インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年一番の紅葉 鼻曲山。  2010/11/3日

<<   作成日時 : 2010/11/04 19:58   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

文化の日のこの日は以前は、群馬県民マラソン大会に出ていましたが、いつも勝ったり負けたりのライバルが出場しなくなり、それに習って私も、15年も連続して出場した大会に出ることが無くなりました。今日はそろそろ近くの山々にも紅葉前線が降りて来たようで、久し振りに鼻曲山の紅葉を楽しむ事にしました。

                  登山口近くの紅葉
画像


     鼻曲山には幾つかの登山口がありますが、紅葉の美しい霧積温泉から登る事にしました。
     その霧積温泉の手前に霧積ダムがあります。昔 「人間の証明」と言う角川映画がありました。
     そのコマーシャルに良く流れた台詞があります。風に飛ばされてダムに落ちて行く、あの
     ムギワラ帽子のシーンと、その台詞はきっと皆さんも記憶があると思います。


          母さん僕のあの帽子

          どうしたでしょうね

          えゝ夏碓氷から霧積へ

          行く道で渓谷へ落とした

          あの麦藁帽子ですよ

          僕はあのとき

          ずいぶんくやしかった

          だけど、いきなり

          風が吹いてきた

          もんだから・・・        
                          西条八十 作

                黒部ダムのような霧積ダム
画像


     群馬の山を題材にした幾つかの詩や歌がありますが、私の一番好きな詩がここにある
     川田 順の詩です。川田 順は今の天皇が皇太子の時の歌の先生でした。その頃に
     短歌の教え子の大学教授の奥さんと恋仲になり駆け落ちまでしてしまいました。その
     事が「老いらくの恋」として、一時有名になりました。その川田 順がここに泊まり創った
     詩です。

                  霧積温泉のきりつみ館と川田 順の碑
画像画像
















                  川田 順の詩

     火の山の浅間のふもと

     紅葉照る谷間を縫ひて

     碓氷川あら瀬あお淵

     青く澄み白くは乱る

     露霜のふりにし宿を

     心なくこぼちな果てそ

     山川の清きに居つつ

     何しかも人の世恋ふる

     ぬばたまの夢に見えたる           ぬばたま=夜の枕言葉

     うつくしの山辺は此処と

     深谷の笹の葉わけて

     尋ね来しわれ等もあるを

     この谷ぞ君がおくつき             おくつき=奥つ城  墓場の事です

     忘れても都へ出づな

     紅葉舟しかはね載せて

     水の間に失せば浄けむ

     
                          美しいあなたは、都会の塵になどに汚れずに
                          どうかこのような美しい自然の中で、紅葉が下の
                          渓谷に身を沈めて終わるように、あなたもその
                          生涯を終わって呉れたら、どんなにか清く美しい事でしょうか
                                                 ・・・なんて意味でしょうか。

                  温泉の前の渓谷
画像


今年はまだ本当に美しい紅葉を見ていませんが、今日は期待通りの
紅葉が見られそうな周りの山々の雰囲気です。急ぎ身支度をして
登り始めました。

                 登り始め道
画像画像
















                  紅葉の登り道 1
画像


                  紅葉の登り道 2
画像


                   紅葉の登り道 3
画像


                         隣の尾根の紅葉
画像画像

















萌黄色からオレンジ・赤へと変わるグラデーションの美しい道になりました。
こんな色の下を歩いていると、穏やかな気持ちになります。それが自然の
偉大さなのでしょうか。

                  紅葉の登り道 4
画像


                  紅葉の登り道 5
画像


                  紅葉の登り道 6
画像


紅葉の中を登り、木々の間にも紅葉の尾根が見えて素晴らしい
尾根歩きになりました、1時間ちょっと歩いて、奥に今日登る
鼻曲山が見えて来ました。

                  紅葉の奥に鼻曲山
画像


                  紅葉の奥に妙義山
画像


                  隣の尾根方面
画像


                  山頂直下あたりの紅葉
画像


落ち葉を踏み別け急登を越えて山頂に着きました。この山頂の少し先に
浅間方面の展望の良い頂があります。5・6人の人が憩うその山頂で
景色を眺めながら食事にしました。

                  鼻曲山山頂(1654m)
画像


                  山頂より浅間山方面
画像


                  山頂より前回登った浅間隠山方面
画像


                  山頂より隣の剣ヶ峰・角落山方面
画像


                 山頂より妙義方面
画像


結構冷たい北風が頬や手を通り過ぎて行きます。ホカロンを出して
ポケットに入れ、時々握りながら下山しました。

                  下山時の紅葉 1
画像


                  下山時の紅葉 2
画像


                  隣の尾根の紅葉
画像


秋の字は、とき とも読みます。一年の終りの とき それが秋
なのでしょうか??。赤く燃えて最後を飾る木々は美しくもあり
また一抹の哀しさも感じます。

                  下山時の紅葉 3
画像


                  下山時の紅葉 4
画像


                  下山時の紅葉 5
画像


この山に来ると、どうしても川田 順の詩と、森村誠一の人間の証明を
思い出してしまいます。家族の絆や愛とはなんなのだろうか・・・

                  下山時の紅葉 6
画像


                  下山時の紅葉 7
画像


「キスミ」と言う謎の言葉と、西条八十の詩集の本を残してエレベーターの中で
殺された黒人の物語は、人間が一人で生きて行く事や・・・

                  下山時の紅葉 8
画像


                  下山時の紅葉 9

画像


                  下山時の紅葉 10
画像


人はなにを求めて、何を犠牲にして生きて行くのかと、そんな事を問われた
作品と思います。「キスミ」が霧積であった事からその謎の糸口は少しずつ
解明されます。そして あの mama do you remenber と言う
ジョー 山中 の歌を聞くたびに ジーンとなってしまいます。

                  下山時の紅葉 11
画像


                  下山時の紅葉 12
画像


                   下山時の紅葉 14
画像



ここ霧積温泉は明治時代は軽井沢よりも文人墨客に愛された温泉でした。
与謝野晶子始め多くの人が訪れてここの紅葉を愛したようです。そんな事に
想いを馳せながら、今日は真っ盛りの紅葉を楽しみました。



画像



               取りとめの無い長いブログを最後まで読んでいただき有難う御座いました。





     




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんばんは♪
人間の証明の舞台のひとつだったですか。
この日は、あの浅間の雲の中に私は入っていました。(^^ゞ
鼻曲から見る景色の方が良かったですね。
紅葉真っ盛りの季節は色んな思いが駆け巡ります。(^^)/
クロちゃん
2010/11/04 20:49
今晩は!
いつになくたくさんの写真を使いましたね。
しかも全てが生きている。
こんな素晴らしい自然の中に居ると自然に詩も生まれるのでしょうね。
新潟はものすごい風が吹いた荒れた天気でした。
その分今日の天気は素晴らしかったです。
五頭山、二王子岳がくっきりと手に取るように近く見えました。
二王子岳の後にはうっすらと雪を被った飯豊もくっきりと。
甘納豆
2010/11/04 21:39
こんばんは
 霧積温泉の方からですと良い紅葉が一杯ですね。天気が良いから映えて写ります。頂上はもう少し晩いくらいでしたか、良いところが多くあり楽しみでしたですね。
 
まきまき
2010/11/04 22:53
クロちゃん、お早う御座います。
浅間でしたか、結構風もあり寒かったでしょう!!。
落松の黄葉も良かったのではないですか。
こちらは浅間のお陰で少しは風も弱かったですが
それでも風は冷たかったです。
インレッド
2010/11/05 08:44
甘納豆 さん、お早う御座います。
本当はこの日は 自称群馬在住新潟県人としては、本当はそちらの山に行く予定でしたが、2日も3日も雨の予報でしたのでこちらにしました。
これからは、そちらと関東の天気はかなり違ってきますね
二王子は来春にでもまた行こうかな と思って居ます。
インレッド
2010/11/05 08:50
まきまき さん、お早う御座います。
新潟の山は残念でした。
群馬の紅葉もかなり見頃になってきました。
この山や隣の角落・剣ヶ峰あたりも丁度見頃
のようです。
そろそろ西上州も色付き始めたようですよ!!。
インレッド
2010/11/05 08:57
今日は、足元の素晴らしい紅葉を見せていただきました。西上州の紅葉がボチボチ始まるとのことじっとしていられません。天候も良い日が続いてます。裏妙義の紅葉を今年は是非見たいと思っています。谷急山あたりはもう始まったでしょうか。
ロ−ラ−
2010/11/05 10:34
この山の紅葉はとびきりだったと
今でも記憶にありますが、
やっぱり綺麗ですね。
わあぁ〜と声を発するほどの紅葉、
私も今年は見ていませんので、
行きたくてたまらないのですが
寒くなると途端に体調が悪くなります。(>_<)
それにしても、マラソンもやられていたんですね。
インレッドさんがコタツでのんびり、なんてシーンは
ないんでしょうか(笑)。
nousagi
2010/11/05 11:26
ローラーさん、今晩は。
谷急山の紅葉谷あたりは、暖かいところですので、まだまだ先です。いつもの年ならば勤労感謝の日あたりが見頃です。来週あたりからは中間道が見頃になると思いすが、今週では早過ぎると思います。今週あたりは榛名あたりでしょうか?。
インレッド
2010/11/05 20:33
nousagiさん、今晩は。
体調が悪いのですか、季節の移り変わりですから、気を付けて下さい。
思い切って山に出かけたら治るのでは???。
土曜日に山に行けば日曜日は昼から飲んで、コタツで音楽でも聞いたり、本を読んだりして目が疲れたら、ゴロ寝何てこともありますのでご安心下さい。
インレッド
2010/11/05 20:41
この山は何回か登っていますがこんな素晴らしい紅葉を見たことはありません。
お天気も良く充実した山歩きになりましたね。
ミニミニ放送局
2010/11/05 20:45
おはようございます。
「僕のあの帽子 どうしたでしょうね」思い出します。懐かしい響きがします。西条八十さんが、霧積ダムの景色を見て作ったのですか。雰囲気が伝わってきます。
秋ど真ん中ですね。
カスミッシモ
2010/11/06 08:46
おはようございます。
この背景の紅葉と「川田順」さんの詩はしっくり来ますね。
なんとも味わい深い。
人間の証明!これもなつかしい。 松田優作は大好きな俳優さんでした。
本読みと山歩き
2010/11/06 15:28
ミニミニさん、今晩は。
鼻曲山は紅葉の時期しか登った事はありませんが、夏にはレンゲショウマも咲いているようです。空気が澄んでいれば北アルプスも見えるようです。また機会がありましたら是非お越し下さい。
インレッド
2010/11/06 20:44
カスミッシモさん、今晩は。
あまり馴染みのない山だと思いますが、紅葉の頃はなかなか素晴らしいところです。空気が澄んでいれば北アルプスも見えます。軽井沢方面からも登る事の出来るです。機会がありましたら是非登って見て下さい。
インレッド
2010/11/06 20:47
本読み さん、今晩は。
霧積温泉は昔は軽井沢よりも避暑地としては有名だったようです。紅葉の頃も多くの文人達に愛されたところのようです。人間の証明でまた有名になりましたが最近は静かな温泉です、ちょっとぬるい温泉で1時間位は楽に入って居られます。
インレッド
2010/11/06 20:52
ご無沙汰しています。

群馬の紅葉も素晴らしいですね。
もうこちらの山は殆ど終わりました。後は低い山で
紅葉の写真を撮ろうと思って居ます。
nori
2010/11/07 16:48
こんばんは。
これだけ沢山の紅葉の写真を見せていただいても、見飽きないのが不思議ですね。やはり写真の撮り方のせいでしょうか・・
私など、前の紅葉にピントを合わせると後ろが真っ白になってしまったし、遠くの紅葉に合わせると近くが真っ黒になったような・・なんて思いながら見せていただきました。(^_^;)
先日、長野県の別所温泉という所に行ったのですが、剣が峰 角落山のようなぽっかりとした山が見られて珍しい風景でした。
確か、その別所温泉も文人たちに好まれた温泉だった気がしますが、風情のある静かな温泉でした。
つれづれ
2010/11/07 22:45
noriさん、お早う御座います。
こちらの紅葉も見頃になってきました。
そちらのように
後ろに真っ白い雪があればさらに美しい
のですが・・・。
インレッド
2010/11/08 08:45
つれづれ さん、お早う御座います。
別所ですか、信州の鎌倉なんても言われて居ますが、良い所ですね。
後ろにぽっかり の山は多分独鈷山か子檀嶺岳(こまゆみだけ)あたりと思います。山頂からは常念岳が良く眺められます。
白トビ・黒トビはコンパクトデジカメでは避けられません。そんな時は黒い方にして、後で修正できます。多分isコントラスト補正とかハイダミナックレンジなんて機能が付いていると思うのですが、そこで修正すると、見た通りの画像になります。白トビはなかなか修正が出来ません。
インレッド
2010/11/08 08:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年一番の紅葉 鼻曲山。  2010/11/3日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる