インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 登り納めは、足尾山塊の無名峰  2013/12/29日

<<   作成日時 : 2013/12/29 22:53   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 35

今年も沢山の山に登りましたが、登り納めは、前から少し気になっていた、足尾の松木川渓谷の右側に聳える無名峰でした、対岸の沢入山はかなり以前の夏に一度登った事がありましたが、その時対岸の山々に大変興味を持ちました。半月山から社山〜黒桧岳〜大平山に続く稜線ですが、中禅寺湖畔からなら案外楽に登れますが、足尾町の松木川渓谷から大平山へはかなりの急登になり、登山道も無いため、行く事が出来るかどうか解りませんが、いつものように行ける所まで登って見ようと思います。

     今日登る予定の稜線
画像


足尾の親水公園に車を置いて、松木沢渓谷への林道を歩きその途中の、尾根に取り付きやすそうな所を探して登りました。

     親水公園と奥にこれから登る稜線
画像


何とか尾根に登り上げると、踏み跡が微かにありました。谷間から、直ぐそばの岩場から、キーンと言う鹿の鳴き声を聞きながら登りました。今日出会ったのは大きな鹿が数十頭に猪に猿軍団ばかりで人には出会いません。時々はその獣道が登山道のようになっていて、獣も人間も歩きやすい所は同じようです。

     登り始め
画像


画像


画像


足尾山塊の山は銅山の鉱毒のため木々が枯れて無くなり、皆禿げ山ばかりになってしまいましたが、植林を長年続けて来た甲斐があり少しずつ木も増えて来ました。それでも以前のような緑豊かな山になるには、まだまだ沢山の時間が必要なようです。その禿げ山も、そろそろ白い雪に覆われて、おおらかで綺麗な稜線になっています。

画像


     これから登る稜線と右に社山方面かな?
画像


登山道もなんの標識もない山にしては、なかなか爽快な稜線でした、青空と雪の峰を眺めながらの尾根歩きは思っていた通りの素晴らしい登山になりました。

画像


     麓の松木川渓谷
画像


     この奥の方の山が皇海山に続く国境稜線です
画像


画像


中央付近の尖った山が今日の目標でしたが、斜め少し下のピーク迄登ってそこからは、かなりの急斜面の登りのため、今日はそこまでにしました。

     中央付近の尖りが今日の目標でした
画像


     手前のピーク
画像


    一旦降って目標のピークが近くになって来ました
画像


     振り返って登って来た稜線
画像


今朝は結構寒かったのですが、カヤトの稜線は案外暖かく、気持ちの良い稜線曼歩で、目指すピークもかなり近くになって来ました。

画像


画像


画像


1356m峰の山頂に着きました。下からは尖って見えましたが、山頂は細長い台地になっていて、なかなか見晴らしの良い山頂でした。

     1356m峰山頂
画像


画像


     登って来た稜線
画像


今日は仕事が忙しくて寝坊してしまいました。登山開始が10時半頃の為、もう既に午後2時を過ぎてしまいました。昼食はオニギリを食べながら登り既に済ましてしまいました。さすがにここまで登ると風も冷たくなりました。下山は時間が無いので、ショートカットでここから一直線に松木渓谷に降りようと思います。

     下山中の景色
画像


急下降の為木々に掴まり岩に掴まり一気に降りたため画像を撮っている余裕がありませんでしたが、無事に松木川に降りる事が出来ました。

    こんな稜線を下山しました
画像


この辺りに昔は松木村があり江戸時代には200人くらいの人達が住んでいたようです、小豆や小麦や蚕をつくり豊かな生活をしていたようですが、その後の鉱毒で作物は取れず蚕も桑の木が枯れてしまい、ついに廃村になり現在も誰も住んで居ません。

     松木村があったあたり
画像


     対岸の沢入山方面
画像


気になっていた山でしたが、不毛の地の為か、少しばかり寂しさのある山域でしたが、思っていた通りの良い山並みの続く稜線でした。今年の登り納めの山には案外良かったかも知れません。

     
      さて本年も皆様には大変沢山のコメントや気持ち玉を戴き有難う御座いました。

               良い年をお迎え下さい!!。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(35件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、おはようございます。♪
真っ白な雪の付き始めた山の稜線が美しいです。o(*^▽^*)o~♪
道なき山の醍醐味もたくさんありますね。
今年もあっという間に年末になりました。
お世話になりました。
良い年をお迎えください。(^^)/
クロちゃん
2013/12/30 07:04
おはようございます。
今年最後の登山も晴天に恵まれ 良い景色ですね
高木が無いためか山の姿が丸見えで 鋭い稜線のようです
登山道のない山は知識と経験がないと難しそうで 
自分にはハードルが高いかな
いろいろ楽しませていただき ありがとうございました
来年も良い山行を・・・楽しみにしています
シィーモ
2013/12/30 07:42
綺麗な稜線ですねぇ
稜線歩きはとても気持ち良さそうですが、雪の急斜面を下山するとは畏れ入りました。

鉱毒事件の影響がそんなにも凄かったとは、改めて真の文明を考えさせられました。
くっきりとした山波に田中正造さんの声がこだまする様です。

今年も一年間ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
達磨の次男坊
2013/12/30 07:50
こんにちは
ありがとうございました。
色々なところを楽しませていただき、私の訪れることの無い景色が楽しみでした。

又来年も期待しております。
寒さはこれからが本番、ご自愛くださいませ。
MORINOBUNA
2013/12/30 09:13
クロちゃん、お早うございます。
今年も沢山のコメント有難うございました。
この山には道も満足に無く、標識は全くありませんので、トイレは当然青空トイレです。こんな雪山を眺めながら用を足すのは気持ちの良いものです。
インレッド
2013/12/30 09:46
シィーモさん、お早うございます。
今年もお世話になりました。
この山域は木々が殆ど無いので展望は抜群です。その為道は無くても迷う事はありません、最後の画像の沢入山も中々素晴らしい山です、是非登って見て下さい、私も新年になったら早々に登って見ようと思っています。
インレッド
2013/12/30 09:52
達磨の次男坊さん、お早うございます。
今年も毎回のようにコメントを戴き有難うございます。お陰で大変励まされました。この山域の禿げ山は鉱毒の為もあるのですが、銅山の坑道には沢山の木が杭として必要です。この山々の下には100kに及ぶ坑道があり、山の木をたくさん必要としたため、かなり切り倒されて仕舞いました、その為もあるようです。
インレッド
2013/12/30 09:59
MORINOBUNAさん、お早うございます。
こちらこそ、いつも綺麗な富士山を有難うございます。
新年あたりは富士を眺めたいような気がしますが、こちらからの富士は殆ど逆光になってしまい、あまり良い写真を撮る事が出来ません。
  良い年をお迎え下さい。
インレッド
2013/12/30 10:08
今年5月に行った沢入山への稜線。
素晴らしいですよね(^.^)
ヤシオツツジの花が多くみられました。

足尾山塊。。大好きなエリアです。
昔の話ではなく今も続いている歴史。

今年も ありがとう ございました♪
まな
2013/12/30 11:35
こんにちは。
今年最後の登山を気持ち良く登られて良かったですね!
広島は少し寒いけれどいいお天気でお正月の準備もはかどりました。
1年間楽しませて戴きましてありがとうございました。
おそろいで良いお年をお迎え下さい。

みっちゃん
2013/12/30 13:37
無名峰とが年納めの山歩きとは、インレッドさんらしいですね〜
足尾の被害が禿山にするほどとは驚きです。
いつか、緑でいっぱいになる時代がくると良いですね。
「下山中の景色」の一本の樹の写真が印象的です。

本年もありがとうございました。見知らぬ山々の景色と物語を楽しめました。
来年もよろしくお願いします。
私は今年はありまり歩けませんでした。来年はもっと歩いて感動する山歩きができるようにしたいと思います。
本読みと山歩き
2013/12/30 14:05
インレッドさん こんばんは
庚申山は足尾の1部でしょうか、庚申山、袈裟丸山位しか登った事がありません、無名峰でも大きな山ですねー、急斜面を下ってしまうなんて、すごすぎです。稜線も細くて怖そうですが独り占めの山はやっぱり気持ち良さそうですね。
今年もいっぱい楽しさや感激させてもらってありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
夢創歩
2013/12/30 17:38
まな さん、今晩は。
沢入山はヤシオやシロヤシオの咲く頃は登って居ません、その頃は袈裟丸か薬師・夕日方面に行って居ましたので、来年はその頃に沢入山に登って見ようと思っています。いちど庚申山から行って見たいのですが、なかなか機会が無く行く事が出来ません。
インレッド
2013/12/30 19:21
みっちゃん さん、今晩は。
昨日は私も大掃除をしましたよ!!。いつも恒例なので、換気扇まで掃除しました。
今年も沢山の山に登りました。いつも見て戴き有難うございます。
インレッド
2013/12/30 19:24
本読み さん、今晩は。
今年も大変お世話になりました。
今年は体調がイマイチのようですが、山に登れば治りますよ!!。
会社では病気の面倒までは見て呉れませんから、それなりに頑張って下さい。
インレッド
2013/12/30 19:28
夢創歩さん、今晩は。
ここは標識も登山道もありませんが、細尾峠から薬師や夕日方面はシロヤシオの咲く頃(5月末ころ)は素晴らしい所です、標識も登山道もしっかりありますから是非登って見て下さい。
     来年も宜しくお願い致します。
インレッド
2013/12/30 19:31
peroさん、今晩は。
いつも気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/12/30 19:33
こんばんは
松木村があった辺りの下から二枚目の写真は、アメリカの西部劇に出て来たような場所で荒涼とした場所ですね。
人間が胴の精錬などと手を加えなければ、もっと豊かな自然が見れたのかもしれませんが、徐々に緑多い大地を取り戻してほしいですね。
今年はインレッドさんのお陰で、行く事の出来ない場所の情報を沢山知る事が出来、見ている者の心に残る素晴しい写真も拝見でき有難う御座いました♪〜
どうぞ良い年をお迎えください。
リッキー
2013/12/30 19:47
こんばんは
日差しに真っ白な雪が眩しいです。
青い空と少し寂しげに見える山並みが美しいです。
もうすぐ深い雪に埋もれる山なのでしょうか。

素晴らしい自然の姿を教えて頂いてありがとうございます。
どうぞ良いお年をお迎え下さい!
hanasaku
2013/12/30 19:56
こんばんは。
今年最後の静かな山歩き、お疲れ様でした。
NHKの朝ドラ「ごちそうさん」に銅の鉱毒の話がでてきます。日本の成長のために幾多の公害が発生し、今でも苦しんでいる人がたくさんいらっしゃることを、忘れてはならないと思います。
良い年をお迎えください。
カスミッシモ
2013/12/30 20:00
 ご無沙汰していました。今晩は!
 インレッドさんらしい山納めですね。静寂の中にも温もりを感じます。
 鉱毒のため木々が枯れ、禿げ山ばかり・・・ 寂しき限りです。自然の回復力は人智の及ばぬほどの凄さがあると常々思っているのですが、ひとたび崩れると回復は並大抵ではないのですね。少しでも早く青々とした森に生まれ変わって欲しいものです。
 今年は、大変失礼なことも致しましたが、インレッドさんからは沢山の励みを頂きました。御礼申し上げます。ありがとうございました。
 来年もお元気でご活躍されんことを期待しています。どうか佳いお年をお迎えください。
甘納豆
2013/12/30 21:23
リッキーさん、コンニチハ。
本年もお世話になりました。
押し詰まっての登山でしたが、案外良い山域でした。出会うのは大きな鹿の群れや猿軍団に、たまに猪でした、踏み跡が微かにあったのはその獣道のようでした。こんな人知れず聳えて居る山も静かで良いものですね。

     良いお年を!!。
インレッド
2013/12/31 09:56
hanasakuさん、コンニチハ、
沢山の美しい花々を有難う御座います。
「蔓梅もどき」と言う記事を以前に私も出した事があります。今まで私のブログ記事で一番読まれた記事です。機会がありましたら、読んで見て下さい。
http://ymanotayori.at.webry.info/200802/article_1.html
  上記URLをコピーしてペーストして見て下さい。

     良い年を迎えて下さい!!。
インレッド
2013/12/31 10:03
カスミッシモさん、コンニチハ。
この付近の山や渡良瀬川の下流では銅の精錬や煙害で多くの被害が出ました。山が禿げ山なのはその煙害もあるのですが、100kに及ぶ坑道の杭を作るため切り倒されたせいもあるようです。70軒程あった村落はその当時の金、僅か4万円で示談して他所に移ったようです。
インレッド
2013/12/31 10:11
甘納豆さん、コンニチハ。
久しく記事のアップがありませんでしたので、心配していました。
訳が解れば何でも無いのですが、解らないと何かまずいコメントでも入れてしまったかと悩みました。
上越の山に行きたいのですが、いつも雪模様でなかなか行く事が出来ません。昨年も雪が多かったようですが、この冬もかなり多いようですね、スキーもやりたいので楽しみです。
インレッド
2013/12/31 10:19
山じい さん、コンニチハ。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/12/31 10:25
やまびこ さん、コンニチハ。
いつも気持ち玉有難うございます。
インレッド
2013/12/31 10:26
今日は、今年も終わりになります。一年がとても早く感じます。色々ご指導頂きアリガトウございました。今年は私もお陰さまで自分の納得する山遊びが出来ました、平素登ってみたいと思っていた山や、気に掛けていた山に登ることが出来ました。また、沢登りも初めて経験することが出来たのもインレッドさんのお陰です。
コメントを何時もしていただき本当にアリガトウございました。新年も良き年になりますようお祈りいたします。
ローラー
2013/12/31 13:11
足尾の山はほんと一時無残な姿になりましたが、最近はだいぶ緑が増えてきた感じがします。
私も以前多分同じ尾根を経由して大平山〜社山方面に登った記憶があります。
同じように中倉山に登った時に気になった次第です。
あのあたり、登山コースはないように見えますが樹木が低く結構登れるなあと思いました。
土が脆かったりガレがあったりで少し登りにくいですが面白い山域ですね。
懐かしい山の記録を読んで嬉しくなりました。
では良い年をお迎えください。
kyou
2013/12/31 16:28
ローラーさん、今晩は。
今年も沢山のコメント有難う御座います。
お互い元気に山登りが出来て良い1年でしたね。同じ年齢の方に比べれば、案外元気な方かも知れませんね。まだまだ登りたい山がある時はきっと元気で過ごせると思います。来年もイッパイ楽しんで下さい。
インレッド
2013/12/31 17:41
kyouさん、今晩は。
大平山から社山まで行きましたか。健脚ですね。確かにもろい岩場があったりガレ場もありました。踏み跡は少しありましたが、獣道のようでもありました。今回は大平までは無理でしたが、その内行って見ようかとも思っています。来週あたりは阿世潟峠あたりから社山〜黒桧辺りまででも と思っています。
中倉から沢入山あたりはアカヤシオの頃も良さそうですね。
     良い年をお迎え下さい!!。
インレッド
2013/12/31 17:50
再コメントお許し下さい。
教えて頂いた記事を読ませて頂いて本当に驚きました。
大晦日はいつも母と過ごしていましたので今日も行ってきました。
もう四角い箱の中で眠っている母を撫でる事しか出来ないのですが・・・
不思議な導きさえ感じます。
胸がいっぱいになっています。
本当にありがとうございます。

どうぞ良いお年をお迎え下さい!
hanasaku
2013/12/31 18:58
鹿と猿にしか会わない無名峰。。。
登り納めもインレッドさんらしい山歩きですね。
今年一年素敵な山レポをありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。。。
mikko
2013/12/31 20:59
hanasakuさん、早速、見て戴き有難うございます。
蔓梅もどきのリースの話しはフィクシションですが、鹿の話と私の両親の話しは本当の話です。今もその時の両親の写真はベットの横に飾ってあります。私は60を超えるまで母の顔を知りませんでした。妹の姿を覗きに行った時、木に隠れて眺めて居ましたが、その木は桜の木で丁度満開でした。その為か桜の花を見ると母を想い出します。そして微かな花の香りは母の香りのような気がします。
インレッド
2013/12/31 22:05
mikkoさん、ご無沙汰していますが、
ワンちゃんの具合は如何でしょうか。良く面倒見てやって下さい。そして元気になったらまた山を再開して下さい。

  良い年をお迎え下さい!!。
インレッド
2013/12/31 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
登り納めは、足尾山塊の無名峰  2013/12/29日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる