インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪また雪の鹿俣山。  2011/1/29日

<<   作成日時 : 2011/01/29 21:03   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 40

今日は先日購入したばかりのスノーランブラーと言う山スキーを履いて、群馬県沼田市の玉原スキー場の上に聳える鹿俣山から、行ける所まで行って見ようと思います。無雪期ならばハイキング気分で登れる山ですが、この新雪の頃は、ちょっと苦労して登らなければ山頂に届きません。

                  鹿俣山の少し上あたりから武尊山方面
画像


カンジキやスノーシューでは今日はかなり埋まりそうな、フカフカの新雪を
踏みながら、静かな森の中を歩き始めました。

                  歩き始め
画像画像

















微かにスキー場の音楽が聞こえて来る林の中を、時折獣達の
足跡と一緒になって、木漏れ日の中を歩きました。

                  木漏れ日の道
画像


画像


少しずつ標高が上がると一層フカフカの雪になり、私の大好きな
白一色の風景になって来ました。

                  雪の道
画像


時折木々の間から真っ白な谷川岳方面が眺められました。

                  谷川方面
画像


山頂直下の登りになりました。このあたりでスキーを脱いで、カンジキに
履き替えましたが、さすがに膝を超すラッセルになりました。

                  山頂直下の道
画像


雪の森は少しずつ白いモンスターの道になって来ました。

画像


画像


膝を超して腰まで埋まる雪の道になりました。膝蹴りのように
雪を蹴飛ばしながら登ります。

                  歩いて来た道
画像


山頂への稜線が見えて来ましたが、先週と同じく3歩歩いては休み、
2歩歩いては休みながらの登りになりました。

                  山頂への稜線
画像


                  山頂直下の尾根より谷川方面
画像


登山者の居ない山頂が見えて来ました。

                 山頂直下
画像


ドッカーン!! とヨーロッパアルプスのような武尊岳が聳えて居ました。
さすがは100名山。苦労して登った甲斐のある風景が広がっていました。

                  山頂より武尊岳
画像


今日も一人ラッセルで、かなり疲れました。一応ここまでが今日の
予定でしたが、まだ時間に余裕がありますので、もう少し先まで
行って見ようと思います。

                  獅子ヶ鼻方面(中央の尖った山)
画像


                  途中の稜線より雪雲の流れる巻機山方面
画像


                   途中の稜線より谷川方面
画像


こんな素晴らしい景色を眺めながら食事にして下山することにしました。

                  帰り道の雪庇
画像


今日は見たかった真っ白な風景が見られて、大変満足な山登りでした。時折吹く
北風に乗って洋々と下山。帰りは、やりたかったスキーで滑り降り午後の2時ごろには
駐車場に着いてしまいました。

                  さらば武尊!!
画像





            今日の画像はコンデジですがトップの画像と後半の2枚はRAWで撮りました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさんこんばんは!
「木漏れ日の道」は、平らで真っ白な雪の上に、木の影がまっすぐに伸びていて、何かこう、惹き付けられます。
そして読み進めれば…なんてすばらしい稜線なのかしら!!
額縁に飾ったような素敵な作品を見させて頂いた感じです!

今日もありがとうございます^^
そんな言葉を伝えたくなりました。
胡桃
2011/01/29 22:41
こんばんは!
今日もタフな雪山登山だった様ですね。お疲れさまでした。
私には想像不可能な登山ですよ!
雪崩の心配などは無いのですか?
どうかくれぐれもお気をつけて!

達磨の次男坊
2011/01/29 22:49
さすがに群馬の山ですね。
踏み跡のないフカフカの雪。
見事な雪景色を今回も独り占めですね。
うらやまし〜!(^^)
nousagi
2011/01/29 23:13
インレッドさん、おはようございます。♪
まさに白銀の世界です。
静寂な木漏れ日の道が気持ち良さそう。
冬山の経験・装備のない私は炬燵で丸くなっています。(^<^)
一歩一歩が素晴らしい世界へと近づいて行く感じです。(^^)/
クロちゃん
2011/01/30 07:20
フカフカでしたか?スノーランブラー楽しそうですね〜。傾斜が増すと、やはりカンジキのほうが必要になりますか?この週末も寒くなりますね。今朝から雪が積もり始めてます。
やまや
2011/01/30 07:22
なんと素晴らしい光景言う事ありません!!!
デジ健
2011/01/30 08:38
胡桃 さん、お早う御座います。
こんな木漏れ日の道は私も大好きな道です。帰りは静かな音楽を聞きながら降りて来ましたが、本当に至福の時間でした。
雪山のこんな眺めが見たくて寒くてもつい山に入ってしまいます。
インレッド
2011/01/30 09:57
達磨の次男坊 さん、お早う御座います。
秩父紅は四阿山にあったあの福寿草がそうでしょうか??。

雪崩にはなるべく会いたくは在りません。気をつけては居ますが、こればかりは・・・。その時は春まで凍っていて温かくなったら目を覚まして下界に戻りたいと思います。
インレッド
2011/01/30 10:05
nousagiさん、お早う御座います。
この山は普通ならばハイキング気分で登れる山です。スキー場のリフトを二つばかり乗って、登れば1時間もあれば山頂に着きます。この山の先に獅子ヶ鼻と言う尖った山が在るのですが、そこからの眺めはさらに素晴らしい所です。3月の頃になれば、カンジキでも楽に登れます。機会が在りましたら是非どうぞ。
インレッド
2011/01/30 10:11
クロちゃん、お早う御座います。
千葉の花の風景もなかなかでしたね!!。
雪の季節はこんな風景が見たくて、つい雪山に入ってしまいます。
新兵器の威力もちょっと試して見たかったので、わざとフカフカの道をえらびましたが、結構面白かったです。
インレッド
2011/01/30 10:16
やまや さん、お早う御座います。
このあたりも近年に無い雪の量でした。
スノーランブラーは新雪の所はそれ程埋まる事も無く、楽に歩くことが出来ました。裏にシール代わりにプラスチックのギザギザが貼ってあるのですが、やはり急な登りは無理ですのでザックに縛り、カンジキで登りましたがかなり埋まりました。
インレッド
2011/01/30 10:22
デジ健 さん。お早う御座います。
御無沙汰していますが、コメント大変有難うございます。我が家の蠟梅はもう散ってしまいましたが、山茶花は満開に咲いています。
真っ白い風景は、心身共に清められるようで気持ちの良いものです。そんな景色が見たくてつい雪山に入ってしまいます。
インレッド
2011/01/30 10:27
今日は、新しい道具を購入してその具合を試したくなって出かけるのも楽しみの一つですね。今度はスキ−で雪山の散歩ですね、まっさらの白い雪の世界で喜び勇んで遊べる幸せ気持ちが伝わってきます。今年は雪が豊富でこれから充分に楽しめそうですね。
ロ−ラ−
2011/01/30 13:02
こんにちは
スキーデビューは充分に楽しめたようですね。
一時間ほどで辿り着ける山頂と言いましても絶景ですね〜。
巻機山の魚沼地方では3m56cmも積もっている箇所もあるようですよ。
『雪の壁で魚沼の尋ねる家が判らなかった』と言っている人もいました。
雪庇の写真を思わず覗き込んでしまいました(こんな危険な端を歩いたのかと)が、ウサギの足跡だと判りホッとしました。
これからも充分注意なさりお楽しみください。
リッキー
2011/01/30 16:47
こんにちは 
 昨日は、天気に恵まれ、良い日でしたね。寒さはきつかつたですが、新雪ですのでまだまだ歩くのは大変ですね。昨日は11時ころ戸神山(3回目)から望遠鏡で鹿俣山や獅子ヶ鼻・剣ヶ峰山に登っている人がいるかどうか確認しましたが、この時間には見えませんでした。もう少し時間がずれていたら見えたかも知れませんね。
まきまき
2011/01/30 17:09
今晩は。
なかなかすごい雪です。雪が降らず、展望がきく山行でよかったですね。
下から2枚目の雪庇は、みているだけで怖いです。
よく一人であそこを歩けるものだと感心いたしております。
私は、雪のない低山を選んで歩きました。そろそろ、雪山にも足を突っ込もうかな〜。こんな景色を自分の目で見たくなってきました。
本読みと山歩き
2011/01/30 18:38
こんにちは
もうすっかり、雪山モードですね。昨日は荒天の中休みで北の方も天気が良く穏やかな日で良かったですね。それにしてもすごい雪おどろきです。
私が登ったのは、10月28日の初雪で、紅葉と雪のコラボでしたが天気が悪く、展望は全く駄目だったのでまた行きたくなりました。
てるてる坊主
2011/01/30 18:58
ローラー さん、今晩は。
この時期は新雪で登るのが大変ですが、三月頃になれば簡単に登れます。さらに先の獅子ヶ鼻まで行くと、感動ものの展望です、その時期に一度登って見て下さい。アイゼンとカンジキで充分登ることが出来ます。
インレッド
2011/01/30 19:32
リッキーさん、今晩は。
リフトに乗って行けば1時間ほどで登れますが。今回は下から林の中を、山スキーで歩き雪の森を楽しみました。そんな訳で山頂までは三時間ほど掛かりました。雪庇の踏み跡は私の踏み跡です。下の方は前日辺りスキーで来た人が居たようでその方のスキーの跡です。
インレッド
2011/01/30 19:39
まきまき さん、今晩は。
奥方と水沢でしたか、天気が良くて良かったですね。
鹿俣山頂には11時半頃に居ましたよ。そこからさらに獅子ヶ鼻方面にいきましたが、今回もラッセルで疲れたので途中で引き返しました。今年は雪がかなり多いですね。春遅くまで残雪歩きは楽しめそうです。
インレッド
2011/01/30 19:43
本読み さん、今晩は。
陽だまり登山も良いですね、雪山もまた良い眺めで良いものです。結局1年中、山登りは止められそうにありません。
今年はこの界隈の山も結構雪が多くて、残雪歩きは遅くまで楽しめそうです。アルプス近辺の山も新潟の山も行きたいのですが、雪マークばかりでなかなかそちらには出かけられません、この辺りの雪山で目下我慢しています。
インレッド
2011/01/30 19:51
てるてる坊主 さん、今晩は。
この時期にこの山は何度も登って居ますが。今年の雪が一番多いような気がします。ラッセルに疲れて、今回も獅子ヶ鼻まで届きませんでした。それでもこの景色ですから充分に満足しました。下から歩くと結構ラッセルは大変ですが是非この景色を眺めにトライして見てください。
最初の1枚目と最後の2枚の画像はRAWで撮りました。コンデジですが一眼とそれ程変わらないと思うのですが、如何でしょうか??。
インレッド
2011/01/30 19:57

木漏れ日の雪道、なんという詩情豊かな風景でしょう。 樹間を雪女がそっと過ぎります。
躍動する武尊連山が胸を打ちます。オーイと無性に呼びかけたくなります。
インレッドさんとくれば、やはり山の写真ですね!!
minoc
2011/01/30 23:48
こんにちは

玉原高原・・・初夏と冬では大分違いますね。
まるで別の山のようです。
先週に続いてラッセル・・・お疲れ様でした。
雪がなければさほどでもない登山道ですがこの雪では大変だったでしょうね。

雪の写真どれも素敵です。
山頂直下の写真・・・オイラは好きです。
keykun
2011/01/31 12:25
こんにちは!
2009年2月の「獅子ヶ鼻」のインレッドさんの記事で「登山者はリフトに乗せ無いと断られてた」が印象に残っていました。

スノーシューで今年は登りたいと思っていました。
今年は雪の量が多そうですね。
獅子ヶ鼻まではとても最初から行けそうにないと思っていましたが鹿俣山までも大変そうですね。

(たんばらスキー場のホームページを見ても相変わらず登山者はリフトには乗れないようです。)

ラッセル、お疲れ様でした。
izumi
2011/01/31 14:45
minocさん、今晩は。
白い木漏れ日の道はわざとそんなところを探して歩いていました。こんな何気ない風景も心安らぐ風景ですね。
真っ白い山並みの続く風景が好きで、ついこんな登山が続いてしまいます。こんな風景は神々しくて良いですね!!。
インレッド
2011/01/31 19:16
keykunさん、今晩は。
雪が無ければハイキング気分で登れる山ですが、今年は特に雪が多くて結構疲れました。それでもこの風景ですから充分に満足しました。雪山体験に師匠と登って見ませんか。感動するような景色が待っていますよ!!。
写真はコンデジですので大したことは無いのですが、トップと最後の2枚はRAWで撮りました。
インレッド
2011/01/31 19:22
izumiさん、今晩は。
そうなんですよ。今回はスキーを履いていましたのでリフトに乗って行く事が出来たのですが、癪ですから、下から歩いて行きました。
スキー場の駐車場直前を右に行くと別荘への道があります、その除雪最終地点に車を置いて、雪の林道を歩いて行くと、自然とスキー場の右端のゲレンデになります。今回はその辺りから森の中に入りましたが。入らずにそのままゲレンデの端を歩いて一番上のリフト降り場まで行けばあまり苦労しないで山頂に行く事が出来ますので、そんなコースで行って見て下さい。展望は感動ものですよ!!。私の踏み跡もまだ残っていると思います。此処は素晴らしいので、特にお奨めします。雪山を満喫できますよ。
インレッド
2011/01/31 19:33
おはようございます。
素敵な雪山歩きですね。山頂直下からはワカンの1人ラッセル、さぞ疲れたことでしょう。
木漏れ日の道が自分には心地よく感じます。
雪山ならではの景色です。
甘納豆
2011/02/01 07:58
甘納豆 さん、お早う御座います。
そちらはかなりの積雪のようですね。こちらの県境の山も最近に無い雪の量です。今年は遅くまで残雪歩きが楽しめそうです。降りはいつも歩いて降っていましたが、今回は念願の滑って降りる事が出来て、早々に下山する事が出来ました。
インレッド
2011/02/01 08:51
こんばんは。
今年はこのあたりも雪が多いのでしょうか?
素晴らしい展望、思い出します。
あの時は大勢の人が歩いていましたが、
今回は静かでしたか?
スキー出来るといいですね。
でもかんじきの時は重いのでしょうか?
スキーはもうすることもないと思いますが、
出来る人はいいな〜と思います(^^ゞ
sanae
2011/02/01 21:01
sanaeさん、お早う御座います。
このあたりの積雪量は最近では一番多いような気がしました。今回はスキーを履いていましたので、リフトに乗る事ができましたが、以前のこともあり、森の中も歩いて見たかったので、下から歩いて登りましたがかなり埋まりました。このスキーは歩くスキーで、板の裏側に凹凸のあるプラスチックが貼ってあります。そんな訳で少々の登りならば滑ることも無く登れます。降りはそんな訳であまりスピードは出ませんが、私もゲレンデスキーしかやった事がないのでスピードは出ない方が良いと思っています。靴は登山靴でも最近sanaeさん御夫婦の御愛用の長靴でも大丈夫と言うのが魅力でもあります。
インレッド
2011/02/02 09:06
インレッドさん今晩は、今回はインレッドさんらしい景色ですね、
真っ白な雪山、一人で山を独占ですね、スキーを履いての登山は
他にはいないのではないですか、その徹底は素晴らしいですね。
私もインレッドさんを見習って、徹底するぞ!山菜、きのこを。
きのこ
2011/02/02 20:00
きのこ さん、今晩は。
今回は私らしい景色ですか。
そうですね、こんな真っ白な風景が大好きです。
山菜にきのこ、大いに頑張って楽しんで下さい。
インレッド
2011/02/02 20:29
レッド様の雪山、背景に頂きました。一月の末に湯西川へ行ってきました。雪道をゆっくりと走って山深い温泉地、一流旅館には背を向けて小さな旅館にお世話になりました。翌朝仲間と平家の里まで雪道を歩き、雪合戦をしてきました。新雪が雪に留まって「繭玉みたいだ〜」と懐かしがって・・・。
雪だらけになりながら美味しい甘酒を飲んで一日楽しみました。そうしたらもう節分です。今年もレッド様の写真楽しみにPCを開きます。
  病める日も楽しき日々も屠蘇を呑む   魅
しまふくろう
2011/02/03 10:29
一人ラッセルで苦労して登った御褒美が待っていましたね。
美しい雪山の眺めです。
無雪期の鹿俣山は登った事がありますがやはり冬季は厳しいですね。
ミニミニ放送局
2011/02/03 15:05
魅 さん、今晩は。
湯西川でしたか平家の落人部落は八つ目ウナギが名物のようですね。
今年も好きな雪の風景を楽しむ季節になりました。毎週どこの山に登って心洗われる風景を眺めようかと悩みます。

    ・・・凍雲の流れる先は越しの山・・・
                   鹿俣山にて インレッド
インレッド
2011/02/03 19:20
ミニミニさん、今晩は。
雪が無ければそれ程苦労する山ではないのですが、今年は特に雪が多くてちょっと苦労しましたが、それほど長い距離を歩く訳ではありませんので、なんとか山頂に辿り着きました。山頂からの眺めは冬は木に邪魔されることも無いので、なかなかのものです。ぜひこの時期に登って見て下さい、感動ものです。
インレッド
2011/02/03 19:24
>凍雲の流れる先は越しの山
その越の山は今年記録的な積雪になってしまいました。
住人は苦労していますが、それでも私、雪景色が嫌いになれないんですよね。
踏み跡のない真っ白な世界に踏み込んでいく時のインレッドさんは心も真っ白になっているのでしょうね。
絵のような雪の山々・・・次は何処へ案内していただけるのかな♪
けっこちゃーん
2011/02/04 07:32
けっこちゃーん 今晩は。
記録的な積雪ですか、お見舞い申し上げます。
こんな時は屋根に雪を積もらせて、家の中で、好きな絵でもジックリと描いてください。
昨日そちらの山に行った友達が、あまりの雪の多さに登らずに帰ってきました。道路も雪の壁で何も景色が見えなかったと言っていました。
こちらは暮からまだ一度も雨も雪も降らずに、空気はカラカラに乾いています。
インレッド
2011/02/04 19:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪また雪の鹿俣山。  2011/1/29日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる