インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 涼を求めて東黒沢   2011/7/6日

<<   作成日時 : 2011/07/07 20:47   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 28

6月末より連日猛暑日が続いている関東地方、あまりの暑さに仕事で、みなかみ町に行ったついでに午後から今年始めての沢歩きをして来ました。

                  今年始めての沢登り(東黒沢)
画像


車の中で昼食の弁当を食べてから、スーツを脱ぎネクタイをはずし、車のトランクから沢靴を出して履き、ジャージのズボンを履いて、ペットボトル1本のウーロン茶だけを持って、今年始めての沢登りを始めました。

                 歩き始めの東黒沢
画像


まだ雪解け水の流れる沢に入ると、清涼飲料水でも飲んだように、体の中にシュワーッと涼しい風が流れて来ました。雪代の水はもう、それ程冷たくも無く、それでいて温くも無く丁度良い水加減でした。ブナの新緑の溢れる緑を見ながら、ただガムシャラにジャブジャブと水に浸かりながら歩き始めました。

                新緑の中の登り始め
画像


午後からの入渓ですから、行ける所まで行くことにして、水と戯れる事にしました。時には潜り、時には滝のシャワーを浴びて、気持ちの良い沢歩きでした。

                 新緑の中の沢登り
画像


画像


画像


ここは駐車場から直ぐに入渓する事が出来て沢登りとしては、大変便利な沢です。もう少し経つと若者達が大勢来て、町の主催するキャニオニングの遊びで賑わ所でもあります。

画像


                 こんな釜で一泳ぎ
画像


雨も沢山降り、雪代の水も加わり、水量は結構多いようです。

画像


今日のハイライト、ハナゲノ滝が見えて来ました。やはり水量は多いようです。滝を巻こうか脇を直登しようか迷いましたが、シャワーを浴びながら直登することにしました。

                ハナゲの滝
画像


画像


               脇の道にはニッコウキスゲが咲いていました
画像
  

画像
   

                 ちょっと緊張する登りでした
画像
   

下から見ればそれ程急には見えませんが、上から覗けばかなりの急勾配です。

                上から眺めたハナゲの滝
画像
  

さらに東黒沢を登ると美しい釜を持った滝が幾つもあります。

画像
  

画像
 

もう少し経って水量が少なくなれば、それ程危険な所は無いのですが、今日は途中からかなり高巻しなければ登れない程の岩場になり、遅く入渓したためここ迄で引き返す事にしました。

                 引き返したあたりの滝
画像


画像


暑い夏は、涼しい沢登りは本当に気持ちの良いものです。暑くてちょっと、だらけた体がシャキッとしたような気分になり、日暮れが近くなった谷川の湯蔵山方面を眺めながら、今日の沢登りを終わりました。

                 東黒沢と奥に谷川の湯蔵山方面
画像







   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

清涼感が伝わってきましたよ!
私の中の大きな少年が羨ましがっています!

この沢登りも危険が多いと聞きましたが ・・・でも、絶対に楽しそうですよね〜!
達磨の次男坊
2011/07/07 22:00
今晩は。
いよいよ沢登りが始まりましたね。前回の白馬大雪渓と共に、涼しさが伝わってきます。どんどん登って、みんなに涼しさを届けてください。
さて、いつもの4人でヒメサユリを見に鬼が面山に、六十里越から北岳までのピストンでした。あわよくばムジナ沢のカッチまでと思ったのですが、暑くて断念しました。
田子倉湖、浅草岳、守門岳、鬼が面の絶壁と残雪、未丈ヶ岳と毛猛山塊、その奥に燧ヶ岳、平が岳、中の岳、越後駒、見える山はすべて眺めることが出来ました。
鬼が面から、北岳の間は満開のヒメサユリロードでした。でも暑い太陽に照らされたお姫様は可哀想でした。霧雨の中でうつむきかげんにひっそりと咲くヒメサユリがこの山には似合います。
てるてる坊主
2011/07/07 23:01
綺麗なナメが長く続く、楽しそうな沢ですね。ハナゲノ滝は足元すくわれないように、足腰に力が要りそう(>_<)。夏はやっぱり沢がいいですね。
やまや
2011/07/08 01:40
達磨の次男坊 さん、
お早う御座います。
時間がありましたら、ちょこっと地下足袋でも履いて近くの沢にでも入って見ませんか、気持ちが良いですよ!!。地下足袋の上にワラジを履けば最高です。秩父あたりにも良い沢はあります。あの西沢渓谷の近辺も美しい沢ばかりです。
インレッド
2011/07/08 08:47
てるてる坊主さん、
お早う御座います。
天気は良過ぎたようですね、暑かったでしょう!!。
狢沢のカッチまでなら少し頑張れば行けると思いますが、こちらはヒメサユリはあまり無さそうですね。
その通りですね、ヒメサユリには霧が良く似合います。
今度は沢登りでも如何ですか、涼しいですよ。
インレッド
2011/07/08 08:52
やまや さん、
お早う御座います。
この沢には毎年来ています。駐車場から直ぐに入渓できて、途中の分岐で白毛門沢方面へ行けば谷川の大展望の白毛門まで登る事が出来ます。谷が近辺の沢は明るくて綺麗な沢が沢山あり、これからが楽しみです。
インレッド
2011/07/08 08:57
今日は、いよいよ夏に向かって涼しい遊びに入ってきましたね。私も体調が良ければ水遊びをしてみたいと思っています。その時には連絡しますから連れてって下さい。ところで水を浴びながらカメラどんな工夫して持っていくのですか?写真を撮るのも難しいのではありませんか・・・暑い時は童心に戻って谷川の水に浸かって戯れてみたい。
ローラー
2011/07/08 10:13
こんにちは。
「スーツを脱ぎネクタイを外し…」かっこいいですね〜。
仕事帰りにこんなところに行けるなんて、なんということでしょう!
ハナゲノ滝に私も浸かりたい。
東海地方は早くも梅雨があけました。 こっから10日が勝負なのですが、う〜ん世の中思うように行きません。
夏本番ですね〜。 でも、今年の夏は精いっぱい歩きたい!
本読みと山歩き
2011/07/08 18:00
ローラーさん、今晩は。
カメラは(もちろんコンデジです)タッパーに入れてビニール袋で二重に包んでいます。そのため入れたり出したり面倒ですが、壊れてしまっては困りますので仕方がありません。
沢靴で沢に入るか、地下足袋にワラジで入るか、どちらかは必要ですよ。涼しくて気持ちが良いですから、その気になったらいつでもお伴します。
インレッド
2011/07/08 19:49
本読みさん、今晩は。
こちらもそろそろ梅雨明けしそうです。梅雨明け10日と言いますからね、その後の10日が良いようですが、まだまだ夏休みの気分には、なかなかなれませんね。行ける時にじっくりと行って下さい。また白山あたりは良いのは??。
インレッド
2011/07/08 19:54
>温くも無く丁度良い水加減でした。
この表現に、思わず微笑んでしまいました!
涼しそうですね。
”沢歩き”はずっとやってみたいと思っていたことですが、この歳からではもう無理かな〜と半分諦めていました。
でも、ブログを見ていたら、やはり挑戦したくなりました。
アイ
2011/07/08 21:57
アイさん、今晩は。
コメント有難う御座います。
暑い時の沢登りは、本当に涼しくてたまりません。
アイさんはこの辺りを良くご存知のようですので、一度是非やって見て下さい。癖になりますよ!!。
ここは土合駅の少し先に湯檜曽川の橋がありますが、その手前が(山の家の後ろ)白毛門の登山口になっています。直ぐに10mくらいの橋がありますが、その沢が東黒沢です。これから結構若者がキャニオニングのスクールで遊んでいます。難しいところはあまりありません。難しそうな所には必ず右か左に巻く道があります。無理をせず行ける所までで良いと思います。
駐車場から直ぐに入渓出来ますので着替えも楽に出来ます。ただ沢靴は滑らないためにも必要です。
楽しいですよ。最近は結構女性も多く沢に入っています。女性が沢登りをやっていると、凄く格好良く見えてしまいます。
インレッド
2011/07/08 22:16
昨日はもううだるような暑さでした!とっても気持ち良さそうですね。
この夏もインレッドさんの沢歩きで涼しさを少し分けていただきましょう。
子供が小さい時は水無川へ連れてって水遊びしたものでした。
できることなら自分も子供に返ってまた川遊びがしたくなります。
けっこちゃーん
2011/07/10 08:45
沢登りを始めましたか。梅雨もあけて、
そろそろシーズンですね。
谷川近辺には登りやすくて、綺麗な沢が
いっぱいあっていいですね。
nori
2011/07/10 10:46
こんにちは
 今日もうだる様な一日でした。沢登をするのに良い季節になりましたね。
午後からでもさらりと行ってこられるのですね。涼しい感じでとても羨ましいです。
まきまき
2011/07/10 17:34
子供ではありませんが、水のある風景を見ると心が癒されます。涼しさが伝わってきます。体にも心にもよいですね。
昔、仕事で、海谷渓谷に遠足に行きましたが・・
三毛猫
2011/07/10 19:02
けっこちゃーん さん、今晩は。
こちらも梅雨あけしましたが、とたんに真夏がやって来ました。一日中 暑い 暑いと騒いでいます。
すぐにでも沢登りに行きたいのですが、週末は以前隣にいたB子ちゃんが久し振りに遊びに来たので、何処にも行きませんでした。
インレッド
2011/07/10 19:50
nori。さん、今晩は。
山も沢もそちらには敵いませんが、谷川近辺は、近くて沢も綺麗で、案外簡単に登れる沢が沢山ありますので、初心者の私でもなんとか一人で登れます。是非こちらの沢にでも と言いたい所ですが・・・。
インレッド
2011/07/10 19:53
まきまき さん、今晩は。
こちらからで午後でも行く事が出来ますので、まきまきさん家からなら、夕方からでも大丈夫ですね、最近また近くで良い沢を発見しました。その内行って見ようと思っています。行きますか??。沢靴必要です。それでなければ地下足袋にワラジが必要です。
インレッド
2011/07/10 19:57
三毛猫 さん、今晩は。
そうですね、その童心に帰って遊ぶ事が楽しいんですよ。
今日もこちらは真夏の太陽が輝いていました。これからは沢登り涼しくて本当に気持ちが良いですよ。マイナスイオンもいっぱいありますので、きっと体にも良いと思います。
インレッド
2011/07/10 20:10
 おはようございます。
調度良い水加減でしたか。脇に咲くニッコウキスゲが一層清涼感を感じさせてくれます。
お恥ずかしながら“雪代”という言葉を知りませんでした。
自分は、昨日、五頭山の沢に入りました。
甘納豆
2011/07/11 07:51
甘納豆 さん、お早う御座います。
沢登りやってきましたか。

今回はあまりにも暑かったので、午後からでしたが、入って見ました。沢は本当に涼しくていいですね。こちらは6日連続で35℃以上の猛暑日が続いています。昨日は37℃もありました。土・日は久し振りにB子ちゃんが来ていましたので、山は休みました。
インレッド
2011/07/11 08:44
インレッドさんこんにちは

涼しい便りと写真・・・ごちそう様です。
急な梅雨明け・・・連日の猛暑・・・始まったばかりですがもうたくさんです。

雪解けの水も加わって迫力ある沢登りになりましたね。
渓流釣りに夢中だったころを思いだしました。
keykun
2011/07/11 14:01
仕事のあとスーツを着替えて入ったのですか!
見ていても気持ちよさそうですね。
それほど危険箇所も無いようだしやはり夏はコレですね。
ミニミニ放送局
2011/07/11 15:55
インレッドさん はじめまして
沢登りは、大昔、わらじをはいて!少しだけやったことがあります。
でも、ある時後続のパーティで事故があって…。

二・三年前、ウン十年ぶりに新しい沢靴を買ってみたんですが
まだ一度もはいていません。
こう暑くなると、沢はほんとうに魅力的ですね。
インレッドさんのこの記事を見て
無理なく行ける所だったら行ってみたくなりました。
pallet
2011/07/11 16:07
keykunさん、今晩は。
渓流釣りをやっていたのならば、沢靴はあると思いますので。沢登りでもやって見ませんか。ここは駐車場も近いし、危険な所もあまりありません。秩父からでもそれ程遠くはありませんし。涼しくてきっと病みつきになりますよ。
インレッド
2011/07/11 19:30
ミニミニさん、今晩は。
ここは我が家からも近くて危険な所もありませんので、気軽に歩ける沢です。この暑い時期には涼しくて、本当に気持ちの良い所です。
谷川近辺は良い沢が沢山あって、真夏を過ごすには良いですね!!。
インレッド、
2011/07/11 19:33
palletさん、始めまして。
コメント有難うございます。
私も沢登りは初心者でしかも単独です。沢登りは危険な所は沢山ありますが、初心者で単独ですから、危険と思った時は直ぐにあきらめて下山します。楽しければそれで充分満足と思っています。
この谷川近辺には明るくて、比較的やさしい沢が沢山あります。是非またやって見て下さい。私のお勧めはここと、万太郎本谷・宝川渓谷の奥のナルミズ沢・川古温泉の奥の笹穴沢あたりです、たくさんのナメや滝が美しいですよ!!。
インレッド
2011/07/11 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
涼を求めて東黒沢   2011/7/6日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる