インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪林の譜  2012/1/2日 鹿俣山。

<<   作成日時 : 2012/01/04 09:39   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 43

1日の夕方に孫達が帰り、一際静かになりました。2日から箱根駅伝が始まります。我が家の家内はテレビに釘付けで、食事の用意もしてくれません。そんな訳で毎年2日は初登山になります。正月は道路が混まない近くの山にと思い谷川方面に向かいましたが、山頂付近はどの山も吹雪いて居るようで、楽な鹿俣山に登る事にしました。

                    鹿俣山への雪の道
画像


今日はスノーシューで登ることにしました。最初は二人くらいのトレ−スが
ありましたが、少し登ると直ぐに無くなり一人ラッセルの道になりました。

                    登り始め
画像


画像


頭の上を潮騒のようにゴーゴーと風が吹き抜けて行きます。
笹の葉も揺れて地吹雪も時折吹きあがります。

画像


画像


画像



木の根元も地吹雪が通り過ぎて行きます。

画像


画像


この辺りは春も終わる頃には石楠花の群生する所ですが、今は
もう深い雪のフトンに包まり静かに眠っています。

画像


画像


画像


普通ならばこの辺りまで1時間もあれば着く所ですが、もう既に
3時間もラッセルが続いています。

画像


画像


この辺りで午後2時を過ぎてしまいました。ここから山頂へは未だこの分だと1時間以上はは掛りそうです。GPSは持って来ていますが、吹き付ける地吹雪が顔に痛いくらいになって来ましたので、この辺りで帰る事にしました。

画像


画像


画像


遠くから微かにスキー場の音楽が聞こえて来るようになりました。まだ昼食をとって居ません、かなり腹が減って来ました、早く帰って暖かい車の中で食事にしたいと思います。

画像


初登山早々に雪と地吹雪の登山になりました。今頃の雪山では仕方がありません、年末から正月にのんびりと過ごした体は少しギシギシと悲鳴を上げて居ました。

画像


画像






BGM付き大画面のスライドショーをこちらから、お楽しみ下さい。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(43件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。

 地吹雪の吹き付ける中の初登山、お疲れ様でした。
昨日(3日)は自分は越後平野の名峰“粟ケ岳”に登りました。
7合目の小屋まではそこそこの天気で快調に登りましたが、7合目の砥坂峰からは猛吹雪でした。
冬の山、本当に厳しいですね。
今年もたくさんの山物語を期待しています。
甘納豆
2012/01/04 10:12
今年も宜しくお願いします。
 二日は近くを通ったとの事でしたが、鹿俣山でしたか。木漏れ日もあったように写っているところもあるようですが、吹雪のほうが凄いですね。家にいてお餅ばっかり食べているとお腹が直ぐに出てしまいますので、少しは散歩をした方が良いですね。
まきまき
2012/01/04 13:38
全画面から寒さが伝わって来ます。平野部は全然雪が降らないのに三国山脈までは例年より多くパウダースノーでラッセルは大変ですね。
今日は休みで山へ行くつもりでしたが急に仕事になりパー、明日は天気が悪そう、初登りは週末かな?  
てるてる坊主
2012/01/04 16:13
昨年訪れたときからは 想像もつかないような 厳しさですね。
地吹雪の写真では思わず身震いし、薄日のさす様子にホッとして
あのブナの林を思い出しました。
はなねこ
2012/01/04 16:14
凄い積雪ですね、そんな山に登るインレトさんの体力分けて貰えるものならなあ・・・・
デジ健
2012/01/04 17:20
あけましておめでとうございます。
オー、寒い!
こちらまで頬が冷たくなってきました^^
物凄い地吹雪ですね。怖いくらい。
流れるようなBGMでしたので、ロマンティックな
気分にもなりました。
実際はそんな甘いものじゃないでしょうけど(笑
お疲れ様でした!

とわ
2012/01/04 17:49
甘納豆 さん、今晩は。
冬の粟ヶ岳はかなり厳しいようですね。
この山はそれ程厳しい所では無いのですが、一人ラッセルはやはり大変でした。もう少しで山頂だったのですが、この雪の林を歩くだけで、そこそこ楽しかったし、途中で昼食は地吹雪の中無理のようでしたので、ここまでにして下山しました。
インレッド
2012/01/04 19:53
まきまき さん、今晩は。
鹿俣山に行きましたが吹雪とラッセルに付かれて途中で下山しました。
今年は結構雪は積もっていますね。もう少し雪が締まってから登った方が良いかも知れません。
インレッド
2012/01/04 20:06
てるてる坊主さん、おめでとう御座います。
正月早々仕事ご苦労様でした。
谷川近辺は結構雪は積もっているようです。もう少し雪が締まった方が楽に登れそうです。週末はスキーを持ってどこかに行こうと思っています。

   本年も宜しくお願い致します。
インレッド
2012/01/04 20:10
はなねこ さん、今晩は。
もう少し雪が締まってくれば楽に登れるのですが、深いラッセルは結構きつかったです。雪が締まってくれば楽に登れて、ここの山頂は雪が積もると、木々は皆雪の下になり、驚くほどの大展望になります。さらに上部まで楽に登ることが出来てそこからの上越国境の山々の眺めは素晴らしいですよ。また雪のある頃に是非登って見て下さい。
インレッド
2012/01/04 20:15
デジ健さん、今晩は。
正月に食べて飲んで楽していましたので。
一人ラッセルは結構きつかったですよ。
もう少し雪が締まって来れば楽に登れる山
なのですが・・・。
インレッド
2012/01/04 20:23
とわ さん、今晩は。
普通の山ですと、こんな吹雪の時は道迷いしそうで結構怖いのですが、ここは隣にスキー場がありますので、万一ホワイトアウトになってもそれ程心配はありません。それでも一応GPSは持っていましたので、安心して登って居ましたが、覆面マスクをしていても顔が寒いのと、ゴーグルを忘れてしまい眼を開けて居るのが大変でした。
インレッド
2012/01/04 20:28
こんばんは
初登山お疲れ様でした。
そうですよね油断して、替え手袋やゴーグルを持たずに出かけ、徐々に身支度を整えている昨今です(笑)
山で猛吹雪になった時は、秋田や山形の生活圏内の地吹雪を思い起こし、自分自身を励ましていますが、お互いに注意して楽しみたいですね。
一瞬 日の光も差したようですね。
リッキー
2012/01/04 21:09
こんばんは。
壮絶な雪との戦いでしたね、地吹雪の凄さを見てとれました。
鹿又山といえば2年ほど前の9月頃訪れました、ブナの林の
素晴らしい山ですね。
年末年始、私は谷川岳に行ってまいりました、大晦日の晩に熊穴沢の
避難小屋に泊まり元旦の朝谷川山頂をアタックしました、しかし
あっという間にガスで周りの視界がきかなくなり即下山でした。
天神平に着いたら谷川岳は真っ青な空の下で輝いてました。
山の天気は分かりませんね。
雲海
2012/01/04 21:16
こんばんは
街にいると季節の移ろいもそれほどはっきりとは感じないので、
山にはいつの間にかこんなにもたくさんの雪が積り、時には目も開けられないほどの地吹雪が吹いているのか!と、あらためて驚いてしまいます。
鹿俣山には秋に行ったことがあります。
ブナの林がほんとうに素敵でした。
雪の山も素敵ですね♪
お天気が良くて、トレースがついているようなときに(^_^;)行ってみたいなと思いました。
※例の山は、「赤城山」というご回答かと思ったのですが…
pallet
2012/01/04 23:04
こんばんは!
過酷な雪山を お疲れ様でした。
画像を見ただけでその凄さが伝わってきます。勿論、実際にはかなりの痛みと疲労の中と思います。
私の中では、山の午後二時というのは夕方です。
そんなにも危険に近づくのは・・・私の中では有り得ませんネ!
(雪オイノが出てきますよ〜!)

でも、ちゃんと自分の領分を知っているからこそ出来る神業ですね!
雪山・・・近所の山登りをやっていた人に聞きました。
すると、「あぶね〜から止めろ!」 って言っていました。

昨日、荒山へ向かいました。途中で道路封鎖! なので、赤城温泉から登ろうと思ったら、それなりの距離があって断念!それと
達磨の次男坊
2012/01/04 23:36
あらためて、「おめでとうございます!」(^^)。吹き荒れていますね〜♪。同じ日の同じ時間に、私は塩見岳を下山していました。群馬の山の方が風が強そうに見えますね。
やまや
2012/01/05 01:32
おはようございます!
すみません!書き込み途中、泥酔で眠ってしまいました。
でも、書き込みボタンだけはしっかりクリックしていたようです。
大変失礼をしました。

・・・赤城温泉に着いたのが11:00でしたので、2時間で戻って来られないと15:00からの「熊野神社の旗返し」に間に合わなくなります。
と言うことで、忠治館から不動大滝までの登山道を歩いてきました。
綺麗な滝でした!

赤城温泉からの荒山登山道は、私には無理でしょうかね?
南側の山なので雪は無さそうな感じでしたが・・・ 
達磨の次男坊
2012/01/05 06:38
リッキーさん、お早うございます。
この辺りの山は飯豊見たいに雪はありませんが。その分寒さは厳しいところです。今回は隣がスキー場ですので、それ程心配は無いのですが、万一のためGPSは持っていました。山頂には届きませんでしたが、雪の林を歩くのもそれなりに楽しかったです。
インレッド
2012/01/05 09:14
雲海 さん、お早うございます。
谷川にでしたか、年末年始は谷川あたりはこちらから眺めて居ても、雪雲の中のようでした。私も山スキーを持って天神平から行ける所まで、なんて考えて居ましたが。結局楽なこちらにしました。今頃はラッセルがきついですね。
インレッド
2012/01/05 09:18
pallet さん、お早うございます。例の山>赤城はそれ程白くは、見えませんし、標高も低いのでそちらからは・・見えるかな??。近くの山は12月に黒斑に行ったときの事でした。 ここは雪が締まって来る3月始めの頃にでも登って見て下さい。山頂の木々はみな雪の下で大展望になっています。さらにその先まで行くことができますから、尖った獅子ヶ鼻まで行くと特に素晴らしいです。それ程きつくはありませんので是非登って見て下さい。
インレッド
2012/01/05 09:29
達磨の次男坊さん、お早うございます。
ここは雪が締まって来れば楽に登れます。山頂からの展望は、たぶん達磨の次男坊さんには感動ものの展望と思います。3月にでもなったら登って見て下さい。荒山はそちらからは登ったことはありません。何時も先日達磨の次男坊さんが通った赤城への道の箕輪と言う所から登っています。黒桧よりは道中が少し長いので大変ですが、危険な所は全くありません。是非登って見て下さい。
インレッド
2012/01/05 09:36
やまや さん、おめでとう御座います。
群馬は「カカア天下と空っ風」の所ですから風は冬は何時も強く吹いています。それでも1000mちょっとの山ですから。3000mに比べれば、それほど寒くはありません。塩見は雪の無い頃に行って見ようと思っています。夏は雷が南アルプスは怖いですね。
インレッド
2012/01/05 09:40
みっちゃん さん。今日は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2012/01/05 09:43
ハンスさん、今日は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2012/01/05 09:43
明けましておめでとうございます。
やっと普段の生活に戻り主婦はホットしています。(笑)

ここはスノーシューで毎年歩いて見たいと思いながら未登です。
地吹雪の様子がヒシヒシと伝わってきます。
少し怖い気持で見ていましたがスキー場が隣りだとホント心強いですよね。

今年もご指導のほどよろしくお願いいたします。
izumi
2012/01/05 10:42
インレッドさん、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。吹雪のなかのラッセルお疲れ様でした。それでも地吹雪の様子をカメラに収める辺りがさすがです。真似できません^^)私も同じ日に上州の山の中をさまよいましたが、途中から一眼はザックに、カミサンのコンデジで記録写真を撮るのが精一杯でした。今年も宜しくお願いします。
ハンス
2012/01/05 12:07
インレッドさまの精神力と体力に乾杯です。
初登山拝見出来て嬉しいですね。
素晴らしい雪景色楽しみに致しております。

23歳の孫は来れませんでしたが、賑やかな
お正月でした。
たかちゃん
2012/01/05 12:09
izumiさん、おめでとう御座います。
ここは雪が締まってくれば比較的楽に登れます。山頂は周りの木々が雪の下になり大展望です。そこからさらに獅子ヶ鼻までもそれ程苦労する事も無くのぼれます。そこに立って周りを眺めて見て下さい。たぶん大感動 と思います。
izumi隊はGPSがありますから大丈夫です。軌跡を見るだけでなく、前もってルートを作りGPSに入れて登って見て下さい。
インレッド
2012/01/05 14:18
ハンスさん、おめでとう御座います。
ハンスさんの記事は読んで居ましたから、この辺りも雪は結構あるだろうと思っていました。武尊もハンスさんが登った方からは結構きつい登りですね。無雪期には登ったことがありますが、今頃はとても登れません。やはり日帰りでは川場スキー場からが一番楽です。川場からは何度か日帰りで行きましたが、またその内行って見ようと思っています。

     今年も宜しくお願い致します。
インレッド
2012/01/05 14:24
たかちゃん さん、今日は。
23歳にもなるお孫さんがいらっしゃるのですか。我が家は小学4年生が一番上です。B子ちゃんも入って皆でトランプや花札をやるのが我が家の正月の恒例になっています。ババ抜きをやると何時も必ずその4年生の孫娘にババが最後に行き大笑いをします。なんどやってもその、孫娘の所に最後はババが行きます。余程ババには好かれているようです。
インレッド
2012/01/05 14:29
インレッドさん こんばんは
鹿俣山ー地吹雪の中ラッセルは疲れたでしょう。
怖いくらいな様子が伝わって来ます。
雪山はホワイトアウトになると怖いのでお花の咲く頃に玉原湿原から登って
見たいですね。
あのう〜 前回の「花100」は絵でなくて「元祖花の百名山」で〜す。
あと五座残っていますが登れるかなぁ…。
私達はインレッドさんのブログを楽しみにしておりますがしかし余り無理
されずに充分気を付けて登って下さいね。
small cherry
2012/01/05 17:58
今晩は、玉原スキー場から登るこの山は夏登ったことがあります。冬山の展望を楽しむのが面白そうですがなかなか経験者と一緒でなければ難しいですね。ましてこの様に吹雪の中での山歩きは・・・とても危険です。ブナの樹林を吹き抜けていく地吹雪が頬を打つ厳しい様子が伝わってきます。
ローラー
2012/01/05 18:13
small cherryさん、今晩は。
花の100名山でしたか、どんな山がその100に入って居るのかは知りませんが、田中澄江さんの「花の100名山」の本は持っていますので読みました。その本に書かれた頃とは、今は事情が大分変ってしまったでしょうね。赤城にはアツモリソウは今は全くありませんし、武甲山にもセツブンソウは殆ど無いようです。後5座ですか、頑張って下さい。
インレッド
2012/01/05 20:41
ローラーさん、今晩は。
もう少し雪が締まって来たら是非登って見て下さい、素晴らしい眺めです。と言っても武尊の剣ヶ峰あたりからと同じような展望です。道は雪のある頃は適当にゲレンデに沿って登れば迷わずに山頂に届きます。それ程きつくはありませんが、ラッセルが続くとちょっと大変です。
インレッド
2012/01/05 20:45
インレッドさん
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今シーズンはまだ雪と戯れていませんが山は寒そうですね。
なまった体には辛そうです^^;
それでもこうして拝見しているとわくわくしてきますから不思議ですね。

今年も良い出会いのある山歩きを楽しめたらいいなと思いますね。
一期一会、私も大切にしていきたいと思っています。
sanae
2012/01/05 21:30
遅ればせながら今年も楽しませていただきます。
 今年は龍のようにもう一度波に乗ってみようと考えております。
多難な歳であった2011年を忘れないように、残された暇つぶしの時間を楽しんで行こうとかんがえております。
しまふくろう
2012/01/06 10:05
sanaeさん、おめでとう御座います。
お忙しいでしょうが、たまには山にお出かけ下さい。
山で一杯鋭気を養って、また孫育てに頑張って下さい。
双子ちゃん、元気に育つ事を祈ります。
インレッド
2012/01/06 19:15
魅 さん、おめでとう御座います。
龍のようにもう一度ですか。ご活躍下さい。私は毎年
体力が無くなって行くのを実感しています。足腰も少しずつ
衰えているようですが、最後の悪あがきで頑張ります。
インレッド
2012/01/06 19:20
おはようございます。
地吹雪の山行、お疲れ様でした。
私は写真をみているだけで十分堪能させていただきました。
下から四枚目の写真の樹木の枝振りがとっても寒そうですばらしい。
今年は群馬の山を一つ、仕事ついでに歩きたいと思っています!
今年もよろしくお願いします。
本読みと山歩き
2012/01/07 07:23
おはようございます。
インレッドさんは早くも行動開始ですか。
オイラはいまだ正月気分・・・何時になったら山に出かけられのでしょうか。

ラッセルの経験が一度だけあります。
10分交替でしたが帰りには足がつりました。
3時間も一人でラッセルなんて信じられません。

keykun
2012/01/07 11:08
本読みさん、今晩は。
普段ならば簡単に登れる山なのですが、雪が積もったばかりで締まっていず、ズーッと一人ラッセルでした。この山頂からは上越の山々の眺めが素晴らしいのですが、地吹雪で顔が痛くなり展望も望めそうに無いようなので下山しました。次回雪が締まった頃また登って見ようと思っています。
インレッド
2012/01/07 20:07
keykunさん、今晩は。
まだ飲んでばかりの最中ですか。体がなまってしまいますよ!!。
できればラッセルはやりたく無いのですが、時期が時期ですから仕方が無いですね。もう少し雪が締まって来たら是非この山に登って見て下さい。比較的楽に登れて、山頂からの展望は感動ものですよ。
インレッド
2012/01/07 20:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪林の譜  2012/1/2日 鹿俣山。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる