インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナメ床歩きとヒメサユリ  2013/6/28日。

<<   作成日時 : 2013/06/29 16:30   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 65

今頃の時期になると毎年のように、ヒメサユリを眺める花の山旅をしていますが、今年はすでにブログ友さんが、浅草岳も守門も鬼ヶ面山もアップしています。同じ山をアップしても皆様には飽きられてしまいそうで、それならば違う山で眺めようと思いました。粟ヶ岳のヒメサユリはまだ見て居ないので、そちらにしようかと思っていたら、最近そちらをアップした方々は皆ヤマヒルに吸いつかれたようで、それも嫌だなー と思い色々と考え模索していたら、沢登りの山友さんから、大変魅力のある情報を戴きました。

     今日の入渓地点
画像


ナメの多い沢を登って、途中から尾根に上がるとヒメサユリが群生している所があるのだそうです。ナメ床歩きの末にヒメサユリとは、願っても無い場所のようです。但し「オメエに教えると直ぐにブログに出して 大勢の人が来るようになるからなー」と渋る山友さんを口説いて、場所は明示せず、そこと解るような画像も出さない事にして、教えて貰い、早速意気洋々と出掛けました。

    ブナの緑陰を写す渓谷
画像


守門や鬼ヶ面山や浅草岳への道を過ぎ、会越国境の道を山深くクネクネと林道を通り、入渓地点付近の道をカーナビに入れて走りましたが、途中で道が細くなり、カーナビも解らなくなってしまいました。そんな山奥に1軒の民宿のような大きな家があり、二人のオバさんが仕事をしていました。そのオバさんに、入渓付近の場所を聞いた処、かなり詳しく地図まで書いて教えて呉れました。「帰りにお茶でも・・」なんて言われましたが、田舎の人は本当に親切でなんだか旅の途中 と言う感じがしました。

画像


画像


今朝みなかみ町を通過する頃は、冷たい小雨の降る日でした。天気予報では新潟は晴れマークでしたが、少し心配しながら関越トンネルを越すと、そこは雪国ならぬ真夏のような夏国でした。ギラギラした太陽が昇り、その下には積乱雲まで湧いていて、若い頃にキザっぽく聞いていた、あのベンチャーズやスプートニクスのテケテケをボリュームイッパイに上げて運転していました。

画像


画像


今日は今年始めての沢登りです、それも大好きなナメ床歩きが続き、あまり危険な所も無く、もうそれ程冷たくない水の流れに浸りながら、ジャブジャブ ヒタヒタと楽しい歩きになりました。

画像


画像


画像


さてこの辺りから大きなブナの木々の下
太陽の光が深緑の光を透かして
ユラユラと揺れながら水辺に落ちる
緑陰の流れる中の歩きになりました
ナメた沢床が何処までも続き
森の懐に深く深く
入ったような気がしました

画像


画像


画像


父なる山と 母なる森に抱かれて
何んと無く子供の頃を想い出すような
懐かしい気分になって来ました
きっと夏のヒグラシ蝉のカナカナと言う声と
静かな沢の音がそんな
気分にさせたのかも知れません

画像


画像


画像


画像


周りは美しいブナの林
流れは長いナメ床歩き
時々現れる小さな滝も
飛沫を照り返して
サラサラと流れて行き
時折吹くブナからの風は
優しく吹きぬけて行きます
ああ今日は死ぬのには
持ってこいの日だ
そんな感じにさせる沢でした。

画像


画像


画像


画像


画像


この沢では少し大き目の滝に出会いました。そろそろヒメサユリ咲く尾根の登りを探さ無くてはならないようですが、印は何もないようです。

画像


画像


流れも細くなり尾根も近くになったようです、木々の向こうに少し空が見えるようになりました。さあ尾根に上がりヒメサユリを探しましょう!!。

画像


それ程急な登りも無く、しっとりと濡れた笹藪を越えて、尾根付近に上がると、乙女のような、ピンクのヒメサユリが俯きながら迎えて呉れました。好きな人にも好きと言えず、お互いにその想いをずーっと持ち続け歳をとる、藤沢周平さんの「蝉しぐれ」のように、そんな想いを秘めた花のようで、やはり好きな花です・

画像


画像


画像


  ほのぼのとうす紅染むるは
  わが燃ゆるさみし血潮よ
  はろばろと通う香りは
  きみ恋うる胸のさざなみ

  ああ なれど わが思いははかなく
  うつし世の山に果てぬ
                           さくら貝の歌 より

画像


画像


画像


ここのヒメサユリは少し小振りですが、
人知れず咲く花はやはり美しい花でした。
やはりこんな所で塵に汚れずひっそりと
咲いて居て貰いたい花です。

    さあ帰りは遠い 急ぎ帰りましょう!!

画像


画像


画像


    
          教えて戴いた方のご指摘通り、ナメ床歩きとヒメサユリ咲く尾根は、
          大変良い所でしたが、場所の詳細については、
          お答え出来ません。宜しくご推察の程お願い致します。




BGM付き大画面のスライドショーを お楽しみ下さい。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(65件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんにちは♪
もうヒメサユリの季節がやって来たんですね〜。
そうそう、人知れず咲く優しい花色は、いつまでもひっそりとさせていたいです。
そんな宝探しのような山域があると思うのも山の魅力でしょう。
私も人知れずのそんな宝の場所を持ちたいです。(^^)/
クロちゃん
2013/06/29 16:45
こんばんは。インレッドさまのお好きな川とヒマサユリの花
美しいですね!!今年もヒメサユリ拝見出来まして嬉しいです。

ゆり科の花大好きです♪ 今年も家で鉄砲百合25本ほど咲ました。
近くでお花たちに会いに行きたいですね!
たかちゃん
2013/06/29 20:21
アップ、早いですね。
私も今週は新潟方面が天気が良いので、ヒメサユリが見に行きたかったのですが、
行くメンバーも見つからず(皆さん予定有り)、自力ではちょっと無理なので、
遅ればせながら湯の丸〜烏帽子に行って来ました。
つつじ平は先週が見頃で終盤。烏帽子と反対側の方はレンゲツツジが見頃でした。
みちほさんとお知り合いの方にバッタリ、お会いしました。
涼しそうな沢の様子が伝わってきます。
インレッドさんは人脈が広いですね。
お人柄が良いからですね。
ヒメサユリは守門岳で10年位前に見ただけなのでそろそろ見たい花です。
とても綺麗に撮れています。ピンク色が可愛いですね。
chiaki
2013/06/29 20:25
こんばんは
ヒメサユリ綺麗です 優しい色合いでかわいいですね
沢登りの経験がありませんが 水辺で遊ぶのは好きなので
楽しさが伝わってきます
岩盤底は滑りそうですが それはそれで楽しいのでしょう
秘密のポイントは大切に守ってください
シィーモ
2013/06/29 22:07
沢とヒメサユリ・・・インレッドさんのお気に入りになりそうですね! ヒメサユリは本当に表現しようの無い素敵な可愛らしい色ですね〜  沢の帰りはお疲れだったのでは? それともヒメサユリを見て意気揚々かな?  滑滝を見ていると歩いて見たい気持にかられますが、やっぱり滝は怖い感じが・・・
シューズは持ってるんですけどね(笑)  私は安心な花の山かな〜
鬼ヶ面山もとっても良かったです!!先を越してインレッドさんには申し訳なかったけど。
みちほ
2013/06/30 00:15
おはようございます。
綺麗な沢ですね。
今週は、本名御神楽岳で水遊びと考えていたのですが、週末に飲み会があったので山はお休みにしてしまいました。
そうなると、行きたくて行きたくて、天気予報を見ては『やっぱり天気良くないよね』と1日何度も天気予報を見ては、行けない理由を探してました。
石川@
2013/06/30 07:17
今日は、滑床を楽しんでヒメサユリに会いに行く楽しみ倍増の山歩きでしたか、緑陰の静かな滑床歩きはあまり静か過ぎて恐くはありませんでしたか?突然熊さんにでもであったならば・・・と考えてしまいます。当方田植えも終了してこれから夏本番の山歩きを楽しみたいと思っている所です。
ローラー
2013/06/30 08:52
おはようございます。
沢登りはまだまだ寒そうな気がしますねぇ
綺麗な沢を見ると私も憧れるのですが、中々最初の一歩が踏み込めません。
まして、秘境の沢では恐怖感が先に立ってしまいそうです。

綺麗なヒメサユリに出会えて良かったですねぇ
私もいつか自分だけの秘密の場所を探してみたくなりました。

帰りはお茶に呼ばれたのでしょうか?
何だかそんな掛け合いが懐かしく、そして嬉しく感じますねぇ
達磨の次男坊
2013/06/30 09:01
クロちゃん お早うございます。
ヒメサユリは今が丁度見頃のようでした。浅草岳や鬼ヶ面あたりでしたら、簡単に登れます。ヒメサユリもかなり群生していますから。会の人を連れて如何ですか。きっとクロちゃんの株がかなり上がると思います。
インレッド
2013/06/30 09:53
たかちゃん さん、お早うございます。
もう鉄砲ユリが咲きましたか、周り中に香りが漂っているのではないでしょうか。ヒメサユリは低い山ではもう終盤ですが、浅草や鬼ヶ面山では今週あたりが見頃です。少し遠いですが また見にお出かけ下さい。
インレッド
2013/06/30 09:59
ほのぼのと薄紅染むるは〜♪
いい歌ですよね〜。
沢を登って登って、ヒメサユリに迎えて貰って
いい時間を過ごされたんですね。(^^)
秘密の場所、わかっても簡単に行けそうにありませんね。
nousagi
2013/06/30 10:03
chiakiさん、お早うございます。
みちほ さんとバッタリしましたか、先週に鬼ヶ面に登ったばかりで、もう烏帽子でしたか、山がchiakiさんと同じくかなりお好きな方ですね。今週位ならばまだ見頃ですから、週末にでも見に行って下さい。小出で高速を降りれば、登山口まではそれ程時間はかかりませんよ。
インレッド
2013/06/30 10:05
シィーモさん、お早うございます。
ここはシィーモさんが行ったら、帰りたくない程イワナが沢山生息しています。入渓地点に「ここは永久禁漁区です、魚を捕ると罰せられます」と言う看板がありましたが、歩いていると沢山のイワナが岩の下に隠れたり、サアッと逃げて行ったりしていました。魚たちも自由に遊んでいるようでした。こんな沢も良いものですね。
インレッド
2013/06/30 10:10
みちほ さん、お早うございます。
沢靴を持っているのですか、勿体ない今度是非ご主人ともどもご一緒しましょう。易しくて良い沢が近くにありますよ!!。
この沢はご覧の通りあまり難しい滝なども無く、案外楽に登れました。この奥でヒメサユリに出会えなければ、急ぎ戻って鬼ヶ面に登ろうかと思いながら登って居ました!!。
先を越して・・・どんどん先を越して行って下さい。今度はその画像を見て私が後を追いますよ!!。
インレッド
2013/06/30 10:17
石川@さん、お早うございます。
そうですね、ここの処梅雨らしい天気が続いていて、雨に降られてばかりでしたが、この日は金曜日で新潟は晴れマークでしたので行って見ました。真夏のような天気で沢登りには丁度良い日でした。これからは私も沢登りが涼しくて楽しいので多くなります。
インレッド
2013/06/30 10:21
ローラーさん、お早うございます。
田植えが終わりましたか、忙しい時は手伝いに行きますよ!!。
ここはかなりの山奥でブナの木には熊の爪跡が沢山ありました、その為沢でも熊鈴を大きく鳴らしながら歩いていました。こんな所では人にも会う事は無く、怖いと言えば怖いののかなー??。
インレッド
2013/06/30 10:25
達磨の次男坊さん、お早ようございます。
この日は真夏のような天気で、沢に入ってもちっとも冷たくありませんでした。快適に登る事が出来ましたよ。帰りにオバさんの所に寄って無事帰った事を伝え、お茶も御馳走になりました。帰りの道も解り難いので、ついでに軽トラで道案内までして貰いました。田舎の人は本当に優しいですね。
インレッド
2013/06/30 10:36
nousagiさん、お早うございます。
そうですね、ここは沢登りをやらない人には、教えてもきっと行く事が出来ない山だと思いました。入渓地点まで行くのにもかなり大変でした。そのためこんなところでも、ヒメサユリはひっそりと咲いているのだと思います。一度にヒメサユリと沢登りが出来て、なかなか良い所でした。それでも来年も又行けるかどうかは解りません。
インレッド
2013/06/30 10:41
peroさん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/06/30 10:43
やまびこ さん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/06/30 10:44
みっちゃん さん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/06/30 10:45
テッドさん、始めまして。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/06/30 10:47
えいじ@山歩き さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/06/30 10:48
給料計算さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/06/30 10:49
こんにちは
 この場所のヒメサユリピンクが強くて素晴しいですね。沢登りしてからで無いと行けない所はインレッドさんにお任せです。鬼ヶ面山も皆さんの報告の通り、キレイですね。
まきまき
2013/06/30 14:37
みちほさんのお知り合いの『はなはなさん』にお会いしました。
今日は横岳のウルップソウを見に行って来ました。
chiaki
2013/06/30 17:08
まきまき さん、今晩は。
鬼ヶ面は昨年行ったのでしたっけ、なかなか静な所で良いですね。今年も行こうかなー と思ったのですが、既に皆さんが行ったばかりなので、こちらにしました。この沢は難しい所は無いのですが。道路が解らなくて大変でした。
インレッド
2013/06/30 19:00
chiakiさん、今晩は。
ウルップソウを見て来ましたか、氷河期からの生き残りの花は色が綺麗ですね。その内、白馬あたりで見て来ようかと思っていますが??。
それにしても、暇さえあれば山ですね、デートをする相手は居ないのですか??。
インレッド
2013/06/30 19:04
ヒメサユリ、初めて見ました。少し小ぶりなのかなぁ?
関西ではささゆりがさかりです。
それにしてもきれいな沢ですね。毎週毎週精力的にきれいな所へお出かけですね。
最近少し気力が無くなってきました。レポもほったらかしてます。
インレッドさんのペース見習わなくてはと思っています。
連休は草津当たりと思っているのですが、安楽短のお勧めありますか?
とりあえずは本白根山あたりと思っています。
さえ
2013/06/30 19:45
さえ さん、今晩は。
そうでしたか、暫くアップが無くて海外旅行でも行ったかなー と思っていました。
草津白根山のコマクサは素晴らしいのですが、まだ少ししか咲いていないかなー??。本白根の下の方に芳ヶ平なんて言う湿原がありますよ。後は志賀高原の方か途中の笠ヶ岳なら簡単に登れます。
インレッド
2013/06/30 19:52
山じい さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/06/30 19:54
インレッドさんなら大勢の方が歩いた山でも、違う切り口で物語ができますから、決して飽きることはないと思いますよ!
ナメ床歩きの末にヒメサユリなんて、こちらでは望めないシチュエーション。
なにやら秘められ場所へのアプローチのようで、わくわくしますね。
本読みと山歩き
2013/06/30 20:21
インレッドさん、こんばんは〜
烏帽子でchiakiさんに会ったのは私ではなくて私の知り合いですよ!
お会いしたいとは思っていますが・・・それはインレッドさんも同じ!! ニアミスやスライドしてるのにバッタリの出逢いがないんですもの(笑)
みちほ
2013/06/30 20:24
本読み さん、今晩は。
お陰で、こんな願っても無い良い所に行く事が出来て、かえって良かったような気がします。長ーいナメ床は沢登りでは一番楽しい所で、その上にヒメサユリですから、一日で二つも好きなものを眺めて来て、充分満足でした。
インレッド
2013/06/30 20:54
みちほ さん、今晩は。
そうでしたか、最近は女性の方が凄い登山をやって居るようです。
今のように山に登っていられれば、その内バッタリもあるかも知れませんが、会ったらガッカリされてしまいそうで、会わない方が良いかなー なんて思っていますよ。
インレッド
2013/06/30 21:03
こんばんは
ジャブジャブ サラサラー インレッドさんの沢歩きの季節がやって来ましたね♪〜
自然の織り成す協奏曲に酔いしれて、子供のように水に濡れながら無心に歩いていると遠い昔を思い出すなぁーと、なめ沢の写真を拝見しながら思いました。
ヒメサユリ今年のお初です・・・ありがとうございます。
リッキー
2013/06/30 22:22
今年も、インレッドさんがお好きな沢シーズンがスタートしましたね。
緑と水との穏やかな調和から、女性的な印象を受ける沢のようですね。
そのうえヒメサユリまで楽しめて・・・羨ましいです。
この目でその美しい姿を見たいのですが、残念ながら実物を見たことがないのです!
さぞ、癒される一日だったことでしょう。
アイ
2013/06/30 22:52
おはようございます

ヒメサユリの群生を見たくて登られるなんてロマンティックですね♪大好きな沢登りもできて、また来年も行きたくなる所でしょうか(~_~)
ジャブジャブとナメ床歩き、涼しげで光景が浮かんできましたよ〜
山奥にひっそりと咲くヒメサユリ、素敵ですね(*~~*)
とわ
2013/07/01 05:37
また秘密の隠れ家が出来ましたね。
この秘密の場所はずーっとインレッドさんの秘密の隠れ家にして
こっそりと美しいお姫様に会いにいって下さいね。
ひっそりと待ち続けているようなヒメサユリの雰囲気が可憐でたまらなく綺麗ですね。
mikko
2013/07/01 08:41
リッキーさん、お早うございます。
この日は関東は梅雨空でそちらは晴れマークでした。土曜日は仕事になってしまったので、金曜日に出掛けました。新潟から福島までずーっと真夏のような天気で沢登りには絶好の日和でした。沢を登り上げた末に人知れず咲くヒメサユリは本当に美しい花でした。
インレッド
2013/07/01 08:47
アイさん、お早うございます。
もう疲れはすっかりとれましたか。
浅草岳や手前の鬼ヶ面山はそれ程時間も掛らないので、登山口で車中泊かテン泊でもすれば楽にのぼれますよ、私の所にいつもコメントを呉れるnousagiさんは、登山口にテン泊して行って来たようです。特に鬼ヶ面山は登山者もあまり居ず、その割には沢山のヒメサユリが咲いていて良いと思います。今週末でもまだ間に合いますから是非お出かけ下さい。
インレッド
2013/07/01 08:54
とわ さん、お早うございます。
この花は新潟・福島・山形の一部の山にしか咲いて無い貴重な花です。特にここのように沢を登って、その上に咲いている場所はあまり無いと思います。殆ど人間が訪れる事の無い山奥にひっそりと咲いている、乙女百合(別名オトメユリとも言います)は本当に美しいピンクの花でした。
インレッド
2013/07/01 08:59
mikkoさん、お早うございます。
ひっそりと待ち続けているような>そうなんですよ、そんな風に思うと余計に可憐で美しく見えてしまいます。mikkoさんみたいな花ですね。
ここは私の隠れ山にしたいのですが、登山口まで行くのがかなり大変で、道路もかなり荒れた怖い道でした。また行く事が出来るかどうか??です。
インレッド
2013/07/01 09:04
さすがインレッドさん、素晴らしいヒメサユリ探訪ですね。
沢はやらないのでこうして見せていただくだけで満足です。
気持ち良さそうですね〜いかにも涼しげで。
ここは蛭はいないのですか?
沢といえばそれが気になります(^^)v
20年ほど前から気になっていた鬼が面山にやっと行ってきました。
インレッドさんに背中を押していただいた感じです。
ヒメサユリきれいでした(^^♪
sanae
2013/07/01 11:04
sanaeさん、今晩は。
鬼ヶ面から雄国沼迄行って来たようですね。遠路ご苦労様でした、きっと家ではマゴタンズが首を長ーくして待っているのでは。お土産は何でしょうか、デンデンダイコにショウノフエではないでしょうね。
鬼ヶ面には先日 みちほさんも行ったばかりのようです。私はそこを恨めしく眺めて通過しました。
インレッド
2013/07/01 19:14
インレッドさん こんばんわ
乙女百合はまだ1度も見たことが有りません、去年も見せてもらいましたが本当に綺麗な可憐な花ですね、山深いところにひっそりと咲く姿は、涙が出るくらいいいものでしょうね。
沢も優しそうな沢ですね、それにしてももう夏の様相とはびっくりです。
平標に行った時、ヒメサユリの看板が有りましたが花は見えませんでした、いつか見たいです。


夢創歩
2013/07/01 22:39
インレッド様、沢の始まる季節ですね。
ヒメサユリは、昨年、念願かなって朝日岳で見て、その優しいピンクが本当に独特ですよね。
大して難しくない沢、とのことですが、前に西沢渓谷で渡渉する際に、大変水は冷たく、水圧も勢いがあったこと覚えています。
あの優しそうな滑滝も、きっと厳しいものです・・・。
インレッド様のレポで楽しませていただきます。
るたん
2013/07/01 23:23
本当に可愛い花ですね。まだ一度も会った事は無いのですが
今度ぜひ会いたいものです。来年にでも浅草あたりに行こうと
思います。
nori
2013/07/02 08:34
るたん さん、お早うございます。
沢には急な流れや緩い流れにトロや渕がありますが、急な流れの所は案外冷たいのですが、トロやナメはそれ程冷たくはありません。逆に暖かな沢ですと、少し調子が狂います。この日は暑い日でしたので、大変気持ちの良い水温でした。
インレッド
2013/07/02 08:42
noriさん、お早うございます。
noriさんはマダヒメサユリは見て居ませんでしたか。
写真写りも可愛いはなですから、被写体には非常に良い花だと思います。遠いでしょうが、是非一度撮りに来て見て下さい。
インレッド
2013/07/02 08:45
夢創歩 さん、お早うございます。この花は新潟や福島や山形の一部の山にしか咲いていません。一番簡単に見られるのは新潟の袴腰山だと思います。時期は6月中頃だと思いますが、是非見に行って下さい。可愛い花ですよ!!。
インレッド
2013/07/02 08:50
栽培され保護されている所もありますが、やはりヒメサユリはひっそりと人知れず咲いているのが似合います。山奥の熊は怖いけど、かえって姫を守ってくれる武者役になってるかもしれません。
浅草岳辺りに行きたいと思ってるのですが予定がいろいろ入ってしまって・・。花はまだ待っててくれるかなあ。>オメエ(笑)・・その秘密の場所を教えてくださった人は越後の人ですね?。
けっこちゃーん
2013/07/03 06:20
けっこちゃーん さん、お早うございます。
相変わらず同行二人旅をやっています。
今週末ならばまだ浅草辺りは大丈夫のようです。
そうなんですよ、ここは新潟の沢登りをやる方に教えて貰いました。沢にはイワナが沢山泳いでいて、渓流釣りの人には羨ましい所だろうと思ったら、永久禁漁区なのだそうです。熊さんも沢山いるようでしたよ、ブナに爪跡が沢山付いていました。
インレッド
2013/07/03 08:36
MORINOBUNAさん、お早うございます。
いつも気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2013/07/03 08:37
こんにちは
きれいなヒメサユリ・・・まさに秘密の花園ですね。
オイラは初めてインレッドさんと十文字峠であったとき教えてもらった浅草岳のヒメサユリを見たときの感動を今でも忘れません。
写真のヒメサユリ・・・人知れず咲いてロマンを感じますね。
keykun
2013/07/03 15:58
ホントに美しく麗しい深い森にあるお姫様ですね♪
鬼が面&浅草岳で逢ってきました。。
稜線歩きも楽しめました(^.^)
まな
2013/07/03 19:17
いいです。羨ましいです。羨まし過ぎます。もうコレだけ暑くなると沢ですね。沢の記録はただ羨ましいだけなのでほとんど見たことないのですがやはりいいですね。そして沢沿いの緑は一段と綺麗に感じます。
ヒメサユリはササユリに似ていますが一段と気品がありますね。多分まだ一度も見たことないはずです。

沢登り(沢歩き)はロープワーク(確保とか)習熟必須なのでしょうか?又、沢靴というのは本当に滑りにくいものなのでしょうか?(氷の上をアイゼンを着けて歩くと滑る気がしないように・・)
それだけ教えてください。
ひとり山歩き倶楽部
2013/07/03 20:01
こんばんは。
美しいです。沢歩きもヒメサユリも。
スライドショーをゆっくり楽しませて頂きました!!
こんな所が歩けたらまるで夢のようです。
カスミッシモ
2013/07/03 20:12
スプートニクス?45〜50年前ぐらいでしょ。友人宅でドーナツ盤で聴きましたよ。そのころ、マニアしか聞いていなかったと思います。
カスミッシモ
2013/07/03 20:26
keykunさん、今晩は。
今週末でもまだ大丈夫ですから、また見に行って下さい。今年のヒメサユリは豊作のようですよ。
ここのヒメサユリは少し小ぶりでしたが、しっとりとした良い色でした。
インレッド
2013/07/03 20:37
まな さん、今晩は。
行って来ましたか。今年は豊作だったようで、楽しめたと思います。浅草・鬼ヶ面は既に多くのブロガーさんが記事にしていますので、私はこちらにしました。こちらのヒメサユリは山また山の奥に咲いていて、大変可憐で可愛い花でした。
インレッド
2013/07/03 20:42
ひとり山歩き倶楽部さん、今晩は。
ヒメサユリはササユリの仲間だと思いますが、咲いているのは新潟・福島・山形の一部の山にだけしか咲いて無いようです。
沢登りは私も独学でやっています。いつも単独なのでハーケンなどを使って登る事はありません。一応ザイル等は持って行きますが、主に降りに使っています。怖いと思ったら、そこまでで帰ることにしています。沢靴はやはり沢では必要です、ナメた所は滑りますが、普通の靴よりは、やはり安心して履く事が出来ます。最初は地下足袋などを履いて歩いていましたよ。滝など登り難い所は大抵の沢には、横に巻き道があります。夏は涼しくて暑い尾根歩きがバカらしくなるくらい爽快です。そちらでしたらソウレ谷など長ーい長ーい舗装道路のような大変歩きやすくて良い沢があります。私もこの夏に行こうかな と思って居る谷です。是非歩いて見て下さい。ワラジで歩くと滑ら無いとおもいます。ソウレ谷で検索して見て下さい。
インレッド
2013/07/03 21:02
カスミッシモさん、今晩は。
トマトにサヤインゲンにオクラと美味しいものが食べられて良いですね。
マニアの方が聞いていた曲でしたか、「霧のカレリア」など大好きな曲でした。今でも暑くなると時々若い頃に戻って、その頃の気分になって聞いています。
ここは長いナメ床歩きと、ヒメサユリですから好きなものばかりで楽しい沢歩きでした。
インレッド
2013/07/03 21:10
有難うございます。
全く素晴らしい情報です。
さっそくソウレ谷検索してみます。
ひとり山歩き倶楽部
2013/07/05 22:05
ひとり山歩き倶楽部 さん、お早うございます。
ソウレ谷は易しそうなので、始めての沢には丁度良いと思います、その割には良い滝もあり、長ーいナメ床歩きもあり楽しそうですよ。
インレッド
2013/07/07 10:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナメ床歩きとヒメサユリ  2013/6/28日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる