インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷爆の谷雲竜渓谷 2013/1/27日。

<<   作成日時 : 2013/01/28 18:04   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 54

土曜日はかなり寒くて、周り中の山々は皆、雪雲の中でした。翌日曜日も朝まで雪が降っていたようで、前橋から少し走ると、もう真っ白い雪道になりました。みどり市から足尾まではツルツルの雪道が続き、日足トンネルからはユックリ・ユックリと慎重に運転してやっと登山口に入りましたが、上から降りて来るタクシーの運転手さんが、上の方は渋滞で車が動けない状態と教えて呉れました。仕方がないのでかなり下の方に車を置いて歩き始めました。

    今日の雲竜渓谷
画像


    登山口あたりと登り始めの林道
画像画像
















ここは3年連続して登る事になりますが、相変わらず人気の場所のようで、今日も大勢の登山者が登って居るようです。今回は少し違ったコースで歩いて見ようと思い、稲荷川展望台の直ぐ先から沢に入って見ました。

    稲荷川展望台より赤薙山と左に女峰山
画像


踏み跡も幾つかあった為、この沢を詰めれば上流の洞門岩付近へ出られるだろうと、案外安易に考えて歩いていました。

    川原より女峰山方面
画像


画像


画像


遡るにつれて沢も狭くなり、堰堤が3ツ程ありました、どの堰堤も登るには両脇の雪の岩場や斜面を高巻しなければ登れず、ついに力尽きて諦め、このまま帰ろうかと思ったりしながら、元の林道に戻り往復2時間以上も無駄な時間を費やしてしまいました。

    雲竜渓谷の入り口付近
画像


    今年の雲竜渓谷の眺めをお楽しみ下さい
画像


画像


画像


画像


画像


画像


まるでファンタスチックな王宮の魔宮にでも入ったような気分でした。たまに氷柱が大きな音をたてて落ちて来る事もあり、串刺しにならないように気を付けて、その王宮の中に入りました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


    氷柱群と奥にこれから行く雲竜漠
画像


画像


ここから「友知らず」の急登を登り、雲竜漠の下まで行って見ようと思いますが、既に一度力尽きた足は、引き攣り始め、痛む足を引きずりながらやっと雲竜漠の下に着きました。

    雲竜漠(アイスクライミングの方が登っています)
画像


画像


もう既に登山者は皆帰ってしまい、テン泊のクライミングの方が3名ほどが居るだけの静かな谷になりました。魔宮の谷に別れを告げて帰る事にしました。

画像


画像


画像


    雲竜渓谷の出口(入り口)
画像


夕日が空を染め始めた雪の道を、時々鳴く鹿の声を聞きながら下山しました。

画像


足を引きずりながら辿る雪の道は果てしなく遠く感じました、遠くに日光の街の灯りも見え始め、空が余計に綺麗に見えて来ました。

画像


画像


画像


かなり下の方に車を置いたため、既に真っ暗になった道を、白い雪灯りとヘッデン頼りにやっと車に戻り今日の登山を終わりました。

画像








BGM付きの大画面スライドショーをお楽しみ下さい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(54件)

内 容 ニックネーム/日時
氷の透明感がなんともいえません。
それと迫力が凄いですね。
夕暮れ時の様子もとても素敵な写真ですね。
インレッドさんは写真の撮り方が上手ですね。
一度も行った事がありませんが楽しませて頂き、ありがとうございます。
chiaki
2013/01/28 18:22
やっぱり行かれましたね〜。
人気有るんですね。
車が止められないほど人が多くて。
行きたいと思っているのですがなかなか。
ブルーの氷が、神秘的です。
nousagi
2013/01/28 18:37
こんばんは。
登山口、雪で大変ですね。人気のスポットなんですね。
雲竜漠の翡翠色とでも云うのでしょうか。見とれてしまいます。
スライドショーでゆっくり楽しませて頂きました。
入力トラブル、2度目で入るかな。
カスミッシモ
2013/01/28 19:18
chiakiさん、今晩は。
ここはまだでしたか、林道歩きだけですから簡単です。0女史やお気楽2号さん達と是非お出かけ下さい。日光の神橋付近から林道に入ります。スリップが心配でしたら下の方に車を置いて登っても大丈夫です。トイレは稲荷川展望台と雲竜渓谷の入り口と2ヶ所あります。川原に降りないで林道を歩き、最後に雲竜渓谷の看板のある所を降りて行けば直ぐに着きます。なかなか良い景色ですよ。
インレッド
2013/01/28 19:49
nousagiさん、今晩は。
ここは日光駅からタクシーに乗って来る方も沢山います。途中から沢に降りなければ案外簡単に行く事が出来ます。ちょっと林道歩きが長いですが、トイレも途中に2ヶ所あります。ぜひお出かけ下さい。まだまだこれからが見頃です。
インレッド
2013/01/28 19:53
カスミッシモさん、今晩は。
何度もお手数をかけて申し訳ありません。
ここの氷柱の色は本当に美しいですね。東武電車で日光駅まで来て駅からタクシーで来る方もかなり沢山います。是非いちど眺めにお出かけ下さい、林道歩きで行けばちょっと長いですが、簡単に雲竜渓谷まで行く事が出来ます。
インレッド
2013/01/28 19:57
インレッドさん、今晩は。
雪道路に遠回りで、お疲れさまでした。昨日はかなりの人が入った様ですね。ここをいちど見たらほとんどの人がリピーターになり二度三度と行きたくなりますます混みますね。
氷も育ち見応えが有りますね、昨日は行けなくて残念でしたが31日が休みで天気も良さそうなので行くつもりです。単独かも・・・
スキーも仕上がりました、今度何処かへ。
てるてる坊主
2013/01/28 20:16
瓶覗 かめのぞき・・淡いあわい藍色・・そんな言葉を思い出しました。
自然が創り出した色。何度も何度も重ねた色。

思いのほか 長い時間になってしまったようですね。
寄り道も良し・・って事ではなかったかな。
お疲れ様でした♪

来月に行く予定になっていますが
どんな風に変わっているかな(^.^)
まな
2013/01/28 20:21
こんばんは。新雪が付き昨年と違った氷瀑を楽しませて戴きました。
コバルトブルーの美しさは感動です。今poniesが大きいパソコンを
使用しています。後でゆっくり楽しませて戴きますね。
足は如何ですか?心地良い疲労感ですね。ありがとうございました。
たかちゃん
2013/01/28 20:27
インレッドさん、こんばんは♪
エメラルドグリーンの素敵な氷の世界、これはまさに王宮の名にふさわしいです。(^○^)/
人気の秘密がわかるような気がします。
でも、真っ白な道は車の運転が怖そうです。
私も来年は冬装備の車にして、挑戦してみたいです。(^^)/
クロちゃん
2013/01/28 20:41
こんばんは!
毎年のことながら凄いですねぇ〜
インレッドさんも凄いのですが氷の宮殿も凄いですねぇ〜
この綺麗な画像が拝見できるということは、インレッドさんが串刺しにならなかったと理解して良いのですよねぇ(笑)
こんなに大きな氷柱が出来るということは寒さも相当なものと思います。
私も規模の小さな氷瀑を大久保の集落と下高原の集落の間で見てきました。それこそこの氷柱に比べたら水道水くらいの氷柱が数本立っているだけの可愛いものでした。
今回は一ノ岳に登れました。が、二ノ岳に登る前に雪が降ってきてしまったので下高原に速攻下山してしまいました。(またまた臆病達磨でした)

足は大丈夫だったでしょうか?
私は汗かきなので、しょっちゅう足を攣らせてしまいます。なので、最近では少し利口になったのか、登山前から少しずつ水分補給を開始しています。

いいなぁ 雲竜渓谷・・・
達磨の次男坊
2013/01/28 22:35
氷柱の透き通ったブルーが神秘的で美し過ぎます〜
怖いくらいに尖った氷は、突然落ちてくると串刺しですね。
これくらい危険な思いをしないと自然の造形美を実際に見ることは出来ないのでしょうね。スライドショー迫力がありました。
足の具合がよくないとの事なので、下山されるまで心配でした。
無事でよかった〜
やまびこ
2013/01/28 23:54
インレッドさん、おはようございます。
だいぶ氷も太ってきましたね。碧い氷柱が素晴らしいです。
土曜日に行く予定を組みました。
たぶん見頃を迎えたので、混むでしょうね。
石川@
2013/01/29 04:40
てるてる坊主 さん、お早うございます。
今回は前日あたりに雪が降ったようで、氷柱の上に雪が積り、ツララの色は昨年の方が良かったような気がします。洞門岩から沢に降りれば、案外簡単に行く事は出来ますが、雪の状態では行く事が出来なくなる場合もあり、結構そちらから行く人がいますが、時間は林道コースよりも掛ります。ここはやはり林道コースの方が楽で早いかも知れません。今回は昨年車を置いた所より20分くらい下の方に置いて登りました。尻ソリを持って帰りに滑って帰る方が結構大勢居ましたよ!!。
インレッド
2013/01/29 06:50
まな さん、お早うございます。
赤城も真っ白になったようですね、遭難した方もいたそうで・・・。
来月の始めころならば氷柱ももう少し大きくなるかも知れません、お楽しみ下さい。帰りは尻ソリで滑って帰る方が結構大勢居ましたよ。今回は皆さんが帰る頃に登ったのでそのソリの跡を踏みながら登りました。
本当に天然の美は美しいですね。
インレッド
2013/01/29 06:55
たかちゃん さん、お早うございます。
大きなパソコンで是非覗いて見てください、なかなか天然の美は良い色でした。
機会がありましたら是非登って見て下さい。無理せず林道を歩いて登れば、案外楽に行く事が出来ます。
インレッド
2013/01/29 06:58
クロちゃん お早うございます。
そうですね、ここは是非会の皆さんを連れて登って見てください。沢に降りずにズーット2時間半ほど林道を歩けば(つづらおりの登りもありますが)楽に雲竜渓谷の入り口に着きます。その降り口からは10分ほどで氷柱群のある場所に着きます。トイレは途中に2ヶ所ほどあります。
インレッド
2013/01/29 07:05
達磨の次男坊 さん、お早うございます。
鹿岳にリベンジして来ましたか、寒かったでしょう。
鹿岳は西上州では人気の山です、次回はヤシオツツジの頃に登って見て下さい。
ここは沢に降りなければ、林道歩きが長いだけで、達磨の次男坊さんでも楽に行く事が出来ます。アイゼンとストック(出来れば2本)があれば行く事が出来ますから是非眺めに行って下さい。
インレッド
2013/01/29 07:11
石川@ さん、お早うございます。
土曜日ではかなり混むと思いますが道路脇に置く所は結構ありますから、下の方に置いて登っても大丈夫です。駅から歩いて登る方も居るくらいですから。アイゼンとストックが(できれば2本あれば万全です、洞門岩から(看板があります)沢に降りる方も結構いますが、ここは林道歩きの方が楽で早く着きます。つづら折りの林道が降るようになると雲竜渓谷の入り口も近くになります、看板がありますから迷わないと思いますがそこからは10分も沢を歩けば氷柱群の処につきます。
  お楽しみ下さい。 先日コメント入れました。
インレッド
2013/01/29 07:30
やまびこ さん、お早うございます。
そうですね、自然の造形美は素晴らしいですね。
今回は飲まず喰わずで氷柱群のある所まで行ってしまったので足が攣れてしまいました。時々はあるのですが、帰りは林道歩きですので迷わないと思い、ヘッドランオプを点けてゆっくりと歩いて帰りました。
インレッド
2013/01/29 07:35
何とも言えないエメラルドグリーンの氷柱ですね。
凍っていない時の滝がどんなものなのか・・・なんて想像してしまいます。
はるか彼方の地の景色に思いを寄せています。
インレッドさんが歩かれた地をほんの少しでも歩いてみたいです。
さえ
2013/01/29 10:10
インレッドさん こんにちは
お疲れ様でした、足の方お見舞いします。
素晴らしい劇場を今年も有難うございます、青さがすごいですねー。
今年もいい感じの氷柱になったようですね、インレッドさんのカメラワークで一層迫力が有ります。私も行く予定ですが、今週週末は母ちゃん孝行で何処か行くつもりです。
出来れば土日を避けたほうがいいみたいですね。
夢創歩
2013/01/29 16:18
さえ さん、今晩は。
そうですね、ここの谷はこの冬以外は入った事が無くその内氷の無い頃に入って見たいと思います。
ここは日光の東照宮のすぐそばからその奥に入ります。機会がありましたら是非眺めにお出かけ下さい。食べ物は日光では 湯葉が名物です。
インレッド
2013/01/29 19:39
夢創歩さん、今晩は。
今回はあまりに人が多いので、あの稲荷川展望台の直ぐ先から川に入って見ましたが、そちらからでは行く事が出来ませんでした。ここはやはり林道歩きが一番楽で早いようです。これからが本番ですから、ゆっくりとお出かけ下さい。
インレッド
2013/01/29 19:42
自然の作り出す見事な造形! 氷爆。
人間では決して作り出せない宮殿ですね。
引き攣った足は大丈夫ですか?
けっこちゃーん
2013/01/29 19:45
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/01/29 19:45
寝太郎 さん、今晩は。
思わず笑ってしまいました。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/01/29 19:49
ハンスさん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/01/29 19:50
peroさん、今晩は。
いつも気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/01/29 19:51
けっこちゃーん さん、今晩は。
山頭火 良いですね、  分け入っても 分け入っても山
何処まで分け入ったら幸せが待っているのでしょうか???。
天然の美は本当に良い色です。また是非山に分け入って下さい。
インレッド
2013/01/29 19:57
こんばんは
インレッドさんが毎年氷の王宮まで歩いて下さるから、居ながらにして素晴しい自然を堪能出来ますが、寒い中なので大変でしたね。(感謝)
毎年、違う顔を見せてくれる氷柱は、多くの人々を魅了し、引き寄せる力を持っている正しく魔宮のようですね。
リッキー
2013/01/29 21:08
インレッドさん、こんばんは。
先日 朝日新聞に写真が載っていましたね。
昨年のインレッドさんの記事を拝見して
今年はうちでも出かけようかと話していました。
あの見事な氷柱と綺麗な色を見たいです。(^^)
はなねこ
2013/01/29 22:28
こんばんは。
昨年も拝見して驚きましたが、この度はもっとすごいです!!!
流れがそのまま凍って、ブルーの色もとても綺麗です。
中に入られたら別世界でしょうね。
鹿の声も聴こえて、帰りの風景を見ながら、しんどいけれど満たされたお気持ちでは?
みっちゃん
2013/01/30 00:00
リッキー さん、お早うございます。
そうですね、ここは一度見てしまうと、皆さん必ずリピーターになるようです。大変混むので、何とか違うコースからなんて考えたら大間違いでした。最初からおとなしく林道を歩いて行けば苦労せずに行けたのに、それでも遅く行ったためすっかり静かになった谷を堪能出来ました。
前回のリッキーさんへのコメントで浦浜を裏浜と間違えました、訂正します。
インレッド
2013/01/30 06:54
はなねこ さん、お早うございます。
そうでしたか新聞に載ったのですか、道理で混んで居ると思いました。
これからが本番ですから、ぜひお楽しみ下さい。林道を雲竜渓谷の入り口まで歩いて行けば直ぐに着きます。トイレは途中に2ヶ所あります。ゆっくり楽しむには平日が良いのですが、休日ならば日光駅からタクシーで登山口まで来るのが良いかも知れません。登山口まで車ですと4輪駆動車ならば問題はありませんが、2輪駆動では苦労するかも知れません。アイゼンとできれば2本ストックがあったほうが沢を渡るのに良いかも知れません。
インレッド
2013/01/30 07:03
みっちゃん さん、お早うございます。
そうですね、この自然が創った色は本当に美しいですね。この景色を一度見てしまうと、毎年見に来たくなるようで、この時期はかなり混みます。今回は遅く着いたため静かな谷を楽しむ事が出来ました。
インレッド
2013/01/30 07:06
山じい さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/01/30 07:09
明日の予定が無くなりましたので、てるてる坊主さんと戸神山の山友四人で、明日登ってきます。この様に素晴しい写真を狙っていきたいと思います。
まきまき
2013/01/30 14:09
魔宮の谷ですか、とにかく素晴らしいです。
コバルトブルーの氷柱、自分の眼でも是非見たいものです。
27日は、借り物の山スキーで東谷山に出かけましたが、降り続く雪に圧倒されて、すごすごと引き返してきました。
甘納豆
2013/01/30 14:18
まきまき さん、今晩は。
明日はかなり良い天気のようですから、
素晴らしい眺めになると思います。
気を付けて行って来て下さい。
インレッド
2013/01/30 19:14
甘納豆 さん、今晩は。
東谷山はなかなか素晴らしい展望の所です、その近くの山に私も行きたいと思っているのですが、なかなか天候がうまく合いません。山スキーでは木が多いのでちょっと大変かも知れませんね。
ここも是非登って見て下さい、素晴らしい所でリピーターが多いのが良く解ります。
インレッド
2013/01/30 19:19
こんにちは
このところ桜草の植え替えでご無沙汰ですみません。
いつもながら素晴らしい写真ですね。
インレッドさんですら足が攣るほどの雲竜渓谷・・・滅多に見ることができない写真に感動しています。
雪道に弱いオイラには到底行くことの出来ない渓谷の写真。
インレッドさんに感謝です。
keykun
2013/01/31 10:14
keykunさん 今晩は。
植え替えお疲れ様です。
今回は人があまりに多いので途中から沢筋に入りました、その為苦労してしまいましたが、本来の道を歩いて行けば90%は林道歩きですから、大丈夫ですよ まだまだこれからが本番ですから、是非会の皆さんと行って見て下さい。
インレッド
2013/01/31 19:28
今日は、又どん尻のコメントになりましたが実は昨日雲竜渓谷に行ってきました。偶然にもまきまきさんのチームにばったり出会って一緒に連れて行っていただきました。インレッドさんのブログに触発されて天気がよさそうなのでいってきたしだいです。素晴らしい氷の芸術を充分に堪能してきました。有り難うございました。











ローラー
2013/02/01 10:19
ローラーさん、今晩は。
前回も今回もコメントが入りませんでしたので、病が治ったとは言え、悩んで居るのかなー と心配して夢にまで見てしまいました。お互いこの歳になれば、もうあまりこの世に悔いは無いと思います。どんな風になろうと、最期まで普段と同じようにタンタンと生活して行ければ・・・、それが私の終末の生き方と思っています。
インレッド
2013/02/01 19:23
こんばんは、雲竜渓谷素晴らしいですね。
昨年の記事も読み返してしまいました。その後、他の方のレポも見てみましたが、インレッドさんのおっしゃるように林道をそのまま行けば私でも行けそうな気になってきました。朝早く出れば、電車で行っても日帰りができそうです♪ 
問題は、私の右足です。立ちあがるときに手で支えないとちょっと痛いのです。歩きだせば何とかなるのですが、下りが…帰りの林道はヒップソリなるものである程度の距離をちゃ〜っと滑り下りられるということでしょうか?
ぜひ行ってみたいなあと思いますが(^^ゞ。
pallet
2013/02/01 19:51
palletさん、お早うございます。
ここは殆ど90パーセント林道歩きです。雲竜渓谷の少し手前は九十九折の急な坂にになりますが、殆ど問題は無いかと思います。帰りはヒップソリでもあまり滑らないと思います。この日も沢山の方が持って居ましたが。見ているとあまり滑らず、帰って荷物になってしまうようです。林道歩きですから暗くなっても迷いません。登山口までタクシーにでも来て貰えばゆっくりと楽に行く事が出来ると思います。ダブルストックの方が沢を渡るのに便利です。膝は私もクッションが擦れてしまい内側に膝をよじると下の骨と上の骨が当たるようで痛みます。帰り道だけ膝用サポーターを付けて歩いて見たら如何でしょうか。なるべく寒い日の方が氷が解けなくて綺麗だと思います。是非楽しんで来て下さい。
インレッド
2013/02/02 09:16
雲竜渓谷の氷曝はNHKでもやっていましたがこんな山奥で渋滞するなんて最近特に人気が高まっているようですね。
でもやはり美しいですね。青い氷がなんともいえない色です。
いい写真を見せていただきました。
ミニミニ放送局
2013/02/02 10:55
ミニミニさん、今晩は。
NHKでも放映されていましたか、先日朝日新聞にも載ったようです。混む訳ですね。1/31日の平日でも混んでいたようです。ここは道路は狭くてしかも雪で凍結しています、皆さん登山口に近い所まで車で行きたい為 途中で混んでしまいます。タクシーはお客を下ろしたら戻って来る訳ですが、すれ違えない為、なかなか戻る事が出来ないようです。この景色ですからリピーターも多いので一層混みます。
インレッド
2013/02/02 16:58
3年連続でインレッドさんを行かしめるとは…この氷瀑は一見の価値があります!
凍てつく寒さがないとここまでは成長しないのでしょうね。
アプローチの道を変えて2時間もさまよう…これまたインレッドさんのチェレンジ精神溢るる行動で、1時間で撤退しそうな私は見習わねばならない。
夕日の帰り道、これもまた大好きな道です。
本読みと山歩き
2013/02/03 07:49
本読み さん、今晩は。
ここは知らなかったのですが、新聞にも出てNHkでも放映されたようです。道理で混むと思いました。あまりに混むので下の沢から入りましたが、堰堤が邪魔で行く事が出来ませんでした。結局遅くに雲竜渓谷に入った為、登山者は殆ど帰った後で、静かな景色を楽しむ事が出来ました。
インレッド
2013/02/03 19:34
やまや さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/02/06 20:01
写真ステキですね。
他の方のHPにはトイレがないという記載が多かったのですが、閉まっている時期などあるのでしょうか。トイレがない場合、特に女性の方はみなさんはどうされているのでしょうか?
ももこ
2015/02/01 22:45
ももこ さん、今晩は。
ここに行くには林道をおよそ2時間ほど歩きますが、1時間くらい歩いた稲荷川展望台の処にトイレはあったような気がしますが、さらに1時間ほど林道を歩くと、雲竜渓谷へ降りる所があります。そこにはトイレはありますよ。通常トイレが無い場合は木に隠れてか岩に隠れて用を足すより仕方が無いですね。今頃は丁度見頃と思いますので是非見て来て下さい。渓谷に降りると川を何度か渡りますが、狭い川幅ですから問題なく渡れます。ストックを左右2本持って居ると良いかも知れません。氷柱群の所から、友知らずの急登を越えて20分ほどで更に奥の雲竜爆に着きます。
インレッド
2015/02/02 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
氷爆の谷雲竜渓谷 2013/1/27日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる