インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷漠の谷、 雲竜渓谷。  2012/2/4日

<<   作成日時 : 2012/02/05 14:57   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 52

山友の、てるてる坊主さんより雲竜渓谷に行きたいとのご要望がありました。昨年も行った所ですが、坊さんの言う事を聞かなければ、後でタタリが有りそうなので、今年も行く事にしました。

                    雲竜渓谷
画像


昨年は「山と渓谷」の雑誌の1月号の表紙を飾った為、大勢の人が見に来ていました。今年はさほどでは無いだろうと、のんきに思っていましたが、期待は裏切られ、昨年より多い位の登山者が来ていて、今回もはるか下の方に路上駐車して、長ーい林道歩きをスタートしました。

                   大薙山を眺めながら歩き始めます
画像


1時間ほど歩いて稲荷山展望台に着きました。そこから今日始めての女峰山が見えて来ました。

                   稲荷山展望台より女峰山
画像


ゲートからおよそ2時間半ほど歩き雲竜渓谷の入り口に着きました。

                    渓谷の入り口付近
画像


今年もほのかに、コバルトブルーの色をした氷柱や氷漠の谷になって居ました。

                    入口付近の氷柱
画像


心をときめかしながら、さあ中に入りましょう!!

                   氷漠の始め
画像


アウディーの寺院のような、厳かなゴシック建築のような
氷漠の中に入って見ました。

                    氷柱の中 1
画像


                    氷柱の中 2
画像


                    氷柱の中 3
画像


クリスタルなコバルトブルーの色を眺めていると、心身共に
クリーンになったような気がします。その素晴らしい色を
お楽しみ下さい!!。

                   氷柱 1 
画像


                   氷柱 2
画像


                   氷柱 3
画像


                   氷柱 4
画像


                   氷柱 5
画像


                   氷柱 6
画像


                    氷柱 7
画像


                  氷柱 8
画像


                  氷柱 9
画像


                  氷柱 10
画像


                 氷柱群
画像


さらにここから親知らず、子知らず、「友知らず」の急登を
越えて雲竜漠を見て来ようと思います。

                 氷柱の奥に雲竜漠
画像


                 友知らずの急登を越えたあたり
画像


                  大勢の人が憩う雲竜漠の下
画像


今日は日光の街で−8℃くらいで、かなり寒い一日でした。しかし
このスリバチ状の雪の中は案外暖かく氷漠を眺めて食事にしました。

                   壮大な雲竜漠
画像


                   雲竜漠 1
画像


                    雲竜漠 2
画像


                   雲竜漠 3
画像
  

昼頃になれば気温も緩み、時折氷漠の崩れる音が響いて居ました。
そろそろ氷柱や氷漠をながめなが帰ろうと思います。

                   氷柱群
画像


画像


画像


この谷を出れば又長い林道歩きになります。時々振り返り
今日の楽しい景色を見納めました。

画像

                  




  BGM付きの大画面でコバルトブルーをお楽しみ下さい。
  




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(52件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
てるてる坊主さま、インレッドさま。
素晴らしい氷爆にお誘い戴き感動致しております。
「身も心もクリスタル」や〜〜最高の気分をコタツの
中で会えるなんて・・。
素晴らしい景色の贈り物をありがとうございます。
感激・感嘆・夢の中に居るようです。
たかちゃん
2012/02/05 15:53
こんにちは
今週は山歩きお休みなので、インレッドさんのレポを楽しみに待っていました。
私も「身も心もクリスタル」や〜!!
デジブックを見終わる頃には画面からの冷気でひんやりしてしまいました(^^ゞ
どうやっていくのかなと他で見てみましたら、なんだかやっぱり大変そう。
私の足ではちょっと無理かな〜。
pallet
2012/02/05 16:15
インレッドさん、こんにちは♪
これは凄い!
圧巻のド迫力ですね。w(゚o゚)w
マスコミで紹介されると人もたくさん集まります。
秩父の尾ノ内渓谷の氷柱も人工的なのに、ものすごい観光客になっています。
雲竜渓谷は観光客でない山好きな人が集まったようですね。(^^)/
クロちゃん
2012/02/05 16:23
こんにちは! やはりすごい。
もちろん氷柱の豪快さや美しさには奪われます。相当寒くないとここまでは出来ないんでしょうね。
「氷柱3」は面白いです。 顔を左横にすると飛行機から雲を眺めているよう。

私は、霧氷の山を歩く予定でしたが、寝坊して行けず。近場の安直山歩きでした。
本読みと山歩き
2012/02/05 16:43
スケールの大きな氷爆ですね。
そこまで行くのが大変ですが
やはり、大勢の人が見に行くだけありますね。
氷柱の中に入るなんてこともできるんですね。
nousagi
2012/02/05 17:30
こんにちは〜♪
雲竜渓谷大人気ですね(*^_^*)
ワタシも去年の『山と渓谷』で知って訪れた一人なので
文句は言えませんが。。。

じつは今週いきたかったんですけど、どうやら雨&雪予報で
断念です(T_T)

ここの氷瀑は青白い色が特にキレイで何回でも行ってみたくなります。
くっきー
2012/02/05 17:30
わ〜〜、氷柱が凄いですね!
皆さんが見にいくわけですよね〜
登る道もこんなごつごつした岩なのですか?
お疲れ様でした(^^)/
パソコン、音が出なくなってしまい
BGMが聞けなかったのですが
感動して見させて頂きましたv(^_^)v

とわ
2012/02/05 18:35
こんばんは!
お疲れ様でした〜!
この世の物とは思えないほど綺麗ですねぇ〜
まるで翡翠の宮殿のようです!

私も休日が近づいてきたのですが、またまた天気は下り坂の様で・・・
いつになったら綺麗な景色を拝めるものやら  ヤレヤレと言ったところです。
山は天候といった大物が相手なので、私のような心掛けの悪い腹黒達磨には分が悪いようです。
達磨の次男坊
2012/02/05 18:37
写真を一枚一枚見進めるごとに、「スゴ〜イ!」「ワァ〜」・・・。
こんな光景が現実にあるんですね。
ご自身の目で見ることができるなんて羨ましいです。
デジブックの音楽が画像にぴったりです!
ところで・・・
氷柱のごく近くまで近寄れるんですよね。
気温が上がって、氷が解け始めたら、危なくないのかしら(笑)?
アイ
2012/02/05 18:39
たかちゃん さん、今晩は。
そんなに喜んで戴き、こちらこそ嬉しく思います。
よろしかったら日光方面にまたお出かけ下さい。
ここは比較的簡単に行くことが出来ます。
平日ならば人もそれ程居ないと思いますよ。
インレッド
2012/02/05 18:57
palletoさん、今晩は。
百尋ノ滝も良いですが、こちらの氷爆も中々のものでしょう!!。
ここは90%ほどは林道歩きで、残り10%ほどが沢の中を歩くだけです。踏み跡も沢山ありますから、簡単に来ることが出来ます。日光駅からもそれ程遠くはありません。タクシーで来る方も結構多くいます。機会がありましたらお出かけ下さい。
インレッド
2012/02/05 19:10
クロちゃん 今晩は。
お忙しいところコメント戴き、またグッド有難う御座いました。
そちらの氷柱は先日NHKで放映されましたから一層賑やかになったと思います。こちらも最近は結構な人気のようです。まあこの景色ですから、誰もが良い景色、珍しい景色は眺めて見たい という気持ちは良く解りますから仕方が無いですね。
インレッド
2012/02/05 19:14
本読み さん、今晩は。
日曜日の今日は結構暖かでしたが、土曜日は寒かったです。ここは寒い方が氷柱が落ちてこないので安全です。それでも昼頃になると轟音を轟かせて落ちていました。串刺しになると怖いので氷柱の下は用心して眺めていました。それでもこの氷柱の色は美しいでしょう!!。
インレッド
2012/02/05 19:21
nousagiさん、今晩は。
先日、鳴虫山にnousagiさんが行かれた記事を読み、こちらにすれば良かったのに と内心思っていました。ここは日光駅からも近くてタクシーでもたぶん¥3000くらいだと??思います。結構タクシー来る方がいます。道は90パーセンとほどは林道歩きです。沢も踏み跡がしっかり付いていますから大丈夫です。氷柱の串刺しにならないようにそれだけ気を付ければアイゼンだけで大丈夫ですよ。
インレッド
2012/02/05 19:27
くっきー さん、今晩は。
昨年くっきーさん達が来られた時と同じくらいの雪の量でした。案外に少なくて、林道はアイゼンも付けず素足でした。
ここの氷爆の色は本当に良い色ですね。今年は寒いですからまだまだ大丈夫です。また是非来て見て下さい。
インレッド
2012/02/05 19:31
とわ さん、今晩は。
ここは殆どが林道歩きです、最後のほんのちょっとだけ急な登りになります。あの日光のダイヤ川の赤い橋のあたりから林道に入ります。
ここの氷爆のクリスタルな色はなかなか素晴らしいですね。
インレッド
2012/02/05 19:34
達磨の次男坊 さん、今晩は。
この氷爆はなかなか素晴らしい景観ですね。暇がありましたら行って見て下さい。日光の街からは案外に近い所です。
榛名・赤城は卒業して今度は日光辺りは如何ですか、ちょっと遠いかなー。
インレッド
2012/02/05 19:46
アイさん、今晩は。
ここは日光駅からも近いですから、是非駅からタクシーに乗ってでもお出かけ下さい。道は踏み跡がイッパイありますから大丈夫です。
仰る通りここはツララの串刺しにならないようにそれだけ注意すれば大丈夫です。押し掛け隊で如何ですか。
インレッド
2012/02/05 19:49
山じい さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/02/05 19:52
今晩は。
昨日は、有難うございました。
昨年インレッドさんのブログを見てぜひこの目で見てみたいと思っていました。
長い林道歩きは堪えましたが、渓谷に入った瞬間から感動の連続でした。
自然の造形美とはいえ、あの大面積の氷壁、クリスタルブルーの大氷柱、鋭くとがったつらら,さらに奥に控える真打ちの大氷爆、辰年の今年に似合う雲竜渓谷でした。 有難うございました。
来週は山スキーを充分楽しんでください。
てるてる坊主
2012/02/05 20:15
てるてる坊主 さん、今晩は。
お世話になりました。
ここは毎年来ても良い所ですね。あの氷爆の色は本当に素晴らしい色で、身も心も洗い清められたような気がします。さて良い写真は撮れましたか。始めての中古レンズはまずまずでした。
インレッド
2012/02/05 20:48
こんばんは
 雲竜渓谷誘っていただきましたが、都合つかず残念でなりません。凄く良い時期でしたね。寒さの後の晴れ間ですから。行ないが良いですね。本当に感動ものです。
まきまき
2012/02/05 22:16
おはようございます。

すごい!!の一言です。
今年は寒いので氷柱も立派なようです。
ゲートから雲竜渓谷の入り口まで2時間半・・・苦労した甲斐がありましたね。
緑色の氷柱・・なんとも美しいです。
keykun
2012/02/06 08:29
まきまき さん、お早うございます。
この氷爆は寒い方が良いので、また来年にでも行って見て下さい。
淡いコバルトブルーのようなエメラルドグリーンのような色は本当に素晴らしい色でした。
インレッド
2012/02/06 08:51
keykunさん、お早うございます。
ここは9割近くが林道歩きです、残りのほんのちょっとだけ沢の中の歩きです。沢も今回は危険な所はありませんでした。機会が有りましたら、師匠とご一緒にお出かけ下さい。
インレッド
2012/02/06 08:55
綺麗!
なんとも言えない透き通るようなブルーですね。
人工的なものでないところがいいです。
行ってみたいけれど林道歩きが長いですね。それで観光客とふるいにかけられるのでしょうけど・・

ミニミニ放送局
2012/02/06 09:49
おはようございます。寒い日が続いています。氷の芸術品素晴らしいですね、今年は行けなくとも機会を見ていってみたいですね。今年は特に寒いので氷柱もしっかり出来たのでしょう。この日は穏やかで静かな一日でした私は麦踏みでした。明日からC型肝炎の最終治療が始まります。
ローラー
2012/02/06 09:54
こんにちは。
こんな氷柱や雲竜漠は初めてでびっくりするやら、感動するやらです!
クリスタルブルーの氷が綺麗で印象的ですが、自然の色ですか?
それとも空の色が映っているのでしょうか?
素敵な風景を見せて戴きましてありがとうございます。
みっちゃん
2012/02/06 16:40
見事な氷瀑ですね〜アイスクライマーが引き寄せられてきそうですが、どうなんでしょう?茨城の袋田の氷瀑を登った記事を読んだのですが、写真撮る人には迷惑な話だろうなぁ〜、とちょっと思ってしまいました^^)
ハンス
2012/02/06 16:57
ミニミニさん、今晩は。
ここは90%は林道歩きです、それほど大変な所はありませんから、のんびりと行けば大丈夫です。日光駅からも近いですからタクシーで来る方も結構多くいます。寒い時は特に良いですから、暇がありましたら是非行って見て下さい。
インレッド
2012/02/06 20:01
ローラーさん、今晩は。
最終治療ですか、早く良くなると良いですね。
ここは殆どが林道歩きで踏み跡もしっかりとありますから、案外楽に行くことが出来ます。機会がありましたら是非この氷漠の芸術を堪能して見て下さい。
インレッド
2012/02/06 20:04
みっちゃん さん、今晩は。
空の色がブルーになるように厚い氷はやはりブルーになるようです。なんとも言えない美しい色でした。人工的でなく自然の色は素晴らしいですね。今年は寒いですから一層綺麗なようでした。如何ですか見に来ませんか??。
インレッド
2012/02/06 20:07
ハンスさん、今晩は。
そうなんですよね!!。昨年はこの氷柱に登っている方が居て、邪魔でなかなか写真が撮れませんでした。今年は幸い下の谷の方にクライマーの方が居ましたが。氷柱や氷漠の所には居ませんでしたので、ラッキーでした。
インレッド
2012/02/06 20:11
すごいですね〜 日光なら近いですが私では無理でしょうね、行ってみたいけど妻には写真を見せられない(絶対に反対されそう)それにしても人がいっぱいですねー雪道の歩きは意外と普通より楽ですよね、楽しみました、ありがとうございました。
夢創歩
2012/02/06 21:49
見事な氷柱にびっくりしました。
落ちてきたら突き刺さりそうですね (^^;
来年はぜひに出かけてみたいです。
はなねこ
2012/02/06 22:07
おはようございます。
薄いコバルトブルーの氷柱、冷たさよりも温かみを感じます。
大画面で見ると一層きれいですね。
一見の価値ありと見受けました。
甘納豆
2012/02/07 07:33
夢創歩さん、コメント有難う御座います。
ここは足尾の日足トンネルを通り日光の神橋辺りを左折して直ぐにゲートに着きます。殆どが林道歩きで危険な所はありません。渓谷に入っても踏み跡がちゃんと有りますから大丈夫です。雲竜漠への登りだけがかなり急登になりますから。多くの人は氷柱の沢山ある付近で帰る方も居ます。つららの下は落ちてくれば串刺しになりますから、下に行かなければ危険なことはありません。是非見に行って下さい。素晴らしいですよ。
インレッド
2012/02/07 08:50
はなねこ さん、お早うございます。
ここは日光駅から案外近いのでタクシーに乗って来る方も結構います。道は殆どが林道歩きで、最後だけちょっと沢に入ります。雲竜漠への登りだけが少し急登になるだけですから。是非押し掛け隊様ご一緒にお出かけ下さい。素晴らしい氷爆の眺めですよ。
インレッド
2012/02/07 08:54
甘納豆さん、お早うございます。
氷柱や氷漠のコバルトブルーの色は本当に体中透明に
なったようで素晴らしい色でした。雪も良いですが
氷もなかなか良いですね。
インレッド
2012/02/07 08:58
MORINOBUNA さん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/02/07 09:00
氷柱だけでも見れればいいので今度の土日に行けるか検討してみます、ヘルメットや12本アイゼンも持ってませんが6本アイゼンでも行けますかねー。ヘルメットは自転車用なら有ります( ^)o(^ ) 私のブログにもカキコ 合わせてありがとうございます。
夢創歩
2012/02/07 18:00
夢創歩 さん、今晩は。
神橋付近の稲荷川左岸の道をずーっと車で最終ゲートまで行って下さい。そのあたりに駐車場があります。
今回私は渓谷に入るときに6本アイゼンを付けました、それ以外は登山靴のまま歩いて居ました。林道歩が殆どですから6本で大丈夫です。ゲートの近くに車を置いて直進では無く左に登ります、この林道には踏み跡がイッパイありおますから良くその踏み跡を見て歩いて下さい。1時間半ほどで稲荷川展望台に着きます。その30分くらいかなー??先 右に林道が降りる道も有りますが、そこも左側に登る林道を歩きます。2時間ほど歩くと洞門岩の標識があります。そちら方面に降りて沢を歩いて行くこともできますが、そちらはちょっと危険な所もありますので、そこも左の林道を歩いて下さい(殆どの人はその道を行きます)。林道をかなり登ると、今度は降りの道になり右に急角度で降りると雲竜渓谷の標識があります。そこからは10分も歩けば氷柱群に出会います。昨年の2011/2/13日の私のブログに地図も載っていますので良く見て下さい。ブログのトップページの上の方に過去の記事はこちらからと言う欄がありますので、そちらから見て下さい。
インレッド
2012/02/07 19:34
こんばんは
毎年拝見させて頂いても飽きる事がない自然美ですね。
ゴシック建築のような氷漠の柱、その奥の宮殿はどのようになっているのかと、思わず想像してしまいました(笑)
くれぐれも推理小説の完全犯罪の被害者にならないで下さいね。
2時間もの林道歩きの先には別世界があると思えば、みなさんが行かれる気持ちがわかって来ます。
リッキー
2012/02/07 20:21
リッキーさん、今晩は。
そちらは毎日雪のようですね。こちらは今日は暖かな雨でした。この後寒くなれば雪は締まって来るかなー と嬉しく思っていますが・・・。
ここもなかなか素晴らしい所なので、定番になって来ました。体中が透き通ったような気分になります。是非来て見て下さい。
インレッド
2012/02/07 20:53
去年のブログ拝見しました、地図も保存しました。土曜は天気も良さそうだし行ける所まで行ってみるつもりです、成果のほどは後日に
夢創歩
2012/02/07 21:24
ほーんとに美しい。。。
心が洗われるようなクリスタルブルーですね。
氷柱のスケールも素晴らしい!
お写真でもこんなに綺麗なので実際に見たら
感激しちゃいそうです。
でも氷柱の串刺しの恐怖も・・・
あるのですね〜 
mikko
2012/02/07 23:45
夢創歩 さん、お早うございます。
ここは氷柱の下に行かなければ危険な所はありません。氷柱の下も上を良く見て庇状になった岩のしたに直ぐに飛び込めば大丈夫です。あとは雲竜漠への登りがちょっときついし場合によっては雪崩も有りそうなので、そこだけ注意して行って来て下さい。ブログアップ楽しみにしています。
インレッド
2012/02/08 08:59
mikkoさん、お早うございます。
その後体調は如何ですか。
ここは東北道から日光道に入って直ぐですから、そちらからはかなり短時間で来れますので如何ですか。ほとんどが林道あるきですから危険な所もあまり有りません。こんな風景を眺めていると心身ともに一層綺麗になりますよ!!。
インレッド
2012/02/08 09:03
インレッドさん こんにちわ
雲竜渓谷の氷柱・氷爆 クリスタルブルーで綺麗!
迫力があり元気をもらいます。
でも寒いし、怖そう…見て見たいですが行くまでの道路状態がどう
でしょうか。
地図を見ましたら女峰山の方なんですね。
日本にはまだまだ四季折々素晴らしい所がありますね。
small cherry   
2012/02/08 15:40
small cherry さん、今晩は。
ここは日光の神橋付近から稲荷川沿いの林道をゲートまで車で行きます。そこから2時間半ほど林道を歩いて、あとはほんのちょっとだけ沢沿いに歩くだけで危険な所は殆ど有りません、今のところこちらは週末も晴れのようですから、ぜひお出かけ下さい。
インレッド
2012/02/08 19:02
おかげさまで今日行ってきました、朝2時半過ぎに出発して最後のところ、うどんやと川の間がわからず20分ほどロスして5時前に着きました、早かったので近くに止められました、洞門岩からは知り合いになった人が沢から行けると先導してくれたので沢から上がりました、帰りは林道周りで戻りましたが同時に沢から帰った人とは20分くらい余計にかかったようでした(先に展望台で昼食してました)。
おかげさまですごい所へ行くことが出来ました、有難うございました。
また来年も行って見たいです。
夢創歩
2012/02/11 19:58
今晩は。
朝2時半に起きて行かれましたか。良くそんなに早く起きる事が出来ますね。
洞門岩から雲竜渓谷ですか。そこは雪の状態によっては行けない時もあります。来年もまたお楽しみ下さい。今度は雲竜漠まで是非どうぞ。
インレッド
2012/02/11 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
氷漠の谷、 雲竜渓谷。  2012/2/4日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる