インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 幻の福寿草群生地    2012/3/25日

<<   作成日時 : 2012/03/26 18:17   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 41

ここの福寿草群生地はかなり昔に「山と渓谷」社の雑誌に載った事があります。その時の写真を見て、一度は登って見とたい山と思っていましたが。山や群生地の場所が一切記入してありませんでした。その後数年経ちすっかりこの山の事は忘れて居ました。

                   今日咲いていた福寿草
画像


そして数年前ブログ友の「K」さんが此処に登り、ブログに記事をアップしました。その画像も今まで見た事の無い素晴らしい福寿草の群生でしたが、「秘密の花園」として、やはり場所の明記がありませんでした。

          登り始めの道
画像


 その「K」さんに内緒で場所の詳細を教えて貰い、早速2年前に行こうと思い、咲く時期を今か今かと待っていました。














画像
しかし2年前は丁度満開と思われる頃に大雪が降り、群生地は深い雪の下になり行く事が出来ず。
昨年の満開と思われる頃には、東日本大震災のため、やはり登る事を諦めました。













画像
そして今日やっと登る日を向えましたが、この群生地への道は途中から登山道も無く、標識類は一切ありません。登山口らしき道のそばで登る準備をしていると。近くのオバサンが「先週は10名くらいの方が登り、3・4分咲きだったと話していたよ」と教えて呉れました。おまけに「今日は大勢の部落の人が道の補修に行っているから、道が解らなければ教えて貰えば・・」と話して呉れました。








画像
歩き始めると急な作業道を30〜40人くらいの方々が鋤や箒やスコップを持ち狭い林道を綺麗に補修していました。中に居た3人の方が次々と福寿草群生地迄の道を教えて呉れました。中には「30年の杉林が終わり5年の杉林になったら道が直ぐに狭くなり、沢へ降りる」と教えて呉れました。さすがに林業で生計をたてている方は説明まで違うと感心しましたが。「標識が一つも無いようですが」と聞くと、「うん登山者が付ければ、俺たちが全部取ってしまうんだ」と話していました。






画像途中に上の画像のような鹿避けのフェンスを、3っつ程紐を解きまた縛って先に行きましたが、林業の方々が苦労して作ったフェンスを大勢の登山者が来るようになれば、きっと壊されてしまい、綺麗に手入れされた杉林や作業道が荒れてしまうだろうと、林業で生計をたてて居る方達の気持も解るような気がしました。そんな事を思いつつ、沢付近に降りると、「この先福寿草の群生地はありません」と書かれた県警の張り紙があり戻って来たと言う男性に出会いました。







       この沢を登り上げます
画像
私もその辺りまでうっかり踏みいれてしまいましたが、その貼り紙があったら少し行き過ぎたので、少し戻って隣の沢を登れと「K」さんに言われた事を想い出し、お陰で正規のルートを直ぐに見つける事が出来ました。県警の張り紙にも直ぐ下の沢なので、その事を一言書いていて呉れれば間違は無いのに と思いましたが。それももしかしてこの山を守るためだったのでしょうか??。









画像最初は水の量も結構大く沢登りでもやっているようでした。道を間違えて戻って来た人と一緒になって登りましたが、沢登りは苦手なようで、遅いので先に行かせてもらい、結構急なガレ場になり沢も枯れて来た頃、上から3人の方が次々と降りて来て、「何にも咲いて無かった」とか「雪の下になっている見たい」と言い、福寿草は一つも咲いて無いと断言していました。折角此処まで来て虚しく帰るのも残念なのでせめてその自生地を見て行こうと思いさらに登りました。








画像
やがて雪も解けた尾根に出て、また夫婦の方が降りて来ました。その方達は笑顔で「丁度見頃でしたよ!!」と教えて呉れました。「さっき出会った3人の人は全く咲いてないと話していましたが」と尋ねると「どこか違う尾根へ登ってしまったのでは無いですか」と言われました。結構疲れて来ましたが、見頃 と聞いて急に元気になり登って居たら、直ぐ上に黄色に染まる尾根が見えて来ました。







                    福寿草の群生地に着きました
画像



足の踏み場にも困るくらいに群生していて、ここからはただただ
写真を撮るのに無我夢中でした。

                   福寿草 1
画像


                   福寿草 2
画像


                    福寿草 3
画像


                   福寿草 4
画像
   

                   福寿草 5
画像
  

                   福寿草 6
画像
 

                   福寿草 7
画像
 

やっと探し当てた福寿草の尾根で、幸せな黄色い色に囲まれ、木の根に座り、
それこそ幸福感イッパイの食事にしました。

                    福寿草 8
画像


                    福寿草 9
画像


                    福寿草 10
画像


こんな素晴らしい福寿草の原生地が未だに残って居るのは、観光には走らずに、地道に木々を大事に育てて居る林業の方々がいてこそ守られて来たに違いありません。やはりここは道標など無くても、来ることが出来る人だけが楽しむそんな場所で良かったのかも知れません。

                    福寿草 11
画像


                    福寿草 12
画像


                    福寿草 13
画像


                    福寿草 14
画像


                福寿草 15
画像


春まだ寒いこの地で、寒さに震えて咲き始めた福寿草にも、
どこか輝かしい日差しが差し、少し暖かな雲が流れれば、
尾根は金色に輝き、山の早春を色どります。
まだ周りの景色はどこか淋しい景色ですが、
時々は小鳥の鳴き声も聞こえて来て。
少し浮き浮きしながら下山しました。
麓の家の煙突から上がる柔らかな白い煙が、
何故か心に染みて来た、今日の山登りでした。

                     福寿草 16
画像



        やはり先人の方達と同じく場所の詳細については遠慮させて戴きました。





大画面のBGM付きスライドショーをこちらからお楽しみ下さい。
  




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(41件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいですね。
こんなふうに一面に咲いているのを見てみたいです。
手を加え、ロープを張って、とは違い
秘密にして守るというのもうなづけます。
こんな場所に、私も行ける人になりたいなぁ・・・。
林業の方の30年の杉林、5年の杉林という言い方も
とてもいいですね。
nousagi
2012/03/26 19:20
こんばんは
インレッドさんと地元の方々の道案内の説明の話で、何となくその地に行けそうな気持ちになっています(笑)
いつかその地を訪れて、金色に染まってみたい山歩きですね。
福寿草3の写真を拝見すると、毎年訪れる地の福寿草の花の色に良く似ています。
リッキー
2012/03/26 19:57
こんばんは、前回の上野村の福寿草の群生地とはまた別の所でしたか?
次々と秘密の花園が出来てそれを探しに山歩きをするのも楽しいことです。
私は25日は茶臼岳(桐生市)にいって来ました。南公園の梅林と彦部家住宅にも行ってみました。ここも私は初めてのところです。
ローラー
2012/03/26 20:02
インレッドさん、こんばんは♪
やりましたね〜。o(*^▽^*)o~♪
なんだか自分のことのように嬉しいです。(^^)/
クロちゃん
2012/03/26 20:05
こんばんは。
素晴らしい福寿草の自生地ですね!
数年越しのインレットさんの思いがみのって良かったです。
お陰で私たちも楽しませて戴きました。
今晩、金星、三日月、木星と西の空に縦に観えました。
巧く写せませんでしたが綺麗でした!

みっちゃん
2012/03/26 20:43
福寿草13が良いです。
古木の雰囲気と福寿草の鮮やかな生まれたての黄色とのコントラスト抜群です。
ここまであきらめずに探し当てた達成感とこの壮観な眺めなら、きっと感動もひとしおでしょうね。
いつの日かひょっこりお会いしたら、ぜひこの場所を教えてください。(笑)
本読みと山歩き
2012/03/26 20:44
こんばんは!

良かったですね!
十年越しの恋が実った思いでしょうねぇ
山も花も覧て貰う人を選択していたのではありませんか?
「ん〜む、この人なら見せても口外しないし荒さないだろう」な〜んてね!

それにしても凄い数の群生ですねぇ〜 
四阿屋山の植栽された福寿草とはわけも違えば量も違いますね〜

こんな素晴らしい場所に思いがけず出会ってみたいですね!
(今日もトラクター上の達磨でした〜)
達磨の次男坊
2012/03/26 21:13
こんばんは 
 福寿草は大好きの花です。まして自然の山の中の大木の下で咲いている福寿草良いですね。これを見つけるインレッドさん凄いです。何時も旬の写真有り難うございます。
まきまき
2012/03/26 21:31
空に向かって顔を上げた福寿草たちが嬉しそうです。
昔はこのような群生地がどこにでもあったのでしょうね。
福寿草だけでなく、また春だけでなく
それこそ桃源郷のような場所がいたるところにあったのではないかと想像できます。
せめてこの地はいつまでもこのままでいてほしいですね。
私はインレッドさんの写真で我慢することにします。
はなねこ
2012/03/26 22:09
11日の雪の中から数株顔を覗かせていたフクジュソウが2週間で4万株の花園に変わって感動ものでしょうね。                   いつ頃まで見られるでしょうか?。行ってみたいものです。
25日は遅ればせながらセツブンソウを見てきました。
越後はなかなか天気が定まりませんね。
てるてる坊主
2012/03/26 23:17
nousagiさん、お早うございます。
同じ日に花見登山でしたか。この日は、まずまずの天気で良かったですね。ここは標高は1300mくらいの山です。ガレた沢登りがちょっときついですが。良く行かれる方面のようですね。行きたい時はご連絡下さい。
インレッド
2012/03/27 06:18
リッキー さん、お早うございます。
林業はだんだんと廃業する方が多い中で、村中で未だに林業に勤しんでいる所が在るのは大変うれしく思いました。この辺りは急な山の斜面ばかりで平地は殆どありませんからそれで生計をたてて行くしか無いのかも知れませんが、山が綺麗なら、川も海も綺麗になりますから、頑張って貰いたいと思いました。
インレッド
2012/03/27 06:27
ローラーさん、お早うございます。
ここは上野村の群生地とは違う所です。
何年も前からここに登ってこの群生を見たいと思っていました。やっと会う事が出来て本当にうれしかったです。場所は関東地方ですが、群馬県ではありません。
インレッド
2012/03/27 06:36
クロちゃん、お早うございます。
行って来ました。村の人達も意地悪のように見えますが、実際は良い人ばかりでした。橋のあたりに着いた時、若者二人が地図を広げて登山口を探していましたので、教えてあげました。30分ほど遅れて私は登り始めましたがその二人には全く会う事がありませんでしたので、やはり途中で違う尾根へ行ってしまったようです。この日は12人か13人くらいの人が登ったようですが、群生地に着いた人は私も入れて6人くらいだったようです。
インレッド
2012/03/27 06:43
達磨の次男坊 さん、お早うございます。
この辺りは山ばかりで林業で生計をたてて居る方が殆どのようです。杉林もきちんと整備されていました。斜陽の林業をまだ一生懸命にやって居る方は大変頼もしく感じました。人手の入らない福寿草の群生がこんなにたくさんある所は日本でも珍しい所かも知れませんね。
インレッド
2012/03/27 06:49
みっちゃん さん、お早うございます。
金星と月と木星の眺めは私は見逃してしまいましたが。ブログ友さんが綺麗に写した画像をアップしていましたので。そちらで楽しみました。
みっちゃん さんも眺めましたか。余裕が伺えます。
インレッド
2012/03/27 06:53
本読み さん、お早うございます。
ここは結構山奥です。人知れずひそかに咲いているのが良いですね。やはり麓の方々が観光に走らず、ずーっと見守っていたからだと思います。こんな風景は昔は何処にでもあったのかも知れませんが、今は貴重な所になってしまいました。
インレッド
2012/03/27 06:58
まきまき さん、お早うございます。
新潟方面が晴れならばそちらの方にも出かけたいのですが、今年の週末はなかなか晴れて呉れません。そんな訳でこちらにしましたが、結構楽しい登山が出来ました。
インレッド
2012/03/27 07:01
はなねこ さん、お早うございます。
そうですね、昔はこんな風景があちこちにあったような気がします。今は麓の方々に守られて貴重な所になってしまいました。実はそちらからは大変近い所です。行こうと思えば行く事が出来る山です。
インレッド
2012/03/27 07:05
てるてる 坊主さん、お早うございます。
同日節分草園でしたか、まだまだ見頃だったと思います。
ここは先日行った上野村の節分草ではありません。他県の山で探しました。新潟方面が週末に晴れならばいつでも行く予定にしています。
インレッド
2012/03/27 07:09
つれづれ さん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/03/27 07:10
山じい さん、お早うございます。
ここはお解りでしたか??。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/03/27 07:12
素晴らしいですね〜
驚きましたよ!
あ〜、一度見てみたいですね(^^)♪
何処なのでしょう^^
でも秘密なんですものね
とわ
2012/03/27 10:15
おはようございます。
ここはずっと前(たぶん『山渓』より以前)に白山書房の『山の本』に記事の出ていた場所かしらと思いながら拝見しました。
見事な福寿草の群生地ですね。
麓の方々に守られ続けている「秘密の花園」。
行ってみたいけどあえて行かない、どこかにそんな場所があるのも素敵かも…ちょっと負け惜しみかな。
でも、インレッドさんのところで楽しませていただいたので満足です♪
pallet
2012/03/27 10:55
気になって気になって・・・。
道なき道では今の私には無理だとは思いますが
行ける自信ができたら行ってみたいと思います。
場所は、ネットの情報などからも
あの辺りかなと検討をつけたのですが・・・。
お手数ですが↓のページからメールいただけますか。
http://www.yama-nousagi.com/
よろしくお願い致します。m(_ _)m
nousagi
2012/03/27 17:58
とわ さん、今晩は。
ここは とわ さんの家からは東京を越えてこなければなりませんから、少々遠いかなー??。
どうしても行きたいようでしたら、「行きたいよー」とコメント下さい。
インレッド
2012/03/27 21:33
palletさん、今晩は。
「山の本」は時々立ち読みしていますが、載って居ましたか。
こんな風に、人知れず咲いている所が良いですね。麓の林業の方々も、今時はやりの観光の目玉にしないで、大事にしているようです。昔はこんな風景が何処の山にもあったのかも知れませんね。
行きたいようでしたらメールでも下さい。
インレッド
2012/03/27 21:39
nousagiさん、今晩は。
ここはnousagiさんならば、大丈夫ですよ。登山口が解り難いのと、1っ箇所だけ解りにくい所がありますが危険な所はありません。頑張って是非行って見て下さい。
インレッド
2012/03/27 21:43
やっぱりインレッドさんはすごいや
天然の福寿草の群生地があるんですね、うれしそうに写真を撮るインレッドさんの顔が見える様です、観光観光という世の中ですが、こういう場所があってもいいですよね。
夢創歩
2012/03/27 23:10
おはようございます。

訳あって昨日福寿草にあってきました。
道々師匠からインレッドさんガ登られたと聞いてうれしくなりました。
レポにもありましたが昔から秘密の花園として地元の人たちが守ってきた場所です。
オイラたちが初めて登ったときも道間違いをしてしまいたどり着けませんでした。
なつかしい思い出です。
keykun
2012/03/28 08:24
夢創歩 さん、お早うございます。
夢創歩さんの名前の通り、これも夢を探す山登りと思います。
殆ど諦めて居ただけに、群生地が見つかった時は、嬉しかったですよ。
今時観光地として宣伝しないで、密かに山奥に咲いているのが良いですね。
インレッド
2012/03/28 08:47
keykunさん、お早うございます。
そうですね、ここは登山口さえ解らなくてウロウロしていた方が二組も居ました。
この時期はそれでも 知る人ぞ知る 山のようで、結構多くの方が登っていました。この辺りでは林業くらいしか生計をたてるものが無いくらいに山奥ですから、山を大事にしているのが良く解りました。一見不親切なように見えますが、私は大変立派な行動だと感心しました。いつまでもこんな山奥でひっそりと咲いていて欲しいですね。
インレッド
2012/03/28 08:56
おはようございます。
インレッドさんの山歩きは、それそのものが物語りになっていて、見て面白いし、興味もそそられます。
鮮やかな黄色、フルウインドウで見ると一層引き立ちます。
甘納豆
2012/03/29 07:42
甘納豆 さん、今晩は。
相変わらずそちらは、週末は晴れて呉れませんね。今年はどうしちゃったのでしょうか???。
今回も そちらに行く予定でしたが、関東地方は晴れのようでしたので、こちらにしました。この村もこの福寿草を観光に宣伝すれば結構多くの登山者が来ると思いますが、そんな宣伝をいっさいせずに守って居るようで、今でも人知れずひっそりと咲いているのが大変ありがたいと思いました。昔の山にはこんな風景がイッパイ会ったのでしょうね。
インレッド
2012/03/29 18:52
知る人ぞ知る見事な福寿草の群生地を見つけましたね。
たどり着くのも大変だったと思います。
ピークを極めない山登りもいいですね。
ミニミニ放送局
2012/03/31 15:53
ミニミニさん、今晩は。
本当に、こんな風に人知れず咲いている群生地は
珍しいですね。大変貴重な所と思いましたので、
所在を載せませんでした。
いつまでもここでこんな風に咲いていて貰いたいと思います。
インレッド
2012/03/31 21:05
こんにちは。
「秘密の花園」、山の中に人知れず咲いているのですね。
何年かすると皆が登るようになるかもしれませんね。秘密にしておいて下さい。
それにしてもすばらしいです!
カスミッシモ
2012/04/02 16:34
カスミッシモさん、今晩は。
ここはかなり山奥ですが、こんな所にこれだけの大群生がひっそりと咲いているのは本当に珍しいと思います。いつまでもこんな所に人知れず咲いていて欲しいと思います。
インレッド
2012/04/02 21:27
素晴らしいですね。こんな自生地を見たことがありません。
見てみたいものですが、やはり守られてこその金の絨毯なのでしょう。
sanae
2012/04/04 23:58
sanaeさん、お早うございます。
ここは結構山奥なのですが、人知れずこんな風に咲いている福寿草の群生はなかなか良いものですね。これからもずーっとこんな風に咲いていて欲しいのですが、この時期は結構多くの登山者が見に来るようです。足の踏み場に困るくらいに咲いていて、踏み跡を残すのは自然破壊のような気分にもなりました。
インレッド
2012/04/05 07:04
asayanさん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/04/05 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
幻の福寿草群生地    2012/3/25日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる