インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 涼を求めて、万太郎本谷  2012/7/28日

<<   作成日時 : 2012/07/29 14:42   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 40

道路も街も熱風の吹く猛暑になって来ました。最近は暑くて仕事に身が入らず、早く沢に入って飛沫と遊び、泳いだり潜ったりして来たいと思う日が続いていました。そんな土曜日、早速あまり遠くは無い、新潟県湯沢町の万太郎本谷に行って来ました。この沢は3年ほど前にも一度登った事はありましたが、その日は午後から土砂降りの雨になり早々に沢を降りました。

                    登り始めの万太郎本谷
画像


この沢の入渓地は谷川の鋭峰 万太郎山の登山口 後策新道を少し先に行ったところから沢に入ります。最初からブナの林の沢になり、緑色の木々の葉を透き通して差し込む木漏れ日が、沢面を照らし、水と林のイオンをいっぱいに吸いながらの沢歩きになりました。

画像


画像


「清流」と言う言葉がありますが、こんな沢の事を言うのでしょうか。ここは岩が浸食されて、平たい岩畳のようになっています。流れる水は、当然透き通って居て、空の青さを写し、飲んで見ても美味しそうな深碧色をしています。

画像


                     イワダタミのようなナメた沢
画像


画像


画像


画像


この辺りでフライ フィッシングをやって居る釣り人に追いついてしまいました。私が先に歩いてしまえば、当然魚はその後は釣れません。申し訳ないので、少し後方でズーッとその釣りを眺めて居ました。その内に釣り人が「お先にどうぞ・・」と言って呉れるのを期待して待っていましたが、中々 お先に とは言ってくれません、30分程待たされた頃ようやく「待たせて申し訳ありませんでした。お先に行って下さい」と許可がおりました。「どのあたりまで釣りに行くのですか」と尋ねると「直ぐ上の滝の所まで・・」との事。「なるべくそこまでは沢の端っこを歩いて行きます」と答えて、先に行かせて戴きました。

                   その釣り人はここまでとの事、ここからは又自由に沢に入りました
画像


暫く歩いていると遠くに万太郎が見えて来ました。この沢を登り詰めると山頂に届きますが、日帰りでは無理です。

                  万太郎方面
画像


画像


今日も下界では猛暑日のようですが、こちらは涼しくて清涼感もイッパイの沢歩きになりました。

画像


画像


先に少し登り難い滝が、見えて来ました。ここは右を高巻して通過しました。

                    4m滝
画像


画像


                    上から見下ろして見ました  
画像
  

画像
    

前方に関越道の空気坑が見えて来ました。側を通ると車の通る音がゴーゴーと聞こえて来て、静かな沢には不似合いな音でした。前回はこの辺りで雨に降られ下山しましたが、今日はもう少し先まで行く事が出来そうです。

画像
 

空気坑を過ぎると沢音だけの静かな 沢になり水も谷も一層綺麗になって来ました。

画像


画像


                    後ろを振り返って
画像


今日は登り始めが10時頃でした、前方に一応今日の予定地のオキドキョウのトロ場が見えて来ました。ここは泳いで滝まで行き直登するか右を高巻して登ります。その上には一ノ滝 二ノ滝 三ノ滝と、この沢の核心部になりますが、そこまで行くと一泊しなければなりません。日帰りが信条の私は、今日は一応ここまで としました。  

                  オキドキョウ    
画像


この岩棚でノンアルコールのビールを飲み昼食にしました。食事中35歳くらいの夫婦の方が通り過ぎて行きましたが、「良い所で食事をしてますね」と羨ましそうでした。その方達はこの少し上の井戸小屋沢を1泊して登るそうですが、ここで上に行くのにかなり時間を費やしていました。食後はゴーグルを付けて泳ぎ潜り、たっぷりと遊びました。

                   オキドキョウのトロ
画像


泳いだり潜ったりしていたら、少し寒くなって来ましたので早々に下山することにしました。

                   オキドキョウの滝
画像


                   帰り道の沢
画像


画像


この辺りで濡れたついでに、またまたゴーグルを付けて、泳ぎました。水は透き通っているし、滝に打たれれば肩コリにも気持ちが良いし、気持ち良い沢遊びでした。

画像
 

悠久の時間が過ぎ、浸食されて角が無くなり、時には丸い甌穴になり、この沢は一体何年掛って流れているのでしょうか??。時間が経っても少しも丸くならない、角だらけの身には少しは見習わないと・・。

画像


日頃は下僕のように働く身分ですが、今日は一日王様のように楽しみました。もう直ぐその王としての一日が終わりになります。

画像


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
水の涼しさが伝わってきます。
こういった沢を歩くには
それ専用の靴が必要なんでしたっけ?
濡れた衣類は歩いているうちに乾いてしまうのでしょうか。
こんなところでバタバタと水浴びしているのを想像すると
万年少年のようですね。(笑)(^m^)
風邪はまだ咳が抜けません。
全くしつこい風邪です。
あ、でも、口開いて寝てませんから・・・。(笑)(-"-)
nousagi
2012/07/29 14:52
シキンカラマツが美しい・・と思って見ていたら、もうすぐに「沢」の記事にアップされていて、ビックリ。
万太郎本谷は長い沢なんですね。
子どもの頃から、沢が大好きでした。でも、沢登りはできないままでいます。そんなわけですから、「キャーッ!」「ワァーッ!」と、PCの前で独り言を言いながらため息をついて、羨ましさいっぱいで読ませていただきました。ありがとうございます!
岩で遊び、初めてのタカネビランジを見てきました。その可憐な姿は、私の”お気に入りの花”の仲間に入りました。
アイ
2012/07/29 15:48
清涼感一杯の夏の沢ですね。拝見して涼しさを分けていただきました。
P&G
2012/07/29 15:58
こんにちは。綺麗な水と岩何と美しいのでしょう。
お風呂に水入れて涼している人がいます。全く違いますね!!
小学生の頃毎日川で潜ったり流れに向かって泳いだり・・・。
子供たちと渓流でキャンプしたり懐かしい思い出です。

素晴らしい沢歩きなさっておられますね。楽しませて戴きました。
たかちゃん
2012/07/29 17:11
今日は、ブログに触発されて北軽井沢に涼を求めてシキンカラマツ探しに出かけてみました、山林をちょこっと歩いただけなので見つかるはずは無いのですが・・・
涼を求めて軽井沢はすごい混雑でした。気温が24度でした。久し振りの山歩きでしたが、気分転換には山がいいですね。沢歩きはまた気分爽快のようですね。
ローラー
2012/07/29 18:57
水に飛び込みたくなる暑さになりましたね。

28日は 谷川岳 西黒尾根⇒厳剛新道で上がってきました。
早くに上がり お昼過ぎには下山したので大丈夫でしたが
強い日差しに後から上がって来れる方の中には
体調の悪そうな方もいましたね。

まだ残る雪渓からの風にとっても助かりました。。

涼やかな 画像見せていただき ありがとうございました(^.^)


まな
2012/07/29 18:58
nousagiさん、今晩は。
まだ風邪が治りませんか、夏の風邪は治り難いですね。私はマスクをして寝るせいか。ここ数十年は風邪をひいたことがありません。是非お試しください。
沢歩きには沢靴(底にフェルトの貼ってある靴)があった方が滑らなくて便利です。服は濡れたままで帰りますが、着替えてから車に乗ります。まあ本当に涼し。くて夏は沢登りに限ります。是非やってみて下さい
インレッド
2012/07/29 19:17
アイさん、今晩は。
タカネビランジに会って来ましたか、密かに岩陰で咲く花はやはり美しいですね。南アルプスでも行かれましたか。
沢はちっとも難しくはありません、それなりのグレードの沢を楽しめば良い訳で、そんな良い沢が谷川近辺には沢山ありますから、本当に群馬は便利で良いですね。またこちらに引越して来ませんか。
インレッド
2012/07/29 19:21
P&Gさん、今晩は。
コマクサもまだ健在のようでしたね。
こんな暑い日は沢登りに限ります。涼しくて家に帰るのが嫌になってしまいます。
幸い群馬には近くて良い沢が沢山あります。一度試して見ませんか、夏は癖に」なりますよ。
インレッド
2012/07/29 19:28
たかちゃん さん、今晩は。
シキンカラマツは結構良く撮れています、中々の腕のようですよ。
白糸の滝も良かったようですね。
沢は夏は涼しくて最高です。一度試して見ませんか。癖になりますよ!!。
インレッド
2012/07/29 19:31
ローラーさん、今晩は。
少しは元気が戻って来たようで、何よりです。好きなことイッパイやって下さい。
この暑い日は沢は涼しくて最高ですよ。気分爽快になり、帰るのが嫌になってしまうくらいです。人もあまり居ないので自由に泳いだり潜ったりして遊んでいます。
インレッド
2012/07/29 19:36
まな さん、今晩は。
西黒尾根から登り巌剛新道下山でしたか、きつい所良くやりますね。
こちらはらくちんで、のんびりと涼しい一日でした。夏は沢に限りますよ、是非やって見て下さい。谷川近辺には易しい良い沢がイッパイあります。
 先日遅れ馳せながらメッセージ読ませていただきました。以前私も趣味人クラブに入っていたことがありましたが、こちらが忙しいので止めました。
インレッド
2012/07/29 19:41
こんばんは。
透き通った水と流れ、拝見して涼ませて戴いています。
子供の頃に返られたように楽しんで居られる姿が以前にブログでお姿を見ているので潜るのに狭いのではと思ったりしています?
みっちゃん
2012/07/29 20:04
白い花崗岩で、明るく開けた谷でいいですね〜。こちらでは鈴鹿の神崎川の上流がちょうどこんな感じです。僕も明日、沢に行く予定です。こう暑い日が続くと、家に居るだけで疲れちゃいますから(^^)。
やまや
2012/07/29 22:11
沢の水が綺麗ですね〜。
川の底は歩き難くはないのですか?
そんな素人の考えは無用でしょうね(~~)
大きな子供が無邪気に遊んでいるようです(笑)
とわ
2012/07/29 22:44
みっちゃん さん、お早うございます。
沢登りは夏には涼しくて、本当に気持ちが良いですよ。私の場合は初心者の単独ですから危険がイッパイあります。そんな訳で楽で簡単な所を選んで歩いています。幸いこちらにはそんな沢が沢山あって、楽しんでいます。
インレッド
2012/07/30 06:52
インレッドさん、おはようございます。♪
真夏の時期に沢はとっても気持ち良いですね。
これぞ、大人の水遊びと感じました。(=^0^=)/
緑の中に流れる清き水と戯れる時間は格別でしょう。(^^)/
クロちゃん
2012/07/30 06:52
やまや さん、お早うございます。
そちらにも行きたいのですが、何しろ暑くて行って帰って来るだけでも躊躇してしまいます。この夏の内には行きたいと思っていますが、これからは、孫たちがやって来ますので、何時行けるかは解りません。
インレッド
2012/07/30 06:55
とわ さん、お早うございます。
川の中は大きな石コロがゴロゴロしていますから、良く転びます。濡れても構わない格好をしていますから、転んでも大丈夫ですが、石コロが無い岩の平らなナメた所は歩くのは大変気持ちの良い所です。何万年もの流れで浸食され平らになった床をナメ床と言いますが、そんな所がズーット続いた所は歩くのが大変楽しく気持ちが良いものです。
インレッド
2012/07/30 07:02
クロちゃん、お早うございます。
もう釣りはすっかり止めてしまいましたか。勿体ないですから、また再開しませんか。釣りをやって居る方に3人ほど会いましたが、皆夢中で竿を出していました。それこそ真剣に楽しんでいましたよ!!。
インレッド
2012/07/30 07:05
おはようございます。
こう暑いと沢歩きしてみたくなります。
初歩的質問で恐縮ですが溺れることはないのでしょうか。
カスミッシモ
2012/07/30 09:46
こんにちは!

気持ちよさそうなところですねェ〜!
だけど独りじゃ怖そうなぁ・・・ オロクは出ませんでしたか?

綺麗な沢で私も憧れます。
私も王様気分を味わいたいところですが、まだまだ自然が恐くて思う存分楽しめていない有様です。

ところで、新潟の震災の前日に大日岳って???
その時期ではもう凍っていたでしょう? 沢山アイゼンの跡がありましたが、インレッドさんだったのですかぁ 
ふと、考えちゃいました。震災のあった時期を・・・

たしかぁ? 雨だけで入山禁止でしょう? 
危険極まりないことをしますねぇ
まさか、雨はダメだけれど氷と雪はOKなんて言わないでしょうね・・・(笑)
達磨の次男坊
2012/07/30 15:52
カスミッシモさん、今晩は。
殆どは背が立つ所ばかりですから溺れることは無いのですが、滝の直ぐ下あたりは深い釜になっています。距離は短いですから直登出来なければ戻れば良い訳で、あまり溺れたと言う事は聞きませんが。急に雨が多く降り急流なった所で溺れた話しは聞いたことがあります。
インレッド
2012/07/30 20:08
達磨の次男坊 さん、今晩は。
中越地震は2004/10/23日でしたので、まだ雪はありませんでした。その少し後に雪はちょっとだけ降ったようですが・・・。
前日の金曜日??に登ったのですが、土曜日だったら と今でもゾッとします。
ここはオロクの出そうな所ですが、今の所はそんな話は聞いて居ませんから大丈夫です。
インレッド
2012/07/30 20:30
天然のプールのようですね。
ナメた岩はさながら大理石のようですし
まさに王様の秘密の避暑地ですね。
mikko
2012/07/30 23:59
こんばんわ インレッドさん

谷川のイラスト地図をみました、土樽の先から入るようですね。
いかにも 涼しい企画で 今のこの暑さにピッタリです。

こんなところで泳げるなんて 贅沢ですねー
行ってみたい衝動に駆られそうですが インレッドさんのブログで我慢します。
いいなー 羨ましいです ありがとうございました。 
夢創歩
2012/07/31 00:10
mikkoさん お早うございます。
沢は夏は涼しくて気持ちが良いですよ。
この沢はナメた岩が本当に大理石のようです。そんな所を流れる水はやはり綺麗で、何処で飲んでも大丈夫のような水です。
インレッド
2012/07/31 08:48
夢創歩さん、お早うございます。
そうですここは土樽の直ぐ傍から入渓します。
綺麗な岩場とナメた川床は綺麗で水も澄んでいて、本当に気持ちが良い所です。
それ程危険な所はありませんから是非やって見て下さい。
インレッド
2012/07/31 08:52
つれづれ さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/07/31 19:46
けっこちゃーん さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/07/31 19:48
やまびこ さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/07/31 19:49
おはようございます。
涼しい沢のレポ、最良の清涼剤です。
沢の雰囲気が良く出ている写真の数々、これも単独の利点ですね。自分なぞは皆に追い立てられるためゆっくり写真を撮れません。オキドキョウで昼食良いですね。
>時間が経っても少しも丸くならない、角だらけの身には少しは見習わないと・・。何をおっしゃるのですか。
紫錦唐松は羽根つきの羽根のようで愛くるしい花ですね。
甘納豆
2012/08/01 10:06
こんにちは

涼しい沢歩きの便り・・・写真を見ただけ「涼感」が伝わってきます。
素晴らしい沢のレポですね。
この時期にこんな楽しい沢のぼりができるインレッドさんがうらやましいです。

それにしても関越道の空気抗・・・たしかに周りの景色とは不釣合いです。
信じられないです。
keykun
2012/08/01 17:37
甘納豆 さん、今晩は。
千畳のナメもよかったですね。あれよりももっと凄いナメの続く所があります。ちょっと遠いのですが、この夏の内に一度行って見ようと思っています。
ここも水が綺麗で良い沢です。一応新潟の沢ですから機会がありましたら、上まで登って見て下さい。
インレッド
2012/08/01 19:14
keykunさん、今晩は。
そうですね、折角の綺麗な水も空気も何か汚れてしまったような気分でした。トンネルを安全に通行するためには仕方が無いのかも知れませんが、本当に不似合いの施設です。渓流釣りまた始めて見ませんか、ここは釣りにも良さそうな沢です。
インレッド
2012/08/01 19:19
綺麗な渓谷ですね。
見ているだけでも清涼感いっぱいになります。
岩畳のような一枚岩がこんな所にあるなんて、夏の沢歩きは楽しいですね。
ミニミニ放送局
2012/08/01 19:59
ミニミニさん、今晩は。
ご無沙汰しています。
ミニミニさんのトップページの沢もなかなか美しい所ですね。
ここは土樽駅から1時間くらい歩いた所から登り始めます。
下が岩畳のような所ですから水も澄んでいて綺麗です。
ちょこっとでも歩いて見て下さい気持ちが良いですよ。
インレッド
2012/08/01 20:24
写真の綺麗さはいつもながら見ていても気持ちが良いですが、
今回は、
“日頃は下僕…、今日は一日王様…”に感じ入りました。
私も王様の気分を味わいたい。ものです。(笑)
本読みと山歩き
2012/08/03 05:56
山じい さん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/08/03 09:30
ほん読みさん、お早うございます。
画像は防水のコンデジで撮ったのでそれ程ではありません。防水のためレンズの前に薄い膜がコーティングされていますので。その分ハッキリとは写りませんが、まあ この位ならば仕方が無いと思っています。
ここは他県ですが近いのでゆっくりと登れますので沢をのんびり楽しむことが出来ます。
インレッド
2012/08/03 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
涼を求めて、万太郎本谷  2012/7/28日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる