インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 三斗小屋宿跡からキスゲ咲く流石山  2015/7/11日。

<<   作成日時 : 2015/07/12 17:00   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 29

ミニ飯豊と言われるこの界隈の山には、まだ登った登ったことがありません。昨年の夏に湯川の井戸沢を遡り、流石山に登ってニッコウキスゲを楽しもうと思いましたが、昨年はニッコウキスゲはどこも不作の年のようで諦めました。流石山には福島側の大峠から登れば比較的楽に登れますが、栃木側の三斗小屋宿跡にも興味があり、かなりロングトレイルになりますが、沼原湿原から歩き始めました。

     ニッコウキスゲ咲く流石山方面
画像


6月21日にこの付近でクマが人を襲ったようです、そのクマは捕まって居ないため、気を付けて歩くようにと看板があちこちに立っています。そのためクマ鈴をチャラチャラと鳴らしながら早朝の湿原を歩き始めました。

    沼原湿原への登山口
画像


     沼原湿原
画像


画像


    湿原から麦飯坂経由で三斗小屋宿跡への標識
画像


この道は会津中街道として、参勤交代で会津の殿様も籠に揺られて通った道です。その為、登山道よりも少し広い道ですが、この先に難所の麦飯坂が待っています。この街道中で難所は大峠から降る道とその麦飯坂が最大の難所だったようです。

    往時の侍たちが通った会津中街道
画像


麦飯坂はジグザグに切られた急下降の長い道で、こんな道は籠に乗っている殿様も、それを担ぐ人も命がけのような道です。下で危なげな橋がかかっている湯川を渡り、三斗小屋宿への道に降ります。

     湯川
画像


画像


急坂を下って三斗小屋宿への道に出ました、石の道しるべには「右ハ山」と書いてあります。

画像


     三斗小屋宿跡への道
画像


     真っ先にここに住んでいた方達のお墓が迎えてくれました
画像


戊辰戦争で幕府方の会津軍は、この会津中街道や白河を通る会津街道、そして新潟道を、藩を守る為の重要な街道として、守備隊が駐屯ていました。ここにも会津の若い侍で結成された青龍隊の他200名ほどの藩士が守っていました。

     戊辰戦争戦没者若干墓と書かれた石碑が立っていました
画像


新政府軍と熾烈な山岳戦争がここで繰り広げられましたが、僅かに200名の守備隊では守り切れず、多くの戦死者を出して、会津軍は大峠を越えて後退しました。

     今は何事もなかったかのように、美しい景色が見えて来ました(奥に見える山がこれから登る流石山)
画像


三斗小屋宿は白湯山信仰の宿場町として栄えました。那須の茶臼岳のすぐ下に白煙をあげる噴気口があります。その噴火口で、昔麓の村人が菩薩を見たと言い、地元の坊さんに知らせました。再び坊さんと訪れて見ると、やはりそこに菩薩さんが立っていたそうです。それからは修験道の方がたくさん訪れ、出羽三山の信仰を勧進して、一般の方もたくさん訪れるようになりました。江戸時代には一日に1000名を超える人が訪れた記録もあるそうです。

     白湯山信仰の名残の燈篭が今でもいくつかひっそりと建っています
画像


画像


画像


画像


そんな平和なこの村が一瞬にして滅び消失してしまいました。会津軍に勝った新政府軍は、会津軍に協力したと言うことで、この村の有力者を極刑をもって処罰しました。高橋文吾郎さんは一斉射撃で蜂の巣状態にされ、大竹忠兵衛さんは股を引っ張って裂かれ、月井源左衛門さんは磔にして、股の肉を裂き焼いて食べさせられたと言うことです。その極刑をやったのが、新政府軍に所属したていた、この地を治めていた黒羽藩兵だったそうです。

画像


本来ならば自藩の領民を助けるのが当然と思いますが、僅かに1万石チョットの黒羽藩は新政府軍に気を使ってのことなのでしょうか??。この地を整備していたのは、黒羽藩よりも会津藩の方が良く整備」していたようですから、守備隊に協力するのも当然と思います。今は何事もなかったかのように、トンボが群がって飛び回り、キツツキが木をつつく音が木霊していますが、その時は村人の悲鳴が山々に木霊したそうです。

     こんな美しい風景の村だったのです(後ろにそびえる山がこれから登る流石山方面9
画像


三斗小屋宿跡から次に三斗小屋温泉方面に登り、そこからさらに大峠へと向かいます。

画像


     那珂川源流の碑
画像


ここから大峠へは急な悪い道が続き、更に湯川・赤岩沢・峠沢を渡渉します。三斗小屋温泉のすぐ手前からは大きく降って、また大峠へと急登が続きます。

画像


画像


画像


やっと それこそ本当にやっとのことで大峠に着きました。今日は暑い日でしたが、峠を吹き抜ける風は心地よく、ここからは更に急な登りになりますが、展望と花々が励ましてくれました。

画像


会津の兵士がここを駆け抜けるのも
三斗小屋宿の村人の悲鳴も
お地蔵さんは
ここで見ていました

     大峠
画像


そしてお地蔵さんは私に問います
会津は今は平和でしょうか
福島は今は
平和でしょうか。
吹きぬける風が 私に問います
今の日本は平和でしょうか

画像


会津には子供の頃から
十の訓がありました
その中には

虚言を言うことはなりませぬ
卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ
弱いものを いじめてはなりませぬ

と言う訓がありました

画像


私は地蔵さんに 吹く風に 花々に
答えました。
御蔭さまで、日本は裕福になり
物資も豊かになりました。
それでも
皆さまが住んでいたころよりは
心は貧しくなりました
嘘も いじわるも 卑怯な振る舞いも
多くなってしまいました。

画像


皆さんが住んでいたころは
封建時代から
自由と権利の
新しい時代に変わろうとする時代でした
そんな波に飲まれたのかも知れませんが
今でも大きな波と戦っている人は
たくさんいます。

画像


大峠まですでに5時間半も歩いています。ここからの急登はかなり堪えましたが、一歩また一歩と登りました。

画像


画像


画像


ブログはブログ名で記事を書いていますが
だからと言って
嘘があったり 偽りがあったり
卑怯な振る舞いがあってはなりません
言動よりも
人は行動を信じるものです
とくにbiglobeでは
そんな振る舞いを
最近は良く目にしまが
恥を知りたいと思います。

画像


    山頂方面
画像


この山なみは、ミニ飯豊と言われていますが、
なるほどと 思える良い山波が続いていました
次回は大峠から
さらに
大倉山から三倉山へと
つなげて見たい山波です。

     三倉山に続く稜線
画像


     流石山山頂(1822m)
画像


帰りは三斗小屋温泉から峰ノ茶屋分岐を経由して、紅葉の頃によく通った、牛首のへ分岐を過ぎて、沼原の駐車場へと帰りましたが、その道も結構長い道です、終わってみれば、今日も12時間を超える歩きになってしまいましたが、歴史を訪ね美しい花々を眺め、素晴らしい稜線を眺める良い山旅でした。

     山頂より右より茶臼・朝日・三本槍方面(茶臼の下にちょこっと三斗小屋温泉)
画像



     大峠への下山の道
画像



 今日の軌跡
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
キスゲを楽しまれた流石山、青空と黄色い花と緑がマッチングしてキレイですね。
クマに会わないように、最後まで祈りながら拝読していました。
お地蔵さんの問いかけに答えた現在人の心、少し残念な気がしますね。
12時間の山歩き、さすが超健脚で素晴らしいですね。

やまびこ
2015/07/12 22:44
沼ッ原湿原から三斗小屋温泉付近を通って流石山ですか!
暑い中、今日もスゴイ距離の山歩きでしたね!
ついつい”那須・塩原”の山と高原地図を引っ張り出して確認してしまいました。
なるほど、山の地図にも道は確かに書いてあるんですね!
<ニッコウキスゲ咲く流石山方面>素晴らしい景観ですね!!
宮星
2015/07/12 23:43
流石山、何時ごろでしたか?
またニアミスです。。。
沼原から歩くなんて考えもしませんでした。
12時間とは・・・

あの稜線は気持ち良かったですね〜
nousagi
2015/07/13 07:19
やまびこ さん、お早うございます。
この山の稜線は草原のようで、花々も結構たくさん咲いています。福島側の大峠からならば、そのすぐ下に駐車場がありますから、楽に登れます。一度ぜひ歩いてみてください、素晴らしい稜線です。
インレッド
2015/07/13 08:48
宮星さん、お早うございます。
沼原湿原の入り口には立派な大きな駐車場があります。そこから湿原へ簡単に降りられますから。是非歩いてみてください。更に麦飯坂を下ると三斗小屋宿場跡に行くことができますが、その道は悪路になり急下降になります。機会がありましたらぜひ三斗小屋宿跡まで歩いてみてください。
インレッド
2015/07/13 08:53
nousagiさん、お早うございます。
2年連続で行かれましたか。本当は深山ダムからその先まで車で入れば、比較的楽に三斗小屋宿跡まで行くことができるのですが、帰りは疲れて遅くなりそうで、その場合は途中から何度か歩いたことのある三斗小屋温泉から沼原の道が安全と思い、この道を選びましたが、かなり大変な道でした。山頂には12時に着く予定でしたが、かなり疲れて大峠からは牛歩戦術で歩きました。12時半頃に着いたと思いますが、山頂には多くの人がいたので、写真だけ撮って、途中の展望のよい所で食事にして、1時ころに下山しました。往復12時間で約4万歩ほど歩いてしまいましたが、大変良い山でした。
インレッド
2015/07/13 09:06
こんにちは。
沼原湿原はPから散歩の様でした、那須岳方面から三斗小屋
温泉に日帰り入浴目的で行きました、今は日帰り入浴不可の
様ですが・・・
またまた知らないコース拝見出来最高の気分で〜〜す。

一泊二日で小学校同窓会(二人は毎日同窓会していますが)
鳥取砂丘にあります「砂の美術館」素晴らしかったです♪
たかちゃん
2015/07/13 09:46
11:20頃、流石山から大峠に向かいました。
どこかですれ違っているかもしれませんね。
挨拶がなかった・・・
nousagi
2015/07/13 12:57
たかちゃん さん、今晩は。
砂の美術館はテレビで見たことがありますが、珍しいですね。
そうなんですよ、三斗小屋温泉は今は日帰り入浴ができないので、ちょっと残念でした。以前に一度だけ入ったことはありますが・・・。
インレッド
2015/07/13 18:46
nousagiさん、今晩は。お暑うございます。
そうでしたか、それでは大峠から登っている途中で会ったかも知れませんね。あまりふくよかな女性には会わなかった気がしますが、少しはダイエットでもしましたか??。気がつかずに残念でした。三本槍から須立山や旭あたりも気になりますが宿題としておきます。
インレッド
2015/07/13 18:52
昨年 秋に訪れた流石山です♪
染まる季節も とっても良かったのですが
キスゲ咲くこの時季に訪れたいと思っていました。
飯豊は行ったことないですが この稜線は堪らないですよね(*^_^*)
まな
2015/07/13 22:33
ミニ飯豊ですか、確かにそんな山なみですね。
まだ登ったことはありませんがその内行って
みたいと思いました。三斗小屋宿の歴史も
興味深く読ませてもらいました。
nori
2015/07/14 06:48
まな さん、お早うございます。
そうですね、三斗小屋宿跡から大峠に行く道も秋は良いだろうなー と思いながら登っていました。草原のような山なみも良いですね。
インレッド
2015/07/14 08:48
noriさん、お早うございます。
この山は草原のようになっていて、花々もたくさん咲いていて、なかなか良い山でした、その上さらに歴史も感じられ楽しい山旅でした。
インレッド
2015/07/14 08:51
ご無沙汰です。
 今年は戦後70年。
  友は今 平和という字 和紙に描く
  戦争を知らない我ら  古希となる
  空襲を語らぬままに  父は逝く
  
                    魅
しまふくろう
2015/07/14 09:54
インレッドさん こんにちは。
山にある歴史を知ることで一層思いが深くなりますね、会津は今も昔も苦労が多いですねー、誠実な風土すぎるのでしょうか、難しいですね、キスゲの草原は気持ちいい風が通り過ぎているように見えました。土曜日は子供家族と沼田でサクランボ狩り、玉原に行って来ました、鹿俣山が目の前なのに行けず仕舞いで、イマ一物足りませんでした。
夢創歩
2015/07/14 18:14
インレッドさん こんばんは。
那須の峠が、会津戦争の歴史があるなんて。
今度通るときには、思いを馳せると思います。
朝日岳、三本槍を通って、三斗小屋温泉へ行く途中、大峠までの稜線を
気持よく歩いた時を思い出しました。
紛争の危機が、みんなの不幸をにならなければいいなと思います。
プラムベリー
2015/07/14 19:07
那須岳を歩いた時は、前日に沼原からこの道を通って三斗小屋宿跡に出、三斗小屋温泉に泊まりました。三斗小屋跡では何故にこんな立派な石灯籠があるような場所が廃れてしまったのだろうととっても不思議でしたが、そんな歴史があったんですね。戦はいつの世も虚しさしか後に残さないということが胸に堪えます。
pallet
2015/07/14 19:21
こんばんは
『歴史を訪ね、美しい花々を眺め、素晴らしい稜線を眺める良い山旅でした』とは仰っても、4万歩を超える距離を、12時間も歩き続ける体力と言うよりは、精神力の素晴らしさに感服です・・・お蔭様で素晴らしい景色を拝見させて頂けました♪〜
お疲れ様でした。
リッキー
2015/07/14 21:35
おはようございます。
三斗小屋温泉から見た流石山までの稜線の美しさを思い出します。
いつか行ってみたい山の1つです。
三斗小屋宿跡の歴史を初めて知りました。兵どもが夢のあとですね。
カスミッシモ
2015/07/15 08:39
魅さん、お早うございます。
お元気ですか
絵は相変らず描いていますか。

  吹く風と語りながらの峠越え
              インレッド
インレッド
2015/07/15 08:41
夢創歩さん、お早うございます。
こに界隈の山は案外人気の山で、結構大勢の登山者が訪れています。紅葉の頃も良いようですから、ぜひ登ってみてください。
インレッド
2015/07/15 08:44
ベリーさん、お早うございます。
ご無沙汰しています。
大峠からこちら側の流石山方面もなかなか良い山域です。福島側の大峠下に駐車場がありますから是非登ってみてください。三本槍からこちら側も眺めが良いですね。
インレッド
2015/07/15 08:49
ベリーさん、お早うございます。
ご無沙汰しています。
大峠からこちら側の流石山方面もなかなか良い山域です。福島側の大峠下に駐車場がありますから是非登ってみてください。三本槍からこちら側も眺めが良いですね。
インレッド
2015/07/15 08:49
リッキーさん、お早うございます。
ここはミニ飯豊なんて言われていて、なかなか良い山なみが続いています。本当は下の沢を遡って行こうと思っていたのですが、まだ沢には雪代が流れていて冷たそうなので止めました。
インレッド
2015/07/15 09:01
カスミッシモさん、お早うございます。
三斗小屋温泉から大峠は結構大変ですから、福島側の大峠下からの方が楽に登れると思います。良い山なみが続く山ですから、是非登ってみてください。nousagiさんは2年連続で登っています。
インレッド
2015/07/15 09:04
palletさん、お早うございます。
三斗小屋宿場跡を通りましたか、さすがです。ここにはそんな悲しい歴史があったのです。戊辰戦争戦没者若干墓の碑のあたりには会津の清龍隊の墓があります。その時にこの宿場は全焼してしまいました。
越後駒と平ヶ岳でしたか、頑張りましたね、さすがはヨシノさんの娘です。平ヶ岳は群馬と福島の境の山です。
インレッド
2015/07/15 09:35
こんにちは、インレッドさん
12時間の山旅とは、インレッドさんならではですね
青空にキスゲが映えて素敵な画像です
その一方に悲しすぎる歴史があった事など知りませんでした
山の歴史的背景を語って頂き感謝します
ひとつの感動映画を見終えたようです
ありがとうございます
チィーモ
2015/07/15 13:57
チィーモさん、今晩は。
深田久弥さんの言葉ではありませんが、100の山に100の物語があります。そういう物語を知って登れば、知らないで登るよりは一層楽しく登れます。ここは良い山です、福島側の大峠下まで車で行けば簡単に登れます。機会がありましたら是非登ってみてください。
インレッド
2015/07/15 20:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
三斗小屋宿跡からキスゲ咲く流石山  2015/7/11日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる