インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の尾瀬西山 2012/3/18日。

<<   作成日時 : 2012/03/19 15:15   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 37

ここの処、週末になれば天気も悪くなるような日々が続いています。今回も天気予報はあまり芳しくありませんが。関東地方の平野部は曇り空との予報のため、以前尾瀬岩鞍スキー場付近からリフトに乗らず、視界の悪い日に登って途中敗退した西山に登る事にしました。今回はゴンドラに乗って山頂駅まで行き、そこから歩いて見ようと思います。

                    ゴンドラ駅より少し登った付近より、雲に隠れた武尊山方面
画像


                    ゴンドラ山頂駅 奥に皇海山方面
画像


西山への道には登山道はありません、さすがに踏み跡は全く無く、
今日も雪と霧雨の中の淋しい登山になりました。

                 途中より武尊山方面
画像




                    尾根に取り付くあたりより
画像


最初はブナの尾根を登ります。今日は一日中スノーシューを付けて登りました。
浅い所は足首辺りまで潜り、深い所は膝下くらい迄潜りながらのラッセルになりました。

                    登り始めの尾根
画像


画像


この尾根はそれ程、急な登りは有りませんが、小さく幾つかのアップダウンがあります。
最初のピークに付きました。晴れて居れば武尊や尾瀬の山々が見えそうですが今日は
何も見えません。

                   最初のピーク
画像


このピークを過ぎるあたりからシラビソかコメツガのような黒い木々の中の登りになり、
深い深い森の中に分け入ったような気がしました。

                   深い森の道
画像


画像


フカフカに丸く積もった雪庇の道に出ました。風に乗って微かにスキー場のチャイムの音が聞こえて来ましたが、こちらはどこか別世界の遠くの山へでも入ったような気がしました。

画像


画像


さらに深い森の中に入りました。時々木々の枝に落ちた雫が
風に揺れて落ち来て、ザックも心の中でも濡らします。

                    深い森の道
画像


画像


画像


画像


画像


深い森の中を出てまた雪庇の尾根になりました。もう獣の足跡以外は何もありません。
ただ霧雨がしっとりと衣服を濡らします。

                     雪庇の尾根
画像


画像


画像


画像


もって来たGPSによればもう山頂は直ぐそばのようです。この森を
抜ければそこが西山のようです。

画像


画像


画像


霧雨の中、北側が開けた山頂が見えて来ました。

                   西山 山頂直下

画像


                    西山山頂1898m
画像


ここからは本来ならば日光白根方面の山々や尾瀬の山が近くに見える筈ですが、今日は霧雨に遮られ何も見えません。途中の尾根からはさらに谷川や武尊辺りが見える筈ですから、また天気の良い日に今度はスキーでももって来て、登って見たい山でした。山頂の木の下で霧雨を避けて食事にし、帰ることにしました。

                    山頂よりの眺め
画像


画像


霧雨で視界があまり無く、白い雪の道は段差も解り難い道でした。
途中からはGPS頼りの道になって来ました。

                    帰りの景色
画像


画像


帰りはゲレンデを傘を指しながら降りました。少し激しくなって来た雨はそれ程冷たくなく、彼岸を過ぎればやはり少し暖かな雨で、明日あたりから、この辺りの山々に芽吹きを促すような春の雨でした。

画像


画像


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
怖いですねー
登山道もなく踏み跡もなく、
その山を登られるなんて驚きました。
充分に山の怖さを知っていなければ登れませんね。
インレッドさんだから出来ることなのでしょうね。
悪天候の中を山頂まで登られて
ホントにお疲れ様でしたm(_ _)m
とわ
2012/03/19 19:30
まったく別世界ですね。
霧雨でも登るところがインレッドさんのすごいところです。
モノトーンの世界も一度は体験かんしてみたいのですが、GPSもスノーシュもない私はこの画像で我慢します。
今日は晴天だったのに、一人ラッセルでめげた私とは大違いです。
本読みと山歩き
2012/03/19 19:41
こんばんは
こちらも昨日は霧雨で、その中を同じく山歩きをしていましたが、シラビソの木々がある山域と雪庇・・・そこを一人歩くと、別世界に迷い込んだ気持ちにさせてくれますね。
晴れた日には、目の前一帯に素晴しい世界が広がることでしょうね。
リッキー
2012/03/19 20:14
とわ さん、今晩は。
ここには登山道は有りませんが1本尾根ですからそれ程迷うことはありません。それでも吹雪になったり、ホワイトアウトになれば帰り道を見失いますので、前もってルートを地図で調べて、登ろうと思うルートをGPSにダウンロードしてあります。それを見ながら登っていますから道は迷いません。帰りは登って来た軌跡がGPSに残っていますからそれを見ながら下山します。それで道が無くても視界が無くても安全に歩く事が出来ます。こんな登山も面白いですよ!!。
インレッド
2012/03/19 20:47
ほんとうに別世界です!
登山道も踏み跡もなく、誰もいないモノトーンの世界。体力と技術力、経験がないと、とても歩けません。
すばらしい景色です!
カスミッシモ
2012/03/19 20:51
下手をしたら、遭難しそうですね。
いくらGPSがあるとはいえ、
冷たい霧雨の中、たった一人で道なき道を行くなんて
孤独ではありませんか?
私も、もう少しやんわりしたところなら(笑)
孤独も嫌いではありませんが
こんな状況の中ではちょっと・・・。
実績と実力があるからこそでしょうが、
今回もまた、え〜っと思わずにはいられない山行ですね。
nousagi
2012/03/19 21:05
本読み さん、今晩は。
今日は息吹山でしたか、久し振りに山を堪能できて良かったですね。こちらも今日は天気が良くて、昨日にこんな天気だったら良かったのにと、少し恨めしく空を眺めながら仕事をしていました。
天気は悪かったのですが、気温はやはり春の暖かさを感じる一日でした。
インレッド
2012/03/19 21:06
リッキーさん、今晩は。
そちらが曇りか晴れマークならば、そちらの山にとい思っていましたが。雪と曇りマークでしたので、地元の山にしました。いつもそちらの山に と思っているのですが、週末はなかなか晴れてくれなくて困っています。
インレッド
2012/03/19 21:17
カスミッシモさん、今晩は。
この山はあまり訪れる人はいないのですが、天気が良ければなかなか良い展望の山なのですが・・・。この尾根をさらに山頂より先の方に降って行くと尾瀬のそばの坤六峠辺りに降りる事が出来ます。
インレッド
2012/03/19 21:20
nousagiさん、今晩は。
こんな雪の深い原生林の中の道は霧雨ですから、余計に孤独を感じます。それでもその孤独感が良いのでは なんて思っていますが、山を降りる時は少しの達成感と少しの空虚さをも感じます。
ここは殆ど一本尾根ですから、足さえ大丈夫ならば、それ程心配は有りません。この山頂をさらに先へと降りて行くと、尾瀬への峠道の坤六峠に出ます。そちらからも登って見たいのですが、今頃は道が不通で行く事が出来ません。その内に・・・。
インレッド
2012/03/19 21:31
みっちゃん さん、今晩は。
気持ち玉をいっぱい有難う御座いました。
インレッド
2012/03/19 21:34
こんばんは
尾瀬岩鞍スキー場って、昔行ったことがあるような気がするのですがその先に、こんな尾根が続いていたのですね。
いつも思うのですが、こんなふうにあんまりひとの行かない道に入ってゆく時の気持ちってどんななんでしょう。
インレッドさんのレポを拝見していると、今まであんまり感心がなかったというか、私には無用の長物と思っていたGPSをちょっと勉強してみようかしらと思ったりしてしまいます(でもやっぱり私には無用の長物だと思いますが。)
pallet
2012/03/19 22:58
こんばんは。
スノーシューを履いていても、潜るものなんですね。
モノトーンのいかにも寂しげな景色ばかりで、雨降る中登られるとは、いかにもインレッドさんらしいですね。
廻りも尾瀬位しか判らない、範疇外の山ばかりでした。

全然違う本の話で失礼します。
お奨めの葉室麟さんの1冊目・・「橘花抄」を読みました。
なるほど、藤沢周平さんの世界と似てますね。
重根という人物が宮部みゆきさん「孤宿の人」の加賀守のイメージと重なりながら読んでました。
つれづれ
2012/03/19 23:29
インレッドさん、おはようございます。♪
「深い森」の文字がぴったりの山ですね。
日曜日の天気情報は晴れマークもあったのに、雨となりました。
土日の天気が落ち着きませんね。
でも、山の厳しさ、美しさの両面を感じます。
「丸い」の表現がなるほどと思いました。(^^)/
クロちゃん
2012/03/20 04:57
おはようございます!
やっぱり行かれたのですね!
春に三日の晴れ間無し などと申しますが、今年は本当に良く降りますねぇ
雨の中のラッセルは大変でしたね
私はラッセルもスノーシューも経験ございませんが、そのご苦労は伝わって来ます。
赤城の黒檜に登った時、山頂からの雪屁の尾根でトレースから外れたときに大往生したこと思い出しました。
雪も緩む頃となり、私も少し敬遠ぎみになっています。
インレッドさんも、どうかお気を付けて!
達磨の次男坊
2012/03/20 06:42
palletさん、お早うございます。
この山をさらに先に行くと尾瀬の入り口付近の坤六峠に出ます。晴れていればなかなか良い山のようです。最近出たGPSで¥19000のものがあります。このGPSは値段は安いのですが、アメリカやロシア・日本の衛星からも位置の電波を受信出来ますから、受信性能はかなり良いものです。普通の登山でも迷いそうな道は前もってルートをダウンロードしていれば道は間違いません。電源を入れてあれば軌跡も残っていますので、帰るとき迷わずに帰れます。スマホは通信料を取られますが、GPSは通信料などは一切掛りません。単三電池二本で20時間くらい持ちます。お守りだと思って如何ですか。
インレッド
2012/03/20 09:02
おはようございます。
雄大な山々山の風景ですね!!
冬山登山未経験の私には怖い感じがします。
GPSとか持たれて経験も積まれているので登れるのですね!
みっちゃん
2012/03/20 09:07
つれづれ さん、お早うございます。
この辺りのスキー場では滑った事はありませんか?。このスキー場はなかなか良いスキー場ですよ。義母さんが良くなったら是非お越し下さい。
桃栗3年柿8年柚子は9年で花咲かす「橘花抄」読みましたか。そうですね「孤宿の人」に少し似ていますね。「銀漢の賦」も「蜩ノ記」も大変感動しました。その他では「いのちなりけり」「花や散るらん」あたりもまあまあでした。先日久木綾子さんの「禊の塔」読み終わりましたが、ちょっと難しい表現もありましたが、雪国の景色と人情が良く表現されていました。
インレッド
2012/03/20 09:22
クロちゃん お早うございます。
節分草園行かれたようですね。丁度見頃だった
ようで・・・。そうなんですよね、日曜日は
晴れの筈だったのですが雨になってしまいました。
スノーシューでこちらも如何ですか。
インレッド
2012/03/20 09:27
達磨の次男坊 さん、お早うございます。
これからの残雪歩きが私は1年中の山歩きで一番好きなシーズンなのですが、今年は天気に恵まれなくて・・・。
これからは達磨の次男坊さんにとっても一番楽しい時期なのでは無いでしょうか?。子供のように育てた花を眺めるのも楽しいでしょうね。
インレッド
2012/03/20 09:32
みっちゃん さん、お早うございます。
晴れて居れば結構良い景色のようですが、今回は残念でした。黒い針葉樹の森はどこか別の世界に迷い込んだような気分でした。こんな深い雪と森の雰囲気も結構好きな風景です。
インレッド
2012/03/20 09:36
今日は、この日には私は四阿山でしたが同じように天候に恵まれず展望を楽しめませんでした。取り付き口を間違えて1時間ほどアルバイトをしてしまいました。
こんな時GPSがあればと痛切に感じました。頂上までいけず途中で撤退しましたが久しぶりで雪山のトレッキングを楽しみました。
ローラー
2012/03/20 10:41
ローラーさん、今晩は。
四阿山でしたか、嬬恋スキー場のリフト最終地点からならば、取り付き口は一っ箇所しか無い筈ですが???。GPSは使いこなすまで結構難しいですが、最近は¥19000くらいでも、良いものがあります。登山道のある山登りでしたら、あまり必要はないと思いますが、登山道のない処の山登りでしたら、前もってルートを作ってGPSニダウンロードして持って行けば迷わずに行く事が出来ます。
インレッド
2012/03/20 18:53
今晩は!

霧雨の山を一人行く
インレッドさんのファイトはどこから出てくるのでしょう。

モノトーンの世界にもほのかな色が見えます。
春はそこまで来ているようですね。
甘納豆
2012/03/20 21:25
こんばんは
 片品の山はまだまだ残雪が多いですね。おまけに霧雨でしたかすこしざんねんでしたね。
まきまき
2012/03/20 22:29
甘納豆 さん、お早うございます。
今年の春は本当に”遠い春”ですね。ここは晴れて居れば中々の展望のようです。尾瀬のそばですから平ヶ岳や巻機方面も見えると思います。ピストンで無く山頂を真っ直ぐに降りて行けば尾瀬への峠道の坤六峠に降りる事が出来ます。思っていたよりも良い山でした。
インレッド
2012/03/21 06:44
まきまき さん、お早うございます。
ここは登山道はありませんが、晴れて居ればかなり楽しい山だと思いました。ただゴンドラに乗らなければ、かなり厳しい登山になると思います。お近くですから是非登って見て下さい。
インレッド
2012/03/21 06:47
カワガラスさん、お早うございます。
ご無沙汰しています。気持ち玉有難う御座いました。
妙義にも来られたようですね。
インレッド
2012/03/21 06:50
お早うございます。R401・R63は昨年走りました。
素晴らしい風景でした。幻想的な中に緑を見ると新緑の
訪れを感じます。ウグイスの鳴き声で目覚める朝が心地
良いこの頃ですけれど!!雪景色満足いたしました。
たかちゃん
2012/03/21 06:58
たかちゃん さん、お早うございます。
そうでしたか63号は、秋は照葉峡辺りは紅葉が綺麗な所です。そこの狭い道を登り上がった所が坤六峠です。この山からは登山道はありませんがそちら側に降りようと思えば降りることも出来ますが、今頃は冬季閉鎖中で車が入れません。
もう鶯が鳴き始めて居るのですか、春ですね!!。
インレッド
2012/03/21 08:47
こんばんわ、
ゴンドラには15年ほど前スキーで乗ったことがありました、岩鞍の山頂から坤六峠につながっているですか〜 すごいなー ガスの中GPSで登山を出来るなんてすごすぎです。
何年かかっても自分には恐くて無理です。
いつもいい写真をみせてもらって有難うございます。
夢創歩
2012/03/21 18:44
夢創歩、今晩は。
この山頂から坤六峠へ降りるのはそれ程難しくは無いのですが、降りてからの林道歩きが、それこそ1日掛かりになってしまいます。車が通れる時期ならば良いのですが、雪が解ければ藪漕ぎになります。雪のある頃で無ければやはり厄介な所のようです。ここは1本尾根ですからそれ程難しくはありません。機会がありましたら是非登って見て下さい。天気が良ければなかなか良い山だと思います。
インレッド
2012/03/21 20:20
やまびこ さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/03/21 20:22
インレッドさん、今晩は。
初めて聞く山です。群馬300山で調べたら、冬と別れる残雪の山歩き 西山と有りました。かなりマイナーな山ですがスキー場が営業中の限られた山ですね。武尊の後ろの顔も見てみたいものです。
3月の山は、なかなか行けず、今日まきまきさんと八の天狗岳にいってきました。天気は申し分無かったですが、風の強さに西天狗はパス。360度の展望を楽しんで来ました。
  
てるてる坊主
2012/03/21 21:21
てるてる坊主さん、お早うございます。
天狗に行って来ましたか、結構寒かったのでは??。
今頃だと渋の湯からでしょうか??。
ここは以前、リフトに乗らずに行ってかなり苦労しました。
今回はリフトに乗って行ったので案外楽に行く事が」出来ました。
晴れて居ればなかなかの展望のようです、坤六峠からも登れそうですよ。
インレッド
2012/03/22 06:39
昭文社の「谷川岳」、買いましたよ♪なるほど、西山も先日の獅子ヶ鼻山もよく分かりますよ(^^)。雪の日にこんな山を狙うのもありですね。
やまや
2012/03/25 21:23
やまや さん、お早うございます。
谷川の地図を買いましたか。そちらからですと、少々遠いですが、谷川は沢も山も岩場も良い所ですから、その内お出かけ下さい。車で来て車中泊出来る所が登山口の近くにありますよ。
インレッド
2012/03/26 06:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪の尾瀬西山 2012/3/18日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる