インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 根子岳でBCスキー 2014/2/1日。

<<   作成日時 : 2014/02/01 22:27   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 40

折角購入したスキーも1月4日に滑っただけで、物置小屋に眠っています。今日は久し振りに、そのスキーを背負って根子岳に登ろうと思います。奥ダボススキー場からスノーキャットの通る登山道は昨年に登っています。夏道も何度か登った事があり、今日はバックカントリー スキーを楽しもうと思い、その中間にある雪の広野を登り、帰りに滑って来ようと思います。

     今日登る途中からの根子岳
画像


奥ダボススキー場に背を向けて、夏ならばゴルフ場なのか牧場なのか、広い雪の広野をスキーを背負って、スキーブーツにスノーシューを履いて歩き始めました。

     歩き始め、後ろに奥ダボススキー場
画像


今日は春霞のように空は霞んでいて遠望はありません。あまり寒くは無く、期待していた霧氷は見られません。雪もいつもの年に比べれば、少ないような気がします。

     振り返って
画像


     霧氷になれば「雪桜」のような景色になるのですが・・・(奥に根子岳)
画像


今日は白い雪に写る木々の影絵を楽しみながら、いつものように登山道の無い雪の広野を一人ラッセルしながら登りました。

     木の影絵と私の陰
画像


画像


画像


画像


1月末から2月始め頃が一番寒い時期ですが、
花の便りもポツポツと聞こえて来て、
今日のように暖かな日も少しづつ
少しづつ多くなり、
雪の広野を歩いていても 想いは
もう春の花へと飛んで行き
この山の花々を想いながら
私の心は もう春隣りになっています。

画像


画像


画像


画像


たまには自分の画像を出せと言われていますが
取りあえず影絵で 良い男振りを想像して貰い
その内何とか・・・

画像


画像


画像


ゲレンデ スキーでは無くて、帰りはこんなオープンバーンや・・・
画像


画像


画像


林間のコースを スイスイと     転びながら・・・
画像


画像


転んでしまえば立つことも ままならずに・・・

画像


山頂直前のピークまで来ましたが、スキーブーツでのラッセルで疲れ
ここで食事にして帰ります。

画像


さあ一気に滑って 転んで帰りましょう!!
画像


雪質は粉雪に近い少し湿った雪でした。転んでしまえば、
ストックを付いても手を付いても、潜ってしまい、
それこそ雪ダルマのようになり下山しました。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
スキーブーツにスノーシューって歩きにくいのでは?
雪山へ行くと、帰りは滑れたら楽だろうと思いますが、
持って行くのも大変でしょうね。
私はぜいせいアイゼンとスノーシュー位にしておいて、
後はインレッドさんのレポで楽しんておきいますね。
さえ
2014/02/02 07:57
おはようございます
よ〜 男前の影絵に 力強い男らしさと前向きな人間の姿を垣間見させて頂きました♪〜
スキーブーツでの登りはさぞ厳しかったでしょうね・・・こんなに素晴しい自然の中にいたら何もかも忘れ、例えスキーで転んでも、これまた楽しですね♪〜
私もスキーの出番を増やして上げなくちゃと思いましたが、随分と雪の量が少ないですね。
リッキー
2014/02/02 08:13
こんにちは。絵になりますね〜〜♪
何時もの風景に着眼点抜群のインレッドさま〜〜
画像でしかお会いしていませんで・・お会いしたいな〜と
何時も親しいようにコメントもお答えして戴き嬉しいです♪
願望は実現致しませんが・・いや〜本当に羨ましいで〜す。
今日も良い事ありそう、素敵な画像見せて戴きました♪
昨日は○○市美術館で友人の日本画・出品画見てきました。
写真の部も素晴しかったですね!!。

インレッドさま「デジブック」の募集も有りますね、如何ですか?。
たかちゃん
2014/02/02 10:09
インレッドさん こんにちは
そろそろあの雪桜を見せていただける頃かなぁと思っていましたが、やはり今年はそちらも暖かいのですね。
スキーブーツではさぞお疲れだったでしょうが、それでも真っ白な雪原に足跡を付けていくのは楽しかったでしょうね。
なかなかそんな広野に行く機会がありませんので、樹形の影絵も楽しませていただきました。
そうそう、インレッドさんの少年のような影も (^^)
春隣り♪ 雪国の方たちには想いはおよばなくても、やっぱり私もです。
はなねこ
2014/02/02 14:51
さえ さん、今晩は。
スノーシューにスキーブーツでは足首が固定されて歩きにくいですが、スノシューには、ヒールリフターが付いていますので、カカトが少し高くなり、その割にはそれ程大変では無いのですが、登山靴よりはやはり疲れます。ここは奥ダボススキー場からスノーキャット(¥3000)に乗れば山頂まで直ぐに行く事が出来ます。歩いて登っても緩い登りでそれ程大変ではありませんから、是非歩いて見て下さい。その道ならばラッセルはありません、アイゼンだけで充分です。
インレッド
2014/02/02 18:38
たかちゃん さん、今晩は。
日本画は大好きですが描くのは難しいし、絵具は高そうで、描いたことはありませんが、また絵は描こうかなー と思っていますが??。
ハマジンチョウは私も見てみたい花です。
インレッド
2014/02/02 18:43
リッキーさん、今晩は。
今年はこの辺りは雪は少ないようで、途中の道路にも雪はありませんでした。群馬の赤城や武尊などは結構積っていますが・・・。
新雪の上を滑るのは結構難しくて何度も転び雪ダルマになって下山しましたが。楽しかったです。
インレッド
2014/02/02 18:50
はなねこ さん、今晩は。
ここは緩い登りですから、案外楽に登れます。奥ダボスからならばスノーキャットと言うキャタピラー車(10人乗りくらいの)¥3000で山頂まで載って行く事も出来ます。山頂付近は雪のモンスターにもなっていますので是非登って見て下さい。それ程混んで居ませんから大丈夫です。その道ならばアイゼンくらいで充分にのぼれます。寒ければいつでも霧氷になっています。
インレッド
2014/02/02 18:55
寝太郎さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/02/02 18:59
電光オズマさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/02/02 19:00
MORINOBUNAさん 今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/02/02 19:02
山じい さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/02/02 19:29
こんばんは
誰の足跡も無い雪原を歩くってどんなかなって想像してしまいます。
シラカバは雪よりも白い肌をしているのですね。
少し強くなった日差しに影が濃くなっている様な気がします。
雪だるまになっちゃったのですか!
お風邪ひかれませんように。
hanasaku
2014/02/02 20:45
hanasakuさん、今晩は。
そうですね白樺は雪と同化するのでしょうか??。本当になんだかそんな気がします。誰も踏んだ跡の無い雪の上を歩くのは大変気持ちが良いのですが、周り中真っ白ですと、汚してしまい少し畏れ多いような気がします。ここは春にはレンゲツツジが咲き木にはズミの花が咲き、夏には珍しいシキンカラマツ(紫錦落葉松)も咲く山です。
インレッド
2014/02/02 21:04
初めてコメントします。
はなねこさんの所にはたびたびおじゃましています。
笹本稜平さんの”駐在刑事”を読んでいるとコメントしてあったので、とんできてしまいました。
私も読みました。その他にもいろいろ読みましたが、興味をそそられる本が多かったです。
去年、根子岳をスノーシューで歩いてきました。
頂上から見た雲海に浮かぶ白馬、鹿島槍を思い出します。
urara
2014/02/02 21:16
uraraさん、今晩は。
コメント有難う御座います。
笹本さんの小説は面白いですね、「春を背負って」も良かったですが、今度例の「剣点の記」の監督さんが映画にするようです。今は「尾根に吹く風」を読んでいます。
この山は毎年今頃に登っています。いつもは奥ダボスから1本リフトに載って歩いて行き、帰りはゲレンデを滑って来たのですが、今回は真ん中の尾根を歩き山頂手前のピークまで登り、林の中や広い雪の原を滑って来ました。かなり気持ちが良かったです。
uraraさんも、ブログをアップしていましたら、お邪魔しますので、URL教えて下さい。
インレッド
2014/02/02 22:33
ミニミニ放送局 さん。今晩は。
気持ち玉有難う御座います・
インレッド
2014/02/02 22:45
peroさん、今晩は。
いつも気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/02/02 22:46
コメントありがとうございます。
私が最初に読んだ笹本稜平さんの本は”還るべき場所”でした。
感激して涙が出てきてしまい、電車の中で読んでいたのですが、気づかれないように涙を拭いたのを思い出します。
”尾根を吹く風”は読んだので、春を背負って”は今度読んでみたいと思います。
それからブログですがアップしていません。
でも山歩きは好きなので、みなさんのブログを楽しみに読ませていただいています。
urara
2014/02/03 08:24
uraraさん、今晩は。
コメント有難う御座います。
「春を背負って」は人生の教訓のような言葉があちこちにあり、良い小説と思います。「尾根を吹く風」はちょっと題名を間違いました。本当は「尾根を渡る風」ですね。こちらは「駐在刑事」の続きのようで、やはり面白かったです。
    これからも宜しくお願い致します。
インレッド
2014/02/03 18:20
こんばんは。
昨年、根子岳を歩きましたが同じ山とは思えません。別世界に行ったようです。
雪も踏み跡がないと、美しいです。気持ち良さそう!
カスミッシモ
2014/02/03 20:29
雪だるまインレッドさん こんにちはぁ

あの根子岳から転がり落ちていたのはインレッドさんでしたかぁ〜
湯の丸から「誰かなぁ?」なんて眺めて居ました。
スキー靴にスノーシューを着けてのラッセルは足枷でもはめられた様なんでしょうねぇ
私も湯の丸で大変な目に遭い、改めてインレッドさんのタフガイぶりを実感しました。

あの氷の砂の中で転倒してはスキーを着けていなくとも起き上がるのは容易ではありません。

雪の蟻地獄を初めて体験した達磨なのでありましたぁ〜 (雪ダルマと言うより雪ドザエモンになりかけました・・・笑)
達磨の次男坊
2014/02/04 12:38
こんばんは
パソコンが故障したり・・・桜草の植え替えが始まったり・・・葬儀が続いたりでご無沙汰ですみません。

根子岳は夏山とは全然違う風景ですね。
思いっきり滑るインレッドさんの姿を思い浮かべながら写真を楽しませていただきました。
keykun
2014/02/04 17:11
雪面上の樹木のシルエットがキレイですね。
暫らくスノーシューもスキーもしていないので、こちらを拝見して以前たのしかった年を想い出しています。
間をあけると雪山にいくのが怖い気もしています。息子たちには、年齢的に無理しないように!って言われてます。((+_+))
やまびこ
2014/02/04 17:48
インレッドさん こんばんわ
土曜日に根子岳でしたか、私は仲間と白駒池でした。スキー場から上がった林の中は雪が深くて難儀しました。スキー靴のツボ足登りを赤城でちょっと試してみましたが私には到底無理ととすぐやめてしまいました。やっぱりインレッドさんはすごすぎです。雪と影が素敵ですねー 恰好がイカシてます。
根子岳も行って、雪桜を見てみたいです。
夢創歩
2014/02/04 18:08
カスミッシモさん、今晩は。
今回は登山道の無い所を登りました、夏道はこの右側で、冬のスノーキャットなどの登る道は左側にあります。その真ん中付近を登りました。こ日は案外暖かな日で霧氷は見られませんでした。通常ならば大抵は霧氷が見られるのですが・・・。
また冬にでも是非登って見て下さい。
インレッド
2014/02/04 19:17
達磨の次男坊さん、今晩は。
長ーい工事中ですね、また酔っぱらって居ましたか??。
雪達磨よりドザエモンでしたか、確かに私もそんな風でしたよ。
スノーシューにはヒールリフターが付いていてカカトが上がるようになっていますので、その割には案外大丈夫でしたよ!!。
インレッド
2014/02/04 19:24
keykunさん、今晩は。
桜草はピンチのようですが、大丈夫でしょうか??。
今回登った道は登山道の無い所を登りましたので、違った景色に見えるかも知れません。夏道と冬道に中間くらいの所を登りました。
インレッド
2014/02/04 19:28
やまびこ さん、今晩は。
年だから注意するようにとは、私も孫や家内にも言われていますが、年だから楽な山ばかりでは、あまり達成感がありません。少し無理してでも登って山頂に着けば、まだまだ頑張れると つい思ってしまいます。本当はそれが年よりの冷や水なのかも知れませんが・・・。
インレッド
2014/02/04 19:32
夢創歩さん、今晩は。
白駒池辺りを歩いて来ましたか。その先のニウまで行くと素晴らしい展望なのですが・・・。根子岳は冬は殆ど毎日のように霧氷になるのですが、この日は案外暖かだったようで、霧氷にはなりませんでした。是非今頃に登って見て下さい、素晴らしい霧氷の雪桜に出会えると思います。
インレッド
2014/02/04 19:36
やっと さん、今晩は。
いつも気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2014/02/04 19:37
ハンスさん、今晩は。
いつも気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/02/04 19:38
丁度、2週間前の11日に登った時は霧氷や標高を上げて来ると樹氷が見事でしたがずいぶんと景色が違いますね。
だだっ広いコースなので天気が安定していないと怖い所だな〜と思いながら初めて歩いて来ました。
夏道とスノーキャットコースの中間あたりと言うと車はどの辺に止めて歩き始めたのですか?
又、その辺でばったりとお会いしたいですね!
izumi
2014/02/06 11:28
こんにちは。
雪の具合で転んだら起きずらいのですね。
さっそうと滑って降りられるお姿しか想像出来ません。
以前に一度だけブログで写真を拝見したことがあります。
影なので良く分かりませんが痩せられたのでは?
陽射しが春の様で気持ち良さそうですね!
みっちゃん
2014/02/06 14:21
izumiさん、今晩は。
車は裏ダボススキー場の駐車場に置いて、スキー場には背を向けて歩き始めました。スノーキャットの通る道も楽で良いのですが、同じコースをスキーで降りて来ると30分も掛らないで降りてしまいます。誰も居ない林間や広いオープンバーンを滑って降りたいと思い中間付近を登りました。こちらも霧氷になれば雪桜や1本桜のような景色になり素晴らしいですよ。今回はスキー靴でラッセルでしたので疲れましたが、登山靴にスノ−シューならば、それほど苦労せずに山頂に届くと思います。
インレッド
2014/02/06 21:58
みっちゃん さん、今晩は。
粉雪に近い雪でしたので、ストックをついても、手をついても、潜ってしまい、ザックを背負っていますので、転ぶと立つのに苦労しました。やせたら良いのですが、少し太ってしまい、歩くのが弱くなりました。この日は案外暖かく雪もいつもの年よりは少ないような気がしました。
インレッド
2014/02/06 22:07
こんばんは
スキーブーツでの山登りは大変そうですが それだけの価値のある下りなのでしょう
雪山での下り道ではソリでもあれば楽しそうと考えたりしますが
コントロールできずに木に体当たりしそうです
シリセードがちょうどいいところですね
シィーモ
2014/02/06 23:47
ご無沙汰していますが相変わらず雪山へですね。
ここは同じ長野の山ですが中々行く事が出来ません
雪の影絵は中々のアイデアと思います。
nori
2014/02/07 19:36
シィーモさん、今晩は。
ここはヒップソリでも持って来て降りれば結構楽しいと思います。
寒ければ霧氷が綺麗ですし、山頂付近はモンスターにもなっています。
機会がありましたら登って見て下さい。
インレッド
2014/02/07 19:39
noriさん、今晩は。
もう少し天気が良ければ、飯綱山あたりにスキーを持って行こうと思って居ました。この日は少し霞んでいたので、こちらにしました。その内そちらに出掛けますよ!!。
インレッド
2014/02/07 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
根子岳でBCスキー 2014/2/1日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる