インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 素晴らしき残雪の山 岩菅山。  2011/5/4日

<<   作成日時 : 2011/05/05 14:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 28

この山には2009年の今頃、一の瀬から登りましたが、途中の沢に雪解け水があふれていて渡ることが出来ず、登る事が出来ませんでした。今回は万全を期して登ろうと、山スキーを持ち朝の5時に家を出て草津志賀道路に向かいました。ところが草津市内で大渋滞になり車が30分経っても1mも動きません。工事の為か事故の為か解らずにいたら、広報車が来て、草津志賀道路は凍結の為閉鎖中とのこと。それでも8時半か9時頃になれば解除の予定との事、待つより仕方が無く、なんとか9時近くになり通れるようになりました。

                  今日登る岩菅山方面
画像


                  今朝の草津志賀道路はミニ雪の大谷になっていました
画像


予定を2時間ほど遅れて、高天原のスキー場から時間短縮のため、山スキーで1本リフトに乗って東館山に向かいました。

                   東館山付近                      寺小屋峰への登り
画像画像

















寺小屋峰へはスキーヤーの方がスキー靴で歩いた跡が僅かに残っているだけで、山頂からは展望はありません。少し先に行き「金山沢の頭」のあたりからやっと今日これから登る尾根が幾つもの雪庇を残して眺められるようになりました。

                   寺小屋峰への登り                 金山沢の頭
画像画像

















金山沢の頭からは思っていた通りの、雪庇を幾つも残した尾根歩きと、周りの景色を眺めながらの楽しい残雪登山になりました。

                  これから歩く雪の尾根と岩菅山
画像


素晴らしい雪の尾根に、ワクワクしながら歩いていました。

画像


連休最初の頃にスキーの人が歩いた跡が1本だけ残っているだけで、その跡も直ぐに無くなり、1日中全くの独り歩きになりました。

                  こんな雪庇の上を降りて来ました
画像


そしてまた雪庇の上を歩き、降りて登って幾つものアップダウンがありました。

                   雪庇の尾根
画像


画像


こんな道を降りて来ました。

画像


そしてこんな道を登ります

画像


何時も正面にマッターホーンのように岩菅山が聳えています(その左に鳥甲山)

画像


                  岩菅山と右に佐武流山方面
画像


こんな素晴らしい景色を眺めて歩いていると、楽しいのですが、それを超越して物凄い淋しさも感じます。周り中眺めても人の気配も動物の気配さえありません。ただただ雪の上を吹き抜ける冷たい風が、ザワザワと木々を吹き渡り、雪面を撫でるる音が聞こえるだけでした。

            近付いて来た岩菅山
画像


もう既に午後2時を過ぎてしまいました。せめて正面に真っ白く輝くピークまでなんとか登って見ようと思います。

画像


                白いピーク
画像


画像


                   白いピークより焼額山方面
画像


                   白いピークより岩菅山
画像


その白いピークから岩菅山までは、まだ1時間半はかかりそうです。今回も残念ですがここまでで帰ることにしました。

                 帰る尾根道(右の山々から登り、左の雪庇の道を歩いて来ました)
画像


一応GPSは持って来ていますが、暗くなれば少し厄介なので、食事は歩きながら食べて急ぎ帰りました。

                  八間山・白砂山方面
画像


自分の踏み跡を辿り強く吹く風を友として、ひたすら歩きます。

画像


画像


                  雪庇と奥に横手山方面
画像


もう直ぐ金山沢の頭に着きます。ここさえ通過すれば、後は急登は殆どありません、山スキーで一気に滑り下山出来ます。頑張れニッポン!!・頑張れワタシ!!

                  
画像


画像


画像


振り返って今日歩いた尾根を眺めて見ました、岩菅には届きませんでしたが、本当に素晴らしい尾根道でした。

                  サラバ岩菅
画像


最近山に行き、帰りに思う事があります。古希を過ぎた自分には、またこの山に来ることが出来るだろうか と、そう言う思いが湧いてきます。もしかしてこれっきりの永遠の別れかなー と思うと、一層淋しさと愛着が増して来ます。

                 スキーヤーも殆ど帰ってしまったゲレンデを滑り帰りました
画像


画像







        BGM付きの大画面スライドショーをこちらからお楽しみ下さい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんにちは♪
またしても素晴らしい残雪の山を独占でしたか。
それにしても、2時間遅れは大きなロスでしたね。
山に入る前に思わぬ伏兵がいらっしゃいましたか。
雪面がちょっと汚れているようにも見えますが、これも黄砂の影響でしょうか。
素晴らしい残雪の山旅を拝見させていただきました。(^^)/
クロちゃん
2011/05/05 15:14
今日は、4日は天気が良かったですね。残雪の岩菅山の尾根歩き楽しんできましたね。 私も山へ行くたびに今度は何時来られるだろうか、 これが最後かななんて思う事があります。 古希とはいえ今では昔から見ると年齢×七掛け、つまり49歳で見ても良いそうですよ。 まだまだこれからですよ。五十歳前の青年と思って遊びたいですね。 一寸オーバーかな・・・
ローラー
2011/05/05 16:47
別世界ですね。
GPSをお持ちとはいえ、
絶景や花々を独り占めできると同時に、
いつも孤独と隣り合わせの山行をされていると思っていました。
やっぱり、そういった思いを感じられることがあるんですね。(^^)
危険も結構ありますよね。
でも、頑張ったインレッドさんに、花マル!(笑)
nousagi
2011/05/05 17:55
古希を過ぎている!・・・そうなんですかー!!まだまだお元気ですね!インレッドさんが元気に山を登っておられる姿は、私のあと30年ぶんの安全登山を保障してくれているような物ですよ。これからも、どんどん登ってください
やまや
2011/05/05 18:01
クロちゃん、今晩は。
そうですね、黄砂でかなり汚れた雪でしたが、それが無くて、北アルプスが見えれば最高だったと思いますが、今の時期ではなかなか北アルプスは無理かも知れません。それでもこの山は確か200名山で、花もかなりあります。以前紅葉の頃にも登った事がありますが、なかなか素晴らしい紅葉でした。
インレッド
2011/05/05 19:24
ローラーさん、今晩は。
50歳前の年齢ですか、そんな風に思えば元気が出てきますね。私も
これからは49歳と思って山登りを楽しみたいと・・・。
この山は花も結構あり、紅葉も綺麗ですから、一度是非登って見て下さい。
インレッド
2011/05/05 19:28
nousagiさん、今晩は。
単独登山は何時でも危険と隣合わせですが、自由気ままに歩く事が出来るのが一番の魅力です。家内はいつも心配のようですが、この歳になれば平地にいても、いつ病気で死ぬか解りません、好きな事をやって死ぬのならば、それは大変勝っ手ですが、本望と思っています。凍傷にもなり雪庇を落ちて足を骨折した事もありますが。それでもまだ元気に過ごしていますから、まだまだ大丈夫と思います。
インレッド
2011/05/05 19:36
やまや さん、今晩は。
富士は残念でした。こちらも結構冷たい風が吹いていました。ここからは北アルプスも結構大きく見えるのですが、今回はまだ黄砂の影響でしょうか、遠望は聞きませんでした。花見登山も好きですが、残雪歩きも好きで、今頃は迷います。夏になれば、それに沢登りも加わり、欲張りインレッドです。
インレッド
2011/05/05 19:43
インレッドさん、今晩は。インレッドさんらしい独り占めの残雪の雪山を楽しんで来ましたね。こちらは雪山銀座でした。おたがいに遅いスタートなりました、鳩待ルートも雪崩の危険があるとかで、戸倉のゲートが6時にならないと開きません。よって何百人の登山者やスキーヤーが一斉に登山開始です。こちらも、黄砂のせいか雪面はかなり汚かったです。下山は夏道ではなく、ムジナ沢方向へ下ったら数人しか下りません。ことによったら立ち入り禁止区域だったのでしょうか? 尻セードで下ったらあっと言うまでした。
7日か8日は八間山の奥の稜線をどこまで行けるか分かりませんがいってきます。
てるてる坊主
2011/05/05 19:51
今晩は。
今頃の至仏はスキーヤーやボーダーそして登山者でかなり賑わいますね。こちらは全くの一人旅でした。八間山からですと堂岩くらいまででしょうか?。結構迷い易いので、堂岩から下の夏道の登山道には降りないようにした方が安全と思います。以前の今頃にGPSを持って行きましたがそれでも結構迷いました。夏の登山口から車を置いた富士見峠まで、結構長い車道歩きでした。
インレッド
2011/05/05 20:51
インレッドさんこんばんは。
久しぶりの雪景色! 真冬のそれとは違って、なんとなく雪がぼそぼそしたように?見えますね。空も真冬の鉛色だと寒さも身にしみる思いで眺めていましたが、季節が変わるとやはり感じ取る感覚も変わるのですね^^
…ここに来るとホッとするのです。実家に帰ってきたような安心感(笑)
まだまだ山登り楽しんでくださいね。またお邪魔しに来ます☆
胡桃
2011/05/05 23:09
クルミ さん、お早う御座います。
そうですね、今頃はザラザラな雪で、山登りの人は「腐った雪」 と表現します。黄砂のため少し汚れていますが、それも毎年の風物詩です。そろそろ残雪歩きも終盤になって来ましたので、名残惜しい気もします。
胡桃さんの所へは毎日のように訪問していますが、読み逃げばかりで申し訳ありません、先日もコメント入れようと思ったのですが、恥ずかしくて・・・。「春風」「遠い記憶」私のブログに借用しようかな とも思ったりしましたが・・・。
インレッド
2011/05/06 08:48
素晴らしい残雪の山・・・見ごたえの写真・・・いつもながら見入ってしまいました。
それにしても草津の大渋滞とのことですが・・・原因は路面凍結・・・まだまだそんなトラブルもあるんですね。




keykun
2011/05/06 12:26
keykunさん、今晩は。
ここの道路は国道では日本で一番高い所なのです、ちなみに白根火山館あたりから渋峠あたりまで標高は2000mを超えています。武甲山より高い国道です、従って5月はときどき凍結して閉鎖されます。今頃はスタッドレスやチエーンのような滑り止めは必携の所です。まだ道路脇の雪は数メートルもある所もあります。
インレッド
2011/05/06 19:51
おはようございます。
岩菅山、初めて聞きましたが、すばらしい円錐形の山です。
どうやったら、こういう形になるのか気になるのは私だけでしょうか?(笑)
まだまだこのあたりだと雪深いですね〜。
こっちは一雨一雨ごとにあったかくなってきています。
本読みと山歩き
2011/05/07 08:31
こんにちは
志賀の山にはあまり行きませんが、良い山ですね。私も
行きたくなりました。アルプスばかりが山ではありませんね。
nori
2011/05/07 09:47
こんにちは!
岩菅山は綺麗な山ですね! でも、かなりタフな登山のようで・・・ 怖いくらいに
歩かれた雪庇の尾根は危険なんでしょう? 亀裂が入っていたようですが・・・あれって目の前のことなんですよね〜

昨日、榛名湖へバイクで行ってきました。気温9度・・・初夏の陽気に順応した身体にはとても寒かったです。嗤われますね!
達磨の次男坊
2011/05/07 09:54
本読み さん、今晩は。
岩菅山は志賀高原のそばにあり、200名山になっています。今頃一度、秋に一度
登っていますが、夏も花の多い所のようです。北アルプスも結構大きく見える筈ですが、この日は遠くの山は霞んでいました。今日映画「岳」見て来ました。見覚えのある山々が沢山写っていて、物語も良かったです。遭難者に「良く頑張った」と三歩が言うセリフが印象的でした。このブログで私も「頑張れ私」と書いたばかりだったので・・・。
インレッド
2011/05/07 16:46
noriさん、今晩は。
長野も広いですからね。このあたりも四季を通して良い所ですよ!!。一度こちらの方に撮影に来られたら如何でしょうか。同じ県内ですから・・・。
インレッド
2011/05/07 16:48
達磨の次男坊 さん、今晩は。
バイクで榛名でしたか、寒かったでしょう。私は車のヒーターつけて走っていました。
スキー場の下の一の瀬からは夏道を登った事があるのですが。この尾根を登って岩菅へは始めてでした。少々心配でしたが、歩いて見てなかなか楽しい稜線歩きでした。2時間の遅れが無ければ届いたと思うのですが、残念でした。
インレッド
2011/05/07 16:54
こんにちは! 再コメです。私も今日、「岳」見てきました。
物語のテンポがちょっとはやく進みすぎるな〜とは思いましたが、冬の北アの空撮が豪快でした。大画面でみるとやっぱり気持ち良いですね〜。冬の奥穂を歩きたくなりました。(ちょっと技術的に行けません)
「よく頑張った」は三歩さんの常套句なんです。「また、山においでよ!」が私は好きです。
コミックの三歩は、あんなイケメンでなくて、もっと無骨な外見なんですが、小栗旬もうまくこなしていました。
もっといっぱい山岳映画をやってほしいものです。
本読みと山歩き
2011/05/08 15:21
こんにちは
 岩菅山でしたか、ここは志賀高原方面ですよね。素晴らしい残雪の山でしたしたね。
 私は本日インレッドさんに刺激され、近くの谷川岳の残雪を楽しんできました。まあまあの天気でしたがカメラにゴミが付いているので少し残念です。早く修理に出したいと思っています。
まきまき
2011/05/08 18:00
本読み さん、今晩は。
この映画では奥穂や前穂が良く出ましたが、一番多く出たのは西穂の独標からピラミッドピークそしてジャンダルムあたりのようでした。私は物語的には「剱・・・」の方が好きです。映像も「剱・・・」の方が金をかけてるなー
と思いましたが、この映画も大変面白かったです。
そうですね、もう少し山の映画があってもいいですね。
今日はその三歩気分で山歩きして来ました。
インレッド
2011/05/08 20:11
まきまき さん、今晩は。
岩菅は近いですから暇がありましたら、
ぜひ登って見て下さい。夏も中々良いところです。

今日は私もその対面にいました。
花も残雪もなかなか素晴らしかったです。
インレッド
2011/05/08 20:14
山行きの朝の2時間は貴重な時間です。勿体ない空時間になってしまいましたね。
そのため食事を歩きながらなさったのですね。
雪山を歩き(滑り)ながら、いつも素晴らしい画像を撮られているのには感心です。 頑張れニッポン!!・頑張れインレッドさん!!
これからも画像楽しみにしています。スライドショー素敵でした。
やまびこ
2011/05/09 18:28
やまびこ さん、今晩は。
お孫さんは益々可愛くなりましたね。誰に似たのでしょうか??。
この山は殆ど歩きでした、滑ったのは最初と最後だけのほんのちょっとだけですが、帰りは一気に降りられて楽でした。結構奥深い山ですので、暗くなってはちょっと心配でしたが、山頂まで行かなかったので、時間は少し余裕がありました。
インレッド
2011/05/09 20:44
こんばんは。
見過ごしていた記事を読ませていただきましたが、真冬の景色とは又違う景色ですね・・
東館山も寺子屋も・・
あの〜寺子屋峰と言うのは、寺子屋スキー場のてっぺんのことですか?
そこから岩菅山に登る・・う〜ん、私の中では寺子屋の前に岩菅山があるのですが、そこから尾根歩きをされたということでしょうか。
すいません・・地図の読めない女の私です。
でも、あの見えていた岩菅山は、こんなに遠い山だったのですね。
これをスキーを担いで歩かれた・・それも雪庇の道をひとりで・・すごい!
スライドショーで見せていただくと、迫力があって怖ささえ感じます。
(音楽のせいでしょうか?(^_^;))
後日夫にも見せてあげたいと思います。
ありがとうございました。
つれづれ
2011/07/07 22:44
つれづれ さん、お早う御座います。
焼額あたりから眺めれば良く解ると思いますが。一番右に東舘山、真ん中に寺小屋峰少し離れて左に岩菅山になります。寺小屋峰は下のスキー場からリフトに乗ってくれば1時間も歩けば着いてしまいます。その寺小屋峰から雪庇の尾根を歩いて岩菅山に着きます。この日もスキーヤーの御夫婦が寺小屋峰から少し先の展望の良い金山沢の頭で食事をしていました。そこからは一日中一人旅になりました。
インレッド
2011/07/08 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
素晴らしき残雪の山 岩菅山。  2011/5/4日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる