インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS  高倉山(新潟県)  2011/10/29日

<<   作成日時 : 2011/10/30 12:01   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 33

高倉山と言う名の山は全国で20数山あるそうです。私の住む群馬県にも谷川の端に高倉山はあります。今回登った新潟県南魚沼市の高倉山は案外新潟の人にも知られて居ない山ですが、丸く尖った山頂は、それこそ360度の大展望でなかなか良い山です。この山は2007年3月に登って以来2度目の登山です。

                  高倉山(1143m)
画像


この辺りも前回の福島・新潟地方の大雨のため、思ってもいなかった程、登山道が荒れて居ました。かなりの土石流があったらしく、登山道はどこにあるのか解りません。前回残雪の時に登った時も、登山道は解らず歩きやすそうな雪の尾根を拾って登りました。

                  荒れた道
画像画像















この辺りには「中の峰新道」と言う立派な御影石で出来た碑があったのですが。それも全くどこにあるのか解りませんでした。


                    上と同じあたりの残雪の頃の写真
画像


荒れた枯れ沢をかなり上まで登って林の中に入りました。かなりの藪漕ぎの急登になり時々落ち葉に滑りながら登りました。たまには人の迷った踏み跡らしき所もありましたが、帰りが少々心配になり赤テープを付けながら、がむしゃらに登りました。始めてこの山に来た人は、きっと迷って困るだろうと思う所でした。

                 登り道
画像


画像


かなり苦労して登り、写真を撮る余裕もありませんでしたが、やっと尾根らしき方面が見えて来ました。

画像


                  山頂らしき岩場方面
画像



左側に山頂らしき岩場が見えて来ました。その直下を枝に掴まり根っ子に掴まってよじ登り、何とか山頂直下の登山道に出ました。

                   山頂直下の道
画像


                   山頂方面
画像


少しモヤって居ましたが、快晴で無風、空気がもう少し澄んでいれば、日本海まで眺められそうな、麗らかな山頂で、八海山・巻機・丹後山辺りの山々を眺めながら食事にしました。

                 八海山方面
画像


                 残雪の頃の八海山
画像


                 巻機山方面
画像


                 残雪の頃の巻機山方面
画像


                  丹後山方面
画像


                   下津川山方面
画像


雪の無い頃は山頂への道もラクダノコブ辺りもそれ程怖くはありませんが、残雪の時にナイフリッジのラクダノコブと細く尖った山頂への登りはかなり怖い思いをしました。

                  残雪の頃の山頂方面
画像


                   残雪の頃のラクダのコブ
画像


                   ラクダのコブ方面
画像



充分に秋の名残りの景色を楽しみました。そろそろ下山しようと思います。山頂から下に降りる道は案外と登山道がはっきりしているようです。急下降の道ですが紅葉を楽しみながら下山しました。

                   名残りの紅葉
画像


画像


                   振り返って山頂方面
画像


                   麓の風景
画像


画像


                  入道ぶな
画像


途中からまたガレた枯れ沢を降りましたが、良く良く登山道を探していればそれ程苦労する事も無く、藪漕ぎもしないで登れたようです。最近遭難騒ぎ多くて登山禁止にしようかと言う話もあるようですが。ハッキリと登山道が解る辺りに簡単な標識でも作ってくれたら、何の問題も無く登れます。何もしないでただ簡単に登山禁止にする と言う行政もどうかなー と思ってしまいました。ほんの板切れ1枚に登山道の印をマジックインキで書いてくれるだけで済むのに  と・・・登山者の我儘でしょうか??。

               はっきりとした登山道
画像



  

                 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、一番だ。(^^)
山はその時の条件で随分違って見えるものですね。
同じ場所で撮った写真を比べるとその違いがよくわかります。
それだからこそ面白くて、また行きたくなるんですが。
それと、よくテープをつけながら歩くというのを拝見しますが
そうやって歩くと藪こぎなど不明なところは戻るにもわかりやすいですね。
私も1つ用意しようかと思います。
nousagi
2011/10/30 15:29
高い倉みたいな(険しい)山ですかね。
きっと地元に愛される山のなかでも、険しい山に名づけられるのでしょう。
美しい秋山でした。
藪漕ぎは出来ませんが、登山道もこんな人ひとりがやっと歩ける程度の道が、いいです。
本読みと山歩き
2011/10/30 17:38
nousagiさん、今晩は。
早々にコメント有難う御座いました。
今回は私もGPSを持ってくれば良かったと、少し悔いました。
赤テープはいつも持っていますので、それを付けながら登りました。
赤テープは付けたらば、次に付ける時は前の赤テープが見える所に付けるのコツです。荷物にはあまりなりませんから一つ持っていると良いかも知れませんね。
インレッド
2011/10/30 19:17
本読みさん、今晩は。
ここは案外知られていない山なのですが360度の展望で、なかなか良い山です。倉は岩場です。前回登った鍋倉山も岩場があります。谷川の一の倉も岩場です。ここもラクダのコブ始め岩場の山です。
インレッド
2011/10/30 19:22
インレッドさんは、本当にいろんな山をご存知ですね。
人に知られてない山でも、素晴らしい眺望なのですね。
山頂から麓の町や川が見える山は好きですが、これからの季節は特にいいですね。

赤テープは、下るときにははずすのですか?
はなねこ
2011/10/30 21:29
はなねこ さん、今晩は。
この山の近くには有名な山が沢山あるためか、こんな良い山でも案外に登られて居ません、大変静かな山登りが出来て良い山です。
赤テープは帰りにはずす時もありますが、今回は結構迷った人の踏み跡があちこちにありましたので、後から登る人のためにもはずさないようにしました。また下山は本来の登山道を降りましたが。本来の道が殆ど解らないので、この山に一度も登ったことが無い人は、きっと迷う所と思い付けたままにしました。
インレッド
2011/10/30 21:55
今晩は。紅葉と雪景色素晴らしいですね。
雪国育ちの私は懐かしく嬉しい景色です、雪山は
登った事が無いんです。
遠望の八海山へ行って見たいですね。



たかちゃん
2011/10/30 23:37
インレッドさん、おはようございます。♪
残雪の時期と見比べると景色の違いがはっきりと分かりますね。
良い山は四季折々に素敵な景色を魅せてくれます。
登山道は板キレ一枚で安心感がグッと増すでしょう。
前向きな対策が望まれます。(^^)/
クロちゃん
2011/10/31 07:11
無雪期と積雪期の対比の写真がとても興味深くて、何度もよくよく比べて見ました。
こちらからでは雪山になかなか行けませんが、手近で雪の積もった山が見れればいいなぁと、思うんです。
赤テープには、とっても助けられます。次の赤テープが見つかってホッとすることもしばしば。どんな方がつけてくださっているのだろうか・・・と想像しながら感謝していました。私の歩く山域にも、インレッドさんのような方がいらしてくださるんだ〜と思いました。
アイ
2011/10/31 07:24
たかちゃん さん、お早うございます。
雪国の生まれでしたか。雪国に住んでいる方は冬を過ごすのは大変だと思いますが。周り中真っ白な風景は大好きな景色です。もしかすると私は雪のある頃の山が一番好きかも知れません。
インレッド
2011/10/31 08:37
クロちゃん、お早うございます。
こちらの紅葉は少し遅かったようです。
そろそろそちらの紅葉も気になって来ました。
西上州はまだ少し早いようですので。
この週末辺りはそちらに行こうかなー・・??。
インレッド
2011/10/31 08:44
アイさん、お早うございます。
赤テープはあまり沢山あちこちにあると却って迷いますが。今回のように一つも無いような所は、たまに付いているとホッとしますね。そんな訳で今回は付けたまま降りて来ました。多くの人が迷ったような跡がありましたので、これから登る人には道標変わりになると思います。雪山は私は大好きです。真っ白い風景は神々しくて良いものです。車で行けて良い雪山は八島湿原の上にある鷲ヶ峰辺りは如何でしょうか、大展望で湿原の所まで冬でも車で行くことが出来ます。その先の三峰山もお勧めです。
インレッド
2011/10/31 08:53
テントミータカさん、お早うご。ざいます。
気持ち玉 有難う御座いました。
この辺りはミータカさんも結構登られていますね。
あの下津川は、なかなか登ることが出来ません
インレッド
2011/10/31 08:55
こんにちは
私達も比較的近くにいました 。
暑いくらいのお天気でしたね〜♪
こんなに素敵な山なのに地元の方かインレッドさんのような方しか入れないのは残念です。
やたらと整備してハイキングコースのようになって行く山と自然のままにワイルドになっていく山と二極化しているように感じます
さりげなく要所要所に簡単な標識があると嬉しいですね〜
mikko
2011/10/31 09:08
こんにちは!

全然我が儘ではありませんよ! って思います。

藪漕ぎ登山・這い上がり登山 ご苦労様でした。私もあんまり深い山でなければ、登山道ではない方が好きなんです。やっぱり山野草を見るとなると獣道を歩かないと中々出会えませんからね!
ただ体力が続かないので片道2時間が限度です。(ひ弱達磨ですので)
山頂手前は命がけですね!雪がなくても!

山の形状も景色も良く知っているインレッドさんがテーピングをするのだからかなりの深山なのでしょうねぇ?
登山道のカンバンは絶対に必要です。

お天気が良くて何よりでしたね・・・私も夜勤明けのお散歩山歩きは気持ち良かったです。
達磨の次男坊
2011/10/31 11:59
今日は、残雪の頃と今の山の紅葉風景が面白いですね、私にはなかなか届かない山のようですが前のブログをもう一度見てみましたところ雪の山頂は今にも崩れ落ちそうなナイフブリッジでは有りませんか・・・雪が無くても難しい岩山に雪の頃に登った緊張感が伝わってきます。
ローラー
2011/10/31 15:45
mikkoさん、今晩は。
比較的近くに居たようですね。温かな良い天気で秋の山登りを充分に楽しんだことと思います。それにしても大変なコースを登りましたね。また雪庇の頃に登って見て下さい。
ここは登山口さえ解ればそれほど迷う所では無いのですが、普通でも解りにくい登山口が、大雨で余計に分かりにくくなっていました。展望は抜群の山です。近くの八海山から巻機・丹後山方面と微かに角田・弥彦あたりも眺められました。
インレッド
2011/10/31 18:50
達磨の次男坊 さん、今晩は。
遭難者が多いので登山禁止・・・と言う前にちょこっと板切れに登山口を知らせる看板でも立てて呉れれば、何の問題も無い山なのですが、・・・。私が歩いた辺りにもあちこち迷った人の跡がありました。登山道が解れば何の問題も無い山なのですが。登りは迷いながら登りましたが、帰りはすいすいと降りられて、登り3時間半、下りは1時間ちょっとで下山出来ました。
インレッド
2011/10/31 18:57
ローラーさん、今晩は。
そうなんですよ、雪の頃は登山注意と言う山のようでしたが、何も知らなかったので登。ってしまいましたが。ラクダのコブから山頂までは怖かったです。今回は雪もありませんから怖い所はありませんが、道が解りにくく、始めての人はきっと、迷うと思います。そんな訳で私の赤テープもきっと役に立つと思います。山頂はそれこそ360度の大展望で眺めの良い山です。
インレッド
2011/10/31 19:02
積雪期の写真との見比べができるのは面白いですね(^^)。
私は高蔵寺(こうぞうじ)に住んでいて近くに高座山(たかくらやま)があります。愛知・奥三河の鞍掛山(くらかけやま)は、なるほど確かに屏風状の岩山ですよ。
やまや
2011/10/31 21:42
こんばんは
 新潟の山は良いですね。冬の山と比較をしながらの写真集中々良いですね。黄葉もまだ残っているし、八海山を眺めるのにも良い山の様ですね。
まきまき
2011/10/31 22:41
インレッドさんおはようございます。

高倉山・・・聞いたことのない山ですがすごい山ですね。
土砂に流された登山道はまるで河原のように見えます。
道がはっきりしない山の単独登山葉インレッドサンならばこそだと思いました。

keykun
2011/11/01 06:56
おはようございます。
残雪期と対比しながらの景色、よりリアルに感じます。
道がはっきりしないところは、たとえ僅かでも不安に感じますね。
>ほんの板切れ1枚・・・
決して我侭じゃないと思います。
手間、予算、責任回避といろいろあると思いますが、現場を見ずして判断する優等生的発想ではないでしょうか。
甘納豆
2011/11/01 07:42
やまや さん、お早うございます。
前回やまやさんが行った川上村のそばにも御座山(おぐらやま)があります。怖いくらいの岩峰の山ですが展望はやはり抜群の山です。
今週辺りから紅葉と岩山を地元の山で楽しもうと思っています。
インレッド
2011/11/01 08:58
まきまき さん、お早うございます。
そろそろ地元の山の紅葉が見頃のようですね。
今週末は4日も連休ですね。どこの山に
行かれますか??。
インレッド
2011/11/01 09:00
keykunさん、お早うございます。
この山は六日町あたりから五十沢方面に行き十字峡の手前辺りから登ります。
空気がもう少し澄んで居れば、かなりの展望で日本海方面まで眺められます。その割には道がはっきりして居無いことと、ちょっと危険な岩場があるためかあまり、登られて居ない山です。
インレッド
2011/11/01 09:04
甘納豆さん、お早うございます。
そうですよね、私もそんな風に思いました。登山禁止にするのは簡単ですが、そんな風では地方は発展しませんね。最近では役所でも学校でもそんな風で怖いもの危険なものにはフタですね。この日登山口で東京から来たと言う年配の人に会いましたが。タクシーの運転手に登山禁止と言われたそうです、登ったら近くの旅館に泊る予定でしたが、泊らずに帰ると言って、登らずに帰って行きました。
インレッド
2011/11/01 09:17
いや〜見事な黄・紅葉ですね!
構図が立体感を感じます。雪山との対比もいいですね!
東北秘湯温泉当てクイズにコメント頂きありがとうございました。
クイズ方式なので、コメント返信失礼しております。
ご推察通り八幡平の山麓「藤七温泉」です。
奥様の実家で思い出の地なんですね
ありがとうございました。
温泉当てクイズ第二弾をアップしましたが、今回からライフワークである「シニアのためのネット生活の探究」教室も併せてスタートしました。
硬い話と軟らかい話とセットです。(笑い)
たそがれ清兵衛
2011/11/01 11:48
たそがれ清兵衛さん、今晩は。
シニアの為のネット生活探求ですか。
益々ご活躍ですね、私にでも解るように
易しくお願い致します。
インレッド
2011/11/01 20:38
新潟にも人知れず良い山が沢山ありますね。
こんな展望の山を独占とはインレッドさんの
面目躍如ですね。
nori
2011/11/01 20:40
こんばんは
観光地化された山道にテープがついている時には、何故こんな所にも? 
と思いましたが、これからの白一色の雪の世界では、大きな役目を果たす事になり、どんなにか励まされました。
地元の山なのに未踏ですが、インレッドさんが付けられた赤いテープを頼りに、何時かは訪れたいものです。
リッキー
2011/11/01 22:12
noriさん、お早うございます。
本当に空気が澄んで居れば、越後三山から日本海まで
それこそ大展望ですが、残雪の頃はちょっと怖い
山頂付近です。静かな山ですから一度登ってみませんか。
インレッド
2011/11/02 08:52
リッキーさん、お早うございます。
河原のようになったガレ場を登らず、その左側を注意していれば、登山道が解ります。私が付けたテープはその登山道を見失った人には参考になると思いますが、迷いやすい所ですので、お勧めはしません。なお残雪の頃はラクダのコブあたりより山頂まではかなりの雪庇とナイフリッジの危険な所です。心配ですので、なるべく雪の無い時に登って下さい。
インレッド
2011/11/02 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
 高倉山(新潟県)  2011/10/29日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる