インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士見下から尾瀬ヶ原〜三条ノ滝とトガクシショウマ 2015/6/7日。

<<   作成日時 : 2015/06/08 18:04   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 34

尾瀬には、昨年の夏にニゴリ沢を遡り、大江湿原へ行きましたが、尾瀬ヶ原にはここ数年行って居ませんでした。今日は久し振りに、尾瀬の貴婦人トガクシショウマに会いに行き、ついでにやはり久し振りの、三条ノ滝を見て来ようと思います。

     今日の至仏とミズバショウ
画像


今日は何時ものように富士見下から登ります。ここから富士見峠までは7kもあり、全行程では往復30kを越す距離になってしまいます。どうしてそんな長い工程を歩くかは、燧の裏まで行き、トガクシショウマに会いに行くと、鳩待峠には最終のバスに間に合いそうに無いからです。

      富士見峠の登山口
画像


早朝の3時にヘッドランプを頼りに登り始めました。空にはこんなに星が沢山あるのかと思うくらいの満天の星で、右弦の月が煌々と輝き、背中からライトが当たっているようで、目が慣れてくればヘッドランプは要らないくらいでした。4時頃になれば小鳥たちが一斉に鳴き出し、朝を知らせていました。峠からは雪が未だに沢山残った道で、朝はアイスバーンになった所もあり、アイゼンを持って来て良かったと思う道でした。

     富士見峠の分岐への道
画像


     アヤメ平方面
画像


この富士見峠からは長沢新道が竜宮へと続き、八木沢新道は見晴まで行く事が出来ますが、八木沢新道は橋が崩落して今は通れません。私の場合は何時も長沢新道で竜宮の十字路へ行きますので、今日もその道を降ります。この時期は残雪が沢山あり、汚れた雪が夏道を隠して居て、所々解り難い道になっています、おまけに迷った踏み跡があちこちにあり、帰りに暗くなってはかなり苦戦しそうなので、解り難い所には赤テープを付けながら降りました。

      分岐
画像


     竜宮への雪の道
画像


画像


画像


画像


長沢新道はかなり急下降の道です(と言う事は、疲れてきた帰りは急登になります)。下の方になれば雪も無くなり、やっと尾瀬ヶ原が樹間から見えて来ました。

画像


高い所からならば、平ヶ岳もちょこっと見えます。

画像


朝の日差しが落ちる、美しいブナ林を通り、竜宮の十字路も近くになって来ました。

画像


画像


     竜宮十字路付近より至仏
画像


ここでベンチに座り、大勢の登山者を眺めながら、朝食にパンと紅茶を飲み、見晴へと向かいました。

画像


画像


画像


見晴では休まず先を急ぎます。

画像


見晴を過ぎるとリュウキンカに、朝は萎んでいたタテヤマリンドウが沢山咲く木道になりました。

画像


画像


画像


画像


さて やっと貴婦人の咲く道に入りました。今年は無事咲いて居るでしょうか??。

画像


無事咲いては居ましたが、顔色も悪く、少しやつれた姿に見えました、そしてあんなに大勢で賑やかに迎えて呉れたのに、今日は、ほんの少しの貴婦人が住んでいただけでした。住む環境が悪くなったなった為でしょうか。それとも、何処かに連れ去られた為でしょうか??。

画像


始めて会った時の初々しさは今は無く、淋しそうな姿を眺め、もしかすると絶滅危惧種のこの花も、近い将来ここから姿を消してしまうのかなー と思いながら、始め出会った時の感動を思いながら帰りました。

画像


次に平滑ノ滝から三条ノ滝へと向かいました。平滑ノ滝はなかなか豪華なナメが続き出来る事ならば、一度は歩いて見たいような気がしました。

     平滑ノ滝
画像


もう既に15kは歩いて来ました。ここからはかなりの悪路で急下降になります。帰りが心配ですが、此処まで来たのですから、頑張りましょう!!。

     三条ノ滝
画像

   
水量が多く轟音を轟かせて落ちて行き、やがては大河の信濃川となります。今迄見た滝の中では、この滝と立山の称名ノ滝が一番見事な滝でした。

画像


さあ帰路に着きます、ここからの悪路の登りでかなり体力を消耗しました。帰りにあの長沢新道の登りで疲れ果てて、足でも攣って歩けなくならないように、ポカリの入ったハイドレーションでたっぷりと飲み、竜宮へと向かいました。

画像


竜宮でベンチの下の床に座り、腿を温かな木の温もりで暖め、足元に下がった血流を少し上に行くように戻し、オニギリを食べて、いよいよ最後の登りに備えました。

      白いタテヤマリンドウ
画像


富士見峠に向って登り始めたら、若者の3人連れと出会いました。「これからどちらへ」と尋ねられたので、「富士見峠から富士見下まで行きます」と言った処、その若者たちは富士見峠からアヤメ平経由で鳩待峠迄行き帰るとの事でした。もう既に2時を過ぎています。これから峠迄雪道を歩きおよそ2時間半、更に富士見峠からアヤメ平を越えて行くと、鳩待峠までは雪の道で、更に良くて2時間か雪の状態では3時間掛ります。従ってバスの最終は5時ですから、とても間に合いません、しかもアイゼンも無く、一人の女性は運動靴です。来た時のデジカメの画像で峠付近の雪の画像を見せたら、3人連れはビックリして、急ぎ竜宮へ戻って鳩待峠へ行くと下山して行きました。

画像


今日は足も快調で攣る事も無く、峠に着きました。ここからは長い長い林道歩きになりますが、熊避けを兼ねて、ウオークマンからbluetoothで卵型のスピーカーに電波を流して、少し大音量で好きな曲をいっぱい聞きながら、35kを越える、およそ5万6千歩の歩きを終わりました。

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、インレッドさん。
富士見峠越えだと尾瀬沼まで約3時間、三平峠越えでも約3時間。
昔は、どうしてもそちら側から昼しか無かったですが、今は御池からバスが出ていて、沼山峠越えなら尾瀬沼まで1時間です。こちらからの入山は便利になりました。
特に、トガクシショウマ狙いだとこちら側は楽ですね。
今年は、トガクシショウマも咲き出す時期が早かったようですね。
水曜や木曜日に行った友達たちは、元気な花を数多く見られたと言ってました。
石川@
2015/06/08 20:04
インレッド様、この週末は尾瀬と千手ケ原と昨年から検討していたのですが、
天気予報(そんなに崩れなかったですね!)と養生せねばと、今年は諦めました。
なので戸隠へあんちょこハイクしてました。
それにしても、お疲れ様でした。駐車場の戻りは5時くらいでしたか?
1日1万歩で良いところ、5倍以上とは、驚異的な体力です。
こちらは、あまり標高差の無い湿原や花めぐりがあと少し続きそうです。
おススメがありましたら教えてください。
もう一つの課題、栃木のあの手ごわい貴重な花も来年になりそうです。
梅雨入り宣言…とっても残念ですね。
るたん
2015/06/08 20:37
35km超、56,000歩ですか
強靭な体力ですね!インレッドさんは!!
尾瀬はまだなので、何回かに分けて歩こうかとルート案を検討している所です。
三条の滝は注目していませんでしたが、ここに行くとなると御池から燧ケ岳の北の林道を・・・でしょうね!私の場合は。。。
尾瀬沼の方は・・・鳩待峠からの方が距離(時間も)短いですよね。
インレッドさんのような体力がないので、バス頼みですから、時間管理が難しそうです。
宮星
2015/06/08 21:40
来年は尾瀬に行きたなぁと思っていた所です。
木道と水芭蕉の景色だけで十分です。まだ地理も何も分かっていないので、
ぼちぼち調べて行きたいと思っています。
さえ
2015/06/09 07:16
石川@さん、お早うございます。
富士見峠は大清水からでは無く、富士見下と言う所から林道を歩いて富士見峠迄行きます、その林道歩きだけで7kもあります。富士見峠からは竜宮に降りる長沢新道を降ります。この降りが4kで、竜宮迄で片道計11kになります。大清水からでは尾瀬沼に3時間くらいですが、尾瀬ヶ原に回るともっと歩かなければなりません。
インレッド
2015/06/09 08:49
るたん さん、お早うございます。
富士見下の駐車場は無料で20台くらいは置けますが、何時も精々5・6台くらいしか停まっていません、今回は3時に出発して戻ったのは6時頃でした。案外疲れも残らずに降りる事が出来ました。戸隠に行かれたのならば、近くの鬼無里あたりを周回すればミズバショウも沢山見られます。近くの一夜山も直下だけ20分くらいかなー 急登だけで山頂に着きます。360度の展望でなかなか良い山です。
インレッド
2015/06/09 09:05
宮星 さん、お早うございます。
尾瀬沼は御池方面からの方が便利ですが、こちらからでは大清水から3時間ほどで尾瀬沼に行けます。今回は尾瀬沼では無く尾瀬ヶ原です。尾瀬ヶ原ならば鳩待までバスで行き山ノ鼻・竜宮・見晴と行き帰りはヨッピ橋経由で竜宮付近の十字路まで戻って周回が楽に出来ます。時期はこの時期の花は水芭蕉・リュウキンカ・タテヤマリンドウくらいしか咲いていないので、ニッコウキスゲの頃の方が花は沢山あると思います。
インレッド
2015/06/09 09:12
さえ さん、お早うございます。
ご無沙汰しています。
尾瀬は是非一度は歩いて見て下さい。鳩待からならば楽に尾瀬が原を周回出来ます。鳩待〜山の鼻〜竜宮〜見晴と行き帰りは、見晴から東電小屋〜ヨッピ橋を渡ってもどれば楽に周回出来ます。花はこの時期はミズバショウ・リュウキンカ・タテヤマリンドウくらいしかありませんが、夏はもっとたくさんの花が咲きます。
インレッド
2015/06/09 09:18
トガクシショウマ、見たかったのですが
なにしろいろいろ足りなくて・・・(^^;)
最後が登りというのは大変です。
600m以上の登りですよね。
5万6千歩、私の1週間分を歩いてしまってます。
nousagi
2015/06/09 10:22
こんにちは。
尾瀬良く歩かれました〜、素敵な画像拝見出来まして
また行きたくなりました。
鳩待のPまで行ってスペースが無く止めて帰った事も
有りましたよ、この日は一時が万事成り行き任せ(笑)
助手席の私、あ〜〜あでした・・・

7日帰って来ました、「全国1059道の駅」有りまして1036駅
制覇致しました♪ 道の駅スタンプラリーは成り行き任せでは
実現致しませんね、とても忙しい旅です。
玉村宿もまた次の楽しみと致しましょう??
たかちゃん
2015/06/09 10:24
こんばんは
5万6千歩お疲れ様でした♪〜
インレッドさんでないと、この行程を日帰りで歩き通せないのではないかと思われますね。
トガクシショウマを見に私が行った時は、咲き始めとは言いましても『本数が増えて来たなぁ・・・』と見て来ましたが、インレッドさんの行く時期が少し遅かったかもしれませんね。
来春は、尾瀬の他の場所で白の花が咲くそうなので、探索に行かなくてはと思っています♪〜
トガクシショウマは絶滅危惧と叫ばれていますが、ある方に言わせると、本来は丈夫な植物ですから滅多な事では節滅には至らないようですね♪〜
今年は戸隠で2鉢購入して来ましたので、来春が楽しみです♪〜
リッキー
2015/06/09 19:51
インレッドさん こんばんは。
いやはや恐れ入りました、30キロ雪もあって急登が最後にあってと到底最初から手がいや足が出ません。富士見下から一度いってみようと地図を見たことはあるのですが、躊躇してしまいます。白いタテヤマリンドウは初めて見ました、薄ブルーのタテヤマリンドウが綺麗ですね。
トガクシショウマって知りませんでした、三条の滝もまだ見たことが有りません、尾瀬ヶ原には女房と行ってみようと思っているのですが、まだ実現していません。GPSを買おうと思ってます、どんなのが良いのか教えてもらえませんか
夢創歩
2015/06/09 21:52
インレッドさん、こんばんは。
またしても、驚異的な体力ですね!!15時間行動ですか!見習いたいものです。
富士見峠付近は、まだこんなに残雪があるのですね。
尾瀬の沢は、水が冷たいのもその辺と関係しているのかもしれませんね。
トガクシショウマという花、知りませんでした。
とても儚げで綺麗ですね。
いつか、実物を見たいです。
てくてくA
2015/06/09 22:10
nousagiさん、今晩は。
鳩待からならば楽ですが、三条ノ滝まで行ってしまうと、最終のバス間に合うようにするには、かなり急いで歩かないと間に合いません、今回のコースは、かなり長距離ですが、バスの心配も無く、何よりも尾瀬は二時を過ぎると急に静かになります。周りからカッコーの鳴く声が木霊して良い雰囲気になります。まあ長距離ですが、慣れた道ですから安心です。一度このコース歩いて見ませんか。
インレッド
2015/06/09 22:25
たかちゃん さん、今晩は。
あと23で制覇ですか、凄いですね、それでも道の駅は次々に出来ているようですから、追いつくのが大変では無いですか??。
インレッド
2015/06/09 22:28
リッキーさん、今晩は。
今年は咲くのが早いと言っても、私が見る場所は何時も6月中頃に見て居ましたので、今回は丁度見頃だったと思います、花が終わって居ても、花株はある訳ですが、良く見て来ましたが、以前と比べれば花株は激減しています。暫く見ない内にかなり減ってしまったな と言うのが感想でした。
インレッド
2015/06/09 22:33
夢創歩さん、今晩は。
尾瀬ヶ原を1周するだけならば、富士見下から行ってもそれ程苦労はしないと思いますが、この時期は峠はまだ雪が残っていますから、そこだけ注意すれば大丈夫です。GPSはガーミン社のeTrex30J かeTrex20Jあたりが良いと思います、私の使っているのは旧型のetrexです。
インレッド
2015/06/09 22:43
てくてくA さん、今晩は。
トガクシショウマは名前の通り戸隠が本場ですが、最近では本場では殆ど見られなくなりました。尾瀬にはまだ多少咲いている場所がありますから、是非探して見て下さい、綺麗な花ですよ!!。尾瀬の沢では昨年登ったニゴリ沢は良かったですよ。
インレッド
2015/06/09 22:48
インレッドさん お早う御座います。
富士見峠からは未だ登った事がないです。
早春の尾瀬素晴らしく清々しくて、心洗われますね。
三国峠から平標、仙ノ倉山に登って来ました。

2015/06/10 06:29
テント泊で我が家も富士見下から入ります。
大清水からも尾瀬入りする事もありますが、鳩待峠からは入った事ありません。

私も同じで鳩待峠から歩いて来て、あまりの人の多さに長沢新道からアヤメ平経由で帰えりたいけどと、道の様子を聞かれました。
足元はスニーカーでした。
この時期は無理ですよね!!

トガクシショウマ、やはり咲きはじめが早かったのですね。
izumi
2015/06/10 09:06
おはようございます。
今週は尾瀬の貴婦人でしたね!
それにしても私なら当然1泊コースを、残雪の中綺麗な写真を撮りながら1日で歩いてしまうとは、インレッドさんのタフさ健在ですね。
三条の滝の水量の多さは変わらずのようですが、トガクシショウマの株が少なくなってしまっていることは悲しいですね。
orihimeff
2015/06/10 09:13
インレッドさん、こんにちは。
コメントは、ご無沙汰していますが毎回拝見しています。
いつも、どの画像も美しく感動しています。
私は、白や黄色の花を写真に残すことが苦手ですが
インレッドさんのリュウキンカの画像は見事ですね

トガクシショウマの花を初めて知りました
尾瀬の貴婦人に一度お会いしたいところです

それにしても1日56000歩とは驚きました
チィーモ
2015/06/10 15:11
夢さん、今晩は。
お久し振りですが、相変わらずお元気のようですね。そのコースは結構花もあり良かったと思います。私は中間の浅貝に車を置いて、三角山から下山します。例の方は相変わらず、嘘が多いですね。
インレッド
2015/06/10 21:28
izumiさん、今晩は。
尾瀬は午後2時を過ぎる頃になると、皆さんがバスに乗るため帰路に着くので急に静かになります。周りの山裾からカッコーの鳴き声も聞こえて来て、昔の尾瀬に戻ったような感じがします、そんな時間も好きなので、バスの時間を気にせず、降りられる富士見峠から殆ど登っています。
インレッド
2015/06/10 21:47
orihimeffさん、今晩は。
もう10年以上も前に、夕暮れ近くまで探してやっとトガクシショウマを探しあてた時は、もう感動ものでした。その頃は沢山咲いていましたが、年々少なくなっているようです。下山する頃は何時も真っ暗闇になってしまい、ヘッドランプの先にピカリと光る動物の目におびえたり、後ろからボソボソ誰かが付いてくるような幻覚に襲われながら、それでもトガクシショウマに会えた嬉しさに、充実した気分で登山口の富士見下に着いたものです。
インレッド
2015/06/10 21:56
チィーモさん、今晩は。
最近は大黒柱ばかり見させて戴いています。どこか具合でも悪かったでしょうか??。今回はかなり歩くと思いましたので、1眼では重いので、軽いコンデジで撮りました。鳩待からならば尾瀬ヶ原周回も楽勝ですから、また是非行って見て下さい。雨の日なんかも尾瀬なら良いと思います。
インレッド
2015/06/10 22:04
至仏山とミズバショウのトップ画像、ウワァ〜良いですね!
アイゼンや赤テープなど、山の事を良く知っている人ならではの持ち物ですね。
花の時期は、その年の気候で随分と時期が違ってきますよね。
白いタテヤマリンドウ、清楚でイイですね。
三条の滝は豪快な水音が聞こえてきそうです。


やまびこ
2015/06/10 23:39
やまびこ さん、お早うございます。
このミズバショウの時期は歌に歌われて「夏が来れば想い出す・・・」と言われて居るように、皆さんは尾瀬は木道ばかりで、もう雪は無いと思って来られます。処が富士見峠や尾瀬沼への三平峠あたりはまだ雪がタップリとあります。その為この時期は軽アイゼンは何時も持って行きます。無くても大丈夫ですがあった方が楽に歩く事が出来ます。この時期は雪は汚れていますから、踏み跡は解らないような所もあり、結構今頃は尾瀬で遭難する方が多いのです。
インレッド
2015/06/11 08:40
とても危険で険しく長い道のりですね@@
ところどころに咲くお花達、この山を登った人しか
味わえない感動でしょうね。
今、机の前でミズバショウやタテヤマリンドウ、トガクシショウマ・・
と拝見させていただきました〜。楽しています(笑)
お疲れ様でした(^_^)
とわ
2015/06/11 18:11
今晩は。何時見ても尾瀬の景色は良いですね。
たまには私も行って見ようかと思っています。
nori
2015/06/11 21:01
こんばんは。
すばらしい体力です。どうやったらそんなになれるのでしょうか。
トガクシショウマ見れましたね!!
残雪の尾瀬を楽しく拝見しました。ありがとうございます。
カスミッシモ
2015/06/11 21:07
とわ さん、今晩は。
バラ園ではマリーゴールドも、まだ綺麗に咲いていましたね。
ここは慣れた道ですが、かなりのロングコースです。それでもバスの時間を気にせず、尾瀬を楽しめます。尾瀬ヶ原は殆どの方が日帰りなので、午後2時を過ぎると静かな尾瀬になります。周りの山裾からカッコーの声だけが聞こえて来て昔の尾瀬のようになり、そんな時も良いものです。
インレッド
2015/06/11 21:08
nori さん、今晩は。
雑誌などで見る風景ばかりですが、やはりこんな湿原の景色は良いですね。どうぞ良い写真を撮りにお出かけ下さい。
インレッド
2015/06/11 21:11
カスミッシモさん、今晩は。
体力なんて無いのですが、楽しいので、つい歩いてしまいます。バスで行けば楽なのですが、バスでは最終に間に合いそうに無いので、仕方が無く歩いています。是非尾瀬でも歩いて見て下さい。
インレッド
2015/06/11 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士見下から尾瀬ヶ原〜三条ノ滝とトガクシショウマ 2015/6/7日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる