インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤城自然園で花を楽しむ。  2014/5/6日。

<<   作成日時 : 2014/05/06 21:11   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 46

四季折々の草花が咲くこの赤城自然園には、以前から行って見たいと思っていました。連休の最後の日ですが少し暇をもてあましていましたので、早速出掛けて見ました。

     山芍薬が丁度満開でした
画像


画像


この赤城自然園は昨年亡くなった、西武の堤清二さんが趣味で作った自然園のようです。複雑な家庭環境で育った堤氏が父親の康次郎さんや異母弟の義明さんとの確執や、自分が育てたセゾングループの盛衰のなか一時の安らぎを得るために作ったのでしょうか??。

     石楠花・ミツバツツジ咲く入り口付近
画像


画像


入園料は¥1,000ですがセゾンカードかJAFの会員カードがあれば¥500で入園できます。ここはセゾンガーデン・四季の森・自然生態園と大きく三つのグループに分けられています。まずツツジや石楠花の咲くセゾンガーデンから見て見ようと思います。

     アカヤシオ・ミツバツツジ咲く道
画像


     ヤマブキソウもあちこちに咲いていました
画像


    シロヤシオ(五葉躑躅)とミツバツツジ
画像


画像


画像


林の中に小さな小川も流れています、その傍にはヤマブキソウやカキドオシの花々が咲き、気持ちの良い森林浴になって来ました。

画像


画像


次に今日見たかった、山芍薬やシラネアオイの咲く「四季の森」へ行って見ようと思います。

画像


画像


     サクラソウ
画像


残雪の山歩きが私は大好きです。そんな時、雪の多かった場所が春になって雪解けの頃になると。そこには沢山のシラネアオイが咲いていて、始めて見た時からこの花は大好きになりました。山登りをやっている方には、そんな人が私以外にも多いことと思います。

     シラネアオイ
画像


画像


画像


画像


もう少し上に行き、木道の道になると、まだオキナグサも咲いていました。

     オキナグサ
画像


画像


始めて見るオオバナエンレイソウも咲いていて楽しい道になりました。

画像


画像


画像


新緑の道を少し回り込んで降りると、今日 一番見たかった花 山芍薬が沢山咲いている場所に着きました。
清楚で芯は華やかで、やはり美しい花です。

画像


画像


ナナフシ橋を渡り「自然生態園」に行きます。そこには沢山のイカリソウが咲き、ラショウモンカズラやフタリシズカ・クサボケなど、正に自然そのものと思う花々が咲いていました。

     イカリソウ
画像


     ラショウモンカズラ
画像


画像


     ニリンソウ
画像


     クサボケ
画像


さてこの辺りで珍しい花を見つけました、少し遠い所で咲いていて、今日は多くの人が訪れていますが、この花に気がついたのは、きっと私だけだと思います。一眼を思いっきりズームにして撮って見ました。

     クマガイソウ
画像


画像


白いイングリッシデージの咲く場所でベンチに座り一休み。ここまで沢山の花を撮り、もう2時間近くも歩きましたが、そろそろ終盤になって来ました。

画像


画像


坂道を出口に向って降りて行くと薄い紫色に染まった場所がありました。花の名前は知らない花で、掛りの人に尋ねてみて知りましたが、この花も始めて見る花でした。

     ツルハナシノブ
画像


画像


その他の花

             ツルニチニチソウ                         フデリンドウ
画像画像















                ツバメオモト                         タチツボスミレ?
画像画像















                タチツボスミレ                        白いスミレは??
画像画像















出口付近にも珍しい石楠花が咲いていました。

                 西洋石楠花
画像画像















ここは四季折々の花々が咲きます、これから夏になればレンゲショウマも咲き、シキンカラマツも咲いているそうです、昆虫館などもあり夏休みに子供や孫を連れて、木々の下を歩くのも良いかも知れません。

      駐車場付近のカワヅ桜
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん、こんばんは〜
自然園に行かれたのですね! 私は昨日! 曇りで陽がささずヤマシャクヤクやヤマブキソウは花が開かずちょっと淋しかったですがインレッドさんは満開の花たちに出会えてよかったですね! 植栽の花々ですが私はここが大好きです。
好きにコースをとって好きに撮影して・・・スミレもいろいろと種類を増やしてくれてるのでたのしめます! 
以前、休園する前にはアツモリソウもあったのですが盗掘されたんだそうです。こんな場所でも盗掘があるなんて信じられません!
案外自然園でバッタリもあるかもしれませんね(笑)
みちほ
2014/05/06 21:54
おはようございます。
百花繚乱!
こんなに素晴らしい場所があったんですねぇ
何度も訪れている赤城山なのに全然知りませんでした。
次の土日は仕事でその後は百姓に全力投球!来年に持ち越しです。
達磨の次男坊
2014/05/07 07:47
”園”というからもっと柵とかがあるかと思っていたのですが、自然な感じですね。それともインレッドさんの写真の撮り方でしょうか?
関西では山しゃくの咲く所は内緒にされている所が多いです。全般に貴重な花の咲く所は内緒にされています。インレッドさんの行かれる所はあっけらかんとされている所が多いし、花の数も多いように思います。

ところで、5月末に天水山へ行こうと思っていますが、伏野峠、松之山口とも通行できないようですが、インレッドさんはどのルートをお考えなのか教えていただけるとありがたいです。松之山口から入った所にあるブナ林がきれいだそうです。
さえ
2014/05/07 08:14
おはようございます。
本当に見事に咲いています。感動です。
季節ごとに咲く花の種類は移って行くのでしょうね。
赤城自然園を訪れてみたいです。
カスミッシモ
2014/05/07 08:49
こんにちは。百花繚乱♪見たいお花ばかりです。
大体のお花は巡り合っていますが、思い出しながら嬉しく
拝見いたしました。走ってばかりの道の駅めぐりばかりもね。
「道の駅 くらぶち小栗の里」開駅また行かなくちゃ〜、
楽しみ出来ました。一緒に散策したつもり〜〜楽しかった♪♪
たかちゃん
2014/05/07 10:53
インレッド様、これが「噂の」自然園ですね。
このヤマシャクヤク、本当にたくさんですよね。
あの微妙な丸み、ちょうど良いタイミングでしたよね。
こんな公園があったら、四季折々に楽しめそうですね。
るたん
2014/05/07 18:53
みちほ さん、今晩は。
ここは始めてでしたが、なかなか良い所ですね。私も気に入りました。アツモリソウは実はひっそりとあるんだそうでそうですよ。ただ盗掘されそうなので教えてくれないのだそうです。あとは雪割草・節分草があると良いですね。
インレッド
2014/05/07 19:28
達磨の次男坊 さん、今晩は。
ここは四季折々にいろいろな花が咲くようです、夏にも秋にも花があるそうですから、来年と言わずにぜひ今年見に来て下さい、シキンカラマツも咲くそうですよ!!。
インレッド
2014/05/07 19:31
さえ さん、今晩は。
ここは柵のある所もありますが、無い所もあります。殆どは柵はありませんが、花のガイドをする方が沢山居て、ちょっと花畑の中に足を踏み入れれば注意されます。
天水山は伏野峠から登れれば一番近いのですが、私が行った時もそこは通れませんでした、その為、松之山温泉から大厳寺高原まで行きそこから登りました。途中の棚田の景色や美人林も良いですから是非登って見て下さい。
インレッド
2014/05/07 19:41
カスミッシモさん、今晩は。
そちらの方が、この自然園に見に来られたらきっと感動ものと思います。見たくてもなかなか見られない花にきっと出会えると思います。レンゲショウマやシキンカラマツも夏には咲くそうですよ。ぜひお出かけ下さい。
インレッド
2014/05/07 19:44
たかちゃん さん、今晩は。
小栗の里はこの連休は大賑わいだったようです。小栗上野介は私は大好きな武士の一人です、幕府の要人をしていましたが、幕末の徳川時代が終わるのを予見して、横須賀に幕府の偉い人たちの反対を押し切って造船所を作りました、それまでは船はフランスやイギリスから輸入して居ましたが、日本でも船を作る事が出来るようになりました、その為東洋の一島国の日本がヨーロッパで一番強いロシアのバルチック艦隊を破ってしまいました。日本や中国など黄色人種は奴隷扱いされていた頃ですから、東洋の小さな国がヨーロッパ一の艦隊を破った事は、当時のヨーロッパの人には思いもよらぬ出来事で、それからは黄色人種への見方もも変わって来ました。それもみな小栗上野介のお陰だと思います。
インレッド
2014/05/07 19:57
るたん さん、今晩は。
ここは私も始めてでしたが、みちほ さんが良く行かれるようなので行って見ました。植栽されたものですが、良く手入れされて居て、もう自生のようになっています。始めて見る花々もありなかなか楽しい所です、結構広い所で四季折々に楽しめそうです、機会がありましたらぜひお越しください。
碧岩に行かれたようですが、大岩には???。
インレッド
2014/05/07 20:01
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/07 20:03
青木院長さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/07 20:04
achisiさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/07 20:05
peroさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/07 20:06
こんばんは

美しい所なのですね!
山芍薬の清楚な姿に圧倒されています。
シラネアオイはまだ見た事がなくて憧れています。
会いたい花がいっぱいです。
此処にいたら時間を無くしてしまいます。
ずっとずっと歩いていたい所です。
hanasaku
2014/05/07 20:35
インレッドさん、こんばんは〜
自然園に行かれたのですね! 私は4/28!(笑) 
ちょっとフライングぎみだったようで、ヤマシャクヤクはほとんどつぼみで、咲いていたのは一株だけでした。
園の中に三等三角点もありますね。(^^;
nan_chan
2014/05/07 20:45
ご無沙汰をしています。(*^^)
こんなに沢山の可憐な花が咲いている場所、初めて知りました。
手入れがされているのでしょうが、作られてない可憐さを感じられます。
見たことのなか花がいっぱいですが、四季折々の花が咲くのなら行ってみたいですね〜
全然話は違いますが、最近木内昇著「櫛引道守」を読みました。
読後しばらくはその世界に浸っていました(笑)
それで、同じ作者の「漂砂のうたう」を借りてきたのですが、あまり興味が沸かず、頓挫しました。インレッドさんは読まれた事ありますか?
何かお奨めがありましたら、ご紹介ください。
つれづれ
2014/05/07 21:05
うわぁ〜大好きな 自然園です♪
でも最近 行ってないです。。
秋に行くことが多くて こんなにも春満開なのですね(*^_^*)
整備されている公園ですが なるべく 自然のままにされているんですよね。
時間をたつのを忘れて 現実逃避には(笑)もってこいの場所だと思います。
まな
2014/05/07 21:46
うわぁ、色々咲いてますね。
ヤマシャクヤクも。
情けないのですが、6日にも八溝山に行ったのですが、カメラにSDカードを入れないで行ってしまいました。
綺麗に咲いたアズマスシャクナゲ、シロヤシオ、トウゴクミツバツツジ、ヤマシャクヤク、土曜日まで持ち越しです。
再度、土曜日に尋ねてみようと思います。
それまで、ヤマシャクヤクが持ってくれるかが問題ですが?
石川@
2014/05/08 07:04
hanasakuさん、お早うございます。
ここは高速ならば赤城インターで降りれば直ぐ傍です。バスも出ているようですから、ぜひ暇を見てお出かけ下さい。花々を眺めながら森林浴には大変良い所です、結構広い所ですが途中に休憩所もあります。きっとhanasakuさんならば一日中いても飽きない所と思います。
インレッド
2014/05/08 08:29
nan_chanさん お早うございます。
ここは丁度今頃が良いようですね。夏になればシキンカラマツも咲いているそうです。
そろそろ私も塔ノ峰か沢入山に行こうと思っていますが、周回が出来ればよいなー と思っていますが、藪漕ぎも多いようで考え中です。
インレッド
2014/05/08 08:33
ご無沙汰しております。今回の連休は遭難が多かったので心配しておりました。
 赤城自然園に行かれたんですね私は友人と以前から行ってみたかった川場村の「吉祥寺」へ出かけました。九輪草や水芭蕉を見てきました。最近お寺に知り合いが多くなって・・・。連休中は地元のお寺に誘われたのですが横浜へ行きました。連休中日本画家の若者の展覧会もあり・・・。今回の連休は家人と野菜の植え付けや畑の整理で終わりました。
 来月は那須の「藤森清治」さんの美術館に行ってきます。
 「風の又三郎」懐かしいですねえ。夏ごろは三陸鉄道の「銀河鉄道」に乗りたいなあと思案中。今友人が桐生の「鳴神山」に魅せられて毎週出かけているのでたまにはどうこうしようかと・・・。そんな近況です。
しまふくろう
2014/05/08 11:16
インレッドさん こんにちわ
赤城自然園、お花が沢山咲いていまして素晴らしい公園ですね。
見た事のないお花が…行って見たいです。
鳴神山へカッコウ草に会いに行って来ました。斜面いっぱいに
咲いていまして遥々行ったかいがあり感動しました。
山吹草も咲いていましたよ。

2014/05/08 14:24
つれづれ さん、今晩は。
面白そうな本ですね 早速予約した処一人待ちだそうで、すぐに読めそうです。木内さんの本は直木賞をとった、その「漂砂のうた」を読んだだけです。
私の好きな山唄の中に 木曽の山唄 があります。
   ♪♪木曽の山唄 何処まで届くよー
      風に乗せたいこの想いよー

     木曽は山どこ ひの木のでどこよー
      木遣り若衆の流れどこよー

     もしも麓に 待つ娘がいたらよー
      買って行きたいお六櫛よー・・・・
と言う唄があります。木曾の名物は お六櫛に今でも百草丸ですね。お六櫛で髪をとかすと頭痛が直るとか??。
最近読んだ本で面白かったのは、本読みさんにもお勧めしたのですが、笹本稜平さんの「春を背負って」です。六月に映画が封切りされるようですが、本の舞台は奥秩父ですが映画では立山になっています。その方が厳しい中に安らぎを描き出す事が出来てよいと思ったと監督は言っていますが、私はやはり奥秩父の方が良かったと思っています。甲武信岳のそばの梓小屋の主人とゴロさんと言う年配の使用人の物語ですが、ゴロさんの言葉がジンと心に響きます。同じ笹本さんの本で「尾根を渡る風」も面白かったです。こちらは奥多摩の山の物語です。
良い本があったら是非また教えて下さい。櫛挽道守 読んだらご連絡致します。
インレッド
2014/05/08 20:25
まな さん、今晩は。
今頃が一番花がイッパイ咲いているようですから、また暇をみてお出かけ下さい。そろそろ塔の峰か沢入山でもと思っていますが、本当は周回したいのですが、のんびり と言う訳にはいかない山域のようで、やはりピストンかなー。
インレッド
2014/05/08 20:30
石川@ さん、今晩は。
八溝にも山芍薬は咲いて居るんですか、素晴らしい山ですね、私の生まれ故郷にそんなに沢山の花の山があるとは嬉しい限りです。今週は何処に行こうかと迷っていますが、白毛門あたりか山梨の方にと思っていますが・・・。
    飲み過ぎにはご注意を!!。
インレッド
2014/05/08 20:35
魅さん、今晩は。
鳴神山はちょうどカッコウソウが満開の頃だと思いますから、ぜひ登って見て下さい。絶滅危惧種のナルカミスミレにも会えるかもしれませんよ!!。
インレッド
2014/05/08 20:38
夢 さん、今晩は。
遠路ご苦労様でした、カッコウソウは世界中で鳴神山にしか無い花です。サクラソウに似ていますが可愛い花ですね。ナルカミスミレもやはり絶滅危惧種の花です。
この赤城自然園も花がいっぱいで、四季折々に沢山の花が咲きます。是非お出かけ下さい。
インレッド
2014/05/08 20:43
OZMAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/08 20:44
ハンスさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/08 20:45
早速のご紹介をありがとうございました。
今は便利ですね〜早速ネットで図書館に予約しましたが一人待ちのようです(^^)v
流石物知りのインレッドさん、お六櫛という櫛がホントにあったのですね。
そんなことも知らずに読んでいましたが、何年か前に木曽路をあちこち寄りながらをドライブした時の山深い風景を思い出しながら読んでいました。
つれづれ
2014/05/09 12:50
つれづれ さん、今晩は。
木曽路は今でも良い雰囲気の残る所ですね、そこに行くとやはり「夜明け前」の藤村の事を想います、木曽は「火天の城」にも出て来ましたが、檜の産地です。江戸時代は幕府の管轄になって居て、地元の人は木を1本切っても首が飛ぶ と言われていました、藤村の父親は明治の新政府になれば桧は自由に村人が切れる時代になると期待していましたが、実際は国有化になってしまい、折角の産地がありながら自由に切る事が出来ませんでした。その為最後は牢屋に入れられて狂ったように亡くなりました。そんな事を想ったり、藤村の詩で好きな詩の「まだあげそめし 前髪の・・・」初恋なども想い出し、大変良いところですね、その内にまた行きたいと思っています。
インレッド
2014/05/09 17:35
山芍薬、素晴らしいですねぇ〜!
花の咲いている時期が極めて短く3〜4日で散ってしまうのですが、旬を逃さないインレッドさん。さすがです!

間違ってたらごめんなさいですが・・
ホタルカズラ → ツルニチニチソウっぽい?
アオイスミレ → アオイスミレは、地面にへばりつくような咲き方であまり立ち上がらないので・・もしかしたらタチツボスミレの仲間かも?
白いスミレ → エイザンスミレの白花か? ヒゴスミレかなぁ〜???
ぽぽ
2014/05/09 18:12
ぽぽ さん、今晩は。
ここはなかなか良い所ですから是非一度お越し下さい、赤城インターから直ぐそばです。
スミレはエイザンスミレ以外は全く不安ないで、少しいい加減に乗せてしまいましたが、その内詳しい方が訂正してくれるだろうと思っていました。ホタルカズラはやはり少し不安でしたので、園内の案内人の方に聞いて見たらやはりホタルカズラと言う事でしたが、いま改めて植物図鑑で調べてみたら、ぽぽさんのおっしゃる通りツルニチソウ見たいですね。さすがは植物博士です、改めて感心しました。
インレッド
2014/05/09 19:32
おはようございます。
山芍薬はいまだ山で見たことがありません。
数年前、
鈴鹿の山奥で「あの峠の向こうに咲いている」と教えてもらったのですが、結局巡り会えず。
あのおじさんの、秘密めいた話しぶりが妙に印象的で、それが為 山芍薬への思いが募るばかりです。(笑)

「神去なあなあ日常」の映画「Wood JOB」が封切られました。
読んだ本が映画化されたものは観に行くことにしているので、これはこれで楽しみに行ってきます。
本読みと山歩き
2014/05/11 08:35
雪山が終わって、可愛い花がたくさん咲きだしましたね。
自然のなかで出会う花々には癒されますものね!
益々インレッドさんの行動範囲が広がりそうですから、訪問をたのしませていただきたいと思います。(*^。^*)

やまびこ
2014/05/11 13:04
本読み さん、今晩は。
山芍薬の花は咲いて直ぐに散ってしまう花のようですから、会える日はごく僅かな2・3日だけのようです。週末登山者にはなかなか出会える機会が少ないと思います。
そうですか映画になりましたか、機会がありましたら私も見に行きます。
インレッド
2014/05/11 20:40
やまびこ さん、今晩は。
私にとってはまだまだ雪山は終わって無いんですよ。今週は花の山と思いますが、来週も雪山にと思っています。これからは残雪と新緑のコラボが大変美しいんです。そんな訳で今頃は花に雪山に忙しいです。
インレッド
2014/05/11 20:44
さくら さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/11 20:49
ミニミニさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/11 20:49
こんばんは。
沢山の種類がいっぱい咲いているのには驚きました!
山シャクヤクは見たことなく、可愛い花ですね。
自然園、一日中うろうろして居たいです。
みっちゃん
2014/05/11 23:48
みっちゃん さん、今晩は。
花好きな方ならば一日中花々を眺めて居たいような所です。最初は殆ど植
栽された花々ですが、なるべく自然のままに という堤さんの思いがあって、今は自然の中に昔から自生でもしていたかのように自然に溶け込んでいます。こちらに来られるようなことがありましたら、是非眺めてください。
インレッド
2014/05/12 20:18
いくら珍しい花でも
作られた場所では・・・と
思っていましたが、
ここは、行ってみたくなりました。
珍しい花が大量にあって魅力ですね。
遠いですが。。。
nousagi
2014/05/12 21:20
nousagiさん、今晩は。
つい忙しくて返事が遅くなりました。
今ブログを見せて戴きましたが、なんと連休中に4回も山に行かれたようですね。凄い馬力ですね、 
ここはなるべく自然のままに と言うコンセプトで作った所です、従って名前も自然園なのです、自然の生態そのままの自然園もあります。本当はクマガイソウやアツモリソウも有るのですが、そのような花がある事を教えてくれません。この画像にクマガイソウが載っていますが、ガイドの人は他の人に解らないように、カメラを向けて下さい と言っていました。通常は売り物にしたい花だと思うのですが、そうしないのが返って良いと思います。
インレッド
2014/05/15 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤城自然園で花を楽しむ。  2014/5/6日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる