インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 西上州の究極の尖がり山、高岩。 2010/9/25日

<<   作成日時 : 2010/09/25 22:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 28

今まで沢山の西上州の尖がり山を紹介して来ました。今日登った高岩はその中でも究極の尖がり山です。15年ほど前に一度登りましたが、ザイルを持っていなかったため、ビビッてしまい途中で敗退している山です。

                  これから登る高岩
画像



軽井沢方面から上信越自動車道を群馬県に降りてきて八風山トンネルを潜り、碓氷軽井沢IC付近の左側に大きく尖った山があります。もう一つの道、碓氷バイパスを降りて来ると、峠から群馬側を眺めると妙義山塊のギザギザの岩峰が圧倒するように聳えていて、普通の山を見慣れている人には日本の山では無く、それこそ墨絵か南画のような、中国の山のような風景が広がっています。その一番手前に鋭く天を突いて聳えているのが、この高山です。

                  高岩(1084m)
画像



                   過去の尖がり山の記事

         立岩 2009/11/7日      大ナゲシ・赤岩 2008/11/3日  
         二子山 2008/11/29日    鹿岳 2007/11/11日
         天丸山・大山 2007/11/17日  碧岩・大岩 2007/11/23日   


                  登り始めの道
画像


画像
     

針葉樹の道を登り、爪先上がりの急登になると、広葉樹の道になりました。さすがにこの山には登る人もあまりないようで、標識も 殆ど無く踏み跡も微かに解るくらいで、もうすぐその踏み跡は落ち葉に隠されてしまいそうな道でした。

                  だんだんとガレた登りになって来ました。
画像


                  岩峰の下に着きました。これからこの岩峰を登ります。
画像
   

ここの登りは狭いチムニーになった岩場を登ります。大きなザックや太った人は、
登るのに苦労します。ザックは下にデポして登ったほうが良いかも知れません。
かなり腕力を必要とする登りです。 

                  登り始めの岩場
画像
  

                  ここを登っても、まだまだ先は続きます。
画像
 

                  腕が疲れました、岩棚で一休みして下を眺めて見ました。
画像


                  まだまだ狭いチムニーの登りは続きます。
画像


こんなバカな事を何で俺はやっているのだろうか??、と後悔しながら、
ここまで来たのならば、登るしか無いと自分に言い聞かせて、さらに登ります。

                  腕が疲れて来たので、また岩棚で一休み、登って来た岩場を眺めてみました。
画像
  

                  岩の間からの眺め
画像
  

                   もうひと頑張り、稜線が見えて来ました。
画像


                  稜線から登って来た岩場を眺めてみました。
画像


稜線に出れば一気に青い空が見えてきて、秋の涼しい風に吹かれ、
高速道を通る車の音を聞きながら食事にしました。近くには浅間・裏妙義
遠くに荒船山・八ヶ岳も眺められ、麗らかな周りの山々を眺め
暫し岩峰の上で秋を楽しみました。

                  山頂方面
画像


                  寂しい高岩(雄岳)山頂の碑
画像


この山頂の碑の前に高さ1.5mほどの丸い岩があります、その上が本当の
山頂ですが、怖くてその上には乗ることが出来ません。

                  山頂より浅間方面
画像


                  
                   山頂より碓氷 軽井沢IC方面
画像


                  山頂より荒船山・八ヶ岳方面
画像


                   山頂より毎年秋に登る裏妙義の谷急山と、奥に表妙義の山
画像


                   山頂より碓氷バイパス方面と奥に鼻曲山
画像


展望を楽しみ下山することにしました。それほど高い山ではありませんが、
中々手強い山でした。今日の凱歌を口ずさみながら、降りて見ればなんだか
楽しい山登りでした。

画像画像


















                 夕日に染まり始めた高岩
画像
































         MIDI付きの歌をお楽しみ下さい

           一人の山





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
尖り山シリーズの究極を見せて頂きました。
今までの尖り山もすごいなと思っていましたが、この高岩は本当にすごいですね。鎖が無ければロッククライミングの世界です。
全体と登った景色からは山なのでしょうが、見ているとやっぱりこれは岩と言うのが正しいようですね。
上から撮った写真は、写真では高度間や角度がうまく表せませんが、目で見たスリル間は相当なものと推察されます。
自分はインレッドさんのレポだけで十分です。
甘納豆
2010/09/26 10:59
おはようございます!
垂直な鎖はクライミングの世界ですが、これでその楽しさに目覚められませんでしたか??(笑)
“高岩”というシンプルな名前は、地元の方のこの山への思いが伝わってきます。
最後の写真にそんな物語を感じます。
本読みと山歩き
2010/09/26 15:14
甘納豆 さん、今晩は。
早朝に起きてハードな山登りは、だんだんときつくなって来ました。このあたりは近いので朝はゆっくりと起きて登ることが出来ます。おまけに「峠の釜めし」と言う大好きな弁当も通り道で売っていますので。それをザックに入れて、山頂で食べるのを楽しみに登りました。大変怖い岩場でしたが、今回はザイルを持って登りましたので、何とか山頂で美味しい昼食をすることが出来ました。
甘納豆さんも、きつい山やハードな山が達成感があってお好きなようですが、そろそろ方向転換も必要と思います。ノンビリ行きましょう、まだ先は長いですよ!!。
インレッド
2010/09/26 19:01
本読み さん、今晩は。
クライミングと言うほどではありませんが、かなり垂直な岩場を登ります。とても怖くて好きになるような登りではありませんが、終わってみれば楽しい登りでした。軽井沢から群馬方面に通ることがありましたら、是非この山のことを思い出してみてください。直ぐに解る岩峰です。
インレッド
2010/09/26 19:05
こんばんは
遠望が航空写真のように見えるのは垂直に登ったからでしょうか?
一番下の写真はマッターホルンのようにも見えますね。
高所恐怖症の私は見ただけで足が震えて来ます。
くれぐれもご注意の上お楽しみ下さい。
リッキー
2010/09/26 21:56
こんばんは
 今日は立岩トンネルを朝早くクグリ抜けて信濃町まで高速で行き、高妻山に行って来ました。
 今度は岩登りですか、気をつけてやって下さいね。
まきまき
2010/09/26 23:04
おはようございます。上信越に乗ると良く目立つとがった岩ですね、あの山にも登れるのかと驚いています。まるでロッククライミングですね、人はねらった物を何とかして自分の物にしたいと言う欲求は誰にもありますが程ほどで我慢するのも大切だと思います。気をつけて遊んで下さいね。
ロ−ラ−
2010/09/27 05:53
リッキーさん、お早う御座います。
こんな岩登りは私もあまりやりたくありません、以前途中敗退が気になっていましたので、いつか暇なときにもう一度リベンジと思っていました。今回はザイル持参でしたので、何とか登ることが出来ました。下降はもっと大変かなーと思っていたら、案外にすんなりと降りられました。
インレッド
2010/09/27 08:52
まきまき さん、お早う御座います。
高妻山でしたか、先週の天狗より大変だったのでは・・・。
一不動 二阿弥陀?? なんて確か十まであったような。もうかなり以前になりますが、一度だけ登りました。かなり疲れましたが、シラネアオイが沢山咲いていました。
インレッド
2010/09/27 08:57
ローラーさん、お早う御座います。
体調は如何でしょうか。
以前登って途中敗退が気になっていました。いつの日か暇なときにもう一度チャレンジと思っていましたので、今回やってみました。今回は前の教訓でザイル持参でしたので登ることが出来ました。こんな岩登りは私もあまりやりたくはありません。それでも狭い山頂からの眺めは秋の麗らかな日の下で、楽しいひと時でした。
インレッド
2010/09/27 09:03
インレッドさん、こんにちは♪
画像からも高度感とスリル感が伝わって来ました。
私は遠くから眺めるだけでとても近づけません。
そういえば上州には尖り山が多いですね。
上からの景色は素晴らしい宝物に見えました。(^^)/
クロちゃん
2010/09/27 11:27
すごい山ですね〜(@_@;
とても恐ろしくて写真を見ているだけで足がすくみます。
インレッドさんの技術がハイレベルなのは拝見していてわかりますが、
腕力もたいしたものですね。体力もお気持ちもとてもお若いです。
sanae
2010/09/27 14:23
インレッドさん こんにちわ
今度は尖がり山の高岩でしたか
天に向かって聳え立つ高岩、下から見ただけでも怖いですね
登山は安全第一気を付けて登って下さい。
お天気が良いので清水から朝日岳に登って来ました。
(小屋の二階から寝返りして落ちそうになりヒやり笑‥)
small cherry
2010/09/27 17:13
クロちゃん、今晩は。
鈴ヶ岳は如何でしたか。
今月号の 山と渓谷 に西上州の山々が紹介され居ますが。この山は妙義付近なので、それには載っていません。
「40過ぎたら西上州」と言われています。そろそろ40も過ぎたようですので、西上州の山にお越し下さい。
インレッド
2010/09/27 19:09
sanaeさん、今晩は。
武尊がお好きなようですね、湯の小屋から坤六峠への道は紅葉の素晴らしい所です。その時期は狭い道路は大勢の車で混雑します。田代湿原は昔良く家内を連れて行きました。武尊までは結構長い道ですね。
この山は軽井沢から群馬に降りて来ると、目立つ山です。お通りになる時がありましたら、あれがインレッドが登った山かー と思い出して頂けたら幸いです。
インレッド
2010/09/27 19:15
small cherryさん、今晩は。
こんな尖がり山は、私もあまり登りたくはありませんのでご安心下さい。
清水から朝日でしたか、結構きつい歩きでしたね、そろそろ紅葉もしていたのでは無いですか。このあたりは私のホームグランドのような所です。沢からも残雪の頃も楽しい所です。
インレッド
2010/09/27 19:20
沢だったり岩だったりと、
なんでも来いですね。
ここの鎖は垂直ですし、
普通の山歩きとは全く違いますね。
見るだけにしておきます。(^_^;)
nousagi
2010/09/27 20:27
nousagiさん、今晩は。
時々はこんなバカな事もやっていますが、正直なところあまりやりたくはありません。
ここの岩場はおよそ30mくらいの垂直な岩を登らなければ山頂に届きません。
時間をかけて鎖にぶら下りながら足場を探していると、腕が疲れてしまいます。なるべく早くしっかりした足場を探して登らないと一層腕が疲れます。今回はザイルにカラビナを繋ぎ鎖に引っかけながら登りました。そうすれば落ちても1mくらいですので安心して登ることが出来ます。降りはもっと怖いのですが、今回は案外スイスイと降りることが出来ました。山頂からの麗らかな秋の景色と途中で買った「峠の釜めし」は美味しかったです。一度皆様と来て見ませんか、ご案内いたします。
インレッド
2010/09/27 20:57
綺麗な風景、迫力満点のロック同然の岩登り、写真とコメントで充分堪能凄いの一言、本当の頂上最初の写真のテッペンと思いますが、怖くて登れないとありましたが、登れるのですか?。素晴らしいホームグランド挑む相手に事欠かず幸せですね。
デジ健
2010/09/28 08:56
いやぁ〜すごい山ですね。
呼んで写真を拝見してるとオシリがムズムズしてきました。

妙義山もそうですがどうしてこの周辺にはこんな自然が残っているのでしょうか。
ただただ驚いています。

keykun
2010/09/28 14:28
デジ健 さん、今晩は。
ご無沙汰しています。
8月の末に、三ノ沢か西穂高に行こうと、友達を誘ったら、やはり「穂高」の方が知名度があるようで、そちらになってしまいました。私としては本当は三の沢に行きたかったのですが・・・。谷川の紅葉は素晴らしいですよ。トマ・オキあたりから、さらに一ノ倉・茂倉と行き蓬峠から降りる道は中々のものです。
私のホームグランドの西上州は地味な山が多いのですが、「40過ぎたら西上州」と首都圏の人に言われるように、良い山が沢山あります。それ程きつい山はありませんが、しみじみと良い山ばかりです・
インレッド
2010/09/28 18:34
keykunさん、今晩は。
「七草めぐり」にしようかと迷いましたが、天気が良かったのでこちらにしました。
軽井沢から碓氷峠を降りるときに、真っ先に見える尖がった山がこの山です。近くを通った時に是非眺めてみて下さい。そしてあの山をインレッドは登ったのかと思い出して頂けたら嬉しいです。
インレッド
2010/09/28 18:39
今晩は、ご無沙汰しています。
今ブログの画像を見てビックリしました。こんな岩山に登れるのですか、
私なら恐ろしくてとっても登る気にもなりません。北アルプスの山に登るより怖いですね。
nori
2010/09/29 17:46
noriさん、
お早う御座います。
今年の夏は良い天気が続きましたから
さぞや良い写真が撮れたのでは・・・・
今度碓氷峠を越えてこのあたりの写真を
撮りに来て見ませんか??。結構良い被写体
の山がありますよ。
インレッド
2010/09/30 09:15
レッド様
 忙しい9月が終わったらいきなり暇になりました。
明日が休みになったので横浜へ出掛けるつもり、今年は秋が遅いのでしょうか。それとも秋が無いのでしょうか。尖山の鎖が冷たく見えます。
この先山は登れないかもしれません、自分のペースでハイキングをすることにします。お願い!!写真集を作ってください。
そうそう木村さんの奥様がレッド様の絵が見たいと話していました。
どこかで個展を開いてください。
 見てごらん空一杯の鰯雲   魅
しまふくろう
2010/10/01 17:11
この山は高速から良く見えるあのでっかい岩なのですね。
高速を通った時、気になってました。ここに登っちゃうなんて凄いなあ!!
インレッドさんが水墨画の中の仙人みたいに
岩山をスイスイ駆け上がる姿を想像しちゃいました。
あれ?仙人は霞ではなく、「峠の釜飯」に舌鼓打っているう〜(笑)
けっこ
2010/10/06 08:46
けっこちゃーん、今晩は。
そうです、碓井軽井沢ICのそばに聳えてる、尖がった山です。ここは細い人限定の山なので私にはなんとか登れますが・・・。
「峠の釜飯」は大好きなんですよ。けっこちーゃんは食べたことがあるでしょうか。横川パーキングでも売っていると思いますので是非一度食べて見て下さい。
インレッド
2010/10/07 19:11
魅さん、返事が遅くになって申し訳ありませんでした。

個展をやるほどの絵は無いので、今は出来ませんが、
時々はネットにアップします。そのくらいで、どうぞ
勘弁してください。
インレッド
2010/10/09 15:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
西上州の究極の尖がり山、高岩。 2010/9/25日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる