インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅間雪の譜  201112/10日 黒斑山にて

<<   作成日時 : 2011/12/11 15:53   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 53

ここの処サザンカ梅雨のような冷たい雨が降り続きましたが。幸いこの週末は良い天気に恵まれそうで、早速この冬初めての雪山に行くことにしました。さて何処の山にしようかと朝まで迷った末、浅間山が真っ白く眺められたので、黒斑山にでも行って大浅間を眺めて見ようと出かけました。

                   今日の大浅間
画像


                   登り始めの景色
画像画像
















何日か続いた雨もこの辺りでは根雪になったようです、落葉松と
クロベに付いた霧氷とその雪を踏みしめながら登り始めました。

画像


画像


これから登る黒斑山はその裾に生えているの樹林のクロベ(ネズコ)から
来たとも言われています。雪の無い頃ならばそれこそ黒く青く広がる樹林
ですが、今は真っ白な雪に覆われて居ます。

                    見えて来た黒斑山
画像


                   今日の樹林
画像



画像


小諸の町がはるか下に見えて来ました。幾筋かの煙が立ち上り
人々の生活の匂いが眠ってでも居るかのように見えました。
そしてその上には蓼科の山が聳えていました。

                   小諸の街とその上に蓼科山
画像



画像画像
















後方には水ノ塔や篭ノ登山も霧氷の衣を着て見えるようになりました。
その奥には北アルプスや火打山辺りの山々も眺められるようです。

                   水ノ塔・篭ノ登方面
画像


                  飯綱・黒姫の奥に火打山方面かな?
画像


                  火打方面のアップ
画像



                  白馬方面だと思うのですが?
画像


黒斑山が近くに見えて来ましたが寒そうです。

                   途中より黒斑山方面
画像


槍ヶ鞘手前の樹林に入りました。

画像


画像



樹林を抜けてダイヤモンドダストが舞う氷の世界に入りました。

画像


キラキラと輝く小さな粒子は久し振りに見ますがその姿はカメラに
納めることは嫌われてしまいました。

画像


画像


画像


槍ヶ鞘付近でやっと白銀の浅間山が見えて来ました。

画像


今日はかなりの寒さのためこの辺りで引き返す方が多いようですが、
折角のこの天気ですから、寒さを我慢して山頂まで行って見ようと思います。

                    これから登るトーミの頭方面と浅間
画像


画像


                  これから登る黒斑山(左端)
画像


                  トーミの頭から登って来た尾根
画像




凍てつくトーミの頭に着きました。

    吹き飛ばす石は浅間の野分きかな・・・芭蕉

 冷たい風が頬を刺します。凍った雪が頬にあたります。カメラも凍って動かなくなります。動かないカメラを懐に入れ ては温めて撮りました。ホカロンを手袋の中に入れて握っていますが全く暖かさはありません。

                   トーミの頭付近で
画像


画像


冷たくなった手で鼻水をこすりながら、また樹林の中の道になりました。

画像


画像


この樹林を越えれば黒斑山に着きます。樹林の中は風が
少なく少しは楽な道になりました。

画像


寒い山頂に着きました。ここからの今日の展望をご覧ください。

                    黒斑山山頂より浅間山
画像


                    蛇骨方面の外輪山
画像


                    剣ヶ峰方面
画像


そして雪筋を残した大浅間を眺めながら食事にしようと思いましたが、
今日の浅間は火の山では無くて、氷のような山でした。寒くて寒くて
ジットしては居られません。食事は登山口に戻ってから車の中で
することにして、中間道を下山しました。

                    浅間山
画像







  大画面のBGM付きスライドショーをお楽しみ下さい。








             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(53件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は!!今冬 初の冬山ですね。 浅間山がまじかで大迫力です。
こちらは冬枯れの里山でまだ紅葉も残っているのに、日本は広いな〜。
完全に冬の世界で、下から三枚目の写真など、見ているだけで寒い!!
 今日、町の山道具屋を覗きましたが、ここも冬山の道具が全面に出ていました。
今冬は一つくらい、雪を蹴散らしながら、どこか展望のよい山を歩きたいと思いました。
本読みと山歩き
2011/12/11 17:36
インレッドさん、ごぶさたしてました。
真っ青な空と雪化粧した大浅間山のコントラストが
素晴らしいですね、早くも樹氷の季節なのですね。
私は今日赤城山(黒檜山)に登って来ました。
風が冷たく寒かったです。


雲海
2011/12/11 19:05
今晩は。
この週末はかなり冷え込んで、金曜日の朝、赤城、榛名、から北西方面利根吾妻は、白一色に染まりきれいでした。
黒斑から見る浅間山、寒いせいかきれいですね。
今日は、まきまきさんと、蓼科山に登って来ました。先週インレッドさんが見たような360度の展望を期待したのですが遠望は雲の中でした。でも南アルプス、八ツ、群馬方面はよく眺められました。帰り道では黒斑、浅間は真っ白に輝いてその存在感を鼓舞していました。
てるてる坊主
2011/12/11 21:08
本読み さん、今晩は。
雪山を一つなんて言わずに、三つも四つも登って下さい。この日は、歩いて居れば寒さも凌げられるのですが、じっとしているとかなりの寒さでした、たぶん−10℃以上はあったと思います。その変わり空気は澄んでいて中々の眺めでした。こんな展望が得られるので冬山は止められません。
インレッド
2011/12/11 21:11
雲海さん、今晩は。
赤城でしたか、霧氷が見られればこの日赤城に行こうと思っていたのですが、眺めて見たら、霧氷らしきものは見えなかったので、急遽こちらにしました。赤城は如何でしたか??。
インレッド
2011/12/11 21:13
てるてる坊主さん、今晩は。
土曜日ならば蓼科も良く見えて、富士も微かにこちらから見えましたよ。
蓼科も寒い所ですね。道がモンスターの頃が私は好きです。
インレッド
2011/12/11 21:17
みっちゃん さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2011/12/11 21:20
こんばんは
今年は、春の花の季節に訪れようと予定にしていましたが、いろいろとあり行けませんでしたが、季節は違っても魅力一杯の浅間ですね。
青空の下の雪景色はクリスマスツリーのようで、一足早くクリスマスを楽しませて戴き有難うございます。
リッキー
2011/12/11 21:23
こんばんは
青い空と真っ白な浅間山、なんて素敵なんでしょう。
雪の山肌に、動いてゆく雲の影がはっきり映っているのが楽しいです。
高い山には、もうこんなにたくさん雪が付いているんですね。
お天気の良い日を見計らって、ぜひ行ってみたいなと思いました。
私でも行けるかしら。
   
※ここでみなさまに、報告というか宣伝かな?
インレッドさんから、マンホール蓋??を2回もいただきました。
私のブログに記事をアップしてありますので「なに??」と思われる方は、ちょっとお立ち寄りくださいませ (^^ゞ
http://pi-su60.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f28a.html
pallet
2011/12/11 21:52
インレッドさん
赤城山(黒檜山)は午後1時頃から大沼湖畔登山口より直登コースを
ピストンしました、樹氷はまったく見られませんでした、谷川方面
は雲がかかってて望むことはできませんでした、しかし富士山は
遠望できました(^^)v
雲海
2011/12/11 21:53
素晴らしい景色ですね〜
まっ白い樹氷・真っ青な空・雪化粧の浅間山
気温が低いから樹氷も解けずに美しいままなのでしょうね。
こちらは暖かい部屋にいながら
素敵な世界を見せて頂きました〜
mikko
2011/12/11 22:51
こんばんは。
浅間山は雪をかぶって良い形をしてどっしりとしていますね!
「落葉松」と言う歌をコーラスで三部合唱したことがありますが、霧氷が付くと優しい感じに見えます。
冬山に登られて良いですね。
すぐに転んだり、滑ったりするので登る勇気がありません。
せめて遠くから眺めるだけでも見て見たいです。
綺麗な映像をありがとうございます。
みっちゃん
2011/12/11 23:51
リッキーさん、お早うございます。
そうですね、私もクロベの下を歩いて居る時は、クリスマス ツリーのようだと思いながら、そろそろ孫達にプレゼントを何にしようかと思いつつ登って居ました。  まだこちらは未踏でしたか、今頃はかなり良い展望ですが、寒いところです。
インレッド
2011/12/12 08:36
palletさん、お早うございます。
なかなか宣伝がお上手ですね!!。

この高峰高原には雲の上の温泉旅館もあります。登山口にはホテルもあります。ここは2時間もあれば山頂に届きますが寒い所です。雪は真冬でも多くても膝くらいまでですが、多くの人に踏まれているので、アイゼンだけでも大丈夫です。山頂の直ぐ下のト−ミの頭の直下には中間道がありこちらを下山すれば1時間もあれば降りられます、但しこちらは展望はありません。
インレッド
2011/12/12 08:43
雲海 さん、お早うございます。
やっぱりそうでしたか、前日は霧氷もあったようですよ、この日はさむかったので、まだ霧氷はあると思い、赤城なら近いのでゆっくりと起きて行こうと思ったのですが、朝我が家から眺めて見て山頂付近は白くはなって居なかったので急遽こちらにしました。
インレッド
2011/12/12 08:47
mikkoさん、お早うございます。
もう痛みはなくなりましたか。
疲れた時になりやすいそうですから、今年いっぱいくらいは、
休養して下さい。
寒かったぶん、空気が澄んでいて大変良い眺めでした。
インレッド
2011/12/12 08:55
みっちゃん さん、お早うございます。
「落葉松」あの北原白秋の歌でしょうか、私の大好きな詩です。ここに登ってるときに、…落葉松のの林をいでて 浅間嶺にけぶり立つみつ・・・と 暮れゆけば浅間も見えず 歌哀し佐久の草笛・・・なんて詩を口ずさみながら登って居ました。
インレッド
2011/12/12 09:02
お久しぶりです。12月三日「ながめ余興場」久々の「志の輔落語」
 余興場一杯のお客様と新作・個展を堪能しました。「生きている内の暇つぶし・・」まだまだ見たいこと、挑戦してみたいことが一杯で欲張りなのでしょうか。いよいよ冬ですねえ、レッド様も健脚と豊かな精神と同行しながら山を楽しんでください。私は地上で星を眺めながら大宇宙に夢を育てていきます。
皆既月食楽しかったです。30分置きに月を眺めていました。
しまふくろう
2011/12/12 10:54
いよいよ雪山行の季節ですね。
これからしばらくこの白銀の世界を見せていただけますね。
・・・て、自分の眼で見るのが一番いいのですが。(^^ゞ
いい天気なのに、随分寒かったんですね。
でも、真っ白な世界、ワクワクします。
nousagi
2011/12/12 11:30
浅間山はこんな姿も美しいですね。
私のパソコンデスクの前にかかっている12月のカレンダーと
雲の様子が違うだけのほぼ同じ眺めです。

私はまだ駆け出しのひよっこなので、よくはわかりませんが
まだまだこのような眺望のよい山、姿のよい山があるのでしょうね。
冬にはそんな山を遠くから見るという楽しみがありますね。
はなねこ
2011/12/12 12:17
こんにちは!
「凄い山だなぁ〜」と思い地図で調べたら標高が2404mとありました!
なんだか全然想像できないのですが、冷たい?じゃなく痛みですよねぇ…

途中で引き返す人達もベテランなんでしょうから、その厳しさも推し量ることが出来ます。

そんな思いをして手に入れた景色をタダ見させて頂いてありがとうございます。

先日の雪の日に笠山へ向かったのですがタイヤがスリップして帰宅、速攻でスタッドレスを買いに行ってきました。
堂平あたりなら装備は無くても登れますよね!
私も器を超えない範囲で頑張ってみます!
達磨の次男坊
2011/12/12 12:18
今晩は、しびれる様な寒い様子が伝わってきます、私も一度一月半ばに登りましたが持っていったおにぎりが冷たくて食べられませんでした。浅間山はこの時期には寒さ対策が重要ですね。またカメラもパワーオフになってしまって懐で温めてはシャッターを切りました。しかし素晴らしい景色と展望です。また行ってみたくなりました。
ローラー
2011/12/12 17:32
魅さん、今晩は。
月食は三日月くらいになるまでは見て居たのですが、途中で眠くなってしまい止めました。挑戦して見たいこと・・・やりたい事がいっぱい有ると言うことは良いことです。益々ご活躍下さい。
インレッド
2011/12/12 19:37
nousagiさん、今晩は。
今年はこんな雪景色をいっぱい見て下さい。雪景色は本当に純粋で綺麗です。見て居るものまで、清々しくしてくれます。ここは2時間もあれば登れますので、防寒着とアイゼンと飲み物だけで登っても大丈夫です。帰りは中間道を降りれば展望はありませんが、1時間ほどで下山出来ます。是非登って見てください。
インレッド
2011/12/12 19:43
はなねこ さん、今晩は。
ここは2時間もあれば登れます。防寒着とアイゼンさえ付けていれば、空荷でも行くことが出来ます。登山口には立派なホテルもありますから、ぜひ登って見て下さい。前回の鷲ヶ峰や野辺山の飯盛山などは簡単に登れる雪の山です。どれも展望は抜群です。冬は空気が澄んでいますから遠くまで見えて良いですよ。
インレッド
2011/12/12 19:48
達磨の次男坊さん、今晩は。
笠山では珍しく大雪の積もった頃に私も一度登ったことがありました。3月でしたが、もうそのあたりでもマンサクの花が咲いて居ました。そして浦和から東京都心の眺めが素晴らしかったことを想い出します。
ここは寒いのですが、登山口が2000m近い所ですから。それほど苦労しなくて登れます。一度ためしに登って見ませんか??。
インレッド
2011/12/12 19:53
ローラーさん、今晩は。
この界隈は雪はそれほど多くはないのですが、寒さは一流です。防寒着さえしっかりしていれば、空荷で登っても大丈夫と思います。今度は身軽にして登って見て下さい、昼食は車で済ませればよいと思います。
インレッド
2011/12/12 19:56
雪の世界は美しいですが寒さも半端じゃないようですね。
昨年の黒班山、今年の浅間山と私もこの辺がお馴染みになりましたが登ったところは興味深いですね。
全く違う浅間山の表情です。
ミニミニ放送局
2011/12/12 20:27
ミニミニさん 今晩は。
ご無沙汰しています。
そうですね以前浅間の記事は読ませていただきました。今回は車にスキーも入れて居ましたので、峰の茶屋からあの真っ白い稜線を登り帰りはスキーでなんて思ったのですが、その割には雪が少なかったので。こちらにしました。微粒子のダイヤモンドダストが舞っていましたので、−10℃以上はあったと思います。
インレッド
2011/12/12 20:41
インレッドさん、こんばんは♪
これはまさに厳冬の雪と氷の世界です。
美しいですが、厳しさの方が大きく感じてしまいます。(=^0^=)/
カメラも凍る…。
そうでした。
忘れていたことを思いだしました。(^<^)
極寒の美は想像以上の世界ですね。(^^)/
クロちゃん
2011/12/12 21:01
こんばんは
 浅間山の見学でしたね。09,1,11の黒斑山思い出します。良い山でした。有り難うございました。
まきまき
2011/12/12 21:15
おはようございます。
鬼気迫るような風景、凛とした空気が伝わって来ます。
キラキラと輝く小さな粒子、ダイヤモンドダストの舞う空、空気までが凍り付いてしまうのですね。
同じ日、新潟の里山で初ラッセルを楽しみました。でも、意外にも青空が見え、暖かかったです。
甘納豆
2011/12/13 06:04
クロちゃん、お早うございます。
十二ヶ岳からも良く見えたことと思います。
このあたりは寒さは格別のところですね。山頂で食事などしていれば、食べるものまで凍ってしまいそうでした。車に戻るまで(2時半頃)何も食べずでした。
インレッド
2011/12/13 08:47
まきまき さん、お早うございます。
蓼科もかなり寒かったと思います。
こちらはダイヤモンドダストが舞っていたくらいですから、空気も凍っていたようです。寒くて車に戻るまで何も食べませんでした。それでも空気が澄んでいれば展望も素晴らしいですね。
インレッド
2011/12/13 08:54
甘納豆さん、お早うございます。
このあたりは雪はそれほど積もらないのですが、寒さは格別です、飲み物や食べ物も直ぐに凍ってしまいそうでした。車に戻るまでは殆ど何も飲まず食わずで、2時半頃に車にもどり、やっと食事が出来ました。
インレッド
2011/12/13 08:57
こんにちは。
もう霧氷が見られるのですか!
雪は汚れたものも隠してくれて、きれいにしてくれますね・・
最初はそうでも無かったですが、読み進むうちに、凍えるような寒さを感じてしまいました。いよいよ冬ですね〜
つれづれ
2011/12/13 12:57
こんにちは。黒附から眺める浅間山は見事ですね。特に雪の季節の風景が大好きです。水ノ塔や篭ノ登山も雪の時期に登ると気持ちが良いのでお勧めです。高峰のランプの宿のお湯も人気がありますが、浅間山荘の赤茶けた天狗の湯が絶品です^^)先日登りそこなった火打の白い山姿が恨めしい(笑)
ハンス
2011/12/13 18:13
インレッドさんこんばんは

レポを拝見していると寒さがこちらまで伝わってきます。
浅間山が神々しく見えるのはオイラだけでしょうか。
カメラが凍りつくほどの寒さ・・・神秘の世界を撮影するにはこのくらいに忍耐が必要なんですね。
素晴らしい景色を見せていただきました。
keykun
2011/12/13 19:08
つれづれ さん、今晩は。
ご無沙汰しています。福地山もなかなかの展望の山で行って見たい山です。、
このあたりは雪はそれほど多くは無いのですが寒さは超一流です。この界隈の山には毎年冬に登っていますが、ペットボトルの飲み物が凍って飲めないくらいになります。今回もダイヤモンドダストが舞っていたくらいですから。空気も凍る寒さのようでした、その代わり展望はなかなかのものでした。
インレッド
2011/12/13 19:45
いよいよ雪山シーズンの到来ですね。
最高の青空のもとでの真っ白な雪、凛とした雰囲気が伝わってきます。
思い出の仙ノ倉と同じ「風の便り」を聴きながらのデジブックは、感無量でした。
トレースはあったのかしら・・・と思っていました。
アイ
2011/12/13 19:45
ハンスさん、今晩は。
今回は実はその水ノ塔と篭ノ登に登る積りで途中まで行きましたが、飲み物と食べ物を忘れたのに途中で気が付き、駐車場まで戻りました、朝 近い赤城に登る積りでゆっくりと出かけてしまい。登るのが余計に遅くなったのでこちらの山に登ることにしました。黒斑もそうですが、水ノ塔や篭ノ登も何度か登って居るので短時間で行けるこちらにしました。浅間山荘の湯も高峰温泉の湯もここのホテルの湯もなかなか良いですね何度か入ったことはあります。
インレッド
2011/12/13 19:53
keykunさん、今晩は。
十二ヶ岳気に行っていただけたようで何よりです。小野上温泉あたりから右に入ると登山口まで車で行くことが出来ますよ。私の元隠れ山でした。
ダイヤモンドダストが舞っていましたから。空気も凍る寒さのようでした。その寒さのため空気は澄んでいて大変良い眺めでした。
インレッド
2011/12/13 19:57
アイさん、今晩は。
ここは今回私が一番遅い登山者でした。最初は水ノ塔・篭ノ登方面に行ったのですが、途中で食糧に水を車に置き忘れて戻りました。時間をロスしてしまい。急遽こちらに変更しました。私の前に7・8人くらいの人が登って居ました。その内5人くらいの人は槍ヶ鞘辺りまでで引き返したようです。山頂には2人いたのですが私が付く頃は皆さん下山してしまい、山頂は誰もいませんでした。帰りは中間道をかえりましたが、どちらもトレースはしっかり付いて居ました。キラキラ輝く小さな粒子のダイヤモンドダストも舞っていて、空気も凍るくらいでしたから寒さはかなりでしたが、その代わり良い眺めでした。
インレッド
2011/12/13 20:06
コメント遅くなっちゃいました!
このまえ、まだ浅間山に雪がなさそうで
今週もまだ早いのかなぁ〜って思ってたんですけど
こんなに真っ白になってたんですね(*^_^*)

以前いったときにやっぱりインレッドさんの
写真のようにお天気がよかったので、
あのとき以上の天気が確約されないと
なかなかもう一度行く気にならなくて。。。

年内に行けるかな〜。
それとも新年ひとつめの山にしようかな。
くっきー
2011/12/13 20:39
良い季節になりましたね♪冬こそインレッドさんの季節のように思います(^^)。今年の年末は、仲間から塩見岳に誘ってもらいました♪
やまや
2011/12/14 01:35
くっきー さん、お早うございます。
そちらから浅間が白く見える時は良い天気ですから大丈夫です。これから寒い時期は良い天気が多くなります。ここに登って居るのならば、同じ登山口から反対側の水ノ塔や篭ノ登の方も良いと思います。北アルプスの展望はそちらの方が良いくらいです。楽したいのならば高峰ホテルの裏から高峰山も展望は抜群です。雪が多くなればスノーシューでこちらも楽しいと思います。帰りに高峰ホテルの温泉にでもはいりロビーで富士でも眺めながらスイーツなんて良いと思いますが・・・。
インレッド
2011/12/14 09:04
やまや さん、お早うございます。
本当にこれからは何処の山に登るか楽しみがいっぱいです。

ところで塩見へは鳥倉林道は何時頃まで通れるのでしょうか、冬は鹿塩からしか登れないのでしょうか??。
インレッド
2011/12/14 09:07
インレッドさん お早うございます。
浅間山の展望台、青空と白銀の黒斑山素晴らしい景色ですね。
今年6月登った時は石楠花が咲き乱れて…確実に四季の移ろいを
感じます。 関東の山へ 峠は霧氷、山は紅葉、青空のポカポカ
陽気でした。
small cherry
2011/12/15 06:54
small cherryさん、お早うございます。
関東の山へ>・・どこの山でしたか??。
そちらが晴れならば、私はそちらの山に行き、
雪見登山をしたいのですが・・・。
インレッド
2011/12/15 08:55
コンチハ、
いやー良い写真を撮りますね!!。
今回は1眼だったようですね。
良い画像ばかりで圧倒されました。
nori
2011/12/15 14:18
再コメントです。今回、僕達は鹿塩から塩川へ入り塩見岳へ登ります。調べましたが、鳥倉林道は4月まで冬季通行止め予定とありますね。鹿塩からしか容易に入山できるルートは無いのでは、と思います。
やまや
2011/12/16 03:19
noriさん、お早うございます。
そうです、今回はニコンの1眼で全部取りました。ミラーレスもコンデジも(結構高いヤツ)持っていますが、やはり1眼には敵いませんね。そちらは雪はいっぱい積もりましたか?。
インレッド
2011/12/16 08:49
やまや さん、お早うございます。
調べて戴き有難う御座いました。
出来れば夜行日帰りで三伏峠から烏帽子辺りまででも行って見ようかなーなんて思っていたのですが、やっぱり塩川からですか、日帰りではちぃおっと無理のようですね。
有難う御座いました。
インレッド
2011/12/16 08:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅間雪の譜  201112/10日 黒斑山にて インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる