インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS ブナグラ谷から赤谷山へ  2011/9/23日

<<   作成日時 : 2011/09/24 20:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 31

     ♪♪夢に描いた剱の山によ 意気と力でね ぶちあたる ヨカネ・・・      
   剱見るなーら赤谷尾根でょー  大窓小窓にね三ノ窓 ヨカネ・・・♪♪
                                             早稲田大学山岳部の歌より

昔 山屋さん達に良く歌われた山の歌にこんな歌があります。曲はダンチョネ節の替え歌ですが、山に行った帰り道など今でも時々私も歌ったりしています。その赤谷山(あかたんやま)に以前から行きたいと思っていましたが、この3連休にやっと実現しました。

                 馬場島付近から剱方面(帰りに撮影)
画像


高速道を信越道〜北陸道を通り立山方面に、夜の8時頃向かいました。途中糸魚川〜朝日IC間が雨で不通になり国道8号線を富山に向かいましたが、糸魚川〜朝日間の国道は大渋滞で3時間経っても朝日を通過する事ができず、馬場島あたりに着いたのが、夜中の3時頃になってしまいました。さらに赤谷山への登山口のある道は。馬場島のすぐ先でゲートが閉まっていて、登山口の堰堤迄は行く事が出来ず。結局馬場島の公園で車中泊。30分程仮眠して朝5時頃に、沢山ある遭難者の碑を見ながら登山口へ向かいました。今日はいつもコメントを戴いて居る てるてる坊主さんと一緒の山登りです。

                 朝の登山口への道より赤谷山・剱方面
画像


早月尾根から剱への登山口のある馬場島公園には幾つかの碑があります。その一つ↓
画像



私にとっては全く碑の通り「試練と憧れ」の場所です。早月尾根からの剱も毛勝三山も長年の憧れですが、そこには沢山の試練もあるようです。今日これから登る赤谷山への道も、まさにそんな道でした。

                  試練 1
画像
堰堤の直前に石に書かれた赤いペンキ印の↑があります。何処の山への登山口かは書いてありませんが。堰堤直前ですのでここが赤谷山への登山口と思い最初から急登の道を登り始めました。いくら登っても上へ上へと続いて居ています。赤谷山へはブナグラ谷の左岸を沢に沿って歩く筈です。少し登って間違えたのに気が付き、改めて堰堤の左のトラロープに掴まりブナグラ谷に出ました。









画像



堰堤のトラロープに掴まり登山開始の赤いザックカバーの てるてる坊主さん。














赤テープやペンキ印に導かれて、ブナグラ谷沿いの道を朝露を一杯浴びながら登りました。
画像画像

















画像画像

















          試練 2

画像
登っても登っても滝が続く道になりました。通常の道はブナグラ谷左岸にあるはずですが、左岸を探しても登山道は無くなりました。おまけに霧も深くなり、一瞬今日はここ迄にし下山しようかと思いましたが、ここで下山しては試練を乗り越えた事にはなりません。急ぎ来た道を降りてもう一度登山道を探すことにしました。
















どうやら大ブナグラ谷に入ってしまったようです。地図ではかなり直角的にブナグラ谷と交わるように書いてありますが、実際は殆ど平行でもするかのように僅かに右にブナグラ沢は流れています。そこから大ブナグラ谷では無くブナグラ谷方面に行くようですが。ここにも標識はありません、赤いテープが時々ありますが両方にあるため、非常に解りにくい所でした。

                 やっと本道に入りました。
画像画像















こちらのブナグラ谷も大ブナグラ谷と同じく水量の多い流れで、水は轟音を轟かせながら一気に谷を落ちて行きます。まるで沢登りをやっているようです。登山靴では滑るためかなり慎重に歩かなければなりません。

                 ブナグラ谷
画像


画像


谷も沢歩き状態でしたが、登山道も沢を歩いて居るような、道が続きました。

                   ブナグラ峠への道
画像画像
















画像画像
















画像画像

















画像画像

















やっとブナグラ峠が見えて来ました。まだまだ遠いようですがなんとかブナグラ峠迄は行って見て、そこからの剱や後立山の眺めを楽しもうと思います。

                  ブナグラ峠方面
画像


かなりの急登になり、峠の直下は大きな岩がゴロゴロと重なった道になりました。                


                  峠直下より登って来たブナグラ谷
画像



   直下の岩場
画像



                  霧雨が濃くなってきた岩場を越えて峠方面
画像



                 お地蔵さんの立つブナグラ峠に着きました
画像


ここから右に赤谷山から、さらに赤ハゲ・白ハゲ・大窓・池ノ平・小窓を経て剱に行く事も出来ます。大正時代は池ノ平山付近にモリブデンを採る鉱山があり索道もこの辺りにありました。そのモリブデン(鉄鋼を強力にする鉱石)を馬場島まで運んだそうです。

                 峠より赤谷山方面
画像


                 峠より猫又山方面
画像


なんとかブナグラ峠に着く事が出来ました。急ぎパンを立ち食いして冷たい雨が降る峠を午後2時過ぎ、赤谷山は諦めて下山することにしました。

                一瞬霧雨が開けて後立山方面が見えました
画像

                 

                霧雨が激しく流れる尾根を眺めながら、下山しました。
画像


画像



赤谷山の山頂に立つことは出来ませんでしたが、家を出てからの沢山のアクシデントにも拘わらず、なんとかブナグラ峠迄は行く事が出来て充分満足の出来る登山でした。

                   ブナグラ谷の登山口の堰堤
画像


                   馬場島迄への林道付近より剱方面
画像



                        剱岳の論

                剱岳は岩と雪の殿堂である 人身とも鍛練された人々よ来れ

                気象は激しく変動する 冷静沈着な行動に徹せよ

                掟は厳しい 力と勇気をもって 苦難に挑め

                自然は生命を躍動させる 無垢な姿をとこしえに

                山に寄せる心のたかまり 剱岳は逞しさと豊かさを育む

                         
                

                   馬場島公園より剱方面
画像


   ♪♪ ひげを伸ばして伊折へ降りゃよー おいらを待ってるね 獅子舞がヨカネー ♪♪

                               (以前は馬場島では無くもっと下の伊折が登山口でした。)







  BGM付きの大画面スライドショーをお楽しみください
  







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
生憎の天気になってしまいましたね。
大雨の後でしたから、条件も悪かったでしょう。
でも、今回はお仲間と一緒で、楽しかったのでは。
私も明日から、ちょっと遠出してきます。(^^)
nousagi
2011/09/24 21:15
nousagiさん、今晩は。
明日からどこの山でしょうか??。
珍しく今回は友達と一緒でした、こんな淋しい日には
やはり山友と一緒の方が楽しいですね!!。
出発の時からのアクシデント続きでしたが峠まで行けたので
満足しています。
インレッド
2011/09/24 21:29
インレッドさん おはようございます。
ブナグラ峠、いかにも峠道らしい道がお地蔵さまの両袖に続いていて、なぜか郷愁を誘う素敵な峠ですね。
馬場島へは行ったことはありませんが、ある席でご一緒した佐伯邦夫さんに「馬場島ってどこですか?」とお聞きして、あきれられた?ことがあります(^_^;)。いつか行ってみねば…。
私は「人身ともに鍛錬され」ていないし「試練」に弱いので、(早月尾根からは無論のこと)まだ剱岳にも足を向けることができないでいるのです。トホホ。

pallet
2011/09/25 09:54
インレッドさん、こんにちは♪
遥か遠い試練の道が待っていましたね。w(゚o゚)w
それゆえの達成感、満足感は格別なことだったでしょう。
大自然に挑む空気の道をいっぱい感じました。(^^)/
クロちゃん
2011/09/25 10:56
一つならず、いくつかの試練にもかかわらず、ブナグラ峠まで歩かれたことに、敬服!
剱岳山頂からまだ名前さえも知らなかった山塊を見て、とても惹かれ・・・。それは、毛勝三山でした。
今回歩かれた辺りもいいですね〜。
アイ
2011/09/25 10:59
こんにちは!

凄い山へ登られるんですね〜!
登山道と言っても殆どが瓦礫の沢だったような???
こんな危険な山へ登るときには万全の体制で臨むのかと思ったら、意外や意外、不休不眠状態で入山されるとはっ!
(自分の甘さを感じてしまいますね!)

いや〜、それにしても赤谷山も目の前と言うところまで行かれたようでしたが、天候と言いトラブルに次ぐトラブルと言い、残念でしたね!

しかしながら物は考え様で、この先に進んだら更なるアクシデントが待っていたかも知れません。そう考えれば今回の登山も大成功の登山でしたかネ!

インレッドさんの知力・気力・体力を羨ましく思いますよ!
私も精々インレッドさんの1/3の登山でも良いから出来る様になりたいものです!
達磨の次男坊
2011/09/25 11:37
インレッドさんこんにちは

インレッドさんが道を間違う山・・・それだけで「すごさ」がわかります。
道間違いにも負けず・・・雨にも負けず・・・濁流にも負けないで登る志がすごいです。
オイラは登山口の雨だけで引き返してきました。
すこしはインレッドさんを見習わなくてはと痛感しました。

剣岳が見える山・・・いつか行ってみたいです。
keykun
2011/09/25 12:26
今日は、聞いた事がない赤谷尾根は何処にあるのかをカシミールで調べました。剣岳の周囲をめぐって見つけましたが登山道があるのかないのか不明でした。昔厳しい沢伝いに在ったのでしょうか??今ではあんまり利用されていないところのようですね。沢へ入り間違うトラブルも乗越えて峠に行けた喜び気持ちがわかります。
ローラー
2011/09/25 14:50
palletさん、今晩は。
そうでしたか、佐伯さんもさぞやがっかりした事でしょう。そうは言ってもまだ私も佐伯さんの剱や毛勝三山の本は読んで居ません。その内読んで見ようと思っています。
剱は剱沢方面から登るとカニのタテバイやヨコバエなど写真で見ても、かなりスリルがありそうに見えますが、実際はちゃんとした踏み場もありますので3点指示さえしっかりしていれば大丈夫です。早月尾根からも道中は長いですが、途中に早月小屋がありますから前々心配はありません。この辺りの山を登っていると登山を趣味にして本当に良かった と思える場所です。是非人生の大イベントとしてトライして見て下さい。
インレッド
2011/09/25 18:34
クロちゃん、今晩は。
今回は高速道から登山までアクシデントの連続でした。まさに試練と憧れの場所でした。大ブナグラ谷に入ってしまった時は、霧も深くなり、展望も期待できないと思ったので登山を諦めて帰ろうと思ったのですが、やはり試練に勝とうと思い決行しました。なんとか峠迄行く事が出来ましたので、まあ満足できる登山になりました。
インレッド
2011/09/25 18:40
アイさん、今晩は。
この馬場島あたりから毛勝三山や剱辺りは、山登りを趣味にして本当に良かったと思える所です。ぜひこちらからどこかの山に登って見て下さい。私も長年の夢でしたが、中々良い所と思いました。その内もう一度トライして見ようと思っています。
インレッド
2011/09/25 18:44
達磨の次男坊さん、今晩は。
剱岳の論に書いてある通り、身も心も充分に鍛錬すれば、豊かさと逞しさが付きます。これからも山を楽しみ、自分の修練の場所と思って頑張って下さい。そうすれば病などは直ぐに治り元気な体に戻ります。
インレッド
2011/09/25 18:50
keykunさん、今晩は。
今回はアクシデントが沢山ありましたが、なんとか行く事が出来ました。この山は数年前までは登山道はありませんでしたが、地元の方がボランティアで作った道です。従って道標などは一切ありません。赤テープが所々にあるだけです。一応GPSは」持って行きましたが、それでも迷いました。地図を頼りに登っても始めての方はきっと迷うと思います。それだけに一層達成感はありました。
インレッド
2011/09/25 18:55
ローラーさん、今晩は。
ここは数年前までは登山道はありませんでした。僅かに残雪期にスキーヤーの方々が登る山でした。地元の方々がボランティアで作った道で道標などは一切ありません。一応GPSも持っていましたが、狭い谷間は電波を受信出来にくく、迷いました。それでもなんとか峠迄は行く事が出来て満足しています。
インレッド
2011/09/25 19:01
山じい さん、今晩は。
気持ち玉有難うございました。
インレッド
2011/09/25 19:02
インレッドさん 今晩は
群馬は地元だったんですね。ブナ林が好きなので、いつもは武尊牧場スキー場や照葉峡の奥から入っていましたが、鎖場のある不動岳に入ってしまいました。紅葉まで後少しですきっとすばらしい景色が広がることでしょうね。
山じい
2011/09/25 20:51
インレッドさん、今晩は。
私にとって、まさに試練の山でした。昨日は体中が筋肉痛で何も出来ませんでした。しかし今日は、ツェルトと寝袋を買いに行く自分がいました。あの辛さは何だったのでしょうか?。
それがあの碑にあった、山の魅力というか 憧れ だとおもいます。
またひとつ大きく成れました、 有難うございました。
てるてる坊主
2011/09/25 21:04
こんばんは。
こんな日には、インレッドさんのように 経験と知識と判断力、すべてが揃っていないと行ってはいけないところのようですね。
まさに剱岳の論そのものですね。

お天気のいい日にしか歩かないというのは
その山を半分しか知らないということなんですね。
はなねこ
2011/09/25 22:27
おはようございます。
 剣を眺める山でしたか、天気が生憎でしたね。尾瀬の夕刻はこの日は8℃だったそうです。
まきまき
2011/09/26 06:10
おはようございます。
渋い山に行かれましたね。
23日は3連休の中で唯一天気のぱっとしない日でした。
遠路本当にお疲れ様でした。
馬場島には剱に上るため3回ほど訪れています。懐かしい写真です。
雪が降って、剱はあきらめた時、道中あった人にそれなら赤谷山に行こうと誘われたことを思い出します。結局行かず仕舞いでしたが、大変な山なのですね・ブナグラ峠まででも十分です。
でも、また、天気の良い日に歩いてみて下さい。
甘納豆
2011/09/26 08:20
山じい さん、お早う御座います。
ブナ林がお好きですか。それならば玉原の奥あたりや、鹿俣山などもなかなか良いですよ、残雪の頃も素晴らしい所です。是非登って見てください。照葉峡辺りは先の大雨で不通になっていましたが、やと先日開通したようです。
インレッド
2011/09/26 08:49
てるてる坊主 さん、お早う御座います。
お疲れさまでした また 大変お世話になりました。
沢山の試練を乗り越えてブナグラ峠まで行けたのですから、得るものがあった登山だったと思います。あの「剱の論」と「試練と憧れ」の碑が身に沁みました。本当にまた一つ大きくなれたような気がしました。
早速ツエルトと寝袋を買いましたか。それでは涸沢にでも・・・
インレッド
2011/09/26 09:02
はなねこ さん、お早う御座います。
天気予報ではこの日が一番よい天気の筈だったのですが、一日中降られました。登山道を2度も間違えたりして、途中で諦めようと思ったのですが、諦めて下山したら何も得るものが無いと思い、なんとか峠まで行って来ました。下山して「剱の論」と「試練と憧れ」の碑を見て、大変身に沁みました。
インレッド
2011/09/26 09:07
まきまき さん、お早う御座います。
尾瀬のゴミ拾いと飲み会御苦労さまでした。
本当はこの日が一番よい天気の筈でしたが、一日中雨でした。それでも沢山の試練を乗り越えて、てるてる坊主さんのコメントの通り、一つまた成長できたような登山でした。
インレッド
2011/09/26 09:11
甘納豆 さん、お早う御座います。
天気予報ではこの日が一番よい天気の筈でしたが、小振りの雨に一日中降られてしまいました。GPSは持っていましたが2度も道を間違え霧も深くなって来ましたので、途中で諦めて下山しようと思ったのですが、それでは何も得るものが無い登山になってしまうと思い、峠を目標に登って見ました。下山して見た「試練と憧れ」「剱の論」は大変身に沁みました。
インレッド
2011/09/26 09:18
やまびこ さん、お早う御座います。
気持ち玉有難うございました。
インレッド
2011/09/26 09:34
遠路御苦労さまでした。
雨の降る中あきらめずに良く頑張りました。
きっと沢山の得るものが有った山登りだったと
思います。
nori
2011/09/27 08:51
こんにちは。今地図を見て”わぁ〜〜険しい所”感服いたします。
変わった景色を見させて戴き嬉しいです。24日・25日富士山を見たくて
金時山と丹沢大山(ヤビツ峠から)に登って来ました。憧れの丹沢山系も見て無事帰宅しました。やっぱり山は良いですねぇ。お疲れ様でした。
たかちゃん
2011/09/27 10:31
noriさん、今晩は。
今回は遠路長野を越して富山まで行って来ました。
あいにくの天気と、アクシデントで大変でしたが。
得るものは沢山ある登山でした。もう一度良い天気の
日に挑戦してみようと思います。
インレッド
2011/09/27 20:06
たかちゃん さん、今晩は。
丹沢に金時山でしたか。直ぐ下の仙石原のススキの穂波もきっと銀の穂が風に、揺れていた頃と思います。アップは未だのようですが、懐かしく、楽しみにしています。
インレッド
2011/09/27 20:09
やまびこ さん、今晩は。
気持。ち玉有難うございます
インレッド
2011/09/27 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブナグラ谷から赤谷山へ  2011/9/23日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる