インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑さ忘れる湯桧曾川本谷   2010/9/4日。

<<   作成日時 : 2010/09/05 15:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 24

今年は9月に入っても、地球がどうにかなってしまったのかと思うような、猛暑が続いています。こんな日に尾根歩きでは、か弱い私は直ぐに熱中症になりそうで、今日は涼しい沢歩きにしました。谷川の一ノ倉出合いに車を置いて、大岩壁を眺めながら歩き始めました。

                  今日の一ノ倉
画像


谷川は別名「魔の山」、多くの人がここで命を落としました。あちこちに、
その魂の安らかな事を願う慰霊碑のプレートがかかっています。

                  岩に打ち付けられた慰霊碑
画像


今日これから登る湯檜曽川本谷は武能沢あたりから下の本流へ降りて
歩き始めます。そこまで行くには、幽ノ沢・芝倉沢を越えて1時間半ほど
歩きます。

                  幽ノ沢辺りから谷川
画像


                  芝倉沢あたりから谷川
画像


ここまで平らな登山道を歩いただけで、汗が吹き出てきました。武能沢まで行く
手前から涼しい河原に降りて歩く事にしました。

                  トリカブト咲く湯檜曽川
画像


30分も歩くと川幅が急に狭くなり両岸が大きく切れ込んだ渓谷になりました。
本邦第二の山、北岳には野呂川があり、第三の奥穂高には梓川があります。
黒部の山には黒部川そして関東一の急峻谷川には湯檜曽川があります。
このあたりからその本領が見えてくる沢になって来ました。

                  魚止めの滝
画像


                  魚止めの滝上部
画像


 狭い渓谷になりました。時々上から落ちてくる水シブキを浴びながら
 登ります。

画像


深く切れ込んだ岩場を高く巻いて登ります。下のトイ状になった岩場を
水が勢いよく流れて行きます。

                  トイ状の滝
画像


画像


画像


画像


奥にまた滝が見えて来ました。ここで冷たい水に胸まで潜ってすっかり涼しくなり、
岩場を登りました。

画像


次々と滝やナメ滝・澄んだトロが現れてきます。

画像



画像


画像


どこまでも透き通る水に滝、そして緑いっぱいの渓谷、マイナスイオンが
体いっぱいに染み込みます。

                  また現れた滝とナメ
画像


画像


奥に七ツ石小屋へ続く鉄砲尾根あたりが見えて来ました。

画像


画像


この沢を登り詰めると、谷川の朝日岳や七ツ石小屋山・清水峠付近にも登り上げる
ことが出来ますが、日帰りでは無理のため、今日は十字峡あたりまで行って来よう
と思います。下の画像を越えるとカギ状に(П)曲がり、、そのあたりが十字峡
だと思います。

画像


                  二段の滝
画像


いよいよそのカギ状に入りました。グランドキャニオンのような岩の壁
が続く狭い渓流です、滑る岩の上を慎重に歩き通過します。

                  ミニグランドキャニオン
画像


画像


画像


                  この画像の奥を左に曲がれば十字峡
画像


ここから十字峡に行くにはまた高巻しなければなりません。下のトイ状の滝で
1時間近く高巻きしてしまい。もう午後2時を過ぎてしまいました。ここから先は
またの機会にしてここで遅い昼食をして下山することにしました。

                  戻る沢の上に武能岳あたりかな?
画像


画像画像




















画像画像




















画像


陽射しも傾いてきました。急いで水の中をジャブジャブと歩き
帰りました。

画像



♪♪  穂高岳の麓に 梓の流れ メダカがとれる 一度お出でよ この横尾谷に
                   オアニアッハ・オアニアッハ オアニアッハ

      剱岳の麓に 黒部の流れ クジラがとれる 一度お出でよ この剱沢に

      北岳の麓に 野呂川の流れ カツオが取れる 一度お出でよ この大樺沢に

      谷川岳の麓に 湯檜曽の流れ オロクが取れる 一度お出でよ この一ノ倉に

                     オアニアッハ オアニアッハ オアニアッハ・・・

                                     山の歌 オアニアッハより


               こんな歌を歌いながら帰りは湯檜曽川を歩いて意気揚々と
               一ノ倉出会いに着きました。


画像


      今日も山を降りて我が家に帰れば、36度を越える火宅の家でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
今年の暑さはどうなったのでしょうか?
いつまでも続く暑さにはやっぱり沢歩きですね〜。
遠き幼き日々に二人の兄たちと共に川遊びをし魚とりをして遊び、帰りが遅いので心配して迎えに来た両親の温もりと後姿を思い浮かべております。
新潟も早場米の収穫が始まり、稲穂が重い穂を垂らし、少しづつですが秋風が吹いてきております。
リッキー
2010/09/05 16:00
こんにちは
掲示板に写真載せさせてもらいました。
同じ日に近くの沢に入られていたのですね^^
この日はすごい良い天気で、暑くてまさに沢日和でしたね。
私も東黒沢でおもいっきり遊びました。
谷川には良い沢がたくさんあるんですね、
私も今度チャレンジしてみたいと思います。
沢遊びくせになりました^^
まさ
2010/09/05 16:42
リキー さん、今晩は。
北アルプスも涼しかったと思いますが、こちらも水に浸かりながら歩くと涼しくて堪りません。水も丁度良いくらいの冷たさ加減でした。近くにこんな良い沢が沢山あることに大感謝です。
リッキーさんも、山は大分登りましたから、沢歩きは如何でしょうか??。
インレッド
2010/09/05 18:34
まさ さん、今晩は。
早速画像を入れていただき有難う御座いました。
まさ さんが、本当に楽しそうに登られているのが解り、自分のように大変楽しく読ませてもらいました。
谷川はそちらからでも、それ程遠くはありませんので、また機会がありましたら是非お越し下さい。東黒沢・白毛門沢と駅前登山が出来ますので電車でも楽に来る事が出来ます。駐車場にテントを張って登れば何日でも過ごせますよ。水場も駐車場にあります。
もう一つ良い沢を掲示板で紹介しました。こちらも機会がありましたら是非どうぞ・・・。
インレッド
2010/09/05 18:41
こちらは、もう夏が終わった感じです。
天気は快晴ですが、気温は20度ぐらい。過ごしやすいです。
 この十字峡あたりは凄い渓谷ですね。
水の涼しさだけでなく、怖さでちょっと涼しくなりそうで。
「山の歌 オアニアッハ」いい感じの歌詞です。不勉強で知りませんでした。メロディーも気になりますね。
まだまだ、残暑が厳しそうですが、沢歩きなどの涼しい山行で乗り切って下さい。
本読みと山歩き
2010/09/05 20:28
本読み さん、お早う御座います。
こちらは来週あたりから少し涼しくなるようです。
谷川近辺には面白い沢が沢山あって、涼しさを求める沢歩きには、近くて本当に良い所です。ここはさすがに湯檜曽川の本流ですから、少し厳しい沢歩きでした。まだまだ半分も登っていないくらいですが、単独ではかなり危険でもありますので、ここまでにして帰りました。東黒沢辺りなら午後に出かけても白毛門沢の出合いくらいまででしたら行く事が出来ます。夕涼み沢歩きなんて言うのも面白そうです。オアニアッハは昔の大学生の登山部やワンゲルの人達に良く歌われていました。手拍子を打って歌う陽気な歌です。
インレッド
2010/09/06 08:53
おはようございます。
涼しい沢と36度超えの我が家、あまりの落差に言葉も出ません。
お疲れ様という言葉は、山歩きにではなく連日の猛暑に言う言葉になってしまいましたね。
それにしても、谷川の渓谷は素晴らしいです。
水の清さと勢い、清涼感をたっぷり享受させて貰いました。
高巻きはつらいですよね、ミニグランドキャニオンは水の勢いが分かりませんが、水の中を歩いたり泳いだりしながら通過した方が楽ではないですか。
アオニアーハ、初めて聞きましたが、うまく言い当てた面白い歌詞です。
甘納豆
2010/09/06 09:16
涼しげな山歩きでしたね。
こういう道はちゃんとついているものなのでしょうか?
それとも自分で開拓していくものなのでしょうか?
熟練者でないと入れなさそうなところに思えるのですが・・・。
それにしても、面白い歌をよくご存じですね。
文字ではなく、今度は音声付で披露していただかないと(笑)。
nousagi
2010/09/06 09:52
甘納豆 さん、今晩は。
お暑う御座います。
沢歩きは涼しくて、この時期止められませんね!!。
グランドキャニオンは私も歩いて通過しようと思い途中まで行きましたが、深くて岸に捕まる所も無く、途中でオボレてしまうと困りますので、大事を取って高巻きしました。途中で沢に降りられる所が在り再度歩いて見ましたが、ちょっと泳いでは無理のようでした。もう少し水量が少なければ大丈夫と思います。
今まで登った沢では一番怖い沢でした。甘納豆さんならば大丈夫と思いますので、途中でテン拍でもして朝日に登り上げて見たら如何でしょうか。
インレッド
2010/09/06 19:20
nousagiさん、今晩は。
沢登りは暑い日には涼しく本当に気持ち良いものですよ!!。
このあたりの沢は人気の沢ですので、難しい所は大抵は左右どちらかに高巻する踏み跡が付いています。今回最初のトイ状の滝は、やはり登ることが出来ず、かなり手前から、左側の尾根を登り上げましたが、踏み跡が無く一応GPSは持っていましたが、帰りに迷うと困りますのでテープで目印を付けながら登りました。それ以外は迷うことはありませんでしたが、ちょっと怖い所もありました。  オアニアッハは昔 大学のワンゲルの方たちに良く歌われた歌です。you tubeに載っていればアップ出来るのですが、残念ながら載って居ず、その他探して見ましたが見当たりませんでした。手拍子に載って歌う陽気な歌です。
インレッド
2010/09/06 19:34
今晩は、この暑い最中谷川の清流に身をゆだねられる贅沢、一度連れてってください。今年は無理でも来年にはこの様な遊びをしてみたいですね。こんなに近くにあってこの様な遊びを知らないなんてもったいなさ過ぎます。危険が伴いますからもちろん経験者と一緒でないと不安ですね。それまでに体力を整えますから・・・
ロ−ラ−
2010/09/06 20:19
ローラーさん、今晩は。
体調はいかがですか。
いつでも行きましょう。
谷川の沢は全国から沢登りの人が来るほど、よい沢が沢山あります。本当にこんな近くにあるのに楽しまない手はありませんね。難しい所もありますが、私も初心者ですので、易しい所だけ選んで歩いています。今年のように暑い夏は本当に清々しくて気持ちの良いものですよ!!。食事が美味しく食べられます。

沢靴(底にフェルトの貼ってある靴)だけは必要ですよ。
インレッド
2010/09/06 21:24
インレッドさん、今晩は。また気持ちよい 沢登りでしたか、見ている私も暑さが、すっ飛んでしまいました。
先週北アルプスに連れていってもらい、また行きたくなり楽で展望の良い唐松岳に行って来ました。一泊して五龍遠見尾根を縦走したくなりました。 
てるてる坊主
2010/09/06 22:30
沢登りは、この暑さですから気持が良さそうですね。
途中、トリカブトの花色が冴えていてキレイです。
インレッドさんは熟練者で、胸まで潜って岩場を登られたとの事、凄いですね! ドキドキ・ワクワクしながら拝見しました。
私は、剱岳・奥穂高岳などは制覇しましたが谷川岳は未踏です。
これからも楽しみにこちらにおじゃまさせていただきます。
やまびこ
2010/09/06 22:33
インレッドさん、おはようございます。♪
清冽な水の流れに涼を感じました。
本当に今年は異常な暑さが続きます。
沢の中をジャブジャブが気持ちよさそうですね。
でも、岩場や滝場では冷や汗も出そうです。(^<^)
クロちゃん
2010/09/07 06:41
てるてる坊主 さん、お早う御座います。
唐松に行って来ましたか、良い写真は撮れましたか。
天気は良かったと思いますので、また大展望楽しめたようですね。ここから五竜は比較的楽に行く事が出来ますので小屋泊まりで行って見て下さい。私は反対側の祖母谷方面に降りてみたいと、いつもそこに立つと思います。祖母谷から欅平に行きトロッコ電車で帰りたいと思うのですが・・・。
インレッド
2010/09/07 08:52
やまびこ さん、お早う御座います。
谷川はまだでしたか、東京を過ぎれば簡単に来られますので、この一ノ倉の大岩壁でも見学に如何ですか。ここまでならば車で来る事が出来ます(季節により車は入れない事もあります)。圧倒されるような大岩壁ですよ。近くの道路脇には慰霊のプレートも沢山掛かっています。
インレッド
2010/09/07 08:58
クロちゃん、お早う御座います。
魚止めの滝あたりまでは、魚が沢山泳いでいましたよ、如何ですか釣にでも。
谷川は近いので昼頃に出かけてきても沢歩きは楽しめます。今年のような暑い時は、沢は最高ですね。
今回の湯檜曽川はさすがに怖い所もありましたが、安全第一で途中で下山しました。
インレッド
2010/09/07 09:05
なんと涼しそうなこと・・・
なんと迫力ある流れだこと・・・
谷川の水が澄んでいること・・・
滝のしぶきが降り注いでくるようです。
沢歩き冥利に尽きますね。

秩父の釣りシーズンはもうすぐ終わります。
一度くらいはと師匠と相談していましたがヘリの墜落以来すっかりその気がなくなってしまいした。
来年こそは・・・と思っています。

グランドキャニオン・・・絶景ですね。
keykun
2010/09/07 14:07
keykunさん、今晩は。
ここにも沢山魚は泳いでいましたよ。
谷川の沢は比較的明るくて、登り易い沢が沢山あり面白いです。
白毛門の登山口の東黒沢でしたら駐車場の所から登れます、1時間半も登ればハナゲの滝なんて素晴らしい滝もあります。楽に登れて美しい沢ですので是非
一人でも大丈夫ですから登って見て下さい。
インレッド
2010/09/07 19:06
こんばんは
 この暑さでは沢歩きが一番良いようですね。涼しさが伝わってきます。谷川でしたら近くて良いですので一度くらい頑張りますかね・・・
まきまき
2010/09/07 23:48
まきまき さん、お早う御座います。
先日はお世話になりました。

唐松も天気が良くて良かったようですね。
沢登りをやるには、やはり沢靴が必要です。
まきまきさんは、その前に登山靴も買い替え
ないとその内底が剥がれてしまいますよ。
インレッド
2010/09/08 09:10
ああ、涼しそう〜♪
湯檜曽川上流がこんなふうになってるなんて知りませんでしたよ。
写真で水が澄んでいるのが良く分かりますね。
沢登りは面白いでしょうねえ。羨ましいなぁ。
私は昔巻機山の沢を、2回だけ登ったきりですが、
尾根登りとは全然景色が違って見えました。
紅葉の頃の谷川の沢はまた綺麗なのでしょうね。

けっこちゃーん
2010/09/08 21:56
けっこちゃーん さん、お早う御座います。
谷川は新潟側も群馬側も素晴らしい沢が沢山あり、夏に遊ぶには本当に良い所です。沢の澄んだ流れと紅葉もきっと絵になると思います。そんな沢を一つとって置いてありますので、その頃また行って見ようと思っていますが寒いと・・・。
インレッド
2010/09/09 08:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
暑さ忘れる湯桧曾川本谷   2010/9/4日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる