インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 六万騎山から長森山と清水峠   2014/5/10日。

<<   作成日時 : 2014/05/11 14:31   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 38

数年前に巻機山の少し手前の山、威守松山に登り、その先の柄沢山へと登りましたが、時間切れの為、威守松山の少し先までで敗退した事がありました。今回はその柄沢山まで行って見ようと思い、午前3時に家を出て巻機山の登山口の桜沢へと向いました。処が登山口に着いて登る準備をと思ったら、なんとザックを家に置き忘れて来てしまいました。今更家に戻っても、仕方が無いので、登山靴やアイゼンは車の中にあるため、ザック無しでも登れる簡単な山に と思い、六万騎山からその先の長森山に行く事にしました。

     清水峠への道
画像


六万騎山は5月の連休の頃に何度も登っています。その頃はカタクリ・イカリソウ・イワウチワと沢山の花が咲いていますが、この時期になると花は少し遅いかも知れません。それでもその先の山、長森山へでも登れば、少しは標高が高い為、何とか花に出会えるかと思い、ポカリだけ持って出掛けて見ました。

     六万騎山への登山口、地蔵尊口
画像


今日は天気予報では晴れマークですが、厚い雲に覆われて日差しは有りません。それでも新緑の道は明るい道で、花を探し探し登りました。

     登り始めの道
画像


今日はデジ一もザックの中に入れたまま来てしまったので、たまたま車のダッシュボードの中に入れて置いた、水深10m対応の防水カメラで撮りました。沢登りには水濡れの心配も無く便利ですが、レンズの前に水の浸入を防ぐ皮膜があってその為か、画質は通常のコンデジに比べて少し悪い気がします。

     六万騎山山頂の城址付近
画像


この辺りはもう少し前の時期ならばカタクリの花の群生している所ですが、既に散ってしまい、今はスミレの花がそれに代わって咲いています。

画像


画像


連休の頃ならば桜の花が咲くその間から、雪解けの山々や麓の田畑が見えますが今日は重たい雲と霞んだ天気であまり遠くまでは眺められませんでした。

     六万騎山山頂
画像画像

















殆どの登山者はこの城址付近から庚申塔のある道に下山して行きますが、今日は以前藪漕ぎで途中までで敗退した、その先の長森山まで行って見ようと思います。ここは城址のため堀切が幾つかあります。その為降ったり登ったりを幾つもしなければなりませんが、以前よりも踏み跡は、はっきりと有り藪漕ぎは殆どありませんでした。

     新緑の道
画像


画像


花はチゴユリ・スミレが咲き、ヤブツバキにミツバツツジが僅かに咲いていて、少し高度が上がって来るとイワカガミが沢山群生する道になりました、そんな中ほんの僅かに咲き残りのイカリソウも咲いていて、新緑の道に彩りを添えていました。

画像


画像画像














     ヤブツバキ咲く道
画像


     これから登る尾根(上に長森山)
画像


左右からキビタキ??の鳴く声がコロコロと響くように、美しい音色で聞こえて来る道でした。遠くの山や麓の景色は、あまりはっきりと見えませんが、燃えるような新緑と小鳥の囀りは安らぎを感じる道でした。

     ミツバツツジ咲く道
画像


      振り返って登って来た尾根(右端に六万騎山)
画像


       手前のピーク
画像


       八海山方面
画像


上部になると左右が切れた細い尾根になり、
残雪の頃ならば
きっと雪庇の続く尾根歩きになりそうです。
その頃にまた登って見ようかと思える尾根でした。

画像


画像


山頂標識が下に置いてあるだけの山頂に着きました。
それ程広い山頂ではありませんが
既に水が張られた田圃の田園風景や
天気が良ければ近くに八海山・金城山
少し離れて魚沼の山々などと眺められそうです。

      長森山山頂
画像


この山は八海山へ続く尾根のようで
このまま登り詰めると
ロープウエーの山頂駅付近に
出られるようです。

     麓の景色(坂戸方面)
画像


画像


今日は早朝に出掛けて来ましたので、
まだ時間がたっぷりあります。
ここだけではちょっと不満が残るため、
次の山に行く事にしました。

      下山の道
画像


画像


下から蛙の鳴く声が大きく聞こえて来ました
コシヒカリ産する田畑には
雪解け水が張られていて
もう直ぐ田植えが始まるのかも知れません。


画像


登山口の一つ庚申塔のある場所に降りて
駐車場へと歩いていたら
何処かで聞いた事のある声が!!
なんと
連休最初の日に西上州の笠丸山で出会った
あおぞら・しろいくも さん
ご夫婦でした
路上で暫し立ち話
話しは尽きず
夜まで話していても飽きない気がしましたが
明日は お二人は米山とか
陽気な奥さんに
笑顔が尽きない静かなご主人に
心の中で
グッドバイ と言って別れました。

     奥に金城山方面
画像


さてこれから何処に行こうかと迷いましたが
谷川連峰の清水峠には
群馬側からは何度か行った事はありますが
新潟側からは一度も行った事がありません
どんな道なのか少し興味があり
行く事にしました。

     清水峠へ行く途中の風景
画像


画像


画像


この道は始めてでしたが
暫くは誰も通った跡がありません
まるで上高地から横尾への道のようで
コナシかニセアカシヤか
川の中に新緑の葉を付けて立ち
その奥にはまだ斑雪が残り
そして
山裾には新緑の尾根が落ちて
中々の景観でした。

画像


      上の山並は朝日から巻機に続く稜線かな??
画像


      まだカタクリの花も咲いていました
画像


上杉謙信さんの支城の坂戸城から
上州への道には色々ありますが
この清水峠越えは
直越え(すぐごえ)と言われて
越後から関東へは
一番近い道でした
明治の10年代には
馬車道として整備されましたが
ひと冬で雪崩や崖崩れで
廃道のようになってしまいました。

    まだ雪もイッパイ残っています
画像


画像


画像


画像


画像


画像


雪解け水で川の流れも激しくなって来ました
夏ならば靴を脱いで渡るのですが
まだまだ水はかなり冷たくて
沢を渡る事が出来ません
今日の旅もこの辺りまでにして
帰る事にしました。

画像


画像


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
ザックがなくても登れる山に変更、すぐに思いつくとはさすがです。
コンデジもたまたま車に入れてあったとは...運が良いです。
コンデジでも十分綺麗ですよ。
この時期はいろんな花が楽しめて、どこの山も良いですね。
chiaki
2014/05/11 17:04
こんにちは
ザックを忘れるとは いやはや何ともハハハ
それでもすぐに変更できる引き出しの多さはさすがです
新緑と春の花々たち綺麗ですね
残雪と雪解け水の景色もすばらしく見入ってしまいました
シィーモ
2014/05/11 17:29
今晩は、インレッドさん。
清水峠越えは、良い所ですね。
初夏と秋にしか行った事はないですが、徒渉と泥だらけのロープのイメージが強くあります。
今週もまた八溝山でした。幾ら通っても、まだヤマシャクヤクの開花に出合いません。そろそろ開花するとは思うのですが。まあー、土日ハイカーには、ヤマシャクヤクは荷が重すぎますね。デジブックに八溝山のシロヤシオの状況を入れました。
何箇所も大きい群生が有るので、ダラダラとなってしまいました。
石川@
2014/05/11 19:48
こんばんは
浅い春の山は優しい緑です。
少しずつ違う色が描く山はとても美しいです。

雪が残っているすぐ側を雪解けの水が水しぶきを上げて流れているのですね。
普段は見る事の出来ない光景にびっくりしています。
春の緑も花も本当に大好きです。
hanasaku
2014/05/11 20:12
chiakiさん、今晩は。
車にはいつも1台カメラは入っています。前回の山で雨になりそうなら使おうと思って車の中に入れておきました。沢登り専用に使っているコンデジですが、実はマクロにかなり強いので、花の山の時もザックに入れていきます。
インレッド
2014/05/11 21:00
シィーモさん、今晩は。
本当にザックを忘れるとは・・・。当日の朝の2時に起きて色々準備をしていましたが、きっとまだ寝ぼけ半分で居たのかも知れません。
この清水峠への川は登川だと思いますが、川に入るらしい所に幾つか赤テープがありました。きっと釣り人が印に付けたものと思います。ここではヤマメやイワナが釣れるのでしょうか??。それとも鮎???。
インレッド
2014/05/11 21:05
石川@さん、今晩は。
八溝のシロヤシオデジブックで見させて戴きました。私はデジブックはグッドされるとメールが次々とたくさん来るので、ちょっと忙しくなり止めました。
山芍薬は花の咲く期間が短いようで、土日だけの登山者には会える機会が少なくて大変ですね。もうチョイのようですから頑張って下さい。
インレッド
2014/05/11 21:17
hanasakuさん、今晩は。
萌えるような緑と、残雪の白い色のコラボはなかなか綺麗ですね。そんな景色が見たくて今頃は山に行く事が多くなります。花と雪と今頃は本当に楽しくて」忙しい時期です。丁度 hanasakuさんが花とスピードウエーに行くようにね。
インレッド
2014/05/11 21:24
peroさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/11 21:27
さくら さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/11 21:27
achisiさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/11 21:29
青木院長さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/11 21:30
インレッドさん こんばんは
滴るような緑と鳥のさえずり、可憐な花々
そんな中に身を置くだけで、満たされた気持ちになります。
雪融けの圧倒的な水量はこの季節の風物詩でしょうか。
水が冷たそうですね。
はなねこ
2014/05/11 21:36
こんばんは。
私も何か1つ忘れることがよくあります。さすがにザックを忘れたことはないけれど、車ですとありえますね。気をつけなくては。
雪解けとともに春が来て花々が咲き乱れるんですね。さわやかな山歩きです!
カスミッシモ
2014/05/12 19:35
はなねこ さん、今晩は。
そうですね、残雪と萌えるような新緑は清新に満ち溢れてよい景色ですね、まだスミレもイッパイ咲いていましたよ。
インレッド
2014/05/12 20:08
カスミッシモさん、今晩は。
早朝の2時に起きて眠たい目で準備をして出掛けたせいか、ザックを忘れてしまいました。本当に恥ずかしいのですが、高速に乗って新潟まで行しまいましたから、引き返す訳にも行かず、ザック無しで出掛けました。前日の夜にでも準備をして置けば良いのですが、仕事で家に帰るのが遅かったので準備をしないで寝てしまいました。忙しいと言う事は、本当に心を亡くしますね。
インレッド
2014/05/12 20:14
OZUMAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/12 20:20
インレッドさん、ザックに気づいた時は驚いたことでしょう。
でも、方向の転換ができるところ、本当に山男ですね。
カメラも合ってよかった!(本当に・・・)
新緑に残雪がはっきり、なのにイワカガミも咲いて、田植えも始まりそう。
雪国の遅い春が、すぐそこまで来ている感じですね。
るたん
2014/05/12 22:01
ヤホー!おはようございます!六万騎山は、ただ、グリーンシャワーが降り注ぐのみ……が!下山口で驚く再会が思い出に!ヤッホー!翌日は車2台で米山の吉尾コースから谷根コースの縦走を。故郷の山は素晴らしきかな。ブナ、シラネアオイ、残雪、360°山から海を見て、佐渡島も。♪♪ハァー花にさそわれひばりに呼ばれて今日も出ていく春の山、アリャアリャアリャサ〜♪♪
あおぞら・しろいくも
2014/05/13 06:37
インレッドさん こんんちは
威守松山も行ってみたい山ですがまだ実現してません、せっかく早朝行ったのに残念でしたね、でもすぐ変更できるのがすごすぎです。清水峠は初めて見ましたがが気持ちいい所のようですね、それにしてもあおぞらさん、しろいくもさんと偶然の再会びっくりですねー、奥さんがホントに明るい人なんですね。
夢創歩
2014/05/13 13:15
るたん さん、今晩は。
本当にね、ザックを忘れるとは・・・、仕事が忙しくて早朝の2時頃に寝ぼけ半分で準備をして出掛けましたが、高速を降りて新潟に着いて気が付きました。一旦帰ってザックを取りに行く訳にも行かず、低山に登って来ました。楽しみにしていた山でしたので残念ですが来年の楽しみにすることにしました。
インレッド
2014/05/13 20:11
あおぞら・しろいくも さん、今晩は。
本当にびっくりしました、あんな所で出会うとは!!
シラネアオイも咲いていたようで、古里の山はありがたきかな ですね
   ♪♪ 行こかまいらんしょうか 米山あの薬師
      一つあ身の為め ササ 主のため・・・

         主さんの ご主人様に宜しく
インレッド
2014/05/13 20:25
夢創歩さん、今晩は。
寝ぼけまなこで準備をしたので、お恥ずかしいのですが忘れてしまいました、気がついたのが高速を降りた頃でしたので、諦めて他の山にしました。折角楽しみにしていたのに残念ですが来年に持ち越しです。
インレッド
2014/05/13 20:29
OZMAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/13 20:30
山じい さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/13 20:31
ザックを忘れても、こんな山に登れるのですから
さすがです、清水峠への道はこの時期新緑が
綺麗ですね。防水のコンデジでも結構良く撮れて
います。
nori
2014/05/14 08:23
寝太郎 さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/14 08:24
noriさん、お早うございます。
清水峠への道は始めてでしたが、なかなか良い景色でした。防水のコンデジでは良い方のコンデジですが、画像はやはりイマイチですね。ただこのコンデジはマクロに強いので、いつも車に入れています。
インレッド
2014/05/14 08:27
こんにちは
ザックを忘れるとは・・・災難でした。
それでも山に向かう姿勢はさすがインレッドさんです。
そして一日に二つの山に登るとは・・・こちらもすごいです。

清水峠への道は上高地のようだと書かれていますが本当ですね。



keykun
2014/05/15 13:25
忘れ物、インレッドさんの唯一の弱点でしょうか。(笑)
電車バスなら、背負って行くので忘れることはないですが
ザックとなると・・・(^^;)
それでも、ちゃんと登ってしまうことがすごいですね。
六万騎山の奥の道、というのがこれですね。
nousagi
2014/05/15 15:28
keykunさん、今晩は。
ここの処仕事が忙しくて、当日の朝に寝ぼけ眼で準備をして出掛けましたので、ついうっかりして忘れてしまいました。
この六万騎山にしようか、坂戸にしようかと迷ったのですが、行った事のない山が上に(長森山)あるのでこちらにしました。
清水峠への道は残雪と新緑がなかなか綺麗でしたよ!!。
インレッド
2014/05/15 20:11
nousagiさん、今晩は。
忙しいと言う事は心を亡くすと言う事らしいですが、本当にお恥ずかしい限りです。前の夜は遅くまで仕事で、早朝の2時に起きて準備をし、寝ぼけまなこで出掛け高速を降りて、今日は早朝に登ればなんとか柄沢山に届くかなー と思ったら、ザックを忘れてしまいがっかりでした。遠路来てしまったので、そのまま帰るのも残念なので、こちらにしました。やはり前日に準備をしておかないとだめですね。
インレッド
2014/05/15 20:24
こんにちは。やぁ〜インレッドさま流石ですね〜。
どんな時も対応出来、ルンルンで楽しませて戴きました♪
過日は嬉しいコメントを戴きありがとうございます、また
知識を得まして訪ねる事ができます。
前回の道の駅めぐり、途中より左足首の痛みで一寸楽しみが
半減致しましたが・・・。9日より今日まで近畿「道の駅めぐり」
元気で楽しく!!やっと117駅めぐり終えました♪乾杯♪
多分UP無いでしょうね。
たかちゃん
2014/05/17 16:55
こんにちは!
六万騎山のスミレはあれだけ群生しているのも壮観です。
清水峠付近も、この辺りでは見ることができない風景で、やはりうらやましい。
それにしても、ザックを忘れても、車の常備品が半端なく充実していて、
ポカリだけで、これだけ動けるとはさすがです!
本読みと山歩き
2014/05/18 12:49
たかちゃん さん、今晩は。
そうでしたか、117もの道の駅に行ってきたら、それだけで充分に楽しい記事になりそうですね。それは是非参考の為にもアップして戴きたいものです。
インレッド
2014/05/18 19:53
本読みさん、今晩は。
早朝に起きて寝ぼけまなこで山の準備をして、早々に出掛けましたが、高速を降りて直ぐに気が付いたのですが既に新潟に着いてしまったので諦めて近くの簡単な山にしました。家内が携帯に電話をしてくれたのですが、携帯もザックの中でしたので気がつきませんでした。清水峠付近はなかなか良い所でした。
インレッド
2014/05/18 20:00
残雪に瑞々しい新緑と山の花が綺麗です。
この時期雪解け水も豊富ですね。
忘れ物をしてしまってもこれだけの記事がUP出来るのですからたいしたものです。
ミニミニ放送局
2014/05/21 11:12
ミニミニさん、今晩は。
ザックを忘れるとは、大変お恥ずかしいのですが、車の中に入れてあるとばかり思って、登山口付近に着いたら無いのに気が付きました。すでに遠くまで来ていましたので、近くのこんな山に登りました。清水峠への道は中々良い景色でした。
インレッド
2014/05/21 20:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
六万騎山から長森山と清水峠   2014/5/10日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる