな岩場があってトラロープと鎖を頼りに登る、土樽方面から登ったのでしょうか?何時も花が綺麗です。
ローラー
2010/06/27 21:54
こんにちは! 
最初の雄姿がかっこいいですね〜。
こんな良いコースに、多少の雨に降られたとはいえ、人がいないなんて信じられません。
暑かったかもしれませんが、写真を見る限りは「さわやかな風」が吹いていました。
本読みと山歩き
2010/06/27 23:14
インレッドさん おはようございます。
グランドキャニオンの大源汰山、格好の良い山ですね。
インレッドさんの昨年の雄国沼の素晴らしいにニッコウキ
スゲのブログに魅せられまして行って来ました。
ニッコウキスゲは7分咲きでしたが名残りのレンゲツツジ
にワタスゲ、コバイケイソウ、それにアヤメも少し咲いて
いて素晴らしい景色を堪能しました。
    ー鶯の声目を覚まし雄国山ー
small cherry
2010/06/28 05:51
リッキーさん、お早う御座います。
本当に、大源太から七ツ小屋への道はトラロープ・クサリ・岩峰・草原と変化があって面白いところでした。それにしてもこんな所を謙信さんは通って関東に遠征していたかと思うと凄いですね。私なら通過するだけで疲れてしまい、戦どころではありません!!。
インレッド
2010/06/28 07:00
ローラーさん、お早う御座います。
もう仕事の方は一段落でしょうか?。
ここへは昨年スキー場の方から飯士山に行かれたとき通った道を真っ直ぐに行くと標識が出ていますので解ります。林道の最終地点に駐車場があります。
ここからの展望は素晴らしいようですが、今回は残念でした。
インレッド
2010/06/28 07:05
本読み さん、お早う御座います。
なかなか立派な山容をした山でしょう!!。槍ヶ岳見たいですね。この大源太へは沢を渡渉しなければなりません、最近は仮橋が出来て簡単に渡る事が出来ますが、以前に来た時は橋が無くて靴を脱いで急流を渡りました。そんな場所があるためか、雨の為か会う人は朝2組の方を追い越した時だけでした。その人達も山頂に居る間登ってこなかったので、途中で引き返したのかも知れません。
インレッド
2010/06/28 07:13
small cherryさん、お早う御座います。
大源太はなかなか良い山でしたよ。是非登って見て下さい。
尾国沼へは昨年は7月に入ってから行きましたが、本当に黄色い絨毯は天国のよな所でした。ヒオウギアヤメは咲いていましたが、ワタスゲ・レンゲツツジは咲いていませんでした。

    ・・・・遠嶺を背にしてキスゲや梅雨の尾根・・・
                    七ツ小屋あたりで インレッド
インレッド
2010/06/28 07:24
素晴らしい山の風景ですね。
名前しか知らない山ですが、きつそうです。(^_^;)
私は、今日は天気がいまいちなので中止にしましたが
まだ雨は降ってこないので、行けばよかったと後悔しています。
迷ったら行くべきでした。
nousagi
2010/06/28 15:56
nousagiさん、今晩は。
こんな天気の日は家で、トンコツラーメンなど食べながらノンビリする方が良いかも知れません。

梅雨の最中でしたが、この山は中々良い山でした。前回はピストンでしたので今回は七ツ小屋山経由で行って来ました。ピストンならばそれ程きつくはありませんが、七ツ小屋経由ですと少し距離が長くなりきつくなります。谷川の白毛門は谷川の絶好のビューポイントです。端にある平標・仙ノ倉は今頃は花いっぱいの山ですので、お奨めいたします。
インレッド
2010/06/28 19:30
ウャッホーー。ホーホーホー。オイラも行ってきたんですよぉーー。24日好天を確信して行って着ましたよ。インレッドさんとは逆廻りでした。谷川連邦の山々の展望がよく見渡せて、白毛門、笠ケ岳、谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳、仙ノ倉岳、平標山、苗場山とオイラも結構ヤッタモンダなあと・・・。
7月にはあのでっかい巻機山にと思いを強くしたもんでした。
26日は40年来の友だち−山登りではなくて、酒飲みの、でも花好きの−4人組で昨年つれて行ってもらった南会津のひめさゆり園へ行ってきました。あの時と同じくらいの状況でした。皆感激してました。あと1週間位が最高潮でしょうかね。
ヤマノボリスキー
2010/06/28 20:16
インレッドさん、こんばんは♪
大源太山でしたか。
私が登った平標山と近いですが、気候はちょっと違うみたいですね。
こちらは雨はちょっとで止んで強風が吹き荒れていました。(^^ゞ
大源太山もまだ登ったことがありませんが、越後の山々に魅力を感じます。
この夏は行きたい山が増えて、どうやって休みを増やそうか色々と思案中です。
夏は花が楽しみですね。(^^)/
クロちゃん
2010/06/28 20:32
今晩は!
同じ日、反対側から巻機山を眺めていました。
十字峡から中ノ岳への登りでした。
翌日(昨日)は駒ヶ岳への縦走、下山でしたが、終日雨でした。
ところで、全く同じコースを4年前の秋に歩いています。
思い出しながら懐かしく見せて頂きました。
甘納豆
2010/06/28 21:14
ヤマノボリスキーさん、今晩は。
そんなに沢山登って来ましたか、今頃は花花・・・だったのでは。
高清水にもですか、それなら馬坂峠まででも・・・。
今週あたりは浅草岳あたりがヒメサユリの見頃です、是非行って見てください。私も、もしかすると他の山でヒメサユリかも知れません。
インレッド
2010/06/28 21:15
クロちゃん、今晩は。
花いっぱい楽しみましたか!!。
こちらも尾根によっては風が強かったですよ。仙ノ倉よりは少し低いのでその分弱かったのかも知れません。この山も展望はかなりのものです、その内是非どうぞお越し下さい。
インレッド
2010/06/28 21:20
こんばんは
 天気が良くて良い山登りでしたね。毎週登ることにより、足腰がだんだん強く慣れるのかと思い始めてきました。でも無理はしないように考えています。
花もだいぶ咲いているようですね。近くの山が一番です。
まきまき
2010/06/28 21:25
甘納豆さん、今晩は。
十字峡から中ノ岳でしたか、結構キツイ所ですね。昨年の秋に私も行きましたが。本当はそこから丹後山へと周回しようと思ったのですが、日帰りでは無理と思いピストンにしました。中ノ岳から駒ケ岳へもかなり良さそうな尾根が続いていますね。
インレッド
2010/06/28 21:25
まきまき さん、今晩は。
足腰もすっかり丈夫になりましたか。今年は区長さんのようで、少し忙しくなりそうですね。60過ぎれば無理は禁物と思います。ボチボチと行きましょう。
この日は雨混じりであまり天気は良くありませんでしたが、近くの山々は良く眺められました。
インレッド
2010/06/28 21:31
谷川はキスゲ開花ですね。
なぞの花は、コバノギボウシかな?と
テントミータカ
2010/06/28 23:02
カッコえぇ!とんがり大源太山!
そのお山に登るインレッドさんは、もっとカッコえぇ!

美しい花??は・・
 ↑ テントミータカさん、惜しい。。。
葉っぱに注目。オオバギボウシの蕾だと思うのですが・・・
蕾のときから苞が開出するのが特徴だそうです。
蕾が、ぎゅうと詰まった状態で生命力を感じますね〜
あ、花は一日花だそうです。
ぽぽ
2010/06/28 23:57
インレッド様、、HP素敵です。ちょこちょこ楽しませてもらっています。

↓以下横レスで失礼します。
 ぽぽ様
 >葉っぱに注目。オオバギボウシの蕾だと思うのですが・・・蕾のときから苞が開出するのが特徴だそうです。
 なるほどオオバギボウシですか。見分け方、参考になりました。次の機会に、実物でよく観察してみましょう。
テントミータカ
2010/06/29 07:50
ミータカさん、お早う御座います。
先日は「気持ち玉」有難うございました。
最初は私も葉が似ていたので、ギボウシの類かなーと思ったのですが、花が違い過ぎますので、・・・その後図書館で調べて見ましたが、解りませんでした。
HPはブログと同じようなものを載せていて、あまり変わり映えがしませんが、今のブログにはちょっと疑問もあり、HPも出して見ました。
  いつもお世話になり有難うございました。
インレッド
2010/06/29 08:54
ぽぽ さん、お早う御座います。
実は図書館で調べてみたりしたのですが、解りませんでした。最後の手段で
ぽぽ さんにメールでも出して聞いてみようと思っていたところです。
確かに葉はギボウシに似ていましたし、近くに咲いてしぼんだ花も沢山ありました。始めて見た花でしたが、品のある美しい花で、この日はこの花に会えただけで大満足でした。
ギボウシは別名カミナリグサ(雷草)とも俳句では言います。
夏ですね。   有難う御座いました。
インレッド
2010/06/29 09:03
こんにちは
オイラたちが平標にいたころインレッドさんは近くにおられたようですね。

大源太山・・・地図でよく見ますがすごい山ですね。
険しそうな山容・・・見ただけでギブアップです。
それでも写真の花々を拝見すると行って見たくなります。
心が揺れる山です。


keykun
2010/06/29 12:50
keykunさん、今晩は。
体調は如何でしょうか?。蒸し暑かったり、山では寒かったりで、体調を維持するにも気を付けなくてはなら無いシーズンですね。以前私は熱中症で40日も入院した事があります。
この山は天気が良ければ展望に花に、大変気持ちの良い所です。ピストンならばそれ程きつくはありませんので、機会がありましたらぜひ登って見て下さい。
インレッド
2010/06/29 21:10
こんにちは!
この日は苗場山に登っていました。
そちらの山並みはもちろんですが守門岳や飯豊連峰まで見れましたから私は大満足でした。

変化に富んでいて静かな山歩きが出来そうコースですね。
秋にでも歩いてみたいです。
izumi
2010/06/30 16:37
izumiさん、今晩は。
苗場でしたか、こちらからは、いつも後ろに見えていました。雨模様でしたが、案外と展望はありましたね。
そうですね、秋もきっと素晴らしいと思います。空気が澄んで居れば展望と、紅葉を楽しめる事と思います。
インレッド
2010/06/30 20:55
インレッドさん、こんばんは^^
謎の花を題材に詩をつづってみようかと思いながら皆さまのコメントを読み進めていたら…なんとぽぽさんが回答をしているではないですか(笑) ぽぽさんの所からこちらを知ったという経緯もあり、なんだかとっても嬉しかったけれど、謎の花じゃなくちゃ〜詩が書けない(笑)

でも、私の勝手なイメージで一つ…
****************

上を向いて過ごすの

名などなくても
ひっそりと秘めやかに
誇り高く咲ければいい

華美でなくとも
あなたが認めてくれたから
私は自信を持てたの

自分が自分である為に
凛と気高くある為に

空を見上げて
いつまでも優しく
微笑んでいられるよう

吹き過ぎた風に
ありがとうと
そっと呟いた
****************

お粗末さまでした^^ 
今度HPも拝見させていただきますねー。
では。おやすみなさいませ。
胡桃
2010/07/01 22:20
胡桃さん、お早う御座います。
素晴らしい詩を有難う御座います。
詩のように、人にはどんな風に言われても、見られても、自分の信じているように、生きたいと思いました。

図書館などで調べて見ましたが、花の名前は解らず、最後の手段で「ぽぽ」さに聞こうと思っていたら、コメントが入っていました。ありがたいですね。
インレッド
2010/07/02 08:53
大源太、見た目に緊張しながら往復したのを思い出します。だいぶ前のことですが・・・。でも気に入ったピークです。もう10年前・・・もう登れません(笑)
最近谷川方面行ってないですが、山に行かなかったニ週に近くへ行ってみようかとは話してはいたのでした。もちろん大源太ではありませんけど(^^ゞ
疲れて結局は行けずじまいでした(^^ゞ
sanae
2010/07/02 19:00
sanaeさん、今晩は。
最近お孫さんを抱いている、お顔を拝見しますと、以前の精悍な顔付きとは大分変わってきて、柔和になってきましたね。嬉しいような!!・哀しいような、ちょっと複雑な気分でブログを読ませていただきました。

まだまだこの山位ならば朝飯前では・・・。当方は、あの北アルプスを縦断したり、残雪の尾瀬から平ヶ岳に行かれたのは、まだツイ先日のことのように思っています。まだまだご活躍を・・・。
インレッド
2010/07/02 20:30
インレッドさん おはようございます。
再訪します。
「謎の花」ギブシの蕾が昨日の山、白木峰の山頂の散策道に
沢山見ました。段々伸びてひゅっと高くなっていくのですね
ニッコウキスゲは五分咲きでウラジオヨウラク、タニウツギ
等霧の中に咲いていて雲上の楽園でした。
  ー白木峰花の木道霧が湧くー
  ーササユリを数えて登る医王山ー
small cherry
2010/07/04 06:29
small cherryさん、お早う御座います。
そうでしたか、実は私も昨日の土曜日に、鬼が面山で、だんだんとギボウシになる過程の花を見ました。同じくタニウツギやウラジロヨウラクにマイヅルソウ・ゴゼンタチバナと、なんと言ってもヒメサユリが賑やかでした。

  ・・・うつむいて 霧に濡れてこそ 乙女百合・・・
                       鬼が面にてインレッド
インレッド
2010/07/04 10:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャニオン大源太山。 2010/6/26日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる