インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 沢入山と中倉山  2014/5/17日。

<<   作成日時 : 2014/05/18 16:31   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 40

この山は地元の登山者以外はあまり馴染みの無い山と思いますが、草原のような尾根があり、峨々とした岩峰もあり、ツツジ類の花も沢山咲き、人知れず良い山なのです。もう20年近くも前に地図と磁石を持って苦労して登った事がありましたが、今日改めて登って見ると、山の緑も登山道もかなり変わっていました。以前は踏み跡も殆ど無く、苦労して尾根に出ましたが、今回は標識こそ全くありませんでしたが、踏み跡はしっかりとあり、赤テープも随所にあって迷う事は有りませんでした。


     今日のこの山については、この山に詳しい下の画像の1本のブナの木に語って貰おうと思います。

       ( 左奥の山は半月山)
画像



 私の事を 孤高の木とか
 奇跡の木などと言う方が居ります。
 最近では「シンボルツリー」なんて
 言う方も居りますが、その理由は後程・・・



(今日の登り始めはこんな尾根から登ります、何も書いて無いバンパー見たいのがぶら下がっているだけです)
画像


 私の両親も兄弟も多くの仲間も
 ここに住んで居て、
 ここは緑豊かな森でした。
 皇海山から流れて来る下の松木沢や、
 この山の登山口の仁田元沢付近には
 澄んだ綺麗な水が流れイワナやヤマメが住み
 瀬を悠々と泳いでいました。
 鹿や猿やウサギものんびりと
 山々を歩いていました。


  (最初はかなり急な九十九折りの道が続きます。赤テープ等に導かれ稜線が近くになって来ました)
画像


 この尾根から眺めると
 下の松木村や仁田元村・久蔵村の人達が
 朝夕に養蚕や小豆を作るため
 働く姿が眺められ
 子供たちが元気に遊びまわる姿も見えました。
 みんな貧乏でしたが、
 それはそれは幸せそうでした。


  (尾根に出る辺りには今年始めて見るシロヤシオも咲いていて、色鮮やかなヤシオも咲いていました)
画像画像















画像画像















画像画像















画像画像















この隣の尾根に備前楯山と言う山があります。
ここは野州下野ですから
下野楯山ならば解りますが
何故備前なのか
不思議に思っていました。


     隣の山 備前楯山
画像


松木村付近に
ジブとクラと言う二人の男が住んで居ました
彼らは備前の国で刀工として働いていました
備前の国は日本で一番の刀の生産地で
沢山の刀が日本各地に出回っていました
刀は人を殺す道具です、
信心深い二人は悩んだ末にクリスチャンになりました
当時はキリスト教は御法度です
迫害から逃れるため
こんな遠くまで逃れて来て
狩猟や百姓をして密かに暮らしていました。


    (稜線に出ました)
画像


ある日狩猟で登った黒岩山(備前楯山)で
鉱物に詳しい二人は、楯山を発見しました。
銅を含んだ露岩の事を楯と言うんだそうです
その事を日光の輪王寺の座主に知らせたところ
その褒美として
二人の出身地である備前の国の名をとって
備前楯山としたようです
最初は立堀で採掘していましたが
直ぐに掘り尽くしてしまいました。
    

    (これから登る中倉山方面)
画像


既に掘り尽くしてしまったと思われる鉱山を
買い取ったのが古河さんと言う方でした
最初の数年は散々苦労して掘って居ましたが
やがて発破と言う手段を使い
備前楯山あたり次々とで鉱脈を発見しました。


     (中倉山 山頂よりこれから登る沢入山方面)
画像


備前楯山には100kに及ぶ坑道があるようです
坑道を作るには沢山の木が必要になります
銅を精錬するにも、やはり木は必要です。
やがて空には有毒な煙が上がり
川には鉛を含む水が流れました
だんだんと木が無くなり
魚も住まない
死んだ川になってしまいました

     (中倉山と沢入山の鞍部に私は住んでいます)
画像


緑豊かなこの山域はだんだんと裸の山になり
獣たちも住まない山になり
下の村で元気に遊んでいた子供たちも
ぽつり ぽつりと居なくなり
やがて誰も居ない村になってしまいました
私の両親も兄弟も仲間達も
みんな次々と枯れ木になって死んでしまいました
毎日毎日黒い煙を眺め
汚れた川を眺め
青空の無い空を眺めて暮らしました
その頃が私には一番寂しい時代でした。
しかし 
私だけはどう言う訳か生き延びています
きっと
その無残さを後世に伝えるのが、
私の役目なのかも知れません
最近の地元の新聞にも私の事を
「奇跡のブナの木」として報道されたようです。


画像


戦争の需要にも乗り
古河さんは鉱山王となり
功なり名を残しました
貴方の使っているパソコンは
光ファイバーで通信していませんか??。
それを作っている会社も
古河さんが作った会社のものですから
日本の発展にも尽くした事は確かです。

     枯れた木
画像



しかし もう一人足尾の鉱毒については
忘れてならない人が居ます。
その人は田中正造さんと言い
国会で鉱毒問題を取り上げたり
天皇に死を覚悟して直訴したりしました
衆議院議員を6期勤めましたが
名主を務めた彼の家の財産も皆
鉱毒追及の費用にして
亡くなる時はズタ袋に聖書が
たった1冊だけ入っていただけでした。
今時の政治家さんに
こんな真心のある政治家が居るでしょうか??


     これから登る沢入山(山頂は更にこの裏にあります)
画像



古河さんの奥さんは
東京の九段での
鉱毒地救済婦人の会に
女中さんを密かに送り
その内容を聞いて貰いました
そしてあまりにも酷い惨状を知り
その日の内に神田橋から
入水自殺しました。
きっと優しい人だったでしょうね!!
そんな奥さんを亡くした
古河さんの晩年は
きっと寂しかった事に違いありません。


     (こんな岩場もありました)
画像


今日一人、私の下を通った
年配の男性が居ました
たいしたお金持ちには見えませんが
それでも
私の姿を何枚も
楽しそうに写真に撮っていました。
山にはそんな人を癒す力があります
やはり
山が木が枯れてしまったら
人は幸せにはなれません
水は山から流れて行きます
綺麗な山や木のある所からは
当然
綺麗な水が流れて人を潤します。


     越えて来た尾根
画像


100年掛って壊した山は
元に戻すにはもっと長い年月が必要です
この辺りも
少し前よりは緑が多くなって来ましたが
昔の事を想えばまだまだ長い
歳月を必要とします。

     山頂方面
画像


それでも最近はポツポツと
登山者が訪れて
暇な私に話しかけて呉れるようになりました。
私のようなブナの木は
空気や水が良ければ
もう少し長生する事が出来ます
この山が緑豊かな山に
変わる頃まで生きて見たいと
今は密かに思っています。
そして私が死んだあとには
その栄養をたくさん摂って
次々と新しい子供たちが生まれて
この山を緑色に染めて呉れる日が来るのを
今は望んでいます。

貴方も私の姿を見に
この山に来て見ませんか。


    山頂手前
画像


ある詩人の詩に
こんな詩があります。

母のように1本の木は
父のようにもう1本の木は
子供のように小さな木は・・・



    山頂(1704m)
画像


・・・どこかに未来を探しているかのように
遠くをみはるかして
凛とした空気の中に・・・
     

    山頂少し先の草原
画像


・・・みじろぎもせず立っていた
私たちはすっかり忘れているのだ
むかし、私たちは木だったのだ

     右に半月山中央付近に男体山、その前の山が社山)
画像



本当はこの先の(三角の山)オロ山まで行く積りでしたが(左に庚申山 右の雲の掛っている山は皇海山)雨がポツリポツリと降り出して来て、オロ山は藪漕ぎになるようなので、今日はここまでで下山する事にしました。

画像


今日は激しく風が流れ、少し冷たい風に吹かれながらの下山の道でした。それでもこちら側は良い天気で、男体山や社山・半月山やそろそろシロヤシオのシーズンと思われる薬師・地蔵・夕日辺りの緑色の濃い山並みを見ながら下山しました。

画像



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、インレッドさん。
足尾の山ですか。てっきり袈裟丸山辺りに行ってるだろうと思いました。
やはり、郡界尾根は人出が多いから敬遠なさったんでしょうね。
ここは、笹原の急登がきつくて、汗を徹底的に絞られますよね。
水場が無いのも辛いですが、でも景色はそれでもおつりが来るほど明美ですね。
石川@
2014/05/18 19:05
何時ごろ下山されましたか?
もう〜、ニアミスもいいところじゃないですか。
お会いしたかったですよ。
私があったのは3人の方と、
下山後の銅親水公園で1人お見かけしましたが
インレッドさん、ちゃんとわかるように
大きな名札つけていてください。(笑)
nousagi
2014/05/18 19:29
こんばんは
緑を無くしてしまった山・・・
たった一人残された木が語る話は心を揺さぶります。
緑が溢れてる山を今日も歩いてきました。
大勢の人が来て楽しそうでした。
この山は人間が壊したのですね。
ずっと見てきたこの木がずっとずっと生きて見つめてくれる事を願っています。
hanasaku
2014/05/18 19:31
石川@ さん、今晩は。
そうなんですよ。袈裟丸山あたりは大勢の人でこの時期は賑わいますので静かなこちらのしました。数日前にかなりの強風が吹いたようで、木の葉が結構散乱していて、折角咲き始めた花も枯れ気味でした。ここはもう少し後ならば花も結構多いようです。
インレッド
2014/05/18 20:10
行ってこられたのですね。。
歴史があって今があって・・昔の話ではなく。
少しでも明るい新緑やヤシオの頃が良いですね。

また ブナを抱きしめに行きますね。
まな
2014/05/18 20:14
こんばんは。今日も旅から帰って皆様の新緑・お花等の美しい
自然を堪能させて戴いておりました。足尾銅山も昨年見学致し
ました、素晴らしい感性でお人の心をぐっと感じさせて下さる
インレッドさま、感動をありがとうございます。
たかちゃん
2014/05/18 20:17
nousagiさん、今晩は。
こんな訪れる人の少ない静かな山に、同じ日に登っていたとはビックリしました。この日は地元の宇都宮からと言う男女二人連れの方に会ったのと、下の方で年配の男性の方に会っただけと思います。
私のザックの裏にはinreddoとマジックで大きく書いてありますよ。シャツは確かにピンクがかった赤いチェックのシャツに白い帽子を被っていました。銅親水公園に着いたのは午後の4時半頃だったと思います。沢入山辺りまでは晴れ間もありましたが、その先は雲の中になりポツポツと雨にも降られました。
ここも良い尾根ですが、隣の大平山への尾根もなかなか良い所です。昨年末の登り納め(12/29日)に登りました。
インレッド
2014/05/18 20:24
hanasakuさん、今晩は。
このブナの木は、新聞にも載ったせいか、ここを訪れる方には人気の木になりました。なんとなく寂しそうな気がしますが、周りに昔のようにイッパイ木が生えて来れば元気も出て来るかも知れませんね。やはり木は人間にとって大事なものですね。
インレッド
2014/05/18 20:31
まな さん、今晩は。
沢入山の直下にはミネザクラも咲いていて、アカヤシオも結構たくさん咲いていましたが、先日の強風のためか、みな咲き始めてすぐに枯れてしまったようです、花付きも悪くて木にはちょっと花が付いているだけでした、それでもこんなに沢山のアカヤシオがあるとは知りませんでした。時期としては今月末頃の方が良いのかも知れません。ヤマツツジはこれからが本番のようです。道ははっきりとしていて迷う事はありませんが、尾根コ−スは昔登ったコースのようで、少し大変かな??。
インレッド
2014/05/18 20:39
たかちゃん さん、今晩は。
お忙しい処、度々コメント大変有難う御座います。
今日も出掛けて来ましたか、こちらは大変良い天気で、山々もはっきりと眺められました。
足尾にも来られましたか、本当に日本全国知らない所が無いようですね。
インレッド
2014/05/18 20:43
peroさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/18 20:53
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/18 20:54
みっちゃん さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/18 20:55
achisiさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/18 20:57
インレッド様、なんか今の季節っぽくない感じの山肌ですね。
銅山の歴史も、地元の方が知る話で、勉強になりました。
たしか、昨年か?NHKでなんかドラマなかったですか?足尾銅山の関係で。
ところであのブナは、もちろん夏とかには葉をつけるのですよね?
るたん
2014/05/19 00:15
ご無沙汰いたしております。
ブナの木の語りに、ジーッと聞き入ってました。
たのしませていただきました(*^-^)♪
マリー
2014/05/19 00:58
銅親水公園でお見かけしたのは
やっぱり、インレッドさんだったんですね。
4時半ごろ、野外卓に座ってお茶しようと
していたときでした。
一緒にお茶しませんかと声をかければよかった〜。(^^)

nousagi
2014/05/19 09:04
「真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず 村を破らず 人を殺さざるべし」
とても勉強になる山記事ですねぇ
昨年の残雪期に登られた山の近くなのでしょうか?
いつか私も奇跡の木に会いに行こうと思います。
達磨の次男坊
2014/05/19 12:46
るたん さん、今晩は。
そうでしたね、私は見なかったのですが、NHKで松木村あたりの物語が放映されたようです。
勿論あのブナの木は生きていますから。これからは緑の葉を付けて秋には紅葉もします。緑はまだ少ないですが、結構ツツジ類の花は沢山咲きます。今月末頃が良いかも知れまっせん、ぜひお出かけ下さい。
インレッド
2014/05/19 20:30
マリーさん、今晩は。
ご無沙汰しています。
いつも良い写真を撮っていますね、私は最近は軽くて小さいコンデジばかりです。今回もコンデジでした。ところでお勤めはまだやっていますか??。
インレッド
2014/05/19 20:39
nousagiさん、今晩は。
公園のダムの下で数人の方がお茶をしていたようですが、あの中に降りましたか。ビールでも飲んで居るのかなー と少し羨ましく眺めながら上の駐車場に行きました。私のブログにリンクをして戴き有難う御座います。
ここは人知れず良い山だったと思います。本当は今月末頃の方が良かったかも知れません。その頃ならばもっとツツジ類が咲いていたと思いますが。数日前にかなり強い風が吹きましたので、花もかなり散ってしまったようです。今度は沢入山迄是非登って見て下さい、中倉からならばそれ程時間は掛りません。オロ山から塔ノ峰経由で周回するかたもいますよ。
インレッド
2014/05/19 20:52
達磨の次男坊さん、今晩は。
そう言えば達磨さんは、田中正造さんがお好きなようでしたね。
是非ここのブナの木に会いに行って見て下さい。景色もかなり良い所です。大変ならば中倉山まででも充分に楽しめます。ブナの木は中倉山を少し降った所にあります。
インレッド
2014/05/19 20:56
とわ さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/19 20:57
やまびこ さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/19 20:58
青木院長さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/19 21:00
インレッドさん こんばんは
親水公園から登るんですね、機会があったらいつか行ってみたいです、足尾の足尾らしい山へは何か怖いような気がして行った事がありません、ブナの1本木の話、心にしみます。
袈裟丸、庚申山の他も知らなくてはいけませんね。と言ってもまた日曜に南西尾根から郡界尾根を下るクラブ山行に参加予定です。瑞牆山は裏の不動の滝から登りました、不動の滝つぼに鹿が死んでました、大きな鹿で手の出しようがなくてそのままにして、北杜市にメールしました。きれいな水もそのまま飲まない方が良いんですねー。
夢創歩
2014/05/19 22:00
夢創歩さん、今晩は。
鹿の死骸ならばこちらは沢山あります。道もうっかりすると鹿の通る獣道と間違えるくらいです。
今年のこちら側のヤシオは先日の強風でかなり痛めつけられたようで、花も散りあるいは枯れ始めてきて、イマイチのようでした。
インレッド
2014/05/20 19:55
足尾の物語をたっぷりと伺い勉強になりました。
稜線はなかなか展望も良くて素晴らしい尾根歩き
が出来そうですね。
nori
2014/05/20 19:57
やっと さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/05/20 19:58
こんばんは♪
五月からの異動で本部にいます。
未だ人見知り中ですが、楽しくお仕事させていただいております(*^^*)♪
メッセージさせていただきました。
ご覧いただけると嬉しいです(*^-^)♪
マリー
2014/05/20 20:03
noriさん、今晩は。
この稜線はあまり登られて居ない所ですが、なかなか素晴らしい所です。今年はそれ程ではありませんが、良い時はかなりヤシオツツジが咲く山のようです、ぜひこのブナの木に会いに来ませんか。
インレッド
2014/05/20 20:03
まりぃ さん、今晩は。
メッセージ読みました、良い仲間で良かったですね、実は私も同じような環境にいますが、まるで正反対で毎日毎日苦しい環境で目下黙々と仕事をしています。頑張って下さい。
インレッド
2014/05/20 20:29
こんばんは。
中倉山は地図帳で見つけました。沢入山は出ていませんが、皇海山との間でしょうか。
ガイドブックですと、この辺りは庚申山から皇海山が中心のようですね。
先日、石裂山に行きましたが、そこから30kmあまりでしょうか。
足尾銅山の公害問題は私も学びました。その山を実際にインレッドさんが歩いて解説して頂いて、考え深い思いで読まさせて頂きました。
1本の生き残ったブナは降る雨により助かったのでしょうか。いつまでも元気でいてほしいです。
カスミッシモ
2014/05/21 21:03
こんばんは
歴史の中での出来事だったのでしょうが その代償は計り知れなく大きいですね
自然の治癒力に頼るしかないのでしょうか
孤高の木がいつまでも元気で そして仲間が増えるときがくるのを願います
ブナの木に会いに行こうかなぁ
シィーモ
2014/05/22 21:36
カスミッシモさん、今晩は。
そうですね、この沢入山は庚申山の直ぐ傍です。花も沢山ある山なのですが、数日前にかなりの強風が吹き花は散ったり枯れたりしてしまいました。山も展望が良くて、草原のような所や岩場もあり変化があって面白いですよ、お出かけ下さい。
インレッド
2014/05/22 22:37
シィーモさん、今晩は。
このあたりならばバイクで来るにも丁度良いのではないでしょうか。沢入山迄はきついようでしたら、中倉山まででも充分に楽しめると思います、ブナの木は中倉山の直ぐ傍にあります。お出かけ下さい。
インレッド
2014/05/22 22:40
インレッドさんはじめまして。
私はブログはやっておりませんが、mixiで旅日記を書いています。

こちらの記事を拝見して、この一本ブナを自分でも見てみたいと思い。
今月の頭に無事に訪問することができました。
人のあまりいない、静かな場所が好きなのでで、この日はタイミングがよく他の登山者さんもいない中で静かな山歩きを楽しむことができました^^

素敵な場所を、素敵な時間を与えてくださったお礼をお伝えしたく、こちらのコメント欄をお借りいたしました。
ありがとうございました^^ そして今後も新しい記事のアップを楽しみに拝見させていただきます。
ミュ
2014/06/18 22:17
ミュ さん、始めまして。
コメント有難うございます。
行って来ましたか、有難うございます。
ここは案外知られていない山で、静かな山歩きが出来ます。私が登った日の前後あたりならばアカヤシオやシロヤシオなど花も結構咲いています。またぜひお出かけ下さい。
今頃ならば中禅寺湖畔の千手ヶ浜のクリンソウ咲くあたりは、素晴らしい雰囲気で良い所です、但し観光客は沢山おります。
mixiで ミュ さんの日記を探して見ましたが、見つけられませんでした。
インレッド
2014/06/19 09:27
インレッドさん。

コメントのお返事いただきありがとうございました^^
mixiで探していただいたようで。恐縮ですが、
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927730997&owner_id=20443826
リンク貼り付け失礼致します。
インレッドさんのような趣のある文章は書けませんが・・・よろしければご訪問ください。

日光方面と聞くと、真夏あたり訪問したいのが柳沢川エリアです。
水のある景色が好きなので、時間があったら今年また訪問してみたいと思っています^^
ミュ
2014/06/19 21:05
ミュさん、今晩は。
返事が大変遅くなりました。
柳沢から赤岩滝までは昨年の7月に行きましたよ。
インレッド
2014/07/16 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
沢入山と中倉山  2014/5/17日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる