インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 往く夏を惜しんで湯檜曽川本谷   2012/8/24日。

<<   作成日時 : 2012/08/25 15:01   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 48

毎日茹だるような暑い日々が続いていて、もう仕事はどうでも良いと思ってしまう日々です。こんな日は涼しい沢遊びが一番と思い、以前グランドキャニオンのような岸壁が両側から迫るゴルジュで途中敗退した、湯檜曽川本谷にもう一度挑戦して、その先の十字峡から抱返り沢の50m大ナメ滝を見て来ようと思います。

                   今日の谷川一の倉沢
画像


今は一の倉までの林道は車で入る事が出来ません。その為か夏の朝日がこぼれ落ちる静かな林道を1時間ほど歩いて出合いに着きます。幽ノ沢・芝倉沢と過ぎ、出合いから2時間近く歩いて武能沢付近から今日の沢登りは始まります。

                    

              この渓と

              夢うるわしく

              眠る君と

              とわに語らん

              山の明けくれ

              

             途中の遭難慰霊碑 谷川岳は世界中で一番遭難者の多い山です
画像


                 芝倉沢を過ぎたあたりより七ツ小屋山方面(あの山の近くまで今日は遡ります)
画像


今まで少し広かった川原が急に狭くなり、岸壁が一気に迫ってきた、魚止めの滝辺りから入渓しますが、切り立った岸壁は直登はちょっと怖いので、大きく高巻きして滝を越えて上に出ます。

                  魚止めの滝(帰りに撮影)
画像


                  高巻して来た狭いゴルジュ
画像


                  ゴルジュの上から
画像


                  これから遡る渓
画像


魚止めの滝を過ぎると、緩やかな登りの沢歩きになります。水は特に澄んだ色をしていて、日差しに反射した波紋が美しく輝くトロ場でした。こんな所を水に浸りながら歩くのが、沢歩きの一番楽しい時間です。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


                   奥に鉄砲尾根辺りの山が見えて来ました。
画像


画像


この深い渓谷に入り、狭い空を見上げれば、真っ青な空が深緑色の木々を照らしています、今頃が一番この沢の輝く頃かも知れません。世界中で広がる争いも、人間同士のイサカイもこんな所に居ると、全く他所の世界の出来ごとのように思えます。

                   美しい滝と水と山と
画像


画像


画像


もう夏も終わりに近く、秋も直ぐ傍まで来ていると言うのに、まだ大きな雪の塊が残っています。その涼しさを全身に受けて登りました。

                  まだ残る雪のブロック
画像


画像


画像


その雪のブロックを過ぎると、いよいよ狭い峡谷のミニ グランドキャニオンのようなゴルジュになりました。このゴルジュはП型になっています。最初は胸くらいまで潜りながら歩きましたが、次のゴルジュでは背丈を越す所もあり、泳ぎながら通過しました。泳いでと言ってもザックの中はビニール袋2枚に荷物を包んでいますので、ザックは浮輪変わりになり、案外潜りません。前回は水が多くここから先に進むことが出来ず、ここまでで帰った所です。

                    ミニ グランドキャニオン(通称ウナギ渕)
画像


画像


                   さらにゴルジュが続きます
画像


時々は泳ぎながら進むと、ゴルジュの先の十字峡あたりに雪のブロックがまた見えて来ました。いよいよこの谷の核心部に入ったようです。

画像


この雪のブロックを越すのは何度もトライしましたが中々越すことが出来ませんでした。何とか通過してこの直ぐ先にある「抱返りの滝」を見たいと思うのですが・・・。

画像


両岸は切り立ったi岩壁に阻まれ、通るべき沢は雪のブロックの下にあり、冷たい空気が霧になって吹きあがって来ます。下に潜ってしまえば出て来れません。その上の雪のブロックは大きいものは南極の雪のように硬いのですが、小さなものは踏めば崩れてしまいます。まだまだオロクにはなりたくないし・・・。

画像


そばで一瞬 ドスンと雪のブロックが崩れて沢に落ちました。清流が一気に細い木々や枯れた草々と泥の沢になりました。ピッケルを持って居れば固い雪に刺して登るのですが・・・と思いつつ固い雪にしがみつき何とか登ってしまいました。それでも帰る時を考えるとかなり不安です。

画像


雪のブロックを過ぎると、またまた美しいナメ床とナメ滝の登りになりました。さすがに谷川の湯檜曽川は美しくもあり怖くもあります。

画像


画像


画像


画像


画像


やっと抱返り沢のナメ滝が見えて来ました。50mもあるナメ滝です。その滝の下で涼みながら、滝と奥の七つ小屋山方面の山々を眺め、遅い食事にしました。

                   抱返り沢のナメ滝

画像


画像


画像


ここから先に鉄砲尾根の山頂付近が直ぐ傍に見えます。あの頂に登れば蓬峠への登山道があり、そこから下山する事も出来ますが、やはりピストンにしました。残置シュリングでもあれば探して、無ければザイルを何処かの岩か木に繋ぎあのブロックを降りて見ようと思います。

                   鉄砲尾根
画像


結局残置シュリングは無く、細い直径5cmくらいの木の根元2本にザイルを縛り降りました。最後の魚止めの滝は残置シュリングが3ヶ所あり、それを利用して高巻せずに楽に降りることが出来ました。

                   気の早い紅葉し始めた木
画像



   ♪♪ 谷川岳の麓に湯檜曽の流れ 

    
       オロクがとれる 

       一度お出でよ この一の倉に

       オアニアッハ オアニアッハ

       あるは 無い無いよ 無い無いよ・・・ オアニアッハより

何とかオロクにはならずに無事下山出来ました。降りて見れば涼しい空に、少し寂しそうな積乱雲が浮かび、雷も遠くで遠慮がちに鳴りはじめました。なんだか夏も終わりになって来たような気がしました。

画像




BGM付きの大画面スライドショーで是非涼んで下さい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(48件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。言葉も言えないくらいの風景で、素晴らしい
達人インレッドさまに巡り合えて最高の気分です。
Tの倉から少し歩いたのですが・・こんな素晴らしい
沢があるなんて、実現して良かったですね!!

夢実現致しました、四国剣山のキレンゲショウマ見て
きました。旬は過ぎていましたけれど十分美しい花でした。
植栽のレンゲショウマもリフトで一瞬見れて嬉しかったです。
たかちゃん
2012/08/25 17:54
インレッドさん、こんばんは。
ウナギ渕を通過するのは大変そうですね。満面の笑みを浮かべて、泳いで進む姿を想像していました。
>何とか登ってしまいました。それでも帰る時を考えるとかなり不安です。
お気持ち、よ〜く判ります!
丁○の頭を登った時、降りることを考えると不安がよぎって、テッペンで心からは喜べなかったですもの・・・。
アイ
2012/08/25 20:49
たかちゃん さん、今晩は。
キレンゲショウマ本当に綺麗ですね。今HP見させて戴きました。
宮尾登美子さんの小説「天涯の花」ぜひ読んで見て下さい。
谷川は山も良いですが、岩も沢も良い山です。紅葉も綺麗ですから、またぜひお越し下さい。
インレッド
2012/08/25 20:53
山じい さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/08/25 20:54
MORINOBUNAさん、今晩は。
レンゲショウマさすがに綺麗に撮れていますね。
気持ち玉有難うございました。
インレッド
2012/08/25 21:02
アイさん、今晩は。
ウナギ渕あたりは今回は案外楽に通過出来ました。一部背丈より深い所もありましたが、ザックが浮輪変わりになり、適当に手足を動かしていると前に進むことが出来て、それ程苦労はしませんでしたが、雪のブロックを越すのはかなり怖い思いをしました。越してからは、どうしても降りられなければ、上に行き蓬峠を経由して下山しようかとも考えました、途中に無人小屋は二つほどありますし、営業小屋も蓬峠には在りますからなんとか無事に帰れると思いましたが、結局ザイルにぶら下がり降りました
インレッド
2012/08/25 21:13
こんばんは。
空、緑、水もとても綺麗ですが、無事に帰られて良かったです!!
泳いで行くなんて考えた事もありませんでしたが、すごいですね!
氷の上も怖いながらも登られてびっくりです。
お陰さまで涼しくなりました。
みっちゃん
2012/08/25 21:34
こんばんは〜
こんなに暑いというのに雪のブロックがあるんですね。
毎回、ブログを見る度にハラハラして見ています(笑)
胸まで浸かりながら渡るなんて恐すぎます。
下山も考えながらですから、よく登られるなあと
驚くばかりです(~~)
とわ
2012/08/25 23:30
水の写真で、一緒に渓谷を泳いでいるようで、とっても涼しさをいただきました〜
最初の雪渓の写真が何かオブジェにデザインされたみたい・・と思いましたが、なんと、そんな怖い所ですか。(^_^.)
降りる時に使われたロープは、回収できるのですか?
この滝まで、何人の人が行けるのか・・と思うと貴重な写真を見せていただきました。
先の夏休みに谷川岳にロープウェーでと思っていたのですが、見たら雲だらけだったので、志賀高原方面にしたのでした。(*^^)v
つれづれ
2012/08/26 00:43
インレッドさん、おはようございます。♪
人を滅多に寄せ付けない自然の険しさの先に楽園と感じます。
雪渓はコンクリートブロックのようで怖いです。(^^ゞ
抱返りの滝は此処まで辿り着いた者にだけ与えられるご褒美と思います。(^^)/
すごいなぁ。
クロちゃん
2012/08/26 03:27
おはようございます。
夏休み中孫と一緒に一の倉沢まで歩いてきました。 その右下に流れる湯檜曽川、
その沢を上り詰めていく涼しさは画面から伝わってきます。 まだ雪が残っていて
危険の所もあるようです。 涼しさとスリルと素晴らしい山遊びですね。
ローラー
2012/08/26 05:56
沢登も、ミニグランドキャニオンや雪渓があると
ますますおもしろくなりあそうですね〜。危険度もすごく高くなりそうですが…。
特に雪のブロックは大迫力です! 横を通るだけで怖そうです。
もう夏も終わりですかね〜。 近夏はあまり歩けませんでした。
本読みと山歩き
2012/08/26 14:50
こんばんは
白毛門〜朝日〜蓬峠を通過して下山した時に、沢づたいに下山しようと思った事もありましたが、美しい場所ですがこのうえないような厳しい場所ですね!
ヒルが休眠に入った頃をねらって、谷川岳連峰に出かけたいものです。
リッキー
2012/08/26 19:01
みっちゃん さん、今晩は。
何時もコメント有難う御座います。
泳ぐと行ってもザックが浮輪のようになり沈みません、ただ手足をばたばた動かして居れば進みます。こんな暑いときに首まで潜って歩いていると涼しくて大変気持ちの良いものですが、あの雪のブロックを越えるのは怖かったです。終わって見ればそれも又達成感があって嬉しさが増します。
    本当にバカなことをやっていますね!!。
インレッド
2012/08/26 19:35
とわ さん、今晩は。・
本当にバカなことをやっていますね。
これが 私の宇宙 なのです。
そうですね、登るより降りる方が怖いのですが、登るときは使えなかった、ザイルが降りでは使えますので、なんとか降りることが出来ました。ザイルは結構高価なので、捨て縄も持って来ました。捨て縄は安いロープなので置いて来てもあまり悔しくはありません。
インレッド
2012/08/26 19:41
つれづれ さん、今晩は。
ザイルは結構高価なので、回収出来る時に使いますが、出来ない時の為に、捨て縄として、もう一つ安いロープを持っています。今回はその捨て縄を使いました。細い木2本にガッチリと縛って降りましたので回収は出来ません。
水に潜ったりして歩いていますので、衣服は濡れたままで、それが適当に涼しくて、一度首のあたりまで潜れば、次からはわざと濡れながら歩いています。
           気持ち良いですよ!!
インレッド
2012/08/26 19:51
クロちゃん、今晩は。
今度はこんな沢でテン泊如何でしょうか。
釣った魚を肴にイッパイなんて、こんな贅沢は無いと思うのですが、
ぜひやって見て下さい。上まで行かなくても下の湯檜曽川あたりでも面白いと思います。ちなみにこの日テントが川原に一つ在り、フライフィッシングをやって居る方が居ました。
インレッド
2012/08/26 19:56
ローラーさん、今晩は。
夏休みお孫さんと一の倉でしたか、私は孫と赤城の覚満渕あたりでした。
谷川は山良し谷良し沢も良しです。近場でアルプスの雰囲気も充分楽しむことが出来て本当に良い所が近くにあって幸せです。
インレッド
2012/08/26 20:01
本読み さん、今晩は。
二年ほど前にここに来た時は雪のブロックは一つも無かったのですが、今回はまだまだ沢山ありました。その分この冬は雪が多かったのでしょうか。
雪のブロックを登るときは本当に怖かったですよ。帰りはザイル(今回は捨て縄)があったので何とか降りられましたが、達成感はいっぱいありました。
インレッド
2012/08/26 20:06
リッキーさん、今晩は。
ヒルは本谷(谷川温泉方面)は沢山いますが。こちら一の倉方面は居ませんからご安心ください。いつでも大丈夫ですから、また是非お越しください。湯檜曽川は大変美しい沢ですが、怖い所もいっぱいあって、その分登り甲斐があります。
インレッド
2012/08/26 20:10
カスミッシモさん、今晩は。
気持ち玉有難う御座いました。
インレッド
2012/08/26 20:11
こんばんは!
いや〜、とても綺麗なところですねぇ
と、思ったら・・・ とても危険なところなんですね!
またまた今日も背筋まで凍りましたよ!

雪が残っているほどの場所なのですから、いくらウエットスーツを着ていると言えども冷たかったでしょう。
少しは膝を労ってあげて下さいネ。

私は結局、大弛でキャンプをし、国師ヶ岳・北奥千丈岳・朝日岳・金峰山と歩いてきました。寒かったですヨ〜!(笑)

達磨の次男坊
2012/08/26 20:50
抱返りの滝、いい感じですね〜。
でも簡単には行けませんから、見られる人も少ないでしょうね。
涼しい思いをするのも大変です。
ちょっと間違ったら、ほんとに冷たくなってしまう。(^_^;)
nousagi
2012/08/26 23:57
達磨の次男坊 さん、お早うございます。
北奥千丈も簡単に登れる割には展望が良いですね。
ウエットスーツなんて洒落たものは着ていませんよ。長袖のTシャツにジャージのズボンだけです。雪の真下は冷たいですが、それ以外は丁度良い冷たさです。前回の墓場尻は水が冷たく無くて、少し暖かなくらいで、やはり沢は少し冷たい方が気持ちが良いです。
インレッド
2012/08/27 08:54
nousagiさん、お早うございます。
ここは沢登りの人には結構人気の所です。今回も私の前に一人の人が居たのですが、最初の魚止めの滝で登れず、早々に下山して行きました。予備知識が無く知らないで登ると、そんな風になってしまいます。そこは丸い岩場が迫る所で手がかりは在りませんから、ずーっと手前から巻かないと登れない所なのです。抱返りの滝まで行くと七つ小屋山から蓬峠への稜線も近くになり、降りることが出来なければ稜線に登って登山道を歩いても返る事が出来ますが、多分夜になってしまうと思いピストンにしました。体温はまだ在るようですから、大丈夫のようです。
インレッド
2012/08/27 09:11
ナメがあったりゴルジュになったり淵が出てきたり変化に富んでいます。
水が綺麗、しかしこんなに暑くとも雪のブロックが残っているんですね、怖そう!人を入れ込むとスケール感がでますが相当大きいんでしょうね。
見ていて涼しくなりました。
ミニミニ放送局
2012/08/27 14:01
インレッド さんの沢遊びを これまで、いくつか見せていただきましたが
こんなにもスケールが大きいとは・・凄いです。

谷川の湯檜曽川。。
美しく・・雄々しいですね。



まな
2012/08/27 20:33
ミニミニさん、今晩は。
雪のブロックは大きいのは5mくらいあります。2年前もこの時期にこの近くまで来ましたが、その時は雪のブロックは小さいのがちょっと在っただけでした。こんなに在るとは私も予想外でした。怖かったですが、水は綺麗で涼しくて気持ちが良かったです。
インレッド
2012/08/27 21:00
まな さん、今晩は。
湯檜曽川は澄んでいて綺麗でしょう。今回行った 抱返りの滝 まで行くと、七ツ小屋山も近くになり、蓬峠も直ぐ傍です。
雪のブロックが無ければそれ程怖くは無いのですが。今回はちょっとこわかったです。自分でも良く無事で帰れたなー と思いました。
インレッド
2012/08/27 21:06
夏の終わりの湯檜曽川・・・空の色が秋に変わりつつあるように見えますね。
高巻きでも怖いような滝・・・ウナギ淵の泳ぎ・・・雪の塊・・・夏の冒険でしたね。
暑い一日絶好の沢歩き日和・・・拝見していて涼しさが伝わってきました。
keykun
2012/08/28 06:50
keykunさん、お早うございます。
入川渓谷もなかなか良い渓ですね。
ここはさすがに十字峡辺りまでいくと、深い渓谷にはいったと感じますが、空が少し見えますので安心です。夏の終わりの冒険は予想外の出来事でした。それでも終わって見れば達成感があり良かったと思っています。
インレッド
2012/08/28 08:47
沢登り、膝の方は大丈夫ですか。
拝見しているだけで涼をいただき爽やかな気分になりました。
これからも楽しませていただきに、このブログにログイン!します。
やまびこ
2012/08/28 10:44
インレッドさん こんにちはヽ(^0^)ノ

素晴らしい写真ありがとうございます。
湯檜曽川は水量が多いけど上流の方がそれほどでもなさそうですね、
沢登りの時は天気を重視するのでしょうが、雷が鳴ったらどうするんですか?

蓮峠の辺に出るんですか〜 すごいなー そのうち馬蹄形を1泊で回ってみたいと思ってますが、まだまだ躊躇してます。
夢創歩
2012/08/28 10:49
やまびこ さん、今晩は。
少し派手目のワンピースだなー と思ったらワンちゃんのでしたか。
膝は登りは大丈夫なのですが、降りにまだ少し不安があります。
沢登り なんてあまり縁がないと思いますが、見て戴き大変有難う御座います。
インレッド
2012/08/28 19:02
夢創歩 さん、今晩は。
沢は上に行けば行くほど、だんだんと細くなって来ます。最後は小さな小川くらいになり、やがて無くなって行きます。楽しんだ沢も細くなるに連れて、淋しくなります。藪の中に消える沢もあり、ゴーロの中に消える沢も、そして草原の中に少しずつ無くなって行く沢もあります。
雷は山でも沢でも避けようが在りません、なるべく低い所に逃げるより手段は無いと思います。
インレッド
2012/08/28 19:09
湯檜曽川を遡るとこんな険しい渓谷と美しい流れがあるのですね。
インレッドさんに出会わなければ、見ることは無かった景色です。
今年は大雪でしたが、まだ雪塊が残ってるなんて・・水もさぞ冷たいことでしょう。連日の猛暑に湯気が立ちそうな頭でしたが、この水を見ているだけでスッキリしました。(笑) 
けっこちゃーん
2012/08/28 21:38
ミニグランドキャニオン良いですね。うなぎの方が似合ってる気がしますが・・
ここは沢しか歩く道はないのですか?
歩いてみたところですが、沢歩きはしたことがありません。

それにしてもきれいな水ですね。
関西にも宮川というきれいな水の川があります。
今年はその川の流れの大杉谷へ行ってみたいとおもっています。
有名な大台ケ原から続く谷です。
さえ
2012/08/29 08:02
けっこちゃーん さん、お早うございます。
蔵王も良かったようですね。モンスターの頃に行きたいと思っていますが、遠くてなかなか・・・。
この渓をもう少し登れば清水峠になり、そちらに降りることが出来ますが、帰りは夜になってしまいそうなので、ピストンにしました。
インレッド
2012/08/29 09:14
さえ さん、お早うございます。
ここは一の倉から武能沢を越えて蓬峠あたりまで登山道はあります。蓬峠付近で新潟からや谷川からの道とも出合います。沢はその武能沢から登山道とはなれて、沢登りになります。
宮川・大杉谷と聞いたことはありますが未知の所です。
インレッド
2012/08/29 09:20
良い沢ですね〜♪なるほど白い岩の明るい沢で、僕のお気に入りの鈴鹿・神崎川に似ていますね(^^)。でも荒々しい沢ですね♪雪がこれだけあるところが、ここの規模を語ってますね。ここもいつかは行かねば(^0^)!
やまや
2012/08/30 03:48
やまや さん、お早うございます。
谷川は岩良し、山良し、沢良しです。入り口の土合橋の側にはテン場によい駐車場があります(無料)。電車で来ても土合駅が直ぐ傍ですから。一度是非お出かけ下さい。そばには東黒沢など他にも良い沢が沢山あります。
インレッド
2012/08/30 09:51
清兵衛さん、お早うございます。
いつも気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2012/08/30 09:52
お懐かしい谷川です。先日久しぶりに一杯呑みながら夫と山の話をしていました。
 彼も若いときはよく新宿発の最終であちこち歩いていたようです。ここ数年体力と気力の限界と言って登りませんが・・・。
私はこの夏は3枚ほど仕上げました。友人がいよいよギャラリーを開く計画なのです。9月は「淡路島」へ行ってきます。少々マニアックですが「日月神事」と「古事記」に再挑戦です。
  大熊座こぐま座見つけた 賢治の詩   魅
しまふくろう
2012/08/31 16:32
はじめまして
素晴らしい景色に 見とれてしまって
クチ アングリです..。
スライドのBGMも素晴らしいです♪♪
asakun
2012/08/31 20:36
視さん、今晩は。
ご主人は山をやって居ましたか。気力の限界>私より若いのですから
まだまだこれからですよ。
絵は先生も亡くなってしまい、全くご無沙汰しています。
インレッド
2012/09/01 19:55
asakunさん 今晩は。
始めまして。山登りが趣味なのですが、
暑い夏は沢登りばかりやっています。涼しくて
気持ちが良くて、沢登りは夏は本当に良い気持ちです。
インレッド
2012/09/01 19:58
今晩は!
インレッドさんの沢歩きと沢の写真は、ただ素晴らしいの一言です。
抱返り沢のナメ滝、もう少し水量があると一層美しく、迫力を増すのでしょうね。
甘納豆
2012/09/02 22:50
甘納豆 さん、お早うございます。
そうですね。前回来た時は水が多くてウナギ渕で敗退しましたが、あの時に抱返りの滝をまで行っていたら、きっと素晴らしい眺めだったと思いました。この反対の沢辺りを甘納豆さんは遡ったようですね。
インレッド
2012/09/03 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
往く夏を惜しんで湯檜曽川本谷   2012/8/24日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる