インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS やっとリベンジの獅子ヶ鼻、  2012/2/22日  前篇。

<<   作成日時 : 2012/02/24 22:34   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

前回は地吹雪のため角間山に予定を変更し、前々回は湿った雪でカッパを忘れて小沢岳に変更と、2度も除雪最終地点まで来て、登る事が出来ませんでした。暖かくて良く晴れた22日は代休を取り、そのリベンジをしようと思います。

                  今日登った獅子ヶ鼻と右に剣ヶ峰
画像


画像


前回も前々回もここに車を置きました。地吹雪と湿った雪が降って居ましたが、今日は快晴です。














まず誰も通った跡の無いブナ林の中をラッセルしながら歩き始めました。


                歩き始めは静かなブナ林から始まります
画像


画像


画像


画像


画像


やがて前方に雪庇が見えて来ました。この尾根を登り上げ少し行くと、鹿俣山に着きます。

                 最初の雪庇
画像


画像


鹿俣山が見えて来ました。今日も誰も居ないようです。

                   鹿俣山方面
画像


連続して3度も登りに来たのは、こんな景色が見たかったからです。

                   鹿俣山(1636m)山頂より武尊岳方面
画像


                  振り返って鹿俣山山頂より谷川岳方面
画像


ここからが本格的な雪山の登りになります。取りあえず真ん中の尖った山、獅子ヶ鼻を目指して登ろうと思います。

                    右に剣ヶ峰・その左の尖り山」が獅子ヶ鼻、さらに左に沖武尊
画像


画像


画像


本当に久し振りの銀嶺の山歩きになりました。後ろからは首筋にヒリヒリする程の日差しを、前からは雪の照り返しを受けて痛いほどでした。  

                   これから歩く尾根
画像


日陰はスノーシューを履いていても、膝辺りまでのラッセルでしたが、尾根に出るとそれ程潜らずにキラキラと光る、サファイアかルビーの薄い板でもパリパリと踏むような、快的な歩きになりました。こんな展望の良い雪の道を、心を弾ませながら歩いて居ました。次々と雪庇が現れて来て、一層楽しい尾根歩きになりました。

                   
                   振り返って歩いて来た雪庇の道
画像


                  途中の尾根より谷川方面
画像


                   数年前に登った布引尾根の上に谷川の朝日〜越後烏帽子方面
画像


                   巻機山方面
画像


遠くに、さらにせり出した雪庇の1685m峰が見えて来ました。

              
                   左端に1685m峰、その直ぐ右にこれから登る獅士ヶ鼻、さらに右に大きく剣ヶ峰
画像


画像


素晴らしい天気に恵まれて、木々も真っ白い雪景色も、そして真っ青な空の色を眺めながらの尾根歩きは、やはり山登りを趣味にして、良かったと思う時間でした。樺の木が青い空をさらに綺麗に掃いてでもいるような景色はすばらしい景色でした。

画像


画像


                 大きく雪庇のせり出した1685m峰
画像


        振り返って鹿俣山方面
画像


青い空に雪庇の縁取りが美しく映えています。そしてその奥の武尊方面の山々も孤高のように聳えていて、正に神々の山巓そのもののようでした。

                   雪庇
画像


画像


画像


画像
   

1685m峰山頂に着きました。ここからは上越の山々が一望出来ます。登った山、登れなかった山、苦労してやっとたどり着いた山、そんな想い出の山が真っ白く並んで聳えています。

                   1685m峰
画像


                  1685m峰の山頂より燧・平ヶ岳方面
画像


                   越後駒ケ岳・下津川山方面
画像


                     巻機山方面
画像


                  越後烏帽子・谷川の朝日岳方面
画像


                  谷川岳本峰
画像


                    仙ノ倉・平標方面
画像



ここからさらに獅子ヶ鼻に登りますが、素晴らしい景色が広がり、画像を沢山貼ってしまい、長い記事になってしまいました。まだまださらに素晴らしい風景が広がっていましたので、さらに長い記事になりそうです。不本意ですが、一先ずここで前編の終わりとして、締めくくり同日後篇を次ページとしてアップしました。



                                         ・・・・・後篇へ続きます。


             皆様にはお手数をお掛けして大変申し訳ありません。
             もしコメントを戴けるのでしたら、後篇にお手数でも
             戴ければ嬉しく思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっとリベンジの獅子ヶ鼻、  2012/2/22日  前篇。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる