インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴蘭・敦盛草・熊谷草咲く入笠山  2012/6/23日。

<<   作成日時 : 2012/06/24 14:44   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 50

山に登りたい理由はいくつかあります。素晴らしい景色を眺めたいから、美しい花々に出会いたいから そんな事が一番の理由と思います。今私が以前から山で出会いたいと思っていた花に、ホテイラン・カモメラン・敦盛草・熊谷草があります。ホテイランとカモメランは前回に計らずも出会えました。今回は残りのアツモリソウとクマガイソウを入笠山で探して見ようと思い出かけました。

                   今日出会ったアツモリソウ・キバナクマガイソウ
画像


スズランの咲くこの時期の入笠山は、一番観光客や登山者が多い時期で、湿原まで規制があり車で行く事が出来ません。この山に登るにはゴンドラに載って行くのが楽ですが、山ノボラーとしては何時もの様に、沢入の登山口から歩いて登りました。

                    登り始め
画像画像
















登山口からおよそ1時間くらいで萌黄色の溢れる入笠山の湿原に着きました。ゴンドラに乗って来た観光客も大勢歩いているようです。

                    入笠山の湿原
画像


まっ白いズミの花が咲く木道を歩いてから、スズランの群生地に行って見ようと思います。

画像


画像


画像


画像


周り一面のスズランの中は、ほのかに良い香りが漂い、歌でも歌いたいような気分になりました。

画像


画像


スズラン群生地の上にゴンドラの駅があります。駅の脇に「釜無ホテイアツモリソウ」の看板があり少し登って、周囲を鹿避けのフェンスに囲われた群生地があります。釜無ホテイアツモリソウはこの地方独特の花で、通常のアツモリソウに比べて色が濃い花です。元々この地に群生していたアツモリソウでしたが、皆盗掘されて、僅かに残った自生のアツモリソウを栽培して元に戻したようです。今は監視カメラに見守られて何とか元の場所で昔のように咲いています。

                    釜無ホテイアツモリソウ
画像


監視カメラに見守られた花を写真に撮るのは複雑な気持ちです。このアツモリソウは以前は近くの赤城山でも浅間近辺の山にでも沢山咲いていた花ですが。今は山では全く見る事の出来ない花になりました。

画像


アツモリソウは看板があり直ぐに解りましたが、次に入笠山に登り、今度は何処にあるのか、あまり解らないクマガイソウを探して見ようと思います。

                   クリンソウ咲く道
画像


画像


                   夏雲湧く登山道
画像


                   振り返って歩いて来た道
画像


山頂直下は少し急登になり、大勢の人がそれぞれに、八ヶ岳や中央アルプスや南アルプスを眺めて憩う山頂に着きました。

                    山頂より八ヶ岳方面
画像


                    山頂より中央アルプス方面
画像


                   今日は雲が掛りあまり展望の無い、南アルプス方面
画像


山頂はあまりに登山者が多く、山頂の碑も撮らず早々に、大阿原湿原に行く事にしました。

                   大阿原湿原の入口
画像


ここまで来ると登山者もかなり少なくなりました。以前はここにもスズランはあったと思いましたが、湿原もかなり干上がり、花も少なくなったような気がします。

画像


画像


此処まで来てまだクマガイソウは探す事が出来ませんでした。途中で出会った夫婦の方と木道のベンチに座り、そんな事を話したら。そのご夫婦はクマガイソウを見て来た と言うのです。場所を教えて戴き直ぐその場所に行きました。嬉しいかな!!、そこには少し黄色がかった美しいキバナクマガイソウが今を盛りに沢山咲いていました。

                    キバナクマガイソウ
画像


アツモリソウにクマガイソウはどちらも袋状の唇弁を持っています。その唇弁が武士が馬に乗る時に背中に背負った母衣(ホロ)に似ていた為その名が着きました。母衣は馬に乗って走ると大きく膨らみます、その膨らんだ母衣で背中を矢で射られても守る訳です。

画像


敦盛と熊谷直実と言えば平家物語の中でも有名なところです。一の谷の戦で逃げる平家の一門の中で一人だけ遅れて、海辺で待つ舟に向かって逃げる敦盛を。敵に後ろを向けるとは卑怯なり!! いさぎよく勝負をとげて武門の人たる事を示したまえ!! と怒鳴りました。

画像


敦盛は平家の時代はもう既に終わったと思い、観念して海辺に引き返し直実と勝負をします。直ぐに組み伏せられ、直実は鎧通しを引きぬき お覚悟を!! と組み伏せた武士の顔を見ると、まだ我が子と同じくらいのうら若き若武者でした。 それを見た直実は「公達助け参えらせん・・お名前は」と聞けば「熊谷直実と申すもの 我が名は 主人の九郎殿に聞け・・」として答えませんでした。敦盛も他の武士に殺されるより、剛直で名の通った直実に殺された方が良いと思ったようで「疾く斬れ・・・」と叱咤しました。

画像


止むなく敦盛を打った直実は敦盛の持っていた一貫の笛を持ち、僧侶になりました、後に蓮生となりあちこちにお寺を建て敦盛の供養をしたそうです。まさに祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり・・・です。

画像


前回もそして今回も山で素晴らしい人に出会い、そして絶滅危惧種の美しい花に出会い、やはり私には山はそんな「美しい心の旅」なのかも知れません。

画像


アツモリソウ・クマガイソウは今は、全く自生の花は見られなくなりました。従って
                    今回のキバナクマガイソウの場所は、教えません!! 


     山には何が あったかと

     街のあいつに聞かれたら

     何と答える ナアお前

     迷うことなど あるものか

     肩のザックにゃ 想い出が

     いっぱいあるだろ ナアお前
                       ・・・・ナアお前 より

   

BGM入りのスライドショー をこちらからお楽しみ下さい。
  




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(50件)

内 容 ニックネーム/日時
見たい花が見られてよかったですね。
貴重な花が少なくなっているのは寂しいですが
だからこそ見られた時の喜びは大きいですね。
nousagi
2012/06/24 17:20
nousagiさん、今晩は。
ホテイアツモリソウは見られると思っていましたが、クマガイソウは探せるかどうか不安でした。探せなくても、今回は良い雰囲気の山でしたので我慢は出来ると思っていました。ここは今までに4回ほど登っていますが、4回ともついでに登った山です。高遠の桜見物の帰りとか、守屋山の帰りに登ったりしていました。今回始めてここだけを目的に登って見ました。人が多いのが難ですが、花は沢山あって良い山でした。
インレッド
2012/06/24 19:00
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉何時も有難う御座います。
インレッド
2012/06/24 19:01
この2花は、色が美しいですね〜。
スズランのかわいさと美麗なツモリソウ・クガイソウが対照的でより鮮明に美しさが伝わってきました。
「ナアお前」もいいです!
本読みと山歩き
2012/06/24 19:30
こんばんは。やはり出会えましたね、たかちゃんも嬉しさに
酔っております。ワイン?・ビール?・お酒?・焼酎?で乾杯!!
インレッドさま願いが叶いましたね、おめでとうございます。
昨年の入笠山の風景が今日のように浮かんできます。
感動ありがとうございました。
たかちゃん
2012/06/24 20:15
インレッドさん、今晩は。
2週続きの絶滅危惧種の花探しの山旅、花だけでなくこころ温かくなる人との出会いおめでとうございます。
日帰りで見に行ける山にあるのはうれしいですね。来年の楽しみにしておきます。
てるてる坊主隊にもサプライズがありました。インレッドさんにコメントをくれているsanaeさん、 としちゃん御夫婦と平標山で出会い帰り道駐車場まで話をしながらご一緒させていただきました。
昨日は花より景色の方が素晴らしかったです。
てるてる坊主
2012/06/24 21:56
こんばんは
 次々と珍しい素敵な花を見つけてきますね。そしてあいに行きたくなる様に素敵に撮影してくれるので楽しみです。
 昨日、てるてる坊主さんと平標山に行ったら、頂上でsanaeさんご夫妻に、きずき、元橋登山口まで一緒に下山しました。
まきまき
2012/06/24 22:14
山で出会うお友達、たくさんいらっしゃって
素敵だなあと拝見させて頂きました。
何処に何のお花が咲いてるのかをよくご存知で
今年は会えるだろうかと胸を弾ませて山を登られる
姿は、感服です。
アツモリソウ、クマガイソウ、ともに合えて良かったですね(~~)
山頂でやはりノンアルコールのビール、頂いたのかしら^^
とわ
2012/06/24 22:39
こんばんは!

すずらんの香りの中で、インレッドさんはどんな歌を歌うのかな・・なんて考えちゃいました。

入笠湿原はとても楽しめますねー

見たいと思ってる花に会えたときは
嬉しさが隠しきれないくらいな気分でしょうね。

キバナクマガイソウって初めて知りました・。
クリンソウも見事!
milk
2012/06/24 22:53
インレッドさん、おはようございます。♪
入笠山は沢入の登山口からが良いですね。私も過去2回ほどこちらから登っています。(^○^)/
山で会いたい花、敦盛草・熊谷草、私もとっても逢いたいです。
その気持ちに花が応えてくれたでしょうか。
探し当てた目的達成の嬉しい時間が待っていましたね。(^^)/
クロちゃん
2012/06/25 05:46
お早うございます。
スズランで有名な入笠山、アツモリソウ、キバナクマガイソウ
に会えたんですね。羨ましい! 見て見たいです。
昨日は月山・雲上のお花畑・一面のハクサンイチゲなど見てき
ました。

2012/06/25 07:32
たかちゃん さん、お早うございます。
尾瀬も日光も天気が良かったようですね。
この時期に入笠山に登るのは始めてでした、いつも冬ばかりでした。今頃の入笠山は良い香りが漂いなかなか良いものでした。おまけにクマガイソウに出会えて本当に嬉しかったです。
インレッド
2012/06/25 08:41
てるてる坊主 さん、お早うございます。
平標は天気が良かったようですね。こちらは曇り空でした。
sanaeさんとトシちゃんに出会いましたか。あのお二人は神出鬼没ですからね。どこに現れるのか全く読めません。山登りでは顔に似ず相当のベテランです。以前はデカザックであちこちと行っていましたが最近は少し小さくなったようです。
インレッド
2012/06/25 08:46
まきまき さん、お早うございます。
平標に登れたのなら、もう足は大丈夫のようですね。
sanaeさんとトシちゃんに会いましたか。あのお二人は川崎から日本中の山へ出掛けています。以前はプロ顔負けの凄い登山をやっていた方達です。
インレッド
2012/06/25 08:49
とわ さん、お早うございます。
そうなんですよ、私のメモ帳には毎月見たい花の名がビッシリと書いてあります。特に5月〜7月は沢山書いてあり、迷います。
ノンアルコールのビールは勿論持って出かけました。今回はノリ塩のポテトチップを食べながら飲みました。夏になると塩分を摂らないと熱中症になりますから、塩分を摂るように気を付けています。こんな景色を眺めながら木陰で飲みましたが、そんな時が至福の時間です。
インレッド
2012/06/25 08:55
milkさん お早うございます。
もう東北からお帰りでしたか。なかなか良い旅のようでしたね。
先週と今回で今年一番楽しみにしていた花を全部クリアーしました。いずれも絶滅危惧種の花だけあって本当に美しい花々でした。この後もズーット咲き続けて貰いたい花です。
インレッド
2012/06/25 09:03
クロちゃん、お早うございます。
前回と今回で今年一番見たかった絶滅危惧種の花を見て来ました。絶滅寸前の花は山奥にヒッソリと咲いていてやはり美しい花ばかりでした。来年ぜひこの花達を探して見て下さい。感動ものですよ。
インレッド
2012/06/25 09:07
夢 さん、お早うございます。
月山でしたか、クロゆりは未だでしたか??。
森 敦さんの小説「月山」を読んで登って見て下さい。月山が月の山と何故呼ばれるのか・・・と言う文章から始まる小説ですが、また感動が違うと思います。
インレッド
2012/06/25 09:12
本読み さん、お早うございます。
前回と今回は今年一番見たかった絶滅危惧種の花を訪ねる山登りでした。どの花も深山にヒッソリと咲いていて。たまに訪れる人を和ませてくれました。どの花もこれからもズーット咲いていて欲しい花でした。

    返事の順番を間違い申し訳ありませんでした。
インレッド
2012/06/25 09:17
今日は、何時も休み明けは楽しみです。今度はどちらに出かけられたのかとブログを見ては感動しています。今回も花探しの旅でしたがどの花も実に綺麗ですね、ところでブログの最後にデジブックの入り口画面はどのように貼り付けるのですか?方法秘伝でなかった教えてください。
ロ−ラ−
2012/06/25 10:40
インレッドさん こんにちは(^_^)
22日にカモメランを探しに行って見つけられず帰りに入笠山のアツモリソウとキバナノアツモリソウに会いに行きました。
カモメランには会えませんでしたが富士見平小屋のご夫婦と話をして美味しい珈琲を飲み楽しい山歩きができました。
zen
2012/06/25 11:45
こんにちは!
綺麗なところですねぇ〜
インレッドさんの歌を聴きたくなるような素晴らしい景色です。
キバナクマガイソウは始めてみました。
アツモリソウやクマガイソウってそんなに珍しいものだったのですかぁ
極普通に見かける花でも自生は少なくなっているのですねぇ
私の好きなレンゲショウマも鹿の食害で激減しているとか・・・
園芸店などで話を聞くと、昔は山野草を束で採ってくる人が居たんだそうですねぇ 尤も、山の幸として生業にしていた方も居られたでしょうが・・・
これからは逆に繁殖させたものを植栽するくらいのゆとりも欲しいですねぇ

入笠山も花が無くとも楽しめそうな高地ですねぇ
いつか登ってみたくなりました〜!(目指せ山ノボラー!)
達磨の次男坊
2012/06/25 12:43
インレッドさん、こんにちは。
びっくりしました。入笠山は今回の選択肢の一つに入っていたのです。しかも行くなら23日にアツモリソウを見にいこうと思っていました。残念、残念です。
キバナクマガイソウも見つけられたなんてやはりインレッドさんは何かひきつけるものを持っておられるようですね。すごいですね〜。キバナクマガイソウはかつて櫛形山にも沢山あったようですが鹿に食べられたり盗掘やらで既に絶滅と聞きました。数年前に行った時一生懸命捜しながら歩いたのですが見つけられませんでした。
それから既にご存知のように、平標山でてるてる坊主さんとまきまきさんたちにお会いしました。楽しい方たちですね〜♪インレッドさんのことをお話していましたからくしゃみが出ませんでしたか?(^^ゞ
sanae
2012/06/25 15:31
こんにちは。
珍しい花を見せて戴きましてありがとうございます。
ご覧になりたい花に出会えて良かったです!!
それにしてもどちらとも不思議な姿をした花ですね!
みっちゃん
2012/06/25 17:44
ローラー さん、今晩は。
デジブックの画像の貼り方ですか、簡単です。今ローラーさんは「URLをコピー」する方法でやって居ると思いますが、それと同じ方法で、その下にある「ソースをコピー」するでコピーして、ブログの記事画面で貼り付けすれば良いのです。
インレッド
2012/06/25 20:04
zenさん、今晩は。
zenさんのブログのトップのキバナクマガイソウも良いですね。同じ所だったでしょうか??。カモメランには嫌われましたか。富士見平小屋のご主人に聞いて見れば良かったのに。小さい花なのでなかなか見付けにくい花です。また来年にでも探して見て下さい。
インレッド
2012/06/25 20:08
達磨の次男坊 さん、今晩は。
この花は人気の花だと思いますから、園芸店などでは良く見られると思いますが、自生の花はそれこそ日本中を探してもなかなか見つからない花になってしまいました。山に咲く花では最も絶滅寸前の花だと思います。
ここは沢入の登山口からでも2時間はかからないで山頂に着きます。湿原までは50分ほどで着きます。是非登って見て下さい。
インレッド
2012/06/25 20:14
sanaeさん、今晩は。
クシャミは良く出ました。さては・・・
sanaeさんこそクシャミは出ませんでしたか。るたん さんと一緒の時はsanaeさんとトシちゃんの話ばかりしていました。sanae隊は以前はデカザックで北アルプスを縦走して鼻をコスッたり、冬の尾瀬から平ヶ岳まで縦走と顔に似ず物凄い人達ですよ と言ったら、るたん さんも感心して居ましたよ。
インレッド
2012/06/25 20:21
みっちゃん さん、今晩は。
クマガイソウもアツモリソウも珍しい花でしょう!!。形も変わっていますね。そんなため人気の花で、咲いている場所が、今日解れば明日にはもう無くなっています。日本中探しても自生のものはなかなか見つからない花になってしまいました。そう言う訳で場所は明記しませんでした。
インレッド
2012/06/25 20:37
こんにちは。
アツモリソウもクマガイソウもとっても綺麗な花ですね。
出会えて良かったですね〜
入笠山は2回行きましたが、すずらんの季節ではなかったので
山頂貸切状態で八ヶ岳の展望を一人占めしてました。
すずらんの季節はこんなに賑わうのですね。
入笠湿原のすずらんも見てみたいので
混雑覚悟で今度この季節に歩いてみたいです。
アツモリソウとクマガイソウを見つけられる自信はないですが・・・
mikko
2012/06/25 22:45
インレッド様、こんばんは。入笠山でしたか。近いではないですか。
実は、入笠山はまだ登ったことがありません・・・。
それに自然のアツモリソウとクマガイソウも見たことはありません。
(確か山中湖の公営の公園の中で管理されているクマガイソウは見ましたが、もっと白かった気が・・・)
俄然、今週末の候補に入りました!
ちなみに昨日は、ツクモグサを見に行ってきました。
ホテイランはどうにか姿を確認。確実に遅かったです。
ウルップソウも咲き始め、イワウメやチョウノスケソウ、オヤマノエンドウ、ハクサンイチゲなど満喫し、現在は風邪気味です・・・。
るたん
2012/06/25 22:54
インレッドさんこんばんわ

どちらもおもしろい見たことがない花ですね〜 布袋の様な袋を持っているんですね、
葉がどちらもスズランの葉と同じような気がしますが・・・

外国から切り花がいっぱい来ますが、市場でも見たことが無いです。
先週のランも今週の袋花も見てみたい花ですね〜 

夢創歩
2012/06/25 22:59
mikkoさん、今晩は。
入笠山は私も主に冬に登って居ました。この時期に登るのは久し振りでした。ここはやはりスズランの時期が一番良い時期かも知れません。アツモリソウはゴンドラの山頂駅付近に咲いています。看板も建っていますので直ぐに解りますが、もう終盤です。スズランはまだ大丈夫ですから良い香りを求めてぜひ行って見て下さい。
インレッド
2012/06/26 19:18
るたん さん、今晩は。
今週ですか是非登って見て下さい。スズランの香りがなかなか良いですよ。
アツモリソウはゴンドラの山頂駅付近に咲いていて看板も建っていますので直ぐに解ります。まだ咲いていると良いのですが??。
クマガイソウは本当は白い色なのです、ここのはキバナクマガイソウですから黄色なんです。アツモリソウは赤色が普通なので、赤と白で源氏と平氏の色なのです。
風邪も山に行けば直りますよ!!。
インレッド
2012/06/26 19:25
夢創歩さん、今晩は。
本職の方が見た事の無いくらい、この花は珍しい花なのですね。昔は赤城あたりでも結構見掛けた花のようですが、今は全く見られない花になってしまいました。まだ赤城あたりの何処かの山にひっそりと咲いているかも知れません、探して見ませんか。
インレッド
2012/06/26 19:30
こんばんは
2週連続で珍しい花を有難う御座います!
すぐ飛んで見に行きたいところですが、園芸店で観賞するだけにしときます。
クマガイソウを今年一鉢購入して観察しましたが、新芽が出るところから咲き終えるまで・・・不思議な植物ですね!
いつまでも絶滅することなく咲き続けてほしいですね。
リッキー
2012/06/26 20:23
リッキーさん、お早ようございま。
前回の花と今回のアツモリソウ・クマガイソウが山で一番出会いたい花でした。今頃しか咲いて無い花でですので、ちょっと忙しかったですが、それぞれに出会えて大変嬉しかったです。そして花も素晴らしかったのですが、出会った人も素晴らしい人で山登りをやって居て良かったとつくづく思いました。
インレッド
2012/06/27 08:46
やまびこ さん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/06/27 08:47
山じい さん、お早うございます。
万太郎よかったですね。その内私も・・・

気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/06/27 08:48
こんにちは
入笠山のスズランは承知していましたがクマガイソウとアツモリソウは知りませんでした。
それにしてもいいお話・・・感動しました。
何時の日か入笠山に行くことがあったならインレッドさんのブログを思い出しながら二つの花を見たいものです。
keykun
2012/06/27 10:27
お帰りなさい♪
まだまだ山を始めたばかりで 無我夢中で登っているだけですね。
入笠山の湿原・・良い感じです。
知らないお花を教えていただいて ありがとうございます。。

日曜日に赤岳 中岳 阿弥陀岳 行ってきました。
南沢コースから上がりましたが 少し行った先に
ホテイランがわずかに 残っていました。
小さな 小さな お花ですね。。

インレッド さんは おだやかに見えて心は熱そうです(^.^)
まな
2012/06/27 17:58
keykunさん、今晩は。
湯の丸は結構楽しめたようですね。私は隣の角間山が好きな山です。
アツモリソウはゴンドラ駅付近に看板が建っていますから直ぐに解ります。クマガイソウも比較的簡単な所です。ぜひスズランの頃に登って見て下さい。のんびり楽しむのなら絶好の所です。
インレッド
2012/06/27 19:36
まな さん、今晩は。
もうホテイランを探しましたか、私は登山歴60年でやっと出会えた花です。
南沢から赤岳まで行ければ一人前です。次回はもう少し早く(5月末頃)同じコースを登れば、ホテイランとカモメランにも出会えると思います。来年の5月末頃また登って見て下さい。
インレッド
2012/06/27 19:41
こんばんは
『平家物語』がお好きだというインレッドさんらしいレポ、楽しく拝見しました。
入笠山、すずらんのころは混むかなあと敬遠していましたが、やっぱりすてきなんですね♪
pallet
2012/06/28 21:35
palletさん、お早うございます。
この時期は車は規制されて湿原まで行く事は出来ないのですが、ゴンドラに乗って来る方が次々といます。それでもゴンドラの方達は殆ど湿原までで帰るようで、湿原以外はそれほど混んでは居ません。ただ花は待ってくれませんので、この時期にしか、クマガイソウもアツモリソウも見れそうに無いので行って来ました。アツモリソウは檻の中で情緒がありませんが。クマガイソウは手の届く所に沢山あって、始めて見ましたので感動しました。
インレッド
2012/06/29 09:01
こんばんは。
入笠山はスズランだけではないのですね。花好きなら飛んでいきたくなります。クマガイソウもアツモリソウも、そしてクリンソウの群生、なんとすばらし山なのでしょう。スライドショー楽しく拝見しました。
カスミッシモ
2012/06/29 18:22
カスミッシモさん、今晩は。
この時期の入笠山はスズランの良い香りが漂い、穏やかな緑色に包まれて、なかなか良いですね。私も冬ばかり登って居て、久し振りにこの時期に登って見ました。前からアツモリソウがあると言う事は知って居ましたが、今回始めて見ることが出来ました。おまけにクマガイソウ迄見ることが出来て、楽しい登山が出来ました。そちらからもそれ程遠くは無いと思いますので、この時期に是非登って見て下さい。
インレッド
2012/06/29 20:44
おはようございます。
 遅くにお邪魔しました。今日は朝日連峰の以東岳の予定でしたが、天気悪く中止になりました。久しぶりにゆっくりとパソコンに向かっています。
 萌黄色が心地よい季節ですね、その中に散りばめたお花の数々、実にきれいです。そんなお花たちを追い求めるインレッドさんの気持ちが分かるような気がします。スライドショウの大画面も実に素晴らしい。日曜日の朝、静かに見せて戴きました。皆さんのコメントも素晴らしいですね。
甘納豆
2012/07/01 09:29
甘納豆さん、今晩は。
以東岳行きたいです。
ここは何度か登っていますが、何時もついでに登った山です。ここだけが目標で登るのは今回が初めてでした。人は多いですが、このスズランの咲く湿原は良い香りがして、なかなか良い所でした。おまけにクマガイソウにアツモリソウにも出会えて、嬉しかったです。
インレッド
2012/07/01 19:19
すばる さん、始めまして。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/07/01 19:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈴蘭・敦盛草・熊谷草咲く入笠山  2012/6/23日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる