インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本200名山の白砂山からそのちょっと先まで。 2013/5/18日

<<   作成日時 : 2013/05/19 16:02   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 47

群馬・新潟・長野県の境に2000m級の山々が聳えて居ます。その上部には上ノ倉山2107m・忠次郎山2084m・上ノ間山2033mと、2000m級の山々が連なっていて、其の奥に今回登った白砂山2138mが聳えて居ます。その山域では白砂山・佐武流山以外は、かなりの藪山でいまだ登った事がありません。今回まだ雪が残って居れば、白砂山から下の方に聳える上ノ間山に行く事が出来そうな気がして、何時ものように行ける所まで行って見ようと思い出かけました。

     今日の白砂山
画像


     野反湖畔の登山口
画像


まずハンノキ沢を渡り、明るい木々の下を、遠くの山々を眺めながら歩きます。

     ハンノキ沢
画像


     歩き始めの頃
画像


画像


ウグイスが鳴きカッコウの声を聞きながら長閑な道を歩きます。

画像


この道は古くからの峠道です、日本でも有数の豪雪地帯の秋山郷へと続く道には、古いお地蔵さんも祀られていて、昔から此処を通る人を眺めて居ました。

     秋山郷の切明への分岐地蔵峠
画像


画像


地蔵峠を越えてシラビソ尾根に入ると、さすがに深い雪の道になりました。登山道は雪の下で解らず、GPS頼りに登りましたが、鬱蒼としたシラビソと谷に入れば電波も届かないだろうと思い、帰りに少し不安がありますので、赤テープを付けながらの登りになりました。

     シラビソ尾根
画像


画像


画像


     途中より見えた岩菅山方面
画像


何度か迷いながらも、カシミールでルートを作ったGPSの画面を見ながら、何とか堂岩山に着きました。

     堂岩山山頂
画像


此処までは鬱蒼としたシラビソの中の登りで、雪もまだ沢山ありましたが、これからは明るい尾根歩きで、雪もあまり付いて無いようです。

     これから登る白砂山方面
画像


今日は少し暑くなると言う天気予報でしたが、草原のような尾根歩きは、下の方から涼しい風が吹いて来て、暑くも無く、秋のような乾いた風が吹いていて、気持ちの良い尾根歩きでした。ここから白砂山迄はもう直ぐですが、まだまだ猟師の頭や金沢レリーフのある頭などを登らなければ山頂には届きません。

画像


     隣の八十三山と奥に佐武流山
画像


      左に佐武流山と真ん中付近に白い苗場山がチョコット
画像


     いつかは登って見たい八十三山とその左に鳥甲山
画像


     登って来た尾根と奥に八間山方面
画像


     猟師の頭手前
画像


      猟師の頭
画像


      振り返って歩いて来た尾根(一番奥に草津白根、その手前が登って来た堂岩山)
画像


       山頂直前
画像


今頃この山に登るの人はあまり居ません、今日も一人だけの山頂に着きました。今日はシラビソ尾根で案外手こずり、5時間近くも掛ってしまいました。

      白砂山山頂
画像


食事後、さらにこの奥の上ノ間山に向かって歩きましたが、雪は殆ど載って居ず、ハイマツや笹やシャクナゲの苦しい藪漕ぎになりました。これから向う最初のピークを左に降りて尾根に取り付けば、佐武流山への尾根歩きになりますが、今日はさらに真っ直ぐに行きます。

      これから向う尾根、真ん中付近の山が目標の上ノ間山
画像


     途中より佐武流への稜線、左に佐武流山右に苗場山方面
画像


     鳥甲山と佐武流山
画像


     岩菅山方面
画像


雪のある所は雪を拾い登り、雪の無い所はなるべく笹を掴みながら尾根の斜面を歩きましたが、二つ目のピーク2078m付近で濃い藪になり、時間も午後2時を過ぎてしまいました。上ノ間山も少し近くに見えるようになりましたが、今日は此処までで下山する事にしました。

    藪の中
画像


     近くになった上ノ間山
画像


雪の堂岩山からシラビソ尾根を降るのは不明瞭な道でかなり手こずります、おまけにGPSも電池切れの為使えなくなってしまいました。朝付けながら登った赤テープがかなり頼りになりました。そのテープを探し探し降りて、地蔵峠・ハンノキ沢と駆け降りるようにして、ヘッドランプは使わずに、何とか明るい内に登山口に着く事が出来ました。普通ならば足が攣って来るのですが、今日はコマメにポカリを飲んでいた為か攣らずに下山出来ました。

     下山は走るようにして降りたため写真はありません、堂岩手前で撮ったこの画像が最後の画像でした。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(47件)

内 容 ニックネーム/日時
この時季の白砂山も また良いのですね♪
歩いてきた道が見える尾根歩きは贅沢です。。
残雪からの爽やかな風に漂うインレッドさんを想像しています(^.^)

まな
2013/05/19 16:45
インレッドさん、残雪が白い!これって人があんまり入って無いからかしら?
地図をみなくても、少し地理的にわかる場所ですね。
食べ物に弱いので、野反湖の近くで美味しいお蕎麦とマイタケのてんぷらを食べたのを覚えています。秋山郷から鳥甲山眺めました。
岩菅は大好きな山です。多分10回以上は登っています。
さえ
2013/05/19 17:07
普通なら白砂山までで、十二分に満足な山行に想えますが・・・
その先へ行こうといエネルギーは一体どこから湧いてくるのか、それも藪山。
登山口といい、山頂の表示といいなかなか立派です。
夏はきっとたくさんの人が訪れるんでしょうね。2000m級の山山が近くにあるというのは本当にうらやましい。
本読みと山歩き
2013/05/19 17:11
インレッドさん、こんばんは♪
白砂山に辿る道はまだ雪が深いんですね〜。
その分、素晴らしい景色が待っていたと感じます。
以前、夏の時期に熊の気配を気にしながら登ったことがあります。
また行きたい山のひとつです。
そろそろ水分の量を気にする季節となりましたね。
私も夏は水分不足で足が悲鳴を上げることが良くあります。(^^)/
クロちゃん
2013/05/19 19:26
この時期の白砂山、いいですね。
ソロでこの時期に入れるってさすがです。
昨日は仕事だったので、私は近場の黒斑山に登りました。
100人位登っていて、いつも人が多いのにはビックリします。
北アも見えたし、富士山も見えて良かったです。
chiaki
2013/05/19 19:31
まな さん、今晩は。
今頃の白砂山はなかなか良いのですが、堂岩山あたりの下の方は、雪が多くて道がかなり解り難いところです。以前に登った時もかなり迷いながら登りましたので、今回はそんな風にならないように注意して登りました。
白砂から先に佐武流や上ノ間山も雪があれば案外楽に登れそうですが、やはりロングコースなので疲れます。来年は下の稲包山の方から残雪を利用して登って見ようと思っています。
インレッド
2013/05/19 19:34
さえ さん、今晩は。
岩菅に10回以上も登っていますか、凄いですね!!、2年前の残雪の頃に志賀の東館山方面から登ったのが一番最近の岩菅です。岩菅も確か200名山ですよね。
インレッド
2013/05/19 19:40
本読み さん、今晩は。
この山はかなり以前に皇太子殿下が登ったため道は良くなりました。それでも雪のある頃は道が解り難く、登る人はあまり居ません。白砂から先は藪漕の山で有名ですが、佐武流山に新しく道が出来て以来、藪漕ぎして佐武流方面に行く人は無くなりました。来年の残雪の頃に下の苗場スキー場方面から登って見ようと思っています。
インレッド
2013/05/19 19:46
クロちゃん、今晩は。
今頃のここは道がかなり解り難くて登る人はあまり居ませんが、景色は無雪期よりは良いと思います。今度は下の苗場スキー場方面から残雪の頃に登って見ようとおもいます。
インレッド
2013/05/19 19:48
chiakiさん、今晩は。
今日は案外天気が良くて良かったですね。
ここはこの時期は道が解り難くて登る人はあまり居ませんが、展望はなかなか良いですね。今度は残雪の頃に、下の苗場スキー場方面から登り上げて見ようと思っていますが行けるかどうか??。
インレッド
2013/05/19 19:51
こんばんは
長丁場の登山をご苦労さまでした。
私も少しだけ山歩きが解るようになってきましたが、その時間に登り始めるって言うことはかなりの早起きですよねぇ〜
寝不足でよく此処まで山を歩けますね〜
お疲れ様でした。

やっぱり目立つ色のテープとかも携帯するといざというときには役立つんですね。。。
でも、その『いざ』のタイミングが解らないと駄目ですが・・・
私も買っておこうと思います。
達磨の次男坊
2013/05/19 19:51
達磨の次男坊 さん、今晩は。
ここは県内の山ですが、早く登りました。途中で迷いやすい道になりましたが、以前にも登って居て様子は大体解って居ましたので、迷いやすい所は赤テープを付けながら登りました、その為帰りもスイスイと降りる事が出来ました。赤テープはそれ程荷物にはなりませんからいつも持っていると良いと思います。それにヘッドランプはやはり持って居れば安心です。
インレッド
2013/05/19 19:57
カスミッシモさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/05/19 19:58
こんにちは。
堂岩山から白砂山までは見かけよりもアップダウンがあって
私はかなりバテバテで山頂に辿りついた覚えがあります。
他にも私以上にバテバテな様子の登山者がいたのですが・・・
さらにその先を目指すインレッドさんのパワーは凄いですね〜
夏や秋も稜線の美しいところですが
雪が残る稜線の眺望が綺麗ですね。
mikko
2013/05/19 20:35
こんばんは。
高い山が近くにあるインレッドさんの環境が羨ましいです。
もうツツジ類は、見切りがついたので私も、6月になりましたら谷川周辺にお邪魔します。取敢えず、1回目は蓬峠から七ッ小屋山へ行き、山頂で缶ビールを味わいたいと思います。その前に、週末にまた西会津に出かけて、今度こそは目の前いっぱいの飯豊連峰を味わえればいいのですが。
石川@
2013/05/19 21:01
mikkoさん、今晩は。
そうですね、私も結構疲れました、ここから先の山に大変興味があり、一度は行って見たいと思っていましたが、まだまだ届きません。その内下の苗場スキー場方面から、残雪のころに又登って見ようと思っています。
インレッド
2013/05/19 21:01
あまり馴染みのないエリアなので、白砂山を知りませんでした。
トップの写真、素敵です。白と緑の配分(?)がちょうど良い感じの時期ですね。こちらでは、雪があれば緑がなく、緑があれば雪はない!
山々の連なりが見せてくれる稜線の連なりが美しい魅力的な山域なんですね。
アイ
2013/05/19 21:10
山行きの時、持ち物の鉄則は 雨具・ヘッドランプ・水分は必須と聞いていますが、赤テープも持っていると安心ですね。
さすがに経験と知識の豊富なインレッドさん、知識の提供を有り難うございます。知人にも伝達しておこうと思いました。
やまびこ
2013/05/19 21:19
こんばんは。やぁ〜〜すごいインレッドさま、また素晴らしい
景色の画像で嬉しい限りです。素敵・すてき!!。
パワーを戴けて乾杯いたしましょうね。“乾杯〜〜い”
ありがとうございました!!

東北の旅upいたしました♪・昨日は岡山県立森林公園歩きました。
たかちゃん
2013/05/19 22:51
石川@ さん、お早うございます。
ツツジに見切りを付けましたか、私は今年はすでに諦めていましたが、まだシロヤシオはこちらでは、これからが本番なので、今月末か来月始め頃に見に行こうと思っています。蓬から七ツ小屋山ですか、ロングコースですね、もう少し後ならばシラネアオイが結構咲いています。
インレッド
2013/05/20 08:40
アイさん、お早うございます。
この山は野反湖付近から登ります。200名山ですから、案外人気の山ですが、この時期に登る人はあまり居ません。夏道ならば明瞭に付いていますから迷わないところです。シラビソの尾根は少し鬱蒼としていますが、尾根に出れば草原のような道が続き、かなり気持ちの良い歩きになります。ぜひ登って見てください。
インレッド
2013/05/20 08:45
やまびこ さん、お早うございます。
そうですね、特に私の場合は単独ですから、先ず迷わないように気を付けています。そして迷ってしまうと、気が動転してあらぬ方向へ行ってしまう事もありますから。そんな時は暗くなっても道は迷わず降りられる と思う心の余裕が第一だと思います。そんな訳で赤テープにヘッデン・GPSは何時も持っています。
インレッド
2013/05/20 08:50
たかちゃん さん、お早うございます。
今回は新幹線で旅行でしたか、良いですね!!。
お城の画像で私が見た桜は弘前城の桜だけでした。妻の実家がそのそばでしたので・・・。私がお城で見たいのは安土城です、小説「火天の城」を以前読んだ事がありましたので・・・。
インレッド
2013/05/20 08:58
またまた長い歩きですね。
あのお花はまだまだこれからですよね。
気になっているので、このあたりの地図を良く見ているのですが
白砂山までも遠いな〜と思っていました。(^^ゞ
やっぱり行けるところまで、というのがいいですね。
nousagi
2013/05/20 09:53
今日は、白砂山には一度登っていますが天気があまりよくなくて展望には恵まれませんでした。今年はシラネアオイの咲く頃に八間山に登ろうと思っています。近いようで遠い山ですが地元の山ですからもう一度時期を見て登ってみようと思います。
ローラー
2013/05/20 10:21
おはようございます。まだまだ雪は残っているんですねえ、知らない山がいっぱいあって・・。今友人が八海山の近くで仕事をしています。去年の残りだそうです。
私は友人に誘われて明日川場村の吉祥寺に出掛けます。「九輪草」が咲きましたとHPに載っていました。心穏やかに花を見てきます。
しまふくろう
2013/05/20 10:33
絶景ですね。
白砂山は一度登ったことがありますが、暑かったせいか大変でした。
雪を頂いた山々は綺麗ですね。
ミニミニ放送局
2013/05/20 14:19
nousagiさん、今晩は。
例の所のシラネアオイは今月末頃から見頃だと思います。直ぐ下に尻焼き温泉があり、川原に温泉が湧いています。外から丸見えですが、なかなか野趣にとんだ良い温泉です。ついでに是非入って見て下さい。少し遠いと思いますが1泊でもしてのんびりとお出かけ下さい。
インレッド
2013/05/20 19:05
ローラーさん、今晩は。
ここはこの時期はシラビソ尾根あたりは雪のため踏み跡が殆ど解りません、従って迷いやすいですから、登るのならば雪が解けた頃に登って下さい、その時期ならばなんの問題もありません。
インレッド
2013/05/20 19:08
魅さん、今晩は。
クリンソウですか、そんな遠くに行かなくても
足尾の庚申山や日光の千寿ヶ浜あたりでも充分
に見られますよ。
インレッド
2013/05/20 19:11
ミニミニさん、今晩は。
白砂山は結構アップダウンがありコースも長いですから、キツイ山だと思います。この時期は雪がありますから、さらに大変で疲れました。それでも残雪のある山々の景色はなかなか良いものですね。また是非お出かけ下さい。
インレッド
2013/05/20 19:15
みっちゃん さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/05/20 19:21
こんばんは
ロングコースお疲れ様でした。
GPSを購入する前に赤テープを装備品に加えようと思うレポですね。
今回民宿の女将さんがおっしゃっていましたが、フラフラになりやっと下山して来た男性は、ザックや装備品はおろかクツも履いていなかったそうで、人間は極限時には自分の精神力のみが頼りになるようですね。
リッキー
2013/05/20 21:37
インレッドさん こんばんわ
今の白砂山ありがとうございます、いつか行きたいと調べていました、野反湖にニッコウキスゲが咲く頃、行きたいと思ってました、ガスが巻くと大変そうですが夏径なら大丈夫でしょうか?
夢創歩
2013/05/20 21:49
野反湖は夏に一度行った事ありますが静かで印象的な所でした。
雪のある山の写真を見ているとやはり心惹かれますね。
今度は雪の残る山にしようかな・・なんて思いました。
ひとり山歩き倶楽部
2013/05/20 22:19
リッキーさん、今晩は。
やっと西ノ俣峰が出て来ましたね。
そうですね、精神力も大事ですが、余裕を持つ事だと思います、心配で無我夢中で走り回ったりすると却って疲労困憊して遭難してしまいます。心の中に余裕を持つ事が大事だと思います。暗くなってもヘッデンがあるから大丈夫とか、GPSに軌跡があるから大丈夫と思って冷静にして居れば大丈夫ですね。私は骨折も凍傷もした事がありますが、歩ければ必ず帰れる と思うようにしています。
インレッド
2013/05/21 08:52
夢創歩さん、お早うございます。
ここは夏道ならば、何の心配もありません。少しロングコースですから、時間に余裕を持って登って下さい。途中に赤テープがあったらインレッドが付けたテープだなーと思って下さい。山頂からさらに先に行く人は最近は殆ど居ませんが、その先を眺めて、今回私が歩いた所を眺めて見て下さい。
インレッド
2013/05/21 08:56
ひとり山歩き倶楽部 さん、お早うございます。
そちらには残雪のある良い山が沢山あると思います。残雪の山歩きは清々しくて本当に気持ちが良いですね。是非楽しんで見て下さい。
インレッド
2013/05/21 08:59
 白砂山は、ぐるっと回りこんで行かねばならず、遠くてまだ未踏です。佐武流山からの縦走路でもあれば良いのですが。それと、秋山郷切明への峠道はどんな道でしょう?ここを歩いて野反湖へ出るという選択肢もありでしょうか。
 堂岩山の標識、根開きのなかにすっくと立っていて立派です。秋には苗場から佐武流山縦走を考えています。その際、この辺の山にも思いを馳せてみます。
甘納豆
2013/05/21 11:04
甘納豆さん、今晩は。
秋山郷から野反湖に行く道は水平道なんて所もありますが、かなり長いコースで、野反湖までで一日費やしてしまうと思います。野反湖にキャンプ場がありますから、そこに1泊してならば充分行く事は出来ると思いますが、白砂に登るだけで1日は終わってしまいます。従ってその日はまたそこに1泊しなければならないと思います。2泊3日ならば行けると思いますが、出来れば無理してでも、登山口に(立派なトイレはあります)前日に車中泊でもして、登れば日帰りは可能だと思います。
昔のように佐武流への登山道がない時は、ここから藪漕ぎで大学ワンゲル部の人達が歩いたようですが、今は佐武流に登山道ができましたから。こちらからの踏み跡は全く今はありませんが、雪があれば良い尾根歩きになると思います。
インレッド
2013/05/21 19:11
peroさん、今晩は。
いつも気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/05/21 19:39
こんばんは
オイラは一度だけ白砂山に登りました。
夏でしたので花がいろいろ咲いていましたが登りがきつかった思い出だけが残っています。
写真を拝見するとところどころ思い出があり懐かしく思いました。
残雪の登山道は体力勝負・・・本当にお疲れ様でした。
keykun
2013/05/21 20:05
インレッド様、いよいよ雪でもなく、花でもなく、山男という感じです。
5月にガッツり、雪と新緑の景色、満喫させていただきました。
本当にロングなコースに思えます。名前の白砂のような場所はないのですか?
いつか、体力がないので、時間の長い夏に行ってみたいですね。
でもこの季節も、良さそうですよね・・・・。梅雨の前に行きたいところばかりですね。
るたん
2013/05/21 21:15
keykunさん、お早うございます。
大菩薩に本社ヶ丸と結構たくさん登っていますね。
ここは結構アップダウンが多いので疲れますね。それに雪のある頃は結構迷いやすい所です、山頂からさらに奥まで行って見ましたが、かなりの藪漕ぎで途中で下山しました。
インレッド
2013/05/22 08:43
るたん さん、お早うございます。
佐渡で沢山の花を眺めて来たようで、良かったですね。
そろそろ本格的な花の時期ですね、昨年お会いした時に出会った花々にも会いたいし、その他の花もそろそろ気になって来ました。
ここは今月末から来月始めの頃に、野反湖から上の八間山に登ると、直ぐ傍にシラネアオイの大群落の所があります。機会がありましたら、登って見てください。
インレッド
2013/05/22 08:49
さや侍さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/05/22 08:50
MORINOBUNAさん、お早うございます。
いつも気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/05/22 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本200名山の白砂山からそのちょっと先まで。 2013/5/18日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる