インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 風と渓と・・・谷川仙ノ倉谷   2011/8/6日

<<   作成日時 : 2011/08/07 15:20   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 27

先週は猛烈な豪雨に襲われた新潟県の魚野川。今日はその魚野川の源流の一つ、仙ノ倉谷を遡って見ました。山や渓は相当荒れているだろうと予想していましたが。もう既に普通の渓の風景に戻っていました。淵ではイワナが昼寝をむさぼり、岩には蝶々が美しい羽根を休めていて、時折漏れて来る日差しの粒がキラキラと輝く渓でした。


                  魚野川の上流 ダイコンオロシ沢付近の風景
画像


ここに行くには土樽から毛渡沢を渡り、新平標登山道を1時間半ほど歩きます。

                 新平標の登山口はこんな吊り橋から始まりますが、標識も何もありません
画像


「新」と名が付く平標への道ですが、獣道のような道と既に藪になってしまった道を登ります。この道は、たまに釣り人が通るだけの道で、蒸れるような夏草の匂いを聞きながらの道でした。

                  新平標登山道の道
画像


1時間半ほど登り、沢の音が大きく聞こえるようになり、ダイコンオロシ沢に着きました。今日の沢登りはここから始まります。

                  入渓付近
画像


画像


画像


                 東ゼン沢付近
画像



暑かった6月末から7月始めは、毎日猛暑日が続きました。その後雨が沢山降るとすっかり涼しくなってしまい、あまり早く涼しくなると、もう夏は終わってしまったかと、少しは淋しくもなりました。

                  渓と奥に平標方面
画像


画像


久し振りに夏の暑さが戻って来ました。涼しい風が平標付近から吹いて来て、渓の飛沫とその風に吹かれてすっかり涼しくなりました。時折休む丸い岩場の上には。もうアキアカネが舞い、もう直ぐお盆になる事を知らせているようでした。

画像


画像


画像


画像


ダイコンオロシ沢から西ゼン沢あたりに行こうと思いましたが、流れが細くなり、下のダイコンオロシ沢であたりで昼食にして帰ろうと思います。

                  西ゼン沢の入り口付近
画像


ヨツバシオガマの石鹸のような香りを聞きながら、岩の上に座り、足だけは渓流に入れたまま食事をしました。今日は駐車場に4台ほど車は停まっていましたが、釣り人の車のようで、毛渡沢あたりで釣りを楽しんで居るのでしょうか??。この沢では会う人は誰も居ません、何時ものように全くの一人旅でした。

                   食後はこんな釜で一泳ぎ
画像


画像


画像


画像


いつも「一人で淋しくありませんか」と、皆さんに聞かれますが、旅には淋しさが付きものです。私の好きな歌で、山口百恵さんの歌に「いい日旅立ち」と言う歌があります。

  ・・・・ いい日旅立ち 夕焼けを探しに  母の背中で聞いた 歌を道連れに・・・・

どこか郷愁を感じる歌です。旅でも山登りでも大勢で出かけるのも良いと思います。しかし旅には憂い郷愁があった方が私は良いと思っています。郷愁・憂い それが旅なのでは・・・

画像


画像


画像


画像


蒼い蒼い釜や淵を眺めていたらポツリ ポツリ雨が降って来ました。今迄溢れるほどに聞こえていた、蝉しぐれも何時の間に聞こえなくなって、沢の音と雨の音だけ聞こえるだけになりました。

画像


画像


画像


驟雨のような雨でした。カッパは今日は持って来ていません。既に濡れている体に、吹き渡る風と雨は丁度良い涼しさで濡れるに任せて、沢や森の中を歩くのは、自然と一体になったようで、また気持ちの良いものです。

画像


その雨も一時はかなり降りましたが、パッと止んでしまいました。まさに驟雨でした。暖かな地表から発生したモヤが木々の間を通り抜けて行き、そんな風景もまた良い風景でした。

画像


                 カリガネソウ
画像


渓の下の方では、カリガネソウが薄紫の花弁を広げていて、秋の始めを知らせているようです。そう言えばもう直ぐ立秋です。季節は間違いなくやって来ますね・・・

画像


駐車場に着く頃、前方に荒沢山が見えました。今年の残雪の頃に、滑落して亡くなった「ワコ」さんを思いながら駐車場に着き帰宅しました。

                  荒沢山方面,稜線の上右にちょこっと足拍子山
画像




BGM付きの大画面スライドショーを、お楽しみください
   






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんにちは♪
夏の暑さが戻って来たでしょうか。
やはり自然エアコンの山・渓が嬉しいです。
私も夏休みの山旅は山頂貸切が多かったです。
おかげで自分撮りがいっぱいできました。(^^)/
渓の涼しさが伝わってきますよ〜。
クロちゃん
2011/08/07 16:43
涼しそうな画像が次々あらわれて、いいなぁと思っていたら
なんと♪ 最後にカリガネソウではないですか。
それもまだ咲き始めで、真ん丸の蕾がかわいいですねー
私はまた公園で出会うしかないかもしれません。

話が前後しましたが、目線の低い画像は、臨場感たっぷりですね。
自分がそこにいるように感じられます。
はなねこ
2011/08/07 17:44
クロちゃん、今晩は。
夏休みはもう終わりましたか?。私はこれからですが、孫やB子ちゃんがこれから来ますので、山に行けるかどうか??。
渓流釣りが出来ればいいですね。そう思いながら魚影を見ていました。
インレッド
2011/08/07 18:42
はなねこ さん、今晩は。
さすがに鋭いですね、なるべく通常の目線では無く低い目線で撮ろうと思っています。一眼は沢には持って行く事は困難なので、沢では殆どコンデジで撮っていますので画像はイマイチですが・・・。
カリガネソウは珍しい花ですね、見た事がある方は少ないと思います。谷川や尾瀬でも時々見かけます。今度尾瀬に夏行く事がありましたら、竜宮小屋のトイレ付近を探して見て下さい。
インレッド
2011/08/07 18:48
こんばんは
 カリガネソウとやら又新しく見る花です。いつも珍しい花を掲載しますね。勉強になります。
 
まきまき
2011/08/07 21:52
こんばんは
沢登りにご一緒しているような気分になりました。
それにしても「ゼニイレ沢」に続いて「ダイコンオロシ沢」とは…
これにはどんな意味があるのでしょう?
カリガネソウ、私も初めて見たと思います。
すてきな色合いの花ですね ♪
pallet
2011/08/07 22:16
仙ノ倉谷・・インレッドさんとお会いした地点との位置関係を知りたくて、じっくりと地形図をみました。ビールとポテトチップとインレッドさんが昨日のことのように思い出されて懐かしい!
>沢や森の中を歩くのは、自然と一体になったようで、また気持ちのよいものです。
私も同感です。
私の場合、岩をつかんでよじ登っているときにも、そう感じるのです。
今年は(も?)天気が不安定ですね。おととい、私も雨に降られて、沢歩き状態になりました。あえて雨具をつけないでずぶぬれになるのもよかった。
一人での静かな山歩きが私も好きです。
アイ
2011/08/08 07:08
まきまき さん、お早う御座います。
剱は如何でしたか・・・。
毎年のようにテン泊していますが、3000mは風景が違いますね。
剱は近くに温泉もあり好きな所です。
インレッド
2011/08/08 08:46
palletさん、お早う御座います。
ここは大滝や大ナメも無く、ダイコンオロシのようにザラザラと小滝が多いせいでそんな名前が付いたのかも知れません??。カリガネソウは美しい花ですが茎をゆすったりすると強烈な匂いを発します。それが身を守る武器なのかもしれません。本当はダイコンオロシ沢の20mくらい先の沢を登って西ゼンに行く積りでしたが、1本手前を登ってしまいました。ここも行きたい所だったので構わず登ってしまいました。
インレッド
2011/08/08 08:58
アイさん、お早う御座います。
アイさんが、ずぶ濡れで歩いた山は何処なのでしょうか??。
ここは新潟の土樽方面から平標に登る、平標新道付近にあります。こちらから平標は沢を渡ったり急な登りや荒れた登りがあるためか、殆ど登る人はいないようです。本当は今回は西ゼン沢を詰める積りでしたが、ダイコンオロシ沢から渡渉すると案内書に書いてあったので、そこから登りましたが、ダイコンオロシ沢の20mほど先の細い沢から登るようでした。間違ったのは直ぐに気が付いたのですが、こちらの沢も登って見たいと思っていた沢でしたので構わずに登りました。そんな訳で余計に人の気配がありませんでした。カッパを着ると暑いですが、濡れたまま歩くと涼しくて、濡れて困るものはカメラを始め全部ビニールに包んでザックの中に入れていましたので、濡れたままズーッと歩きました。
インレッド
2011/08/08 09:11
こんにちは!

とっても綺麗な沢ですね〜! 淵にはイワナ 岩に蝶、岸に咲くカリガネソウと空を舞うアキアカネ!
目に浮かびます。 私も勇気を出して、もう一歩二歩前へ出られればこの景色に近づけるんでしょうね!

『カリガネソウ』も可愛い花ですね! これもいつか見に行きたいと思います。尾瀬ですね!記憶しておきます。

先日、浅間隠しに行ってみたのですが、台風の影響で小雨・霧・時折強い雨 だったので断念しました。
このお盆休みは・・・赤久縄・御岳山の他は難しそうです。花は終わっても山は逃げませんからネッ!花の時期を外れてからでもチャレンジしてみます。

やっと一人山歩きに慣れはじめた達磨の次男坊なのでした。
達磨の次男坊
2011/08/08 10:17
ダイコンオロシ沢なんて面白い名前があるんですね。
一人で気ままに、毎回行きたいところに行って
歩きたいように歩く・・・理想的ですね。
汗も、沢の水もどしゃぶりの雨も、みんな同じですか。
自然の中にすっかり溶け込んでいらっしゃいますね。
nousagi
2011/08/08 12:20
インレッドさんこんにちは

ダイコンオロシ沢なんてユーモアたっぷりの沢ですね。
ギザギザの川床なのでしょうか。
山の谷は大雨が降ってもすぐに平常に戻るのですね。
植林の山ではそうは行きません。
自然は素晴らしいです。

今日のように暑いと写真を見ていだけで泳ぎたくなります。

keykun
2011/08/08 13:54
インレッドさん、今日は
また、沢登りがしたくなる暑い夏が戻ってインレッドさんのブログが楽しみです。まだ利根川本流では、まだかなり濁っていますが山の支流はすぐ元の沢ですね。でも、毎日夕立がありますので気お付けてください。
2週続けて珍しい花の紹介がありましたので10日にレンゲショウマとシキンカラマツを探しに行ってきます。
百名山2山は共に雨に叩かれましたが、剣は素晴らしい山でした。来週は娘夫婦と八ヶ岳か、針ノ木に行って来ようと計画中です。
てるてる坊主
2011/08/08 19:10
達磨の次男坊 さん、今晩は。
御岳山に私も行きたいのですが、今週末は孫にB子ちゃんが来るので行けるかどうか解りません。
カリガネソウもちょっと珍しい花ですね、尾瀬や谷川の一の倉沢あたりにも咲いています。この花は見た目はかなり美しいのですが、美しい物には 棘がが・・・、見てるだけではなんでも無いのですが、幹に触ってゆすったりすると、かなり強烈な匂いを発します。是非探して触って見て下さい。夏から秋にかけて咲く花です。
インレッド
2011/08/08 19:11
nousagiさん、今晩は。
ここは多分ダイコンオロシ器のようにザラザラした川原が続くのでそんな名前が付いたのだと思います。実はこの沢では無くほんの20mくらい先の西ゼン沢に行く積りでしたが、案内書にはダイコンオロシ沢から入渓すると書いてありましたのでそのまま登ってしまいました。この沢も気になっていた沢でしたので、途中で気が付いたのですが、そのまま登って来ました。
カリガネソウは見た事がありますか??。美しい花ですが、強烈な武器を持った花です。ちょっと触ったりゆすったりすると強烈な匂いを発します。
インレッド
2011/08/08 19:19
keykunさん、今晩は。
ここは小滝が続くくらいで大きい滝などはありませんでした。そんな沢なのでダイコンオロシなのかも知れませんね。
カリガネソウ(雁草)見た事がありますか。強烈な匂いを発する武器を持った花です。美しいものにはトゲがありますね。
インレッド
2011/08/08 19:25
てるてる坊主さん、今晩は。
無事御帰還 おめでとうございます!!。
あの界隈はテント泊しても直ぐ近くに温泉がありますので、夏休みにのんびり山登りを楽しむには最高の所で、毎年のように私も出掛ける所です。ビールを買って飲みながら、その日に登った山々を眺めて入る温泉は最高です。これから孫やB子ちゃんが来るので今年は行けるかどうか解りませんが・・・。行く事が出来ない時は近くの沢で遊ぼうと思います。
インレッド
2011/08/08 19:31
ダイコンオロシ沢、名前も涼しげでいいですね〜(^^)♪。そして明るい沢ですね♪今年の盆休みは三重・鈴鹿の山で沢三昧を計画中です。
やまや
2011/08/09 02:08
おはようございます。
1枚目の写真良いですね。涼しさと広がりを感じさせる風景、こんな風景が大好きです。
水の流れを静止画で撮るのは難しいものですが、インレッドさんにかかると流れも見事に捕らえておられます。フルウインドウの画像は本当に水が動いている様に見えます。暑いさ中の涼味,ありがとうございました。
甘納豆
2011/08/09 07:44
やまや さん、お早う御座います。
谷川近辺の沢には変わった名前の沢が多いですね。本当はこの隣りの西ゼン沢に行く予定でしたが、案内書にダイコンオロシ沢から入渓すると書いてあった為。ここから入ってしまいました。実はこの20m先くらいの所から入るようでした。大きなスラブが直ぐに出て来る筈でしたが、一向に出会わないので間違ったと気が付きました、このダイコンオロシ沢も気になっていた沢でしたので、戻らずにそのまま登って来ました。今週末に孫やB子ちゃんが来る予定ですので、今年も赤木沢は行く事が出来ないかも知れません。
インレッド
2011/08/09 08:42
甘納豆さん、お早う御座います。
そちらもかなり暑さが戻ったようですね。ナメ床や滝も良いですが、私もブナや木々の中を歩く東黒沢のような沢が大好きです。宝川からナルミズ沢への道はあちこちで土砂崩れがあり、ここ数年は通れないようになってしまったようです。万太郎本谷もブナ林の中から登ります。もう既に清流になっていますから登って見て下さい。
インレッド
2011/08/09 08:49
ミニミニさん、今晩は。
気持ち玉 有難うございました。
インレッド
2011/08/09 18:55
こんばんは!
「郷愁・憂い それが旅」う〜んその通りですね。
一人旅が故に、気軽に行き交う人と話せます。一期一会。
先日の西駒の小屋守りの方とも一人だから、ゆっくり話せました。
その前の東電小屋での蛍鑑賞会も、ご主人が一人の私に話しかけたのが切っ掛けでした。一人歩きもそう悪くない。
今日もまた、インレッドさんの写真で涼ませてもらいました。
本読みと山歩き
2011/08/10 22:59
本読み さん、お早う御座います。
暑くなりましたね。今日は38℃になるとの予報でした。アルプスも行きたいですが、こんなに暑いと・・・。以前 裏銀座ですれ違った、あの夏も暑かったですね!!。双六のテント場で熱中症になり夏季診療所に駆け込んだ事が懐かしく思い出されますが、もうあんな登山は無理な歳になってきました。
インレッド
2011/08/11 08:57
今日は、こう暑いと沢登り気持ちがいいでしょう。私も念願の槍ヶ岳に行ってきました。帰りに槍沢に入り水遊びをしましたがとても冷たくて手足を数十秒入れただけで痛くなるほどでした。インレッドさんはこんな冷たい水の中で遊んで居るのだろうか?しかしとても気持ちがよかったです。オーバーヒートした身体に冷水をかぶっての沢遊び最高でした。
ローラー
2011/08/11 09:06
ローラーさん、今晩は。
槍ヶ岳は如何でしたでしょうか。私は槍ヶ岳は
槍沢にテント泊して登りました。

こちらの沢の水はそれ程冷たくはありません、
丁度良いくらいの冷たさで、気持ちが良いです。
今日もかなりの暑さなので、又沢に行こうかな
と思っていますが、丁度孫達とB子ちゃんが来て
いますので次回はいつになるかは????。
インレッド
2011/08/11 20:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
風と渓と・・・谷川仙ノ倉谷   2011/8/6日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる