インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪光るタカマタギ  2014/4/12日。

<<   作成日時 : 2014/04/13 15:09   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 55

NHKのラジオ深夜便を聞きながら、まだ薄暗い道を走っていると、道路脇の桜の花がボンヤリと薄墨色に浮かんで見え、赤城の嶺々は濃い橙色に染まり始めました。今日は花に背いての厳しい登山になりそうですが、天気は上々のようです。

     棒立山よりタカマタギ
画像


新潟県の土樽駅付近から、棒立山・タカマタギと登りますが、普通の登山者にはあまり馴染みのない山域です。登山道は無く、無雪期は藪の濃い山で、残雪期限定の山ですが、残雪登山の好きな「山ヤ」さんには結構人気があり、展望も素晴らしい山なのです。

    車を置いた毛渡沢付近より棒立山(タカマタギはこの奥の山でまだ見えません)
画像


登山道は無い為、以前に登った方の軌跡ログを参考にして、カシミールで今日のルートを作り、GPSにダウンロードして持って来ました。雪の積る林道を少し歩き始めると平坦になった尾根に取り付く踏み跡が幾つかありましたが、私の作ったルートではもう少し先から尾根に取り付くようになっています。

     登り始め
画像


GPS通りに尾根に取り付くと深い針葉樹の中の登りになり、もう雪も無くなりブッシュの中の藪を漕いで登り、少し高度が上がると、所々に残雪がまだ残っていて、その雪を拾いながら登りました。

画像


背中には「ワコ」さんが亡くなった荒沢山と足拍子山が、私を見守るようにいつも眺めています。

     荒沢山(左)足拍子山(右)
画像


画像


画像


まずこれから登る棒立山が木々の間から見え隠れしていますが、まだまだ遠い!!

画像


画像


踏み跡は幾つかありましたが、数日前のトレースのようです、アイゼンやつぼ足もあり、ザラメ雪ですが埋まる事はありません、それでも長い登りが続くため、ヒールリフターの付いたスノーシューの方が爪先上りにならず、登りやすいので、スノーシューを履いて登りました。

     登る途中より茂倉山
画像


タカマタギは標高が1529mあります、登山口は500mくらいですから、今日は標高差1000m程です。途中には棒立山も含めて4ツ程ピークがあり、アップダウンのキツイ登りが続きます。

     振り返って前の白いピークを越え、次に1040m峰に登ります。
画像


登山口を私が登った手前から入った方は、この下の画像の雪崩の下あたりを登らなければなりません。やはり地図でルートを作り、この尾根を登った方が正解だったようです。

   目指す棒立山
画像


画像


画像


画像


     棒立山近くの登り
画像


画像


日陰の斜面はまだ凍っていて、この辺りで12本爪アイゼンに履き換えて登りました。直前はかなりの急登で滑落すれば止まりそうにありません。キックステップをしてピッケルを深く突き刺しながら登り、写真を撮る余裕はありませんでした。

     棒立山山頂(1420m)より巻機山より柄沢・朝日方面と下に荒沢・足拍子山
画像


山頂は少し広い台地になっていて、展望は遮るものの無い大展望です。疲れたらここまでにして下山しても充分満足する展望です。しかしここから眺めるタカマタギは、雪庇を残した尾根の上にまだまだ充分に雪を残して、しかも春の眩しい程の光を照り返し、それこそ白銀になって聳えています。

     これから登るタカマタギ方面
画像


     苗場山方面
画像


    茂倉〜万太郎方面
画像


    仙ノ倉から日白山方面
画像


     登って来た尾根(奥に巻機山から朝日方面)
画像


    タカマタギに登る尾根
画像


光輝くタカマタギがだんだんと近くになって来ました。
なんと美しい山なのでしょうか、
こんな怖いほど美しい山に登って
良いのでしょうか???。

     山頂直下の登り
画像


画像


     登って来た棒立山方面
画像


山頂直下はやはり凍った雪の急登になりました。慎重にキックステップで
ピッケル頼りになんとか通過して、山頂への尾根に取り付きました。

     山頂方面
画像


画像


    タカマタギ山頂
画像


今日は案外暖かな春日和で
吹く風は汗ばんだ体には
気持ち良いくらいの風でした
その風が奏でる澄んだ音色は
もしかして
千の風になった
あの「ワコ」さんが奏でているのかも知れません。

     山頂より日白山方面
画像


月日の経つのは本当に早いもの
ワコさんが荒沢山で亡くなってから
もう4年も過ぎました
私のブログを読んで
この山の正面に連なる
日白山から このタカマタギに登り
そして
この山の後ろに聳える
荒沢山に登り
そこで短い命を散らしてしまいました。

    山頂より荒沢山・足拍子山の上に巻機山・柄沢山・朝日岳方面
画像


     仙ノ倉方面
画像


始めて日白山で会った時のコメントには
またこの山域で会えたら
嬉しいね
と書いてありました
亡くなった後は
暫くは
寡黙な日々を過ごしていましたが・・・・

     万太郎方面
画像


     茂倉山方面
画像


女だてらに単独で
テントを持ち、スコップ迄持って
こんな山奥に登る
貴方は素晴らしい登山家でした
貴方の踏み跡を
少しでも残して
誰かに知って欲しい
それが私の出来る
せめてもの
供養です。

    朝日岳の下に、七ツ小屋・蓬峠・武能方面
画像


    日白山から東谷山方面
画像
 

そんな事を想い
周りの景色を眺めて食事をしましたが
青くそして真っ白に輝く峰々が
滲んでしまい
霞んで来てしまいました

次にまたこの山域に来られるかどうか
私の歳ではもう解りませんが
そちらに行ったら
貴方の知らない
山の話しをイッパイしてあげようと思います。


そんな想いにふけりながら
一日中誰にも会う事のない
素晴らしい山を降りました。

     下山の尾根
画像




    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(55件)

内 容 ニックネーム/日時
私が登りたいタカマタギに行かれたんですね。
私はRWで楽ちんの谷川岳でした。
土曜日は風も穏やかで、少し霞んではいましたが、上越国境の山が良く見えました。
やっぱりインレッドさんの写真は素敵ですね。
chiaki
2014/04/13 17:33
インレッドさん、こんばんは♪
素晴らしい。o(*^▽^*)o~♪
山の醍醐味がいっぱいですね。
そして、亡き人を偲ぶ時間もこの山の美しさが導いているようです。(^^)/
クロちゃん
2014/04/13 18:41
こんばんは
 タカマタギでしたか、天気に恵まれて楽しまれたようですね。
私はgooのブログに変更しました。http://blog.goo.ne.jp/b1188/です。宜しくお願いします。
まきまき
2014/04/13 18:58
まだまだ冬山ですね。
標高差1000m、4つのピークを登ったり下ったり!!
山頂での雄姿が、ワコさんになにか話しかけているようです。
すばらしい山行でした。
本読みと山歩き
2014/04/13 19:07
こんばんは
胸がいっぱいになってしまって気持ち玉を付ける事が出来ませんでした。
すいません!
怖ろしい急斜面を登られたのですね。
そして風とお話しをされていらした・・・
山のお話はもっとずっと先に聞かせて下さいと話されている気がします。
山の大好きな方なんですもの。
hanasaku
2014/04/13 19:29
chiakiさん、今晩は。
今回は少々キツイ山なのでカメラはコンデジにしました。画像は全部コンデジですので、一眼ほどの画像ではありませんが少し補正をして撮りました。
谷川でしたか、こちらからでは茂倉の陰になってほんのちょっとしか見えませんでした。
インレッド
2014/04/13 20:32
クロちゃん、今晩は。
ここでもイワウチワの葉は沢山見かけましたがまだ蕾にもなって居ませんでした。連休の頃になればそろそろ見掛けるかも知れません。
ここは素晴らしい山域でした、機会がありましたら登って見て下さい。棒立まででも充分満足すると思います。
インレッド
2014/04/13 20:37
まきまき さん、今晩は。
引っ越ししたようですね。
ここは日白山よりもキツイ登りが続く山でした。眺めは日白山より谷川がに少し近い為、谷川の眺めは素晴らしい所でした。だいぶ藪が出て来ましたのでそろそろ終盤ですが、来年にでも是非登って見て下さい。
インレッド
2014/04/13 20:42
本読み さん、今晩は。
登り一辺倒の方が帰りは楽になり助かりますが、アップダウンがあると、疲れて帰る時も登りがありきつくなります。この日は足が攣れて4回ほど痛みがとれるまで休みました。歳ですね!!。それでも山は最高の山でした。
インレッド
2014/04/13 20:47
hanasakuさん、今晩は。
ワコさんは、男でも登れないような所を単独で登るような人でした、登山家としても素晴らしい人でした。
hanasakuさんも、花に関しては何時も素晴らしい感性の持ち主だなー と感心して読ませて戴いています。
インレッド
2014/04/13 20:53
peroさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/13 20:59
さくら さん、今晩は。
さくらさんは薔薇がお好きのようですね。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2014/04/13 21:05
こんばんは、インレッドさん。
タカマタギを登られたんですね。凄いですね。
私は、二度と登りたくない山bPです。
でも、展望はよいですね。
3月初旬に登った事が有るのですが、棒立山直下は体感で70度ぐらい有るように思われ何とか四つん這いで登りましたが、帰りは本当に足元が見えなく大変でした。
石川@
2014/04/13 23:16
タカマタギ登られたんですね。天気に恵まれると最高の山ですね。
10年ほど前の3月中旬頃歩いて展望に感激。
今年登ろうかなと思ってて時機を失してしまいました。
インレッドさんのレポで心を癒してます。
タカマタギから眺めた日白山は翌年登りました。

山に登って山で亡くなったお友達を偲ぶ…
何とも悲しいですね。
先月末トップクライマーの野田賢さんが山で亡くなりましたが、
あんなベテランが…と思いました。
山で命を亡くさないようにしなくっちゃと思うこの頃です。

kyou
2014/04/14 08:57
>こんな怖いほど美しい山に登って
良いのでしょうか???。

行くことができる人だけ
行っていい山ですね。
時を巻き戻したような美しい雪景色です。
ワコさんを偲ぶ静かな時間でしたね。
頂上の写真、カッコいいです。(^^)
nousagi
2014/04/14 09:16
山を黙々と歩く時間って誰かへの追悼の時間かもしれませんね。
私も時々母を思い出したりしています。

時々、何で山に登るの?って聞かれるけど、山を歩いている時間が好きなんだとおもいます。
大した山ヤじゃないし、テント担いで歩くわけでもないですが、自分にあった歩きをして行けて、行けない所はインレッドさんのレポで楽しませていただきます。
今回もありがとう!
さえ
2014/04/14 10:20
こんにちはぁ
やっぱりお師匠さんは違いますねぇ
とても綺麗な山ですが、反面、怖さも伝わって来ました。
実は、凍った斜面の下りで1.5mほど滑り落ちたことがあります。
なので、このコースの本当の怖さは下りではなかったのかと想像します。
手練れのインレッドさんならではの記事ですね
きっとワコさんも荒沢山から手を振っておられたと思います。
達磨の次男坊
2014/04/14 12:27
こんにちは
ご無沙汰ですみません。
前週のブログ・・・ユキワリソウたちはため息交じりで拝見しました。
今週の雪山登山のブログ・・・インレッドさんを畏怖の念で拝見しました。
素晴らしい景色ですね。
それにしても危険がいっぱいの雪のコースノレポ・・・いつもながらのひとこと・・・すごい!!です。
keykun
2014/04/14 16:44
石川@さん、今晩は。
3月初旬ではラッセルがきつくて、きっと私には登れないと思います。棒立山の直下の登りや降りは私も怖かったです。同じく四つん這いでした。それでも棒立からのタカマタギは圧巻の眺めで暫く呆然としていました。そしてそこからタカマタギへ行く事が出来るのだろうかとも思いました。でも行ってやはり良かったと思いました。
インレッド
2014/04/14 19:53
こんばんは
とても綺麗な写真ですね
そして今にも滑落しそうな斜度と雪庇
雪山に憧れますが 私にはこの山は無理なので
写真を拝見し行ったつもりになって満喫しています

シィーモ
2014/04/14 19:56
kyouさん、今晩は。
日白山には何度か登りましたが、こちらの方がずーっときつかったです。棒立とタカマタギの直下は滑落しそうで、ピッケルを持って居ても怖かったです。それでも展望は素晴らしい山ですね、ただただ圧倒されていました。
インレッド
2014/04/14 19:57
nousagiさん、今晩は。
白銀に輝く山とは、こんな山なのだろうと、つくづく感じました。素晴らしいなんて言う言い方では表せないほど畏怖の感じがする山でした。棒立山まででも素晴らしい山ですから機会がありましたら登って見て下さい。
インレッド
2014/04/14 20:01
さえ さん、今晩は。
そうですね、なんで山に と言われても 好きなだけですね、それに自然は嘘を付きません、人間の社会で仕事をしていると、騙されたり、騙したり、嫌なこと、辛い事もじっと堪えたりしなければなりませんが、山ではただただ黙々と歩くだけで、自然と付き合う  それが返って良いのではないでしょうか。
インレッド
2014/04/14 20:09
達磨の次男坊 さん、今晩は。
そうですね、降りの方が怖いのですが、今回は登るときは斜面が凍っていましたが、降りでは少しザクザクになり、ピッケルも深く突き刺さり、少しだけ楽でした。それでも滑落しないようにと、かなり慎重に降りました。一旦滑ってしまったら、なるべく早くピッケル等で止めないと、滑落すればするほど止まらなくなります。最近は雪山がお好きになったようですから、ピッケルもぜひご用意下さい。
インレッド
2014/04/14 20:16
こんばんは。
この上なく静かで穏やかな天候の下で、ワコさんとお話しができてよかったですね。
初めてインレッドさんとお会いしたのが寡黙な日々を解禁してまもなくの頃だったことを思い出します。
美しい山々には、神々しさを感じます。
アイ
2014/04/14 20:18
keykunさん、今晩は。
最近カメラは変えましたか??。keykunさんの画像の色が少し変わったような気がしました。
前回の雪割草は長岡市の山ですが標高は100mくらいの山??なので楽過ぎる山でした、行かれるような事がありましたら、コメントでも結構ですからお知らせ下さい。
インレッド
2014/04/14 20:20
シィーモさん、今晩は。
この登山口の毛渡沢は渓流釣りの方が結構入る沢ですね、良く沢登りで、仙ノ倉の西ゼンやダイコンオロシ沢などに入った事がありますが、必ず釣りの方と行き会う所です。まだでしたら是非入って見て下さい。
インレッド
2014/04/14 20:24
アイさん、今晩は。
そうですね、平標でお会いしたのが6月でしたね、アイさんが荒沢山で亡くなったのは4月末でしたから、やっと山に帰れたころでした。
この山のように美し過ぎる山は畏怖の念を感じます。大変素晴らしい山ですから、アイさんにも是非登って貰いたい山なのですが、ワコさんのようになってしまうと、今度は山に帰れなくなりそうですので・・・。
インレッド
2014/04/14 20:55
山じい さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 20:56
achisiさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 20:57
テントミータカさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
次回あたりはミータカさんの好きな山域の端っこ
にちょこっと行こうと思っています。
インレッド
2014/04/14 20:59
OZMAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 21:01
やっと さん、今晩は。
いつも気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 21:02
青木院長さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 21:03
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 21:04
カスミッシモさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 21:06
ミニミニ放送局 さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/14 21:07
インレッドさんらしい山歩きですね。
私の体力・技量では見ることの出来ない素晴らしい景色を見せて頂きました。
山頂でピッケルを掲げるインレッドさんの男前な後ろ姿。。。
きっとワコさんにも思いは届いている事でしょう。
mikko
2014/04/15 13:21
インレッドさん お久しぶりです。
お花三昧から残雪の多いタカマタギに登られたんですね。
素晴らしい景色で感動された様子がわかります。
お花を追っかけて信濃路へ。守屋山の大展望、高遠のコヒカン
桜、天白公園のミツバツツジ・桜・三色の咲き分け花桃・レン
ギョウを見て楽しんで来ました。

2014/04/15 16:23
mikkoさん、今晩は。
後ろ姿だけは男前なのですが??。前の姿は見せない方が と思いまして・・・。私も後ろ姿は久し振りに見ましたが、少し猫背になっているのが気になりました。やはり歳のせいでしょうか。
ここは本当に素晴らしい景色と、素晴らしい山でした。途中の棒立山まででも充分ですから、機会がありましたら登って見て下さい。
インレッド
2014/04/15 21:10
夢さん、今晩は。
本当に久し振りでしたが、お元気のようで何よりです。
守屋山はどちらの山頂からでも展望は良いですね、座禅草はまだ咲いていたでしょうか??。高遠の桜は私も以前に見に行きましたが、その時は帰りに入笠山に登りました。
インレッド
2014/04/15 21:15
江戸川乱歩さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2014/04/15 21:17
izumiさん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2014/04/15 21:18
みっちゃん さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/15 21:20
インレッドさん こんばんは
カシミールを見ながら拝見しました、日白山からタカマタギ、ワコさんの話と重なってその素晴らしい景色に憧れと怖さを感じながら拝見してます。
二居から東谷山経由で日白山へ登ることも可能なんですか?

今年は何とか景鶴山に行きたいと思ってます。
夢創歩
2014/04/15 22:39
寝太郎さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/04/16 21:11
夢創歩さん、今晩は。
二居峠から東谷山経由で日白山には行く事が出来ますが二居峠までがちょっと雪の季節は解り難い道です。地王堂川沿いに登った方が楽に登れますが、雪崩の危険もあります。この山には経験者と行く方が良いと思います。
景鶴山にはゴールデンウイークの時ならば大勢の方が登っていますから、迷わないと思いますが、キツイですよ。
インレッド
2014/04/16 21:17
雪山とピッケルの画像、ステキです。
タカマタギ山頂の勇姿は誰が?タイマーで?撮られたのですか! カッコ良くて憧れます。
雪山に一人で登られたワコさん、勇気は称えられますが悲しむ人もイッパイいらっしゃるので‥  人の価値観は其々ですが‥拝見していて複雑な気持ちになりました。
やまびこ
2014/04/17 13:14
やまびこ さん、今晩は。
自分の写真はザックの上にカメラを置いてセルフタイマーで撮りました。こんな残雪の山に登ると家族や友達にも「止した方がよいのでは」といつも言われていますが、やまびこ さんも山登りがお好きなようですから、一度このような美しい残雪の山に登って見て下さい。きっと病み付きになりますよ!!。
インレッド
2014/04/17 19:57
インレッドさん、なかなか素晴らしい山ですね、
さすがわ谷川連峰の山です。私も長野から登り
に憩うかな
nori
2014/04/17 20:21
タカマタギ、懐かしいです。
またいつか登りたいと思いながらもうずいぶんと前のことになってしまいました。
ここは素晴らしいですよね。
もう行くことはないと思いますが・・・。
最近は知る人ぞ知るということで人気の山になってしまったようですが、
この日は人が少なかったのでしょうか?
テントを持って一泊してきましたけど、日帰りは大変ではありませんでしたか?
荒沢山も雪洞を掘ったりして懐かしいですが、インレッドさんにとっては辛い山にもなりましたね。
ワコ様は喜ばれているかもしれませんね。合掌
sanae
2014/04/17 23:46
noriさん、今晩は。
北アルプスも良いですが、谷川の山々もなかなか良いですよ。
写真になる景色がいっぱいありますから。テント泊で是非登って見て下さい。そして良い写真をいっぱい撮って見て下さい。
インレッド
2014/04/18 18:02
sanaeさん、今晩は。
トシちゃんの具合は如何でしょうか。一病息災と言いますから。大丈夫ですよ!!。
ここはテン泊でしたか、さすがですね、そんな重い荷物を背負って登るよりも軽装の方が楽なのでピストンで登りましたが。ここへは日白山からの方が楽なような気がしました。展望は素晴らしい山ですね。この日はトレースはありましたが、数日前のようで、誰にも会いませんでした、少し遅い時期だったからでしょうか。
インレッド
2014/04/18 18:08
こんにちは。素晴らしい景色見せて戴きありがとうございます。
ワコさまもきっとですね〜〜
いつも感動ありがとうございます。
「関東道の駅めぐり」工事中1駅まだ通行止めの1駅を残して
長野千曲川で終えました。明日から南長野へ行きますね。 
たかちゃん
2014/04/19 16:16
たかちゃん さん、今晩は。
関東道の駅を工事中を残して全部行って来たのですか、凄いですね。
何処は一番良かったでしょうか??。群馬の川場の道の駅が結構人気のようですが、如何だったでしょうか。
インレッド
2014/04/19 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
残雪光るタカマタギ  2014/4/12日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる