インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 花と霧と五竜遠見尾根。  2010/7/17日

<<   作成日時 : 2010/07/18 20:32   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 28

そろそろ梅雨も明けそうな三連休の土曜日でしたが、空は相変わらずの重い雲が垂れ込める日でした。三連休の後半は晴れ模様ですが、少し家でユックリもしたいと思い、土曜日に行くことにしました。

                  白馬村あたりから八方尾根
画像


五竜とおみテレキャビンに乗って山頂駅から歩き始めます。
植物園の花はまばらに咲いている程度で、直ぐに登山口に着きました。

                  こんな道から登りますが、右側に八方尾根が見えます
画像画像
















                  雲の切れ間に唐松岳
画像


霧が湧いてきて、このあたりから雲の中の登山になりました。

画像画像

















                  
                    一ノ背髪
画像


画像画像


















360度の展望と書いてある、山頂の碑を空しく眺めて先に進みます。

                  小遠見山頂
画像


霧に濡れながらの道でも、真夏がもう直ぐに来そうな山道は、
久し振りに汗を滴り落としながらの登りでした。

                  霧の中の道
画像画像

















  
                  中遠見山

画像


細い尾根がどこまでも続く遠見尾根には、両側から深い霧が、休む事無く
吹き上げて来ます。小さなピークに着くたびに、その霧が交わり、まるで
今日の天候を詫びるかのように、合掌しているようです。

                  霧湧く尾根
画像画像

















                  大遠見
画像

























取りあえずの目標はここまででしたが、まだ時間に余裕があります。
もう少し先まで登って見ようと思います。

                  霧の道
画像画像


















西遠見あたりまで来ましたが、雨も降り始め、展望は望めなくなりました。
今日の登りはここまでにして、下山することにしました。

                  西遠見直下の雪渓
画像
























                  下山途中の霧の山
画像画像

















        「霧と話した」



高度が下がってくると、霧も少なくなり、雲の中から少し脱出したようです。
登る時は見えなかった景色が望めるようになって来ました。

                  雲の切れ間の風景
画像


ピーカンと晴れた景色もいいですが、雲の流れる風景は趣があって
絵のボカシのようで、なかなか良い風景です。

画像


                  八方尾根方面
画像


                  五竜方面
画像


                  麓方面
画像


                  これから降る遠見尾根
画像


今まで見えなかった五竜も見えて来ました。唐松と並んで左に五竜右に唐松岳

画像


                  地蔵ノ頭方面
画像


                   画像右に虫倉山・中央の奥に飯縄山・左に戸隠方面
画像


午後には観光客も多くなって来た、山頂駅が近くになって来ました。

                   イブキジャコウソウ咲く風景
画像


スキー場あたりから今日登って来た遠見尾根を振り返りました。
真っ白い雲の光る下が、今日歩いて来た遠見尾根です。
画像


                  唐松岳
画像


                  五竜岳方面
画像



                  今日咲いていた花々 1
画像


                  今日咲いていた花々 2
画像


                  今日咲いていた花々 3
画像


                  今日咲いていた花々 4
画像








       BGM付きの大画面をこちらからお楽しみ下さい








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさんこんばんは〜★ 一番乗り〜? ♪♪
びっくりするくらいすごい霧ですね。自然ってすごい。同じ場所でも色々な姿を見せてくれる。
霧のある風景もまたいい画ですね^^
そして可憐な花々。素敵です。
胡桃
2010/07/18 21:18
霧と話した・・・初めて聴くような気がします。
いい歌ですね。
きっとこの歌のような風景の中に行かれたのかなと思います。
またまた、花いっぱい。
イブキジャコウソウの群生、綺麗ですね。
nousagi
2010/07/18 23:25
こんばんは
 霧のある景色は良いですね。何時雲が切れるか、待つ場合有りますから、良い写真撮れていますね。
まきまき
2010/07/19 00:17
遠見尾根は長〜い尾根ですね。
晴れていれば唐松岳でなく、五竜岳や鹿島槍もみえたんでしょう。
霧は霧なりに楽しめます。 霧の合間にのぞく稜線もまた魅力的。
どんな天候でも楽しめるインレッドさんですから、「霧」とのお話も出来そうです。
遠見尾根遠望の写真は、初夏を感じさせてくれます。
本読みと山歩き
2010/07/19 03:21
胡桃 さん、お早う御座います。
早々にコメント有難う御座います。
その後お元気だったでしょうか。山々に少し霧や雲があったほうが「絵」にはなりますね。これからは暑さとの戦いにもなりますが、尾根から冷たく冷やしたビールでも飲みながら、下界を眺めていると涼しくて爽やかで気分の良いものです。
インレッド
2010/07/19 09:11
nousagiさん、お早う御座います。
「霧と話した」良い歌でしょう!!。この日も行き交う人はあまり居なかったので、こんな歌をうたいながら降りて来ました。花は最初の4枚がここの植物園で咲いていた花で、ヒマラヤの青いケシの花などです。イブキジャコウソウは白馬近辺の山にはどこにでも群生しています。少し良い香りがして好きな花です。
インレッド
2010/07/19 09:16
まきまき さん、お早う御座います。
いろいろと行事があって大変なようですね。
ここは大遠見あたりまででしたら簡単に登ることが出来ます。残雪の頃もかなり良さそうですのでその頃に機会がありましたら行きましょう。
インレッド
2010/07/19 09:19
本読み さん、お早う御座います。
翌日から、カラッと晴れた本格的な夏になりました。その前ぶれのような日でした、遠見尾根は本当に長いですね、登っても登っても、まだ先に尖がった山があり、幾つ登るの・・・と言った感じでした。晴れていればアルプスの大展望のようですが、この日は近くだけしか見えませんでした。それでも霧の流れる風景はなかなか良いものでした。遠見尾根のあの真っ白な雲の下を歩いて来ました。
インレッド
2010/07/19 09:25
おはようございます。
どんな状況下でもうまくまとめられますね。
感心致します。
八方尾根から見える長い尾根が遠見尾根、いつか歩こうかなと思えども、長い尾根に尻込みし実現していません。
一気に梅雨が明け、猛暑の連休になりました。私は、土、日の2日間は涼を求めて五頭山の沢に入りました。
清流と涼しい風、登りは快適でしたが、下山は尾根道で汗びっしょりになりました。
甘納豆
2010/07/19 10:26
こんにちは
五竜岳に一度登っていますが、やはり濃霧で何も見えなく花のみの山歩きを思い出して拝見いたしました。
霧もまた良いものですね見る人の心が絶景を作り出し、植物も生き生きと輝いていますね。
リッキー
2010/07/19 10:57
甘納豆 さん、今晩は。
今日はこちらの館林は36・8度もあったようです。暑かったですね。午前中は家事の手伝いをいっぱいやって、午後は無罪放免となりました。そんな訳であまりにも暑いので、私も谷川の東黒沢に午後から行って来ました。涼しくて気持ちが良かったです。途中まででしたが、その内、上まで行ってみようと思いました。
インレッド
2010/07/19 19:42
リッキーさん、今晩は。
一日中霧の中の歩きでしたが、花々は本当に生き生きとしていました。
この日は白馬も予定内でしたが、昨年の秋に行ったばかりでしたので、久し振りにこちらにして見ました。白馬鑓あたりは見えていましたよ。
インレッド
2010/07/19 19:46
インレッドさん、こんばんは♪
土曜日はガスガスの天気になってしまいましたね。
これもまた山の趣を感じて良いかと…。
花がいっぱいですね。(^O^)
私は南アルプス鳳凰の南御室小屋でテント張っていました。
薬師まで往復しましたがやはり何も見えず…。
花も少なかったです。
でも、翌日曜日はバッチリ晴れました。(^^)/
クロちゃん
2010/07/19 20:04
クロちゃん、今晩は。
南御室でテン泊でしたか、あそこの南アルプス天然水は美味しくて、良いテン場ですね。私もこの夏にテン泊しようかと思っています。タカネビランジとキバナアツモリソウを見たいと思っているのですが・・・。
インレッド
2010/07/19 20:22
今晩は、暑くなるとやっぱりアルプスは良いですね。美しい花たちと涼しい沢風が汗と身体を癒してくれます。天候も定まってきたようですから、アルプスへ出掛けたいと思っています。どこがいいか今思案中ですが、この時期には何処も混雑します。二泊ぐらいののんびり登山をしようと思っているのですが・・・
ロ−ラ−
2010/07/19 21:31
ローラーさん、お早う御座います。
暑いですね!!。
日曜日は、家でノンビリと思ったのですが、あまりの暑さに、谷川の沢登りに行って来ました。涼しくて気持ち良かったです。

今頃の北アルプスは一年中で一番小屋は混む頃です。それでも金〜月曜日を避ければ、そんなに混まないと思います。今頃で二泊なら白馬から朝日あたりはちょっときついですが、花いっぱいです。燕〜大天井あたりもコマクサが咲いていて面白いコースと思います。
インレッド
2010/07/20 08:35
こんにちは。
三連休の初日はこんなお天気だったのですか〜
いつかは歩いてみたいと思っている遠見尾根ですが
やっぱり長いですか〜
すごい霧で眺望は残念な結果になりましたけど
代わりにたくさんのお花が出迎えてくれたのですね。
ところでインレッドさんは館林にお住いだったのですか?
私の両親ともに館林出身で、今でも叔父や叔母がいますので
たまに訪れています。
mikko
2010/07/20 13:32
mikkoさん、今晩は。
霧の尾根歩きもなかなか趣があって良いものでしたよ、
私は高崎に住んでいますが、群馬で一番暑いところが館林です。この日も日本で一番暑かったようです。
日曜日はあまりに暑いので谷川近辺の沢歩きをして来ました。涼しくて大変気持ちの良い沢歩きでした、夏は沢歩きが面白いと思います、mikkoさんも如何ですか。
インレッド
2010/07/20 20:27
昨年登った唐松岳と五竜岳、懐かしく思い出しながら見せていただきました。
やはりアルプスはスケールが大きく豪快な山ですね。
雲間から時折見える峰々、足元には可憐な高山植物、癒されます。
青い花はブルーポピーでしょうか
ミニミニ放送局
2010/07/20 20:32
ミニミニさん、今晩は。
そうですねアルプスは大きくて雄大で良いですね。
晴れても、霧でもやはり近辺の山とは違います。

ブルーの花はヒマラヤの青いケシだそうです。私は
八ヶ岳のオーレン小屋の前でも見たことがあります。
インレッド
2010/07/20 22:01
梅雨が明ける瀬戸際の日だったのでしょうか。
仰るとおり霧の山も叉格別な趣があります。
体調不良で家にこもっていると写真の景色に癒されます。

一杯飲めるように回復したら写真のような景色ガ見える山に挑戦したいものです。

イブキジャコウソウ・・・大好きな花です。
keykun
2010/07/20 22:55
keykunさん、今晩は。
まだ体調は本格的ではありませんか。この夏は暑いですから、近くの渓流で魚釣りでも楽しんで下さい。私は夏は熱中症になりやすくてちょっと苦手な季節です。近くの沢登りでもして涼しい夏を楽しもうと思っています。
インレッド
2010/07/21 20:40
懐かしいですね後立山連峰。17〜19日天候を見て蓮華温泉から白馬岳と思ったのですが、海の日の3連休と気付き中止。20〜21日に鳥海山を計画、前日天候が雨に変わり中止。晴れて日帰りできる、関東圏の燧ケ岳に20日登って来ました。一度鹿島槍ヶ岳まで縦走したいなと思っています。でも妻と二人の場合は、白馬槍ヶ岳までが安全を考えると精一杯かも、最近ご無沙汰で五竜遠見尾根を見たらますます行きたくなりました。
カワガラス
2010/07/24 14:55
カワガラスさん、今日は。
五竜に行くなら、やはり鹿島槍からか、唐松からが良いかも知れませんね。
今回は日帰りの予定でしたので、ピストンにしました。ここは秋の紅葉の頃か残雪歩きの頃が良いかも知れません。
インレッド
2010/07/25 15:37
昨日今日と八方尾根から唐松へそして五竜へと一人で行ってきました。
インレッドさんの写真に刺激されて、五竜から遠見尾根を下ってきましたよ。軟弱な私には、下りでもこの尾根は長かったです。!
蒸し暑い長い道を登っていく人と何人もすれ違いましたが、皆さん凄いなあ。
今朝はやはり霧が出て大パノラマは望めませんでしたが
山頂では霧の晴れ間に剣が挨拶してくれました。嬉しい山旅でした。
けっこちゃーん
2010/08/07 00:02
霧と一緒に恋をした。霧の五竜にピッタリの曲です。
中田喜直さんの作曲ですね。中田喜直さんには25年も前ですが、ゲストで出ていただいているんです。森麻季さんの熱唱も感動ですし、混声合唱もすばらしいです。
カスミッシモ
2010/08/16 21:26
けっこちゃーん さん、お早う御座います。
唐松から五竜を、お一人ででしたか、やりますね!!。
五竜から剱は丁度真裏に見えて中々の景色ですね。昨年白馬から剱がはっきりと眺められ、映画「剱 点の記」を思い出しました。
インレッド
2010/08/17 09:12
カスミッシモ さん、お早う御座います。
カスミッシモさんの演奏会に中田喜直さんが出演ですか、凄いですね!!。

この歌は、好きな歌で、霧の湧く山道を歩いていると、つい口ずさんでしまいます。詩も曲も本当にいいですね。
インレッド
2010/08/17 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
花と霧と五竜遠見尾根。  2010/7/17日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる