インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟の秘峰、荒沢山。 2011/2/26日。

<<   作成日時 : 2011/02/28 18:06   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 30

谷川岳の蓬峠あたりからシシゴヤノ頭・コマノカミノ頭・クロカネノ頭を経て中里スキー場付近に降りる登山道が以前はありました。岩場の急下降・急登があり無雪期にはかなりの藪漕ぎになるため、今は廃道になってしまいました.。その途中にある荒沢山に登り、余裕があれば足拍子山まで登って見ようと思い、今日は まきまき さん、てるてる坊主さん御夫妻と4名で登ります。

                  荒沢山から足拍子山への稜線
画像


トンネルを過ぎると本当に豪雪でした。土樽駅付近の魚野川毛渡橋付近に車を置いて、カドナミ尾根を登りましたが、最初から急登のラッセルが続く登りになりました。

                 歩き始めの林道付近
画像



画像


一人ラッセルではかなりきつい登りですが、今日は男性3人が交代でラッセルしながら登りました。

                きついラッセルの登り
画像


                 途中の雪の道
画像


                 途中の雪の道
画像


関東地方はすっかり暖かくなり、花便りもチラホラと聞こえてきますが、越後の山はまだまだ冬です。さすがに「雪の故郷」上越国境は、今日も朝から小雪舞う登りでした。

                  隣りの稜線方面
画像


林を抜けて展望の効く稜線に出ました。やっと少しゆるい登りになりましたがこの先にはさらに急登が待っているようです。

                  これから登るピーク
画像


今日は全くトレースがありません。無傷の雪の尾根をひたすら登ります。

                  尾根道を登る同行者
画像


隣りの尾根筋が見えるようになりました。こんな一気に降りる尾根をヒマラヤヒダと言うそうです。

                 ヒマラヤヒダ 
画像


ヒマラヤヒダと尾根筋の色は水墨画でも見ているような、白と黒の世界ですが、一瞬の光に輝く、そのヒダも素晴らしい景色でした。

                 ヒマラヤヒダの稜線
画像


                 登って来る、まきまき さん、てるてる坊主御夫妻(後ろに土樽方面)
画像


                  山頂への雪庇の道
画像


今日登る荒沢山・足拍子への稜線が見えて来ました。素晴らしい景色になって来ましたが、あのデコボコな尾根を登ることが出来るのでしょうか??。

                荒沢山と足拍子への尾根
画像


                 雪庇の登り
画像


天気予報通り少しずつ晴れ間が出て来るようになりました。足拍子の尖がった威容も眺められようになりましたが、そこへの稜線がまた素晴らしい風景でした。

                  足拍子とその稜線
画像


この足拍子への登りは「誘われても絶対に行くな」とあの登山家の岩崎元郎さんも言ったとか??。

画像


                  山頂近くの雪道
画像


                  登って来た尾根
画像


雪崩て来そうな隣りの尾根は中里スキー場方面への尾根でしょうか。こんな尾根は恐ろしくて登りたくありません。

                 隣りの尾根
画像


最後の急登になりました。少し怖いくらいの凍った雪の登りでした。

                山頂直下の登り
画像


誰の踏み跡も無いそして、誰も居ない山頂に着きました。ここまで女性ではかなり大変な登りと思いますが、さすがに短距離走でならした、てるてる坊主さんの奥方は順調に登って来ました。その努力に敬意を表して初登頂を譲り、皆さんが登った後、しんがりを登りました。

                  荒沢山、山頂にて
画像


飯士山あたりは眺められましたが、谷川あたりの山は、まだ雲の中で眺められませんでした。晴れていればかなりの展望のようですが、今は隣りの足拍子山がその威容を誇っているだけでした。

                  荒沢山山頂(1303m)
画像


山頂より「雪の故郷」の景色をを堪能しました。真っ白な眺めは春の花にも、秋の紅葉にも勝る風景でした。

                  山頂より登って来た尾根
画像


                 山頂より隣りの尾根
画像


                  山頂より土樽方面
画像


山頂で食事をしていると、二人の登山者がやって来て「ラッセル有難うございました」と真っ先に言われました。今日はこのあたりでテン泊のようです。さすがに山慣れた人達のようで。ここはやはり「山ヤ」さんの領域のような山でした。

                 晴れて来た足拍子方面
画像


皆さんに、たくさん御馳走を戴きすっかり満腹になりました。足拍子へは今日は無理のようです。またの機会にして下山することにしました。

                  振り返って荒沢山から足拍子山方面
画像


                  下山の雪の尾根
画像


今まで見えなかった谷川方面の山々が見えて来ました。万太郎あたりが雪煙を上げて聳えています。

                 谷川の万太郎方面
画像


                  谷川岳方面
画像


                  谷川連峰
画像


               残照に輝く登って来た荒沢山方面
画像



今日はスリルもあり展望にも恵まれ、たくさんの御馳走も戴き、「雪の故郷」を充分に楽しむ山登りでした。


                
                   今日の軌跡
画像




                  BGM付きのスライドショーをこちらから、お楽しみ下さい。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、今晩は。
 週末は、お近くでしたね。湯沢の朝であの降雪!、私達はがっかりして三国峠経由で関東へ戻ろうかと車を走らせましたが、二居で青空が見え、何とか予定のルート・山を歩けました。ラッセルお疲れ様でした。今週の雪でまた稜線は動物の足跡のみの山になりますね。
 荒沢山や足拍子もいつか歩いてみたい山です。記事、参考にさせてもらいますね。
テントミータカ
2011/02/28 18:28
こんばんは!
ラッセルおつかれさまです。
春もスギ花粉もまだまだな冬山ですね。
今日は雨だというのにものすごいクシャミと
花水(少しキレイ?)でまっ白な雪山のレポがうらやましく
なりました(^∀^)

たくさんの御馳走。。。気になります!

そろそろインレッドさんおすすめ四阿屋山に
行こうかと思ってます。
くっきー
2011/02/28 18:57
大変な雪の道ですね。
ラッセルをしながら進むなんて経験は過去に1回しかありません。
しかも、ほとんど平らな道で・・・。(^_^;)
春の声も聞こえてきますが
インレッドさんのページを見ていると
やっぱり一度ぐらいは雪にまみれて(笑)みたい気分です。
nousagi
2011/02/28 19:10
インレッドさん、こんばんは♪
さすがに豪雪の山岳地帯ですね。
迫力を感じます。
そして、雪山賛歌がとっても似合う山と思いました。
これがまさに冬山ですね。感動です。(^^)/
クロちゃん
2011/02/28 19:29
ミータカさん、今晩は。
大変御無沙汰して申し訳ありません。
ここは土樽駅付近の毛渡橋の次の橋を渡った所に車を置いて、林道を(除雪してありません)少し戻るように100mくらい行くと別荘のような建物が一軒あります。その裏から登りますが、最初から急登でした。ミータカさんならば足拍子まで行く事が出来ると思いますので、是非行ってアップして下さい。楽しみにしていますよ!!。
インレッド
2011/02/28 20:20
くっきー さん、今晩は。
私も赤城に行って濃厚バジル食べて見たかった!!。
そうですね、そろそろ両神村堂上の節分草と四阿山の
福寿草お楽しみ下さい。
インレッド
2011/02/28 20:28
nousagiさん、今晩は。
もうそろそろ日本の冬になれたでしょうか。
一度くらいは是非、雪山に行って見て下さい。
心身共に浄化されますよ!!。
簡単に登れる雪山もたくさんありますから・・・。
インレッド
2011/02/28 20:32
クロちゃん、今晩は。
そろそろそちらの山も気になりますが、雪山も気がかりで、忙しいシーズンです。
デジブック見て頂き有難うございます。まだクロちゃんには遠く及びませんが、ちょくちょく出して楽しもうと思っています。
インレッド
2011/02/28 20:35
こんばんは
 凄い雪山をご案内戴き有り難うございました。ラッセルも苦しいですが良い経験が出来ました。又宜しくお願いします。
まきまき
2011/02/28 21:07
インレッドさん、今晩は。
 土曜日は、本格的な雪山に連れて行ってもらい有難うございました。延々と続く急登と重い雪のラッセルでだいぶ疲れましたが、登頂後は、青空が広がり素晴らしい眺望を想う存分楽しむ事が出来ました。忘れられない山の一つになりました。
 昨日は、娘夫婦と、インッレドさんの隠れ山、角間山へスノーシューハイクへ行って来ました。雪山賛歌の風呂にも入りました。
てるてる坊主
2011/02/28 21:08
言葉に出来ないくらいの絶景・・・すごいです。
『真っ白な眺めは春の花にも秋の紅葉にも勝る風景です』・・・まさにその通りです。
この景色は辛いラッセルのご褒美ですね。
同行の人たちの体力にも拍手を送りたいです。
keykun
2011/02/28 21:20
こんばんは
冬には近づかない方が良いような山域に・・・どうみても雪崩のすみかのような箇所を登られたのですか?
何事もなく無事にご帰還良かったですね。
リッキー
2011/02/28 21:31
こんばんは、トンネルを抜けると雪国だった。川端康成の有名なこの言葉の通り、すごい雪ですね、しかも新雪をラッセルしながらの登山大変だったでしょう。その分だけ素晴らしい山岳風景を充分堪能出来たのだと思います。デジブックの写真から雰囲気が伝わってきます。
ローラー
2011/02/28 21:41
まきまき さん、今晩は。
お世話になりました、また沢山御馳走様でした。
ラッセルのきつい山でしたが、素晴らしい山域でした。いつの日か
この先の足拍子まで行きましょう!!。
インレッド
2011/02/28 22:11
てるてる坊主 さん、今晩は。
大変お世話になりました。また運転御苦労さまでした。
少々きついラッセルが続きましたが、大変良い山域でした。機会がありましたら、さらに奥の足拍子まで行きましょう!!。
それにしても奥方は強いですね。感心しました。

日曜日も山でしたか、私は来客中でしたので一日中家に居ました。
インレッド
2011/02/28 22:17
keykunさん、今晩は。
花も良いですが雪山も良いでしょう!!。
3月になればそちらもシーズンですね。花に雪山に忙しくなります。
ラッセルは湿雪でしたのできつかったです。それでも中々見る事の出来ない風景に出会えましたので、楽しかったです。
インレッド
2011/02/28 22:22
今晩は。
この山は複数でないとたいへんそうですね。さすがに風景が違います。
「谷川の万太郎方面」など、ヨーロッパアルプスでも見るような豪快な景色です。
おっしゃる通り、いわゆる「山ヤ」さんの領域なんでしょうね。
一度で良いから、覗いてみたい世界です。
本読みと山歩き
2011/02/28 22:23
リッキー さん、今晩は。
そうですね、ここは道と時期を間違えれば雪崩の棲みかです。今頃はこのカドミナ尾根が唯一登れる所です。急峻な山がお好きなリッキーさんにはもってこいの所です、県内の山ですから、たまにはこちらの山域にでも如何でしょうか。
インレッド
2011/02/28 22:29
ローラーさん、今晩は。
体調が悪かったようですが、大丈夫ですか、あまり無理は禁物ですよ!!。
やはりこちらはかなりの雪でした。きついラッセルが続きましたが、展望は群馬の山とは違った風景で、また良いものでした。
デジブック見て頂き有難うございました。
インレッド
2011/02/28 22:34
本読み さん、今晩は。
そうですね、所謂一般の中高年の山登りの人が登る山域とは違う雰囲気の山でした。それでもテン泊の登山者のほかにもう一組の登山者も登って来て、そんな「山ヤ」さんには結構人気の山のようです。
万太郎は本当に恰好が良い山でした。
インレッド
2011/02/28 22:39
おはようございます!
いつもながら凄すぎます!
見ただけで足が
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
するような所なんですね!
あの雪庇の上も歩いたのですか?
かなり危険なんでしょう?
雪山登山の醍醐味を知らないド素人なので、失礼なコメントになってしまったらすみません。
達磨の次男坊
2011/03/01 08:16
達磨の次男坊 さん、お早う御座います。
雪庇の上も歩かなくては山頂に届きませんので、なるべく端は通ら無いように注意して登ります。それでも雪庇のある所は展望も良く、おっかなびっくりしながら端にもよる時は在ります。以前一度だけ落ちて足を骨折したことがあります。
インレッド
2011/03/01 09:00
こんにちは。
越後の山はまだまだ冬で上越国境は今日も朝から小雪舞っていましたか。
谷川の万太郎方面のきびしい山塊!!
清清しい思いがします。
それにしても、皆さんの敢然と冬山に立ち向かっていかれる姿に心打たれます。
minoc
2011/03/01 09:55
「トンネルを抜けると雪国」の世界ですね。
上越の山並みは迫力があってなかなか近づけない領域です。
山頂からでも関越道が見えるんですよね。
izumi
2011/03/01 17:51
minocさん、今晩は。
ここは雪国ですから道路脇は殆ど雪の壁になっています。山はスノーシューやカンジキを履いていても膝を越すくらい埋まります。それでも上部に行けば雪は締まってきて歩きやすくなりますが、滑りやすくもなります。そんな思いをして登った山では素晴らしい景色に出会え、雪山登りは止められません。
インレッド
2011/03/01 19:47
izumiさん、今晩は。
今 乗鞍の記事読ませて戴きました。風が強かったようですが、こちらも朝方は結構風もあり雪もふっていました。午後からは晴れてきて展望も開け楽しい登山が出来ました。
今 軌跡をアップしましたのでご参考にお使い下さい。かなり面白い山域です。
インレッド
2011/03/01 19:52
こんにちは!
「雪の故郷」を楽しまれたご様子、何よりです。
が、画像や地形図を見る限り大変な山のように見受けます。
魚の川から一気に立ち上がっている尾根なので、すごく高度感もあります。
お疲れ様でした。
甘納豆
2011/03/02 12:39
甘納豆 さん、お早う御座います。
この山はどこから登っても急登のようです。機会があったら、上の蓬峠の方から行って見たい気もします。この山以外にも近くには今頃良い山が沢山ありますので、たまには上越国境の山にもお出かけ下さい。
インレッド
2011/03/03 09:04
ナイスですね〜!!始めから深くて重そうな雪ですね。こういう山で雪稜に出たときの開放感!たまりません〜!!ワクワクして拝見させていただきました
やまや
2011/03/07 12:32
やまや さん、今晩は。
この山は中高年の登山者が登るような山では無くて、やまや さんのような所謂、山ヤさんの登る山のようです。チョットきつくて険しい山ですが、それなりの展望が楽しめて、大変素晴らしい山でした。山ヤさんらしき登山者が二組私たちの後に登って来ましたが、二組とも真っ先にラッセルのお礼を言っていました、その態度からしてもやはり山ヤさん達でした。
インレッド
2011/03/07 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟の秘峰、荒沢山。 2011/2/26日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる