インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙義の白雲山・相馬岳  2010/11/20日

<<   作成日時 : 2010/11/21 15:35   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 26

毎年のように妙義の紅葉を眺める登山を楽しんでいますが、まだ白雲山・相馬岳はブログの記事にした事がありません。その紅葉を楽しみながら鋭い岩峰群に登って見ようと思います。

               今日これから登る岩峰群(左が相馬岳・右に白雲山。右端中央より少し上に大の字)
画像


先ず妙義神社から歩き始めます。外人さんの登山者も鳥居の前で
色々なポーズをしてカメラに収まっていました。

                  妙義神社前
画像


                  神社の裏の紅葉
画像


神社裏から先ず「大の字」を目指し登ります。大きな大文字は
下の国道からも眺められます。

                   登山道の紅葉
画像画像
















展望の良い大文字のある岩峰に着きました。周りの秋の風景を
眺めて一休み

                  大の字
画像


                  大の字から麓の眺め
画像


                  大の字から白雲山方面
画像


大の字から次ぎは妙義神社の奥の院を目指します。

                  途中の紅葉
画像画像

















                  奥の院は岩穴の中にあります。
画像


さてここからが急峻な岩場の登りになります、次々とクサリが現れて
心休む暇がありません。

                  連続するクサリ場
画像画像
















画像


                  登る途中の景色
画像


画像


岩場の急登で通称ビビリ岩と言われている見晴台に着きました。
左右が大きく切れ落ちて本当にビビルところです。

                  ビビリ岩より麓の風景
画像


                  ビビリ岩より裏妙義方面と上に浅間山
画像


次ぎのクサリに捕まり登り上げて白雲山に着きます。以前5月に登った時は、
折からの突風でクサリに捕まったまま横に飛ばされたこともあった所です。

                  白雲山への最後のクサリ場
画像


                    玉岩あたりから大天狗方面と 大のぞき
画像画像

















                  
                  玉岩付近より麓の風景
画像


                  大ノゾキ付近より登って来た岩峰
画像


                  大ノゾキ付近より金鶏山」方面
画像


ここから相馬岳に行くにはまたまたクサリに捕まり大きく降らなくては
なりません。今日は腕力も必要な登山です。

                  相馬岳への途中のクサリ場
画像



画像






















登り上げて途中に中間道へ降りるタルワキ沢があります。降りようかどうか、
迷いましたが、上部をもう少し縦走してみようと思います。

                  下にタルワキ沢への道
画像


                  相馬岳山頂
画像


ここでタルワキ沢を登って来た若者二人と昼食にしました、紅葉の具合を
聞いて見ましたが、イマイチとの事、やはりバラ尾根を降り金洞山への
上部を縦走する事にしました。

                  これから行く尾根道 先に難所の鷹戻し・金洞山方面
画像


                  登って来た白雲山方面
画像


相馬岳よりバラ尾根もかなり厳しい道でしたクサリに捕まり、張り出した
根っ子に捕まりながらのアップダウンが続き、気の休まる暇がありません。
やっと「堀切」に着きましたが、そこの看板には、「この先、滑落等の事故が
多くあり危険ですので装備 体力に自信の無い方は引き返して下さい」と
書いてあります、一応ザイルは持ってきましたが、使わずにそんな道を
降りてきました。

                  堀切
画像


堀切から鷹戻し方面は一昨年のブログにアップしましたので、今回は
ここから中間道に降りました。中間道の紅葉を楽しもうと思いましたが・・・

                  本来ならば一番紅葉の美しい場所ですが今年は・・・
画像画像

















今年の夏の暑さのためか枯葉色の紅葉でした、木々も熱中症にでも
なったようです。ここにはムラサキシキブの実も沢山なっている頃ですが、
やはり全く見る事が出来ませんでした。早々に観光客で賑わう石門群へ
行きましたがそこも紅葉は枯葉色でした。

                  途中の紅葉
画像画像
















                  大砲岩方面
画像


                 天狗の評定方面
画像


                  東岳方面
画像


                  第4石門
画像


夕日に輝く紅葉の車道に出て、車を置いた妙義神社まで戻るため
長ーい車道を歩かなくてはなりません。

                  車道の紅葉
画像


アップダウンの多い岩峰と気の置けない道ですっかり疲れましたが、
2時間程車道を歩いて、やっと駐車場が近くになりました。夕日に輝く
相馬・白雲山がご苦労様と微笑んでいるようでした。

                  夕日に映える相馬・白雲山
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
妙義のご紹介をいただくたびに、みごとな岩峰だな〜と感心しきり。
今回はとくに、高度差を感じました。
 奈良の大峰山にも、“覗き”があって、学校登山で子供たちは連れて行かれるのです。縄を括りつけられ、この覗きを覗かせるのです。
修験道の恰好をしたおじさんんに「親のいうことを聞くか」とか、なんとか約束をさせられたことを思い出しました。(笑)
いまでもその恐怖感は体が覚えている訳で、いつかこの妙義の山々も歩いてみたいとは思いますが、はたして覗けるでしょうか!?楽しみです。
本読みと山歩き
2010/11/21 17:10
本読み さん、今晩は。
妙義は日本の三大奇景の一つなのだそうです、我が家からは最も近い山の一つで、暇とお金がない時に登るには良い所です。上部はかなり危険な所も多くて、ザイルを持って登ったほうが安心です。紅葉も良い所なのですが、今年は今まで見た中では一番悪かったような気がします。
インレッド
2010/11/21 18:57
こんばんは
 昨日は妙義の相馬岳でしたね。モミジが一杯有りよい年の紅葉もっと良いのですか???でもまだ今年も奇麗でした。大砲岩群にも行けましたので、大満足の一日でした。
 山を駆け登ってきた人と相馬岳手前で逢い、中間道を歩いていたら又すれ違いました。こんなコースをマラソンするなんて凄いなーと思いました。
まきまき
2010/11/21 19:42
インレッドさんこんばんは! 神社の写真の紅葉の綺麗なこと。わくわくしつつ読み進めたのですが、実は私、高所恐怖症で高いところが苦手^^;;
写真で眺めさせていただく景色はとても素晴らしいと感じるのですが…鎖場の写真を見て…天狗の評定方面の写真では狭い足場を登ってらっしゃる人を自分に置き換え…ノックダウンでした^^;
それらの恐怖に打ち勝つことができれば、直接この目で素晴らしい景色を眺められる事も出来る…かな?
胡桃
2010/11/21 21:13
まきまき さん、今晩は。
中間道の紅葉は今年は今までで一番不出来のようでした。良い時はもっと真っ赤に染まります。石門あたりももっと赤くなりますが、今年は全く紅葉していませんでした。また来年にでも登って見て下さい。
インレッド
2010/11/21 21:17
胡桃 さん、今晩は。
石門群のあるあたりは観光客も多く、一般の方でも登れます、駐車場から30分も登れば岩場の上に立つ事が出来ます。暇がありましたら登って見て下さい、そこには日暮しの景 なんて言うところもあります。
インレッド
2010/11/21 21:22
インレッドさん、今晩は、遅くなりましたが、アクセツ「10万回」おめでとうございます。私も、インレッドさんのブログを見て、後追いをずいぶんやりました。これからも素晴らしい、写真と物語を楽しみにしています。
我が家も、やっと一段落し、金曜日、まきまきさんと、妙義の相馬岳、今日は
妻と、四ツ又、鹿岳に登って来ました。今日は、遠望は望めませんでしたが、麓の紅葉を堪能出来ました。また来春アカヤシオの時期登ってみたいと思います。また何処か、連れて行ってください。
てるてる坊主
2010/11/21 21:41
こんばんは♪
ワタシは今年大の字から相馬岳、
タルワキ沢コースで歩いてきました(^∀^)
鷹戻し方面は、ワタシだと滑落しそうなので
あきらめてます!インレッドさん尊敬です!!
桜の名所と思ってましたが紅葉もきれいなんですね。
こんどは秋にいってみます♪
くっきー
2010/11/21 23:58
インレッドさん、おはようございます。♪
大文字はこうなっていたのですか。
下から見つめるだけでしたので、様子がわからずいましたが、疑問が解決しました。(=^0^=)/
妙義の岩峰群はやはり迫力の連続ですね。
記事を拝見しているだけで緊張してきました。
紅葉はまた来年に期待でしょうか。(^^)/
クロちゃん
2010/11/22 07:34
えるてる坊主』さん、お早う御座います。
この度は大変おめでとう御座います。娘さんがいなくなると一層寂しくなりますね。
お陰様で10万回になってしまいました。始めた時はそんなに続くとは思ってもいなかったのですが・・・。
鹿岳あたりは西上州の山でも好きな山の一つです。ヤシオならば手前の三ツ岩や笠丸山の方が沢山あります。4月20日〜25日頃が見頃と思います。
その内雪山でも行きましょうか・・・。
インレッド
2010/11/22 09:04
くっきー さん、お早う御座います。
相馬岳に登りましたか、結構怖いところが沢山あったと思いますが、女性でここを登れたのならば、日本の山は大抵は大丈夫ですね。鷹戻しは直登の岩場が長くて、ここよりももっと怖いのですが、ザイルがあれば登れます。中間道は怖いところはありませんが変化に富んでいて、紅葉も綺麗な所です。来年にでも是非歩いて見てください。
インレッド
2010/11/22 09:12
クロちゃん、お早う御座います。
昨年もイマイチでしたが、今年はさらに悪かったです。気候の影響は大きいですね。大の字から相馬岳は結構スリルがあります。来年にでも是非登って見てください。タルワキ沢に降りればそれ程時間は掛かりません。
インレッド
2010/11/22 09:18
お久しぶりです。毎回うなりながら拝見させていただいているんです。が、オイラ、筆不精&キー不精につき月いちコメントでご容赦ください。
アクセス10万回達成おめでとうございます。まっこと大勢のファンが毎週楽しみにアップを待ってるんですね。よくよく解かります。
オイラは昨年、大文字から中間道を歩きましたが、ここが『関東ふれあいの道』とのこと、散歩気分で来たら“とんでもねえことだあ”と思ったもんです。ましてそのうえの岩峰へは、まだまだ遠慮しておきます。レベルが・・・
11月のオイラは茅ケ岳、水沢山そして山梨の石割山から大平山でした。
これで目標の50山50冊のクリアでした まる。
ヤマノボリスキー
2010/11/22 11:09
綺麗な紅葉を楽しみながら
ハイキングコースの方を歩きたいですね。(^^)
鎖場連続の厳しいコースは好きな方にはたまらないのでしょうか。
nousagi
2010/11/22 11:38
こんにちは。
すごい所ですね〜垂直じゃないですか!
登っている時はまだしも、降りる時が怖そうです。
それにしても、変わった山容の山々ですね・・あの上田辺りのポコンポコンとした山々もこんな風に切り立っていたのかなぁ・・と思ったりして見せていただきました。
でも、たくさんの人が登られていて、こうした山の楽しみ方もあるのだなぁと教えていただきました・・私にはとっても無理ですが。(笑)
つれづれ
2010/11/22 12:48
ヤマノボリスキーさん、今晩は。
お陰様で10万回になりました。有難う御座います。
50山50冊達成ですか。凄いですね!!。私は今のところ、46山62冊です。
結構北に南に頑張っていますね。茅ヶ岳久しく登っていませんが。深田久弥終焉の山から眺めた、桃の花のピンクの絨毯の風景は今も忘れられません。

   今後とも宜しくお願い致します。
インレッド
2010/11/22 19:40
nousagiさん、今晩は。
クサリ場は決して好きでは有りませんが、通らなければ先に行く事が出来ませんので、仕方がなく通過しています。
ここの中間道は変化があって紅葉も綺麗な所です。危ないところはありませんので、是非来年にでもお越し下さい。きっと楽しめると思います。
インレッド
2010/11/22 19:44
つれづれ さん、今晩は。
ここは日本三大奇景の一つで、珍しい山の形だと思います。デコボコが沢山あるだけに、その分登ったり降りたりしなければなりません。毎年登っても降りる事が出来なくて遭難する方がいるところです。ザイルを持って登ったりすれば大丈夫なのですが、あまりなめて掛かると怖いところです。下の石門のあたりは観光客も結構登りに来ます。上田あたりの山よりもちょっと厳しい山です。
インレッド
2010/11/22 19:51
おはようございます。
妙義も今年の紅葉は今一でしたか。
毎年最後の紅葉を妙義で見せて貰っていますが残念です。
でもこの山は、ギザギザの岩峰を見ているだけでも立派なものです。
一昨年の鷹戻しのレポも改めて見せて貰いました。
すごいところですね。
自分は2006年の11月に大文字から掘切まで歩いたことがあります。
時間切れで堀切から中間道に降りましたが、当時のメモを見ますと「今までで一番恐い山」とありました。
その時撮った岩峰と紅葉の写真がまだ部屋に飾ってあります。
鷹戻しには未だに手が付いておりません。
毎年行きたいと思う気持ちと恐いと思う気持ちが輻輳しています。
このままインレッドさんのレポで満足してしまうのかも知れません。
甘納豆
2010/11/23 06:25
妙義と聞いただけで足が震えます。
写真を拝見したら・・頭痛がしました。
時たま話に聞きますがすごいところですね。
写真も素晴らしいです。
オイラも通ったことのある第4石門・中間道の階段を見てほっとしました。
どうやらオイラにとって妙義は眺める山になりそうです。

「お陰様で10万回・・・」のページ・・・オイラとクロちゃんとの出会いのことがアップされている「石楠花が咲き誇る十文字峠」にを拝見してとても懐かしかったです。
これからも楽しみに拝見さてもらいます。
keykun
2010/11/23 08:58
今日は、妙義の白雲山、相馬岳はすごいところのようですね、一度大文字までとも思っているのですが行けるかどうか?とにかく鎖場の危険想像するだけでも恐怖感がおきます。遠くから眺めながら紅葉を楽しんで中間道あたりで遊ぶのが私にはふさわしいようです。一月に一回程度の山行では筋肉痛が起きますもっと鍛えて連続していけるようになりたいですよ。IFMの注射でC型肝炎の治療が終わればの話ですが・・・夢はまだまだあります。
ロ−ラ−
2010/11/23 09:15
インレッドさん、このたびは当方のブログをお訪ねいただき有難うございました。
高低差を感じさせる、すばらしい山岳写真ですね。
じつは若い頃、この妙義へ仲間と初めて登ったことがありました。リュックひとつの軽装で。ところが垂直の岩場に来て、はるか眼下の豆粒ほどの家並みを見たとたん、足が震えだし・・・。仲間のひとりなど、もう動けないと悲鳴をあげるやらで、一時はどうなることかと気が動転しました。
このときの恐怖がいまも甦ってきて、寒気が背筋を走ります(笑)

これからもすてきな山の写真など拝見させてくだい!
minoc
2010/11/23 14:12
甘納豆 さん、今晩は。
鷹戻しを登っている時は、「来なければ良かった」といつも後悔します。こんな怖い思いまでして山登りをやらなくても・・・と思ってしまいます。それでいて登った後は、「まだまだ出来るジャン・・・」なんて。いい加減なものですね人間は。
まあ甘納豆さんならばなんの問題も無くクリアーできる所ですので。時間がありましたら挑戦して見てください。万一の時は救助に????!!!!。
インレッド
2010/11/23 18:24
keykunさん、今晩は。
先日の入川渓谷の記事にコメント入れましたが、返事が無かったので、なにか気持ちを損なう事を言ってしまったかと、暫らく音無しの構えでいましたが、コメント有難う御座います。
上部の縦走はかなり怖い所が有りますが、中間道は怖い所はありません。またまた是非お越し下さい。今日歩いた所は簡単ですが紅葉は物凄いところです、今週末でも大丈夫ですので是非お越しください、24日ころにアップします。
インレッド
2010/11/23 18:33
ローラーさん、今晩は。
上部の縦走はかなりキツイですが、中間道は大丈夫です。裏妙義も丁頭や谷急山は結構きついので体調が良くなったら登って見て下さい。鹿岳や小沢岳くらいならばいつでも大丈夫と思います。稲含山あたりも簡単で大展望ですよ!!。
いずれにしても、あまり無理をしないように・・・。
インレッド
2010/11/23 18:39
minocさん、今晩は。
御訪問有難う御座います。
妙義は登っていましたか。ここは上部はかなり危険な所ばかりで、毎年のように遭難者が出るところです。槍ヶ岳に登る練習にここに来て遭難する方もかなり多くて、救助の人は槍よりも危険な所なので、槍で練習をしてから来なさいと と言っています。標高が低いから安全とは限りません。
危険な所だけに、登って見れば達成感のある所でも有ります。
インレッド
2010/11/23 18:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
妙義の白雲山・相馬岳  2010/11/20日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる